投稿者「skyblue625」のアーカイブ

ファーウェイ・ジャパン、P30/30 lite を日本市場へ投入。米国の制裁へも言及

本日午後 13 時よりファーウェイ・ジャパンの新製品 P30 シリーズが発表された。まずは同社日本・韓国リージョン・プレジデントの呉波(ゴ・ハ)氏が登壇。

冒頭では東日本大震災の復旧作業からはじまった 9 年間、日本の消費者へサービス提供できたことへの自信や実績を述べた。



また同社が研究開発につぎ込んだ金額が世界 5 位、特許出願数は 1 位であること、2019 年の第1四半期のグローバルシェアが 2 位に踊り出たことへ言及。

こうした背景から「米国への制限に対しては対抗していく、むしろ我々の新たな挑戦になる」とした。

日本の市場では、トップ 10 のうち トップ 5 にランクイン。 SIM フリー市場に関して言えばシェア 1 位であることをアピール。

(MM総研による調査)

もっとも人気があるのは P シリーズで、MM総研とBCNによる調査では タブレットとともに 1 位を獲得した。



P30 Pro SIM フリーモデルの価格は不明

新製品発表会では既に NTT ドコモが発売された P30 Pro、SIM フリーで投入予定の P30、および P30 lite の詳細が案内された。

低価格ながらに 3 眼レンズを搭載した P30 lite は 32,880 円(税抜)、標準モデルの P30 は 77,880 円(税抜)。

MVNO 各社や家電量販店で予約受付が開始され、5 月 24 日(金)に発売される。

 

米国への制裁に関して質疑応答なし

製品発表後に呉氏がふたたび登壇。米国からの制裁にかんして「世界で済み、販売中の製品に関てはセキュリティ・アップデートとアフターサービスが影響を受けることはない」とした。

さらに現段階では質疑応答に応じることができないことを陳謝。約 2 ヶ月後くらいに、呉氏のほうから取材してもらえるよう努力すると述べ、発表会は終了となった。

全体的には淡々と進められた発表会。なんだか不安や緊張が残るような印象が拭えなかった。

Twitter をフォローする!skyblue_1985jp 



米国商務省、ファーウェイ・スマホへの措置を 90 日間延期、Google ライセンスが一時戻る

昨日から報道されている通り、Google がファーウェイとの取引を一時停止した。

今後、同社のスマートフォンの OS が更新されないなどの懸念ある中で新たな動きがみられた。

米国商務省は、既存のファーウェイ社製スマートフォンが必要な OS 更新などアップデートが受信できるよう 90 日間の猶予を与える見通し。



① Android Q へのアップデートチャンスか

期間中、ファーウェイは既存製品やネットワークの維持を目的とした、米国製品の購入が許可される。

Android ライセンスを伴う OS 更新ができるため、次期 OS Q へのアップデートも間に合えば実施できる。

90 日間が長いか短いかはさておき、ファーウェイはできる限りベストを尽くすはずだ。

 

② 折りたたみスマートフォン Mate X はセールの見通し

GSM Arena によれば、販売が延期されている折りたたみスマートフォン Mate X は 90 日を利用して、発売できる状態にできるという。

明日 22 日に、発表が予定される Honor 20 および 20 Pro も同様の見通し。ただし、それ以降の端末に関して、現時点では何もわかっていない。

延期される期間は 8月 19 日 までとなっているが、それまでに制裁を解決するような交渉が望まれている。

出典:US delays Huawei ban for 90 days, its Android license is temporarily back

Twitter をフォローする!skyblue_1985jp



「じゃんぱら」で Android スマホ・タブレットが 1,000 円OFF。キャリア版 Xperia XZ3 がお買い得

中古PC・スマートフォンでお馴染みの「じゃんぱら」が、 本日より 5 月後半のキャンペーンを開始した。

店内の Android OS 搭載スマートフォン、タブレットが 1,000 円OFFで購入できる。(通販は対象外)



①中古・未使用品とわず割引。Xperia XZ3 などがお買い得

ジャンク品などの例外をのぞき、Android でさえあれば割引対象になる。対象になるか不明があれば気軽に聞いてみよう。

さまざまな物がお買い得なのだが、個人的に気になったのがキャリアモデルの Xperia XZ3。

( ドコモ版 は 71,800 円、au 版は 63,800 円で購入可能。いずれも税込)

 au 版に関しては筆者が調べるかぎり底値で UQ モバイルなど MVNO ユーザーにぜひオススメしたい。

SIM ロックまで解除されているため、他キャリアはもちろん海外でも利用できるので重宝するだろう。

他にもUQ モバイル版ファーウェイ P20 lite が 15,800 円と相当にお買い得。

店舗によって商品は異なるため、最寄りの店舗に足を運んでみよう。思わぬ掘り出し物があるかもしれない。

Twitter をフォローする!skyblue_1985jp



Google 、大統領令をうけファーウェイとの取引を一部停止か

Android を提供する Google が、ハードウェア、ソフトウェア、および技術提供に関してファーウェイとの取引を停止したと報じられた(ロイター通信)

同社をブラックリスト化する米国大統領令に基づくもので、ファーウェイは新たな苦境を迎えるかもしれない。



①アップデートが来なくなる可能性

一連の動きをうけ、ファーウェイは  Android OS の最新アップデートにアクセスできなくなる見通し。

またオープンソースの Android OS 以外では Google Play Store, Gmail,  Youtube へのアクセスも次期 OS では排除される。

このままではファーウェイ端末が、Google アプリを一切持たない端末と化してしまう。

 

②昨年の ZTE を彷彿とさせる

昨年、トランプ大統領は中国の ZTE に対して同様の措置をとった経緯がある。

これをうけて ZTE 製スマートフォンは一時的に Google のアップデートサーバーにアクセスできなくなった。

同製品を扱った NTT ドコモでも一時的に売場から撤去され、ユーザーが混乱を招くことになった。

NTT ドコモは  P30 Pro を取り扱うと発表したばかり。また量販店などを通して SIM フリー端末を展開する多くのファーウェイ端末への影響も懸念される。

NTT ドコモやファーウェイ日本法人がどのような行動にでるか。近く発表される声明に注目したい。

出典:Exclusive: Google suspends some business with Huawei after Trump blacklist – source

Twitter をフォローする!skyblue_1985jp



iPad mini 5 未使用品が安い。256 GB Wi-Fi 版が 59,300 円(税込)~特価販売中

この春リリースされた iPad mini 第 5 世代モデルの未使用品が、アキバで特価になっていた。

目立ったのは 256GB Wi-Fi モデルで、店頭価格は 61,800 円。アップル正規価格 67,824 円 の 6,024 円 OFF でかなりお得になっている。(いずれも税込)

(確認できたのは「じゃんぱら」秋葉原本店)



②通販サイトは更に安いことも。最安値は 59,300 円(税込)

秋葉原以外にも同社の通販サイトから購入可能だ。スタッフによれば箱傷み品などで、たまに安い個体も混じっているとのこと。

例えばスペースグレイは 59,300 円(税込)が最安値となっている。

同モデルは Apple Pencil(第 1 世代)に対応した初めての iPad mini で、256GB の大容量は初めてだ。

64GB や 128GB では物足りないという人はチェックしてみよう。ここまでの安売りは珍しい。

Twitter をフォローする!skyblue_1985jp



Galaxy S10+ オリンピックエディションの嫌な予感・・・

Galaxy S7 Edge で盛り上がった 2016 年に、au がリオデジャネイロ・オリンピックモデルを販売したことがあった。

 2016 台の限定販売で、シリアルナンバー入りの超豪華セット。たった 2016 台、されど 2016 台。

半ば信じがたいが完全に売れ残った。五輪は終わると虚しくなるもので、いまや中古市場では誰も振り向かず残っている。そして悪夢は再来するかもしれない。



① 東京オリンピックモデルで再来、販売台数 1 万台

本題に入るが察して頂けただろうか。今年の NTTドコモの夏機種に、Galaxy S10+「東京オリンピック・エディション」がラインアップされたのだ。

(価格は税込 114,696円 で、普通モデルより 13,000 円ほど高い)

無論ほんの僅かな需要はあるはずだが、2016 台でも余る物を 1 万台も用意したというから驚いた。今スマートフォンの限定モデルは 1 万台でも売れ残る。

直近では JOJO スマホがそうで、一括 648 円でバラ撒かれるという無残な結果に終わったのは記憶に新しい。

 

②次々に登場する Galaxy と分離プランの足かせ

ではなぜ売れ残るのか。さまざまな要因はあるが、まずキャリア契約がないと購入できない時点で問題だろう。

通信と端末は「分離」したはずなのだが、あれは一体何だったのだろうか。

(小型モデルのGalaxy Note10 がでるという噂も影響するだろうか

また同じく「分離プラン」の導入により、一括 1 円などのバラ撒きが難しくなることも挙げられる。JOJO のように一括 648 円はもうできない。



③せめて本体の単体販売をすべし

完売させる方法があるとすれば、今ピークになりつつある外国人観光客への販売を解禁することだろう。

SIMの契約なしで、SIMロック解除して販売する。東京を訪れた記念として、何より「日本で買った」お土産としての効力は高い。

また海外での Galaxy 人気は尋常なものではない。この辺りをうまく攻めるか、何もしないかで大きく変わってくるはずだ。

さもなくば、2016 年の悪夢がふたたび繰り返されるだろう。

Twitter をフォローする!skyblue_1985jp



au Galaxy S10/S10+発売前に 4,000 ~ 6,000 円値下がり。ドコモ価格に調整か

夏モデルの本体価格が総じて NTT ドコモより高い au だが、Galaxy S10 および 10 + が突如として値下げされた。



au onlineshop の端末代金に変化

au Onlieshop を開くと発表時 10,6000 円と案内された Galaxy S10 は 10,2000 円へ訂正されたことが発覚。

更に発表時 120,960 円と案内された S10 + も 114,960 円に表記が変わっていた。

( 6,000 円の値下がりは非常にインパクトある)

発売を前にした端末の値下げは極めて異例で、6 月から始まる新料金プランを巡り NTT ドコモとの競争を意識したものと思われる。

なお 22 日までに購入予約をすれば、Galaxy Buds が無料でプレゼントされるためお買い得感はかなり増した。

余談だがオンラインショップでは一括購入ができないため、分割以外の購入は店頭を利用するといいだろう。

Twitter をフォローする!skyblue_1985jp



iPhone7 白ロム値下がり。32 GB SIM フリー 未使用品 36,800 円(税込)へ

今月から 39,800 円(税込)で推移していた iPhone7 32GB 未使用品が 3,000 円の値下がりを記録した。



中古 PC、白ロムを扱うイオシス全店および同社通販サイトで購入できる。

 docomo with の投げ売りが流れたか

6 月から始まる NTT ドコモ新料金プラン開始にともない、docomo with プランの駆け込み契約が相次いでいる。

同プラン指定機種の iPhone7 は量販店を中心に 一括 1 円で契約できることが多く、買取センターに多く集まったのだろう。

Apple Pay 搭載かつ防水のため、6s から乗り換えるだけでも重宝するだろう。低価格の iPhone を求めてる方にはオススメだ。

リンク:イオシス通販サイト

Twitterをフォローする!skyblue_1985jp



米国 Verizon 5G 下り 1,000 Mbps オーバーを記録。PUBG の秒速ダウンロードが可能に

米国大手キャリア Verizon Wireless は 16 日、Galaxy S10 5G を正式にリリースした。価格は 1,300 $ (日本円で約141,700 円)と案内されている。

 同社の PR マネジャー George Koroneos 氏がスピードテストをした結果、実測値で 1 Gbps を越えたことを Twitter で明らかにした。

 




① 1Gbps を越えるとどうなる??

またライターの Julian Chokkattu 氏は有名ゲームアプリ、 PUBG  ( 1.86GB 以上)を僅か 26 秒でダウンロードできたという。

ちなみに 4G LTE の Galaxy S10 + では 2 分 1 秒かかるようだ。単純に約 4 倍速いことになる。

②まだまだ、こんな物ではない

これだけの数値が提示できれば 5G への興味を見せる人も出てくるだろう。1Gbps もの速度がワイヤレスで実現できるなど、遠い未来のことだと思っていた。

超高速・大容量化のおかげで私たちの身近な物がネットに接続され、スマートフォンはあくまで物を操作するためのリモコンと化すかもしれない。

設備を設計する技術者たちですら、5G が秘める可能性を把握できていない。

特に IoT の分野ではユーザーのアイデアしだいで、暮らしを一変させることができるかもしれない。

日本に来るのは来年となるが、頭の中だけでも 5G Ready の状態にしておきたいものだ。

参照記事:Samsung Galaxy S10 5G exceeds 1Gbps on Verizon 5G speed test

Twitter をフォローする!skyblue_1985jp



LINE Lite 登場でスマホ 2 台持ちに革命、Palm Phone がますます捗る!

スマートフォンを家に忘れて LINE が使えず困った経験はないだろうか。

仮にスマホを 2 台持ちしていても、メイン機種の LINE にログインできないのが同アプリの不便なところだった。

ところが、ひょんなことから解決したので参照したブログと Palm Phone が捗った話を共有したい。



① 簡易版 LINE lite アプリの登場

昨日 Twitter で以下のブログを発見した。記事によれば Line Lite アプリをインストールすれば複数台で「トーク機能」が使えるとのこと。

ブログに記された手順を頼りに、早速 Palm Phone へインストールし、ログインすると確かに「トーク機能」だけ複製された。

既に購入したスタンプは基本的にダウンロードできるため、普段と変わらぬ会話ができそうだ。

これは便利。メイン機種 iPhone の通知が確認できるだけでなく、返信までできてしまう。簡単そうに見えるが夢のような話だ。

ケースを入れて 240 g 近くの iPhone XS Max は本当に重いため、ちょっとした散歩で 68g の Palm Phone を持ち出す気分は最高だ。

ジャケットが着られるシーズンなら胸ポケットにスッポリ入るし、T シャツ 1 枚の夏場ならジーンズの前ポケットに入れても膨らまない。

音楽を聴きながらの散歩もいいだろう。繰り返すが、バッテリーはそんなに持たなくてもいいのだ。

普段の PC やスマホ依存の生活から解放してくれるのが Palm Phone の魅力なのだろう。LINE Lite を得たことでますます愛用できそうだ。

これまで LINE アカウントの複数ログインで苦労していた人たちに、新たなモバイル生活がやってくるはずだ。

参照記事:LINE Liteを使ってLINEを複数端末で同時ログインする方法

Twitter をフォローする!skyblue_1985jp