投稿者「skyblue625」のアーカイブ

iPhone XS 発売から一ヶ月、iPhone SE相場が32,800円に下落!!~今週の秋葉原~

iPhone XS, XS Max, XRが発表された後、小型でホームボタン付きのiPhone SEが在庫争奪戦に見舞われた。当時、秋葉原では未使用品の32GBモデルが税込27,800円で推移していたが、新型iPhone発表後すぐ売り切れた。

(新型iPhone発表前のiPhone SE 32GB底値。考えられない程安かった)

需要に対する供給が追いつかず、その後相場は36,800円にまで値上がってしまう。あれから一ヶ月、この乱高下が少し落ち着いてきたのでレポートしたい。



①未使用品32GB 、税込32,800円で落ち着く

一ヶ月間、密着して相場を見ていたところ、36,800円を超えることはなく、2週間前には34,800円に落ち着き、今週末にはついに32,800円まで下落した。

Appleが販売を終了するも、あるところには在庫がまだあるようで、元々Y!mobileやUQ mobileで契約された物がSIMロック解除されて販売されている。思った以上に供給が続いており、欲しい人にも一通り行き渡ったようだ。

 

②再び2万円台への突入はあり得るか!?

そこで頭をよぎるのが、「底値が再び2万円台になるか!?」という期待。こればかりは読めない。これから年末に向けてボーナス・クリスマス・年末年始などの商戦が控えているからだ。

 

ボーナスを宛にしたプレゼントや自分用への買い物など、一年の終わりならではの動き方があるかもしれない。どちらにしても在庫が減れば相場が上がるので、平行線を辿る事も考えられる。

 

つまり買いたい時が買い時。もうApple Storeでも入手できないので、欲しい人がいれば今以上の値段にならないうちに買っておきたいものだ。

Twitterをフォローする! skyblue_1985jp



iPhone XR予約した!?本命と言われていたはずが在庫潤沢すぎる件について・・・

もしかすると、「すっかり忘れていた」という人がいるかもしれないが、今日はiPhone XRの予約開始日だったのをご存知だろうか。今回、筆者は購入予定がないものの、どれだけのペースで予約が埋まっていくかを見守っていた。

 

16時3分頃、Apple Storeへの接続が復活し、発売日である26日の8時00分~30分にApple Store銀座で受け取るが可能だった。その後、成り行きを見守るも・・・



①午後10時、全在庫が当日受け取り可能・・・

予約開始から6時間経過したが、売り切れている容量、カラーはイエロー64GB一つだけ。

しかしそれでも当日の受け取り在庫は有りとなっておりXSやXS Maxの時以上の残り具合となっている。

驚いたことに、この64GBのイエロー以外は全て在庫あり、26日に自宅への配送が可能となっている。

 

②XRは本命ではなかったのか!?

iPhone XS (Max)が高額すぎるため、筆者の認識ではXRを本命とする人が多かった。無論、購入の方向で予約した人もいるだろう。しかし、この1ヶ月で意識がAndroidへ流れてしまったユーザーがいるかもしれない。

 

如何せん、Google Pixel3の日本投入は意外だったし、Galaxy Note9やXperia XZ3など魅力的な機種が今冬リリースされる。



最後に

とはいえ、まだ予約開始が始まったばかり。先月と同様、土日で一気に予約が埋まり、なんだかんだで発売当日に行列ができる可能性もなくはない。ただし、XS(Max)の在庫は一ヶ月経たずに潤沢。

 

一体どうやって捌いていくのだろうか。ハロウィーンやクリスマス、年末年始特価セールと銘打って、かなり忖度された価格になれば大歓迎なのだが・・・(汗)

Twitterをフォローする!skyblue_1985jp



Softbankユーザー必見、貯まったTポイントをモバイルSuicaにチャージしよう!

SoftBankユーザーだけが申し込みできる、非常に便利なSoftBankカード。Apple Payに設定すればiDに早変わりするだけでなく、VISAカード、Tカードとして3役をこなす優れもの。

 

TSUTAYA、ファミマはもちろん、今やヤマト運輸でさえTポイントが使える時代。貯まったポイントは必要に応じて使えばいい。けれど、もしも使いたいお店がTポイント非対応だった場合はどうするか。

 

SoftbankカードにチャージしてVISA利用するか、Suicaチャージする方法がある。今回はSuicaとして利用する方法を日記として記録しておきたい。



①TポイントをモバイルSuicaにチャージする

貯まったTポイントを一度SoftBankカードにチャージし、その残高をモバイルSuicaへチャージさせれば、事実上、TポイントがSuicaへ移行したことになる。手順を画像でみておこう。

 

手順1. TポイントをSoftBankカード残高へチャージ

毎月1日だけ、100%の還元率でチャージできる。普段は85%に目減りするため、Suicaへ移行したい人は毎月1日を意識しておこう。

 

手順2. モバイルSuicaチャージクレカを設定する

モバイルSuicaにチャージする用のクレジットカードをSoftBankカードに設定する。普段は別のカードでチャージしている場合、一時的に変更することになる



手順3. Softbankカード残高をSuicaチャージする

今回、テスト用に3,500円チャージした。70円は端数となるため無視。これをチャージするには3,000円と500円を2回に分ける必要がある。

まず3,000円チャージ完了した瞬間に送信される画像をご覧いただきたい。何気にSuicaチャージは1%のポイントが還元されるため、これでまたTポイントが付与された。

さて、2回目の500円チャージを終えると、先程3,570円分あった残高は70円だけが残っていることを確認。これでTポイントからSuicaへの完全移行が完了した。



最後に

Tポイントは以前とは比較できない程に使い道が広くなったが、それでも利用できない店は多数ある。そんな時は残高をチャージしてVISAカードとして利用するか、Suicaへチャージして利用してみよう。

 

注意事項は繰り返すが、Suicaは500円以上でないとチャージできないこと、毎月1日以外にTポイントをチャージすると100%ではなく85%にポイントが目減りしてしまうこと。この2点をクリアして有効に使ってみよう。このカード、本当に便利で手放せない。

Twitterをフォローする!skyblue_1985jp



au iPhone8 64GBを48分割払いで契約してみた結果・・・

スマートフォンの契約で大きな割引を受けるには、48分割が一般的になるかもしれないと以前触れた事がある。少し興味があったので、検証がてらauでiPhone8 64GBを契約してきた。

他社からの乗り換えで一括0円(購入サポートあり)なのだが、やはり分割を勧められる。その内容が次の通り。



①人生初の48回払いデビューが5,040円!!

本体代金を一括5,040円に設定し、それを48分割する。毎月105円を4年間支払う勘定になるのだが、協力するとキャッシュバックが3,0000円~50,000円貰えるという仕組みだ。

(毎月105円というのが滑稽すぎる。来月にも精算する予定)

 

しかし、たった5,040円。。すぐその場で支払いができる額を、わざわざ審査に通すという流れが非常に変な心持ちにさせるのだった。「通らなかったら契約どうなるのだろう」とか、「そもそも48回組むの初めてなんだけど、回数が多いと不安」とか、とにかく不安。無事に開通し、キャッシュバック対象となった。

 

②もちろん繰り上げ返済は可能

たった5,000円だが、一応借金している形となるため解消させたい。ショップによれば「来月にでもau shopで一括返済の手続きをしてもらえばOKです」とのこと。しかし一括で返済しても、SIMロック解除は3ヶ月後になるそうだ。

(購入サポートで契約しているため、1年以内に解約や機種変更すると多額の違約金が発生する)

 

気になる維持費だが、ピタットプラン契約で1年間は毎月1,980円(税別)。12ヶ月寝かせても23,760円。購入サポート縛りが無くなる1年後に解約してもキャッシュバックでペイできてしまう。



最後に

今回は何だかんだタダのような金額でiPhone8をゲットできたのだが、中には本体代金が全く割引かれない状態で48回を勧めてくる店もあるので注意したい。

 

例えば「48回分割すれば6万円のキャッシュバックを付けます、でも本体代金は8万円です。実質2万円で買えます」という内容はSoftBankでよく見かけるようになった。

 

精神衛生上あまりお勧めできないが、実行する際は二重、三重に費用や契約内容を確認するようにしたい。そして一括払いが可能な好条件な案件があれば、それを選ぶに越したことはないと思う。

Twitterをフォローする!skyblue_1985jp



au音声回線をシングル化しようとしたら、料金が爆死した話・・・

auの音声回線は、契約から6ヶ月が経過すれば本体価格から16,200円引きでiPadに機種変更できる。以前、この方法を使って音声回線をシングル化した事があった。

(関連記事:au音声回線をサクッとシングル化!iPadを使って月額維持費1,080円にした話

(6ヶ月以上利用した回線であれば、その場で割引される)

 

一括で支払えば毎月割が発動して、1,080円で維持できるのだ。今回、またシングル化したい回線が出てきたので某ヨドバシに向かい、前回と同じ手続きを試みるも、思いもよらぬ出来事が多発する。



①シングル化したい回線に既にiPad回線が紐付いていた

結論から言うと、今回iPadへとシングル化したい回線が既にデータシェアの親回線(以下、A回線と呼ぶ)として機能しており、「このままでは機種変更(シングル化)できません」と言われ困惑。

 

しかもデータシェアを解除したら、機種変更できるのは明日になるかもしれないと言われ更に挙動不審に(笑)とにもかくにもau shopへ向かうのだった。

 

②データシェア解除後の維持費が高い

au shopにてことの成り行きを話し、無事にA回線と子回線のiPadを外して貰う。まずここで痛かったのが、データシェアを外したため、今まで1,080円で維持してきたiPadが6,000円にまで跳ね上がるということ。

さすがに6,000円は高すぎるため、今月中に解約しようと思うが、もちろんその際には違約金10,260円が発生する。死んだ、間違いなく爆死した。。



③思いもせぬ頭金の存在・・・

さて、気を取り直してお目当てのシングル化の瞬間がやってきた。iPad 第6世代は16,200円が本体から割引かれるのだが、頭金が請求されたのだ。

(本体代金60800円に5,000円が追加されている。本当なら無料オプション加入で5,000円引いてもらい、3万円台後半で買えると見込んでいた)

 

無料オプション加入で更に5,000円割引かれると思ったのだが、逆に5,000円請求されて笑うしかなかった。ここは高い勉強代だと思って文句も言わずに支払いを済ます。



最後に

というわけで、シングル化は無事に終了した。3万円台後半で済ませ、iPadを売却して数千円で済まそうと思ったが、勉強不足が露骨になった。請求される額(請求予定も含む)は以下の通り。

・事務手数料 3,240円

・iPad本体代金 49,680円(頭金込み)

・データシェア解除後の月額:6,000円

・データシェア解除後の解約:10,260円

合計 74,180円!!(税別と税込が混在しているかもしれない)

今日購入したiPadは明日にはSIMロック解除ができる。仮に使わずして売却すると、大体3,5000円(現在相場)になる。それで相殺しても39,180円。今後は気をつけよう。普通はならないと思うが、こうならないように注意したい。。

Twitterをフォローする!skyblue_1985jp

高額スマホの売却で困った!ネットオークションの手数料がしんどい話・・・

メルカリやヤフオクで中古携帯電話を売却した経験のある人はどれくらいいるだろう。買う人は落札金額を支払い、商品の到着を待つだけなのだが、出品する側としては悩ましい事情がある。

 

出品した金額から8%の手数料がヤフーから請求されるのだが、スマホが高額になればなるほど手数料も上がるため、設定金額を高くせざるを得ない。



①10万円の物が売れたら8,000円越え

例えばの話だが、去年発売されたiPhoneX 256GBを出品したとしよう。程度もいいため、10万円で出したとする。そして無事に、その価格で落札されたとしよう。

(今年、筆者が利用した実際の明細。129,800円で落札されても利用料金と送料を入れると結果的に10%持って行かれる事になった。価格が5万円未満ならまだ痒いくらいだが。。)

 

8%が手数料となるわけだから、ヤフーの取り分は8,000円。メルカリの10%よりは安いがこれだけではない。最近では取引をスムーズに進めるため、出品者が送料を負担する事が推奨されている。

 

スマホ1つなら荷物としては小さいが、8%の手数料に加えて送料1,000円が追加されてもおかしくはない。そうなれば10万円落札されても9,000円が出ていって

 

②結果として高くせざるを得ない

手数料が嫌なら、どうするか。希望価格より若干高く設定するしかない。(ヤフオクでは出品者に利用料金を請求する事は禁止されている。)

 

本当はもう少し安くできるが、手数料8%が大きいのでもう少し高く設定したい、せざるを得ないという人は少なからずいるのではないだろうか。



最後に

物にもよるが、白ロム屋で売却するよりもオークションで販売した方が高く売れる事が多い。白ロム屋は買い取った価格に利益を乗せる必要があり、在庫リスクなども考えた上で価格を設定しているからだ。

 

場所代としての料金が発生するのは至極自然のことなのだが、何かいい方法はないだろうか。スマホ取引する人だけが集まる市場を作るとか(笑)

Twitterをフォローする!skyblue_1985jp



BlackBerry KEY2、Expansysで65,800円に大幅値下がり!日本版との違いを確認しよう!!

タイムセールということで、海外版BlackBerry KEY2が大幅に値下がりしている。日本ではau shopが取扱いを始めるなど話題を集めたものの、価格が7万円台後半からとなっており、気軽に手を出せない価格だった。

 

今回の海外版は65,800円と筆者が知る限りでは過去最安値。気になる方は即決価格だと思うが、日本版との違いを確認しておこう。



①海外版はauの利用が不可

世界で複数の型番が存在しているが、auネットワークを掴むのは日本版のみとなっている。UQ mobileやmineo au回線などのMVNO利用の方も注意しよう。

ちなみに、Expansysが扱うモデルの周波数一覧が上の図の通り。docomo 3GのFOMAプラスエリア、LTE Band19にも対応しているためdocomo、Softbank系は問題なさそうだ。

 

②BlackのDual SIMモデルは日本に存在しない

Dual SIMのブラックがいいなと思いきや、日本版のブラックはシングルSIMなので注意。どうしてもこだわる方は、このBBF100-6のしか選択肢がなくなるのだ。

送料や税関を通せば7万円を超えるかもしれないが、ようやく買いやすい値段になってきた。タイムセール価格なので急に値段が戻る可能性もある。悩んでいた人はこの際に検討してみてはどうだろう。

Expansys BlackBerry KEY2タイムセールリンク

Twitterをフォローする!skyblue_1985jp



2018年、国内最安ハイエンド!?Zenfone5Zが値下がり、最安値64,800円(税込)で販売中!!~今週の秋葉原~

今月も中旬にさしかかったが、まだまだ発表される機種が待ち構えている。10万円越えのハイエンド機種はいずれもSnapdragon845、つまり今年の最高峰チップセットを搭載するだろう。

 

そんな中、同じくSnapdragon845搭載、DSDV、FOMA SIM対応の凄いやつが値下がりしているのを見つけた。ASUS Zenfone5 2018の上位モデル、Zenfone5Zだ。



①未使用品が64,800円(税込)が大量入荷!?

Zenfone5Zは75,384円(税込)で発売され、長らく白ロム中古を見ることが少なかったのだが、最近ヨドバシカメラなどが70,500円(税込)にまで値下げを実施。

このタイミングに合わせてなのか、秋葉原各地で64,800円(税込)で販売されているのを確認。発売当時より1万円以上も安く、非常にお買い得になっている。

 

②海外版と日本版の違いにだけ注意を・・・

もしも検討されている方がいたら、海外版には注意しよう。ほぼ日本版と同じように使えるのだが、auネットワークが使えない可能性が高い。

また、同機種ではDSDVが謳われているが、海外版は技適の確認ができていない事もあり、4G+4Gが保証されない。auネットワークやVoLTEを使いたいという方は必ず国内版を選ぶようにしよう。



最後に

今年はASUSが大人しいと思ってはいたが、海外ではゲーミングスマホのROG Phoneが盛り上がっており、国内では値下げされたZenfone 4 Maxなどが人気を博しているようだ。

 

どうしてもハイエンドが欲しい、最高峰のゲームが味わいたいという方は検討する価値のある機種だと思っている。当ブログでもレビュー済みなので参照して頂ければ幸いだ。

(関連記事:【速報】オレ氏、ASUS Zenfone5Zを入手!Huawei P20 Proなどと比較レビュー①~Antutuベンチと発熱編~

Twitterをフォローする!skyblue_1985jp



【改訂版】意外と知られていない!? Y!mobileのiPhone SIMの話

SoftBankが展開するY!mobile。SIMフリーと名の付くスマートフォンであれば使える確率が非常に高く、かなり使いやすいブランドと言っても過言ではない。

(いずれもnano SIM。ぱっと見は同じだがn141だけが特殊)

 

SIMのサイズがnanoであればn101(n111)、microであればm101(m111)とSIMカード自体に表記があり、基本的に同じ仕様である。ただ一つだけ混乱を招く要素があるとすれば、同社が展開するiPhone専用のSIMだ。俗にn141 SIMと呼ばれる。



①Y!mobile iPhone専用 “n141 SIM”

もしも手元にn141と書かれたSIMをお持ちの方がいれば、それは間違いなくY!mobileで契約したiPhoneに付属するSIMだろう。同社が販売した今までのiPhone5s, 6s, SE同士で使い回しできるもので、単体での発行はしてもらえない。

 

一応はiPhone専用となっているため、他のSIMフリースマホに挿しても「基本的に電話しかできない」。そしてY!mobileの公式APNを入力しても反応しない。

 

では、Y!mobile版iPhoneが壊れてしまったらどうすればいいのだろうか。実はn141 SIMを使った逃げ道が2つある。

 

②AndroidのSIMフリースマホを使いたい場合

あまり知られていないのだが、実はn141 SIMには専用APNが存在している。なぜかY!mobileも公表しておらず、ひょっとすると社員の方ですらご存知ない。ネットに落ちている非公式APNが以下の通り。

APN:kqtqjs

ID:tnsrknk

PASS:cmtknrn

認証:PAP or CHAP 

これを入力すればSIMフリーのAndroidスマホでもWindows Phoneでも利用可能になり悩みは解消されるはず。ただしあくまでも非公式なので、保証の対象外ではある。



③一体なぜ!?n141 SIMとSoftBank版 iPhoneに互換性あり

意外と知られていないのだが、SoftBankがリリースした過去のiPhone5s~8(Plus)にn141 SIMを挿し込むとY!mobile表記が登場し、通話・データ・テザリングの仕様が可能になる。SIMロックが解除されている必要はない。

(写真はiPhone8 Plus。SIMを入れただけで通信させるにはiOS12にアップデートする必要がある)

 

だから、「Y!mobileで契約したiPhoneが壊れてしまい、交換品がすぐ欲しくて困った」という際はSoftbankの中古iPhone5sや6など価格の低い物を繋ぎとして買うか、とりあえず安価なSIMフリーAndroidスマホに専用APNを設定すれば難を逃れられるはず。



まとめ

Y!mobileで出回っているほどんどのSIMが同じ仕様になっており使い回しがきくのだが、iPhoneは特殊仕様になっており、そのAPNは公開されていない。

 

Softbank版のiPhoneやSIMフリーのAndroidでn141 SIMが幅広く使うことができるのは知っておいて損はない。もしかしたら、一般的なY!mobile SIMより貴重なのかもしれない。

Twitterをフォローする!skyblue_1985jp



秋葉原に売ってそうで、売ってない物3選~スマホ・アクセサリー編~

秋葉原に行けばあるでしょ!と思い上陸するも、中々手に入らないもの。じつは結構あるのだが、一度では書ききれず、前回に続き第2段。今回は、スマホやタブレットのアクセサリー関連についてお送りしよう。

(前回記事:秋葉原に売ってそうで、売ってない物3選~ケータイ・スマホ編



①海外向けスマートフォンのケースおよびフィルム

日本未発売のGalaxy、Xperia、その他、世界のスマートフォンが揃う秋葉原。これだけのスマホがあるのだから、きっと専用ケースやフィルムもあるはず。

 

そう思って上陸するも、これが驚く程に見つからない。最悪ケースに関しては、汎用性のある大型スマホケースで何とかなっていたが、最近は6inchを超える物も増えてきて対応できない始末・・・やっぱりAmazonで探した方が早そうだ。

(3年前、Galaxy A8を購入するもケースがない自体に。。仕方なくiPhone6 Plusのケースをはめたらピッタリで暫くそれで過ごした事があった・・・)

 

②古いiPadケース

では、せめて日本で発売されたiPadならケースも豊富にあるだろうと思いきや、、今や2010年~2012年までに発売された初代~iPad4までのケースも見当たらない。

(故スティーブ・ジョブズが世界に放った、初代iPadは今でも美しい)

 

確かに初代iPadは今やまともに利用できない程に古いが、iPad2、3はiOS9まで、4に至っては10までサポートされる。壊れていなければまだまだ使えるのだが、とにかくケースが手に入らない。本体そのものはまだ普通に売られているから不思議。。



③SIMロック解除ツール!!

iPhoneやAndroidスマホのSIMロックを簡単に解除できる魔法の道具。。そんな夢みたいな物が秋葉原には存在していても不思議ではない。しかし、99%ない事が筆者の調べでわかっている。

あるとすれば、インターネットでも手に入るような、iPhoneの下駄と言われるもの。今では扱うお店も激減してしまい、もちろん詳しい事は一切教えて貰えない。



最後に

パソコンよりもスマートフォンの売り場面積が広くなった秋葉原。要するに何が売ってないかと言われれば、中古・海外SIMフリースマホを取り巻く修理部品、バッテリー、模型、ケース、フィルム」など単価としては大きくない物と言える。

 

第1回と2回を通して、もし秋葉原で探そうと思っている項目がヒットした人は、Amazonで探してみよう。せっかく来ても電車賃と時間の無駄に終わる事が少なくない・・・・

Twitterをフォローする!skyblue_1985jp