投稿者「skyblue625」のアーカイブ

マイナンバーカード、不便すぎて役所ですら不要だった話・・・

以前、マイナンバーカードが身分証明書として機能せず、持ち歩くのをやめた話を書いた。相変わらずパスポートを持ち歩いているのだが、今日はもっと驚いた事があったので日記にしておきたい。

(過去記事:マイナンバーカードが不便すぎてパスポート持ち歩く生活へ・・・


①役所に用事があるのに、カードを家に忘れた

マイナンバーカードがあれば、役所に行かずとも最寄りのコンビニなどで住民票を取得できるため、もちろん便利な面はある。特に家から役所までの距離が遠い方などには書類の準備が楽になるだろう。

 

ただ、それ以外には何の役にも立たない。だから普段は家に置いたままなのだが、今日たまたま役所に用事があるのに、持っていくのを忘れてしまった。それも役所に到着してから気づき、「おわった・・・暑いから取りに戻るのは辛いな」と思っていた。

 

仕方なく窓口の人にその旨を話す。すると「大丈夫ですよ。免許証や保険証など何か身分証明書があれば、こちらで番号はお調べできますので」と言われビックリ。。役所に用事があっても、マイナンバーが必須ではないとは思わなかった。

 

②番号を丸暗記すれば完全に不要!?

そうとなれば、出番がほぼなくなる。あるとすれば会社での年末調整くらいだろうか。用紙にマイナンバー記入欄があるのだが、これとて番号を丸暗記していればカード自体は不要となる。

 

通知カードなる物がきて、それが正式な物ではないから本物のカードを取りにまで行ったのに、あれは一体何だったのだろうか。



最後に

なんだか国民一人一人にIMEI(端末の製造番号)が付与されたようで、あまり気持ちのいいものではない。税金の支払状況が問題なければ◯、遅延があれば△、未納があれば☓と役所のシステムに表示され、☓の人は公共のサービスが使えなくなったりするのだろうか。

 

ケータイの事に関連付けすぎでしょう!」と突っ込まれそうだが、あながち間違ってなかったら怖い。。とにかく無くしたら大変。家の中の大事なところに、半永久的に保管しておこう。出番はそうそうやってこない(汗)

Twitterをフォローする!skyblue_1985jp



根強いガラケー需要、LINEが使えないという意外な点が人気・・・

仕事柄、様々な方のご要望を伺うのだが、その中でも耐えないのが「ガラケー」に関するもの。大手3キャリアが一斉にガラホへの移行を促す中、未だにガラケーに拘りを持つ人は少なくない。

 

「最初はiモードやezwebでしか動かないアプリでもあるのだろうか」と思っていたのだが、どうもそうではないらしい。理由を深く聞いてみると、「LINEができないからいいのだ」という。



①追われるプライベートな空間、時間

LINEはもはや、知らない人の方が少ないくらいに成長しており、少なくとも日本では圧倒的な利用者数を誇るのではないだろうか。大ヒット映画「君の名は」(2016)では高校生の日常生活に「LINE」が定着しており、放映された当時驚いたのを覚えている。

 

ところで、このあたり前のような社会に疑問を抱く人が多いのも事実。グループLINEが常に鳴り響き、それに反応しないと「会話に参加していない」、「既読スルーされている」と不快に思われる事もあるようだ。

 

確かに緊急事態ならともかく、仕事や家事で疲れてゆっくりしたい時、眠りたい時にまで呼び出されたら、たまったものではない。我慢の限界に達した人を何度か見てきたのだが、そういった方がガラケーを探し始めている。

 

②ドコモ系MVNOならドコモガラケーが使える

ガラホは「ガラケーと同じスタイルなのにLINEも使える」という謳い文句なのだが、むしろそれが嫌だという層がいるのだ。上述した通りプライベートな時間が拘束されるのが嫌だという人もいれば、文字数に限りのあるSMSだけにして要件は電話に限定したいという人まで様々だ。

 

auやSoftBankのSIMには種類がありすぎるためできないが、ドコモの4G(Xi契約)SIMであれば、SIMカードアダプターの利用でガラケーが普通に利用できてしまう。何なら、MVNO SIMですら通話だけはできる。それだけにドコモのガラケー需要は根強い。



最後に

メール時代にはなかった「既読」という概念。そして複数人がリアルタイムでコミュニケーションをとるスピード感が時に人々を疲弊させる。筆者が子どもの頃はそんな物なかったが、その方が幸せだったのだろうか。

 

確かに気軽に連絡取れるのは便利だが、人には誰にも邪魔されたくない時間があるのも事実。それをガラケーで解決するのも手段ではあるにせよ、製造が終了して数年が経っていることもあり、何か寂しい物がある。なんとかうまいことできないだろうか。とりあえず私はLINEを絶え間なく交換するフレンドを探す事から始めよう。

Twitterをフォローする!skyblue_1985jp



【キャリア別】MNP予約番号取得の際、一発でオペレーターを突破する方法

現在使っているキャリアから他社へ乗り換えるには、MNP予約番号が必要となる。最近はネットで取得できるケースもあるが、やはり電話で取得する習慣が根強く残っている。

 

今日、SoftBankの157に電話して2回線分の番号を取得したのだが、オペレーターの引き留めが非常に優秀なことに驚いた。3万円分のポイントを差し上げるので残って欲しい、Y!mobileへもご案内できるなど、あの手この手を使ってきた。今日は、一発で番号を発行して貰う方法をキャリア別にご紹介したい。



①au・・・SIMフリーの回線で使いにくいで突破

一番簡単なのはauだろう。とにかくSIMフリーと呼ばれる端末で認識しない事が多い。もし引き留められたら「使いたい端末でauが認識しなかったり、自由に使える端末でauだけ対応していない事が多い。料金は魅力だけれど端末の自由がない」など、不快感だけを示さず、あげて落とす。

 

なお、iPhoneを使いたいなどと言ってしまうと「弊社にもiPhoneはあるので、割引クーポンを発行します。どうか残って頂けませんでしょうか。」という流れになりやすいので、iPhoneは理由に挙げない方がよい。

 

②SoftBank・・・Galaxy S9+やGalaxy Note8を使いたいと伝えて突破

SoftBankも同じような感覚で突破できる。同社が最近扱わなくなったGalaxyを使いたいと伝えるのがお勧めだ。Huaweiが使いたいとなれば、Y!mobileを案内されてしまう。さらにSoftBankもMate10 Proを扱っているため機種変更を促される。

 

また、「御社のAndroid端末に入っているSIMカードが、なぜかSIMフリーに対応しておらず、SoftBank同士でしか使いまわせない事に限界を感じました」という模範解答も以前はあったのだが、最近ではやはりY!mobileを案内されてしまうので注意しよう。

 

③ドコモ・・・Wi-Fiルーターが弱いと答えるのが無難

一番むずかしいのがドコモ。SIMカードの汎用性はバツグンで、いかなる端末でもSIMフリーであれば使えてしまう。更に幅広く端末を扱っているため、auやSoftBankで挙げた理由を述べる事も難しい・・・。

 

ひとまず無難なのは「無制限ルーターが使いたいのでauへ乗り換えたい」と言い切る事。正直に答える必要はない。番号さえ発行してしまえばSoftBankにもY!mobileにもMNPはできるのだ。



最後に

いかがだっただろうか。急いでいなければ冷静にオペレーターと話し合えばいいのだが、向こうも引き留めるのが仕事なので、いい条件が出されると躊躇してしまう。何を言われようと早く番号を発行したい場合、ひとまず上述した事を答えてみよう。

 

どれも、あくまで一例にすぎないが有効なはず。もしくは「彼女の家にいると受信しない。最近、彼女の家にずっと泊まりっぱなしだから乗り換える」とか、ちょっとこの人アレみたいな事を言えばリア充爆発してしまえと言わんばかりに早いだろう。。というか、私もそんなふざけた事を冗談でもいいから言ってみたい(切実)。。。

Twitterをフォローする!skyblue_1985jp



【レポート】ヨドバシアキバ、au iPhone8 64GB 一括1円の条件を大幅緩和中!!

お盆が続く中、ヨドバシアキバでau iPhone8 一括1円の条件が大きく緩和されている。本来同店では、iPhone7/7Plusを下取りに出した上、wimax2+ルーターを契約して、ようやく一括1円になる。普段通りの案内板はあるのだが、ダメ元でスタッフに聞いてみた。

 

するとビックリ。WIMAX2+ルーターの契約なし、下取りもiPhone7ではなくXperia Z4で一括1円にしてくれると言うではないか。あくまで筆者の体験談ではあるが、今日のレポートを書いていきたい。(人により違う案内もあるかもしれないので注意)



①条件はピタットプラン、初月20GB

条件はピタットプラン、初月20GB(翌月分から最低維持への変更可能)での契約。その他、スマートパス、Apple Care+への加入となった。この時点でiPhone8 64GBが一括1円。

(今回はSoftBankから2回線乗り換え。下取りには5,000円で入手したXperai Z4を2台持ってきた。一括1円にするにはこれが欠かせない)

色々と案内を受けた結果、iPhone8 Plus 64GBが一括11,000円(税込)だったため、こちらを契約することに。2台で22,000円、ヨドバシポイントが9200円あったため全額利用し、1台あたり6,400円で済んでしまった。

 

②夏のタブレット祭り+ずっとiPad割が併用できる!

更にiPadが欲しければ、同時契約で安く手に入る。元々auが行っている、ぐっとiPadおトク割に加え、ヨドバシポイント5,000円が付与されるのだが、夏のタブレット祭りという、ヨドバシ限定施策により60,800円の本体代金を28,800円に割り引いてくれる。(この施策はさすがに詳細が理解できない・・・)

(というわけで、ご丁寧にiPadまで購入した。iPhoneとデータシェアを組む事になる)

もちろん、毎月の割引は発動するため、月額1,000円程度で寝かせる事が可能。これにもau wallet1万円分が戻ってくるので、3回線で3万円分もバックされる。

 

③ヨドバシで契約するメリット

ところでヨドバシで契約する最大のメリットは有料で外しにくいオプションがないこと、月またぎを要求されたり、それに伴って誓約書にサインを求められないことだ。あとは使い道のないヨドバシ・ポイントを利用できたり、余った電子マネーも差額の支払いに使えたりする。

 

また、回線が開通した後に1時間~2時間に渡ってコンテンツ登録に時間がとられる事もなく、あたり前だが端末を当日に持ち帰れるのだ。



最後に

しかし、総務省の指導がの効果があまりにも大きくて、こちらから詳しく聞きに行かなければ情報が得られないようになった。Twitterなどでは情報を全く流さないキャリアもあり、あったとしても具体的な価格は書かれなかったりする。

 

来月、順当にいけば新しいiPhoneが発表となるが、そのタイミングでiPhone8はどうなるだろうか。今以上に買いやすくなるか、それとも完全な購入サポート入りして縛りがキツくなるだろうか。今後も情報収集をしっかりと行っていきたい。

Twitterをフォローする!skyblue_1985jp



au iPhone8 Plus 64GB 一括2,000円、ドコモ回線があれば更に還元!?平日も続くお盆セール!!

そろそろ筆者もMNPに参戦しようと思い、片っ端から案件を調べていた。やはりau iPhone8 一括0円は下取りが条件とは言え存在している。特に64GBであれば、キャッシュバック1万円に加え、au walletポイント1万円分が還元される。

 

さすがにiPhone8 Plusになれば一括価格が1万円を超えるお店が多いのだが、比較的安い案件があった。



①MNP新規でau iPhone8 Plus 一括2,000円!+au wallet1万円還元

一瞬、目を疑った。信じがたかったので電話したら、本当にこの価格が案内された。条件はWebに書いてある通り。記載以外に必要な条件は特になし。

 

どうやらお盆で平日もセールが続いているのだそうだ。2台で4,000円、au walletポイント2万円分が還元される事になるから暑い夏も吹き飛ぶほど熱い。



②ドコモ回線を持っていれば更に還元される!

ドコモ回線があれば更に5,000円分還元されるのだとか。ただし別途オプションに入る必要があるため、興味ある人は聞いてみよう。筆者はFOMA回線しか持っておらず対象外と言われ、詳細までは聞かなかった。

 

今月が更新月の人は案件を探し、この機会に乗り換えるといいだろう。もしくは、イチかバチかで次期iPhoneが発売されるであろう9月辺りを待つのも手かもしれない。

Twitterをフォローする!skyblue_1985jp



クレカは2枚持て!知っておきたい、1枚持ちのリスクと恐怖・・・

当ブログでは、クレジットカードに関する記事を色々と書いてきたが、その主な内容はポイント還元率だったり、年会費の考え方だったり、サービス内容に関するものだった。今回、もう一つ大事な事を書いておきたい。

 

タイトルにもある通り、クレジットカード1枚だけを持つというのは健全であるように見えるが、リスクにも満ちている。ここ3年間、色んな人のクレカを観察したり自分自身の経験を踏まえた事を書いていきたい。



①予期せぬ磁気不良で逃す、おいしい買い物

普段からクレジットカードで買い物をする人は多くいると思うのだが、使えば使うほどカードは消耗する。大事に扱っていても、期限が切れる前に磁気やICチップが接触不良を起こして使えなくなることがあるのだ。

 

「そんな、まさか」と思われるかもしれない。しかし、仕事でクレジットカードをお預かりすると、一定の割合で使えない人がでてくるのだ。しかもその買い物が、その人にとって大切な買い物だったりする。

 

日本人、外国人問わず50%以上の人は2枚目のカードを出してくるのだが、残り50%の人は現金を用意しにいったり、買い物を諦めるパターンもある。こうなると大変だ。買い物でポイントが貰えるどころか、現金を用意するのに手数料を払うことになる。

 

②保留回答で失われる時間

これは磁気不良よりもよくある話。直前に大きな買い物をしていたり、信頼が問われて、決済が通らない事がある。保留回答とも呼ばれるが、一度クレジットカード会社に連絡をとり、不審な決済ではないことをカード保有者から連絡する必要がでてくる。

 

これがけっこう時間がかかるもので、カード会社のコールセンターが混んでいると尚さらだ。特に楽しみにしているイベント、出先などで起こると悲しいため、やはり2枚は持っておいた方がいいだろう。



最後に

ちなみに筆者も過去3回、買い物の際に磁気不良と保留回答を受けた事があるのだが、2枚持っていただけで問題は回避できた。しかもエポスカードに関して言えば、近くにマルイがあれば速攻で新しい物を発行してもらえる。

 

キャッシュレス社会が日本に定着するかどうか、そんな議論の方が大きいのかもしれないが、リスク回避はしっかりしておきたい。ついでに、ご利用の計画も・・・

Twitterをフォローする!skyblue_1985jp



海外版Galaxy Note9、例年通りの仕様なら知っておきたいポイントリスト!

さて、いよいよ15日から予約が開始されるというGalaxy Note9。24日には海外でリリースされ、日本にも輸入可能な状態になるだろう。

 

筆者は日本未発売のNote4、Note5、Note7、そして去年のNote8と、全て海外版を購入してきたのだが、出荷国向けに仕様が異なっている場合がけっこうある。型番や語尾に注目してみよう。



①シングルSIMとデュアルSIMが混在している

日本のドコモやauのように、海外版でもキャリアモデルはシングルSIMなので注意。例えば発売国の韓国ならKorean Telecom版、SK Telecom版などと明確な表記があるのだが、全てシングルSIMだ。Dualが欲しい人は購入前に必ず確認が必要となる。

(写真は筆者が注文したGalaxy Note8。語尾にFDとあり、これを知っておけばDual SIM表記がなくとも判別できる。)

 

シングルSIMはキャリアを通していないSIMフリー版にも存在しており、型番語尾が”F”の物には注意しよう。例えばSM-G935F(Galaxy S7 Edge)ならシングルSIM、SM-G935FDならデュアルSIM。特に意味はないが、「末尾DはDualのD」とでも覚えておこう。

 

(余談だが、F、FDが末尾の筐体はSamsung独自のチップセットであるExynossを搭載しており、比較的ルート化が簡単と言われる。9000番台はSnapdragon845が搭載されるはず)

 

②日本語を手書き認識させる事は難しい

あまり使わない人ならばいいのだが、手書きで日本語を書いて、デジタルのテキスト化する「日本語の手書き認識」が省かれている型番が多い。例えば、Sペンを使って名前を書いてもらい、それをそのまま電話帳などに登録する作業などができない。

 

今年もあまり期待できないので「どうしても必要」という方は日本国内版を待った方が良さそうだ。

 

③日本のSamsungでは修理してくれない

よくある質問が「壊れたら日本のSamsungで修理してくれるのか」というもの。これはSamsungに限らずSONYもHuaweiもASUSも無理に等しい国際保証という物が、スマートフォンにおいては課題となっている。

(リージョンロックと呼ばれる物が存在するが、都市伝説レベル。シールは貼ってあっても最初からそのようなロックはかかっていた試しがない。)

なので、保証がそもそもなかったり、1週間しかないような所では高額商品の買い物は避けた方が良さそうだ。



最後に

日本国内版の販売は、海外版が出てから数ヶ月後であり、不要なアプリのインストールが避けられず、ROMもiPhoneと異なり選ぶ事ができない。2014年には日本各地にGalaxy SHOPを展開するも流行らず全て撤退した。

 

Apple、Huaweiと戦える企業なのに国内SIMフリー版が発売されないのは残念でならないが、ないのなら輸入するしかない。今年も色んな情報を精査していきたい。

(トップ画像はGalaxy Note5)

Twitterをフォローする!skyblue_1985jp



Y!mobile&UQ mobile iPhone SE 32GBがお盆で一括0円セール中!!最低維持費1,000円以下、毎月3GBのデータ通信が可能だぞ(*´ω`*)

もはやお盆にまで差し掛かるとは思わなかったが、あのiPhone SE 32GB一括案件がまだ続いている。最近、秋葉原ではiPhone SEの中古白ロムが枯渇しており、SIMロック解除版の未使用品も相場が5,000円程上がっている。

(関連記事:SIMフリー iPhone SE 白ロム相場が大幅値上がり、大幅に値下がるiPhoneX~今週の秋葉原~

 

更にご存知かもしれないが、Y!mobileとUQ mobileは1,980円で利用できるデータ通信を2GBとしていたが、両社ともに3GBへ増量することが決まっている。今まで以上にコスパが良く、本体価格も一括購入がタダ同然。このお盆に可能なら持っておきたい。



①モバワン蕨駅前店

1台のみの契約でも一括0円とあるが、2台契約すると15,000円分がキャッシュバックされるらしい。2台目は家族割が発動して500円割り引かれるため、契約するほかない。台数に制限がなければ一人5台まで契約できたはず。在庫があれば、スタッフの方と相談してみよう。

②テルルモバイル三軒茶屋店

筆者が何度かお世話になっているお店。対応が親切丁寧で、安心して利用できる。こちらは1台だと0円にならず、2台買うと一括で5,000円。UQの方がY!mobileよりも若干高いかもしれないが十分に破格。

 

また、一人では2回線までしか契約できない点でY!mobileと異なる。3台目で一括0円になったとしても利用者登録が必要となるので注意したい。(ちなみに過去90日以内に契約した回線があったとして、その支払いの実績が2回以上ないと契約できない)

 



最後に

お盆ということで、どういう混み方になるかわからない。ただ、いつもの通り予約で埋まってしまっても諦めず、キャンセルが出るのを待とう。都合がつかず来店できなかったり、審査が通らず在庫が余ったという事はよく起こる。

 

ここに挙げた以外にもキャンペーンを打つお店は多いはず。UQ、Y!mobileは維持費が安いのに速度が死ぬほど速い。根気よく探してみよう。

Twitterをフォローする!skyblue_1985jp



ここが惜しいよ、OPPO FIND X!購入前に知っておきたい点をレビュー!!⑥

個人的にはかなり満足度が高い、OPPO FIND X。ランチャーの変更ができないのは既に広く知られている。ただ、それでもさほど不便は感じない。今回は、これは惜しかったなと思う点を敢えて挙げるならくらいの感覚でレビューしたい。

(参照記事:iPhoneXより高速!!顔認証のたびに毎回カメラが飛び出すOPPO Find X、凄すぎてワロタwww



①アップデート内容など、一部が中国語で読めない

これはもう、揚げ足取りのような話だが日本語に設定してもごく一部だけ日本語にならず中国語が残ってしまう。元々は中国国内での利用が想定されており、それ故Google Play Storeもないわけだが、どんなアップデート内容なのか、一発でわかると嬉しかった。

(バージョンの情報までは日本語なのだが、その他は中国語という謎仕様)

また、音声アシスタントも基本的に中国語となっており、ランチャーアプリと同様、なかなかGoogle Assistantに置き換える事が難しい。無理やりにでもデフォルトの中国語アシスタントをアンインストールすべきか検討している。

(Google Assistant自体は何とか利用できるが、たまに中国語アシスタントが邪魔をして起動しない。このため、対策を考えている)

 

②欲を言えばステレオスピーカーが欲しかった!

モノラルスピーカーなのは知っていたが、それなりの迫力で音質は申し分ない。ただ、FIND XはSnapdragon845、RAM8GBを搭載するハイエンドの中でもエリートクラス。だからこそ、抜け目のない状態は欲しかった。

(驚異のAntutuスコア。耳を当てるスピーカー部分があるのだが、音楽は聴こえてこない。)

イヤフォンジャックがないのは賛否両論あるだろう。筆者としてはあるに越した事はないのだが、なければAir PodsをiPhoneと交互で使うので問題はない。



最後に

驚くかもしれないが、後は何の不満もない。もしかしたら、今年P20 Proと並んで甲乙つけがたいくらいに満足している。上述した、一部が中国語である問題、Googleアシスタントが使いにくい問題は、グローバル版が存在していれば解決できるだろう。

 

顔認証がiPhoneX以上の完成を誇っており、動作はヌルヌルサクサク、Antutuベンチマーク28.9万。デザインがカッコよく本体も重すぎない。クセのあるOSではあるが、ダサいとも言えないUIで申し分なさすぎる。グローバル版が出ればメイン機として買い換えてもいいくらい。いや、日本法人があるのだからR11sに次ぐモデルとして投入してくれないだろうか。

Twitterをフォローする!skyblue_1985jp



英国Clove、Galaxy Note9を8月24日に発売予定、約10万6,000円~!!買いなのか!?・・・

本日0時から正式に発表されたSamsungのフラッグシップモデル、Galaxy Note9。事前にリークが流れすぎて、中にはYoutubeで開封レビューをする猛者が現れるほど情報がダダ漏れだった。

 

出荷準備が至るところで整っているのだろうか、イギリスの通販サイトCloveは早速予約を受付開始している。



①日本円で10万円越え、容量は128GBと512GB

噂通り、512GBという大型ストレージが登場した。国によっては256GBモデルも存在するようだが、Cloveでは128GBはRAM6GB、512GBはRAM8GB構成が選択可能。ただし512GBは価格がだいぶ値上がり、日本円で13万円以上はする計算になる。

 

iPhoneも普通に256GBが存在するため、512GBが存在しても何らおかしい事ではない。魅力的ではあるが余程のこだわりがない限りmicroSDカードで補えばいいと思う。(ちなみに日本では128GB一択になりそうな気がする。)

 

②意外と拍子抜け?競合が強すぎて驚きがない

去年のGalaxy Note8は、Note7の失敗を見事に挽回したりデザインの刷新やデュアルレンズ導入などトピックは多かった。更に日本においても4年ぶりのNoteシリーズとあって大ヒットしたが、伸び代がなくなりつつある。

 

SペンにBluetooth機能が追加されたが、技術的には全く難しい事ではないだろう。カメラのシャッターをリモートで押下するのはSペンでなくともできてしまう。それに、そのSペンだが「ノートを買ったけど意外と使わなかった」という人も多いと聞く。

 

そしてカメラに至ってもP20 Proが今年の話題を全て持っていった感があり、Note9がそれを上回るような要素は発表会からは感じ取る事ができなかった。



最後に

初代Noteから全てのシリーズを購入してきた筆者だが、もしかしたら今年は買わないかもしれない。本格的なベゼルレスへの舵切りが早くGalaxy S8から大ヒットを連発してきたSamsungだが、競合が強くなりすぎてきた。出荷台数ではHuaweiに抜かれており、果たして今年後半をNote9だけで勝負できるのだろうか。