未分類」カテゴリーアーカイブ

書き心地が最悪すぎる理由、悩ましい Galaxy Note 10+ をレビュー!

Galaxy Note シリーズといえば、言うまでもなく「ペン」入力が武器の1つだ。

スマートフォン市場には本格的なペン入力のできるデバイスが長らく存在せず、もはや Galaxy Note の専売特許となっていた。

ところが今回の Note 10/10+ はひろいディスプレイなのに文字が書きにくい。

どうしてなのか考察もふくめレビューしたい。



邪魔すぎるエッヂ

書きにくいと思う理由はいくつかある。まず何よりも湾曲しているエッヂだろう。

Samsung ノートにペンを走らせると、両端に認識されない部分が生じてくる。

端まで認識するアプリもあるが公式アプリでこれは酷い。

しかも書きながらに手の甲でEdge 部分に触れると高い確率で反応してしまう。

エッヂ部分を活かすために生まれたスワイプ機能がかえって迷惑なものと化しているのだ。

これは無効にできるのだが、有効にしておきたい人には不便きわまりない。

 

いままでなかったフィルム

ところで今年の Note 10 はシリーズで初めて初期フィルムが貼られている。

他社フィルムによる指紋認証率が下がるのを防ぐためで、できれば剥がさず使うことが望ましい。

(言われなければ気づかないほど自然に貼られている)

もしかするとこのフィルムもまた、ペンの滑りに少なからず影響しているのではないだろうか。

走り書きならともかくキレイに文字を書くことは難しく感じている。



ペンは転換期に来ている!?

しかしなぜここまで書きにくくなったのか。

筆者は「サムスンが Sペンの使い方を戦略的に変えてきた」と考えている。

昔は文字入力デバイスがなかったので Galaxy Note は存在価値を高くたもっていた。

ところが iPad とアップルペンシルが広く導入されたことで、Sペンによる「文字入力」の優位性は失われてしまう。

だとしたら Galaxy Note は「Spen で本格的な動画編集できる」を訴求したほうが長期的にみて市場価値を維持できるはずだ。

この領域ならまだライバルがいない。

 

最後に

あくまでも筆者の考察にすぎないのだが「本格的な文字入力は他のデバイスを使ってくれ」と言われているかのごとく使いにくい。

じっさいサムスンは海外で Sペンの付いたタブレットを低価格でリリースしている。

日本では販売すらされていないが、スペックも高く東南アジアでは割と人気。

(異次元のスペースで、あたり前だが書きやすい)

こうしてみると「文字入力はタブレットで、閲覧・編集はノートで」といった 2 台持ち推奨戦略すら考えられないだろうか。

そうした戦略がなければ Note 10 での文字は書きやすいはずなのだ。

twitterをフォローする!skyblue_1985jp



【速報】オレ氏、Galaxy Note10+ を香港で入手!日本と違いすぎるサムスン人気【購入編】・・・

Galaxy Note 10/10+ を買い香港までやってきた。

空港でのデモ活動が禁止となったおかげでターミナルは平和そのもの。

Galaxy Note 10/10+ は至るところに展示があるものの、発売は 23日なので即購入というわけにはいかない。

まだ店頭に在庫がない状態で、予約した人だけが 21 日からピックアップ開始となるのだった。

というわけで筆者も予約をしたお店のある「青衣」駅へ向かう。

今回はピックアップだけが目的かつ、デモが心配だったので行動は必要最低限にした。

(高速鉄道でたった一駅、乗車時間は約 15 分くらいだろうか)

「青衣駅」は大型ショッピングモールが直結しており、とくに迷うこともなかった。

(青衣城とよばれる巨大なショッピングセンター)

オープン 11 時まで時間を潰し、ソワソワし始める・・・・



10 周年目にして輸入から現地調達へ

まずは Fortress と呼ばれる量販店のオープン 11 時に駆け込む。

(開店前に並んでしまうクセが海外でも発動した・・・・)

予約表をみせて無事にピックアップ。10 周年目にしてアウェーでのゲットである。

次に別のフロアのショップ Broadway にも向かったのだが、ここで事件発生。

 

指定した時間に商品がきていない・・・

100 ドルの指定料金を払ってまでピックアップ時間を指定したのに、まだ商品が届いていない珍事に遭遇する。

この店舗はオープンからピックアップ客がとてもおおく、一部の Galaxy が配送に間に合わなかったようだ。



けっきょく 19 時過ぎまで来なかった(笑)

しかたないので開封したりショップの模型で遊びながら待つも全然商品がこない。

けっきょく「18 時以降の受取り」なる悲報メールがとどき、その後 SMS にて 19 時以降の確定メッセージがとどく。

これはさすがに飛行機に間に合わない。

スタッフに事情を話したところ上の人にかけあってくれて、結局キャンセルしてもらうことになった。

 

最後に

iPhone 以外の発売日にここまで本気出したのは初めてで、海外の Galaxy 人気をみせつけられた一日だった。

日本だと発売日を待たないフライングゲット自体が珍しく、予約だけで盛り上がる光景はとても新鮮な感じがした。

しかもその盛り上がりを見て「自分も買おうか」と思ってもまだ発売されていないもどかしさ。この売り方は作戦なのだろうか。

とにもかくにも、おかげさまで無事に Note 10 + がゲットできて何よりだった。内容はおってレビューしたい。

Twitter をフォローする!skyblue_1985jp



Dual SIM が重宝する、海外 SIM フリー Xperia1 89,800 円(税抜)に値下がりへ

ファーウェイ P30 Pro が不在で、キャリアスマートフォンは Xperia1 の人気が続いている。

キャリア版に至っては中古で 10 万円以上するケースもあるため、海外版を買ったほうが早いかもしれない。



Felica はないが Dual SIM がある

海外通販サイトの EXPANSYS では 89,655 円(税抜)に、先週比で 6,000 円安くなった。

人気のパープルを含め記事作成時点ではて 40 台以上の在庫がみえるので、すぐに売り切れることはないだろう。

Felica が不要なら 2 枚の SIM を同時受信( DSDV )させることができる。

キャリアロゴや余計なアプリがインストールされていないため、十分にメリットがあると言えるだろう。

Xperia1 は Snapdragon 855, ROM 128GB, RAM 6 GB 搭載のハイエンドモデルで、シリーズ初の 3 眼レンズが採用された。

長年のファンからも好評であるため、今回久しぶりに Xperia を選ぶという人も多いようだ。

確かに Galaxy 派の筆者も欲しくなってきた気がする。。

リンク:EXPANSYS 通販サイト

Twitter をフォローする!skyblue_1985jp



【検証】300 GB レンタル SIM で 25GB を突破、大容量 SIM への期待と不安

この一週間で「ソフトバンク回線」を利用したレンタル SIM が大きな話題になりつつある。

いろんな業者があるなかで筆者は iVideo の 300 GB を検証中。今回はその続きと懸念される点について触れておきたい。



25 GB こえるも制限なし

最初はものすごい悪評だと聞いていたのだが 20 GB そして 25 GB を越えるも全くスピードが落ちることはない。

ギガを消費しやすい NetFlix や Amazon Prime などで 1 本あたり 3 ~ 4 GB の動画をいくつかみても全く影響ない。

(もちろん標準画質という甘えは許されない)

この調子で使えるなら「ほぼ固定回線」と言えるだろう。少しずつ通信しながら 50 GB オーバーを検証していくつもりだ。

 

20 GB で制限がかかったという声に関して

ところで「 20 GB で制限がかかった」という声に触れておきたい。

恐らくだがわりと短時間に「わざと」としか思えない通信をしたのではないだろうか。

いちじてきにも回線を独占すれば通信がおもくなる。制御システムが検知して「待った」がかかることはあり得るのだ。

そうした人は「20 GB で止まるなんて使えない」と揚げ足をとるのだが、クレーマーといわれるレベルだったりする。

回線は公共のものなので、今回の検証ではそこまでのことはしないつもりだ。

 

「改悪」がとても心配

むしろ心配なのは加入者がふえた時の「改悪」だ。「大容量」や「無制限」を謳うサービスは過去 5 年間にいろんなものが存在した。

しかしどれもこれもユーザーが増えると「制限」をもうけるか、サービスが成り立たず撤退の道を歩んでいる。

例えば 2014 年には Y!mobile が無制限で 305 ZT を提供していた時期があった。

ユーザーがふえると急に制限がはいるようになりクレームが殺到。

違約金なしで解約に応じられる例がでるなど、もはや騒動ともいえる例もあったのだ。

こうした過去を鑑みると 300 GB や 900 GB のレンタル SIM もユーザーの増加でなにがどう変わるかわからない。

もちろん誰もが同じ品質で使えるよう期待しているが、過去の例からある程度の未来は覚悟した方がいいかもしれない。

すこし本題からずれたが、つぎは 50 GB をこえたら報告するつもりだ。

むしろそのくらい使えれば 3,200 円としては十分ではないだろうか。

Twitter をフォローする!skyblue_1985jp



【速報】Galaxy S10 SC-03l 白ロムまったく売れず。 1 週間で異例の 12,000 円値下げへ。

Galaxy S10 SC-03l の暴落がとまらない。1 週間まえに 89,800 円までさがると今週には 86,800 円を観測していた。

(確認できれているのは「じゃんぱら」秋葉原各店舗および通販サイト)

そして今日いきなり約 7,000 円さがって 79,980 円と異例すぎる値下げペースをみせている。



じつはあまり人気がない?

白ロムショップに並ぶスマートフォンは、キャリアで契約されてから買取ショップに売却されたもの。

従ってドコモ側では順調に売れているはず。しかし白ロムの需要がめずらしく少ないようだ。

先週から 80 個以上あった在庫は 10 個もへっておらず「人気がない」どころの次元ではない。

 

しわ寄せは iPhone 8 と XR へ

月曜日にも書いたが iPhone 8 が値上げされ、そのご XR も続けて値上げされた。

筆者の憶測にはなるが S10 で損なった利益率を確保するためだろう。

iPhone 8 : 旧価格 49,800 円 → 値上げ後 54,800 円

iPhone XR:旧価格 74,800 円 → 値上げ後 79,800 円

この 2 機種はむげんに売れ続けており、5,000 円くらいの値上がりでも売れる。

なんでもインドやアルゼンチンなど iPhone が高い国からみると偽物と疑いたくなるほどに安く外国人にも人気なのだ。



最後に

しかし Galaxy がここまで売れないのは久しぶりにみた。やはり日韓関係の悪化がすくなからず影響しているのだろうか。

それとも単純に iPhone が人気なのか、値下がったファーウェイが買われやすいのか。

いずれにせよ 3 眼レンズカメラと 3 D 指紋認証搭載なので超お買得なのは間違いない。

そして最近は「イオシス」が追随するケースがあるのでまだ下がるかもしれない・・・

リンク:じゃんぱら通販サイト

Twitter をフォローする!skyblue_1985jp



2019 年後半、Dual SIM + NFC/Type- F こそが次のトレンドではないだろうか

先日から 7 Pay が大炎上しており、しばらく鎮火しそうにない。

Twitter では「そもそも Felica の土壌がある日本で、なぜ QR コード決済が出てきたのか」という議論にまで発展した。

また全くべつのニュースとして、 IIJ mio が 一部の iPhone などに eSIM サービスを開始すると発表。

偶然にも同じ日に入ってきたニュースから、これからのスマートフォンのトレンドが朧げながら見えてきた。

「 NFC/Type-F と Dual SIM を備えるスマートフォン」の時代がやってくる気がしてならないのだ。



やはり日本には Felica も必要である

やはり日本には Felica が必要だ。

導入コストの少ないメリットを誇る QR コードは、高齢社会の日本においてスマートフォンを持たないお年寄りが置いてけぼりになる。

7 Pay の事件をみても、不正利用されたあとにどんな手続をとったらいいのか立ち往生する人すらでてきても不思議ではないだろう。

その一方で Suica , Edy , waon, nanaco などは 2000 年代から存在しているため知名度、実績、歴史という面で強い。

またスマートフォンのない高齢者も「カード」として Suica や Edy をもつことでキャッシュレスに気軽に参加できるのだ。

PayPay や LINE Pay など猛烈な勢いで伸びる QR コードはインバウンド対策としても有効であるため今後も伸びるだろう。

いっぽうで、高齢者もが気軽に扱える Felica は共存する運命なのではないだろうか。

 

SIM 2 枚 + NFC/Type- F の流れ

そうした前提があったうえで、SIM カードが 2 枚入る時代がいよいよ普通になっても不思議ではなくなった。

 

今日発表された IIJ サービスを利用すれば、キャリア SIM と IIJ SIM の 2 枚を使い分けて維持費を浮かせることができる。

しかも対応する iPhone は Suica, iD, QUICPay を備えており、TPO に応じて好きな決済手段に応じることができる。



OPPO が切り開く Dual SIM + Felica の道

SIM 2 枚 + Felica の需要は OPPO ジャパンが見抜いており、日本で初めて R 15 Pro のリリースで実現させた。

さらに 3 月 18 日にひらいた「日本のお客様との約束」と題された会見では、Felica に対応した同様のスマートフォンを年内にリリースすると宣言している。

iPhone と Android に SIM が 2 枚入って NFC 決済までできるようになれば、キャッシュレス社会がすすむだけでなく、スマートフォン全体の維持費みなおしが進むだろう。

そしてそれこそ政府が推進していることであり、菅官房長官を幸せにすることができるのだ。

高齢社会と携帯電話料金がたかい日本においてDual SIM + NFC/Type-F は時代はゆっくりと到来するはずだ。

出典:OPPOが「6つの約束」 2019年に10倍ズームスマホやFeliCa対応スマホを投入

Twitter をフォローする!skyblue_1985jp



2019 年の iPhone は 5G 非搭載の可能性、そしてデザインがダサい話・・・

今年もあと 3 ヶ月もすると iPhone の季節がやってくる。昨年は XR などの売上不振が大きく報道され、年明けには株価を大きく下げたアップル。

そんなのはお構いなしに新たなモデルがリリースされるだろう。しかし今年ばかりは「買い」と言えないかもしれない。



とてもダサくて四角いカメラ

世界のスマートフォンをリードしてきたのは間違いなく iPhone だったはずなのだが、いつの間にかファーウェイに抜かれている。

それを象徴するのが 3 眼レンズカメラだろう。リーク情報によれば美しさの欠片もない四角い穴があいている。

ここにカメラが搭載されるはずなのだが、どう考えても「ダサい」としか形容できないのだ。

 

5G は少なくとも 2020 年までない

また 5G は今年の iPhone で対応する確率はかなり低いと思われる。そもそも特許を巡って Qualcomm と揉めていたアップル社は 5G 技術を Intel と開発する方向でいた。

( Android 勢はおもに Snapdragon 855 チップで 5G 対応が実現されている)

ところが Qualcomm との和解後は同社と 5G 開発に着手する運びとなり、Intel はアップル社の 5G 開発から撤退した。

これはほんの 1 ~ 2 ヶ月前の話であるため、本格的な 5G チップの設計・製造はこれからだと思われる。

また世界各国のキャリアはどの周波数帯域を使ってどのように 5G を実現するかアップルに技術仕様を報告する必要があるだろう。

しかしまだ周波数の割当が終わってない国が多く、日本の大手 3 キャリアでさえ最近決まったばかり。

Qualcomm と和解したばかりのアップルが、まだ 5G が決まってもいない国の仕様を知り尽くして今年 5G 対応 iPhone をリリースするだろうか。



今年は「買い」ではないかも・・・

他に細かい点を挙げるならば USB Type-C 充電はまだ来ないと言われており、Android のトレンドである「ディスプレイ内指紋認証」の存在も不確かだ。

なにか天地がひっくり返るような機能があれば話は変わってくるが、現時点でそのような情報はなく今のアップルに期待はできない。

デザイン性まで損なわれたら、流石に今年は「買い」ではなさそうだ。

出典:iPhone XI cases show a Lightning port, offer another look at the square camera hump

Twitter をフォローする!skyblue_1985jp



Galaxy Note 10 リリースは 8 月 10 日の可能性が浮上

 Galaxy Note 10 に関するリーク情報が止まらない。デザインの次は発売日に関する予測も出始めた。

例年通りであれば今年も 8 月に登場するだろう。

また Note 9 の発売日が 9 日 だったため、今回は 10 日の可能性があると GSM Arena は指摘する。



今年は 2 モデル、どちらが先にでる?

とはいえ Note 10 は 2 サイズ用意される可能性がとても高く、どのモデルが先にリリースされるのか、または同時発売なのかは明らかでない。

Galaxy Note 10  Pro (仮)と標準モデルの外観はほぼ同じで、違いはカメラのレンズくらいだろう。Pro には S10 5G 相当の 4 眼レンズが搭載され、標準モデルは S10/10 Plus 相当の3 眼レンズ搭載の見通し。

(画像は S10 5G。カメラは縦長と横長どちらが美しいのだろう)

その他サムスンが死守してきた 3.5 mm イヤホンジャック、評判わるい Bixby ボタンの廃止なども濃厚だが、パンチホールのインカメラは嘘であってほしい。

そして何より目新しい機能に関する情報がまったく出てこないのが最大の不安要素ともいえる。ファンを沸かせる秘策はあるのだろうか。

8 月 10 日、あのワクワクした Galaxy Note 2 の頃みたいな物をリリースできるだろうか。調子のいいサムスン、ここでアップルへの追撃を期待したい。

出典:Samsung Galaxy Note10 tipped to go official on August 10

Twitter をフォローする!skyblue_1985jp



海外版 Galaxy S10 128GB モデル、72,000 円台にまで値下がり。

NTT ドコモと au から Galaxy S10 シリーズが発売され、ようやく日本でも話題になりつつある。

特にファーウェイが弱っているなか、その人気は圧倒的。Twitter で実施したアンケートではコスパ抜群の Pixel 3a をもしのぐ勢いだ。

そんな Galaxy S10 シリーズの一部海外モデルが値下がりしつつある。通販サイト EXPANSYS では 72,000 円台に突入。

もはや Galaxy S10e と同等価格まで下がっており、日本モデル限定の Felica やワンセグが不要な人には買いやすい価格となった。



① Exynoss モデルが 72,160 円~

なかでも特価なのはサムスン Exynoss チップ搭載のグローバル版。なんと 72,160 円 ~と au 版より約 33,000 円も安い。

キャリアの余計なアプリやロゴがなく DSDV で SIM が 2 枚利用できる。

Felica やワンセグが不要な人には魅力的だろう。

 

②何かオチがあるのでは!?

訳ありかと言われれば、決してそうではない。Galaxy には 2 種類のチップが搭載されており、出荷国によって異なっている。

1つは韓国独自のチップセット Exynoss、もう一つが他のスマートフォンでもお馴染みの Qualcomm Snapdaragon だ。

海外から輸入するレベルの人は Qualcomm を好む人がおおく Exynoss の在庫は残りがち。

この辺りを気にしなければ最新の Galaxy S10 が超お得に手に入るので、検討してみてはどうだろう。

リンク:EXPANSYS Galaxy S10

Twitter をフォローする!skyblue_1985jp



ドコモ版 Galaxy Note 9 SIM フリー 未使用品、ようやく 92,800 円(税込)まで下落。

2018 年に NTT ドコモ と au がリリースした Galaxy Note9 は MNP 一括 1 円など投げ売りされることがなく、また中古で手放す人が非常に少ない機種だ。

そのため白ロムはつねに品薄が続き、未使用品に関しては 11 万円越え。そんな状態が半年くらい続いただろうか。

新作 Galaxy S10 発売を機に、ようやく価格が崩れ始めた。

(確認できたのは「じゃんぱら」の秋葉原各店舗。通販からも購入できる)



ドコモ版の SIM ロック解除モデルが 92,800 円(税込)

今月中旬から値下がりに拍車がかかり 94,800 円で推移していたのだが、本日ついに 92,800 円(税込)を観測。

海外版であれば EXPANSYS など海外通販サイトが 6 万円台で販売しているが、如何せん国内版は Felica という付加価値がある。

(筆者が購入したのは海外モデル。ドコモの FOMAプラスエリアは非対応)

また言うまでもなくドコモの 4G ネットワークにチューニングされているため、同社の回線をフル活用できる点も見逃せない。

同社通販サイトでも販売されているので、気になる人はチェックしてみよう。

リンク:じゃんぱら通販サイト

Twitterをフォローする!skyblue_1985jp