未分類」カテゴリーアーカイブ

【悲報】LINE ポイントが大幅に改悪、「ソラチカ」ルートや現金チャージも終了へ

明日から増税というタイミングで、ひとつなぎの大悲報が流れてきた。LINE ポイントの使い道が 2019 年内で大きく制限される。



主要なポイントへ移行できなくなる

交換サービス終了となるのは 

dポイント、nanaco ポイント、東京メトロポイント、ベルメゾン・ポイント、JALマイレージバンク、Amazonギフト券、Pontaポイント、選べるe-GIFT

2019 年 12 月 27 日 15:00 で終了するとのことなので、交換予定のポイントがある人は急いだ方がよさそうだ。

筆者個人として大打撃なのは東京メトロポイントへの交換だ。これが終了することで ANA マイルに交換する「ソラチカルート」が封鎖されることになる。

ソラチカルートは LINE ポイントを「東京メトロポイント」へ 91 % のレートで交換し、その後 ANA マイルへ 81 % レートで交換できる陸マイラーの頼みの綱だった。

 

クレジットカードへ資源集中か

また LINE Pay のキモであった「現金としてチャージして再び利用できる」機能が 2019 年 12 月 31 日で廃止されるのも痛い。

なぜいきなり目立った改悪をするのか、思い当たる節があるとすれば例のクレジットカードの存在だろう。

これまでのプリペイドと異なる一般的なクレジットカードで、予告と仮受付はすでに LINE アプリ上で始まっている。

ここへの資源を集中させて広告費に充当するため、既存サービスを終了させて経費を確保したいのかもわからない。

そろそろ LINE Pay の次の動きに注目する時がきたかもしれない。

Twitter をフォローする!skyblue_1985jp



長期ユーザーを脱して得をしよう!新聞、クレカ、携帯電話一括0円にみる飽和市場の行く末

幼いころ、父や母が定期購読する新聞をよくコロコロと変えていた。当時の両親は「洗剤とかラップとか日用品が貰えるから」だと言っていた気がする。

長期購読者にはなにも特典がないのに、新規に契約者だけお土産が沢山貰える。ならば「シーズン毎に新聞をかえた方がお得」と考えていたそうだ。



飽和市場の顧客は奪い合うしかない

よく考えてみると私たちの身の回りにはこうした事が溢れている。例えばクレジットカード業界がわかりやすい。

入会時には大量のポイントが貰えたり最初の 6 ヶ月間だけ還元率 2 % という大盤振る舞いがあるのに、ひとたび安定した顧客になると後は放置されるだけ。

ずっと使っていても虚しくなるほど企業のカモになるだけで、新たなクレジットカードに加入してその都度に大量の特典をもらった方がお得なのは間違いない。

そして当ブログのテーマである携帯電話業界もそうなっている。老若男女だれもが携帯電話をもつようになったいま顧客は他社から奪うしかない。

奪うとなれば iPhone をタダで配ったり、商品券を渡してまでガチでやってくる。飽和市場となった業界でもっとも激しい顧客の奪い合いと言えるかもしれない。

 

長期顧客は損をする・・・

長期顧客を大事にするべき」という意見はご尤もに聞こえるが B to C ビジネスにおいては、どうやら長期顧客ほど損をするのが世の理であるような気がしてならない。

「サービスに不満のない人がお金を払い続けてくれる」ことが企業の目指すところとなっていて、そこに「愛着」が湧くと思うツボだ。

そして何より新規顧客を歓迎するキャンペーン費用は、長期ユーザーの安定した収益から賄われている。そう考えるとゾッとしないだろうか。



動いた方が圧倒的にお得

この仕組をわかった上で同じサービスを続けるのは全く否定しないが、積極的に様々なサービスを乗り換えることをお勧めしたい。

ひとつはくり返し述べたように新規顧客は手厚くもてなされるからだ。そしてもう一つは複数のサービスを比較することで知識が得られるという点。

いまやブログや Youtube で誰もが情報を発信できる時代であり、サービス内容を比較した情報は立派な収益元になり得るはず。

ここに書いたこと以外のサービスでも何でもいいと思う。インターネットプロバイダーの見直しなど、知らぬ間に長期顧客化して損していないか、身の回りをいちど整理してみる機会をもってみるといいだろう。

書いていてとても悲しい気持ちになるが、何やらこれが現実であることに変わりないようなのだ。

Twitter をフォローする!skyblue_1985jp



「ポイ活」本格流行の前触れか、ドコモ「dポイント」 がユーザー同士で交換可能に。

私たちの身の回りにはポイントカードが溢れている。T カードや Ponta カードがいい例で一生懸命に貯める人もいるだろう。

あともう少しで 1 万ポイント貯まるとか、あと 300 ポイントあれば◯◯と交換できるなんていう場面もあるだろう。

もしかすると、本来は買い物でしか貯まらなかったポイントが簡単に増やせる時代がやってくるかもしれない。



d ポイントの交換が可能に

9 月26 日、NTT ドコモの d 払いに「ウォレット機能」が追加された。ユーザー間で残高送金できる機能が実装されて LINE Pay のような使い勝手に近づいた。

「送金機能」それ自体は大手キャッシュレス規格のトレンドとして PayPay などが続くと思われる。

それより注目したいのは「ポイント」交換機能だ。これが解禁されたことによりポイ活をしている人が捗りそうな気がして仕方ない。

例えば A さんが B さんに 500 円を貸したとしよう。たまたま財布を忘れた B さんは ATM からお金を引き出すことすらできない。

しかし d ポイントなら大量に持っていて使い道がなかったとする。逆に d ポイントを日頃から貯めていた A さんはチャンス。

「dポイントで返してくれればいいよ」と提案して B さんが応じれば、ほんらい何万円という買い物でしか得られない 500 ポイントをいとも簡単にゲットできるのだ。

 

なぜポイントが欲しいのか

「え、ポイントより現金で返済された方がいい」という人の方が多いかもしれない。

これが「ポイ活」の闇の深い部分であって、なかにはポイントをまた別のポイントに移行させて現金よりも大きな活路を見出す人がいるのだ。

例えば 500  dポイント ならば 

→ 450 LINE ポイントに交換可能。

(目減りしてでも交換する価値があるか否かは人ぞれぞれ)

→さらに東京メトロポイントに移行させて 405 ポイント。

→そして最終的には ANAマイレージクラブ 364 マイルに交換する。

(ちょっと無理のある交換方法なので例えと思って頂ければ幸い・・・)

A さんは何も 500 円が欲しかったわけではなく、飛行機にのるべく貯めていたマイルをあと 300 マイル欲しかったのだ。

そして 300 マイルは何万円も買い物をするか、飛行機でどこかへ飛ばなければ入手できない程の価値がある。わらしべ長者みたいなものだ。

これでマイルが貯まった A さんはたった 500 円の成果で香港・韓国・台湾はたまた欧米などをタダで往復できることになる。

かなり下手な作り話ではあるが少量のポイントにはこうした夢が詰まっている。



最後に

こうしたポイント交換が活性化すれば、頼みごともお金ではなくポイントで請け負うなんて人が出てくるかもしれない。

それで副業が成り立つこともあるだろうし、副業が潤えば今よりも生活が安定する人もでてきてくるかもしれない。

それは今の日本経済というか社会を象徴しているものであって、日本経済が活性化することに繋がるかもしれない。

いまのところ騒がれていないが他のポイントも交換できるようになれば面白くなってくるはずだ。

Twitter をフォローする!skyblue_1985jp



Pixel 3 白ロム、アキバで大幅値下がり。XL128 GB が 59,800 円(税込)にて販売中

Pixel 4 のリリースが噂されるなか、秋葉原では Pixel 3 XL 128GB の白ロム価格が大幅に下がっている。

確認できたのは「イオシス」通販サイトで、秋葉原・名古屋・大阪・博多の各店舗でも併売されている。

Snapdragon 845 , RAM 4 GB, ROM 128 GB の最上位モデルで発売当時なんと131,000 円という超高価格だった。



これから 2 年は使える文句なしの 1 台

Pixel 3 XL は昨年に筆者も検証端末としてしばらく利用していたが、まさに文句なしの 1 台。

カメラは単眼レンズであるにも関わらず AI 処理による夜景撮影はファーウェイや iPhone XS Max に匹敵する品質だ。

もし「夜景を綺麗に撮りたい」という人で iPhone 11 Pro やファーウェイ P30 Pro などの最新機種を検討している人がいたら Pixel 3 XL もぜひ候補に入れてみよう。

Android OS やセキュリティパッチの更新は 3 年間続くため、発売から 1 年が経過するいま購入したとして後 2 年間はフルに最新 OS が楽しめる。

今年 5 月に発売された Pixel 3a XL よりもゲームの楽しめる強力な CPU に加え防水・防塵にも対応しているので買うならこっちだろう。

気になる人は「イオシス」通販サイトをチェックしてみよう。

リンク先:イオシス通販サイト

Twitter をフォローする!skyblue_1985jp



WiMAX2+ の違約金 1,000 円プラン、笑ってしまうビジネスモデルの実態

10 月 1 日からの改正電気通信事業法に合わせ、Wi-Fi ルーターでお馴染みの UQ WiMAX も違約金 1,000 円のプランを新設した。

改定後の 2 年プランは月額 3,880 円で使い放題となる。いっけん良心的で「改善されたのでは?」と思うだろう。しかしよくできていて笑ってしまう結果となった。



WiMAX2+ ルーターは何故 1 円なのか

WiMAX2+ を契約する際「ルーターは一括 1 円です!」と言われた経験はないだろうか。少なくとも全国の量販店ではこのように謳っているはずだ。

むろん高性能ルーターに価値がないわけではない。ひとまず配っておいて 24 ヶ月間の通信費で元を取るビジネスモデルなのだ。

また短期解約で 2 万円近い違約金が発生するのはルーター代金を回収するためでもある。

ここで「違約金は 1,000 円まで」と義務付けられたらどうするのか。滑稽だがアレほど「 1 円ですよー」と謳われたルーターが 2 万円以上に跳ね上がるはずだ。

 

結局は何も変わらない気が・・・

いままで 1 円を謳っていたルーター代金を最初に 2 ~ 3 万円負担してもらうことで、違約金 1,000 円を実現したと言っても過言ではないだろう。

もしくはルーター代金を分割せることで月額料金の合計は今までと全く変わらなくなる可能性すら考えられるのだ。

(3 日間で 10 GB 制限などは無くならない)

すでにルーターを持っていて持ち込み契約が可能であれば良心的だが、WiMAX2+ にも通信と端末は分離されるのだろうか。

ここは非常に気になるところで、実験してみる価値はあるかもしれない。



最後に

「iPhone が一括 1 円になりますよ!」という真の 1 円もあれば、WiMAX2+のように月額料金や違約金に端末代金を仕込んでいるだけの 1 円もある。

キャリアがスマートフォンの値引き制限をうけて頭を悩ませているなか、UQ に関しては痛くも痒くもないだろう。

昨日まで 1 円だったルーターを次の日から 2 ~ 3万円で販売すればいいだけの話なのだから世渡り上手というか何というか・・・

Twitter をフォローする!skyblue_1985jp



ドコモメールは捨てるべし、令和のキャリア事情にみる「愛着」のデメリット

昨日なかば信じられないニュースが入ってきた。ドコモメールが繋がりにくくなっているというもので、ユーザーの方には失礼ながら「まだキャリアメール使ってるの?」と声に出しそうになった。

@docomo.ne.jp は 90 年代の i モード時代から続く歴史あるメールアドレスで愛着を感じる人が多いのは重々承知している。

しかしながら工夫次第でスマートフォンの料金を下げられる時代においてキャリアメールを続けるのはじつに勿体ない。



キャリアから逃れられなくなる

勿体ない最大の理由は料金見直しの機会を失うことだ。とくに今年は正式リリースこそ来春にずれ込んだ楽天モバイルが第 4 のキャリアとして参入したり MVNO においても au やソフトバンク回線を利用した 事業者がふえている。

まさに競争が働こうとしているなかでキャリアメールに「愛着」が湧くと他社に魅力的な料金プランが出てきても検討すらしなくなる。

もちろん「満足しているからいいではないか」という意見もあるだろう。

ただしそれは料金を見直す必要がないほどお金に余裕があったり、お金に変えられない価値をメールアドレスに見いだせる人であるはずだ。

そうでない人はメールアドレスへの執着を捨てない限り永遠にキャリアからお金を吸われる都合のいい顧客になりかねない。

 

長期顧客優遇が禁止へ

10 月 1 日より施行される改正電気通信事業法において長期顧客への優遇が制限されたことにも触れておきたい。

いままで長期顧客からは「新規だけが優遇されるのは不公平だ」という声が挙がっていたはずで NTT ドコモは docomo with などで対応した経緯がある。

ところが改正法では長期利用者への優遇が制限されたため docomo with も 5 月 31 日をもって受付が終了している。

むしろ同じ回線を続けることでキャリアには安定した収益が入ってくる。彼らはそれを原資として iPhone や Android を一括 0 円で新規顧客にだけ提供してきたのだ。

そんな事を考えるとキャリアメールにこだわって同一キャリアを続けることが腹立たしくなってこないだろうか。



最後に

というわけでキャリアメールはお金に困らない一部のユーザー、お金が発生しても愛着に大きな価値観を見いだせる人以外にはお勧めできない。

毎月課金しているのに優遇はされず、むしろ自分たちより後にきた新規顧客を優遇する資金源となっている。

そんなことを言われたらキャリアメールを使い続けることに抵抗はでてこないだろうか。

このメールさえ辞めてしまえば au なりソフトバンクなり他社へ移行しやすくなるはず。

確かに移行は面倒かもしれないが、その一時の面倒は今後計り知れないほどのお得な生活を実現するかもしれない。

他社への乗り換えをしたことがない人は、第一段階としてキャリアメールを捨ててみてはどうだろうか。何か吹っ切れて躊躇いなく MNP できるはずだ。

Twitter をフォローする!skyblue_1985jp



書き心地が最悪すぎる理由、悩ましい Galaxy Note 10+ をレビュー!

Galaxy Note シリーズといえば、言うまでもなく「ペン」入力が武器の1つだ。

スマートフォン市場には本格的なペン入力のできるデバイスが長らく存在せず、もはや Galaxy Note の専売特許となっていた。

ところが今回の Note 10/10+ はひろいディスプレイなのに文字が書きにくい。

どうしてなのか考察もふくめレビューしたい。



邪魔すぎるエッヂ

書きにくいと思う理由はいくつかある。まず何よりも湾曲しているエッヂだろう。

Samsung ノートにペンを走らせると、両端に認識されない部分が生じてくる。

端まで認識するアプリもあるがこれは悲しい。

しかも書きながら手の甲でEdge 部分に触れるとフリップ機能に反応してしまう。

エッヂ部分を活かすために生まれたスワイプ機能がかえって邪魔になっているのだ。

無効にすることで回避できるものの有効にしておきたい人には不便きわまりない。

 

いままでなかったフィルム

ところで今年の Note 10 はシリーズで初めて初期フィルムが貼られている。

他社フィルムによる指紋認証率が下がるのを防ぐためで、できれば剥がさず使うことが望ましい。

(言われなければ気づかないほど自然に貼られている)

もしかするとこのフィルムもまた、ペンの滑りに少なからず影響しているのではないだろうか。

走り書きならともかくキレイに文字を書くことは難しく感じている。



ペンは転換期に来ている!?

しかしなぜここまで書きにくくなったのか。

筆者は「サムスンが Sペンの使い方を戦略的に変えてきた」と考えている。

昔は文字入力デバイスがなかったので Galaxy Note は存在価値を高くたもっていた。

ところが iPad とアップルペンシルの普及、Mate20X や LG Q Stylus など Android でもペン付き端末が少なからず誕生してきた。

つまり「文字入力」以外での訴求力を高めない限り、Galaxy Note は長期的にその存在価値を保てなくなるはずなのだ。

だからこそ Sペンに Bluetooth やジェスチャー機能が追加されたのだろう。

最初は「進化しきれない苦肉の策」かと思っていたが、多角的にみればペン端末の最先端を模索しているようにも考えられる。

ライバルなき領域に Galaxy Note をアップデートすることでシリーズの存在意義を高めようとしているのだ。

 

最後に

もしかすると本格的な文字入力はタブレットに託してしまったのかもしれない。

というのもサムスンは海外で Sペンの付いたタブレットを低価格でリリースしている。

日本では販売すらされていないが、スペックも高く東南アジアでは割と人気。

(異次元のスペースで、あたり前だが書きやすい)

こうしてみると「文字入力はタブレットで、閲覧・編集はノートで」といった 2 台持ちを推奨しているようにも見えてくるのだ。

もちろん筆者の感じた限りをかいたまでで、かなり主観的ではあると思う。

しかしながら「文字入力」が本格的にできる Galaxy Note は一旦おわって、次なるペンの活かし方を模索し始めたように感じられるのだ。

twitterをフォローする!skyblue_1985jp



【速報】オレ氏、Galaxy Note10+ を香港で入手!日本と違いすぎるサムスン人気【購入編】・・・

Galaxy Note 10/10+ を買い香港までやってきた。

空港でのデモ活動が禁止となったおかげでターミナルは平和そのもの。

Galaxy Note 10/10+ は至るところに展示があるものの、発売は 23日なので即購入というわけにはいかない。

まだ店頭に在庫がない状態で、予約した人だけが 21 日からピックアップ開始となるのだった。

というわけで筆者も予約をしたお店のある「青衣」駅へ向かう。

今回はピックアップだけが目的かつ、デモが心配だったので行動は必要最低限にした。

(高速鉄道でたった一駅、乗車時間は約 15 分くらいだろうか)

「青衣駅」は大型ショッピングモールが直結しており、とくに迷うこともなかった。

(青衣城とよばれる巨大なショッピングセンター)

オープン 11 時まで時間を潰し、ソワソワし始める・・・・



10 周年目にして輸入から現地調達へ

まずは Fortress と呼ばれる量販店のオープン 11 時に駆け込む。

(開店前に並んでしまうクセが海外でも発動した・・・・)

予約表をみせて無事にピックアップ。10 周年目にしてアウェーでのゲットである。

次に別のフロアのショップ Broadway にも向かったのだが、ここで事件発生。

 

指定した時間に商品がきていない・・・

100 ドルの指定料金を払ってまでピックアップ時間を指定したのに、まだ商品が届いていない珍事に遭遇する。

この店舗はオープンからピックアップ客がとてもおおく、一部の Galaxy が配送に間に合わなかったようだ。



けっきょく 19 時過ぎまで来なかった(笑)

しかたないので開封したりショップの模型で遊びながら待つも全然商品がこない。

けっきょく「18 時以降の受取り」なる悲報メールがとどき、その後 SMS にて 19 時以降の確定メッセージがとどく。

これはさすがに飛行機に間に合わない。

スタッフに事情を話したところ上の人にかけあってくれて、結局キャンセルしてもらうことになった。

 

最後に

iPhone 以外の発売日にここまで本気出したのは初めてで、海外の Galaxy 人気をみせつけられた一日だった。

日本だと発売日を待たないフライングゲット自体が珍しく、予約だけで盛り上がる光景はとても新鮮な感じがした。

しかもその盛り上がりを見て「自分も買おうか」と思ってもまだ発売されていないもどかしさ。この売り方は作戦なのだろうか。

とにもかくにも、おかげさまで無事に Note 10 + がゲットできて何よりだった。内容はおってレビューしたい。

Twitter をフォローする!skyblue_1985jp



Dual SIM が重宝する、海外 SIM フリー Xperia1 89,800 円(税抜)に値下がりへ

ファーウェイ P30 Pro が不在で、キャリアスマートフォンは Xperia1 の人気が続いている。

キャリア版に至っては中古で 10 万円以上するケースもあるため、海外版を買ったほうが早いかもしれない。



Felica はないが Dual SIM がある

海外通販サイトの EXPANSYS では 89,655 円(税抜)に、先週比で 6,000 円安くなった。

人気のパープルを含め記事作成時点ではて 40 台以上の在庫がみえるので、すぐに売り切れることはないだろう。

Felica が不要なら 2 枚の SIM を同時受信( DSDV )させることができる。

キャリアロゴや余計なアプリがインストールされていないため、十分にメリットがあると言えるだろう。

Xperia1 は Snapdragon 855, ROM 128GB, RAM 6 GB 搭載のハイエンドモデルで、シリーズ初の 3 眼レンズが採用された。

長年のファンからも好評であるため、今回久しぶりに Xperia を選ぶという人も多いようだ。

確かに Galaxy 派の筆者も欲しくなってきた気がする。。

リンク:EXPANSYS 通販サイト

Twitter をフォローする!skyblue_1985jp



【検証】300 GB レンタル SIM で 25GB を突破、大容量 SIM への期待と不安

この一週間で「ソフトバンク回線」を利用したレンタル SIM が大きな話題になりつつある。

いろんな業者があるなかで筆者は iVideo の 300 GB を検証中。今回はその続きと懸念される点について触れておきたい。



25 GB こえるも制限なし

最初はものすごい悪評だと聞いていたのだが 20 GB そして 25 GB を越えるも全くスピードが落ちることはない。

ギガを消費しやすい NetFlix や Amazon Prime などで 1 本あたり 3 ~ 4 GB の動画をいくつかみても全く影響ない。

(もちろん標準画質という甘えは許されない)

この調子で使えるなら「ほぼ固定回線」と言えるだろう。少しずつ通信しながら 50 GB オーバーを検証していくつもりだ。

 

20 GB で制限がかかったという声に関して

ところで「 20 GB で制限がかかった」という声に触れておきたい。

恐らくだがわりと短時間に「わざと」としか思えない通信をしたのではないだろうか。

いちじてきにも回線を独占すれば通信がおもくなる。制御システムが検知して「待った」がかかることはあり得るのだ。

そうした人は「20 GB で止まるなんて使えない」と揚げ足をとるのだが、クレーマーといわれるレベルだったりする。

回線は公共のものなので、今回の検証ではそこまでのことはしないつもりだ。

 

「改悪」がとても心配

むしろ心配なのは加入者がふえた時の「改悪」だ。「大容量」や「無制限」を謳うサービスは過去 5 年間にいろんなものが存在した。

しかしどれもこれもユーザーが増えると「制限」をもうけるか、サービスが成り立たず撤退の道を歩んでいる。

例えば 2014 年には Y!mobile が無制限で 305 ZT を提供していた時期があった。

ユーザーがふえると急に制限がはいるようになりクレームが殺到。

違約金なしで解約に応じられる例がでるなど、もはや騒動ともいえる例もあったのだ。

こうした過去を鑑みると 300 GB や 900 GB のレンタル SIM もユーザーの増加でなにがどう変わるかわからない。

もちろん誰もが同じ品質で使えるよう期待しているが、過去の例からある程度の未来は覚悟した方がいいかもしれない。

すこし本題からずれたが、つぎは 50 GB をこえたら報告するつもりだ。

むしろそのくらい使えれば 3,200 円としては十分ではないだろうか。

Twitter をフォローする!skyblue_1985jp