未分類」カテゴリーアーカイブ

窮地のソニーモバイル、日本へのXperia10導入でも復活は厳しいか!?

日本で一斉を風靡した国内メーカーは、次々と携帯電話から撤退していった。SHARPも鴻海傘下の外資系となった今、ソニーモバイルは京セラと並ぶ数少ない国産メーカーとなった。

しかし赤字に次ぐ赤字からSONY全体の足かせとなっており、株主などから「撤退」を視野に入れるよう怒号が飛ぶ。そんな窮地で発表された縦長スマホ、Xperia10/Plusは日本国内で巻き返しを図るものになり得るのだろうか。



①窮地ですら日本への導入は不透明

最初に断りを入れておくと、そもそもXperia 10が日本で発売される可能性は未知数だ。ソニーモバイルは海外モデルとしてXperia XAシリーズを2016年から展開してきた。それ以前もXperia M4 Aqua、M5 dualなど実に様々なシリーズが存在した。

(画像はXperia A2 Ultra。6インチの大型サイズも普通にあるのだ)

 

しかし、この買いやすく魅力的なミドルスペックは、なぜか決して日本で発売されないのだ。Xperia 10/Plusもミドルスペックであるため、従来通りの法則ならば国内販売は期待できないことになる。

 

②ミドルスペック市場の覇権はSHARPやファーウェイに

お膝元の日本でデザインされた物が、日本で発売されない理由は何だろう。キャリアへの忖度だとか様々な憶測が飛び交っている。しかし、事業存続がかかった今、まだそんなことを言っていられるのだろうか。

低価格スマートフォン市場はSHARPが圧倒的なシェアを獲得し、国内スマートフォンシェア2位に躍り出た。中国勢はファーウェイも急上昇する中、昨年はOPPOの参入まで許してしまった。ここにSONYの文字はない。



最後に

SONYのモバイル事業存続には、ミドルエンド機種の投入が絶対条件となるだろう。崖っぷちの今、キャリアに媚を売っている場合ではなく、なりふり構わずMVNOや量販店との連携で売上を伸ばさねばならない。

 

奇しくも通信と端末の分離政策により、ハイエンドモデルは破格での購入が難しくなるかもしれない。ならば一層Xperia 10/Plusを投入すべきだろう。これでも国内販売がなければ、それ以上に何も言うことはない。。

Twitterをフォローする!skyblue_1985jp



EXPANSYS、Galaxy S10仮予約開始!注文前に知っておきたいリスト・・・

日本時間21日の早朝に発表されたGalaxy S10シリーズ。EXPANSYSで仮予約が始まっている。筆者も10年近くお世話になっており、非常に信頼できる業者だ。だが気をつけたいこともあるので、早くゲットしたい人向けの注意事項を書いておこう。



①仮予約したのに発売日に在庫なし!

よくあるのがこれ。香港の発売日なのに在庫がなかったり、先に注文した人がいて優先されていたり、即ゲットできるとは限らないのだ。気長に待てる人なら何の問題もないのだが、速攻で欲しい人は別ルートも検討しよう。

また、価格が販売直前になるまでハッキリしないこと、送料は無料でも10万円を超える商品は税金が意外と高くなるのも覚えておこう。ちなみに筆者はGalaxy Note8を輸入した際、6,000円以上かかったのを覚えている。

 

②早く欲しい場合は在庫確認してから注文

発売開始後、システム上在庫が例えば「5個」となっていたとする。これが売り切れても反映されるのが遅く、注文しても次の入荷まで永遠と待たされることがあるのだ。

 

やはり早く欲しい場合、注文する前に電話して在庫の有無を問い合わせた方が確実だ。営業時間なら日本語が通じるので安心。在庫さえ確保されれば後は超速。夕方までに発注して最速次の日に届く。



③チップセットは2種類存在する

ところで日本で販売されるモデルはSnapdragonというSoCを搭載している。だが一部のグローバル向け機種はSamsung独自開発のExynosが混ざっているのだ。あまり気にする人はいないが、気にする人は同じく電話して聞いてみよう。

 

9500とか9600など9000番台はSnapdragon、930FDなど900番台はExynosだ。また900番台は語尾FDはDual SIM、語尾FはシングルSIMなので注意されたい。

 

最後に

今年もやってきた春の風物詩、Galaxy Sの最新モデル。2014年からはガチ勢として毎年即買いしてきた筆者だが、今年はどうしようか迷うところ。と言いながら結局買っているのだが、どうしたものだろうか。。

Twitterをフォローする!skyblue_1985jp



Apple AirPods、年末にまさかの入手困難再び!2万円超で転売される・・・

クリスマスの昨日、なぜか買取価格相場の上がっている商品があった。「おかしいな、その辺で普通に手に入るのに何でだろう」と思って調べてみると、どこもかしこも品切れている。

 

その製品とは、「うどん」と呼ばれた例のAirPodsなのだが、筆者調べによると少なくとも秋葉原では手に入りにくい状況が続く。

 

①Apple Storeでは早くとも年明け

まずAppleだが、受け取れるのが早くとも年明けから。本家本元のApple Storeに在庫がないのは珍しい。店頭は1月7日、通販だと年明け3日着~となっており年内の入手は難しい。

 

②Amazonでは軒並み2万円超えに

Amazonはどうかと言えば、2万円を超える価格での転売が相次いでいる。年内に欲しい場合はここから買うしかない。逆に1週間くらい待てるのであれば、Appleから正規価格で購入できるのがわかっているため、無理に転売価格に飛びつく必要もないだろう。

(それにしても久しぶりの品薄。普段秋葉原にコロコロと転がっているのに珍しい高値となった)

 

③ヨドバシ.comの26日入荷説・・・

こんな感じで、どこもかしこも品切れなAirPodsなのだが、ヨドバシ.comには26日から入荷と書かれている。探している人はヨドバシ、ビックカメラなど大手の量販店通販サイトに貼り付いていた方がいいかもしれない。

それにしても幾度となく品薄になるAirPods。この冬にイヤフォンジャックのないiPhone7以降に乗り換えた人が多かったということなのだろうか・・・

Twitterをフォローする!skyblue_1985jp



ここがダメ!!Pixel3 XLのデメリット、惜しい点をレビュー!!

シンプルすぎる故に、機能の一つ一つが大きな迫力を見せるPixel3 XL。デュアル、トリプルレンズなど複数レンズが流行る中、まさかの単眼レンズを使ってiPhone XS Maxに挑む姿勢は驚いただろう。

AIを使えばレンズは3つも必要ない、無制限のクラウドストレージを使えば容量512GBも必要ないと、無言ながらに様々な事を訴えかけてくる。それがPixel3だと筆者は思っている。使ってみて概ね満足なのだが、今回は惜しいなと思う点をお話したい。

(関連記事:【レビュー】Pixel3 XLは一体どんな人向け!?~Google時代を生きる人へ~



①顔認証機能がないのはなぜ・・・

まず思ったのが、顔認証機能がなかった事。iPhoneXに始まった顔認証は今やAndroidのトレンドの一つとなっており、顔認証のないハイエンドスマホを見つけるほうが難しい年だったはず。

 

Googleが「顔認証は不要、指紋だけが信頼できるセキュリティなのだ」と方向性を決めているのであれば理解できるが、「自信がない」という事であれば少しがっかり。いずれにせよGoogleの顔認証精度を体感してみたかった。

 

②さすがに深すぎるノッチ

ノッチが流行ったことも2018年のスマートフォン業界の大きな出来事だった。Huawei P20 Proなどユーザーに気を使って最小限に抑え、気にならない物が目立ったように思う。ノッチを隠すモードがあるくらい、恥ずかしいと思う人がいるわけだ。

一方でPixel3 XLのノッチはさすがに深い。ディスプレイが大きいから気にならないという次元ではなく、ディスプレイが大きいけどノッチも比例して大きくなっている感覚なのだ。

 

深すぎるゆえ、隠すことができないノッチ。ほぼ98%満足していただけに、ここは「うーん」と理解に苦しむ点となった。



③存在意義の示し方が下手すぎる

上述した2点以外は概ね満足しているし、それ以外に特に不満はない。もう一つあるとすれば本体価格の設定だろう。Pixel3 64GBは、ほぼ10万円。最上位機種のXL 128GBは13万円を超える。

ROM256GB、RAM8GBが流行る中で、その半分のスペックだ。顔認証もなければカメラ・レンズは1つだけ。それでも高いのはなぜなのか。そこを明示できる決定的な要素が欲しかった。

 

もしも、Googleが自社やAndroidを安売りしたくない方針であれば、それはそれで納得できる。ただ、現状はそれを伝えきれず「ただただ、高い端末だよね。何がいいんだろう」と思われて終わってないだろうか。もう少し上手に存在価値を示してほしかった。

 

最後に

ようやく日本にも上陸したGoogle Pixel3 XL。高額だから持っている人も少ないし、誰よりも早くピュアで最新のAndroidを勉強できる。AIによるシングルレンズのカメラはワクワクするものがあるし、auネットワークにもバッチリ対応。

 

検証が好きな人やGoogle時代を生き抜く人には是非お勧めしたい端末だ。顔認証がなく、ノッチが深すぎるなどと述べたが、敢えて挙げればというレベルなので、気にならない人で「ぜひ欲しい」という人は高くとも買ってみる価値は大いにあるだろう。

 

筆者も検証するユーザーとして大事に使っていきたい。

Twitterをフォローする!skyblue_1985jp



なんでHuaweiとZTEだけ責められるの!?確実に飛び火しそうな中華スマホ勢の話・・・・

日本政府がHuawei機器を調達しない方向性を示したことで市場が騒然としたが、さらなる悲報が入ってきた。携帯電話大手3キャリアも同社の設備を設置したり、利用しないと表明。

 

今までアメリカに閉め出されていたのは誰もが知るところだろう。半ば対岸の火事くらいに思っていた事が日本にも飛び火したことで、国民もそれなりの不安に駆られるだろう。実際、筆者が実施したアンケートでは回答者400名以上のうち46%が今後Huaweiを購入しないと答えている。



①おそらく急速に需要が降下する

あれだけの報道をされたら「次のスマホはHuaweiじゃない物にしよう」という気になってしまっても仕方ない。そして「高いうちに売ってしまおうか」と思っても無理はない。

 

日本だけでなくイギリスなどHuawei排除の動きは諸外国まで急速に波及している。これからクリスマス商戦にはいるが、同社にとって存続の危機とも言える状態になってしまった。

 

②2019年、中国メーカー離脱の動きを見せるか?

ここからは筆者の独断と偏見による推測なのだが、政府のHuawei、ZTE締め出しは、「中国スマホは危ないよ」と国が言っているようなものだろう。

 

一連の動きは日本上陸を果たしたOPPO、更に日本への進出が噂されていたXiaomiにも飛び火し、「中国≒スパイウェア」という先入観から避けられてしまうかもしれない。

 

そうなれば破竹の勢いだったHuaweiはおろか、ZTEやOPPOなどが日本で急速にシェアを落とし、SHARPが躍進、SONYが生き残るなど安心・安全の日本メーカー回帰が進むことだってあるかもしれない。



③最後に・・・

突然やってきたHuawei排除の動き。しかしHuaweiはP20 ProのテレビCMを流し続けており、何食わぬ顔をしている。困るのは現場で販売しているスタッフだろう。これから押し寄せる顧客に、何をどう説明していけばいいのか困惑しているはずだ。

 

ひとまずHuawei Japanの公式な声明を待つしかないが、確実に不穏な空気が流れている。本当に酷い事になってしまったものだ・・・

Twitterをフォローする!skyblue_1985jp



【レビュー】Google Pixel3 XL Just Black、純正ケースも黒が似合う!!

非常に高額だったPixel3 XL 128GB、せっかくなのでケースもこだわろうと奮発した。Google純正のFabricケースを検討するも、組み合わせのサンプル例があまり出てこない。

(Pixel公式ページ。欲を言えばAppleのように全組み合わせ例が欲しい)

 

全ての組み合わせがでてこないため、実に色んな人のレビューを探すも、思ったより出てこなかった。というわけで、思い切ってブラックを注文。案外よかった。



①まっ黒ではない、上品な佇まい

いざ装着してみると、思った以上に調和している。黒というよりは濃紺のような色で、周囲の光の強さで色味が違ってみえるだろう。

(ファブリックとは生地を意味しており、よくあるレザーケースではない)

別の角度から撮影。明るさが違うと見た目のイメージも変わるはず。そして何より軽くて持ちやすい。iPhone XS Maxがずっしりしているだけに、思わずメイン機種にしたくなるほどだ。

眼精疲労を防ぐため、せっかくの有機ELだがアンチグレアのフィルムを選択。とてもいい感じだ。

 

②デメリットはないの!?

端末の両サイドを握るとGoogle Assistantが起動するのだが、実はこれ握る強さを調整できるようになっている。ケース装着により、手に力が入りにくかったり固く感じてもソフトウェアを調整すれば楽になるだろう。

一部で固くなってしまったという声もあるが、調整した上でのレビューなのか少し気になった。あとはデメリットという物はそうそうない。

強いて言えばSIMトレイが塞がれること、ただし普通の人はそんなにSIMの入れ替えをしないので問題ないはずだ。



最後に

ケースが5,180円、本体は約13万円だったので、今年購入したスマートフォンの中ではiPhone XS Maxに次いで二番目に高い買い物となった。これだけシンプルだから「高すぎる」と言われるのだろう。

しかし、前回のレビューにも書いたとおり最小構成で最大のパフォーマンスが出せる端末に仕上がっている。Googleと毎日をともに過ごせるスマートフォン、Pixel3。ぜひ一台持っておきたい。

関連記事:【レビュー】Pixel3 XLは一体どんな人向け!?~Google時代を生きる人へ~

Twitterをフォローする!skyblue_1985jp



SIMフリー iPhone SE 32GB未使用品が2万円台、Zenfone 5Zが61,800円(税込)に値下がり!!~今週の秋葉原~

いよいよ街のネオンがクリスマス仕様になってきて、ジングルベルの音楽が一部で鳴り響く秋葉原。いつものように練り歩いていると、SIMロック解除済みiPhone SE 32GB未使用品が29,800円まで値下がりしているのを確認。

9月にiPhone XS, XS Maxが発表された際には36,800円にまで値上がった。その後2,000円ずつ緩やかに下ってきたが、2万円台に突入したのは約2ヶ月ぶり。今週の秋葉原を見ていきたい。



①UQ mobileがまだ沢山持っている!?

どやらUQ mobileやY!mobileがこの期に及んで在庫を持っているようだ。今年の前半に筆者が一括15,000円くらいで入手し、SIMを格安で維持しているような案件。

これは今日現在の案件だが、こうした破格の安売りで買われたものが中古市場に流れてくるのだが、この1年を通して終わりそうで終わらない。一体どれだけの在庫が残っているのだろう。

 

②国内版SIMフリー Zenfone 5Zも最安値

ところで、今年のフラッグシップ機に相次いで搭載されているSnapdragon845チップセットを搭載したDSDV(4G+4G)の中では国内最安のASUS Zenfone5Z。前回調査64,800円だったのが3,000円下がった。

今回見つけた物は未使用品で、61,800円(税込)と筆者調べでは最安値。FOMA SIMも利用できるため、狙っていた人は買い時かもしれない。

(関連記事:【速報】オレ氏、ASUS Zenfone5Zを入手!Huawei P20 Proなどと比較レビュー①~Antutuベンチと発熱編~



最後に

UQやY!mobileがiPhone7を取り扱うという噂が一時期あったが、まずはSEを捌くことが先なのだろう。欲しかった人にまで行き渡ってしまえば価格も落ち着くはずだが、これ以上下がるだろうか。

 

そしてASUSは今年おとなしかったが、明日23日にゲーミングスマホROG Phoneがリリースされる予定。今週も引き続き秋葉原を調査していきたい。

Twitterをフォローする!skyblue_1985jp



キャリアの端末下取りが中古ケータイ市場の成長を妨げる!?そんな馬鹿な・・・という話

菅官房長官の鶴の一声で始まった、携帯電話料金引き下げの話題。連日のようにニュースで報道されているが、端末と料金の分離政策と合わせて注目されているのが中古携帯電話市場の活性化だ。

 

政府は「大手キャリアが携帯電話を下取りして海外に再販しているため、国内の中古市場が成長しない」としている。筆者もこの業界で働いているが、一概にそうは言えない部分があるので述べていきたい。



①中古市場には外国人が参戦

2017年、多くの人が夢見たSIMロック解除義務化がついに実現し、端末のロックを買った当日(または翌日)に解除できるようになった。海外で使ったり、他社のSIMカードを使うなど、選択肢が広がった。

 

ここに目をつけたのが、爆発的に増え続ける外国人観光客だ。秋葉原を訪れる観光客が、中古ショップに入荷したSIMロック解除済みiPhoneを次々と買っていってしまう。

 

観光客だけではない。今、労働力不足でベトナムやインドネシアからやってくる技能実習生、留学生が急増しており、日本でも自国でも使えるようにロック解除されたブランドスマホ(Galaxy、Xperia、iPhoneなど)を買っていく。

 

また、ありったけの中古スマホを買い占めて外国人向けに商売を始める外国人も増えつつある。キャリアというよりも、外国人が外国に端末を流している事実も注目すべき点だろう。

 

②SIMロックがあっても無くとも関係ない!?

また、よく目にするのがSIMロックのかかったスマートフォンを「自国でSIMロック解除してもらう」と言い、国に持ってかえる外国人。どうやるのかは知らないが、そうした技術が発達している国や地域もあるのだろう。 

 

更に、SIMロックを解除する術を知らなくとも「Wi-Fi環境下で使うから、SIMが無くても大丈夫」という理由でお土産としてスマホを自国に持ち帰る人もいる。



最後に

キャリアが使い終わったスマホを下取りしているのは目に見える事実。ただ、そこには壊れかけたスマホや古すぎて、もう普段使いが厳しい端末も含まれている。それに対して外国人は、比較的最新のiPhoneやGalaxyを免税という特権を使って買っていく。

 

もしかしたら、政府はこうした現実に気がついていないのではないだろうか。5年前までは考えられなかった事だが、中古市場は外国人の爆買いによって成長を続けており、SIMロック解除義務化が定着した今、ますます拍車がかかったと言えよう。

 

総務省のキャッシュバック規制で、ただですら白ロムが出回らない中古市場に容赦なく入り込む外国人。こうした現実を政府が認識したら、動きようがないと思うのだがどうなるのだろう。かいもく検討もつかない。

Twitterをフォローする!skyblue_1985jp



ガラケー、ガラホが手に入らない!!仕方なく大人がキッズケータイ(F-03J)を使っている!?という話・・・

秋葉原を歩き回っていると、いよいよガラケーが入手できなくなった。ガラケーを諦めてガラホに移行した人も多いようで、ガラホすらなかなか手に入らない。

 

全く売っていないわけではないのだが、中古にしては高かったり、高い割に傷が多いとか、もうその程度の物しか転がっていない。

(そういえばNichePhone初代なんかも人気が出て来ているらしい・・)

 

「とにかく通話できればいい」という需要からdocomoのカード型ケータイに注目が集まるが、思いもよらぬ機種まで盛り上がっている。



①ガラケーもガラホも見つけられない人の着地点

秋葉原で売っている物は時期やタイミングによって全く異なるのだが、子供向けのキッズ・ケータイが大量に売られているのを発見。税込1,980円と非常に安いのだが、注目すべきはFOMA対応機種であるという点だ。

本当に通話だけの需要で、スマホとは別に持ちたいという人に人気だそう。確かにカード型スマホやNiche-Phoneと大きさは似ており、予備のガラケーが必要な人には大ヒットしているのかもしれない。

 

②ガラケー生産すればいいのに・・・

かつて一世を風靡したNEC、富士通、Panasonic、三菱など高い技術力を誇る日本メーカーはすっかり弱ってしまった。ないのなら再び製造すればいいようなものだが、それはキャリア都合で許されないのだろうか。

 

何やら日本以外でもベーシックな携帯電話が求められているようで、Googleがガラケー向けOS(Kai OS)にものすごい出資しているなんて噂もある。それが来日する可能性は未知数だが、ガラケーが手に入らなくなった後の市場に注目していきたい。

Twitterをフォローする!skyblue_1985jp



けっこう現金主義!イメージと違った香港のキャッシュレス事情・・・

中国で一般的なQRコード決済、”WeChat Pay”、”Ali Pay”を日本でも導入する企業が相次いでいる。中国は偽札が多く、露天商ですら現金よりQRコード決済を好むそうだ。

 

香港も「同じくQRコード大国なのだろう」と予想したのだが、そんな事なかった。今回の旅行で得たことを記録したい。



①露天商やタクシーは現金のみ

電車やバスがない場所に宿をとったため、今回は空港からタクシーで移動。その際にわかったのだが、タクシーは現金しか使えない。

稀にカードが使えるらしいが、今回利用したタクシーは全て現金のみだった。日本では Suica やクレカが使えるタクシー会社が多いだけに、逆に驚いた。

 

また、中国で主流なQRコードは露天商で利用されることはなく、同じく現金のみ。そもそもQRコード決済は日本と同様、中国人観光客向けのようだ。同じ中国なのに。

 

②キャッシュレスの理想郷があった

一方でタッチするだけの決済は日本が目指すべき社会が広がっていた。日本で言うFelicaは「Octopus」と呼ばれるカードが市場を制しており、スーパー、コンビニ、雑貨屋、交通機関など香港全土に普及している。

(とあるMcDonald。Octopusカードを右の決済機にかざすか、iPhoneを含むAndroidスマホをボタン付き決済機にかざすだけ。クレカは下から挿入すれば利用できる。)

 

強調したいのはEdy、WAON、nanacoなど規格の乱立がないこと、更にバスや電車など交通手段に欠かせないため、誰もが必然的に “Octopus”を持っている事実だ。



③クレジット決済も非接触

もちろんクレジットカード払いも多くの店で可能だが、読み込みやサインなどに時間がかかるため、非接触化が進んでいる。日本でもお馴染みのApple PayやGoogle Pay、そして非接触に対応したクレカが一般的。

重要なのは「Apple Pay対応なら、iPhoneで払いますね」、「Google Pay対応なら、Androidスマホで払いますね」という、当たり前すぎる事が気軽にできてしまうこと。

 

話はそれるが、これが日本だとそうはいかない。日本は店舗に「Google Pay対応してます」という表記があったとしても、その正体はSuica、iD、nanaco、QUICPay、Edyなどのいずれかであり、店側が全てに対応している事は非常に少ない。

(とある日本の自販機。これらの電子マネー全てをひっくるめてGoogle Payと呼んでいるのが日本の現状で、さすがに無理があると思っている)

 

Apple Payも同様、Suica、iD、QUICPayのいずれかを指しており、顧客側のApple Payと店側のApple Payが一致しなければ全く意味がないのだ。

 

そういった乱立がないからこそ、人々は「じゃあ、持ってみようかな」となり店側も「じゃあ、導入してみようかな」となるのではないだろうか。



最後に

キャッシュレス先進国と言われている中国。しかし特別行政区である香港ではQRコードなんてなかったのだ。現金への信頼度も高く、現金のみも普通に有り得るのだった。

 

しかし、規格の乱立がないという点だけで普及率、実用性が一気に高まり、人々の生活に強く根付いているのがわかった。

これを参考に、日本ももう少しキャッシュレス化が進まないだろうか。消費税10%になる来年、2%還元がそのチャンスとなればいいが。

Twitterをフォローする!skyblue_1985jp