未分類」カテゴリーアーカイブ

冬春モデルのダークホースか!?LG V30+(LGV35)をクイックレビュー!!

2017年はとにかく「ベゼルレス・スマホ」な年だった。日本でもGalaxy S8が大ヒットし、AppleもiPhoneXをリリースしたことで、しばらくベゼルレスブームは続くのかもしれない。

 

筆者もS8、Note8、iPhoneXと一通り買ったのだが「縦長すぎて、どうもあまり感動できない」というのが正直な感想だった。それをいい意味で壊してくれたのがLG V30+。



①忘れられた横幅と軽さ

LG V30+を手にとってまず思うのが「横幅がしっかりしている」という点。iPhoneXやGalaxy Note8にはなかった感覚。初めて持つや否や「これだ、ベゼルレスに欠けてた感覚は!」と口にしたくなるほどの小さな感動。

(au版はいつも通りLGとのコラボである isai のマークが)

更にエッジではないフラットなディスプレイにも注目したい。これは湾曲ディスプレイを苦手とする人に朗報だろう。

更に言うと本体が158gと非常に軽い。ケースなどを装着すれば若干重くなるにせよ、6inchのハイエンドスマホで150g台は十分な合格点だろう。

 

②ついに搭載された有機ELディスプレイ、これは賛否両論か

そして話題の1つの有機ELディスプレイ。これは賛否両論が激しいだろう。これも率直な感想だが「Galaxy S8やiPhoneXの方がキレイかな?」と感じる。

 

SamsungがGalaxyで培った結果なのか、それとも個人の好みによる物なのか。クッキリ鮮やかな事に変わりはないのだが、GalaxyやiPhoneの有機ELとは何かが違う感覚。

(iPhoneXやNote8とは何かが違う。説明しろと言われても難しいのだが)

しかし幸いにもRGBが自由に設定できる仕組みになっており、自分好みに調整できるのは素晴らしい配慮だ。ベゼルレスにしてよかったと思える大事な要素だと思った。

 

③珍しくキャリアの手が加わってないスマホ

キャリアモデルと言えば無用アプリ。LGV35ではこれらを隠すことが可能で、ディスプレイがキレイにできる。更にLGのプリインアプリなども今回は皆無に等しい。

(プリイン以外にも「電話アプリ」など重要なものすら非表示にできる)

(何の変哲もないホーム画面、プリインアプリが一切ない理想郷)

カメラや音楽は凝っているが余計なアプリなしで楽しめてしまう。さっぱりしたUIが好きという方にはピッタリの一台ではないだろうか。



ここまでのまとめ

ベゼルレス・スマホといえば「横幅が狭い」という印象が大きく、Xiaomi Mi Mix以来あまり楽しめずにいた。ただLG V30+にはしっかりとした横幅がある。

 

エッジなしのディスプレイが懐かしく、そして軽い。キャリアのプリインアプリは非表示にできるし、LGアプリは皆無に等しい。よって第一印象は全く文句の付けようがない。

 

次回はカメラや生体認証、惜しい点に触れていきたい。続きはこちら

Twitterをフォローする!skyblue_1985jp

 

iPhone8 実質0円と購入サポート一括0円、どっちを選べば得なのか!?

今月になって一括0円系の記事を多く書いてきたが、今回はタイトルの通り「実質0円と購入サポート付き一括0円」について触れておきたい。

 

結論から言えば「逃げられるか、逃げられないか」の違いが大きく、2年間通して使うのであればほぼ同じ。どういう事かみていこう。

(写真はとあるSoftBankショップの看板。大々的にやっていた)

①実質0円は24ヶ月が絶対


実質0円の歴史も長いので、ある程度わかってる方も多いと思う。毎月、電話とパケットパックの正規料金6000~8000円を24回払わねばならない。

 

その代わり、24分割されたiPhoneの本体代金が毎月引かれていくので、契約が終了する際には「本体価格は実質的に0円だったでしょう?」というのが実質0円の考え方。

 

ただし契約直後や特に契約から1年未満で他社へ乗り換えると違約金9500円の他に、iPhone8の多額の残債が請求される。そう、実質0円はローンを組んでいる状態であることを忘れてはならない。

 

②購入サポート一括0円は14ヶ月目で逃げ切れる

、購入サポート一括0円の場合はローンがなく端末は貰う事になる。「その代わり24ヶ月正規料金を払ってね」というのが購入サポートの趣旨。だから実質0円と同様に毎月6000~8000円の料金を払うことになる。

 

ただ、よく見ると「正規料金を払う期間は12~13ヶ月」というのがポイント。14ヶ月目で他社へMNPをしても購入サポートの短期解約には該当しない。

 

だから残り10ヶ月を毎月6000~8000円(計60000~80000円)払うより、14ヶ月で解約したりMNPした方が実質0円よりお得なのでは?と考えられよう。



最後に

本当に安いのは毎月の通信費からも割引される本来の一括0円。12ヶ月未満で解約しても違約金は9500円だけなので、これに勝るものはない。

 

ただし、最近はこれに代わり12~13ヶ月縛り付きの購入サポート一括0円が一般的だ。実質0円とほぼ同じと言われているが、一括0円は「ローンを組む必要がない」点、更に「14ヶ月目で他社へ逃げる事ができる」という2点で実質0円とは大きく異なる。

 

24ヶ月使うにしても、購入サポート一括0円であれば14ヶ月目から料金プランも柔軟に変える事ができる。この辺りを考慮した上で契約を考えてみよう。

Twitterをフォローする!skyblue_1985jp

 

iPhone8の一括1円案件、ワイモバイルSIMあるなら超絶有利!

昨年の9月に発売されたばかりのiPhone8。売れ行きが悪いとは聞いていたが新年早々に一括1円になっているから驚いた。購入サポートという縛りがある場合、月額の維持費は7000円程になるが、普通に使う分にはこの上なく安い。(購入サポートなしの場合は維持費が4000円台程度)

ところで、契約してから365日が経過したワイモバイル回線を持っている人はSoftBankへの乗り換えが超絶にお得だ。



①2年未満の解約でも違約金が全額免除される

普通は契約更新月でもない限り解約違約金が9500円かかるのだが、Softbankへ移行する場合に限りまずこれが免除される。加えてMNP転出費用、乗り換え先での事務手数料も全額免除。

さらに驚いた事に、例えば「去年SIMと一緒にHuawei P9を買った」など端末の割引を受けた履歴がある場合、本来その分の違約金が発生するのだが、なんとこれも免除される。

②SoftBankの通信費からも割引が入る

更にSoftBankの通信料金から毎月1000円が割り引かれるため、購入サポートで契約しても毎月1000円引かれるのは朗報すぎる。

(複数契約で超絶に安くなる場合もあるので、ショップで相談すべし)

③もはや使わない手はない

ところでこの「番号移行プログラム」というキャンペーン、いつ終わるかわからない。であれば、他社へ乗り換えを検討している方は一括0円でなくとも、お得だと思える案件を早いうちに探して乗り換えてしおう。勿論、無理に乗り換える必要は全くない。



最後に

まだ1年しか利用してないのに、違約金や手数料を全額負担してくる上に毎月割などとはまた違った独自割引が付くのは非常に大きい。

半永久的に続くのか、それとも突如として終わるのか全く予想がつかない。なので逃しても嘆かず、「まだやってたらラッキー」くらいに捉えておこう。

Twitterをフォローする!skyblue_1985jp

ホコリだらけの概念を覆す、Apple純正シリコンケースが上質すぎる・・・

先日Apple純正のiPhone 8Plus(7 Plus)ケースを購入したのだが、あまりにも品質が良すぎたのでレビューしておきたい。ケースなら100円ショップの物でもいいというスタンスの筆者がなぜここまで惚れたのか。

①まずiPhone8の高級感が半端じゃない

今年は久しぶりにiPhoneの筐体がガラスとなって登場した。特に背面の高級感が「大切に保護したい」という気持ちにさせてくる。

色々と探したのだが、いきついたのがApple Silicon(Product Red)ケース。シリコンと聞くと「え、ホコリすごくない?辞めたほうがいいよ」という人が多いだろう。筆者もそれを懸念していたのだが、いい意味で裏切られた。


②単純に高いだけではない

ケース内側をご覧あれ。中はシリコンではない処理が施されており、普通のシリコンケースとは似て非なるものとなっている。2週間近く使っているが、ホコリだらけになることは未だ1回もない。

③何気に欲しかったProduct Red

iPhone7(Plus)に途中から追加されたRedが欲しかったのもあり、気分を味わうためにもRedにしたら最高すぎた。

(開封前。価格は税抜きで4980円と決して安くはない)

写真では伝わりにくいかもしれないが、背面のAppleロゴが浮き出る感じで一層の満足感がある。


最後に

iPhoneのケースは本当にピンきりで100円から数万円する物まで無限に存在している。今回、知人のお勧めでコレを選んだのだがシリコンケースがここまでの潜在能力を秘めてるとは思わなかったし、ここまで所有感を満たすとも思わなかった。

そして所有感が満たされると「長く使おう」という気持ちになれるのは不思議。スマホをよく買い換える筆者もメインとして既に3ヶ月近くiPhone8 Plusを使っているので、長期コースが確定した。

Twitterをフォローする!@skyblue_1985jp 

スマホの48分割払いってどうなの?っていう話

今年発売されたスマートフォンはとにかく高額だった。Galaxy S8+やiPhoneXなど普通に10万円を越える製品が散見され「え、スマートフォンにこんなに払うの?」と目を疑った人も多くいると思う。特にiPhoneX 256GBの14万円はいきすぎている。

(画像はSoftbank公式Webから)

そんな中、いつの間にかauとSoftBankから登場した48回払い。「キャリアの魅力や市場の環境は目まぐるしく変わる」という視点から筆者なりの考えを書いておこうと思う。


24ヶ月払えば残りの24ヶ月が免除されるというが・・・

あくまで持論だが、48回払いは可能な限り避けたほうがいいだろう。auもSoftBankも24ヶ月の支払いを終えた時点で、「残りの24回分の支払いを免除する」としている。だが「使っていた端末が回収されること」更に「別のスマホへの機種変更」が条件となっており、4年以上に向けた長期顧客として縛られる仕組みであることが透けて見える。

ずっと最新の機種を使いたい人にはいいかもしれないが、それでも「最近docomoがきてる。やっぱりdocomoにしたい」とか「24ヶ月経ったけどキャリアが指定する機種に欲しい物がない」など48ヶ月を全うできないという事態に直面することも考えられるのだ。

②48ヶ月あれば料金体系も技術も変わる

諦めて同じ端末を48ヶ月使うにしても、36回払い終えた時点で「OSが古すぎて使い物にならない」くらいに端末が古くなってしまうこともあるし、48ヶ月もあれば料金体系やネットワーク技術(4Gから5Gへの移行など)が目まぐるしく変わるだろう。

そうなった場合、結局は残りの残債を完済させるか違約金を払って他社へ乗り換えるしかない。お得と謳われていたはずの恩恵を受けるどころか、損することも十分に考えられる。


まとめ

48分割することで端末が安く持てるという施策は確かにお得に見えるかもしれない。しかし「48ヶ月の間にスマホ市場が目まぐるしく変わる点」に注目すると一概にお得とは言えない。

支払い途中に出てくる新しい施策や機種に目が止まって結局は乗り換えることになり、違約金を払うとなれば得するどころか損したりキャリアに振り回されることになる。

無論、考え方は人それぞれなのでお得だと思えば契約するのもありだし、もっと広い視点で考えてみるのもありだろう。いずれにしても今まで以上によく考える事が必要になるだろう。

Twitterをフォローする @skyblue_1985jp

 

ノートPC、危ない運び方していませんか!?

ノートPCも随分と軽くなったりバッテリーの持ちが改善され、気軽に持ち運べるようになってきた。筆者もここ3年くらい持ち運んでいるのだが、実は2台ほど故障した事があった。

無論ケースで保護しているのだが、なにやら運び方に問題があったようだ。今日はTOMTOC様からご提供頂いたケースをご紹介しながら、危険な運び方と心掛けたい事を書いていこうと思う。

①バッグにPC以外の物が入っているパターン



 

PCを持ち運ぶとなれば、当然ながら荷物は増える。それを解決しようとして、1つの大きな鞄にPC以外にもあれやこれやと物が入ってはいないだろうか。

(危ない持ち方の例。鞄の中で様々な物がぶつかり合う)

実はこの運び方けっこう危ない。鞄の中身にもよるのだが、PCのヒンジが曲がったりキーボードのキーがいくつか反応しなくなったりする。

ケースなしは無論NGなのだが、ケースに入った状態であっても「1つの鞄にPC+あれやこれや」を入れて歩くのは初期不良へと繋がりかねない。

②ではどうすればいいのか 

あくまで筆者なりの答えなのだが、鞄を2つに分けるかPCバッグを変える方法がある。筆者は今、Paul SmithとELECOMの鞄を2つに分けているのだが、鞄を1つにしたい方にはポケット付きのPCバッグがお勧め。

TOMTOC様からご提供頂いたPCバッグ。

13inchであればMacBookでもSurface Bookも入る。「本当に入るか?」と思いきやスポッと横から入るのでほっとした。

さて、サイドに収納箇所が2つ。1つはACアダプターを入れ、もう片方にはSurface Penと財布を入れてみた。出掛けるにはこれ1つで十分だろう。

若干、全体的に重いかな?とも思うのが惜しい点だが、Surface Bookを入れたせいかもしれない。Amazonで購入する事ができるので気になる方は覗いてみてほしい。


最後に

「ケースに入れて運んでいるから大丈夫」と思っていたが大きな間違いだったかもしれない。1つの鞄にPCバッグを入れる場合、鞄の中で色々な物がぶつかりあって、頑丈なはずのPCバッグにも圧力がかかり、ヒンジ曲がりやキーボード不良に繋がりかねないのだ。

だからPCを運ぶなら鞄を2つに分けるか、ポケット付きPCバッグを買ってPCと他の持ち物を完全に分けるかということを徹底した方が安心できるだろう。

Twitterをフォローする

wena wrsitとPaul Smithを合体、モバイルSuicaも使う生活(前編)

wena wristを使い始めて1年数ヶ月。今や日々の暮らしには欠かせない物となった。ただ多くの方が指摘されるようにSuicaはないし、交換できるヘッドの情報が乏しいのも事実。「どうにかうまく組み合わせて快適に使えるようにできないか」を日々考えた結果、この記事を書くに至った。

SuicaはApple Watch Series 2(3)と合体させる方法があるのだが、それ以外の考え方を書くと少し長くなるので今回はヘッドをPaul Smithと合体させた話を書いていこう。

①20mmエンドピースを使うことで多くのヘッドと融合できる!



wena wristのヘッドだけを交換したいと思っても、個人的に欲しいと思う時計の多くが20mmのバンド幅を採用しており、簡単に交換できる時計の種類はかなり限られてしまう。

「ヘッドが大きければいけるのでは?」と思うのだが中々うまいこと合致しないのだ。

そこで最近になって発見したのがこれ。20mmのヘッドを装着させる(バンド幅を狭める)エンドピースなる物が存在しているではないか。

(百貨店や量販店の在庫が少ないのでオンラインから買うと早い。ちなみに18mmもある)

これさえあれば、少しバンドが細い時計とも合体できるはずだ。筆者は鞄や財布で愛用しているPaul Smithの時計をどうしてもwena wristで使いたかったのだが、ようやく夢がかなった。

(エンドピースにも注意書きがあるのだが、必ずしも全てのバンドに合致するわけではないので注意が必要だ。)

②感無量とも言える感動

1年以上使ってきたバンドへの愛着と大好きなPaul Smithを迎合する喜びは筆舌に尽くしがたい。これは筆者に限ったことではないはずで、人それぞれに、それぞれの感動が待っていると思う。

そもそもwenaは”wear electronics naturally”「自然と最先端のテクノロジーを身に着けたくなる」というコンセプトを持っており、「あぁ、これがwenaなのか」と実感した。

既にwena wristを使っている方にも、また検討されている方にも是非オリジナルのwena wrist導入をお勧めしたい。

最後に

今回はwena wristのエンドピース導入で様々なヘッドが利用可能になることをご紹介した。後編ではSuicaに対する考え方を書いていこうと思う。



Twitterをフォローする

「うどん」と言われたAir Pods、凄すぎて手放せない話

iPhone7からイヤフォンジャックが廃止され、BluetoothヘッドセットとしてAir Podsが登場し早くも1年が経過した。

発表当初から今もなお「ダサい」、「耳からうどん」、「あれはない」など、それはそれはネガティブな意見が散見される。

筆者も購入を決断するのに相当な月日を要した。ただ実際に使ってみると手放せなくなったので、良い点を書いていこうと思う。



①常に持ち歩きたくなる配慮

Bluetoothヘッドセットと言えば「失くしそう」とか「充電が面倒くさそう」というイメージがないだろうか。筆者も過去に紛失したことがあるし、充電が逐一面倒で長続きしなかった。

しかしAir Podsはその配慮が徹底されているように思う。専用ケースがあるのだが、使い終わったら必ずケースに戻す。ただ戻すだけでは紛失の原因になるだろう。だから「戻したくなる」ように「充電する」という機能が備わっているのだ。

ケースに戻せば「紛失」を防止できるし、戻してしまえば勝手に充電が始まる。単純すぎるのだが、いかに優れた発想であるかがわかるだろう。おかげで開始利用から1ヶ月以上たつが、バッテリーが切れて困ったことはただの一度もない。

②音質も使い勝手も素晴らしい完成度

Air Podsからヘッドセットを取り出すと電池の残り残量がiPhoneに表示される。音楽再生中に片方を耳から外せば音楽再生がとまり、再び装着すると音楽が再び流れ出す。

iPhoneからイヤフォンが外れると音楽が止まるのは今や当たり前だが、思い返せばiPodが登場した当時は画期的と言える仕組みだった。その精神が現在にまで引き継がれているのはAppleファン(信者)として嬉しいの一言に尽きるだろう。

 ③身近な人との距離がぐっと近くなる

イヤフォンに線がないことで、近しい人との距離がもっと近づくように思う。片方を友人や恋人に渡しもう片方を自分用に使い音楽を共有することはないだろうか。

Air Podsでこれをやるとお互いの姿勢や体勢が自由になり、一緒に過ごす時間がいっそう心地よくなるので是非やってみてほしい。

最後に

発売当初からiPhone8が発売されるまで品薄が続き、持ってる人がいれば確かに「ダサすぎる」という目でみてしまったAir Pods。

しかし、ひとたび普及しはじめると「あ、あの人もしてるなぁ」くらいにしか思わなくなり、そのうち装着している人を見ても何も思わなくなるのではないだろうか。Apple Watchがそうであったように。

色んなBluetoothヘッドセットが存在してはいるが、iPhoneユーザーにお勧めしたいのはAir Pods一択になるのではないだろうか。音質以上の感動が味わえるはずだ。

Twitterをフォロー

 

私がお財布ケータイをやめた理由

お財布ケータイが便利すぎる事は今まで散々書いてきた。Apple PayおよびAndroid Payの登場でFelicaは再び注目を浴びたし、マクドナルドなど大手企業でも更なる本格対応が進む。

しかしそんなさなか、筆者はFelicaの利用をやめることにした。今日はその理由を書いていこうと思う。

 

①選べるスマホの選択肢が圧倒的に少なくなる

SIMフリースマホ市場が成熟する中、Felicaを搭載する物はごくわずか。せいぜいSHARPやFujitsuくらいだろう。せっかく自由に端末が選べる時代、お財布ケータイに目が行き過ぎて本当に素晴らしい端末を見逃してはいないだろうか。

無論、「お財布ケータイ機能が第一」という方には何も申し上げる事はないのだが、Felicaという制限なしに端末を選ぶと世界が広がるかもしれない。

 

②auとSoftbankスマホにiDがない

Suica、Edyに勝るとも劣らない主要な決済手段の1つにiDがある。だがdocomoが絡んでいるためauとSoftBankスマホには搭載されない。

docomoユーザーでない限りiDが不要かと言われればそうでもない。後払い式決済なので支払いは非常に楽だし、docomoの契約がなくともiDを持つことはできるのだ。

言い方を変えればdocomoユーザーでないがために「iDを使ったことがない」という方にはぜひその便利さを知ってもらいたい。

③規格の乱立に消費者が振り回される

iPhone7にFelicaが搭載されて久しいが、いまだにSuica、iD、QUICPayとたった3種類しか電子マネーが利用できない。

大手であるはずの楽天Edyは搭載されず、楽天カードはQUICPayに相乗りせざるをえない始末で、Edyユーザーは困惑したはず。

またdocomo iDと縁がないはずのSoftBankユーザーはApple PayにSoftbankカードを登録するとiDが使えるようになる。滑稽なこと極まりない。

タダですら乱立している電子マネー規格が機種によって対応してたりしてなかったりと、消費者を振り回す現状があるといえよう。

 

 

さいごに

HuaweiやASUSを筆頭に盛り上がってきたSIMフリースマートフォン業界。選べる機種は非常に多いのだが、その多くはFelicaを搭載していない。

豊富な選択肢があるにも関わらず、Felicaにこだわれば選べる機種が圧倒的に狭くなり、しかも乱立する規格に振り回されることになる。

それでも「いやいや、便利だよ」という意見はあるだろう。筆者も電子マネーの便利さは痛感しているのでwena wristを通して使っている。

ただ今後、お財布ケータイ目当てでスマートフォンを買うことはないだろうし、同様にApple Payにも振り回されたくはない。

Twitterはこちら!→ skyblue_1985jp

前作の汚名返上!?渾身のXperia XZ Premiumをレビュー☆

いよいよ日本でも発売されたXperia XZ Premium。発表された当時から「今時ベゼルレスでないのは進化がない」とか「また発熱が酷くなるのではないか」など、期待よりも不安な声が多かった気がする。

ただ実物を触らなければ始まらないと思い、SONYが挑む2度目のPremiumを買ってみた。結論から言うと物凄いお勧めだ。簡単にレビューしたい。

 

①カッコよすぎるXZ踏襲デザイン

まずは安定のカッコよさに惚れる。筆者が購入したのはLuminous Chrome。前作Z5 Premiumよりも高級感があり、背面だけでなく前面も鏡面のように仕上がっている。

指紋が付きやすかったり、明るい場所で使うと若干眩しいのが難点だが、見方をかえれば贅沢な悩みなのかもしれない。

サイドが丸みを帯びているため握りやすく、細部の作り込みに一切の妥協がない。どの角度から見ても美しいと言えるだろう。

wena wristとツーショット。海外版はロゴがないのが嬉しい。

 

②より多くの4K(HDR)コンテンツに対応

Z5 Premiumはアップスケーリング技術を利用して4Kを表示させる必要があったり対応コンテンツが少かったりと、端末の真価が十分に発揮されなかった。

XZ Premiumはそれを見事に克服。基本的にコンテンツが4K配信であれば自然と対応できる仕様になっているらしい。例えばYoutubeでは普通に4Kを選択できるし、Amazon Prime Videoでも対応を確認できた。

(4K Ultra HDという表示がゾクッとする!)

世界で普及し始めた4G通信の次世代規格、5Gでは4K動画配信が予定されている。今すぐとは言わずとも、徐々に4K動画は普及していくだろう。

 

③考えられないほどにヌルヌルサクサク

AndroidがどうしてもiPhoneに勝てないと言われる要因に「ヌルヌル、サクサク感」を挙げる人もいるだろう。今ではAndroidも十分にサクサクしているのだが、XZ Premiumのそれは次元が違う。

 

触らないとわからないのだが、「誰もが気持ちよさを実感できる」くらいの水準に到達しているといるので実機を触ってみてほしい。

 

まとめ

「スマホに4Kは不要」とまで言われてしまった前作のXperia Z5 Premium。XZ Premiumはその汚名返上を果たすべく登場したと言っても過言ではなかろう。

デザインが徹底的に追究され、4KにはHDRが搭載されコンテンツも充実。Snapdragon835で実現した、Z5 Premiumより2倍速い処理速度。

その他にも充電端子がType-Cになったり発熱が抑えられたりと、本当に非の打ち所のない仕上がりとなっている。この夏、機種変更を考えてる人にはGalaxyと並ぶ選択肢となろう。