MVNO/節約」カテゴリーアーカイブ

無印Zenfone5 2018が秋葉原で底値 52,800円(税込)!!~今週の秋葉原~

最近、スマホの白ロムにあまり活気がない秋葉原。相変わらず色んなお店を調査しているのだが、本当に以前より白ロム全体の数が減っているように感じる。

 

最近はZenfoneが盛り上がっている様子。Zenfone4 MAX Pro底値が21,800円で出回っていたが、売り切れて値上がりした模様。今週はZenfone5 2018(国内版)が消費税(約4224円)分安い。



①Zではない型番のZenfone5 2018、税込52,800円を発見

あまり目玉のような商品が見当たらない中、「お、これは!?」と思ったのが新品のZenfone5。当ブログではZenfone5Zをレビューしてきたが、その中でも触れたように「ゲームをしない人には十分すぎる端末に仕上がっている。

(写真はZenfone5Z。筐体は普通にカッコいい)

端末の筐体自体も上位モデルと全く同じ。ベゼルレスデザインが非常にカッコよく、昔のようなプリインも減り、かなり洗練されてきた。何よりau系ネットワークに強く、動作保証はできないがFOMA SIMが相変わらず動作するのが心強い。

 

②iPhone SE 32GB SIMフリーは全体的に減少傾向

UQ mobileとY!mobileの iPhone SE 32GB一括案件は最近でも続いているが、市場に流れる白ロムの量はかなり減ってきている。WWDCでiPhone SE2が発表されず、しびれを切らした消費者が一気に買っているのかもしれない。

 

底値は相変わらず税込29,980円となっているが、これはいつ無くなってもおかしくはなさそうだ。



最後に

やはり白ロムは種類や数が全体的にかなり減っているような感じがする。iPhoneに関してはSIMフリー版を外国人観光客が買っていくのをよく見るが、Androidはそうでもなく、単純に出回っていないだけに見える。

 

この先どうなっていくのだろう。総務省が、「中古端末もショップへ持っていけばSIMロック解除できるようにしなさい」という趣旨の指導を出してきたが、これが現実になれば面白くなってくるだろうか。

Twitterをフォローする!skyblue_1985jp

発売されたばかり!!UQ版 Huawei P20 lite、同時契約で一括0円案件が出回る!!

最近までHuawei P10 liteの一括0円が続いていたUQ mobileだが、なんと昨日発売されたばかりのP20 liteが早速一括0円でばら撒かれている。

 

同機種はauの他、SIMフリー端末としてもリリースされているが、昨日でたばかりで次の日に0円はさすがに恐ろしい。



①テルル大宮

②テルルせんげん台店

 


最後に

詳細まで確認していないが、恐らく購入サポートのような買い方ではないと思われる。従って回線契約を伴うものの、毎月の割引が適用されれば格安で維持できるはず。

 

また、従来通りであればau本家VoLTE SIMで通話が使えない可能性が高いので注意したい。筆者も欲しいところだが5回線埋まっているため我慢するしかない。欲しい人は今日、明日で入手したいところだ。

Twitterをフォローする!skyblue_1985jp

還元された2万円分のau walletポイントを、最大限に活かす方法を熟考した結果・・・

前回の記事で書いた、iPhone8(X)のみに還元される1万円のau walletポイント。2枚あるのでiTunesカードを2万円分購入し、ヤフオクへ出品するなど効率よい方法はある。欲しい物があれば充当するもいい。

 

どうしようかと考えた結果、レビューリクエストの多かったZenfone5 2018の上位機種であるZenfone5Zを購入。なぜ2万円分のポイントを充当したのか、かなりどうでもいいのだが一応書いておく。



①話題の大きな商品のレビュー記事を書く

2万円分以上稼げるか予想はつかないが、今年最も話題の大きな製品の一つであるZenfone5Zのレビュー記事を書こうと思いついた。本日15日は上位モデル5Zの発売日。無印5と5Zで購入を迷う方に閲覧してもらう大きなチャンスなのだ。

(税込75,380円は大きい。不手際でSuicaには19,869円しか入らずその分を引いてもらい、残りは現金払い。おかげで55,511円でゲット。段取りが悪く、差額分をLINE PAYカードで払うのを忘れたのは反省点。)

定価の2万円引きで買えたと思えば安いし、レビューだけして売却すれば、購入価格より高く売れる可能性も十分に考えられる。後はレビュー記事に稼いでもらう。上品ではない話で恐縮だが、こういった事を常日頃考えてしまう。

 

②やるなら誰よりも早く、そして見たくなるような内容にする

これは経験上のことだが、レビューするなら速攻でやる。だから発売日に入手するのは言うまでもなく必須。これを執筆している現在時刻は午前8時00分、比較的開店の早いヨドバシカメラの開店時間は9時半のため、かなり早いだろう。

 

それまでに書きたい事を大まかにまとめ、第1弾の記事を出す。そして、「次も見てみようかな」と思われるようにするにはどうするか。それはもう一言に尽きる。「開封の儀を書かないこと」。

 

別に書いてもいいのだが箱の開封と中身を知りたい人と、本体の本質的な性能や使用感を知りたい人、どちらが多いかと言われたら言うまでもない。ただ、開封の儀で終わってしまう非常に勿体無いレビューは思った以上に多いのだ。



最後に

駆け足になったが、話題の商品を誰よりも早く入手してレビューし、高いうちに売却する。2万円分安く入手できたため、相場が高いうちに売却しようと考えている。更に早い段階でレビュー記事を書いて、2万円以上の収益を狙う。リスクは大きいがたまには楽しいだろう。

 

ということで、Zenfone5Zを入手した。しばらくは手元にあると思うので、検証したい事や気になる事があればコメントを頂ければと思う。

Twitterをフォローする!skyblue_1985jp

au音声回線をサクッとシングル化!iPadを使って月額維持費1,080円にした話(2018年6月)

2018年に入り、音声回線をデータ化させる方法が少なくなった。DATA06や07を入手してまで実行するのは手間暇に加えて費用が膨大すぎるし、100%できるという保証もない。そこで見つけたのがiPad 16,200円引きのキャンペーン。これを使って簡単にシングル化できたので記録したい。



①6ヶ月以上の寝かせた回線をiPadに機種変更する

結論から書くと、機種変更でiPadを購入してシングルにしてもらう。条件としては音声回線が契約から6ヶ月目に突入している事(筆者の場合、1月に契約したため今月が6ヶ月目)。この条件を満たすとiPadを16,200円引きで購入できる。

最も安いのは今年出たばかりのiPad 2018 32GB。本体価格60,480円(税込)から16,200円引いて44,280円。これを一括で購入すれば翌日にはSIMロック解除できる。

 

②音声回線とデータシェアさせて月額維持費1,080円

16,200円の割引を受けるも一つの条件として、既存のau回線とデータシェアを組ませる必要がある。3回線余っているので、適当にピタットプランの音声契約と紐づけた。

料金プランは「タブレットプランds(3年)を選ぼう。2年縛りよりも割引額が大きく、iPadを一括で購入した割引が発動し、最低維持費1,080円となる。更にいつ解約しても違約金は9,900円なので精神的な負担も少ない。

 

③iPadは使ってもお得、売っても損はない

実は今回のお会計、驚くほど安い。iPad 2018 32GBはWi-Fiモデルでさえ新品で買えば4万円を越えるのに、明日SIMロック解除できるモデルが44,280円。ビデオパスなど30日間無料のコンテンツ加入を条件に5,000円追加割引をしてくれる。つまり3万円台で購入できてしまうのだ。

そのまま使うのもありだし、SIMロック解除して売却すれば今日現在、41,000円前後の相場で買い取ってもらえる。これで事務手数料を除けば実質0円でシングル化できたことになる。



最後に

というわけで、あっけなく音声枠が一つ空いてしまった。もう一度書いておくと、iPad割引の条件は新規や機種変更で入手した音声契約が6ヶ月目に突入していること。更に既存音声回線とデータシェアを組ませること。

 

いつまで続くかわからないキャンペーンでもあるので、シングル化を考えている人は速攻でやった方がいいかもしれない。ほとんどお金をかけずにできるはずだ。

Twitterをフォローする!skyblue_1985jp

Huawei Mate10 Proが半額46,112円!!P20シリーズ発売前夜、楽天スーパーセールが来る!

昨日、ようやくHuawei P20シリーズの発売日が決定した。今月15日(金)にP20 Pro、P20、P20 liteが各キャリア、MVNO、SIMフリーで一斉に発売される。そしてその前夜に楽天スーパーセールが開催されるのだが、音声SIMとセット契約を条件にMate10 Proが半額になっている!

 

半年前に10万円近くしたものが半額というのは定価で買った人から見るとショックを隠せないが、逆に待っていた人には最大の買い時ではないだろうか。



①開催期間は2018年6月14日20時00分~2018年06月21日01時59分

こうしたフラッグシップ級の大幅値引きセールは一年に何回かあるのだが、必ず数分で売り切れてしまう。筆者はZenfone3 Ultraなど、何度か購入に至った過去はあるが本気で欲しい場合はPCを何台か用意したり、家族や友人の協力を得た方がいいだろう。

(ミッドナイトブルー、チタニウムグレー、それぞれ220台で計440台)

楽天モバイル音声SIMとの契約が必須になるが、如何せん本体価格が半額のため、短期解約しても破格で入手できることになる。

 

②P20 Proと同じチップセット、Softbank版と異なりDual SIM

TwitterでSoftbank版が一括0円で手に入るとツイートした事があるが、あちらはシングルSIMタイプになっており、また新規や機種変更ではなくMNPのみの価格。

 

対して楽天はDual SIMモデルで、DSDV対応(VoLTEはSoftBank系のみ)となっている。チップセットは最新のP20 Proと同じ物を搭載しているため、超高速処理は言うまでもなくAIカメラを利用した素晴らしい撮影が可能になっている。




最後に

最近はフラッグシップ級のスマートフォンが普通に10万円に到達するため、昔ほど気軽に手を出せなくなってきた。それだけに、こうしたセールを有効活用して確実な商品を安く手に入れたい。

 

興味がある方は事前に色々調べておくといいだろう。既に知っていて狙っている方はぜひゲットしたいところだ。

Twitterをフォローする!skyblue_1985jp

本当に流行ってるの!?LINE PAYやKyashなどの個人間送金、割り勘、実際どうなの!?という話

LINE PAYカードの2%還元終了を狙ったかのようにプレスリリースを発表し話題沸騰中のKyash。元々はインターネット上での決済や個人と個人での送金サービスを提供していたらしい。

(Kyashのトップページ。詳しくはHPを参照されたい。)

「らしい」というのは、筆者も全く存在自体を知らず、ここ2~3日に急に話題になった。いよいよ実店舗でも利用できるようになり、決済金額の2%が還元される事から「LINE PAYの上位互換が誕生した」とか色々言われている。このサービス、本当に成功するのだろうか。



①そもそも飲み会の割り勘は、本当にLINE PAYを使うのか!?

YoutubeやTwitterの広告で、100人くらいの宴会をLINE PAYで割り勘しようとするCMがたまに流れる。「そんな無茶な」と思うのだが、毎日行われる日本全国の宴会のうち、何%の宴会がLINE PAYやKyashで割り勘されるのか、非常に興味深い。

 

個人的な話をすると、LINE PAYを利用する人は周囲にたくさんいる。ただ、その中の誰一人として「アプリを介した個人間送金」を熱く語り実践する人はいない。キャッシュレス社会を目指す企業が「こうなったらいいな、こういうライフスタイルを提案したいな」と仕掛けているだけなのか、私が時代遅れなだけなのだろうか。

 

②ガラケー派、LINEやらない人をどうやって取り込むのか?

そもそも、スマホアプリによる送金機能という前提だが、スマホを利用しない人はまだまだいる。使えたとしてもLINEでメッセージを送信するのが精一杯だったり、個人間送金をLINE PAYで行うなど技術的に敷居が高いと感じるシニア層も多いはず。

 

「LINE PAYとかKyashとかよく分からないから現金で渡しちゃダメ?」という人がいたとして、現金を拒む理由があるだろうか。仮にLINE PAYでお金を徴収したとして、それを現金化するのに216円の手数料がかかる。だとすれば現金でいいんじゃない?という話にならないだろうか。

 



最後に

完全な主観になるのだが、超大手LINEが1~2年かけて本気で行ってきたLINE PAYが大赤字という現状がある。Rakuten Payだって普及しているとは思えない。そんな中で、よくわからない小さな会社が同じようなことを仕掛けようとしても非常に難しいのではないだろうか。

 

大手飲食店、コンビニ、薬局、スーパーなどがキャッシュレスを促したり、現金での支払いを断る風潮が少しでもあるのならまだわかる。ただ、社会の流れを、それもお金のあり方を変えるだなんて革命に近い気がしてならない。

 

どうなるか。ひとまず筆者はKyashには申し込まないつもりでいる。成長してきたら、LINE PAYの補助に使おうかなくらいのスタンスなのだが、珍しく酷評しすぎただろうか。。

Twitterをフォローする!skyblue_1985jp

チャージ金額の5%以上還元される、ドトールのバリューカード凄すぎて草しか生えない話・・・

秋葉原に年間360日くらいいる筆者。仕事の休憩中やプライベートで、毎度エクセルシオール・カフェを利用している。これだけ毎日通っていると顔が割れたのだろう。

 

ある日、店員さんから「いつもありがとうございます。バリューカード作りませんか?」と言われる。話を聞いてみると、使い方によって死ぬほどポイントが貯まるではないか。利用頻度高い人は一読して頂ければ幸い。




①正直ディスっていた、バリューカード

電子マネーが普及しない日本。その原因の一つが、まさにこのバリューカードのような「そのお店でしか使えない電子マネー」。こんな物は電子マネー普及を妨げる諸悪の根源のいい例だと、私は半ばディスっていた(笑)

(あまり通わない人はLINE Pay経由でチャージしたSuica+TカードでOK)

そもそもドトールやエクセルはTポイントが1%貯まる上、Suica決済対応の店舗が多い。たまにしか利用しない人はその考え方が合理的だと思う。ただ、筆者のような毎日利用する人は速攻でバリューカードをお勧めする。

 

②チャージ金額の5%、利用金額の1%が貰える

驚いたのはチャージ金額の5%がポイント還元される仕組み。例えば2,000円チャージしたら100円も戻ってくる。これはヤバイ!!どうせ毎日利用するなら、一気に1万円手渡して500円貰うのもいいだろう。(5%還元は2,000円から)

さらに朗報。毎日通うような人は、年間の利用金額が簡単に2万円超えるだろう。その場合、還元率が7%に上がる。更に5万円を超えれば10%還元とかヨドバシカメラもびっくり!!



最後に

昨日も書いたが、基本的にポイントカードは提示する利用の仕方では効率よく貯めることができない。(Tポイントって貯まらなくない?という人へ、効率よく貯めてドトールで食事をもらおう!参照)

 

しかし、毎日利用する店でチャージ毎に5%戻ってくるのはヤバイ。ダメ押ししておくと初回は300ポイント貰える。お財布の中の貴重なカード入れに忍ばせるだけの価値はあるだろう、ドトール系中毒者であれば(笑)

Twitterをフォローする!skyblue_1985jp

Tポイントって貯まらなくない!?という人へ、効率的に貯めてドトールで食事をもらおう(*´ω`*)

ファミリーマートがTカードから離脱か!?というニュースでTwitterが賑わっている。筆者も以前、ファミマで会計時に出していたが全く提示しなくなった。「Tポイントがいつまで経っても貯まらない事に気づいた」だ。

 

Tカードが貯まるお店で必ず提示しているのに、「残高が100ポイントしかない」というのはよくある話。ではどうしたら貯まるのか。上には上がいるという前提で、くまでも筆者のやり方、考え方を書いていく。



①ファミマではほとんど貯まらない

そもそもの話になるのだが、100円分に相当する100ポイントを貯めようと思ったら、何十回もファミマに通う必要が出てくる。火曜・土曜は1%還元されるが、それ以外は基本的に還元率が0.5%。

 

例えば1度に2ポイント貯まる買い物(400円程度)をする人なら、100ポイント貯めるのに50回の買い物が必要だ。50回もTポイントを提示して、得られるのがたったの100円。これでは貯めるモチベーションが失せてもおかしくはない。

 

店内には「これを買えば20ポイント付与」などという商品が紛れているが、その商品が安い買い物かと言われれば必ずしもそうではない。ポイントに釣られて高い買い物をすれば本末転倒なのだ。(ファミマに限らず還元率が0.5%のお店は非常に多い)

 

②店頭では使うだけ、基本的にクレカで貯める

結論から書くと、Tポイントが貯まるクレジットカードで買い物するのが一番だ。1%の還元率を誇るヤフージャパンカード、オリコカード(オリコポイントをTポイントに移行できる)などを活用しよう。

(おそらく筆者が貯めた最大値が11,000強。普通に5万ポイント以上ある人もいるので凄い)

 

50回もファミマに通って100ポイント得ていた人は、クレカでたった1回、1万円の買い物をしただけで100ポイント得られるようになるのだ。無理に貯める必要はないので、まずは携帯電話料金やクレカで支払い可能な光熱費など固定費で貯めてみよう。



③大きな買い物で稼ぐ

家族から頼まれた大きな買い物を引き受ける機会があればチャンス。10万円の買い物なら一気に1000ポイント貯まる。こうした買い物を定期的に引き受けたり、自分の買い物も足していけば1万ポイントも遠くはないのだ。

(オリコポイントが5000ポイント貯まった2017年。これの正体はSurface Studioの一括買い。ほとんどない買い物だが、やばいくらい貯まる。そしてTポイントへ100%移行できる)

 

最後に

ファミマがTカードから離脱しても、SoftBankなど超大手が幅広く利用しているため、ポイントカードとしての勢いは衰えないだろう。docomoやauのDポイント、au walletポイントと比較すれば普及率は一目瞭然だろう。

 

貯めたポイントはドトール、エクセルシオール、その他TSUTAYAを展開するCCC傘下のお店で利用可能。これらの店舗で提示して貯めるのもいいが、本気で貯めるならクレカで一気に貯めるのがお勧めだ。

Twitterをフォローする!skyblue_1985jp

UQ iPhone SE、ついに一括0円を発見!平日なのに条件緩い・・・

WWDCでiPhone SE2が発表されなかったのは関係あるのか、ないのか昨日からUQ mobile iPhone SEが一括0円案件が出ている。2月、そして5月と合計4台契約した筆者だが何とも羨ましい限り。

 

見る限り条件が非常に緩そうで、2台契約することが条件となっている。これは望むところだろう。利用者登録など可能な人は3台契約できるはず。



①テルル町屋

どこかで見たことあるなと思ったら、何度かお世話になったことがある店舗だった。とても親切丁寧で手際も良い。確か外国人スタッフも常駐している。

 

 

②コンテンツ有りで一括0円も登場

ワンコインとか一括0円という表記が少しずつ目立ち始めるも、多くはコンテンツが数千円にのぼる事が多いようだ。その中でも良心的な方かなと思うのがこちら。

 

 


最後に

これまで土日祝日を対象に行われてきたUQ mobile iPhone SE一括案件が、6月に入りなぜか平日に開催されている。もしかしたら少しずつ条件が緩くなるかもしれないが、相変わらず在庫は多くないと思われる。

 

片っ端から電話して予約を取る必要があるし、埋まってしまってもキャンセル待ちを狙っていこう。SE2が出なかったので、人気が高まるかもしれない。

Twitterをフォローする!skyblue_1985jp

au iPhoneX 64GB、機種変更で一括79,000円案件が出現!!平日も特価が続く・・・

日本時間の今日、午前2時から行われたWWDC2018では、期待されたiPhone SE2が発表されなかった。ガッカリという方もいれば、逆に「じゃあこの機会に乗り換えるか」という決心が付いた方もいるだろう。

 

いつもご紹介しているUQ mobile iPhone SE 一括案件も転がっているようなので本体の価値が下がらないうちにゲットしたいところ。さて、大特価といえばMNPばかりが目立つものだが、Twitterを見ていたらiPhoneX 64GBの機種変更案件を発見した。



①機種変更で一括79,000円

発売されたばかりの頃には考えられなかった価格。MNPならば激安特価がいくらでも転がっているが機種変更でこの価格は中々見当たらない。

 

②iPhone7以前からの機種変更は要注意

auはiPhone5からiPhone7に至るまで一貫して同じSIMを利用している。だから例えば今6sを使っている人がいたとして、壊れたら一時的に中古のiPhone5を安く買って修理を待つという事ができるのだが、iPhone8からSIMがVoLTE仕様に変わっている。

 

つまり、今回機種変更するとiPhone7以前とのSIMの互換性がなくなるため、故障して修理に預けても中古で買ってきた安い昔のiPhoneを利用することができない。この点だけは注意したい。



最後に

興味ある人は問い合わせてみるといいだろう。普通に買うと確か12万円以上する非常に高い機種で、安く入手するにしてもMNPだけが優遇される傾向は変わらない。

 

それにしても一括0円とはいかないものの、下取りを条件にMNPは大幅な割引が続いている。これから夏にかけて、いい案件があれば狙っていきたい。

Twitterをフォローする!skyblue_1985jp