MVNO/節約」カテゴリーアーカイブ

ケータイの出費を見直してお金を貯める話⑩~キャリアメールを捨てる~

先日、auのメールアドレスであるezweb.ne.jpが新しくau.comになるという報道があった。それを見て、「そういえばTwitterでキャリアメールのアンケートを採ったことがある」と思いだした。それがこちら。

 

利用頻度を問わず、キャリアアドレスを持っている人が、実に73%に昇った。これは正直驚いた。1つのキャリアを使い続けるのも悪くはないが、やはりお金を貯める観点からMNPを改めて勧めたいという決意に至った。



①長期顧客ほど優遇された時代

SoftBank参入(2006年)以前は、長期利用者がきちんと優遇される仕組みだった。利用年数に応じて基本使用料が安くなり、10年継続すれば基本使用料が50% OFFになったり、機種変更しても月額維持費はそのままだったり、金額は高いが理にかなっていた。

 

だからこそメールアドレスに愛着が湧くのは自然な事だし、一度買えば何年も使えるガラケーを皆が大事にした時代だった。そもそもMNP制度自体がなかったので番号を変えたくない人は1つのキャリアに留まるのが当たり前だった。

 

②SoftBank参入とMNP制度開始で全てが狂う

色々とおかしくなってきたのはSoftbank参入とMNP制度開始だろう。それまで分割で携帯電話を買うなんて事はなかったのだが、24回払いが一般的となり3社で顧客の奪い合いが始まった。

 

キャッシュバックで大金を払ってでも新規顧客を獲得する。他社に負けまいと別のキャリアがより多額のキャッシュバックを詰む。そうして新規顧客だけが大きな優遇を受け、既存ユーザーは置いてけぼりにされた。2015年あたりから総務省の指導が入ることになるが、新規顧客優遇の流れは少なくともここ7年ほど変わってない。

 

③キャリアメールを捨てる事から始めよう

だからこそ、2年毎にMNPする(携帯電話会社を変える)ことを提唱したい。既に何年も前から実行している方はいるだろう。逆に「キャリアのアドレスがあるから」とか、「メールアドレスなくなるのは嫌だ」という理由で実行されない人もいる。

 

確かに長年使っていると愛着はあるのかもしれない。ただ、今や「そのメールアドレスに執着しているが故に年間で何万円損しているか」という話にも繋がってくる。

 

ドコモもようやく20年以上の長期顧客が1,000円程度の割引を毎月受けられるようになったが、契約2ヶ月目の新規顧客はその何倍もの優遇を受けている。悲しい話ではあるが、余程の事がない限り現状は変わらないだろう。




最後に

確かにキャリアのメールアドレスは歴史ある物だし、契約年数が長ければ長いほど愛着がある。ただ、それに執着する限り出費を減らすことはできない。出費が減らない=お金が貯まらないと言い換えられる。

 

もちろん、生活に支障がなくて同じキャリアをずっと使うことが悪いことではない。ただ「お金を貯める習慣を身につける」という観点から考えるとMNPしない手はないとう話になる。このブログで何度も書いているようにiPhoneがタダで手に入ったり、月額3円で維持できたり、色々とあり得ない事がおこってくる。

 

この機会にぜひ乗り換えたい!という方は5月の大型連休も近いことだし、一度家族と話し合ってみてはどうだろう。単身の方は次の更新月か、待てなければ速攻でMNP予約番号をとりにいこう。情報戦を制していきたい。

Twitterをフォローする!skyblue_1985jp

 

 

4月も下旬へ、また戻ってきたUQ mobile iPhone SE一括案件!週末を狙え!

4月9日で一旦は終わりを見せた、UQ mobileのiPhone SE案件。(初めてご覧になる方は過去記事を参照されたい。)2台契約すれば破格でiPhone SEが手に入り、維持費も月額302円とあり得ない価格となる。

 

何やら週末特価のようなので、金曜、土日と諦めずに案件を探し予約してから行こう。余裕があれば筆者も再び参戦しようと考えている。



①2台契約を条件に1台あたり12,000円程度まで割引

UQスポット北千住。一時期は一台あたり5,000円~7,800円が散見されたが、あれは年度末にしてもやりすぎだった。筆者が2月に契約した時は1台あたり1,5000円だったので、12,000円でも十分にお得なはず。

②テルル大井町

こちらはHPをクリックしていくと、最終的に32GBが一括10,000円と案内されている。au系MVNOからのMNPは不可と書いてあるが、むしろ大体のお店で新規契約OKなので回線増えても差し支えなければ新規がお勧めとなる。

 

 



最後に

4月9日以降は改悪されると言われており、本当に価格が戻ってしまった先週とは裏腹にキャンペーンが復活しているとは驚き。いまだに在庫争奪戦なのか、詳しくは分からないが興味ある方はぜひこの週末狙ってみよう。

 

何度も繰り返し書くようだが、予約が埋まっていても必ずキャンセルしたり審査が通らなくて在庫が復活したりするもの。最後の最後まで諦めずに予約にこぎつけよう!

Twitterをフォローする!skyblue_1985jp

安すぎる!!毎月300円割引+4GB増量×12ヶ月、iij mioみおふぉん Amazon限定パック!!

お金を貯めるシリーズでご紹介したように、MVNOへ申し込む際の手数料が無料になるキャンペーンはよくあるもの。キャッシュバックがあったり、12ヶ月間に渡って1GB増量するような施策も散見される。

 

ふとネットで見つけた、安すぎるキャンペーンがあったので書いて置こう。具体的な料金の算出例が見当たらないのだが、本当に適用されるならiij mioの音声通話プランが安すぎることになる。



①月額1,380円から、4GBも増量されたら7GBになる

まずこのキャンペーンはAmazon限定パッケージとなっている。12ヶ月間は毎月300円が割り引かれ、更に4GB増量と明記されている。iij mioはミニマムスタートプランの3GBが最低なので、4GB増量されたら単純計算で7GBになる。

 

音声通話付き、7GBで月額1,380円だとしたら1年間だけにせよ安すぎる。普通に契約するのがアホみたいに見えてしまう程の充実ぶりだ。

 

②2018年3月1日(木)00時00分~2018年5月8日(火)23時59分まで 

もしも乗り換えなどを検討されている方は、申込み期限が1ヶ月を切っているので急いだ方がよさそうだ。パッケージ在庫も無限にあるわけではないはず。更にパッケージを購入しても、中にSIMが入っているわけではない。

 

パッケージが届いてからネットで契約手続きをするため、パッケージ注文から開通まで最大1週間くらいだと見たほうがいいだろう。



最後に

フルMVNO化し、運営コストを圧倒的に下げることに成功したiij。浮いたお金で設備増強をしたり、ユーザーが快適に利用できるMVNOとなるようだ。最近は楽天やUQ mobileなど競合が出てきてシェア1位の座を奪われてしまったが、奪還に向けて期待したいMVNOだ。

Twitterをフォローする!skyblue_1985jp

 

 

Dカード・プリペイドのチャージ手数料200円がエグい!!使い続けるメリットを考える

プリペイド型クレジットカードが、一般的になりつつある。当ブログで何度も紹介しているLINE PAYカードは、その中の王者とも言える存在だろう。5月31日で終了してしまうが、決済金額の2%がポイント還元される。

 

コンビニはもちろん、様々な銀行口座から気軽にチャージできる。いうまでもなくチャージ手数料は無料。最近では2次元のQRコード決済の導入も本格化しようとしており、本気でキャッシュレスを目指しているようだ。

(ドコモを解約したとたん、使い道がなくなるはず)

翻ってドコモのDカード・プリペイド。銀行口座からのチャージが可能になったとの案内が来たのだが、何と200円の手数料がかかるとの記載があり閉口した。これは使い続ける価値はあるのだろうか。



①ドコモユーザーも不安な手数料

そもそもDカードプリペイドとは、ドコモのユーザーが持てるプリペイド型クレジットカード。貯まったDポイントを現金としてチャージし、ネットや実店舗問わず好きな場所で利用できる。仕組み自体はLINE PAYカードやau walletカードと何ら変わりない。

(ローソンでチャージするのも200円かかる。あり得ない・・・)

ただし、Dカード以外のクレジットカード、または銀行口座、更にローソンからチャージすると1回あたり200円もの手数料が取られるのだ。これはあり得ないほど不便だし、積極的に「活用しよう」という気になりにくい。ポイント還元率も0.5%と、LINE PAYカードの4分の1に過ぎない。

 

②iD決済が安泰というわけではない

唯一の利便性といえば、電子マネーであるiDを搭載していることだろう。ただし繰り返すようだが、そのiDを使うにも現金をチャージする段階で手数料200円が徴収されるなら損にしかならず使おうと思わなくなってしまう。

 

更に言えばドコモは今年に入ってD払いという2次元コード決済を導入した。メリットはお財布ケータイのないスマホでも利用できる点だ。iDに代わって普及していくようならば、Dカードプリペイドはますます不要になってしまう。



最後に

悪質すぎるとも言われたテザリング料金の有料化問題で、ドコモだけは無料を貫いた。この一件で企業イメージは個人的にも上向いたのだが、銀行口座チャージ手数料200円問題で帳消しになってしまった。

 

手数料のかからないチャージ方法は乏しく、手数料払ってまで電子マネーを使おうとは思えない。本気で使っている方がいたら、LINE PAYカードをお勧めしたい。

Twitterをフォローする!skyblue_1985jp

UQ iPhone SE 一括案件、普通に使うなら4月14日以降もまだお得!!

毎週のように開催されていたUQ mobile iPhone SE一括激安案件とうとう終わってしまい、一括7,800円程度で契約できたものが一括3万円平均になっている。ただし、終わったといえどまだ安い。逆に今までが安すぎたともいえる。

(結局iPhone SE2が3月までに出ることはなくバリバリ現役なSE)

 

Apple Storeで買えば税込4万円以上するiPhone SE 32GB、定価より1万円以上安く手に入り、しかも本来の月額維持費1,980円が302円で持ててしまう。やはり今でも安い。iPhone SEを探している人は実質0円に気をつけて探してみよう。



①iPhone SEを普通に探している人はぜひ契約すべし

注意したいのは実質0円で契約をとっている店舗だ。これは「正規料金を24ヶ月払い続けると端末代金を無かったことにしてあげる」というもので、大手3キャリアよりは圧倒的に低価格だが当ブログではお勧めしない。

 

お勧めなのは、2台契約することを条件に1台あたり(できれば)3万円以下まで割引してくれる店舗だ。例えば夫婦2人で契約すれば旦那さん302円、奥さん0円で維持できてしまう。

 

②安くとも2台契約で1台あたり一括24,800円くらい

色々と探した結果、中には1万円以下も散見されたが、4月9日以前の情報か判断できないため割愛。やはり3万円前後が相場となっており、2万5000円が理想といったところだろうか。以下は一例。UQスポット大井町店。




最後に

あれだけ安売りしていた3月が終わってしまったので、今は完全な閑散期。これは仕方がない。逆にこうした状況の中でも楽しい事を探していくのが楽しい。今後もオトクな情報は見つけていきたいし、情報戦を制していきたい。さて、次はどんな熱い案件がくるだろうか。

Twitterをフォローする!skyblue_1985jp

ケータイの出費を見直してお金を貯める話⑧~ストレスを溜めない~

早いもので、このコーナーも8回目。だんだんケータイの出費から話題がずれている気がするが、今後も「お金を貯める」ことに関して書き続けていこうと思う。今回はタイトルにもある通り、日常のストレスを減らすことで出費を抑えられるのではないかという話をしたい。



①ストレス解消でガジェットを買っていないか

肉体的にも精神的にも疲労がたまると、「大きな買い物をしてストレスを解消しよう」とか「これを買えば幸せになれるのではないか」という衝動にかられる。筆者も20代前半の頃そのような時があり、いきなり10万円以上するPCを買ってみたり、借金はしないものの金銭感覚が狂った事があった。

 

時が経ちスマホに興味が移ると、次々と端末を買い始めてしまい、当時はとてもじゃないが貯金できていなかった。仕事のストレスでお金を浪費し、お金を貯めるために仕事で疲労困憊する。これは単なる悪循環でしかない。そう気づいてから生活を変えた。

 

②断捨離をしたり、生活環境を変える

今、毎日がいっぱいいっぱいな人は労働環境や生活環境を転換できないか検討してみよう。筆者は限界が来てから引っ越しをし、人間関係を見直し、不要な物は全て捨て去った。その結果、信じられない程に体調がよくなったり、物を買ってストレスを解消するという行為をしなくなった。

 

もちろん、そう簡単に実行できるものでもない。だから、まずは自分のストレスの根源になっている事を箇条書きでいいので紙に書き出したり、(でGalaxy Note8に書くのもいい)、親しい人に話を聞いてもらうことから始めてみよう。筆者も「自分がこのままだと潰れる」と気づくまでは、とにかく浪費を止められずにいた。



最後に

当たり前の話にはなるのだが、ストレスが減ればお酒も飲まなくなり外食費も大幅に削減できる。私は毎月平均で2万円を消費していたから浮いた分が自然に貯まっていく。そして、「家賃をのぞけば、毎月5万円もあれば生活できるのではないか?」という今まで考えた事もないくらいミニマムな暮らしまで見通しがついた。

 

とはいえ、趣味は必要なので今でもGalaxy S9 Plusを買うなど大きな出費を重ねてはいるが、その度に何かを手放し、差額で新しい物を買うようにしている。お金も健康もそして生活環境も、自分の実力以上のことをしないようにしていきたい。

Twitterをフォローする!skyblue_1985jp

ヨドバシアキバ、BIGLOBE 音声SIMパッケージを1円で提供中!即日開通、キャッシュバックもあり!

先日の記事、「ケータイの出費を見直してお金を貯める話⑦」に直結するのだが、ヨドバシアキバでBIGLOBE SIMのキャンペーンを確認。同社が新たに開始したau VoLTE回線を含め初期費用が1円で済む他、キャッシュバックがあるというお得っぷり。



①期間は4月30日まで、対象は音声回線

本来ならば3,240円する初期費用(SIMカードパッケージ)がなんと1円。更に3GB以上のプランを選択すれば(月額1,728円~)、12ヶ月後に10,800円のキャッシュバックが受けられる。1年間の利用で1ヶ月あたり900円戻ってくると考えれば破格中の破格。

 

今までヨドバシカメラにはBIGLOBEの即日開通カウンターが設けられていなかった。3月20日に取り扱いが始まっていたようで、従来のdocomo回線に加えてau回線も契約できる。

 

②KDDIの子会社となったBIGLOBE、どうなるか!?

BIGLOBE SIMといえばドコモ回線のイメージしかなかったのだが、実は2017年にKDDIに買収されている。こうした経緯があってのことなのか、同社のau VoLTE SIMをSIMロック解除したiPhone6sに挿すとアンテナピクトに”BIGLOBE”と表示されるのだ。

 

これは完全にUQ mobileと同じ流れになるのだろうか。子会社化によりMVNO市場で差別化を図りたいとのことだが、今後の展開が非常に楽しみだ。筆者も興味があってデータSIMであれば契約したいのだが、どうやらパッケージ代金1円は音声のみ。今回は諦めた。



最後に

MVNOもありすぎて、どの回線が速いのか断言することはできない。特に音声回線が必要な方はある程度縛りが生じるので簡単に身動きがとれないのも事実だ。ただ、大手キャリアと異なり24ヶ月縛られることは少なく、音声でも6ヶ月~12ヶ月であることが多い。

 

使ってみて気に入らなければ別のMVNOに乗り換えればいいし、キャンペーンに乗じて毎年乗り換えるのもいいかもしれない。情報を集めるのは時間と労力がかかるが、それ相応に安く契約できたり、タダ同然で維持できることもある。まずは今回のように、SIMパッケージ代金が破格なキャンペーンを探してみよう。

Twitterをフォローする!skyblue_1985jp

【朗報】2018年度に入っても継続中!UQ iPhone SE一括案件、4月9日までがラストチャンスらしい・・・

先月までだろうと思っていたUQ mobileのiPhone SE 一括案件。なんと4月に入っても継続されている事が判明した。さっそく今週末の予約が今日あたりから始まっている。

 

一括で購入すれば翌日SIMロック解除ができるはずで、国内外問わず世界で幅広く利用できる。SIMも特殊な物ではなく、UQ mobileの一般的なマルチSIMが使われているため汎用性は高い。



 

①モバワン江古田店

予約台数70台突破ということで、相当に在庫を抱えているようだ。争奪戦が予想される。ただし、いつも書くのだが当日なにかしらの事情で来店できなかったり、開通しなかったりでキャンセルが出ることは良くあること。もし予約とれなくとも、諦めずに当日キャンセルを狙いたい。

 

②ピポパーク池袋東口店

こちらは本体価格が11,800円と高く見えるかもしれないが、十分に良心的な価格だ。また、iPhone SE以外の特価も掲載されているので、複数台の契約でさらなる値引きが適用できるか問い合わせてみよう。



最後に

2月あたりから長期に渡り繰り広げられた争奪戦も、10日から改悪ということで後4日間が安く手に入るラストチャンスだ。筆者も手に入れた302円維持のSIMは非常に重宝しているし、この価格であと1年も使えるのは非常に助かる。

 

この記事の執筆時点では情報がまだ少ないが、このあと金曜日、または土曜日あたりに一気に案件が出揃うはず。手に入れたい方は本気出してみるといいかもしれない。

Twitterをフォローする!skyblue_1985jp

ケータイの出費を見直してお金を貯める⑦~格安SIMを格安で使う!

ケータイの出費を見直すとなれば、普段使いのスマホをMVNOに乗り換えるというのも選択肢の1つだ。この市場も競争が激しくなり、1,600円もあれば音声通話+3GBのデータ通信付きのSIMが手に入る。(iij mio D回線ミニマムスタートプランの場合)

 

せっかく色々と調べてMVNOに乗り換えたなら、その調べる力を更に活かして徹底的に携帯電話料金を抑えていこう。



①初期費用に3,000円を払ってはいけない

まず抑えておきたいのがMVNOを契約する際のSIMカードパッケージ。初期費用と称して、大体3,000円程度が徴収される。もちろん、まともに払っても問題ないのだが、できれば格安でパッケージを手に入れよう。下記に一例を挙げてみる。

これはAmazonで販売されている648円のパッケージ。クーポンが適用できるため、ここから更に10%が値引きされ、税込583円と非常に安く手に入る。正規料金3000円の約5分の1の価格で契約できてしまうのだ。タイミングによってはタダ同然の時もあるし、とにかく紹介キャンペーン、ウェルカムキャンペーンと名がつく物は徹底的に利用したい。

 

②スマホが破格なら、SIMとセットで契約する

これは以前にも紹介したのだが、筆者は今年に入りg08を3,800円で入手した。通常販売価格は16,800円となっているが、Amazonやヨドバシでは2万円台後半~3万円以上で販売されている。

(その時の本体価格明細。3,800円の税込4,104円しか発生していない)

OCNとセット契約するだけで、そこそこのスマホが一括3,800円という破格で手に入るのは安いという次元を超越している。契約期間の縛りはたった6ヶ月。事業者により期間は異なるがMNP弾にするもいいし、別のキャンペーンを見つけてMVNOを渡り歩くのもいいと思う。

 

③サブブランドを制覇して302円や86円で維持する

これは過去記事を読んで頂ければわかるのだが、端末とSIMをセット販売しているUQ mobileやY!mobileの案件をうまく利用すれば、毎月1500円以上の割引を受けることもできる。

 

今年で言えばUQ mobile iPhone SEの一括案件だったり、Y!mobileの507SHの86円維持があったが、その時その時で何かしらネタはあるはずなので、CMに促されるまま1,980円で維持しないようにしたい。



最後に

当ブログを初めてご覧の方は「なんのこっちゃ」と思われるだろう。宜しければ過去記事をご覧頂き、MVNOといえども、更に安く利用できたり、端末が破格で手に入ったりすることを知って頂ければ幸いだ。

 

回線品質の検証が好きなこともあり、これからもMVNOの破格案件は狙っていきたいと考えている。ぜひとも真の格安SIMを手に入れて浮いたお金を貯めていこう。

Twitterをフォローする!skyblue_1985jp

カッコ良すぎる、フルMVNO化した iij SIMの使い心地をレビュー!

docomoの回線を借りながら、キャリアのような事業者として独立したiij。既存ユーザーにはまだ影響が出ないものの、先駆けて訪日外国人向けのSIMカードが4月2日にリリースされた。

 

日本人でも利用できる(登録にパスポートが必要)とのことで、早速ヨドバシでゲット。価格は税込1,990円と以前よりも安くなった気がする。パッケージ、利用に際した注意点、使い心地を見ていこう。


①外観カッコ良すぎ!刷新されたSIMカード台紙

パッケージを開けての第一声は「カッコ良すぎる!」の一言に尽きるだろう。UQ mobileのマルチSIMのようにSIMのサイズが自由に調整できる仕様になっており、サイズの買い間違えが起こらないのが嬉しい。

(主観だが、新しい時代を感じさせるデザイン)

(パッケージ外観。これは今までと変わらない。)

②利用開始にはパスポート、Wi-Fi環境が必要

利用開始に際し、いくつかの壁に直面する。まず自由にインターネットができるWi-Fi環境が必要となる。これはSIMを挿入してAPNを設定した後に「利用開始手続き」をネット上で行うためだ。

(追記:iPad mini4にて、Wi-Fiは不要だったという報告もあった)

(APN自体は通常のdocomo回線と全く同じ、テザリングも利用可)

 

試しにiPhone8 Plusに挿してみた。なんとAPN設定が可能になりiij mioのAPNを手動入力する。設定が済んだらWi-Fiから「利用開始手続き」のページにアクセスし、パスポート情報を入力する。以前にも書いた通り筆者は身分証明書にパスポートを持ち歩いており、出先でも問題なく開通。

 

③使い心地は非常に快適、Wi-Fiスポットも充実

カッコ良すぎる!久しく見なかったLTE表記も久しぶりにいい味を出している。iijは日本通信に負けじと早くからMVNOを展開していたが、ついにフルMVNO化したかと思うと実に感慨深い。早速、早朝に速度計測。

早朝なら下り70Mbps程度でる。通勤時間帯になると2~3Mbpsまで落ちるが、それだけ出れば一通りの作業は快適にこなせるはず。

 

ところで容量は1.5GBで利用期間は30日間となっている。あまり使わない人なら十分なのだが、ここで併用したいのがWi-Fiスポット。日本で全国展開しているWi2(普通なら月額300円)が付いてくる。筆者も利用しているが、本当にそこら中に飛んでいるので実用的なはずだ。

Wi-Fiスポットが少なすぎると指摘されてきた日本。筆者が2008年にカナダへ渡航した時は普及しすぎていて驚いたものだが、10年経ってようやく他国に追いついたか・・・

 

④SIMロック有りのiPadでは利用不可

これは余談なのだが、SIMロック有りのiPadでも利用を試みたが動作不可だった。というのも、キャリア版iPadは海外SIMを入れるとSIMフリーとして動作するため、「もしかしてiij SIMも海外SIMとして認識するか?」と思いきやアクティベートすらできなかった。

 

ちなみに過去の例として、第2世代、第3世代 iPadではY!mobile SIMが動作する。恐らく2011~201年頃までは旧EMOBILEを国内キャリアとして認識されていなかったのだろう。



最後に

まずは訪日観光客向けとして始まったフルMVNOのiij SIM。筆舌に尽くしがたいが、パッケージやSIMカード台紙から「何かが刷新された感」が伝わってくる。使い勝手も通常docomo回線と変わらない品質でピーク時を除けば全体的に快適なはず。

 

既存のiijユーザーにはまだ影響がないようだが、いずれの形であれ差別化が難しくなったMVNO市場でいま一度iijに暴れて欲しい。

Twitterをフォローする!skyblue_1985jp