MVNO/節約」カテゴリーアーカイブ

使い終わった MVNO の SIM カード、返却していない人がとても多かった話

いぜん MVNO の SIM を返却しているかについて記事を書いたところ、とても多くの反響があったので Twitter でアンケートを実施。その結果がとても意外だったのでご紹介したい。



返却しない人が最多、知らなかった人も

まずはアンケートの結果がこちら。

なんと返却していない人が 47 % に昇ったことが発覚。返却している人 24 %、たまに忘れる人 11 % を合算しても追いつかない。

また中には返却の義務そのものを知らない人や、違約金が発生すると明記されている SIM だけは返却すると答えた人もいた。

 

違約金の請求はごくごく稀

改めて整理すると MVNO は大手キャリアから回線を借りているため SIM カードも貸与物ということになっている。

ただし一度使われた SIM カードが再利用されるわけでもなく、回収が漏れたところで誰も困らないはずなのだ。

「紛失したら違約金を請求します」というのも建前で、回収の努力に務めているといえるだろう。

かといって絶対に請求がこないとも保証できないので、心配な人は返却をしたほうがいいだろう。

筆者はいまのところ請求されたことがなく、あえてこれからも返却しない実験をしていきたい。

そして請求された時はかならず記事にしようと思う。

そういえばソフトバンクのレンタル SIM も返さないと罰金みたいなことが書いてあったような・・・(笑)

Twitter をフォローする!skyblue_1985jp



ヨドバシアキバ、OPPO Reno 10x Zoom 実質 79,800 円。 MVNO 音声 SIM セットで特価【8 月 10 ~ 12 日】

ヨドバシカメラ・アキバにて OPPO がセールを開催している。

OCN モバイル ONE または BIGLOBE モバイルの音声 SIM 契約で指定スマートフォンが特価で購入できる。



OPPO Reno 10x Zoom 実質 79,800 円

割引対象になるのは  R15 Neo, AX7, R17 Pro, Reno 10x Zoom の 4 種類。

本体価格から 20,000 円以上の割引と商品券バックがある。

このなかで注目すべきは OPPO Reno 10x Zoom だろう。

ふつうに購入すれば 107,870 円(税込)のところ、SIM とセット購入ならば 23,070 円割引がはいる。

加えて 5,000 円の商品券がバックされるため、実質的な支払い金額は 79,800 円となる。

 

SIM カードは OCN モバイルがお勧め

音声 SIM の契約が条件なので最低利用期間が気になる人もいるだろう。

できる限りはやく解約したい場合 OCN モバイルがお勧めだ。

一般的な MVNO は最低利用期間を 12 ヶ月に設定しているところ同社は 6 ヶ月だけで済む。

初期費用 3,240 円、SIMカード手数料 425 円は発生するがそれでも総合的にはとてもお得といえる。

3 日間限定のセールなので、興味ある人はヨドバシアキバに足を運んでみよう。

Twitter をフォローする!skyblue_1985jp



ヨドバシアキバ、BIGLOBE モバイル契約で P30 lite 14,980 円(税込)の特価。SIM は 6 ヶ月間 432 円~

ヨドバシカメラアキバにて、BIGLOBE モバイル SIM とファーウェイ P30 lite のセット契約がお得になっている。

音声 SIM と契約すれば通常 35,510 円 の本体価格が 14,980 円(いずれも税込)で購入できる。



8 月 1 日~ 18 日までのセール

店頭で発生する費用は「SIM パッケージ代金」の 3,240 円。また SIM カード準備料 425 円が後日請求される。

この手のセールでは初期費用 0 円をよくみるが、月額 432 円で 6 ヶ月使えることや 2 万円以上の割引額を考えれば妥当だろう。

また 7 ヶ月目から月額 1,728 円になること、12 ヶ月以内での解約には 8,640 円の違約金がかかることも覚えておこう。

(ちなみに P20 lite は一括1円となっている)

ヨドバシカメラ店頭セールとのことで、ほかの店舗では実施されていないか内容が異なる可能性がある。

 

もはやエントリー機種ではない

P30 lite は今春にファーウェイが展開した P30 シリーズの下位モデル。

約 6.15 インチの Full HD+ 画面はとてもキレイで RAM 4 GB、ROM 64 GB とスペックに余裕がある。

なによりエントリーモデルで 3 眼レンズを搭載した製品はほかのメーカーが追随できない領域だ。

広角・超広角・望遠の切り換えはハイエンドさながらのカメラ体験を与えてくれるはず。

「P30 Pro がドコモからでないし、もう待てない」という人は、ひとまず P30 lite を買ってみてはどうだろう。

今後こうした割引が規制されていくので、増税前にやすくいい物を入手しておきたい。

Twitter をフォローする!skyblue_1985jp



使い終わった MVNO の SIM、返却してる!?罰金云々の話・・・

大手 3 キャリアから回線を借りる MVNO には使い終わった SIM を返却する義務があるのをご存知だろうか。

解約をする際にオペレーターから「つぎに申し上げる住所まで SIM をお送りください」と言われるのを経験した人もいるだろう。

しかし筆者、じつは MVNO の利用を開始した 2011 年から一度もおくり返したことがない。



もはや「本音」と「建前」の仕組み

返却に応じないとか紛失した場合は約 3,000 円の手数料や罰金が課せられるらしい。

しかし今のいままでそうした請求すら受けたことがない。

MVNO 事業者としては「キャリアからの貸与物であること」をユーザーに説明する義務があるのだろう。

しかしキャリアが回収する気がないのであれば、実質的に意味をなしていない。

(SIM 返却についてはどこかしらに記載があるはずだ)

完全に「本音」と「建前」の仕組みになっており、送料まで払って返却している正直な人がバカをみる構造になっている。

 

回収されるケースは極稀・・・

いまは無き旧イーモバイルだけは厳しかった覚えがある。

ショップで回線を解約する際に SIM を貼り付ける用紙を渡される。

SIM を貼って署名して解約手続きがおわるのだが、後にも先にも返却を求められたのはそれだけだ。

しかもそれはショップで単純解約する際にかぎった話で、MNPで他社へ乗り換えると返却を要求されなかったのも事実。

やはり厳しい業者ですら形式的で、徹底してはいないのだ。



最後に

かといって「だから返却しないで大丈夫ですよ」と勧めているわけでもない。

ルールを守るか否かは人それぞれなので推奨はしない。

「こんな人もいるのか」くらいに思って頂ければと思う。

またこんなことを書くと「貸与物なのだから返却すべき」というお叱りが飛んできそうだが、それはこの時代特有の「正論おじさん」のように思う。

Twitter をフォローする!skyblue_1985jp



今日から 8月、毎月1日に知っておきたいカードの豆知識をご紹介しよう!

早いもので今日から 8 月。熱中症にならぬよう、水分をとって今月もがんばっていきたい。

さて、毎月 1 日はカード類で知っておきたい事が沢山。今日はその中のいくつかを紹介しよう。



①SoftBank カード、Tポイント に 100% 還元でチャージ可能

T ポイントが貯まったけれど、現金に還元できたらなぁという人は是非「SoftBankカード」ポイント移行しよう。

普段は 85% と目減りするが、毎月 1 日 だけ 1ポイント = 1 円分としてチャージ可能。現金として決済に利用できる。

(毎月 1 日以外は 100 pt = ¥ 85 と表示される)

逆に毎月 1 日以外は損するので実行しない方がいいという話になる。

ちなみに SoftBank カードはその名の通り Softbank ユーザーしか持てないので、回線を使っている人は絶対に作成してもらおう。

 

②LINE PAY のカラー判定日

LINE Pay は前月の決済金額に応じてポイント還元率が変化するシステムを採用している。

1 万円未満  = 還元率 0.5 % 「ホワイト」

1 万円以上 ~ 5 万円未満  = 還元率 0.8 % 「レッド」

5 万円以上 ~ 10 万円未満 = 還元率 1 % 「ブルー」

10 万円以上 = 還元率 2 % 「グリーン」

毎月 1 日は自分のカラーが判定されるのでウォレットアプリから確認しよう。

ちなみに 7 月から LINE スコアが 626 以上で「ブルー」以上が約束される。

こちらもチェックしておこう。



最後に

ドトールおよびエクセルシオールカフェにほぼ毎日行く人は、毎月 1 日がボーナスポイントデーなので覚えておこう。

チャージ金額に対して 5 %貰えるところ、毎月 1 日は+10ポイントと大盤振る舞い。

(関連記事:チャージ金額の5%以上還元される、ドトールのバリューカード凄すぎて草しか生えない話・・・

どうせチャージするなら、1 日にしておこう。ちなみに商品購入でも 1 ポイント付くのでドトール愛用者には幸せ。

まだあるのだが、今日はこの辺りで。8 月も頑張っていきたい。

Twitterをフォローする!skyblue_1985jp



コスパ抜群!3,200 円で 300 GB 使えるレンタル SIM、iVideo 特価は 7 月 30 日まで!!

今月おおくのアクセスを頂いた iVideo の 300 GB SIM は、他社サービスの相場と比べて安いことがわかった。

他社だと 100 GB で 3,000 円台後半が目立つのだが、iVideo は 300 GBで 3,200 円。

ただしキャンペーン終了後は 3,900 円とのことで、3,200 円で借りるには 7 月 30 日までに申し込む必要がある。



検証でわかったこと

過去の記事で触れたとおり速度は下り 18 ~ 40 Mbps が実測値として安定しており、 100 GB 以上消費しても制限はかかっていない。

まれに 20 GB で制限がかかるという声もあるが、回線に負荷をかけすぎなければ大丈夫な気がしている。

また iPhone では「テザリング」ができない仕様のため、ルーターとして利用するには Android 端末や Wi-Fi ルーターが推奨される。

 

900 GB は売り切れが多い

信じがたいが iVideo には 300 GB のうえに 900 GB SIM が存在している。

容量が 3 倍にもかかわらず、料金はわずか 100 円しか変わらない。

なにやらとても人気のようで売切れていることが多い。じじつ筆者もこれが欲しかったのだが売り切れで 300 GB にした。

もし「待ってでも欲しい」という場合は入荷しだい連絡がもらえるので登録しておくといいだろう。

これで WiMAX2+ はお役御免となるかもしれない。。

リンク先:iVideo 

Twitter をフォローする!skyblue_1985jp



【在庫 70 台超】au Xperia XZ3 (SOV39)SIM フリー、アキバで 42,800 円(税込)で販売中。

2019 年冬春モデルとして発売された Xperia XZ3 の au モデルが 2 週間ぶりに値下げされていた。

前回調査で 44,800 円だった SIM フリー未使用品が、 42,800 円(税込)になっていた。

(確認できたのは「じゃんぱら」秋葉原各店舗。通販サイトでも購入可)

筆者しらべではアキバで最安値となっている。



国内版ならではの全部入り Xperia

Xperia XZ3 はシリーズ初の有機 EL ディスプレイを採用。

Snapdaragon 845, RAM 4 GB, ROM 64 GB でゲームをするにも申し分ないスペックとなっている。

また筐体が薄くなったことでスタイリッシュな外観と持ちやすさを実現した。

SIM ロック解除されているため海外での利用は言うまでもなく、 au MVNO などで安く維持することもできる。

長年 au Xperia を観察してきたが、ここまで安価な未使用品はみたことがない。

防水、防塵、フルセグ、Felica を完備した最強 Xperia でカラーも 4 色揃っている。

気になる人は「じゃんぱら」Web サイトを覗いてみよう。今買って損はないはずだ。

Twitter をフォローする!skyblue_1985jp



【特価】ファーウェイ Mate 20 Pro, goo simseller 音声契約で 52,800 円(税別)【8 月 5 日まで】

昨年ファーウェイから発売されたハイエンドモデル、Mate 20 Pro がセールで超特価となっている。

本体価格 52,800 円(税込 57,024)。発売時約 12 万円から半額以下になった。

特価の条件は OCN モバイル ONE の音声 SIM を契約すること、また指定オプションに加入することで初期費用が 0 円となる。

最低契約期間は 6 ヶ月とみじかく良心的。使い切って解約したり長期で利用してもいいだろう。

Mate 20 Pro は Kirin 980, RAM 6 GB, ROM 128 GB のハイエンドモデル。

4,000 + 2,000 + 800 万画素の 3 眼レンズ、防水に高精細 GPS を備え死角がない。

(Antutu ベンチマークは 30 万点以上を記録)

背面でワイヤレス充電対応のスマートフォンに給電できる機能を搭載して話題となった。

この価格ならハイエンド機種を探している人にはお勧めだ。気になる人は goo simseller ページをチェックしてみよう。

リンク先:goo simseller 

Twitter をフォローする!skyblue_1985jp



未使用品 iPhone XR 68,500 円など特価、「ムスビー」で格安 SIM パッケージ・プレゼント実施中

スマートフォン白ロムの取引サイト「ムスビー」で MVNO パッケージの無料プレゼント・キャンペーンが開催中。

キャンペーン対象の端末をかうともれなく付いてくる。

(詳しくは画像リンク先を参照されたい)

初期費用が 0 円にくわえキャッシュバックや月額料金が安くなる特典付きだ。

開通の義務はないので、必要ない人は誰かにプレゼントするもいいだろう。



ドコモ iPhone XR が狙いめ

「ムスビー」をいろいろ検索したところ、ドコモ版 iPhone XR 64 GB 未使用品 68,500 円が気になった。

事務手数料をいれても秋葉原の相場を 4,300 ~ 9,900 円したまわっている。

またドコモ版であればオンラインで SIM ロック解除できるので狙いめだ。

(ショップによる出品でいくつかあったが、売切れ注意・・・)

「ムスビー」では日々いろんなスマートフォンが出現し速攻で売れていく。

未使用品にかぎらず中古品も多数あるので、探しものがある人はチェックしてみよう。

リンク先:ムスビー

Twitter をフォローする!skyblue_1985jp



100 GB 使っても無制限、iVideo 300 GB レンタル SIM の検証と考察

月額 3,200 円の 300 GB レンタル SIM の検証開始から 2 週間。利用データがついに 100 GB に達成し、制限かからずに使えている。

超大容量データを「わざと」流すようなことをしなければ、300 GB 使えるのではないだろうか。

今回はこの手の大容量レンタル SIMに関して考察したい。



予測1: 遅かれ早かれ爆発的にのびる

月額 3,200 円で 300 GB というのは現存するサービスでずば抜けて優れている。

影響力ある Youtuber が動画で紹介すればすぐに拡散され、固定回線や WiMAX2+などを解約する人が続出するだろう。

(本当は 900 GB に興味があったのだが売切れていた)

注目度が高まり口コミで広まると、いつの間にか回線が重く感じるようになってくるはず。

そしていつの日か、ソフトバンク本体が対策に乗り出すはずだ。

 

予測 2 :帯域制限が入る可能性

断言こそできないものの WiMAX2+ のような◯日間◯ GB までといった制限が入ると筆者は予測している。

理由はシンプルで過去に存在した「大容量」サービスがことごとく失敗に終わっているからだ。

あの WiMAX2+ とて例外ではない。サービス開始の 2013 年 には「一切の制限がない」と謳っていた。

それこそ筆者は 100 GB を越える通信をしていたし、こうした状態がずっと続くと思っていた。

しかし加入者がふえすぎて「帯域制限」が導入されると集団訴訟にまで発展する大問題になったのだ。

制限なく使えることに期待はしているが、過去から現実的なことを予測しておくのも大事だと思う。



最後に

というわけで 100 GB をこえても iVideo SIM に制限がかかることはなかった。

お勧めできるかと問われれば「イエス」だが、通信制限のない状態がずっと続くのかは疑問視している。

さらに以前にも触れたが怪しいと言われる業者がおおい。1 ~ 2 人で回している会社や電話に出ない事業者もある。

(「モナ」を使った業者、このほか色んな業者がある)

したがってある程度スマートフォンの仕組みや操作に詳しい人むけになってしまうことも覚えておきたい。

なお筆者はこのまま仕事とプライベート用に使い続けようと思っている。

2 年縛りがなく単発的に 1 ヶ月単位で使えるのも大きな強みと言えるだろう。

Twitter をフォローする!skyblue_1985jp