MVNO/節約」カテゴリーアーカイブ

テザリングで Youtube 見放題、3 ヶ月間 800 円で持てる BIGLOBE を契約したぞ!

日本でメイン SIM にしているソフトバンク SIM を BIGLOBE モバイルに MNP 契約してきた。

SIM カード単体契約ではお得な案件がなく、仕方ないので nova lite 3 とのセット購入。

スタッフの説明が親切すぎて今まで見逃していた BIGLOBE の魅力が色々と見えてきた。



3ヶ月間 800 円でYoutube 見放題

あくまで最初の 3 ヶ月にはなるが「音声 + データ 3GB のプラン」が 50% OFF、なんと僅か 800 円で維持できる。

回線は docomo か au 回線から選択できるものの au 回線が桁違いに高速なので一択だろう。

実測値で 90 Mbps を越えたり何より昼のピークタイムでも 1 Mbps 程度出てくれるので MVNO としては実用性が高い。

(ちなみにドコモ回線だとかなり遅いようだ)

また月額 480 円の「エンタメフリー・オプション」が 6 ヶ月間タダで利用できる点にも注目したい。

これは Youtube, AbemaTV, U-NEXT 動画をいくら観てもパケット消費しないオプションで月末のギガ死を抑える優れもの。

(ほかにもストリーミング音楽も有名アプリが対象になっている)

しかも驚いたことに、テザリングでタブレットなどに電波を飛ばして大画面で Youtube を観るのも OK なのだ。

(もちろんテザリング料金 500 円なんて存在していない)

じっさい使ってみるとキャリア回線より重いが画質を落とすなど工夫をすれば意外と事足りる。

 Youtube でライブ中継される番組も増えてきたいま Wi-Fi のない出先で重宝するはずだ。

 

ジワジワとくる電話・SMS の安さ

そして電話料金にも注目。BIGLOBE 電話アプリを使うと 30 秒 9 円という安さで、筆者には定額オプションすら不要。

通話相手には自分の電話番号が表示されて安心できる。

また SMS に関しても毎月15 円まで無料であり、LINE が使えない緊急時などに相手の番号を知っていれば便利。

70 文字までの送信なら 5 回までタダなのが地味に嬉しい。なお docomo/ au 回線ともにおなじ料金となっている。

これさえあればキャリアの+メッセージアプリが不要であると実感するはずだ。



最後に

というわけで豪華な特典がついて月額 800 円の環境が手にはいり満足。

ただし注意点は 4 ヶ月目から基本料金が通常価格になること。

そして 480 円のエンタメフリー・オションも 7 ヶ月目から有料で外さなければ合計 2,080 円に跳ね上がる。

そこから安くなることはない(長期利用特典は法律で禁じられてしまった)ので、違約金も 1,000 円だし気軽にべつの MVNO に移行するのもあり。

よく「それではブラックリストに入るのでは?」と言われるのだが、そうなったらその時考えようと思っている・・・(汗

リンク:BIGLOBE モバイル

Twitter をフォローする!skyblue_1985jp



電子マネー iD 対応、メルペイ「スマート払い」で最大 10 % 還元中。アプリ登録で 1,000 円ゲット(*´艸`*)

メルカリの決済手段である「メルペイ(スマート払い)」を使うと会計金額から 5 % 還元されるキャンペーンが開始された。

「メルペイ」を使ったことない人にもアプリ登録で 1,000 円もらえるので気軽に参加してみよう。



メルペイ・スマート払いを登録

まずは「メルカリ」のアプリをダウンロードし、会員登録からメルペイスマート払いの登録完了させよう。

これだけで 1,000 円分のポイントが貰える。

スマート払いは一言でいえば「後払い」のことであり、上限設定ができて使いすぎ防止に配慮されている。

(上限を 5,000 円に設定したスマート払いの画面)

クレジットカードではなく銀行口座に紐つける仕組みなので、よりリアルな金銭感覚に近いと言えるだろう。

 

スマート払いで 5 ~ 10 % 還元

設定が終わったらカフェやレストランで「スマート払い」を利用してみよう。

メルペイはコード決済のイメージが強そうだが、電子マネー iD 対応店舗であれば全国どこでも利用可能となっている。

(Apple Pay iD として利用可能だ)

決済すると 2020 年 1 月 31 日(金)23:59 分までは決済金額から 5% がポイントとして還元されるため飲食店などで心強い。

さらに 2 % または 5 % 還元のお店で決済すると、その分の還元率も合算されて還元率の合計は 7% または 10 % に昇る。

上限は 1,000 ポイントまでとなっていて迫力がないかもしれないが、政府の認可をうけたお店で使うと別途ポイントが入ってくる。

例えばチェーン店を全国に展開するベローチェなどがいい例で、もはや使わない手はないだろう。

 

2 つの支払い方法に注意!

以上が大まかな説明となるが1つだけ注意したい点がある。

「メルペイ」には支払い方法として「残高払い」と「スマート払い」の 2 つがあって識別・区別する必要がある。

これまでご紹介した「スマート払い」が後払いであるのに対し、「残高払い」は前払いでメルカリの 5% 還元対象外だ。

ポイントが 0 になるか銀行チャージした金額が 0 になった時点で利用できなくなる。

その都度チャージして使いすぎを徹底的に防ぎたい人にはお勧めだ。

ちなみに「スマート払い」やアプリ登録で貯めたポイントは「残高払い」でのみ利用可能となっている。

キャンペーンでうまくポイントを貯めて、還元が終わった頃に美味しく使わせてもらおう。

Apple Pay 対応なのでモバイル Suica に 1 円単位でチャージできるなど使い道は豊富だ。



最後に

メルカリを使ってない筆者のような人でも気軽に利用できるのが大きな利点だと思う。

登録がまだの方はぜひ紹介コード( ZUKSXS ) をご利用いただきたい。

そして今度は紹介する側に回ってみよう。いつ終わるかわからないキャンペーンではあるが、紹介すれば 500 円、

紹介した人がメルペイの登録を完了させれば自分と相手の双方に 1,000 円が入ってきて特に上限がない。

職場の人に勧めまくって荒稼ぎすることもできるので興味ある人はぜひやってみよう。

(紹介コード:ZUKSXS)

Twitter をフォローする!skyblue_1985jp



違約金 0 円、OCN モバイル ONE 契約で OPPO Reno A が 22,000 円の特価へ

OCN モバイル ONE のセールで OPPO Reno A が超絶お買い得な価格になっている。

新規または MNP による音声契約が条件となるが短期に解約しても違約金がない。

これまで 6 ヶ月未満での解約で発生していた手数料がない事を考えると最安で購入できそうである。



料金プランも魅力的

もっとも安い料金プランで契約する場合、データ通信 1 GB 付属のプランが 1,180 円で契約できる。

初期手数料が 3,000 円は月額 250 円のセキュリティ・オプションに加入することで 2,000 円に抑えられる。

オプションを外せば月額 1,180 円ぽっきりで、待受通話専用+緊急時用データ SIM として活用できるだろう。

早めに解約して違約金 0 円で本体を入手することもできる(ただし繰り返すとブラックリストに入る可能性もある)ので、本体を安くほしい人はチャンスだ。

 

OPPO Reno A はここが凄い

Dual SIM + Felica 搭載 Android という日本市場むけのスペックでありながら、海外利用にも強いのが特徴だ。

北米・南米のメイン周波数 4G Band 2/4 に加え、中国大陸の TD-LTE Band 38/39/40 に対応している。

東南アジアだけなら他機種でも構わないが、アメリカ方面に仕事や留学で渡航する人にはもっともお勧めである。

ちなみに Band 2/4 は通常ハイエンド端末が備えている帯域であり、この価格帯での搭載は見たことがない。



最後に

本体価格の割引は 2 万円が上限となったことから、以前よりもお得感が少なくなったと感じる人も多いだろう。

但しこれまで 8,000 ~ 9,500 円だった違約金が撤廃されたり 1,000 円以下になった MVNO が圧倒的におおくなった。

2 万円の割引に浮いた違約金 1 万円を足すと合わせて約 3 万円安くなるとも言える点も考慮したい。

そしてこれが店頭の場合、dポイントや楽天ポイント、量販店ポイントなどを連携させればより安く購入できるはずだ。

知恵を振り絞ってこれからもお得にスマホをゲットしていきたい。

なお、ONC モバイル ONE のキャンペーンは 12 月 24 日までとなっている。

リンク:OCN モバイル ONE

Twitter をフォローする!skyblue_1985jp



UQ モバイル 24 時間「かけ放題」を提供へ。60 歳以上なら データ 4GB 付きで月額 2,180 円の破格!

UQ モバイルがついに 24 時間の「かけ放題」サービスを発表した。12 月 18 日から申し込み開始予定で

ナビダイヤルなどの例外をのぞき月額 1,700 円のオプション料金で通話し放題になる。

通話量が多くてデータ SIM と通話 SIMを分けていた人、そして同じく通話量がおおい 60 歳以上に朗報だ。



通話 SIM と UQ SIM を分けていた人必見

これまで UQ モバイルをデータ通信 SIM、24 時間かけ放題をキャリアの通話 SIM に分けて利用していた人はこれを機に UQ モバイル 1 枚に統合できる。

同社は全国規模でショップを展開しており、SIM 紛失などの緊急時の対応が他社 MVNO より安心度がたかい。

海外ローミング対応、昼夜のピークタイムに低速にならないのも大きな特徴と言えるだろう。

想定される月額料金は( 1,980 円 + 1,700 円=) 3,680 円からで、内容は「24 時間通話+ 3GB 」とライトユーザーに理想的な環境だ。

また通話オプション加入により 13 ヶ月間データ通信が増量されるキャンペーンも適応されるので覚えておきたい。(au ID 登録が必要)

さらに家族で利用している場合は 1 人目の料金はそのままで、2 人目が 500 円OFFの 3,150 円となりお得感が大幅に増している。

 

60 歳以上の夫婦が最強になる

ところでユーザーが 60 歳以上の場合、1,700 円のオプションが 6 ヶ月無料でそれ以降 700 円で受けられる点にも注目したい。

(1,980円 + 700円)= 2,680 円で 3GB データ通信が契約できるうえ、2 人目に至っては家族割で 2,180 円という破格中の破格。

(最初の 6 ヶ月は 1,980 円、2 人目は 1,480 円ぽっきり)

おなじく au ID を紐付けると 3GB が 13 ヶ月間 4GB にアップするデータ増量キャンペーンを合わせると日本一安いプランと言えないだろうか。



何か落ちはないの!?

月額 1,700 円を払う人はとくに使える機種に制限がない一方、60 歳以上を対象としたキャンペーンでは対応機種が 2 種類用意されている。

プラン申し込みと同時に「おてがるスマホ 01」 か「DIGNO Phone」を購入するか、すでに同機種を利用している人は持ち込みでプランを変更することが割引条件だ。

どちらも本格派スマートフォンというよりは初心者向けや通話重視の端末であるため、何でもできる iPhone や一般的な Android 端末では使えないようだ。

ここで契約した SIM を他の機種で自由に使えないことがオチとなるだろうか。

もしそうした制限がないなら「おじいちゃん名義でが 4 回線契約して家族みんな安くなる!」と目論む家庭がでてくるほど需要があるはずだ。

リンク先:UQ mobile 60歳以上のお客さま向けにおトクな「シニア割(60歳以上)」を実施

Twitter をフォローする!skyblue_1985jp



SIM フリー iPhone 11 も対象。JCB QUICPay 50,000 円以上の決済で10,000 円キャッシュバック!【12 月 15 日まで】

 JCB 発行のクレジットカードを Apple Pay や Google Pay に登録して買物すると 20% 還元されるキャンペーンがある。

ながらく開催されてきたのだが、12 月 15 日(日)に終了となるのでリマインダーとして内容を整理したい。



JCB 発行のクレカをスマホに登録

参加できるのは Apple Pay または Google Pay 対応のスマートフォン利用者で、まずは JCB カードを QUICPay として登録する。

(画像は ANA To Me Card。JCB 発行である事を必ず確認したい)

JCB 発行カードまたはクレジットカード自体を持っていない人でも「みずほ銀行」に口座がある人は Apple Pay にて参加できる。

みずほ銀行アプリを使って QUICPay 対応カードを生成しよう。

(指示に従って口座情報を入力するだけですぐに登録できる)

口座に充分な残高があれば後日 20% 現金で還元されるため、使いすぎを防ぎたい人には理想的な使い方だろう。

 

キャンペーンに応募する

さて登録が終わったら忘れずにキャンペーンに参加登録しよう。

キャンペーン応募は上の画像にリンクを貼っておいたので必要な人はクリック。また「みずほ」銀行の Smart Debit の応募はこちら

あとは必要な物もしくは欲しい物を買うだけだ。50,000 円未満の買物でも後日 20% 還元される。



SIM フリー iPhone11 や LG G8X ThinQ が狙い目

ヨドバシアキバなど一部の量販店で販売開始された SIM フリー iPhone11 も QUICPay 払いで 10,000 円戻ってくるし、ポイントなどと合わせれば更に安くなる。

また今話題の 2 画面スマホ LG G8X も 10,000 円戻ってくる。

人気すぎて発売日の 12 月 6日から完売が相次いでいたが、何やら 10 日に再入荷した店舗も多いと聞いている。

もちろん 50,000 円以上なら全て 10,000 円(未満でも 20%) 戻ってくるので、なにか購入を検討している物があれば活用してみよう。

リンク先:JCB キャンペーンページ

Twitter をフォローする!skyblue_1985jp



3G 終了で機種変更がお得な 2019 年 12 月、MNP お得は終わらない件・・・

ドコモ、au、ソフトバンクの大手 3 キャリアは各 3G 通信サービスを 2022 ~ 2026 年に停波すると発表した。

これに伴い 3G ユーザーを 4G 端末に移行させるキャンペーンが始まっていて、この年末年始からは「機種変更」による値下げが多くなりそうだ。

(既に 3G 契約からの機種変更で iPhone が一括 1 円の案件は転がっている)

(au も 1 ~ 3,300 円など限りなくタダに近い価格でキャンペーンを続ける)

では MNP は不要になるかと思いきや決してそんなことはない。

10 万円の端末が 0 円になる極端な割引は姿をけしたものの、年間を通した支出は MNP するか否かで大きく違ってくるのだ。



1 年毎に MNP した方がお得

10 月 1 日に施行された改正電気通信事業では「長期ユーザーへの優遇」が禁止され、使い続けると損することが明確になった。

これはキャリアや MVNO の料金プランやサービスをみれば明らかで例えばソフトバンクを見てみよう。

同社の料金プラン「ミニモンスター」、「ウルトラギガモンスター+」どちらも 2 年目から 1,000 円高くなる。

au に至っても 7 ヶ月目から 1,000 円高くなるプランや 2 年目から割引率の下がるオプションがある。

さらに最近ドコモが Amazon Prime 会員費を 1 年分無料にすると発表したが、やはり 2 年目からは有料で 5,000 円以上が自腹となる。

例を挙げればキリがないが、新規顧客が得をして長期ユーザーが損をする構図が出来上がってしまった。

ならばちょうど 1 年を周期に毎年キャリアや MVNO を乗り換えてみてはどうだろう。

 

MNP で家計の支出は減らせる

例えば最初の 12 ヶ月間 1,000 円割引の料金プランを家族 3 人で使っているとしよう。

2 年目から 1,000 円高くなるだけで年間なんと 36,000 円も高くなる。( 1,000 円× 3人 × 12ヶ月 = 36,000 円)

いっぽう 1年ごとに MNP する別の 3人家族は移行先のキャリアや MVNO で毎年 1,000 円割引を受けられるため、先の家族との支出差は毎年 3,6000 円ずつ開いていく*。

(*ほぼ同じ料金プランの事業者に乗り換えた場合)

また MNP は 2 万円を上限とした端末割引が受けられるため、支出差はさらに 60,000 円(20,000円× 3人 )円まで広がるのだ。

割引を受けた端末は未使用で売却すれば利益がでるし、SIM 単体で契約すれば売却する手間も省けてお金が戻ってくる。

(今月のヨドバシアキバの LINE モバイル。初期費用も 1 円)

例えば P30 lite は今日現在のヨドバシが 28,150 円で、画像のLINE モバイルに乗り換えるとすれば割引後は 10,550 円。

これをイオシスなど白ロムショップに未使用で売却すれば 22,000 円(12月8 日現在)になって利益は 11,450 円となる。

しかもヨドバシのポイント 10% 付与も考えれば MNP 費用までもが相殺されるだろう。



最後に

今まで MNP は税込 10,000 円以上の違約金がネックだった。それが 1,000 円以下となって乗り換えやすい環境になった。

ここにキャリアとしての楽天モバイルが乱入することで事情は変わる可能性があるにせよ基本的な考え方は変わらないだろう。

MNP を繰り返すことで端末や回線に関する知識は高まるし、そうした経験は MVNO 利用者がまだ 20 % 前後である日本において重宝されるはず。

端末をタダで入手して儲けるという考えから、家庭の支出を減らしまくる(=何か欲しい物が買える)と考えた方が幸せになれそうだ。

Twitter をフォローする!skyblue_1985jp


月額 900 GB の iVideo レンタルSIM 、ついに月額 3,000 円の破格プランが登場

ソフトバンク回線をつかったレンタル SIM でお馴染みの iVideo(アイビデオ)に新プランが追加された。

1 年または 2 年契約すると月額 3,000 円で 900 GB 使える SIM なのだが注意事項も多いので整理していきたい。 



iVideo レンタル SIM とは・・・

同社の SIM カードは今まで契約不要なレンタル形式を採用しており 月額 3,300 円で 900 GB 利用できた。

夏ごろまでは 300 GB プランもあったが現在は 900 GB プランに統一されている。

(SIMと簡単な説明書が送られてくるシンプルなサービス)

契約ではないので事務手数料・縛り・違約金といった囲い込みのなさが特徴で、MVNO が苦手とするピークタイムも高速。

Android スマートフォンでは「テザリング」も有効であるため、2 年契約でキャリアの 50 GB プランを使うより断然やすい。

筆者は 7 月から 300 GB 3,200 円プランを使っていて、ずっと重宝させてもらってきた。

 

年間契約プランは違約金に注意・・・

ところで新たに追加された年間契約プランは、レンタルよりも毎月 300 円安く利用できるため年間で 3,600 円お得だ。

ところがよく読むと初期費用や違約金が設けられていた。

契約から 12 ヶ月以内に解約すると 9,500 円、初期費用が 2,000 円とある。

これではお得になった 3,600 円の旨味が 1,600 円に減ってしまう。

しかも契約は自動更新で解約をわすれた場合は 14 ヶ月目から再び違約金が発生する。



年間契約はほんとうにお得??

レンタルするよりも毎月 300 円安く 2 年契約なら 24 ヶ月で 7,200 円お得であることは事実だ。

そして筆者のように iVideo の品質をよく理解している既存ユーザーならば迷わず契約できるだろう。

しかしながら途中解約で 9,500 円の違約金が発生し、違約金なしで解約できる期間はわずか一ヶ月しかない。

そう考えると今までのレンタルプランが一番安心して利用できる気がするが、何か間違えて発表しているなんてことはないだろうか。

突然の発表に驚いたが少し様子をみることにしたい。ひとまずレンタルはお勧めできるので興味のある人は Web をチェックしてみよう。

リンク先:iVideo Web サイト

Twitter をフォローする!skyblue_1985jp



【ポイ活しようぜ】エムアイカード・プラスゴールド作成で 23,000 モッピーポイント案件がとても楽(*´艸`*)

ポイントサイトの案件をこなして多額のポイントをもらう「ポイント活動(ポイ活)」が流行りつつある。

案件とはクレジットカード作成、 FX および 仮想通貨の口座開設、資料請求、ゲームのダウンロードなど実に様々なものがある。

そのなかで「これは割と簡単でよかったな」と思う案件をご紹介したい。



三越伊勢丹グループ発行のクレカ

案件となっているのは三越伊勢丹グループの発行する「エムアイカード・プラスゴールド」で審査から発行がとにかく早い。

申し込み後すぐに審査結果が送られてきて、次の日には最寄りの店舗で発行してもらうことが可能だ。

筆者は夏にこの案件をこなしているのだが 1 万円の買い物をすればクリアとなり、後日 23,000 ポイントが付与される。

欲しい物を購入すると本末転倒になるので「どうしても必要な物」を買うのが重要で、経費が使える人は仕入れなどに充てるといいだろう

(ちなみにポイントサイトは主に「モッピー」を利用している。)

 

魅力的な特典もおおい

ショッピング利用で 1 % (海外では 2 %) のポイント還元率で、貯まったポイントはグループ内で 1ポイント=1 円で利用したり他社ポイントに移行できる。

またゴールドカード特典として国内の空港ラウンジが利用可能だ。

(羽田空港国内線利用時に撮影)

さらに三越伊勢丹グループで買い物する人には前年度の利用金額に応じてポイント還元率が大きく変わってくる。

最高 10% まで上がったり買い物金額に応じてボーナスポイントが付与されるのは嬉しい仕組みだ。



最後に

注意事項としては年会費が 1 万円発生する点だただし 23,000 ポイントはキャンペーン中のTOKYU ルートを通すことで 86% で 19,870 ANA マイルに移行できる。

これだけあればローシーズンの台湾・香港などを往復できるため 1 万円で破格のエアチケットが買えることになる。

興味ある方はリンクからモッピーサイトを参照してみよう。この他にも色んな案件が転がっているので「これは」と思うものに挑戦してみよう。

リンク先:モッピーポイントサイト

Twitter をフォローする!skyblue_1985jp



BIGLOBE モバイル au 回線が爆速、回線切替無料、3000 Gポイント貰えるぞ!

今月とつぜん営業の電話がかかってきて、D回線から切り替えた BIGLOBE モバイル。

SIM が届いたので検証したところ D 回線とおなじ料金なのに爆速すぎる。端末が対応していれば乗り換えた方がお得だろう。



SIM 到着は 2 ~ 3 日だが・・・

SIM は筆者が韓国に行っている間に届いたようで家族が受け取ってくれた。電話で切り替えを依頼してから約 2 ~ 3 日。

しかし帰国後すぐに新しい SIM を入れても動作せず何をやってもダメ。

おっかしいなと思ったらまだ D 回線が切り替わっていなかった。

調べたところ人によって SIM が届いてから切り替わることもあるようだ。

(昼のピーク時でも 2 Mbps は出ていて実用性が高い)

とにもかくにも無事に使えるようになった。対応 SIM フリースマートフォンなら SIMを入れただけですぐ利用できるはず。

(nova lite 3 に入れたらすぐ利用できた。初心者には対応端末がお勧めだ)

 

改めて特典を確認しよう

特典に関して整理するとまず 2019 年 9 月 30 日以前に契約した人は回線切替手数料が 0 円で済む。

BIGLOBE 支払いに充当できる Gポイントが 3,000 円分もらえる上、契約違約金がわずか 1,000 円に改定された。

さらに au の電波が自宅に入りにくくて困ったなどの場合、手数料なしで D 回線に戻すことだってできるのだ。

営業がこなくても Web から申し込めば誰でも対象になるので興味がある人はぜひ回線切替してみよう。



最後に

BIGLOBE モバイルは量販店などでも積極的なセールを実施しており、今ではファーウェイ P30 lite が一括 14,400 円で購入できる案件がヨドバシアキバで続いている。

12 月 1 日までとなっていて SIM パッケージ手数料 1 円、SIM カード手数料 0 円、つまり初期費用なしで違約金も同じく 1,100 円。

それでいて 16,000 円安いとなれば今まで約 10,000 円だった違約金の分を含めて 26,000 円以上やすいと言えそうだ。

今シーズンお勧めの MVNO の一つである。

Twitter をフォローする!skyblue_1985jp



【1人1台】BIGLOBE 音声契約で P30 lite 一括14,660 円(税込)+10%還元、初期費用 1 円、違約金 1,100 円の案件

ヨドバシカメラ・アキバで BIGLOBE 音声 SIM と P30 lite のセット購入がお得になっているのを発見した。

端末の割引額は 16,000 円で IIJ mio の 14,300 円を上回っている。初期手数料が 1 円、SIMカード準備料 0 円、違約金 1,100円と条件がいい。

それだけではない。もしかすると10 月 1 日の規制前と同じくらい条件がいいかもしれない。



初月料金が 0 円、違約金も 1,100 円

手数料だけでなく 1 ヶ月目の音声通話・データ使用料も 0 円、さらに12 ヶ月以内の解約違約金はわずか 1,100 円だ。

例えば半年使ってみて「急にデータ通信が遅くなってきた」と感じた場合でも気軽にほかの MVNO に乗り換えることができる。

違約金が 9 割安くなったおかげで「品質が悪ければすぐ他社に乗り換えられてしまう」という緊張感が MVNO 同士での競争を招くだろう。

わずか 14,400 円(+10% ポイント)で 3 眼レンズ、4 GB RAM を備えた超コスパはファーウェイ製だからこそ威力がある。

詳しいスタッフの常駐するファーウェイ売り場なので、時間がある人はぜひ足を運んでみよう。

Twitter をフォローする!skyblue_1985jp