SONY」カテゴリーアーカイブ

高級コンデジを買うか、Huawei P20 Proを買うか迷ったら読みたい話

ここまでレビューしてきた通り、Huawei P20 Proは高級コンデジにも劣らない写真が撮れることがわかった。世界のApple、Samsungを凌駕するとは誰も予想しなかったのではないだろうか。

 

一方で、高級コンデジを買った方がいいのでは!?という声もあるので「実際どうなのか?」という点に答えていきたい。あくまでも持論だが、結論から言えば「どちらでも良い」という答えになる。



①コンデジの強み、ローアングル撮影

当たり前ではあるが、スマホは必ずディスプレイを眺めながら撮影する。下から上に向かって撮影した場合、自分も下から上を覗き込まなければならない。ところがコンデジの場合、ディスプレイ角度を調整することで、自分の姿勢を変えることなく撮影できるのだ。

(SONY RX100-M5。ディスプレイの角度を調整しながら上方向を簡単に撮影できる)

(自在に動きすぎて、セルフィー撮影も可能。これを常用するYoutuberもいる)

ほぼ同じ画質で撮れるのなら、角度から写真が撮れるという点はコンデジに軍配が上がるだろう。こういった作業が日常的に必要な人はコンデジがお勧めだし、「特にそういうことはしない」という人にはP20 Proが選択肢に入ってくる。

 

②P20 Proの強み、即SNSで共有できる

一方でP20 Proの強みといえば、言うまでもなくスマホであるという点に尽きる。カメラを別途持ち歩く必要がなくなるし、撮影した写真は速攻でSNSに共有できる。このスピード感はとても気持ちがいい。

(こんな時代が来るなんて想像だにしなかった)

しかもスマホでは不可能だった光学ズームが3倍になっているため、わざわざ自分から言わなければ、スマホで撮ったとは思えない程によく撮れる。それ以上のズームが必要な人はコンデジ一択になるが、3倍もあれば十分ではないだろうか。



最後に

やはり高級コンデジというだけあって、ありとあらゆるシーンでP20 Proに負けるわけではない。上述したとおり、ローアングルから撮影できたり光学ズーム上限が大きい点はスマホにない利点となる。

 

結論として、とにかく素晴らしい写真を撮りたいのなら高級コンデジを選べばいいし、「編集は手元でしたい、写真はすぐに仲間と共有したい、でも画質は妥協したくない」というのならP20 Proになるだろう。人によりニーズは異なるので、どちらを選んでもいいはず。

 

それにしても今回のP20 Proには驚いた。今後、他社はどのように追随してくるのだろうか。Huaweiの独壇場になるのか、それとも高級コンデジ市場が縮小していく未来になるのか。スマホの進化はまだ止まりそうにない。

Twitterをフォローする!skyblue_1985jp

【後編】Xperia XZ2 Premium、満を持して発表されるも不安要素が多すぎる話・・・

昨日の続き。(前編はこちらから)書き足りなかったことを書いていこう。総合的に考えると、これからのSONYは厳しい戦いを強いられるのではないだろうか。



④イヤフォンジャックなし、受け入れられるか

2016年のiPhone7以降、イヤフォンジャックを廃止するメーカーが増えつつあるが、SONYもいよいよ廃止となった。他社と違うのは「音質に自信があるSONYがイヤフォンをやめてしまう」という見方だろう。

(sony mobileから引用。イヤフォンが見えるがジャックが見当たらない)

何らかのSONY製オーディオ機器と有線ヘッドセットを愛用している人も多いだろう。そういう層が、すぐにWirelessを受け入れられるものなのだろうか。甚だ疑問だし、SONYだからこそ、イヤフォンジャックはあってよかったのではと思う。

 

⑤リリース時期が夏というのは7月なのか!?

ところでリリース時期は夏とのことなのだが、これは7~8月なのか、それとも遅くとも6月ということなのか。これはかなり重要だ。というのもライバルのフラッグシップは既に出揃っており、Galaxy S9/S9 Plus、Huawei P20シリーズは遅くとも5月下旬までには日本でも展開されるだろう。

 

iPhone8が例年になく売れず、また投げ売りされることも十分に予想できる。夏に発売となれば、XZ2 Premiumを待たずして他のメーカーへ行ってしまう顧客も一定数でてくるだろう。Galaxy好きな筆者からすると、夏というのはGalaxy Note9が発表される時期なのだ。

 

⑥auとSoftBankで出ない可能性大、シェアを取ってほしい

容易に想像できることだが、これまでPremiumと名の付く物はドコモでしか発売されてこなかった。なぜここまでこだわるのだろうか。iPhoneのように共通の端末を使い、3キャリアそれぞれで発売すればシェアも取りやすいはずなのだが。

 

compactシリーズ、Premiumシリーズ、そして海外でしか展開されていないミドルスペックシリーズ。これらをドコモ以外のSIMフリー端末として展開しなければ、以前も書いたようにもう間もなくSONYの国内シェアは一気に落ちてしまうのではないだろうか。



最後に

XZ2 Premiumは「普及モデルではない、一部のSONYファン向けだ」と言われれば実際にその可能性も否めない。ただ、「世界をあっと言わせるような製品」が出てこない限りシェア拡大はおろか存続が難しくなってくるのではないだろうか。

 

日本に残るSHARPは鴻海傘下に入り、富士通も携帯電話事業は売却することが決定している。京セラは国内向けで安定しているが、世界で戦えるのはSONYだけとなっている。だからこそ応援したいし、底力を見せて欲しい。これからの一年、どうなることだろうか。

Twitterをフォローする!skyblue_1985jp

 

【前編】Xperia XZ2 Premium、満を持して発表されるも不安要素が多すぎる話・・・

日本で唯一、堂々と生き残っている携帯電話メーカーのSONY。筆者はGalaxy派ではあるが、6.44inchのZ Ultra、Z5 compact、Z5 Premium、XZ Premiumなど時おり買っている。四角いデザインはカッコイイし、何よりSONYというロゴにカッコ良さを感じられるのは日本人として誇らしく思う。

(sonymobileより引用。これじゃない感が・・・)

ただ、先日発表されたXperia XZ2 Premium。これにはネガティブな面で驚きが隠せなかった。そしてHuaweiを筆頭に繰り広げられる高カメラ機能。カメラでは天下がとれるはずのSONY、追いついていけるのか非常に心配になっている。発表をみて感じた事を書いていきたい。



①重すぎるハイエンド、重量236g

去年のXZ Premiumは重量が192gあり、非常に重かった記憶がある。200g前後なら許容範囲だと思っていたのだが、XZ2 Premiumは衝撃の236g。これは重すぎる。というのも多くの方はケースを装着すると思うのだが、そうなれば簡単に250gを越えてしまう。

(去年、即買いしたXZ Premium。出来栄えは最高だ)

例えばジャケットなどのポケットに入れた際、重すぎて服がだらしなく見えないだろうか。6.44inchだけど軽いZ Ultraのようにはいかない。

 

②もう負けられない、カメラ

去年のXZ Premiumでは、カメラで撮った写真が歪むという現象が話題になった。そんな馬鹿なと思いながら使っていると、確かに歪むのだ。SONYといえばカメラが強いはずなのだが、なぜかスマホでは他社を圧倒させることができない。

(XZ Premiumで撮影した写真。鉄板の端が歪んでみえる)

 

ここ1~2年でデュアルレンズは標準化したし、Huaweiに至ってはP20 Proでトリプルレンズまで採用した。そんな中、カメラの大御所のはずのSONYはようやくXZ Premiumでデュアルレンズデビューすることになる。随分と余裕に感じるが、今回も歪みのような現象が起これば高カメラ機能の競争で敗れることになりそうだ。

 

③何よりもデザインが・・・・

そしてこれは言うまでもないが、デザインが歴代のPremiumシリーズの中で最もダサい。1年に2回マイナーチェンジを繰り返すも、ベゼルレスをなかなか投入してこなかったSONY。だからこそ、今回は大幅なデザインの刷新が期待されていたはずなのだが、それが裏目に出たような気がする。

先日、Twitterでアンケートを採ったのだが結果は上の通り。興味が無いと答えた方がダントツで多かった。



最後に

少し長くなりそうなので、一旦ここまでとして続きは明日書いていこうと思う。しかし隠し玉としてXZ2、XZ2 compatを先に出しておいただけにがっかり感が凄かったファンもいるのではないだろうか。

後編はこちらから!!

Twitterをフォローする!skyblue_1985jp

wena wristが文鎮化した話、修理費が高すぎて震える!!

wena wrist activeの記事を書いた直後の話。いつものようにwena wristを充電して寝ようと思ったところ充電ランプだけが光り全く動かなくなってしまった。あれ?と思いWebでトラブルシューティングに関して調べたり、時間を置いてみたものの全く解決しない。

 

「故障かなぁ?それだったら修理費払ってでも修理してもらいたい」と思ったところ、これが非常に高額なことに気づく。アンバサダーをやらせて頂いてはいるのだが、思ったことを正直に書いていきたい。



①使いはじめて1年6ヶ月、こんなすぐに壊れるものか?

wena wristのコンセプトは「いい物を長く使いたい」という点に凝縮されている。だから、新しい時計が発売されても、バンド部分だけはずっと使えるようになっているし、筆者もPaul Smith時計と合体させて利用していた。

(iPhone8 Plusとwena wrist。Paul Smithと合体させている)

無理な使い方は一切していないはずなのだが、突然充電できなくなるとは一体どういうことなのだろうか。いわゆる文鎮化したわけだが、奇しくも電池が切れたとて時計のバンドとしては使える。だから、普通にPaul Smith時計として身につけているが寂しいし何だか釈然としない。

 

②修理費は高い・・・

wena wrist公式ページによれば、電子部品が入っている部分の修理費は22,000円~27,000円+税。新しい物を買うと33,800円(+税)。もちろん、それくらいはするのだろう。ただし、同じ物を長く使うという視点から見れば、ここまで修理費が高かったら正直なところ今後の購入をためらってしまう。

 

「また1年半で壊れたら高い買い物だな」と思うからだ。そもそもwena wristの利点はお財布機能であるはず。お財布を1年半毎に3万円払って買い換えるか?と問われれば明らかにNoという答えが出てくる。



最後に

コンセプトや物自体は非常に素晴らしいし、今までご紹介してきた通りお勧めできる物ではある。ただ、トラブルシューティングのしようがない程に突然壊れてしまったり、修理費が高ければむしろコンセプトに矛盾を覚えてしまう。(スマートフォンのように2年周期で買い換える物なら割り切れるのだが・・・)

 

プロジェクトメンバーの方々には全員お会いしたことがあり、とても優秀で素晴らしい人たちばかりだった。ものづくりへの思いや自信をお持ちだと思うのだが、アフターケアのようなところはどう捉えているのだろう。ひとまずwena wrist activeを買う計画は一旦保留としたい。

Twitterをフォローする!skyblue_1985jp

SONY、いよいよスマホ国内シェア2位から転落するか・・・!?

スマートフォン市場から日本企業が次々と撤退していく中、買収もされずに残っているSONY。日本ではiPhoneに劣らぬ人気で、Androidの中では最も人気がある。

 

Bloombergなど経済系大手メディアも引用するIDCジャパンによれば、2017年11月時点での日本国内のシェアはApple、SONY、SHARP、京セラと続き、富士通が5位。

(出典:IDCジャパン

だが注目したいのは2位から4位の3社はほぼ僅差であり、2位のSONYがいつ陥落してもおかしくない状況なのだ。色んな人がSONYに対して思っているであろう事を改めて書いてみる。



①ハイエンドしか展開しないビジネス、そろそろ限界なのでは!?

今、様々なメーカーが低価格のスマホを展開している。SHARPはAQUOUS Mシリーズ(SIMフリー)やAQOUS Sense。富士通だとArrows Mシリーズ(SIMフリー)、ドコモのArrows beにあたるだろう。

 

進撃のHuaweiやASUSも同様だ。今でこそMate10 ProやZenfone ARなど10万円クラスの機種を出す両社だが、最初はどちらも低価格帯で参入してきたと言っても過言ではないだろう。Huawei P8 lite、Zenfone5などまさにコスパ抜群だった。

 

京セラもauのGratina, Qua Phone, Qua Tab, TORQUEなど形を変え様々な端末を投入することでシェアを維持している。では、SONYはどうかといえば「キャリアからハイエンドを出すだけ」の存在になっており、SIMフリーでミドルレンジを投入してこない。

 

②実は海外ではミドルレンジを出しまくっている。

Sony Ericsson時代から海外では様々なXperiaを展開していたSONY。2016年あたりから、ローエンドを廃止してXperia XA,  XA Ultraなどのミドルレンジに注力する。

(背面指紋認証で話題になっているXperia XA2。輸入しない限り手に入らない)

2017年に入るとDSDSに対応したXA1 Dual, XA1 Ultra Dualなど確実に日本人受けしそうなXperiaが次々に投入された。つい先日、新しいカタチをしたXperia XA2も発売されたが、いずれも海外でしか展開されず絶対に日本へやってこない。

 

最初は「キャリアからの圧力があったり、ミドルレンジは流行らないからでは!?」という声もあり、筆者もそのように考えていた。

 

だが、他のメーカーを見れば日本にもミドルレンジ需要があるのは明らかで、そこにSONYが参入して惨敗する姿は考えがたい。3位と4位まで僅差である現状を打破しなければ、京セラにも抜かれ一気に5位くらいまで転落する可能性だって十分に考えられるだろう。



最後に

半年に1回のサイクルで新型が出るも抜本的に何かが変わるわけではなく、マイナーチェンジを繰り返すSONYのハイエンド。流行りのベゼルレスにもいよいよ乗ってこなかった。

 

そこへ追い打ちをかけるように中国シェアNo.1のOPPOがR11sを携えて日本へ参入してきた。いよいよ、キャリアのご機嫌を伺っているだけでは限界が来ているのは明白だろう。一体SONYの会議室で何が起きているのだろうか。

Twitterをフォローする!skyblue_1985jp

前作の汚名返上!?渾身のXperia XZ Premiumをレビュー☆

いよいよ日本でも発売されたXperia XZ Premium。発表された当時から「今時ベゼルレスでないのは進化がない」とか「また発熱が酷くなるのではないか」など、期待よりも不安な声が多かった気がする。

ただ実物を触らなければ始まらないと思い、SONYが挑む2度目のPremiumを買ってみた。結論から言うと物凄いお勧めだ。簡単にレビューしたい。

 

①カッコよすぎるXZ踏襲デザイン

まずは安定のカッコよさに惚れる。筆者が購入したのはLuminous Chrome。前作Z5 Premiumよりも高級感があり、背面だけでなく前面も鏡面のように仕上がっている。

指紋が付きやすかったり、明るい場所で使うと若干眩しいのが難点だが、見方をかえれば贅沢な悩みなのかもしれない。

サイドが丸みを帯びているため握りやすく、細部の作り込みに一切の妥協がない。どの角度から見ても美しいと言えるだろう。

wena wristとツーショット。海外版はロゴがないのが嬉しい。

 

②より多くの4K(HDR)コンテンツに対応

Z5 Premiumはアップスケーリング技術を利用して4Kを表示させる必要があったり対応コンテンツが少かったりと、端末の真価が十分に発揮されなかった。

XZ Premiumはそれを見事に克服。基本的にコンテンツが4K配信であれば自然と対応できる仕様になっているらしい。例えばYoutubeでは普通に4Kを選択できるし、Amazon Prime Videoでも対応を確認できた。

(4K Ultra HDという表示がゾクッとする!)

世界で普及し始めた4G通信の次世代規格、5Gでは4K動画配信が予定されている。今すぐとは言わずとも、徐々に4K動画は普及していくだろう。

 

③考えられないほどにヌルヌルサクサク

AndroidがどうしてもiPhoneに勝てないと言われる要因に「ヌルヌル、サクサク感」を挙げる人もいるだろう。今ではAndroidも十分にサクサクしているのだが、XZ Premiumのそれは次元が違う。

 

触らないとわからないのだが、「誰もが気持ちよさを実感できる」くらいの水準に到達しているといるので実機を触ってみてほしい。

 

まとめ

「スマホに4Kは不要」とまで言われてしまった前作のXperia Z5 Premium。XZ Premiumはその汚名返上を果たすべく登場したと言っても過言ではなかろう。

デザインが徹底的に追究され、4KにはHDRが搭載されコンテンツも充実。Snapdragon835で実現した、Z5 Premiumより2倍速い処理速度。

その他にも充電端子がType-Cになったり発熱が抑えられたりと、本当に非の打ち所のない仕上がりとなっている。この夏、機種変更を考えてる人にはGalaxyと並ぶ選択肢となろう。

SONYの本気を見た!Xperia Z4 tabletをレビュー②

前回の記事から間があいてしまった(^_^;)本格的に使い倒してみたので「ここはいい!」という点を引き続き書いていこう。

 

第2回:ポストPCを考える編

 

 

①2 in 1の課題

タブレットとキーボードが脱着できる2 in 1という物が存在し、PC市場を牽引している。主にWindows搭載のSurfaceなどに見られ、ASUSのT100TA、LenovoのYoga Tabletなどが有名だ。

 

これらはPCやタブレットとして機能するだけでなくキーボードがカバーになる。2 in 1の鏡とすら呼べるだろう。

 

しかし課題もある。ソフトウェアの質、数、UI、タッチ感度など「タブレットモード」という視点から見るとAndroidやiPadにかなわない。

 

(無論、Windows 10が大きな飛躍を見れせれば簡単に覆されてしまうかもしれない。)

 

 

②Z4 Tabletが覆した常識

20150919_180820

 

ところで、2 in 1の課題をAndroid搭載のZ4 tabletにあてはめるとどうだろう。

 

タブレット部分は言うまでもなく最高スペックで世界最薄を誇る。2Kディスプレイ搭載で防水、SoCもタブレットでは発熱しにくいSnapdragon810搭載だ。

20150919_180928

 

重さはたった389gでiPad Air2(437g)を凌駕しており現存する中で最強のAndroidタブレットであることは間違いなかろう。

 

しかも今回ご紹介しているのはSIMフリー版なので、PCのように開いてからWi-Fi接続する必要もなくすぐにネットに繋がるし、すぐ作業にとりかかることができる。

 

 

グローバル基準でAndroid OSのアップデートがくるわ、技適は通過しているわ、軽いわ、カッコいいわ。もう言うことはないだろう。

20150919_181044

 

③キーボードがある時の極め付けの一撃

 

Microsoft Officeが無料で使えるし、ブラウザ経由でクラウドアプリを使えばPC代わりにすらなる。

 

Windowsの2 in 1が抱える課題をしっかりクリアしているのだ。

 

最後に、キーボードを使ってこんな持ち方もできる。

20150919_181012

 

キーボードカバーにタブレットをはめ込むことでグリップ部分ができる。「薄すぎて持ちにくい」問題が解決されるため、今度は電子書籍などが捗る。

20150919_181103-2

 

 更にはプレゼン用に逆向きに挿すことも可能。実際には動画鑑賞が捗る。

 

 

④まとめ

 

Androidタブレットでは前代未聞の完璧なトラックパッドが全体の完成度を引きたてている。

 

Microsoft OfficeやWebブラウザーを介したクラウドアプリを駆使すればPC代わりになってしまう。

 

タブレット単体でも薄く、軽く、最高スペック。あくまでも個人的観点だが、完成度がここまで高く他の製品と連携できるタブレットPC(Androidではあるが)は見たことがない。

 

ポストPCを考える上で正解はないかもしれないが、これはあってもいいのではないだろうか。

SONYの本気を見た、Xperia Z4 tabletをレビュー①

今年も色んなPCやタブレットが登場した。Windows PC、新型MacBook、AndroidやWindows Phoneなど様々だ。

 

しかしどれも共通するのが「OSがほとんど同じで新しさがない」という点。多少の違いはあれど際立った差別化は難しいのだろう。

 

そんな中、見事に「素晴らしい!」と思わせてくれた物に出逢う事ができたのでご紹介しよう。

 

Xperia Z4 Tablet SIMフリー with Keyborad(*´艸`*)

 

Wi-Fi版、docomo版、au版、SIMフリー版と色々あるがSIMフリーを選択。

スクリーンショット 2015-07-26 11.12.39

 

 

レビュー第1回・キーボード編

 

まず驚いたのはキーボードに「トラックパッド」が付いている事。

 

ケースを兼ねたキーボードというのは今までも多数存在した。だがマウス機能まで付いた純正キーボードケースは初めてではなかろうか。

スクリーンショット 2015-07-26 12.52.33

(しかも軽すぎてまるで重さを感じない)

 

おかげでPCと同等な操作が可能になり、別途Bluetoothマウスを持ち運ぶ必要がなくなった。

 

それだけではない。キーボードには「戻る・ホーム・マルチタスク」キーが配列されており、ディスプレイにタッチする頻度が圧倒的に減る。

スクリーンショット 2015-07-26 11.57.55

(キーボードだけで「戻る・ホーム」ができるのはレベル高い)

スクリーンショット 2015-07-26 11.09.22

(装着後の姿も非常にかっこいいのだ)

 

②アイコン配列にもこだわり

 

PCのように使うとなれば、アイコンが届きやすい場所にあると嬉しいもの。それが見事に計算されているではないか!

 

スクリーンショット 2015-07-26 11.08.56

 

Windowsみたいと言えば言い過ぎだろう。しかしこれによりキーボード及びトラックパッド操作が非常に捗る!PCとタブレットが融合したかのようだ。

 

今回のまとめ

 

お伝えしたいことが多すぎるので今回はキーボードに関してだけ。 

 

「タブレット+キーボードにトラックパッドが付いた」それだけ??と思う人もいるかもしれない。

 

凄いところは随時報告していくが、ひとまずタブレットだけで完結するはずの製品が、キーボードだけでここまで進化する完成度。ここが見逃せない点の一つだ。

 

 

Xperia Z Tabletのマウス機能対策

1401437760667

 

AndroidタブレットとiPadの大きな違いは何かと聞かれたら「マウス機能」の有無が一例に挙がる。Androidはキーボードと共に

 

マウスを使うことで本当にPCに近い利用が楽しめるのだ。親切なタブレットは左と右クリッの役割まで設定saれており、最高の体験ができる。

 

 

だが!!!

続きを読む