SONY」カテゴリーアーカイブ

前作の汚名返上!?渾身のXperia XZ Premiumをレビュー☆

いよいよ日本でも発売されたXperia XZ Premium。発表された当時から「今時ベゼルレスでないのは進化がない」とか「また発熱が酷くなるのではないか」など、期待よりも不安な声が多かった気がする。

ただ実物を触らなければ始まらないと思い、SONYが挑む2度目のPremiumを買ってみた。結論から言うと物凄いお勧めだ。簡単にレビューしたい。

 

①カッコよすぎるXZ踏襲デザイン

まずは安定のカッコよさに惚れる。筆者が購入したのはLuminous Chrome。前作Z5 Premiumよりも高級感があり、背面だけでなく前面も鏡面のように仕上がっている。

指紋が付きやすかったり、明るい場所で使うと若干眩しいのが難点だが、見方をかえれば贅沢な悩みなのかもしれない。

サイドが丸みを帯びているため握りやすく、細部の作り込みに一切の妥協がない。どの角度から見ても美しいと言えるだろう。

wena wristとツーショット。海外版はロゴがないのが嬉しい。

 

②より多くの4K(HDR)コンテンツに対応

Z5 Premiumはアップスケーリング技術を利用して4Kを表示させる必要があったり対応コンテンツが少かったりと、端末の真価が十分に発揮されなかった。

XZ Premiumはそれを見事に克服。基本的にコンテンツが4K配信であれば自然と対応できる仕様になっているらしい。例えばYoutubeでは普通に4Kを選択できるし、Amazon Prime Videoでも対応を確認できた。

(4K Ultra HDという表示がゾクッとする!)

世界で普及し始めた4G通信の次世代規格、5Gでは4K動画配信が予定されている。今すぐとは言わずとも、徐々に4K動画は普及していくだろう。

 

③考えられないほどにヌルヌルサクサク

AndroidがどうしてもiPhoneに勝てないと言われる要因に「ヌルヌル、サクサク感」を挙げる人もいるだろう。今ではAndroidも十分にサクサクしているのだが、XZ Premiumのそれは次元が違う。

 

触らないとわからないのだが、「誰もが気持ちよさを実感できる」くらいの水準に到達しているといるので実機を触ってみてほしい。

 

まとめ

「スマホに4Kは不要」とまで言われてしまった前作のXperia Z5 Premium。XZ Premiumはその汚名返上を果たすべく登場したと言っても過言ではなかろう。

デザインが徹底的に追究され、4KにはHDRが搭載されコンテンツも充実。Snapdragon835で実現した、Z5 Premiumより2倍速い処理速度。

その他にも充電端子がType-Cになったり発熱が抑えられたりと、本当に非の打ち所のない仕上がりとなっている。この夏、機種変更を考えてる人にはGalaxyと並ぶ選択肢となろう。

SONYの本気を見た!Xperia Z4 tabletをレビュー②

前回の記事から間があいてしまった(^_^;)本格的に使い倒してみたので「ここはいい!」という点を引き続き書いていこう。

 

第2回:ポストPCを考える編

 

 

①2 in 1の課題

タブレットとキーボードが脱着できる2 in 1という物が存在し、PC市場を牽引している。主にWindows搭載のSurfaceなどに見られ、ASUSのT100TA、LenovoのYoga Tabletなどが有名だ。

 

これらはPCやタブレットとして機能するだけでなくキーボードがカバーになる。2 in 1の鏡とすら呼べるだろう。

 

しかし課題もある。ソフトウェアの質、数、UI、タッチ感度など「タブレットモード」という視点から見るとAndroidやiPadにかなわない。

 

(無論、Windows 10が大きな飛躍を見れせれば簡単に覆されてしまうかもしれない。)

 

 

②Z4 Tabletが覆した常識

20150919_180820

 

ところで、2 in 1の課題をAndroid搭載のZ4 tabletにあてはめるとどうだろう。

 

タブレット部分は言うまでもなく最高スペックで世界最薄を誇る。2Kディスプレイ搭載で防水、SoCもタブレットでは発熱しにくいSnapdragon810搭載だ。

20150919_180928

 

重さはたった389gでiPad Air2(437g)を凌駕しており現存する中で最強のAndroidタブレットであることは間違いなかろう。

 

しかも今回ご紹介しているのはSIMフリー版なので、PCのように開いてからWi-Fi接続する必要もなくすぐにネットに繋がるし、すぐ作業にとりかかることができる。

 

 

グローバル基準でAndroid OSのアップデートがくるわ、技適は通過しているわ、軽いわ、カッコいいわ。もう言うことはないだろう。

20150919_181044

 

③キーボードがある時の極め付けの一撃

 

Microsoft Officeが無料で使えるし、ブラウザ経由でクラウドアプリを使えばPC代わりにすらなる。

 

Windowsの2 in 1が抱える課題をしっかりクリアしているのだ。

 

最後に、キーボードを使ってこんな持ち方もできる。

20150919_181012

 

キーボードカバーにタブレットをはめ込むことでグリップ部分ができる。「薄すぎて持ちにくい」問題が解決されるため、今度は電子書籍などが捗る。

20150919_181103-2

 

 更にはプレゼン用に逆向きに挿すことも可能。実際には動画鑑賞が捗る。

 

 

④まとめ

 

Androidタブレットでは前代未聞の完璧なトラックパッドが全体の完成度を引きたてている。

 

Microsoft OfficeやWebブラウザーを介したクラウドアプリを駆使すればPC代わりになってしまう。

 

タブレット単体でも薄く、軽く、最高スペック。あくまでも個人的観点だが、完成度がここまで高く他の製品と連携できるタブレットPC(Androidではあるが)は見たことがない。

 

ポストPCを考える上で正解はないかもしれないが、これはあってもいいのではないだろうか。

SONYの本気を見た、Xperia Z4 tabletをレビュー①

今年も色んなPCやタブレットが登場した。Windows PC、新型MacBook、AndroidやWindows Phoneなど様々だ。

 

しかしどれも共通するのが「OSがほとんど同じで新しさがない」という点。多少の違いはあれど際立った差別化は難しいのだろう。

 

そんな中、見事に「素晴らしい!」と思わせてくれた物に出逢う事ができたのでご紹介しよう。

 

Xperia Z4 Tablet SIMフリー with Keyborad(*´艸`*)

 

Wi-Fi版、docomo版、au版、SIMフリー版と色々あるがSIMフリーを選択。

スクリーンショット 2015-07-26 11.12.39

 

 

レビュー第1回・キーボード編

 

まず驚いたのはキーボードに「トラックパッド」が付いている事。

 

ケースを兼ねたキーボードというのは今までも多数存在した。だがマウス機能まで付いた純正キーボードケースは初めてではなかろうか。

スクリーンショット 2015-07-26 12.52.33

(しかも軽すぎてまるで重さを感じない)

 

おかげでPCと同等な操作が可能になり、別途Bluetoothマウスを持ち運ぶ必要がなくなった。

 

それだけではない。キーボードには「戻る・ホーム・マルチタスク」キーが配列されており、ディスプレイにタッチする頻度が圧倒的に減る。

スクリーンショット 2015-07-26 11.57.55

(キーボードだけで「戻る・ホーム」ができるのはレベル高い)

スクリーンショット 2015-07-26 11.09.22

(装着後の姿も非常にかっこいいのだ)

 

②アイコン配列にもこだわり

 

PCのように使うとなれば、アイコンが届きやすい場所にあると嬉しいもの。それが見事に計算されているではないか!

 

スクリーンショット 2015-07-26 11.08.56

 

Windowsみたいと言えば言い過ぎだろう。しかしこれによりキーボード及びトラックパッド操作が非常に捗る!PCとタブレットが融合したかのようだ。

 

今回のまとめ

 

お伝えしたいことが多すぎるので今回はキーボードに関してだけ。 

 

「タブレット+キーボードにトラックパッドが付いた」それだけ??と思う人もいるかもしれない。

 

凄いところは随時報告していくが、ひとまずタブレットだけで完結するはずの製品が、キーボードだけでここまで進化する完成度。ここが見逃せない点の一つだ。

 

 

Xperia Z Tabletのマウス機能対策

1401437760667

 

AndroidタブレットとiPadの大きな違いは何かと聞かれたら「マウス機能」の有無が一例に挙がる。Androidはキーボードと共に

 

マウスを使うことで本当にPCに近い利用が楽しめるのだ。親切なタブレットは左と右クリッの役割まで設定saれており、最高の体験ができる。

 

 

だが!!!

続きを読む