SONY」カテゴリーアーカイブ

ソニーモバイル Xperia5 香港版、10 月 7 日にアキバ上陸か!?

ソニーモバイルが発表した秋の旗艦モデル Xperia5 海外版が、今週にもアキバに入荷する可能性が浮上した。

中古 PC・白ロムを扱う「イオシス」公式 Twitter アカウントが明らかにしており、入荷が早まる可能性を示唆している。



けっこう早い・・・

同社は香港に仕入れルートを持っており、10 年以上にわたって様々なスマートフォンを仕入れて販売してきた。

秋葉原ではもはや海外スマートフォンの聖地と化しており、とくにアキバ中央通り店は日本一の品揃えを誇っている。

 

Xperia 5 はソニー巻き返しなるか

Xperia5 は Snapdragon855, ROM 128 GB, RAM 6 GB 搭載したハイエンド端末で、春モデル Xperia1 6.5 インチから 6.1 インチへと小型化されている。

ディスプレイの大型化が止まらないスマートフォン市場において小型かつ 3 眼レンズ仕様は大きな差別化になるだろう。

ブルー、ブラック、レッド、グレーの 4 色展開。

なお香港発売予定の型番 J9210 は Dual SIM であり日本キャリア(シングル SIM や ROM 半減)仕様と少し異なっている。

Xperia を SONY Alpha カメラのディスプレイ化にしたり離れた場所からの設定できるなど同社が築き上げてきた製品群とのコラボにも期待がかかる。



最後に

2019 年はソニーモバイルにとって大改革の年だった。勝算の見込めない国や地域からは撤退して、台湾や日本など勝ち目のある国にフォーカスする戦略をとった。

また人員など大幅なコスト削減により何とか黒字を達成。ただし事業が本質的に立ち直ったわけではなく、ここからが勝負なのだ。

完全黒字化を宣言するソニーモバイルは底力として何を顧客に見せてくれるのか。日本では NTT ドコモが 10 月 11 日に発表すると噂されている。

10 月中にはキャリアモデルも揃いそうで、海外版と合わせて盛り上がること間違いなさそうだ。

Twitter をフォローする!skyblue_1985jp



法改正前で au Xperia1 SOV40 白ロムが急落、未使用品が 84,980 円(税込)まで下がる

  • 今週はじめに 89,800 円だった au 版 Xperia1 SOV40 が、金曜日になって 84,980 円を記録している。

(じゃんぱらでは 2 週間で一気に 15,000 円ほど下げた)

夏モデルのなかで唯一 10 万円超えをキープしていた人気モデルが一気に下がり始めたのは明らかに法改正前の処分セールが原因と思われる。



法改正で焦り狂うキャリア

以前から触れているように大手 3 キャリアは 10 月 1 日より施行される改正電気通信事業法に怯えている。

改正後はスマートフォン契約時の割引上限が 2 万円までとなり iPhone が一括 0 円になるような現象は「あんな時代もあったよね」と語り継がれる思い出となるはずだ。

あるキャリアショップは「キャッシュバックなんて二度とできなくなります」という意味深なツイートを残していて、やはり今が買い時であることが裏付けられる。

IFA で発表された後継機種 Xperia 5 のリリースもほぼ確定しているため、ここらで一気に処分という流れになったのだろう。

しかし相場が下がれば下がったで人気が止まらないのが Xperia であり、検討している人は買い時がきたと言えるはずだ。

奇しくも増税前という今までにないタイミングなので次の 3 連休は狙いめとなるだろう。

リンク:じゃんぱら通販サイト

Twitter をフォローする!skyblue_1985jp



【悲報】Xperia5 国内モデルの内部容量は 64 GB の可能性・・・・

先日の IFA にて発表されたソニーモバイルの旗艦モデル Xperia5 に悲報が流れ始めている。

内部ストレージ 128 GB として発表されたにも関わらず、日本国内モデルだけが半分の 64 GB になるという。

既に該当ページは削除されているが、削除前に撮影された画像から発覚している。

 

日本人が誇るソニーによって開発されたものが、日本モデルだけ不利なわけないと思う人もいるだろう。



Xperia1 も国内版は 64 GB 

じつは現行モデルの Xperia1 も海外モデルは 128 GB なのに国内モデルは 64 GB でファンからは悲鳴が上がっている。

しかも海外の人は SIM カードを 2 枚入れながら 128 GB を使えるのに対し、国内版は SIM 1 枚だけで 64 GB の構成のみ。

これだけ不利な状況になると日本版を楽しみにしていたファンがガッカリするのも仕方あるまい。

しかも 5G が一部の国で始まっているこのご時世だからこそ 64 GB がお粗末に見えるわけだ。

 

ソニー窮地なのでは・・・

悲報はつづく。低価格モデルとして準備の進んでいた Xperia 20 がキャンセルされて発売されないことになった。

スマートフォン 3 万円時代の記事でも書いたように、いまは高級なハイエンドよりもコスパの高い低価格モデルが好まれる。

(春に展開された低価格モデル Xperia 10/10plus)

売上を伸ばすには低価格モデルがどのメーカーにも必須なのにも関わらず、ソニーはこれから冬にかけて Xperia 5 だけで戦うことになる。

それは無謀すぎる作戦であって、負け戦をしにいってるようなものだ。



最後に

ソニーモバイルは 3 年以上つづいた赤字に終止符をうったが、それはコストカットを徹底した結果であり本質的なものではない。

そしてファンの多い日本に対して冷遇なのもまず。ここはサムスンを見習うしかないだろう。

例えば今回の Galaxy Fold が韓国から発売されたように「まずはお膝元の日本で発売する」とか日本モデルだけ 256 GB があるとかやり方はあるだろう。

まずは海外の Xperia ファンが日本版を輸入したくなるくらいに、国内モデルを変えていく必要があるだろう。

Twitter をフォローする!skyblue_1985jp



何がおきた!? au Xperia1 未使用品、102,800 円から 8 日間で 89,800 円まで下落・・・

先週末から急に下落しはじめた au 版 Xperia1 (SOV 40)が今週もまた値下げされている。

先週に 102,800 円から一気に 96,800 円まで下がったと思ったら、本日 89,800 円~ 92,800 円を観測。

(確認できたのは「じゃんぱら」通販サイト。アキバのお店では現状ここが安値)

いちぶ 9 万円を切ることになった。しかも SIM ロック解除された未使用品で、白ロムとしては最も価値のある状態だ。



Xperia5 が影響しているか

下落のつづく理由のひとつに IFA で正式に発表された Xperia5 の存在は欠かせないだろう。

Xperia1 よりも小ぶりの 6.1 インチながら、Snapdragon 855, ROM 128 GB, RAM 6 GB という基本スペックはそのまま。

小型スマートフォンを出し続けてきたソニーモバイルのとっては得意分野であり、期待をもつファンも多いだろう。

「Xperia1 買おうかと思ったけど、Xperia5 が出るまで待つ」という人が増えれば今までの強気価格も通用しない。

在庫リスクを恐れて下げた可能性は否めない。

 

まだ下がる余地があるかもしれない

いま au はかつてない程に審査が厳しくなっていて、買取ショップに持ち込まれる端末の数は激減したと思われる。

しかも 10 月から MNP による値引きは上限が 2 万円になると言われているため、在庫が一気に増えるとは考えにくい。

ただし「じゃんぱら」だけで 50 台以上の在庫があるため、売れ行きが鈍ればまだ下がる可能性は十分にあるだろう。

どうしてもキャリア版がいいという人は、もう少し様子をみてみよう。ひとまず週明けの月曜日が注目だ。

また変化があればご報告したい。

リンク先:じゃんぱら通販サイト

Twitter をフォローする!skyblue_1985jp



Xperia5 リリース影響か、海外版 Xperia1 83,330 円に値下がりへ

ドイツ・ベルリンにて開催中の IFA にてソニーモバイルの最新機種 Xperia 5 が昨日に発表された。

同社は 1 年に 2 回の旗艦モデルを投入する傾向があるため、ほぼ間違いなくグローバルや日本で展開されるだろう。

それを受けてのことなのか、Xperia1 の海外モデル価格が 4,000 円ほど下落した。



EXPANSYS で83,330 円に値下げ

大手通販サイト EXPANSYS で 4,000 円値下がって 83,330 円を記録。

秋葉原にならぶドコモ版の白ロム価格(未使用品 119,800 円)と比べて 36,500 円の大差がつくことになった。

国内版は Felica 搭載のメリットがあるものの、同じ製品でここまで差がつくのであれば海外版を選ぶほうが経済的ではあるだろう。

Xperia1 は Snapdragon 855, ROM 128 GB, RAM 6 GB 搭載のハイエンド端末で 4K HDR やシリーズ初のトリプルレンズを搭載。

IFA で発表になった Xperia5 は同等のスペックを持ったコンパクトモデル(6.1 インチ)であることが判明している。

ディスプレイは大きい方がいいという人は迷わず Xperia1(6.4 インチ)で決まりだろう。気になる人は EXPANSYS をチェックしてみよう。

リンク先:EXPANSYS

Twitter をフォローする!skyblue_1985jp



週明けのアキバ、 Xperia1 白ロムが最大 5,000 円の値下がりへ

昨日に値下がりした記事を書いたばかりの au Xperia1 SOV40 が、週明けの本日に 3,000 円も値下がりしている。

1 週間前まで 102,400 円(税込)で推移しており、先週末にようやく 99,800 円(税込)まで落ちてきたところだった。



続落は見込めるか!?

値下げを確認できたのは「じゃんぱら」秋葉原の各店舗または通販サイトで、筆者しらべでは 96,800 円(税込)は底値。

また 124,800 円(税込)で推移していたドコモ版にかんしても、本日より 119,800 円(税込)まで下落。

しかし他社のフラッグシップと比べるとまだまだ買いにくく、このまま後継機種(Xperia2) が発表されかねない。

まったく予想のつかない機種だが今後も価格の推移に注目していくつもりだ。

Twitter をフォローする!skyblue_1985jp



ソニーモバイル香港解散の噂、Xperia は香港で生き残れるのか

ソニーモバイルの Xperia がおおくの国や地域から撤退したのは 2019 年の大ニュースの 1つと言えるだろう。

3 年以上の赤字に終止符をうち、勝算のある国での展開を決定したばかり。

ところがその勝算あるはずの香港で「ソニーモバイル香港解散」の噂が流れ始めている。



香港でのモバイル事業が解散か

ePrice HK によるとソニーモバイル香港の主要経営陣が退職して、残った社員がソニー香港に統合されるという。

Xperia の販売はソニー香港として続けられるものの、日本や台湾に比べるとシェアが縮小する可能性が高まってきた。

筆者は直近 10 ヶ月で 4 回香港に行っていて先日も 8 月 21 日に行ってきた。

その中で待ちゆく人を調査してみると Galaxy と ファーウェイの存在感が圧倒的で SONY を持っている人はほとんど見かけない。

低価格帯からハイエンドまでが揃うサムスン、ファーウェイに対し、ソニーは Xperia1 のゴリ押し感が否めなかった。

たしかに国内外で評判のいい Xperia1 はソニーモバイル渾身の 1 台であることに間違いない。

ただしサムスンやファーウェイは、その渾身の 1 台にコスト面で勝る機種をいくつもラインアップとして持っている点が異なっている。

旗艦モデルに関しても、サムスンの Galaxy S と Note 、ファーウェイの P シリーズ と Mate シリーズはコンセプトが異なり自社ラインアップで差別化が図られている。

いっぽうソニーは年に 2 回なんとなく似たモデルが出る慣例を崩せていない。こうした端末に対するコンセプト的な戦略も劣っていることは間違いない。



最後に

香港も台湾もわりと親日的で、ソニー自体はものすごく愛されている。

ただし、日本ですら国内シェアが京セラに抜かれた事実を考えると、ソニーモバイル香港が解散しても何ら不思議ではないだろう。

せっかく黒字化したモバイル部門は、どのように本質的な黒字化にせまるのだろうか。

そしてソニーモバイル台湾は死守できるのだろうか。今年の IFA でその可能性を見極めていきたい。

出典:傳 Sony Mobile HK 解散!Sony 手機的命運會變得怎樣?

Twitter をフォローする!skyblue_1985jp



【在庫 50 台超】au Xperia1 SOV40 白ロム、アキバで 10 万円を割り始める・・・

Galaxy S10 の白ロム価格が下落するなか、まったく値下がりを見せないキャリア版 Xperia1。

ドコモ版に至っては 124,800 円と強気価格で au 版も 102,800 円でしばらく推移していた。(いずれも税込)

 

ようやく 99,800 円に値下がり

この週末に au 版がようやく 3,000 円値下がって 99,800 円(税込)を記録。

確認できたのは「じゃんぱら」秋葉原本店で、通販サイトでも購入可能。

在庫は執筆時点で 50 台以上確認できている。

Xperia1 は Snapdragon 855, ROM 64 GB(海外版は128 GB), RAM 6 GB のハイエンド端末で、シリーズで初めて 3 眼レンズを搭載。

海外版がすでに 82,800 円まで下がっているものの 、Felica や技適のある安心の国内版ということで人気は根強いようだ。

ここから毎週のように下がるのか、それともずっと据え置きになるか。週明けも引き続き調査を続けていきたい。

リンク:じゃんぱら通販サイト

Twitter をフォローする!skyblue_1985jp



au Xperia XZ3 未使用品、アキバで 39,980 円(税込)に値下がりへ

au Xperia XZ3 (SOV39)の白ロムが週末に 2,000 円ほど底値をさげた。

「じゃんぱら」ではSIMフリー化された未使用品が 39,980 円を記録し、とても買いやすい価格となっている。



お買い得すぎるハイエンド

Xperia XZ3 は Snapdragon 845, ROM 64 GB, RAM 6 GB 搭載のハイエンド端末で、シリーズで初めて有機 EL を搭載。

エッヂのないフラットな画面はゲームにピッタリという声もあるなど、普段使いだけには勿体ないスペックだ。

それでいて 3 万円台、しかも SIM フリーは相当なお買い得と言えるだろう。

通信販売でも購入できるため、気になる人はじゃんぱら通販サイトをチェックしてみよう。

リンク:じゃんぱら通販サイト

Twitter をフォローする!skyblue_1985jp



国内版より 2 万円安い、Xperia1 海外モデルが 82,640 円まで値下がりへ

国内外で久しぶりに大ヒットした Xperia1 海外版が EXPANSYS で 82,640 円にまで値下がっている。

香港に先日立ち寄ったが、現地価格よりも安い。

同機種はドコモと au からそれぞれ103,032 円 と 109,080 円でリリースされており(いずれもオンライン価格)

アキバの未使用品白ロム価格も長らく 10 万円を越えたまま下がる気配が一向にない。

国内版が値下げされず「もう待てない」という人には買いやすい価格だと思われる。

(ちなみにドコモ版の相場は 12 万円を越える)

Xperia1 は Snapdragon 855, RAM 6 GB, ROM 128 GB の旗艦モデルで、6.5 inch ディスプレイは 4K HDR に対応。

縦長ディスプレイのデザインは賛否があるものの、どのメーカーも手を出していない点を考慮すれば新しいことに違いない。

検討している人は同社ホームページをチェックしてみよう。

リンク先:EXPANSYS

Twitter をフォローする!skyblue_1985jp