galaxy」カテゴリーアーカイブ

イタリアからGalaxy S7 Edgeを輸入。いくらかかった!?

今回のGalaxy S7とS7 Edge、Samsungにしては珍しく世界で大ヒットしている模様。普段なら在庫潤沢のExpansysにもなく、別ルートから輸入することに。

 

どうやって仕入れたか、いくらかかったか、注意点などを記録していこうと思う。

 

 

①世界の業者が集まるショッピングサイトe-bay

 

Expansysや1shopmobileなど定評がある海外ショッピングサイトに欲しい物が無い時は、ebay.comがお勧め。

 

世界中の業者が実に色んな物を出品しており、日本へ発送してくれるパターンが多く、物が常に日本円に換算されるので買い物がしやすい。

 

そこでお目当てのSM-G935Fを探したところ、イタリアの業者が在庫を抱えていたので発注。

 

スクリーンショット 2016-04-07 16.19.09

 

 

米ドルで約$800くらいだっただろうか、円高のおかげで1ドル113円、送料と税金も込めて、合計で約96000円だった。が、いくつか注意がある。

 

 

②業者の実績、Galaxyのリージョンロックは必ず確認する!

 

ヤフオクの出品者と同様、今までの取引実績から「信用できるか否か」を必ず確認しよう。レビュー(英語)が沢山書かれているはずなので必ず目を通したい。

 

更にGalaxyのSIMフリーには「リージョンロック」というものが存在している。SIMフリーでもヨーロッパ内でしか使えなかったり、アジア版ならアジアでしか使えないというもの。

 

 

 

 

スクリーンショット 2016-04-07 17.00.35

(ちなみに筆者のは本当にロックがかかっておらず大丈夫だった)

 

これには諸説あり、「実際にロックはかかっていない」、「ロックがかかっていて泣いた」など100%の情報がないのが現状。

 

出品者にリージョンロックの有無は必ず聞こう。かかっているならば外してもらおう。

 

 

スクリーンショット 2016-04-07 16.33.58

(聞いたところ沢山日本へ出荷しており、何も問題ないとの事だったので注文)

 

 

③どれくらいで届く?

 

筆者の場合土日を挟まなかったので3〜4日で届いたが、遅かったり速かったりは配送業者にも左右される。例えばFedexやDHLなどは土日や祝日を普通に休むし、税関の混み具合にもよるだろう。

 

なので、1週間くらいは見ておいた方がいいかもしれない。(ちなみにお届け予定日は最悪を想定された遅い日付が表示される)

 

スクリーンショット 2016-03-24 6.19.54

(今回はDHLで出荷された。今どこに荷物があるのか本当によくわかる!!)

スクリーンショット 2016-03-24 11.30.54

(日本語サイトにトラッキングNoを入れると日本語になる。)

 

 

最後に

 

輸入自体は何も難しい事はないので、検討してる人は是非やってみて欲しい。このGalaxy S7 Edgeだけでなく今後「欲しい物はe-bayから手に入るっぽい」という気さえしてくる。

 

ただし、Expansysなどと異なり日本人スタッフが常駐するような業者は無に等しいので「保証」に関してなど気になる事は徹底的に確認した方がいい。

 

個人だとインボイス(送り状)なしで送ってくることもあるため、その辺りのリスクを考えてイオシスなど国内から発送してくれるお店を使う手段もある。

 

さて、そろそろ国内版が発表されるだろうか・・・

Galaxy S6をレビュー③個人的に最悪だったところ

Galaxy S6は最高の製品だという感想だ。だからグローバル版であれば買う価値はあるはずだし、高いと思う方は少し値下がりを待つのもありだ。

 

じゃあ、docomo版はお勧め?と聞かれると答えは”No”、の一言。お借りして何だが正直に書いていこう。

 

 

①docomo版 Galaxy S6の言語設定は3ヶ国語しかない

 

 

最初の言語設定を見ると「日本語・英語・韓国語」の3つしかない。無論、日本語があれば多くの人には問題ないだろう。しかし国際化が進み日本で働く外国人、留学生が多いのも事実。

 

日本と異なり海外では人気のSamsungなのだから、欧米言語や中国語がないのは非常に不自然だし、グローバル版の購入を促しているのかとすら思う。

 

また、日本人がスマホでこの3ヶ国語以外を勉強したい時に不便。ちなみにグローバル版はいくつもの言語が用意されている。(当たり前だが)

 

 

②なんで32GB版しかないの?

 

写真や音楽の品質が向上され、扱うファイルは重くなるはず。S6を十分に楽しむため、グローバルでは64GB更に128GBが存在している。

 

にも関わらず日本ではdocomoから32GB版しか販売されていない。64GB以上になると価格が10万円を越えて契約が複雑になるからという説もある。

 

だったらSamsungがキャリアを通さず国内SIMフリー版として64GBと128GB版を販売すればいいだけの話だと思うのだが。

 

いくら無料のクラウドストレージが100GBもらえるとはいえ、限界という物があろう。他キャリアから出ないのも意味がわからない。

 

 

③相変わらずのテザリングロック

 

今やWiMAX2+などルーターにも厳しい制限がかかるようになり、ますます「テザリング」を保険としたい筆者。だが無能すぎるdocomoのAPNロックは健在。

 

Android標準の機能なのにテザリングを格安SIMで行うことはできなかった。

 

 

④全色揃えて販売して欲しいんだけど・・・

 

Galaxy S6には本来ブルートパーズという非常にオシャレな色がある。docomo版ではこれが存在せず、おまけに全色” NTTdocomo”というクソダサいロゴ入り。

 

(政治的な理由で?)自社のSamsungロゴは隠すし、何をやっているのだろうか。

 

 

まとめ

 

悪いところを列挙したが、悪いのは製品ではなくあくまで「docomo版」という点に注意。Galaxy S6は本来テザリングができるし、堂々としたSamsungの自社ロゴ入りだ。

 

せっかくの素晴らしい製品をこのように改悪し、それを9万円以上の価格で販売するのはいかがなものかと思う。

Galaxy S6をレビュー②個人的によかったところ

早くも売れ筋ランキング圏外になってしまったGalaxy S6(Edge)。相変わらず売れるiPhone6とXperiaに敵わない。今回お借りした実機のよかった点を3つ挙げよう。

20150514_090208

 

(Galaxyアンバサダー・プログラムによりGalaxy S6をSamsung電子様よりお借りしています。)

 

①Nexus5〜6並の処理速度

WP_20150509_13_59_07_Pro

 

今までGalaxyはRAMが2GBであろうと3GBであろうと、多少もたつく事があった。メモリ容量不足が原因とも言われるが、今回はそれを払拭。

 

相変わらずメモリ容量に余裕はないものの、何をしても処理速度が超速い。インターネットの速度までが速くなっているかのようだ。

 

Androidが好きで「最速」を好む方には持ってこいの作品だろう。

 

 

②プリインアプリの減少

 

Galaxyと言えばグローバルモデル(SIMフリー)においてもプリインストールアプリが多かった。Google Play以外に独自のGalaxy Appストアがあり、消せないアプリが実は多い。

 

これも素のAndroidを楽しみたい人には邪魔だったのだが、今回はほとんど消せる仕様となった。ついでにキャリア版のアプリも「無効化」できるので清々しい。

 

Screenshot_2015-04-27-11-35-00

 

消せないのは本当にこれだけ。(本来なら電話帳、Dマーケット、IDアプリも消したいのだが消えない・・・)

 

 

 

③言うまでもないがデザイン性

 

ようやくかっこよくなってくれた。これ以上を求めるのは難しいのではないかと思うほど。ただ、iPhoneにに過ぎてるのはちょっとどうかと思うのだが(笑)

 

WP_20150429_15_09_19_Pro

 

 

 

まとめ

 

Galaxy S6に関しては文句の付け所がない。カメラ、処理速度、デザイン、OS、全てにおいて進化しているし、アプリが消せるなど自社製品の弱点をも把握しているように思える。

 

ただ、「それじゃあキャリア版がお勧め?」と言われるとそうでもない。(続く)

Galaxy S6をレビュー!!その①カメラ編

テレビCMやサムスンロゴなどで何かと話題になっているGalaxy S6。今回Galaxyアンバサダー・プログラムでサムスン電子様よりドコモ版をお借りできたため、レビューしていきたい。

 

20150514_173053 20150514_173021

(高級感で溢れてますね。Samsungロゴ廃止でGalaxyに統一) 

使ってて「あ、これは凄い」と思った事を列挙していこう。

 

①瞬間を逃さないカメラ+α

 何か珍しい車(グーグル・ストリートビューの車)などが通った時、「撮りたい!あ、スマホのロックが・・あーいっちゃった」なんて経験はないだろうか。筆者もよくあることだった。

 

20150504_145157

 

(秋葉原にパトレイバー出現!速攻で構えられる!)

 

 

その長年の悩みを解決してくれたのが今回のS6。ホームボタン2度押しで即起動するため、高確率で撮りたい物が撮れる。これだけだと「ふーん」と思われるような機能だが、他のスマホを探してもここまで速い物がない。

20150514_174327

(音量キーをシャッターボタン、動画撮影ボタン、更にズームキーとして割り当て可能なのも素晴らしい)

 

+αの部分

 

いくら起動が速いからといって画質に満足できなければあまり意味がない。。特に歴代Galaxyを見ると初代S、S2、S2 LTE、Note1〜3まではiPhoneのカメラに勝てなかった。

 

だが今回は半端じゃない。S6はカメラを起動した瞬間からリアルタイムで合成写真が作成され、シャッターを押すと最も綺麗に撮れた物が採用される。

20150410_192220

 

もはやスマートフォンのカメラの範疇を超えており、最強すぎると言っても過言ではなかろう。Galaxy S5, Note Edgeのカメラも十分に綺麗だが、今回の仕上がりは別次元だ。

 

 

写真が趣味な人には必須なスマートフォン

 

20150511_150358

 

(Wordpressの容量制限により、画質を落として掲載)

 

筆者はこのような日常の何気ない写真が多いので機能を持て余している気がするが、これから積極的に自然の写真を撮っていきたい。

 

4/10:Galaxy S6/S6 Edgeイベント報告

今月10日、日本でも発売されるGalaxy S6/S6 Edgeのタッチ&トライイベントに参加してきた。

IMG_20150410_184240

(サンドイッチと午後ティー!なんと私の名前とブログ名が☆)

 

 

20人前後の少人数なのでじっくりとお話をきくことができた。

 

 

 

①「あの人のケータイ、カッコいいよね!」がコンセプト

 

筆者は長年にわたりGalaxyを愛用してきた。ところが「ダサい!」と言われることがしばしばあったのも事実。

 

今回は「ようやく自信を持って使える時代がきた」。そう感じることができたイベントだった。

 

イベントの最初は熱意のこもったプレゼン。かなり長いので2つピックアップ。

20150410_193209

 

「凄い」と思ったのは8コアのCPU搭載。超小型化されたおかげで消費電力がGalaxy S5と比べ30%下がり、処理能力は50%も向上している。

 

これは朗報だった。バッテリー容量自体はS5より小さくて心配だったのだが、こういう理由であれば納得。

 

20150410_192924

更に個人的に気になったのが音質。S5はPower AMPアプリを使って音楽を聴けば超高音質で音楽が楽しめる。

 

が、スピーカーは?というと物足りない。。その音質がS5と比較してなんと50%改善されている。

 

更にゲームならゲーム用、映画なら映画用に音質を調整してくれる。こんなスマホ今までにあっただろうか。

 

まだまだ色んなスライドがあるのだが、ここらは後日ブログやYouTubeでご紹介しようと思う。

 

 

 

②タッチ&トライ。全く新しいGalaxyに!

 

タッチ&トライはでは手元にGalaxy S6/S6 Edgeが1人1台ずつ貸し出され、存分にトライできた。

 

20150410_205223

Galaxy S6、すんんごいカッコいい!ただの金属フレームではなく「飛行機やヨットなどに使われる素材で錆びない」とのこと。

20150410_200823

更にせっかく豪華でキレイな端末を無駄にしないアクセサリー。これを閉じると、、

20150410_200827

 

 半透明になる。時間を確認したり、このまま着信を取ることも可能だ。ディスプレイを透けさせるケースは中々存在しないので近未来的に感じられた。

 

20150410_200244

今のはほんの一例。カッコいいデバイスを無駄にさせない純正アクセサリーを今まで以上に投入される予定だ。中には有名ブランドとのコラボ製品も。

 

 

イベント全体の感想

 

少人数なのにスタッフの数が多く、疑問点1つ1つを解決できる体制が素晴らしかった。更に実機は1人1人の手元まで持ってきてもらえるので好きな姿勢で楽しめる。

 

グループディスカッションで他の参加者の意見を聞く機会も設けられ、本当に楽しい時間を過ごさせて頂いた。

IMG_20150413_130353

お土産にはGalaxyのどら焼き(通称:ぎゃらどら)が配布されました。

 

いやいや、Galaxyファンにはたまらない完成度だったので予約してしまった。

20150412_172641

 

ドコモ版Galaxy S6の実機もモニターでお借りする予定なので、発売日23日以降、また最新情報をお届けします。

 

 

 

 

 

 

 

立ちながら書けるGalaxy Note 8.0が凄く便利

WacomとSamsungの融合された技術が素晴らしく、一般的なスタイラスとは別次元のかき心地を得られる。それがGalaxy Noteシリーズだ。

 

今回は仕事のメモやアイデアを書きとめるノートが欲しかったのだが、スマートフォンシリーズでは書ききれず小さい。。

 

かといってGalaxy Note 10.1(以前持っていた)はとても大きすぎて値段もかなり若干高い。

DSC_0126

 

そこで今回選んだのがGalaxy Note8.0。(秋葉原中古価格相場23,000〜27,000円)

20150408_070928

 

 

 片手で持つことが出来き、バインダーのようになるので立ちながらのメモがらくらく!写真の絵はサンプルだが本当にこういう細かい絵やメモが書けるのが強み。

 

20150409_043329

 

この頃のGalaxyシリーズとしては珍しくサイドにアルミフレームが使われており、Galaxyにありがちな安っぽさはここだけで払拭されている。

 

20150409_043429

 

背面は至って普通。薄型化を意識したのか、カメラが出ている(あ、いつも出ていたような気もする・・・)

 

 

①ノートが主役なので通信いらず

 

インターネットに接続すれば使い方が無限大になるだろう。ただ、使いたいのはノートだけ。なので技適云々を指摘されようが堂々と機内モードで使えばよい。

 

 

動画や音楽を楽しみたければMicroSDXC(64GB)対応なのでSDに保存すればよい。しかもGalaxyの強みである2画面に対応しているため動画観ながらノートを書き続けることも可能だ。

 

20150408_071047

 

 動画観ながら作業できるのはこの大きさならではの醍醐味かもしれない。ネットに接続されていればChromeでググりながらのメモも可能で捗る。

 

 

②2013年春モデルとは思えないクオリティー

 

まだGalaxy Note3が世界でリリースされる半年も前のモデル。Note2と基本的には同じシステム構成(純正アプリなど)になっている。

 

CPUがQuad-core 1.6 GHz Cortex-A9、RAMが2GBなのでサクサク動く。画質はHDだが、むしろ2,560×1,440のTab Sより目が疲れにくいかもしれない。

 

OSは既にAndroid 4.4.2が入っていたのでアップデートはサムスンが十分に頑張ってくれたといえよう。

 

 

③なぜ日本で出ないのか

 

Wacomを使ったペンタブレットはWindowsタブでたまに見かける。安価でしっかりした物なので検討もしたのだが、やはりPCとしての存在を意識してしまう。

 

Galaxy NoteであればSノートをはじめ、Paper Artist(Note2, Note8.0専用)など本当にWacomペンに特化した物があり「本物のノート」として使いやすい。

 

冒頭の繰り返しになるが特に「立ちながら」、「大きなメモ」、「アイデアをまとめる」にはもってこい。普通のスタイラスペンでは実現できない書きやすさがあり、絵を描く人にはもってこいなのだ。こういうAndroidタブレットが他にどれだけ日本にあるだろうか。

 

Galaxy Jという日本に特化したスマホを出した実績もあるのだからWi-Fi版(SIMフリーも歓迎)を是非だしてほしい。

 

 

 

まとめ

 

初代Galaxy Noteを買ってから2, 3, 4, ,10.1と使ってきてNote歴4年目。どの世代でもwacomペンの使いやすさは変わらない。

 

だとすれば自分にあったサイズを選び本当にノートとして使っていくのがこの端末の醍醐味だろう。OSは初代を含めAndroid4以上だし、スペックも総じて高い。

 

そしてもちろん、今後のNoteシリーズにも期待したい。

 

 

Samsung Gear Sをレビュー②惜しいところ

前回はGear Sの魅力について述べた。今回はこの端末が直面している課題を2つ記録しておく。

①アプリ開発者(特に日本)が少なすぎる

 

Tizenという自由度が非常に高いOSを使っているため、デベロパーのアイデア次第で可能性は無限大。

 

しかしSONYのSmartWatchなどと比べると開発者が圧倒的に少なく、アプリの種類が少ないのが現状だ。

 

LINE、E-mail、Twitter、NEWSなどSNSを「腕で受信して読む、返信する」という能力には長けているが、それ以外が乏しい。

 

「スマホでしか出来なかった事が時計できるようになった!」 という経験が欲しい。ここはSamsungも本腰を入れて欲しく思う。

 

 

②3G通信が若干頼りない

 

SIMフリーなので筆者はSoftBankのSIMを挿入し使っている。スマホとBluetooth連携している際は遅延なしで通知が来るのだが、

 

時計単体になると若干、メールやその他の通知受信が遅れることがある。3Gが不安定というよりは受信速度がやけに遅い気がしてならない。

 

OSのアップデートで直れば嬉しいが、ここはちょっと頼りない(汗)

 

 

まとめ

 

まぁでも相当に使い倒してみたものの、挙がってくる惜しいところってのはこのくらい。粗探しするのが難しいくらいに

 

スマートウォッチとしての完成度は高い。今後、交換用ベルトが出てくれば付けてみたいし、やっと長く使える物を手に入れる事ができた。

 

まだ発展途上なので、来年の進歩に是非期待したいし、新たな使い道は随時ご報告したい。

Samsung Gear Sをレビュー☆①

ようやくSamsungの最新スマートウォッチ、Gear Sを入手した。品薄状態は未だに続いており、今回はヤフオクで落札。

 

湾曲の有機ELディスプレイが非常に美しく装着感も悪くない。今回は実機を触らないとわからない魅力を可能な限りお届けしたい。

gear2

(時計のデザインはアナログからデジタルから様々な物が用意されている)

 

Gear Sの魅力① スマホがなくても単体で通信できる

 

スマートウォッチというのは基本的にスマホとBluetoothの連携が基本。デバイス同士がある程度離れると通信が途絶えてしまう。

 

その点がウェアラブルウォッチの最大の弱点だったのだが、それを覆したのが今回のGear S。なんと裏側にnano SIMカードが入る。

gear3

SIMトレイの下には心拍計などのセンサーが見える

 

ちなみに嬉しいことにSIMフリーなので、ドコモ、ソフトバンク、ワイモバイルのSIMが利用可能だ。MVNOでもいいだろう。

 

これにより電話発着信、SMS送受信、Eメール、SNSの通知が可能になり、スマホなしでも単体で十分に使えるデバイスと化した。

gear4

 

通知だけではない。Operaを使ったウェブブラウジングやコンパス、マップなども使えるから小さなスマホと言っても過言ではなかろう。

 

 

実験的にコンビ二へ出かけてみたら普通にE-mailを受信して内容まで読めた。キーボードや音声入力もできるので、本気を出せば返信も可能なのは驚き。

 

 

Gear Sの魅力② フィットネスデバイスとしてだけでも価値がある

gear5

 

今年の春、Gear Fitというフィットネスに適した物が発売されたが、その機能が全部入っているといっても過言ではない。

 

この機能もスマホ要らず。時計単体でプロフィールを設定するだけで毎日自動で歩数を計測してくれる。Bluetoothヘッドセットがあれば

 

音楽を聴きながら歩いたり走ったりできるので、朝や夜などワイヤレスの心地よいフィットネスができる☆

(ちなみにイヤフォンジャックはない)

 

重要なのはスマホ側に搭載されているフィットネス機能に依存せず、時計単体のセンサーで全てが完結するということだろう。

 

 

Gear Sの魅力③ 今までにない程に音が綺麗☆

 

スマートウォッチといえばスピーカー付きも存在するが、音割れする物や通話が困難な物が多かった。今回はかなり満足なレベル。

 

具体的には時計で電話をする時、ある程度離れても十分に大きな音で相手の声が聞こえる。音割れすることはまずない。

gear6

 

さらにこちらから発話する時もマイクが十分に声を拾ってくれる。やっと、本当にやっとSF映画やアニメに出てくるような物が出来上がったのではなかろうか!?

 

駆け足で書いてきたが、また続きと「課題」に関しても追ってお送りしたい。

 

 

 

 

 

 

売る気なさすぎて驚愕・・Samsung Gear Sの話

docomoとauの冬春モデルでGalaxy Note Edgeと共に発売されるはずだったGalaxy gear S。実は筆者、密かに狙ってはいた。昨年の初代Gearからデザイン、スペック共に大きく進歩し魅力だった。

gears

参照:Samsung公式

 

今月23日に発売が案内されるもdocomo、au共に価格が発表されず、なんと発売日前日の22日になっても公表されないという珍事態。恐らく、このウェアラブル端末の存在すら知らない方もいただろう。

 

そして23日、発売日になると・・・ 大手docomoショップや量販店での取り扱い、入荷はほとんどなし。docomoオンラインショップでひっそりと販売が開始されているのだった。

gears2

 

数時間ほどで完売。よほど探している人がいらっしゃったのだと思う。私も迷ったが、もっと宣伝して欲しかったし、どんな事ができるのか全国のGalaxy SHOPでもアピールしてほしかった。

 

ということで、現在は入手困難になっている。auに至っては販売を延期、更にSamsungモデル物も存在するらしく、そちらはdocomo版と同様に11月中旬にSIMフリーモデルとして販売の予定。

 

そんなことすら知らなかったΣ(゚Д゚;エーッ!

 

Samsungの売上が落ちているとのことだけど、アピールするところはもっと大きく見せて欲しいですよね。頼みますよ、docomoさん、auさん、そして何よりSamsungさん(汗)

 

 

 

SkyblueのGalaxy in 2014・・・(笑)

いやいや、今年も多くのGalaxyを見て参りました。年内はもうお腹いっぱいです。振り返っていきましょうか。

 

1、Galaxy Note 10.1 2014 Edition 

tr4

 

これはかなりの傑作でしたよ。Galaxy Note3の描ける幅が広がっただけ。それがどれだけの生産性を上げたことか。死ぬほど素晴らしい製品でした。残念だったのは液晶が酷すぎた事かな。

DSC_0146DSC_0126

 

そして安っぽかった。この2つを改善すればもう一度いけると思う。ぜひ続編を出してほしいですよ。

 

 

2.Galaxy S5(グローバル版)

アメリカから苦労して輸入しました。。世界で発売される前にフライング販売されるという珍しい事件が起きて、確か4月上旬にフライングゲット。

DSC_0178DSC_0172

 

↓スタバでドヤ顔(笑)

staba

これはスムーズでとてもよかったんだけども、Felicaが欲しくてドコモ版に買い替えました。色々買うために手放したのですが今、また欲しい波がきている!!

 

3.Galaxy K(S5) Zoom!!

 

もう何度もご紹介しましたね。これは前作のGalaxy S4 Zoomが改善された今年のバージョン

kzoom1kzoom2

 

 

 見た目は完全にデジタルカメラですよね。そして高級感があります。光学レンズ10倍とデジタルズームを合わせると死ぬほど遠くまで綺麗に撮影できる。SONYのレンズカメラも素晴らしいアイデアだけど、これも日本で発売してよかったのではないかなと思いますよ!

 

青木歌音さんがどれだけ綺麗に撮れるかレビューした動画もあるのでご覧ください☆私が出演させて頂いた動画もありますが・・・汗

 

 

4.Galaxy J

 

次、Galaxy J。ちょうど一年前にサムスンが日本向けに投入したモデル。かっこいいんだけども端末代金が8万円を超えてあまり話題にならなかったんだよね。ところが今年に入ってドコモが投げ売りを開始。

galaxyj galaxyj2

 

RAMが3GBもあるし、片手でもなんとか扱えるしFelica付き、クアッドバンドLTE対応で良かったなぁ!広い公園でのんびりしながらバンド調査したりね!S4やS5に比べるとディスプレイの発色やカメラで劣るかな。

 

新品が3万円で買える今なら、物凄く買いな端末だと思います。8万円で出た頃はNote3やGalaxy S4が存在感を出してたから市場で戦いにくかったと思います。。

 

5.Galaxy Note4!

IMG_20141008_185818 IMG_20141008_192145

↓スタバでドヤ顔ww

note42

 

これは今年のGalaxyの中で最も作りこまれている製品だと思います。Note3で強化してほしかったディスプレとカメラの2つが期待通り進化しペン機能もOCRがつくなど改善。素材もこだわってますね。

 

ただ日本で出ないのだけが繰り返しになるけども残念。技適通ってないので堂々とレビューしたり外で使えませんからね。

 

最後に・・・

 

以上、Galaxy Jを除けばいずれも2014年発売モデルでした。グローバルモデルがもっと日本に投下されれば面白いんですけどね。来年もできるかなぁ・・・・(笑)