galaxy」カテゴリーアーカイブ

Galaxy S10+ オリンピックエディションの嫌な予感・・・

Galaxy S7 Edge で盛り上がった 2016 年に、au がリオデジャネイロ・オリンピックモデルを販売したことがあった。

 2016 台の限定販売で、シリアルナンバー入りの超豪華セット。たった 2016 台、されど 2016 台。

半ば信じがたいが完全に売れ残った。五輪は終わると虚しくなるもので、いまや中古市場では誰も振り向かず残っている。そして悪夢は再来するかもしれない。



① 東京オリンピックモデルで再来、販売台数 1 万台

本題に入るが察して頂けただろうか。今年の NTTドコモの夏機種に、Galaxy S10+「東京オリンピック・エディション」がラインアップされたのだ。

(価格は税込 114,696円 で、普通モデルより 13,000 円ほど高い)

無論ほんの僅かな需要はあるはずだが、2016 台でも余る物を 1 万台も用意したというから驚いた。今スマートフォンの限定モデルは 1 万台でも売れ残る。

直近では JOJO スマホがそうで、一括 648 円でバラ撒かれるという無残な結果に終わったのは記憶に新しい。

 

②次々に登場する Galaxy と分離プランの足かせ

ではなぜ売れ残るのか。さまざまな要因はあるが、まずキャリア契約がないと購入できない時点で問題だろう。

通信と端末は「分離」したはずなのだが、あれは一体何だったのだろうか。

(小型モデルのGalaxy Note10 がでるという噂も影響するだろうか

また同じく「分離プラン」の導入により、一括 1 円などのバラ撒きが難しくなることも挙げられる。JOJO のように一括 648 円はもうできない。



③せめて本体の単体販売をすべし

完売させる方法があるとすれば、今ピークになりつつある外国人観光客への販売を解禁することだろう。

SIMの契約なしで、SIMロック解除して販売する。東京を訪れた記念として、何より「日本で買った」お土産としての効力は高い。

また海外での Galaxy 人気は尋常なものではない。この辺りをうまく攻めるか、何もしないかで大きく変わってくるはずだ。

さもなくば、2016 年の悪夢がふたたび繰り返されるだろう。

Twitter をフォローする!skyblue_1985jp



au Galaxy S10/S10+発売前に 4,000 ~ 6,000 円値下がり。ドコモ価格に調整か

夏モデルの本体価格が総じて NTT ドコモより高い au だが、Galaxy S10 および 10 + が突如として値下げされた。



au onlineshop の端末代金に変化

au Onlieshop を開くと発表時 10,6000 円と案内された Galaxy S10 は 10,2000 円へ訂正されたことが発覚。

更に発表時 120,960 円と案内された S10 + も 114,960 円に表記が変わっていた。

( 6,000 円の値下がりは非常にインパクトある)

発売を前にした端末の値下げは極めて異例で、6 月から始まる新料金プランを巡り NTT ドコモとの競争を意識したものと思われる。

なお 22 日までに購入予約をすれば、Galaxy Buds が無料でプレゼントされるためお買い得感はかなり増した。

余談だがオンラインショップでは一括購入ができないため、分割以外の購入は店頭を利用するといいだろう。

Twitter をフォローする!skyblue_1985jp



DxOMark 上位 ファーウェイ P30 Pro と Galaxy S10 5G カメラを比較(夜景編)

ファーウェイ P30 Pro と Galaxy S10 5G のカメラ性能が、Dx0 MARKでほぼ同スコアを記録したことが話題となっている。

(トップ 5 のうちファーウェイだけで 3 つなのは驚き)

実際の程はどうなのか。たまたま 2 台揃っているので、何度かにわけて検証をお送りしたい。第一回目は「夜景」の撮り比べを行った。

( S10 5G は同シリーズで唯一の 4 眼レンズを搭載)




①DxOMARK どおり、ほぼ同品質か

まずは香港で夜景の撮影をしたところ、「同等」としか言いようのない結果になった。 P30 Pro からご覧頂こう。

白飛びなどがなく、比較的キレイに全体像を捉えたと思われる。

続いて Galaxy S10 5G で同じ位置から撮影。粗探しでもしない限り、ぱっと見での違いはわかりにくく思う。

30 分経過したら、空が完全に真っ暗になった。場所を変えてもう一度比べてみよう。同じく P30 Pro から。

(雨の降る香港中心部、旺角。なんともアジアという感じが好きだ)

同じ角度で Galaxy S10 5G でも撮影。

どうだろう。三脚はないため若干の位置のずれはあるにせよ、カメラ素人の筆者には、ほぼ同じようにしか見えない。

ちなみに撮影モードは P30 Pro が夜景モード、Galaxy S10 5G も AI で夜景と認識している。



②広角を使ってみたらどうなるか

好みの違いはよくあるものだが、その色味の違いすら見つけにくい。最後に韓国ソウル市内から撮影比較。

今回はより広範囲を撮影するため「広角」レンズを使用した。まずは P30 Proから見ていこう。

0.6 倍の広角アングルで撮影。次に Galaxy S10 5G で撮影したところ、、、

AI が夜景ではなく「建物」と認識し、P30 Pro よりも空が暗くなった。空と建物の境界線はファーウェイの方が区別しやすいだろう。

Galaxy の方が周囲の明るさに忠実ではあるが、ここでようやく「好みの差」が出たところだろうか。

 

まとめ

今回は街灯の明るい都市部での比較撮影をしてみたが、DxOMARKが同レベルなだけあって、甲乙つけがたい結果となった。

ただし、広角レンズを用いると発動する AI が変わり 3 枚目のような違いが出てくるのかもしれない。

何度も色んな場所から撮影して、引き続きカメラ性能を比較してみようと思う。

Twitter をフォローする!skyblue_1985jp


サムスン Galaxy Fold 初期不良を解決。韓国内にて 6 月販売開始か

ディスプレイが曲がるスマートフォンとして注目を集めた Galaxy Fold だが、初期不良が多いことを理由に発売延期となっていた。

数ヶ月かかるかと噂されたものの、今月中にもリリース日が案内されるようだ。



① 2 つの問題を解決済み

そもそも Galaxy Fold の初期不良は「たった数日の利用でディスプレイが割れた」または「動作しなくなった」という症状で、剥がしてはならぬシートを剥がしたこと、ゴミやホコリの混入などが指摘されていた。

サムスンはこの 2 点を徹底的に調査し、保護シートに関しては簡単に外せない仕組みに変更。ヒンジ部分の露出を最小限に抑えゴミやホコリの混入を防いだとしている。

 

② 大手 3 キャリアでテスト中

GSM Arena によれば、改善された製品は韓国の大手通信キャリア SK Telecom, Korean Telecom, LG U+ の 3 社により検証が進んでいる。

(韓国空港にて、大手 3 キャリアのカウンター)

問題がなければ今月中にも新たな発売日を告知する予定で、販売は 6 月を目指すとされている。

本来は米国 Verizon が第一発売国の予定だったが、まずは韓国から展開となる予定。意外にもすぐお目にかかれるかもしれない。

出典:Here are Samsung’s improvements to the Galaxy Fold

Twitter をフォローする!skyblue_1985jp



サムスンのお膝元、韓国のスマートフォン事情が驚愕・・・

韓国のスマートフォン事情を調べに首都ソウルへやってきた。若者やシニア層はどんな端末を使っているのか。

(ソウル市内のサムスン電子本社を視察。商品の展示や販売もある)

目視による感覚、現地ショップのラインアップ、統計データによる 3 つ点で調査したところ興味深い結果となった。

(現地で SIM を調達すると、その台紙がSuicaのように使えて交通機関を利用できる)

 

先に結論をかくと、スマホ市場を形成するメーカーが実質的に 3 社しかない極めて珍しいマーケットなのだ。



① やはりサムスンの国、1位はギャラクシー

まず一番はなんと言っても Galaxy の圧倒的な多さだろう。予想を遥かに上回るほど普及している。ソウル市内の広告戦略は国策かと感じる程だ。

( 4 月 5 日には 5G サービスが開始され、契約は 26 万件を越えた)

日本で AQUOS や Xperia が愛されているように、自国のメーカーを誇らしく思う気持ちはここ韓国でも同じなのだろう。

また、スマホ機能をあまり必要としないシニア層は Galaxy Folder いう折りたたみケータイを持つことが多い。

 

② 韓国でも大人気のアップル、Galaxy に次ぐ

次に多いのは iPhone だ。Galaxy との合算で、大体 9 割の市場を形成している。

(LINE 発祥の地でもある韓国。スマホケースは iPhone と Galaxy だけ)

残りの 1 割はといえば、ようやく LG が入ってくる。広告は溢れるものの、持っている人をあまり見かけない。

ちなみに折りたたみスマートフォンの1つとされる LG V50 ThinQ も CM だけが盛り上がっており、実際に店頭で関心を示す人は多くない印象だった。

サムスンと同じ自国メーカーだが、振るわないのは決定的な何かがあるのだろう。




③ 実質的に 3 メーカーしか存在せず

さて、4 位以下を調べようとしても中々それらしき物が見当たらない。統計データを探してみると、やはり実質 3 社しかないようだ。

( 2018 年 4 月~ 2019 年 4 月までの統計。 RIMとは BlackBerry だろうか)

 

これを裏付けるかのように、キャリアショップや白ロムショップでも、基本的には 3 社ブランドの扱いばかり。

( 店頭の風船や粗品の山は日本と似ている)

中古スマートフォン市場も楽しみにしていたのだが、ファーウェイや OPPO、ASUS などは参入する余地がなく、あまり楽しめなかった。

 

最後に

4 月 5 日に 5G が開始された韓国だが、さすがにまだ盛り上がっている様子はない。

契約者数が 26 万件を突破したと報じられているのは、対応端末である Galaxy S10 5G が貢献したのだろう。

端末の楽しみは少ないものの、逆に向こう 10 年の未来を担う 5G を最速でスタートさせた国。どんな未来を見せてくれるだろうか。

地味な市場だが、まだ伸び代を秘めている気がしてならない。

出典:Mobile Vendor Market Share Republic Of Korea

Twitterをフォローする!skyblue_1985jp



UQ モバイルが Galaxy A30 を発表。驚愕のコスパで Pixel 3a 苦戦なるか・・・

UQモバイルが Galaxy A 30 を発表した。価格は 31,644 円 (税込)、非常に人気のある価格帯の SIMフリー仕様だ。

一見すると「ふーん」の一言で終わりそうな商品だが、低価格スマートフォンに大きな変化をもたらすかもしれない。



①ファーウェイや ASUS になかったもの

そもそも 3 万円級のスマートフォンは、2015 年の Huawei P8 lite, ASUS Zenfone 2 laser, HTC Desire 626 などの登場で市場が形成された。

「低価格の割にしっかり動く」という理由で人気を博し、中でもファーウェイが伸びたのは書くまでもないだろう。

(画像は Mate9。信頼と実績で、ハイエンドも売り切れがでる程人気となった)

 

対して Galaxy A30 は同価格帯が苦手とした FeliCa、防水、Full HD という新たな付加価値を備えるのが特徴だ。

CPU や RAM が凄い云々の話ではなく、生活に大きく関わる機能を Galaxy は 2 つも備えているのだ。

 

② Pixel 3a をも脅かすか

先日の Google I/O で発表された Pixel 3a も「最高クラスのカメラ」と「Felica」を備え 46,800 円で登場した。

カメラが少し劣るものの、Pixel 3a より更に約 1,5000 円も安い。

「何か落ちがあるのでは?」と探りたくなるが、重い 3D ゲームに不向きというくらいだろう。



最後に

Galaxy の低価格モデルといえば、2017 年の Galaxy Feel が記憶に新しい。画質の粗さが悔やまれたが、A30は Full HD でしっかり対策されている。

仮に何か足りない部分があったにせよ「 3 万円だから仕方ない」と許容される範囲ではないだろうか。

Galaxy Fold の発売延期で心配されているが、北米での Galaxy S10 シリーズの売上が絶好調。日本でもインフルエンサーを介して若年層への展開を仕掛けてきた。

米中が消耗戦に入ったところで、何か勝算でも見えてきたのだろうか。ひとまず今年の低価格スマートフォン市場はより注目が高まりそうだ。

Twitter をフォローする!skyblue_1985jp



日本版 Galaxy S10 シリーズ、「予約特典」を確実にゲットしたい

グローバルで展開される Galaxy S10 シリーズが、ようやく日本でもキャリアから発表される見通しとなった。

au は明日 13 日、ドコモは 16 日に発表会を予定している。

例年なら安くなるまで様子をみる人もいるが、今年に関しては先行予約して買った方がお得になるかもしれない。



①予約特典が豪華すぎる

Galaxy は、先行予約すると「おまけ」をくれることが多い。例えば過去にはワイヤレス充電器や VR セットなどが配布された。

(いまや標準のワイヤレス充電は 2015 年 Galaxy S6 から搭載された)

(Galaxy S7 Edge は確かに VR をもらった記憶がある)

 

そしてシリーズ 10 周年を迎える今年は豪華。なにやら Galaxy Busds という最新のヘッドセットが貰えるらしい。

らしいというのは Galaxy S10 の発表に先駆けて、こんな画像が出回っているのだ。

応募方法 はドコモと au の発表会で、それぞれ明らかになるだろう。

 

Galaxy Buds は AirPods を越えたとも噂されており、Galaxy S10 の背面で充電できる素敵な仕様。

サムスンは 2016年に完全独立型の Iconx をリリースするなど、他社に先駆けた技術がある。音質や使い心地は期待できるだろう。

現時点で Buds 価格は未発表だが、海外版と比較するに15,000 円相当と見られている。

 

②不要ならば売却、本体代金を減らそう

ただ、中には「音楽聴かないし要らない」という人もいるだろう。

それでも貰った方が良い。買取ショップやオークションに出品すれば、単体で安く求める人に需要があるはずだ。

例えば 7,000 ~ 10,000 円で売れた場合、その分 Galaxy S10 が安く買えたことになる。



最後に

夏モデルとなれば、「分離プラン」が導入される。そして 10 月には消費税が 2 % 上がることを忘れてはならない。

端末が高くなるどころか、税金も上がるという二重苦が待っているため、やはり今回は速攻で買った方がお得となるだろう。

さぁ、まずは明日 au から全貌が明らかになるぞ!!

Twitter をフォローする!skyblue_1985jp



Galaxy S10 シリーズ、ディスプレイ指紋認証の弱点が発覚・・・

先日購入した Galaxy S10 5G にディスプレイ指紋認証を設定したところ、しばらくは快適に動作していた。

ところが昨日、とつぜん認識しなくなり「壊れたか」と思ったら再び認識した。

不可解に思い、手を濡らしたり乾かしたりして試したところ、どうやら乾燥していると認識しないことが発覚。

個人的に合わないのかと思いきや、筆者だけではないようだ。



①本当に優れた認証なのか

まずは実際の様子を Twitter に動画で流すことにした。手が乾燥した状態で、指の登録を試みる。

動画を観ていただくとわかるが、全体を覆うようにしても、強めに押しても全く認識されない。この後 60 % くらいまで進むも強制終了となった。

実はこの動画を流すまで、「押し方が悪い」とか「超音波の本質を理解していない」など批判を頂いていた。

ところが動画を流したあと、同じ状況の人からリプが届く。

私宛ではないツイートは割愛するが、「ディスプレイ指紋認証がまだ未発達」という意見も見られた。

こうしたことから、「使い方が悪かったわけではない」と断言できる。

 

② 超音波認証は「吉」と出るか「凶」とでるか

2013 年の iPhone 5s 以来、実に色んなスマートフォンの指紋認証を試してきたが、ここまで実用性に困るのは初めてだ。

(以前にレビューした S10+ も同じ挙動だったため、個体差の話ではない)

(指紋認証以外での減点ポイントは特にない。素晴らしい完成度だ)

 

もっとも顔認証と並行して使えば不便さもなく快適になるのだが、それはそれで本末転倒な気がしてならない。

「超音波によるディスプレイ認証」といえば聞こえがいい。しかし両刃の剣で「吉」とでるか「凶」とでるか。

日本での発売も迫っており、答えはもうすぐわかるだろう。

Twitterをフォローする!skyblue_1985jp



韓国の「5G」契約者数、既に 26 万人を越える・・・

世界初の 5G 商用を開始した韓国では、契約者数が 26 万人に達したと報じられている。

サービス開始直後に「 5G と LTE が切り替わらない」と話題となったが、どうやら申し込みの殺到とユーザーが溢れたことが原因だったようだ。



① 26 万人は 3 キャリアの合算数

韓国の大手 3 キャリアのうち、10 万人に到達したのが Korean Telecom。SK Telecom と LG UPlus は加入者数を非公開としている。

現時点で 5 G 対応端末は Galaxy S10 5G のみとなっており、受信エリアも首都ソウルなどに限定される。

(韓国渡航前、ぐうぜんにも秋葉原で入手できた Galaxy S10 5G )

 

②気になる利用者層、端末価格

それにしても 4 月 5 日のサービス開始から 1 ヶ月経たずして 26 万人越えの勢いは予想外。

というのもエリアが狭いだけでなく、5G モデム自体の価格がまだ高額。

Galaxy の本体価格が必然的に高く、言うまでもなく 5G の恩恵が少ないからだ。

一体どんな利用者層が、どんな目的で利用しているのか。

同国では既に 45,000 を越える基地局が整備され、ネットワーク混雑を緩和すると豪語するが、本当に少しでも緩和したのだろうか。

今月13 ~ 15 日にソウルへ行くので実態調査をして、現地から報告しようと思う。

参照記事:South Korea already has over 260,000 5G subscribers

Twitter をフォローする!skyblue_1985jp



【速報】世界初 「5G」 対応スマートフォン、Galaxy S10 5G を入手!

Galaxy S10 シリーズが発売されて、ずいぶんと月日が流れた気がする。

おさらいしておくと、グローバルでは廉価版 S10e, 上位版に S10 と S10+ の計 3 モデルが展開されている。

(S10+ に関しては当ブログでもご紹介した。過去記事はこちら

そして、あまり知られていないのが 4 種類目にあたる Galaxy S10 5G だ。 入手してきたので概要を説明しよう。



① 事実上 4 種類目のモデル

 6.4 インチを誇る S10+ より少し大きめの 6.7 インチ。Galaxy Note9 よりも更に大きく、198g の筐体はずっしりくる。

(Galaxy Note5 まで存在していた、横幅感が戻ってきたという感覚に包まれる)

(入手したのはゴールド。色合いは iPhone8 のゴールドに近い)

分かりづらいかもしれないが、ファーウェイ P30 Pro よりも若干大きい。

背面カメラは S10 シリーズで唯一 4 眼レンズを搭載。

DxOMARK では P30 Pro と同等の評価を得ており、既存 3 機種とは違った存在感をみせる。

 

②世界初の 「5G」ネットワーク対応

今年、様々な 5G 対応スマートフォンが発売される予定だが、真っ先に発売されたのが S10 5G。対応周波数を見てみよう。

まず赤枠で囲った上部分に 5G TDD Sub6 とある。

3.5 GHz 帯を利用するアンテナが同端末の肝になっているのだ。

(ネットワークモードに 5G/LTE/3G自動 とある。本当に 5G に対応している)

そのほかの赤枠は、日本での利用に際してあると便利な低周波数。

検証したところ、ドコモ系、UQ モバイル、Softbank 系いずれも利用できた。

(ドコモ・au VoLTE Band 18, 19対応を確認した)

技適がないため、あくまでも自己責任となる点に注意したい。



SIMカードは 1 枚のみ。日本のキャリアと同じく、韓国モデルでは Dual SIM というものが基本的にない。

また珍しく micro SD が非対応で 256 GB または 512 GB から選択する。余程の用途でないかぎり充分だろう。

(その他 3D 指紋認証など基本的なスペックは S10、S10+ と同等だ)

 

同機種は 4 月 5 日に韓国で発売されたばかりで、アメリカでも Verizon Wireless が 5 月 16 日に独占販売予定。

(「5G」の文字が何かと特別感をかんじさせる)



③「5G」を浴びに韓国へ

早速、これを持って韓国へ行ってくるつもりだ。現地の 5G に対する取り組みや盛り上がり、課題や将来性についてレポートしたい。

もちろん日本でも 5G は開始予定だが、2019 年はあくまでも一部ユーザー向けの実験的なもので、商用サービスは 2020 年になる。

3G から LTE に移行した時のようなワクワクはかなり久しぶり。端末の詳細も含めまたレビューしていきたい。

Twitter をフォローする!skyblue_1985jp