galaxy」カテゴリーアーカイブ

Felica 搭載 Galaxy A20 登場。新しい一括0円は低価格スマホで復活なるか

10 月 1 日より施行された改正電気通信事業法により、スマートフォンの過度な値引が規制された。

回線と端末をセットで購入した際の割引は 2 万円を上限としなければならない。それを見据えてのことなのか、NTT ドコモと au から約 2 万円の破格 Galaxy A20 が登場した。



一括0円は低価格モデルで復活するか

Galaxy A20 は CPU やディスプレイ、カメラ性能を抑えながら Felica と防水は備えた低価格モデル。

スペックは Android OS 9, ROM 32 GB, RAM 3 GB と少しもの足りない気もするが、日常的に調べ物、メール、SNS、カメラ撮影」をするには問題ないだろう。

NTT ドコモの本体価格は 19,440 円(税抜)で歴代最安の Galaxy となる。au は未定だが同等になると思われる。

これなら他社からの乗り換えでも割引上限の 2 万円に収まり、タダ同然の価格で入手できるはずだ。

 

新料金プランで違約金 0 円は新たな恩恵・・・

また端末価格以外でも恩恵はありそうだ。 10 月より開始されたドコモ・au の新料金プランに移行すれば違約金が 1,000 円以下になる。

これならいつ他社が条件のいいプランや施策を出しても小さな痛手で転出できる。d カード会員であれば 0 円なのはご存知の通りだ。

本体はタダで違約金も 1,000 円以下、あまり使わない家族は 1,980 円で維持できるとなれば高品質なサポートを受けられる点で MVNO よりも有利となって、キャリアの新たな戦い方として成立するかもしれない。



高額と低価格の 2 極化が進む?

高い機種はこれからも高いだろう。Galaxy Fold なんていい例で 24 万円というマニア度合いが試される価格だ。

一方で本体価格が 2 ~ 3 万円の低価格スマートフォンのラインアップが充実すれば、割引上限が規制されても結局は 1 万円以下でスマホが買える。

しかも今までと違って違約金は 1,000 円以下という点も何気に大きい。こうした低価格に満足する人が増えてくれば、新たな一括0円市場はすぐに復活する可能性が高い。

かつて格安スマホと言われた MVNO 向けワードが、大手キャリアにも本格参入することで菅官房長官の目指した「競争」は働いてくるだろうか。

法改正後のマーケット調査も欠かさずに行っていきたい。

Twitter をフォローする!skyblue_1985jp



縦長トレンドを先取り!Galaxy Fold サブ画面はもはや独立している話・・・

Galaxy Fold が au から発表されて大騒ぎな一日だったが、輸入しようとした人たちは一気に興味が湧いたのではないだろうか。

何かしらお役に立てれば幸いなのだが、今回は検証依頼を頂いたサブディスプレイに関して率直なレビューをお届けしたい。



もはや独立したディスプレイ

レビュー動画などでみると頼り無いほどに小さいサブディスプレイはなんと 4.6 インチもあって比率は違えど iPhone6 ~ 8 くらいに匹敵する。

(インカメラにも顔認証があるためロックは即解除される)

細長い筐体に埋まっているため小さくみえているが、実際は握りやすくて使い心地も悪くない。

「開けばタブレット、閉じればスマートフォン」というGalaxy Fold のコンセプトが実現されていると言えよう。

SNS を眺めても返信しても苦にならない。極端な話だが「Galaxy Fold は開かなくても全ての操作ができる」といえるだろう。

(マリオカートなどのゲームだって何のその)

もちろん Snapdragon855, ROM 512 GB, RAM 12GB の最強スペックが裏で走っているわけで、想像を絶するほどのヌルヌル操作ができるのだ。

Galaxy Watch Active 2 に関しては閉じたままペアリングしたし大きな画面が必要でない時は閉じたままで用が足りるのはスペース的にもありがたい。

また電源ボタンを 2 度タップすることでカメラの即起動ができて、片手で本体を持ったまま写真撮影もできる。

ここに挙げたのは一例にすぎず、Youtube などの動画再生や PayPay など QR コード決済による支払いなどアイデア次第で面白いことは見つけられるだろう。

逆にいまのところ「閉じたままではできないこと」を見つけるのが難しいくらいに感じている。



縦長のトレンドも先取りしている

しかも偶然なのか必然なのか、次のスマートフォンのトレンドに「縦長」というワードが到来しつつある。

 Xperia 10 や 10 Plus, Xperia1 で導入されると先日 Android の生みの親アンディー・ルービンが縦長の端末をお披露目した。

 

そのタイミングに重なって日本でも Galaxy Fold がリリースされたことで「縦長来てるなぁ」という空気が流れ始めている。

というわけで Galaxy Fold は最新の流行を偶然ながら取り入れつつ、開けばタブレットという文句なしの近未来を実現させた実用性のある最高のデバイスだ。

そしておまけどころか本格的なサブディスプレイは、Galaxy Fold ライフを豊かなものにしてくれるはずだ。

どうだろう、au から買って見る気にはならないだろうか。24 万円で 10 月 25 日発売だそうだ。

Twitter をフォローする!skyblue_1985jp



au Galaxy Fold 発売決定、eSIM やカメラのシャッター音など細かい違いは!?

au の 2019 年冬春モデルが発表され、Galaxy Fold が独占販売されることが明らかになった。

報道によれば海外版との違いはヒンジ部分の “Samsung” ロゴが “Galaxy” に変更されるだけのようだ。

しかし本当にそんな事があるのだろうか。実際に 4G モデルを利用した筆者の気になる点をいくつか記したい。



ROM が国内版である可能性について

キャリア独自のアプリは一切ないというものの技適を表記させるためにROM が国内向けになっている可能性が考えられる。

そして ROM とは本来備わっている機能を無効にする力があるのだ。例えばカメラのシャッター音を強制的に鳴るようにしたり eSIM が無効化される可能性もあるだろう。

(世界定額を使ってもらいたい au は eSIM を潰す可能性がゼロではない。)

そして何よりグローバルで対応している海外向けアンテナも au に都合のいいものだけを有効化してほかを無効にすることも考えられるのだ。

そうなると国内でドコモやソフトバンク SIM が捗らない事にも繋がってしまうのだ。

かなり細かいことを書いたが 24 万円は本国の韓国モデルより 3 万円ほど高額である。

もし検討している人がいれば、この辺りをすっきり解決してから買われるといいだろう。また何か分かりしだい追記したい。

続編:eSIM の有無に関してはハッキリしたのでこちらを参照されたい。

Twitter をフォローする!skyblue_1985jp



オシャレな時計が欲しい全ての人へ。Galaxy Watch Active2 をレビュー【購入編】

8 月の Galaxy Note 10 リリースでともに発表された Galaxy Watch Active 2 をご存知だろうか。

スポーツ時計でありながらカジュアルな服装にマッチする、サムスン Tizen OS 搭載のスマートウォッチだ。

44mm と 40mm の 2 サイズで構成され、IP68 50メートル防水に対応する。

ベルトの交換は自由自在で 22mm の好きなものが利用できるなど、カスタマイズむけアクセサリーの充実も特徴の1つだ。

Tizen OS の進化ぶりを試すべく、そして wena wrist との合体をなかば確信したこともあって 44 mm モデルを購入した。

写真は韓国ソウル市内のサムスン・デジタルストア。日本円で約 35,100 円、免税を受ければ 10% の現金が空港で戻ってくる。



とにかく全てがシンプル

四角い箱のなかには時計本体と充電ケーブルだけが入っていて、とくに紹介するような付属品はほかにない。

ひとまず電源を入れて、 Galaxy Fold とのペアリングを試みる。

とりあえずテーブルに置いたところ、スマホ側でペアリングに必要なアプリが自動的に動作しはじめる。

と思ったら一瞬にしてペアリングが完了して驚いた。初心者の人でも簡単に扱えるだろう。

Galaxy Fold を開くまでもなくペアリングが完了。スマホからは好きなウォッチフェイスを選んだり、時計を操作したりできる。

そして時計を手に取ると有機 EL に映るウォッチ・フェイスがとてもオシャレなことに気がついた。カジュアルな服装にとても合わせやすい。

以前まで存在したダイヤル型の外枠がきえたことで「男性向け感」もなくなった。

(メッセージには手入力、指で文字を書く、音声入力などが用意される)

ただダイヤル型操作は生きていて、時計の端を左右に指でなぞることで通知の確認やメニュー設定に移行できる。

また充電に関してはケーブルを持ってくるまでもなくGalaxy Fold に置けばいい。

本当にケーブルが不要になるか否か実験してみるつもりだ。



wena wrist との合体も・・・

そしてスマートウォッチといえば定番、wena wrist との合体を忘れてはいけない。エンドピース 20 mm 幅にセットした wena wrist pro は一発でハマった。

こういうことをやると決まって「重い」というのが歴代ウォッチの決まりだったのだが、

両者が進化したことで相当に軽いことは強調しておきたい。

(心拍数の他に睡眠も計測できるので試したいと思う。)

 

最後に

スマートウォッチといえばアップル・ウォッチが世界シェアでダントツの 1 位を誇るものの、デザインはこのまま変わりそうにない。

そこにシェア 2 位のサムスンが誰でもカスタマイズ次第でオシャレな 1 台にできる Galaxy Watch Active 2 を出してきたのは挑戦的に思われる。

基本的には「時刻表示」と「通知」ができるイメージでいるが、ほかになにができるのか中身については次回詳しくみていきたい。

日本では未発売だが、もしかすると Galaxy Note10 とともに発表の可能性もあるので、気になる人はもう少し待ってみよう。

Twitter をフォローする!skyblue_1985jp



Galaxy Fold Dual SIM の eSIM 化に成功。5G 版にはないメリットを検証

Galaxy Fold の 4G モデル(シンガポール版)は物理 SIM + eSIM の Dual SIM 構成になっている。

そして前回の記事では香港キャリア Smartone で eSIM 化を検証するも、香港以外では通信できない仕様だった。

ということで今回はローミング対応の eSIM サービスで再度 Dual SIM化を試みた。



香港キャリア “3” の海外ローミングを利用

ネットには簡単に使える eSIM (主に海外事業者)が溢れており、今回は香港キャリア “3” が手軽だったので決めた。

日本を含む 28 カ国という広いカバー率で、価格は 10 日間で約 1,930 円。容量は無制限なので悪くないサービスではないだろうか。

購入は至って簡単。BUY NOW からクレジットカード情報を入力するだけ。特に身分証明書なども必要なく、決済するとメールアドレスにレシートが送信されてくる。

この上に QR コードが添えてあるので Galaxy Fold 側で追加する。ここからは設定場面をみていこう。

 

追加方法はとても簡単

まず Galaxy Fold を「設定」→「接続」→「SIM カードマネジャー」の順に進み、料金プランを追加をタップする。

「QRコード」か「有効化コード(Veridation Code)」か出てくるので、「QRコードで「追加」をタップしよう。

読み込みが完了するとソフトウェアが eSIM に書き込まれ、料金プラン追加の確認がでてくるので「はい」を選ぶと終了。

ここまで 2 分とかかっておらず、SIM トレーを開ける必要もないので楽だった。



快適そのもの、eSIM 時代がきている!

さて、しばらく待つとアンテナピクトがドコモになりローミングしながら Dual SIM 化に成功した。

前回と違って通信・テザリングがしっかりできている。物理 SIM で料金を抑えながら eSIM でガッツリ通信するなんてこともできるはずだ。

(eSIM 情報にも情報が書き込まれているのがわかる)

いままで物理 SIM の 2 枚挿しにこだわってきた筆者だが、eSIM は発注して届くのを待たずに済むという点で物理 SIM より優れていると初めて実感できた。

(実測値は 20 Mbps 前後で悪くない)

これから 10 日間使ってみて、その使い心地などもまたレビューしていきたい。Galaxy Fold の Dual SIM は最高すぎる。

Twitter をフォローする!skyblue_1985jp



まるで紙の本を読んでいる感覚、Galaxy Fold で読書の秋を迎えよう

タブレットが登場したことで新聞や本の電子化がすすみ、全国の書店は恐ろしい勢いで激減しつつある。

もちろん筆者も iPad や Android タブレットで幾度となく電子書籍を試したのだが、どうも眼の疲れや端末の大きさに悩まされて未だに紙の本を読んでいた。

(画像は初代 iPad 。読書は捗ったけれども本体が重すぎた)

しかし新分野のデバイス Galaxy Fold は、こうした悩みをもつ人の救世主になるかもしれない。



生まれ変わった Play ブックス

電子書籍を試すにあたり、まずは Play ブックスをインストールして環境を整える。

ログインすると過去に購入した書籍がでてくる。いずれも iPad などで眼が疲れてしまい脱落したものだ。

試しに「ちきりん氏」の「マーケット感覚を身に付けよう」を起動すると、前回のつづきがリロードされた。

文字がとても美しい。やはり有機 EL だけあってパネル直下の発光がないため眼に優しいことは間違いないだろう。

筐体を曲げることで「板」のような感覚がなくなり、眼だけでなく手も疲れにくいのは大きな特徴といえる。

(文字の大きさや画面の明るさも細かく調整できる)

 7.3 のサイズ感もあいまって、まるで紙の本を読んでいる時に近い感覚に陥った。

 

書籍の種類をとわず楽しめる

タブレットでしか捗らないと思った巨大な本も程よいサイズ感に縮小されて下にスクロールしながら楽しめた。

電子書籍を読みきったことはあるが「つづきが読みたい」と思えるくらい紙の本と同じモチベーションが湧いたのは初めてだ。

飛行機の中など身動きがとれない場所で眩しくなっても、やはり本体を曲げることで快適な読み心地を維持できる。

また経過を報告したいと思うが、Galaxy Fold は今まで電子書籍に挫折した人を新しい世界にアップデートしてくれるかもしれない。

むろんタブレットでの電子書籍に眼が疲れないで捗っていた人にも新たな体験が待っているはずだ。機会があれば是非試してみよう。

Twitter をフォローする!skyblue_1985jp



本当にあった東京・ソウル 片道1,000 円、自己責任とまで言われた破格の真相・・・

折りたたみスマートフォンの Galaxy Fold を購入したものの、日本の Amazon には保護ケースの扱いが全くない。

海外から輸入しても、送料だけで 3,000 ~ 4,000 円取られたりする。しかも困ったことに今すぐ必要なのだ。

どうするかと考えていたところに「韓国まで片道 1,000 円という噂があった」ことを思い出しネットを検索。するとゴロゴロ出ているではないか。



往復でわずか 10,000 円はヤバイ・・・

これは直接ソウル行って好きなケースを見てきた方がはやいということで今年 3 度目の訪韓を決意。

1,000 円になるのは主に平日で、金曜から土日は 8,000 円を越える。

ちょうど都合のつく 3 日を選択、4 日の夕方に帰ってくるようにした。

ソウル・成田の帰国便は 2,980 円、往復でわずか 3,980 円だ。

このほか空港使用料、出国税、燃油サーチャージが 6,595 円発生するものの総額は 10,575 円(税込)ポッキリで東京・新大阪間の片道にも満たない破格となっている。

しかも Priority Pass を持っていれば高級ラウンジが利用可能だ。

仁川国際空港、アシアナ航空ラウンジのすぐ隣にあるSky Hub Lounge。

とても美味しい食事が頂けて仕事をしながらフライトを待つことができる。

食事代も 1 回分込みだと考えれば十分すぎる弾丸ツアーと言えるだろう。



最後に

もちろん 1,000 円で利益が出るはずもない。それでも乗客 0 で運行するよりはマシというわけで、冷え切った日韓関係が垣間みえる。

だが 9 月 6 日の訪韓でも触れたとおり民間同士での混乱などはなく、航空券 1,000 円に対して「自己責任」という報道は行きすぎにも程がある。

むろん韓国政府には多くの問題があると筆者も日本人ながらに思っているが、それはそれで別問題としておきたい。

とにもかくにも「ちょっとケース買ってくる!」くらいのノリで行ってくる。

(北から飛翔体が飛ばないことを祈る・・・・)

Twitter をフォローする!skyblue_1985jp



【検証】シンガポール版 Galaxy Fold の eSIM によるDual SIM 化を試す・・・

Galaxy Fold は基本的にシングル SIM 仕様になっていて、現時点ではシンガポールの 4G LTE 版のみ Dual SIM とされている。

しかし実際には物理 SIM  1 枚 eSIM 1 枚の構造になっており日本の大手 3 キャリアでは利用できない。

そこで香港キャリア契約の SIM を利用して Galaxy Fold の eSIM 書き込みを検証した。



eSIM プランに加入する

香港のキャリア Smartone には iPhone XS や Android スマートフォン、スマートウォッチ向けの eSIM サービスが存在している。

料金プランのギガを共有できる便利な仕組みで月額約 250 円。自分のプランも対応していたためネットから即契約した。

ここからは簡単で、約情報の入った QR コードを画面から発行する。

そして Galaxy Fold 側では QR コードを読み取って「料金プランに追加しますか?」の質問に「はい」で答える。

するとソフトウェアで書き込まれて有効化され無事に Dual SIM になったと思い一瞬しぬほど喜んだ。

ところがアンテナが 2 つ立っているのに通信ができない。再起動したり eSIM の再書き込みを試すもうまくいかない。

注意事項をよく読んだところ香港の外で通信できる eSIM はスマートウォッチのみという制限があったのだ。

従って Galaxy Watch などの eSIM なら日本でも動作するようなので機会があれば是非試してみたい。



最後に

というわけで通信ができずに終わってしまったが海外キャリアの eSIM を使った Dual SIM 化には少し光が見えてきたように思われる。

繰り返すが Dual SIM は現時点でシンガポールモデルのみとなっていて恐らく 5G モデルが出ない国で採用されるだろう。

しかし日本では au から出るという噂があるがどうなったのだろうか。出たとしても 5G はおろか eSIM も潰されるような気がするが・・・(汗)

そういえば日本の Galaxy Fold ページから動画が削除されたなどの噂があって、販売中止になった説も出てきているが、ぜひ国内でのリリースも期待したい。

Twitter をフォローする!skyblue_1985jp



【速報】オレ氏 Galaxy Fold を入手!高額ながらマストバイ、その実態をレビュー【第一印象編】

Galaxy Fold (ギャラクシー・フォールド)それはサムスン社が開発した折りたたみ式スマートフォンであり、これからの携帯電話市場のトレンドにも成りうる潜在能力のたかいデバイスである。

(9 月 6 日の発売日。ソウル市内の Samsung 直営店で撮影)

韓国に続いて 9 月下旬までにシンガポール、英国、米国で販売が始まるも約 21 万円の高額スマートフォンはあっという間に完売してしまった。

しかし新たな歴史の 1 ページとなる端末ならば、ケータイオタクの端くれたる者その時代の目撃者になりたい。

そんな思いで少しでも安いところを探しついにシンガポール版をゲット。

(全ての個体に 7 日間 24 時間の電話サポート、1 年間の画面修理・交換保証が付く)

というわけで今月ケータイを買ったわけである。撮影場所をカフェに移しフィルムを剥がした状態から見ていこう。



美しすぎる筐体・ボディ

シルバーの本体を手にとってみると隙間なく設計されたデザインと美しさ、そのスタイリッシュなカッコよさに暫く魅了されてしまった。

(もっとも右側のサブディスプレイ面はブラックに統一されている)

Mate X や Flexpai などのライバル製品と異なり Galaxy Fold はディスプレイを内側にして(谷折りに)閉じる。

従ってときに筐体の美しさを眺めながら、必要になれば手にとって作業するという 2 つの側面を味わうことができるのだ。

画面を開くとそこには未来が広がっていた。

顔認証がこの段階から動作して開くとロック解除された状態となる。フラットにしてメニューを開いたり Twitter を始めると異次元の迫力にのみこまれた。

これだけの広さがあればマリカーや電子書籍、何でもかんでも捗るに違いない。

また本体を持ちかえることでヨコ幅が拡大されることが発覚。

こうして持ったうえで Twitter と Youtube を立ち上げたのがこちら。

( 7.3 インチの大きさはちょうど本を開いたような大きさだ)

予想してた以上に迫力が凄まじい。タスクは 3 つまで立ち上げ可能だが 2 つたちあげた時点での満足度はたかい。

ひとまず気持ちを落ち着かせるために本体を閉じると・・・・

恐ろしいことに閉じた状態でも開いた時の続きの動作ができるではないか。これは凄すぎる。

そもそもサブディスプレイだけで大体の操作はできるため、何かする度に開く必要はないのだ。

写真撮影も本体を開かず省電力のまま操作できる。筐体はその迫力を味わいたいと思った時に開けばいい。

本体を開かずにここまでの実用性を備えているとは予想だにしなかった。



最後に

Galaxy Fold が 2 月に発表された時は「バカバカしい、これで生活の何が変わるのだ」としか思っていなかった。

たんなる技術力の誇示にすぎず「あーすごい」くらいにしか捉えていなかったのだ。しかし筆者が本質を理解していないだけだった。

(未来を広げろ、自分の Galaxy Fold に会ってこいという強いメッセージがある)

飽和したスマートフォン市場に、そして 5G へ移行する次の時代に何をもたらすことができるのか。その可能性を果敢にもさくしに行ったのが Galaxy Fold であり、

その完成度と美しさたるや筆舌に尽くしがたい。まとまりがなくなってきたので、今日はこの辺にして詳細なレビューは Twitter と併せてまた投稿したい。

Twitter をフォローする!skyblue_1985jp



本日配送開始、通販サイト Etoren に Galaxy Fold が再入荷。その額は・・・

先週末、海外通販サイト Etoren にサムスンの折りたたみスマートフォン Galaxy Fold が数台入荷した。

価格は 340,450 円、、もはやスマートフォンではない次元でありながら即完売となっていたのだ。

そして本日 30 日になると在庫が復活しているではないか。もともと発送は本日を予定されていたため、購入したい人はチャンスとなる。



これでもかなり良心的・・・

世界では軽く 40 万円を越え、なかには 50 万円で取引されることも多く 34 万円と聞くと良心的にすら思えてくるから恐ろしい。

9 月 6 日の韓国発売いこうシンガポールや米国での販売が始まるも、在庫は極僅かで奪い合いになっているようだ。

(写真は筆者が韓国で撮影したもの)

Etoren が扱うのは 4G モデルで物理 SIM 1 枚とシンガポールが提供する eSIM が利用できる Dual SIM 構成になっている。

しかも 5G モデルより若干軽くなっているため、僅かながら扱いやすい可能性もある。

「この日を待っていた」という人はぜひ購入してみよう。欲しくても購入できなかった人がいよいよ入手できるチャンスがやってきたのだ。

リンク先:Etoren

Twitter をフォローする!skyblue_1985jp