wena wrist」カテゴリーアーカイブ

wenaアンバサダーMTG 第2回、ご報告とこれから活動したい事リスト

2017年に開催された、アンバサダーMTG第1回から早いもので1年半ほどが経過。第2回にもご招待頂いたのだが、どうしても日程に都合がつかず今回は欠席。これは申し訳なく残念だったと思っていたら、その日のお土産がwenaチームから送られてきたではないか!

(今回は半袖Tシャツ!前回は長袖を頂いたのだが、凄い凝っている!)

背面には機械式時計がプリントされており、デザインはギリギリまで考えたとか)

神対応すぎる。前回、会いにいけるSONYの新規事業という事で記事を書かせて頂いたが、方向性は変わっていなかった。ユーザー一人一人を大事にしようとするこのチーム、大好きだ。

 

第2回MTGには参加できなかったのだが、今回は「初代wena wrist、proを経験して改めて思うこと」、「アンバサダーとしてやっていきたいこと」を書いていきたい。



①wena事業部の魅力、細部への徹底したこだわりを持つ魂

もはや改めてご説明することはないだろう、wena wrist。開発者の對馬さんにお会いした2016年秋、実はガジェット界隈にすらあまり認知されておらず、本当に普及していくのか不安なこともあった。今やProとactiveが発売され、様々な大企業とのコラボを連発し、男女問わず、幅広い年齢から注目を浴びている。

(切望されていたバンド単体販売も実現。価格も求めやすくなり、買わせて頂いた。Skyblueとwena事業部との癒着疑惑はここで解消されたはず

 

ずっと使ってきて感じるのは「ものづくりに関する徹底したこだわり」が頭一つ抜きん出ている事。製品のデザインはもちろん、文字の大きさ、その文字をどこに配置するか、小さな項目に対して全力投球するその姿勢だ。

(写真は第1回MTGで分解させてもらったwena wrist。バンドの中身はアイデアの塊。無駄が一切なく、この辺りはスティーブ・ジョブズ並と言えるのではないだろうか)

(初めて購入したのが2016年10月。この頃はmoto360 2ndを利用していた)

これは想像の話だが、きっと社内では何千回ものNo、たった一つのYesが行われているのではないだろうか。(AppleのThousands of No, Only one Yesより抜粋)少しずつでも着実に普及してきたのは、初見の人に「何これ、カッコいい!」と言わせる事に成功しているはず。しかも製造元がSONYと分かればファンは即買いする。

 

決してハードルを上げるわけではないが、wena事業部は次の製品やサービスでも私たち消費者を驚かせてくれるだろう。ワクワク感を与えてくれる、日本人が昔から好きなSONYそのものだ。



②アンバサダーとして何ができるか、IoTの時代!?

いつだったか、遊びでApple Watch Series2や3とwena wristを組み合わせてバズった事があった。あれ以来、特に面白い事に挑戦していないのだが、そろそろIoTの時代を見据えて何かチャレンジしてみたい。何ができるだろうか。

(以前、禁断の合体ということでApple Watchと合体して盛り上がった事もあったが・・笑)

色々と考えた結果、到来しつつあるIoTを試していきたい。例えばwena wristをかざすと鍵がアンロックされるなどは既に存在しているが、「その手があったか」という使い道は意外と近くに転がってくるかもしれない。

 

それから、高級時計との合体も行っていきたい。実際、wena wristに出逢ってから様々な時計を試すようになった。最近では月額で幾らか払うと好きな時計をいくつかレンタルできるサービスまである。そういった物が役に立つだろう。



最後に

ということで、初代とProを利用して痛感したのはアイデアや製品に対するこだわりが徹底しており妥協が一切ない事、ユーザーに優しい事。そしてそれが多くの人に伝わっているのではないかという事だ。

 

アンバサダーに指名して頂いてはいるが、本当に恐れ多い。何も大した事はできないかもしれないが、とにかく面白いことや気づいた事を拡散していければと思う。SONYのwena事業、今後も応援していきたい。

Twitterをフォローする!skyblue_1985jp



睡眠の質まで計測できるwena wrist Pro、有名ブランド・メーカーのヘッドも取り付けよう!【利用開始編】

前回の設定編の続き。とりあえず初期から愛用しているヘッドを取り付けたわけだが、早速Paul Smithヘッドを取り付けた。(別途20mmエンドピースが必要)実はこのPaul Smith、初めてwena wristと合体させる時は苦労した。

(SuicaはiPhoneで利用しているので個人的には問題ない)

付くのか付かないのかわからず、店員さんの協力が必要だったからだ。SONYとしてもヘッドが合う、合わないは大人の事情で公開できない。だからユーザー同士で情報をシェアするしかないのだが、その辺りの空気も読んでくれている。



①眠りの深さまで測ってくれる、アプリも進化!

まず驚いたのは、眠りの質を計測できるという機能。Active用の機能かな?と思ったのだが、起きてからアプリを立ち上げると睡眠時間と眠りの深さが解析されているではないか。これは嬉しい。他のスマートウォッチにはありそうで無い機能だし、睡眠に関しては専用のデバイスをお金出してでも欲しいという人は多いのでは?と思う。

(深い眠りの時間が短い筆者。ぜひともログを取り続けたい)

全体のUIが刷新されているが、相変わらず美しいの一言しか出てこない。時計の細部も何もかも、とにかくwena事業部のデザインへのこだわりは半端じゃない。もしかしたら「何千回ものNo、たった1回のYes」というApple社みたいな風習があったりして。

 

②有名ヘッドを取り付けよう!

もう一つ素晴らしいと感じたのは、アップデートに関するニュースやユーザー投稿画像が確認できるNEWS欄。実はここに、有名ブランドと合体させた数々のwena wristが一覧として並べられている。

(これはよく考えたと思うし、非常に参考になるだろう。かなり多く掲載されている)

重要なのはSONYが宣伝しているわけではなく、あくまでもユーザーが投稿した物を承認を得た上で掲載しているだけで、SONYは「これなら使えますよ」だなんて一言もいっていない。ただ合体させた物を並べてくれているという事実を喜んで確認しよう。



最後に

それにしても睡眠ログには驚かされた。もうSuicaがないだなんて嘆く必要もない。ここまでできて、「さらに電子マネーもいくつか入ってる」くらいの見方ができるだろう。

 

もちろんSuicaが搭載されれば完全無欠だが、電子マネーなしで考えても製品として素晴らしく、この辺りの魅力は多くの方に共感できればと思う。昨日から連続でレビュー記事を上げたが、今後も少しずつ書いていきたい。

Twitterをフォローする!skyblue_1985jp

 

wena wrist pro、ディスプレイの存在が生活全てを変える話・・・【設定編】

前回の購入編に続く設定編。ヨドバシカメラのお兄さんにコマ調整をしてもらい、装着。そして設定に至るまで感動の連続だった。今回から搭載されたディスプレイが偉大すぎるのだ。



①SMSに便利そうくらいに思っていたディスプレイ

初代wena wristはバッテリーの残量やBluetoothのオンオフをスマホ側で確認する必要があった。ペアリングが完了したのか、接続が切れているのかもわからない。LEDの色が目安になるのだが、慣れるには時間がかかったものだ。

(初代wenaではバンド内側を照らして調べる必要があったシリアルナンバー。)

その常識を180度、もう一週して540度覆したのがProのディスプレイ。当たり前かもしれないが、必要な情報は全てここで確認できる。バッテリー残量、Bluetoothの状態、ペアリングに必要なシリアルナンバー、Edy残高まで表示されるではないか!

(バッテリー残量や歩数計も初代ではwenaアプリを実行する必要があった)

これらの何が凄いかというと、「受信したメッセージではない」という点。wena wristが「今何をしているのか、どんな状態なのか」を可視化できることで、バンドとしての魅力が何倍にも跳ね上がったと思う。

 

②ますます捗るTwitter、スマホなしの生活が捗る

さて、ディスプレイが真価を発揮するのは通知やSMSなどの受信時だろう。wena wrist proの購入をツイートすると、wena Japan様からリプライを頂いた。これは凄い、こんな狭い空間に2行も流れるのだ。

このツイートが以下のように流れる。

(草の生えたツイートが印象的!Twitterがますます捗りそうだ)

更にLINEの電話がかかってくると、ちゃんと鳴り続ける。基本的にはアナログ時計なので、ちらっと時間をみる振りをしてディスプレイを確認できるのが嬉しい。

(残高がわかるって、0円かよ!と自分で突っ込みたくなる)

そして先ほど触れたEdy残高。Edyはお財布ケータイでもない限り残高を気軽に確認できないのだが、wena wrist proがあれば腕だけで残高がわかる!これは今回、最も驚いた機能の1つだ。



最後に

ディスプレイが追加された事で、スマートウォッチらしさが増した。それを自分の好きなヘッドに付けられるのだから、この喜びは筆舌に尽くしがたい。

 

初代と比べて設定が圧倒的に楽になり、ディスプレイの果たす役割が大きすぎることを強調しておきたい。これから本格的に利用していくが、引き続きレビューしていこうと思う。

Twitterをフォローする!skyblue_1985jp

信じられない程に全てが進化、wena wrist proを初代と比較レビュー!!【購入編】

初代wena wrist購入から1年10ヶ月。この間、wenaアンバサダーを務めさせて頂いたり、AppleやPaul Smith時計と合体させたり、しまいには故障して料金に関して対応して頂いたり、色んな事があった。

 

そして5月7日、大きなアップデートがあり「これはwena事業部への投資も含めてProを買おう。そもそも私は、初期のクラウド・ファンディングにすら参加してないじゃないか」と決意して本日購入。長くなるが、何度かに分けてできる限りのことをレビューしていきたい。

(ヨドバシカメラで購入。wena Japan様との癒着疑惑が晴れたはず。1年保証の押印がおされ、希望のヘッドがあればコマ調整もしてくれる。元から愛用しているヘッドを持ち込んだ。)

長く愛用しているヘッドが、これからもずっと使える。このコンセプトが大事なのだなと実感。故障してしまった初代wena wristバンド側は修理に出し、長く使おうと思っている。



①バンドだけが気軽に購入可能、敷居が下がる!

さて購入編ということで最初に強調したいのが、「バンド単体での販売が現実的な価格になった」という点だ。筆者が初代wena wristを購入した頃はバンド単体発売がなく、ヘッドも含めると軽く5万円を越える価格設定だった。

(Edy搭載のleatherも含め、バンド単体販売が充実している)

現在は念願のバンド単体販売が実現され、今回の購入価格は税込38,200円(シルバーだともう少し安い)。敷居が大幅に下がったことで買いやすくなり、使いたいヘッド部分はもう持っているという人には朗報だ。Apple Watchを持っている人は禁断の合体をやってみるといいだろう。

 

②軽量化され、工夫のされたバンド幅

もう一つ紹介したいのがバンドの幅。初代wena wristは22mmと正直なところ少し太かった。Proでは20mmに変更され、見た目がスッキリ。男女問わず選びやすい大きさとなっている。

(左が初代、右がPro。写真では分かりにくいが2mmの違いは大きい)

(ヘッド部分。左のPaul Smith 20mmには調整コマが必要となる)



最後に

筆者が初めてwena wristを購入した時は、認知度が圧倒的に低かった。ガジェットに詳しい人すら知らず、認知させるためにアンバサダーのお話を頂いた程。今では様々なメディアで紹介され、何より売切れが続出するまでになった。

 

初期不良が多いのかな?と心配になる事もあったが、wena事業部の真摯な対応には安心できるので今後も愛用していきたいと思う。そして早速使い始めたのだが、感動の連続。「Suicaが使えない」という話はさておき、スマートウォッチが更に進化したといえる。引き続きレビューしていきたい。

Twitterをフォローする!skyblue_1985jp

【朗報】初代 wena wristの修理費が大幅値下がり!wena Japanに感謝したい話・・・

以前、wena wristのバンド部分が突然反応しなくなり、充電すらできない状態になった事をブログに書いた。「修理費が高すぎる」という趣旨なのだが、これを読んでくださった中の人がこんなリプライをくださった。そしてタイトルの通り、大幅に安くなったので、一連の流れを記録しておきたい。



①バンド部分の修理費用が最大で約1万円値下がりへ

改定前、機械が入ったバンド部分の修理費は22,000円~27,000円+税とされていた。これがスマートフォンや他のウェアラブル端末なら至極当然なのだろう。いわゆる、「新しく買った方が値段も近いし早い」というやつだ。

 

そして発表された新しい修理価格は、なんと17,000円~18,000円+税と大幅に値下げされている。去る24日にリリースが出ている。

②ユーザーの声を本気で受け止めてくれるプロジェクト

ブログに修理費が高いと書いてから修理費改定まで、なんとわずか2週間で解決してしまったのに驚いた。これなら新しい物を買うよりも遥かに安く、1つの物を長く使いたいというwena wristのコンセプトにも沿っていると言えるだろう。

 

以前からTwitter上でユーザーが投げる要望を速攻でアプリに実装したり、実現できなくとも課題として捉えてくださったり、とにかくユーザーとの距離が近いのがwena Japanのいいところ。



最後に

wena wrist開発者の對馬さんとは2度お会いしているのだが、やっぱりSONYだなと思える製品を発明してくださったのには感謝している。そして朝起きてから寝るまで大体wena wristの事を考えているというから驚く。

 

Suicaが使えなかったり、Android端末で電子マネー設定ができないなど大きな課題を抱えつつもwena wrist Pro, activeをリリースさせたり、最近では鉄腕アトムとのコラボなど実に様々な限定モデルをヒットさせ、着実に認知度や人気が向上している。今後もゆっくり応援していきたいし、wena wristを大事に使っていきたいと思う。そして今回の修理費改定は改めて深く感謝したい。

Twitterをフォローする!skyblue_1985jp

wena wristが文鎮化した話、修理費が高すぎて震える!!

wena wrist activeの記事を書いた直後の話。いつものようにwena wristを充電して寝ようと思ったところ充電ランプだけが光り全く動かなくなってしまった。あれ?と思いWebでトラブルシューティングに関して調べたり、時間を置いてみたものの全く解決しない。

 

「故障かなぁ?それだったら修理費払ってでも修理してもらいたい」と思ったところ、これが非常に高額なことに気づく。アンバサダーをやらせて頂いてはいるのだが、思ったことを正直に書いていきたい。



①使いはじめて1年6ヶ月、こんなすぐに壊れるものか?

wena wristのコンセプトは「いい物を長く使いたい」という点に凝縮されている。だから、新しい時計が発売されても、バンド部分だけはずっと使えるようになっているし、筆者もPaul Smith時計と合体させて利用していた。

(iPhone8 Plusとwena wrist。Paul Smithと合体させている)

無理な使い方は一切していないはずなのだが、突然充電できなくなるとは一体どういうことなのだろうか。いわゆる文鎮化したわけだが、奇しくも電池が切れたとて時計のバンドとしては使える。だから、普通にPaul Smith時計として身につけているが寂しいし何だか釈然としない。

 

②修理費は高い・・・

wena wrist公式ページによれば、電子部品が入っている部分の修理費は22,000円~27,000円+税。新しい物を買うと33,800円(+税)。もちろん、それくらいはするのだろう。ただし、同じ物を長く使うという視点から見れば、ここまで修理費が高かったら正直なところ今後の購入をためらってしまう。

 

「また1年半で壊れたら高い買い物だな」と思うからだ。そもそもwena wristの利点はお財布機能であるはず。お財布を1年半毎に3万円払って買い換えるか?と問われれば明らかにNoという答えが出てくる。



最後に

コンセプトや物自体は非常に素晴らしいし、今までご紹介してきた通りお勧めできる物ではある。ただ、トラブルシューティングのしようがない程に突然壊れてしまったり、修理費が高ければむしろコンセプトに矛盾を覚えてしまう。(スマートフォンのように2年周期で買い換える物なら割り切れるのだが・・・)

 

プロジェクトメンバーの方々には全員お会いしたことがあり、とても優秀で素晴らしい人たちばかりだった。ものづくりへの思いや自信をお持ちだと思うのだが、アフターケアのようなところはどう捉えているのだろう。ひとまずwena wrist activeを買う計画は一旦保留としたい。

Twitterをフォローする!skyblue_1985jp

品薄のwena wrist active、比較的すぐ受け取れる在庫を発見。マルイ、ヨドバシ、ビックカメラをチェック!!

発売開始から物凄い勢いで売れ続け、店頭在庫が揃わないwena wrist active。スポーツ向けに作られたモデルで筆者も虎視眈々と狙っている。頻繁にチェックしていたところ、いくつか在庫を持っているお店があったので書いておきたい。



①ヨドバシ.com、通販か秋葉原・大阪で受取可能

まずチェックしておきたいのがヨドバシ.comだ。店頭在庫は0になっているが、通信販売では購入可能となっている。そして24時間対応窓口のある秋葉原か大阪であれば取り置きが可能だ。

(また何かと合体させたいなぁと考えている。バンドだけなら比較的安価だしぜひ欲しい)

②マルイのWeb通販にも在庫あり

ここ最近、wena wristの扱いをやめてしまった店舗が目立つマルイ。筆者も実物を見て納得して買ったのが同社だっただけに、今後も積極的に展開して欲しいところ。

 

静岡県の店舗に在庫があるようだが、その他はオンライン在庫がある。通販で買うか、最寄りのマルイで受け取れるよう手配できるので利用してみよう。

 

③ビックカメラなら有楽町と思ったが・・・

この記事を書いている途中にビックカメラの在庫が取り寄せ状態になってしまった。やはり入るとすぐ売れてしまうのだろうか。こちらは有楽町などで受取が可能だが、同様に通販でも購入できる。



最後に

さすがにwena wrist proの在庫は出回り始めたが、wena wrist activeは筆者もまだ1度しか見たことがない。納得してから購入したいので虎視眈々と狙っているが「買ってから考える」という人、既に見たことがあって在庫を確保したい方は、今回紹介した3社を定期的にチェックしてみよう。

Twitterをフォローする!skyblue_1985jp

圧倒的品薄のwena wrist pro (active)、今すぐ買える場所一覧!!

昨年登場してから品薄が続くwena wrist pro。様々なメディアで紹介されているが、欲しくとも在庫がなさすぎて全く手に入らない。更に今月、スポーツタイプのwena wrist activeが発売されたが、こちらも品薄。

 

一体いつになったら潤沢になるのだろうかと探していたら、いくつか在庫を発見。欲しい方はすぐ手に入りそうだ。



①マルイのオンラインショップにactiveの在庫有り!

マルイと言えばwena wristの売り場面積が大きく、有楽町では実機が触れたりする(今もやっているかはわからない)。wena wrist proに関しては相変わらず売切れなのだが、activeに関しては通信販売在庫が「有り」となっている。

(店舗は全部在庫なし。買うなら今だろう。Webはこちらから

申し込みの翌日発送となっており、全国のマルイで受け取ると送料が無料となり100エポスポイントが付与される。近くにマルイがある方は店舗での受け取りがお得だろう。

 

②安定のヨドバシ、wena wrist proの店頭在庫が復活!

wena wrist pro発売開始から長らく、ヨドバシカメラにはずっと在庫がない状況だった。ところが今チェックしたらシルバー、ブラックともに店頭在庫有りになっている。

(ブラックの在庫:記事を書いている間にも減っていく程の人気ぶり・・・)



最後に

最初は非常に高くて種類も限られていたwena wrist。高級ブランドとのコラボや新製品の投入、さらに長く使えるスマートウォッチとして人気を博している。

 

AndroidからEdyのチャージができないなどの弱点もあるのだが、超少人数のプロジェクトチームで全てを行っているため少しずつ頑張って欲しいと思う。筆者もどちらかが欲しくてたまらない。

Twitterをフォローする!skyblue_1985jp

wena wrsitとPaul Smithを合体、モバイルSuicaも使う生活(後編)

前回はwena wristとpaul smithを合体させる経緯を書いたのだが、今回はSuicaに対する筆者なりの考え方を書いていこうと思う。

結論から書くとwena wristとiPhone7(8 or X)を併用するのが現状の策だと考えている。拍子抜けされたかもしれないが、それなりに考えた結果こうなった。



①iDとQUICPayの時代がきている

iPhone7が登場してから電子マネーをとりまく構図が一変したように思う。普通のクレジットカードをiPhoneに取り込むとiDかQUICPayが使えるようになる。

Edy付き楽天カードはQUICPayに、WAON一体型イオンカードはiDに振り分けられるため、この1年で両者は勢いを増したと言えるだろう。

だから筆者はSuica、iD、QUICPayをこれからのメジャーな規格と捉えることにした。

②iPhoneでSuica、それ以外をwena wrist で

別にiPhoneを使ってもいいのだが、認証なしで使えて楽なのもありiDとQUICPayはwena側運用することにした。その他ヨドバシ、docomo、ANA、スターバックスなど様々なFelica規格をwenaで補う。

(Suicaがないと言われるも、その他はそこそこ充実のwena wrist)

そしてSuicaはiPhone8 Plusを使う。iPhoneに拘る理由としてはモバイルSuicaの年会費が無料であることと、チャージにLINE Payカードを使うことで2%のポイント還元を受けられるからだ。

最後に


あくまでも筆者のやり方であり、むろん正解などないのだが敢えてwena wristとSuicaを合わせるスタイルにしたいのであれば、wenaと相性のいいiPhone7以降をメイン機種にするといいだろう。

何か他にいい運用方法があればご教授頂きたい。。

Twitterをフォローする

wena wrsitとPaul Smithを合体、モバイルSuicaも使う生活(前編)

wena wristを使い始めて1年数ヶ月。今や日々の暮らしには欠かせない物となった。ただ多くの方が指摘されるようにSuicaはないし、交換できるヘッドの情報が乏しいのも事実。「どうにかうまく組み合わせて快適に使えるようにできないか」を日々考えた結果、この記事を書くに至った。

SuicaはApple Watch Series 2(3)と合体させる方法があるのだが、それ以外の考え方を書くと少し長くなるので今回はヘッドをPaul Smithと合体させた話を書いていこう。

①20mmエンドピースを使うことで多くのヘッドと融合できる!



wena wristのヘッドだけを交換したいと思っても、個人的に欲しいと思う時計の多くが20mmのバンド幅を採用しており、簡単に交換できる時計の種類はかなり限られてしまう。

「ヘッドが大きければいけるのでは?」と思うのだが中々うまいこと合致しないのだ。

そこで最近になって発見したのがこれ。20mmのヘッドを装着させる(バンド幅を狭める)エンドピースなる物が存在しているではないか。

(百貨店や量販店の在庫が少ないのでオンラインから買うと早い。ちなみに18mmもある)

これさえあれば、少しバンドが細い時計とも合体できるはずだ。筆者は鞄や財布で愛用しているPaul Smithの時計をどうしてもwena wristで使いたかったのだが、ようやく夢がかなった。

(エンドピースにも注意書きがあるのだが、必ずしも全てのバンドに合致するわけではないので注意が必要だ。)

②感無量とも言える感動

1年以上使ってきたバンドへの愛着と大好きなPaul Smithを迎合する喜びは筆舌に尽くしがたい。これは筆者に限ったことではないはずで、人それぞれに、それぞれの感動が待っていると思う。

そもそもwenaは”wear electronics naturally”「自然と最先端のテクノロジーを身に着けたくなる」というコンセプトを持っており、「あぁ、これがwenaなのか」と実感した。

既にwena wristを使っている方にも、また検討されている方にも是非オリジナルのwena wrist導入をお勧めしたい。

最後に

今回はwena wristのエンドピース導入で様々なヘッドが利用可能になることをご紹介した。後編ではSuicaに対する考え方を書いていこうと思う。



Twitterをフォローする