wena wrist」カテゴリーアーカイブ

wena wristが文鎮化した話、修理費が高すぎて震える!!

wena wrist activeの記事を書いた直後の話。いつものようにwena wristを充電して寝ようと思ったところ充電ランプだけが光り全く動かなくなってしまった。あれ?と思いWebでトラブルシューティングに関して調べたり、時間を置いてみたものの全く解決しない。

 

「故障かなぁ?それだったら修理費払ってでも修理してもらいたい」と思ったところ、これが非常に高額なことに気づく。アンバサダーをやらせて頂いてはいるのだが、思ったことを正直に書いていきたい。



①使いはじめて1年6ヶ月、こんなすぐに壊れるものか?

wena wristのコンセプトは「いい物を長く使いたい」という点に凝縮されている。だから、新しい時計が発売されても、バンド部分だけはずっと使えるようになっているし、筆者もPaul Smith時計と合体させて利用していた。

(iPhone8 Plusとwena wrist。Paul Smithと合体させている)

無理な使い方は一切していないはずなのだが、突然充電できなくなるとは一体どういうことなのだろうか。いわゆる文鎮化したわけだが、奇しくも電池が切れたとて時計のバンドとしては使える。だから、普通にPaul Smith時計として身につけているが寂しいし何だか釈然としない。

 

②修理費は高い・・・

wena wrist公式ページによれば、電子部品が入っている部分の修理費は22,000円~27,000円+税。新しい物を買うと33,800円(+税)。もちろん、それくらいはするのだろう。ただし、同じ物を長く使うという視点から見れば、ここまで修理費が高かったら正直なところ今後の購入をためらってしまう。

 

「また1年半で壊れたら高い買い物だな」と思うからだ。そもそもwena wristの利点はお財布機能であるはず。お財布を1年半毎に3万円払って買い換えるか?と問われれば明らかにNoという答えが出てくる。



最後に

コンセプトや物自体は非常に素晴らしいし、今までご紹介してきた通りお勧めできる物ではある。ただ、トラブルシューティングのしようがない程に突然壊れてしまったり、修理費が高ければむしろコンセプトに矛盾を覚えてしまう。(スマートフォンのように2年周期で買い換える物なら割り切れるのだが・・・)

 

プロジェクトメンバーの方々には全員お会いしたことがあり、とても優秀で素晴らしい人たちばかりだった。ものづくりへの思いや自信をお持ちだと思うのだが、アフターケアのようなところはどう捉えているのだろう。ひとまずwena wrist activeを買う計画は一旦保留としたい。

Twitterをフォローする!skyblue_1985jp

品薄のwena wrist active、比較的すぐ受け取れる在庫を発見。マルイ、ヨドバシ、ビックカメラをチェック!!

発売開始から物凄い勢いで売れ続け、店頭在庫が揃わないwena wrist active。スポーツ向けに作られたモデルで筆者も虎視眈々と狙っている。頻繁にチェックしていたところ、いくつか在庫を持っているお店があったので書いておきたい。



①ヨドバシ.com、通販か秋葉原・大阪で受取可能

まずチェックしておきたいのがヨドバシ.comだ。店頭在庫は0になっているが、通信販売では購入可能となっている。そして24時間対応窓口のある秋葉原か大阪であれば取り置きが可能だ。

(また何かと合体させたいなぁと考えている。バンドだけなら比較的安価だしぜひ欲しい)

②マルイのWeb通販にも在庫あり

ここ最近、wena wristの扱いをやめてしまった店舗が目立つマルイ。筆者も実物を見て納得して買ったのが同社だっただけに、今後も積極的に展開して欲しいところ。

 

静岡県の店舗に在庫があるようだが、その他はオンライン在庫がある。通販で買うか、最寄りのマルイで受け取れるよう手配できるので利用してみよう。

 

③ビックカメラなら有楽町と思ったが・・・

この記事を書いている途中にビックカメラの在庫が取り寄せ状態になってしまった。やはり入るとすぐ売れてしまうのだろうか。こちらは有楽町などで受取が可能だが、同様に通販でも購入できる。



最後に

さすがにwena wrist proの在庫は出回り始めたが、wena wrist activeは筆者もまだ1度しか見たことがない。納得してから購入したいので虎視眈々と狙っているが「買ってから考える」という人、既に見たことがあって在庫を確保したい方は、今回紹介した3社を定期的にチェックしてみよう。

Twitterをフォローする!skyblue_1985jp

圧倒的品薄のwena wrist pro (active)、今すぐ買える場所一覧!!

昨年登場してから品薄が続くwena wrist pro。様々なメディアで紹介されているが、欲しくとも在庫がなさすぎて全く手に入らない。更に今月、スポーツタイプのwena wrist activeが発売されたが、こちらも品薄。

 

一体いつになったら潤沢になるのだろうかと探していたら、いくつか在庫を発見。欲しい方はすぐ手に入りそうだ。



①マルイのオンラインショップにactiveの在庫有り!

マルイと言えばwena wristの売り場面積が大きく、有楽町では実機が触れたりする(今もやっているかはわからない)。wena wrist proに関しては相変わらず売切れなのだが、activeに関しては通信販売在庫が「有り」となっている。

(店舗は全部在庫なし。買うなら今だろう。Webはこちらから

申し込みの翌日発送となっており、全国のマルイで受け取ると送料が無料となり100エポスポイントが付与される。近くにマルイがある方は店舗での受け取りがお得だろう。

 

②安定のヨドバシ、wena wrist proの店頭在庫が復活!

wena wrist pro発売開始から長らく、ヨドバシカメラにはずっと在庫がない状況だった。ところが今チェックしたらシルバー、ブラックともに店頭在庫有りになっている。

(ブラックの在庫:記事を書いている間にも減っていく程の人気ぶり・・・)



最後に

最初は非常に高くて種類も限られていたwena wrist。高級ブランドとのコラボや新製品の投入、さらに長く使えるスマートウォッチとして人気を博している。

 

AndroidからEdyのチャージができないなどの弱点もあるのだが、超少人数のプロジェクトチームで全てを行っているため少しずつ頑張って欲しいと思う。筆者もどちらかが欲しくてたまらない。

Twitterをフォローする!skyblue_1985jp

wena wrsitとPaul Smithを合体、モバイルSuicaも使う生活(後編)

前回はwena wristとpaul smithを合体させる経緯を書いたのだが、今回はSuicaに対する筆者なりの考え方を書いていこうと思う。

結論から書くとwena wristとiPhone7(8 or X)を併用するのが現状の策だと考えている。拍子抜けされたかもしれないが、それなりに考えた結果こうなった。



①iDとQUICPayの時代がきている

iPhone7が登場してから電子マネーをとりまく構図が一変したように思う。普通のクレジットカードをiPhoneに取り込むとiDかQUICPayが使えるようになる。

Edy付き楽天カードはQUICPayに、WAON一体型イオンカードはiDに振り分けられるため、この1年で両者は勢いを増したと言えるだろう。

だから筆者はSuica、iD、QUICPayをこれからのメジャーな規格と捉えることにした。

②iPhoneでSuica、それ以外をwena wrist で

別にiPhoneを使ってもいいのだが、認証なしで使えて楽なのもありiDとQUICPayはwena側運用することにした。その他ヨドバシ、docomo、ANA、スターバックスなど様々なFelica規格をwenaで補う。

(Suicaがないと言われるも、その他はそこそこ充実のwena wrist)

そしてSuicaはiPhone8 Plusを使う。iPhoneに拘る理由としてはモバイルSuicaの年会費が無料であることと、チャージにLINE Payカードを使うことで2%のポイント還元を受けられるからだ。

最後に


あくまでも筆者のやり方であり、むろん正解などないのだが敢えてwena wristとSuicaを合わせるスタイルにしたいのであれば、wenaと相性のいいiPhone7以降をメイン機種にするといいだろう。

何か他にいい運用方法があればご教授頂きたい。。

Twitterをフォローする

wena wrsitとPaul Smithを合体、モバイルSuicaも使う生活(前編)

wena wristを使い始めて1年数ヶ月。今や日々の暮らしには欠かせない物となった。ただ多くの方が指摘されるようにSuicaはないし、交換できるヘッドの情報が乏しいのも事実。「どうにかうまく組み合わせて快適に使えるようにできないか」を日々考えた結果、この記事を書くに至った。

SuicaはApple Watch Series 2(3)と合体させる方法があるのだが、それ以外の考え方を書くと少し長くなるので今回はヘッドをPaul Smithと合体させた話を書いていこう。

①20mmエンドピースを使うことで多くのヘッドと融合できる!



wena wristのヘッドだけを交換したいと思っても、個人的に欲しいと思う時計の多くが20mmのバンド幅を採用しており、簡単に交換できる時計の種類はかなり限られてしまう。

「ヘッドが大きければいけるのでは?」と思うのだが中々うまいこと合致しないのだ。

そこで最近になって発見したのがこれ。20mmのヘッドを装着させる(バンド幅を狭める)エンドピースなる物が存在しているではないか。

(百貨店や量販店の在庫が少ないのでオンラインから買うと早い。ちなみに18mmもある)

これさえあれば、少しバンドが細い時計とも合体できるはずだ。筆者は鞄や財布で愛用しているPaul Smithの時計をどうしてもwena wristで使いたかったのだが、ようやく夢がかなった。

(エンドピースにも注意書きがあるのだが、必ずしも全てのバンドに合致するわけではないので注意が必要だ。)

②感無量とも言える感動

1年以上使ってきたバンドへの愛着と大好きなPaul Smithを迎合する喜びは筆舌に尽くしがたい。これは筆者に限ったことではないはずで、人それぞれに、それぞれの感動が待っていると思う。

そもそもwenaは”wear electronics naturally”「自然と最先端のテクノロジーを身に着けたくなる」というコンセプトを持っており、「あぁ、これがwenaなのか」と実感した。

既にwena wristを使っている方にも、また検討されている方にも是非オリジナルのwena wrist導入をお勧めしたい。

最後に

今回はwena wristのエンドピース導入で様々なヘッドが利用可能になることをご紹介した。後編ではSuicaに対する考え方を書いていこうと思う。



Twitterをフォローする