料金的な話」カテゴリーアーカイブ

月間 900 GB でお馴染み iVideo ソフトバンク SIM、月額 2,200 円に値下がりへ(条件あり)

昨年から話題となっているソフトバンク系 レンタル SIM の一つ iVideo 社が値下げに踏み切った。

最初は 2,800 円から始まって、13ヶ月目から 2,200 円に値下がるというもの。

筆者のプランは 3,300 円のため一度レンタルをやめて再び借りるか迷っているのだが腑に落ちない点もある。



900 GB の文言が消えた・・・(笑

以前は高らかと 900 GB を謳っていた同社だが、新プランではその表記が消えて「超大容量」の文言に変わっている。

(昨年 11 月上旬の画像。 900 GB と明記された頃)

推測になるが 900 GB の維持が何らかの事情で難しくなったか、さすがに容量が大きすぎたと判断したのだろう。

月額 3,300 円から一気に 500 ~ 900 円下げたことを察するに、使える容量も大きく下がっているはず。

というのも以前は 1 〜 2 年の利用を条件に月額 3,000 円まで値下げする施策が用意されていたのだが、これが跡形もなく消えた点に注目したい。

(以前は違約金ありで 3,000 円になるプランがあった)

利益を出すには 3,000 円が限界とも受け取れる。それを大きく下回る新料金では使える容量は下がっているはずだ。

神 SIM や FUJI Wi-Fi などソフトバンク系の他社 SIM が 100 GB 〜 を大容量としている点を鑑みると

iVideo 社もそれに追随した可能性は大いに考えられる。

 

それでも激安レベル・・・

となると今回は「値下げ」というより「プラン変更」されたといった方が正しいようだ。

そして新しいプランが仮に 100 GB だったとしてもまだまだお得すぎる。

2,800 円スタートではあるが 1 年後には 2,200 円は FUJI Wi-Fi (月額 2,480 円)、神 SIM (2,990 円)と比べてダントツ。

むろん 100 GB というのは筆者の憶測であり、それ以上使えるのであれば今まで通りの破格と言えるだろう。

(ソフトバンク回線なので同社のスマートフォンはとても捗る)

なんだかハッキリしない業態ではあるがキャリアや MVNO を脅かす台風の目になっていることは間違いない。

とくに単身世帯には強い味方で、iPhone でテザリングができないことを除けば何もいうことない。

何より気に入らなければ返却して終わりなので、気になる人は試しに使ってみるといいだろう。

リンク:iVideo 

Twitter をフォローする!skyblue_1985jp



これは欲しい!!香港で Galaxy Note10 lite 発売。6.7 inch Dual SIM ハイエンドが約 66,000 円!!

昨年から人気がつづく Galaxy Note10 シリーズに価格を抑えた Lite シリーズが発表され話題になっていた。

今週になって香港・マカオでもようやくリリースされ、香港価格 4,968 ドル(約66,000 円)であることが発覚した。



色々と理想すぎるハイエンド

まずスペックで気になるのは廉価版と言われる故の性能だろう。

搭載されている Exynoss 9810 は過去に Galaxy Note9 が利用したもので、ゲームも捗るハイエンドだ。

(背面は 1200 万画素レンズ  3 つ、全面は 3,200 万画素のセルフィーを備える)

内部ストレージは 128 GB、RAM 8 GB で足りなければ micro SD カードで 1 TB まで増設できる。

むしろ足りる人は 4G + 4G の Dual SIM を存分に楽しめるわけだ。

さらに気になるのが画面がフラットであること。スマートフォン業界ではハイエンド=湾曲という謎のトレンドが出来上がっていて、

これを嫌う人はじつは少なくない。特に Galaxy Note はフラットな方がどう考えても書きやすいだろう。

(Full HD+ の有機 EL ディスプレイは十分にキレイであるはずだ)

しかも画面サイズは 6.7 inch もあるため、6.8 inch の Note 10+ と比較しても劣らないはずだ。

その S ペンの作り込みも抜かりなく bluetooth 接続対応のためセルフィーのリモコンとしてペンを利用できる。

 

廉価版で味をしめたサムスン

サムスンは昨年、日本でもお馴染みの A シリーズを量産し、国や地域ごとのターゲット層をみて大量に投入した。

結果的に大当たりし 2 種類にサイズを分けた Note10 も好評。そうした背景から lite をリリースしたと考えられる。

もともとハイエンドが好まれにくいインド市場向けに投入された Note10 lite は発売国こそ少ないが、 Galaxy ファンには堪らない一台ではないだろうか。

通販サイトでの購入はイートレンがお勧めで、土日を挟まなければ速攻で送られてくる。

またどうしてもすぐ欲しいという人は白ロムを扱うイオシスでも入荷したようなので問い合わせてみるといいだろう。

同社のメリットは保証期間内であれば初期不良にすぐ対応してくれる点。

香港に送り返さずその場で交換または返金処理がなされるのは安心できる。

書いていたら筆者も欲しくなってきたが、ひとまず S20 シリーズの発表を見てから考えようと思う。今年も Galaxy が熱い。

リンク:香港 Fortress English 版 通販サイトイートレン

Twitter をフォローする!skyblue_1985jp



BIGLOBE モバイル、音声 SIM 6ヵ月間 400 円で Youtube 見放題の破格キャンペーン実施中。 Zenfone Live も 一括1 円でゲット!

MVNO の BIGLOBE モバイルが最近稀にみる破格のキャンペーンを実施している。

音声契約すると 6 ヵ月間 1,200 円の値引きが入り 3GB プランをなんと僅か 400 円で維持できる。

しかも Youtube を視聴してもパケット消費されない「カウントフリー」も同じく 6 ヵ月間タダという太っ腹だ。



初期費用 3,000 円も Zenfone Live が 1 円

本キャンペーンでは初期費用 3,000 円が発生するものの、端末とセットで申し込めば Zenfone Live が一括 1 円で入手できる。

不要であれば イオシスなどの白ロムショップに 8,000 円で売却可能であり、相殺どころかプラスになるはずだ。

(イオシス買取価格 2/7 時点)

何より Youtube 見放題の「エンタメフリー・オプション」は MVNO としては珍しく、 Wi-Fi のない環境でもラジオ感覚で流しておけるので重宝する。

無料期間は 3 ヵ月から今回 6 ヵ月間に延長されており羨ましい限りである。

 

au 回線はバツグンに速い

ところで通信速度はべつの記事でも述べたとおり au 回線がバツグンに速い。

とくにお昼休み、夜間などのピークタイム時でも実測値で 1 Mbps 確保できており何をするにも不自由がない。

土日に関しては下りだけで 10 Mbps 以上でるので、キャリアから乗り換えてもストレスなく利用できる。

興味ある人は BIGLOBE 公式サイトからチェックしてみよう。

また同様のキャンペーンをヨドバシカメラアキバでも発見したので、週末の休みなどに寄ってみよう。

リンク先:BILGLOBE モバイル

Twitter をフォローする!skyblue_1985jp



怪しい WiMAX2+ が価格更新。月額 2,166 円で 100 GB の破格!!

昨日 FUJI Wi-Fi の SIM が良さそうと記事に書いたばかりだが、例の怪しい WiMAX2+ もまた値下がりしていた。

筆者が購入した時は 一括 27,000 円(1ヶ月あたり 2,250 円)で、コスパには超が付くほど満足している。

ところが同じ商品が 一括 26,000 円に値下がりしているではないか。



月額 2,166 円で 100 GB って・・・

同 SIM カードは Amazon で一括購入できる仕組みで、購入すると開通作業が行われて発送される。 

(購入から 12 ヵ月間有効なので通信費を前払いする感覚だ)

毎月 100 GB までデータ通信可能で本家 UQ 契約とさほど変わらない印象だ。

何かオチはないのか?と聞かれれば WiMAX2+ 仕様の直近 3 日間 10 GB 制限というものがあって、使いすぎると一晩 1 Mbps に制限されるくらい。

使いすぎると月末まで遅いなんてことがないので安心したい。

(画像は W05 ルーターで、セット購入するとこれが付属する)

WiMAX2+ 専用ルーターでしか動作しないため、自分で準備するのが不安な人は+ 4,000 円でルーターセットを購入するといいだろう。

出先で使うのはもちろん、自宅でしか使わない人は L01s を購入して、ホームWi-Fi のように使うと便利だろう。

このルーターと BIGLOBE モバイルなどの MVNO を使えば、もはや月額 3,000 円台で何不自由ない生活ができるはずだ。

Twitter をフォローする!skyblue_1985jp



【在庫限り】iPhone7 SIMフリー未使用品、底値 34,800 円(税込)に更新。キャッシュレスで5% 還元の破格!

今日から 2 月ということで、秋葉原は新生活応援セールまで大閑散期に突入する。

しかも今年は新型コロナウイルスによる中国人観光客の激減もあいまって、電気街のお店は気合の見せ所になるだろう。

そうした事情を分かっているかのような iPhone 値下げセールを発見した。



iPhone7 (8)一律 1,000 円値引きセール

確認できたのは「じゃんぱら」秋葉原 5 号店および各店舗で、iPhone7 と 8 が中古・未使用品とわず 1,000 円値下げになっている。

これにより未使用品 iPhone 7 が 34,800 円と相場を大きく切り離す安さとなった。

しかも同社は 5% キャッシュレス決済の事業者として対象になっているため、iPhone7 だけでも 1,740 円戻ってくるはずだ。

中古品は外装の状態によって価格が分かれており、中には Product Red などレアカラーも混ざっている。

今のところ通販サイトでの併売は確認できていないが、店頭に行ける人は在庫状況などを問い合わせてみよう。

セール期間は 2 月 11 日までとされている。

リンク:じゃんぱら通販サイト

Twitter をフォローする!skyblue_1985jp



ビックカメラ、新品 SIMフリー iPhone XS を実質 59,840 円で購入できるチャンス到来・・・

昨晩、ヨドバシカメラとビックカメラがネット通販でSIMフリー iPhone XS の販売を開始したとケータイ watch が報道した。

確認してみると確かに XS のみが販売されていて、しかも元の価格から数万円安くなっている。

64 GB が 74,800 円 (税込) と既にお買い得だが、2 月の au Pay 20% 還元キャンペーンを駆使すれば実質 59,840 円で購入できる。



2 月 10 日から店頭で購入する場合

対象になる店舗は SIM フリー iPhone を扱うビックカメラ有楽町店およびビックロに限定されるものの、

au Pay で 64 GB  74,800 円(税込)を購入した場合、20% にあたる 14,960 円分がポイントとして戻ってくる。

(昨年に傷ありの中古品が同等のセールになったことはあったが、それでも破格だった)

型落ちとはいえ iPhone XS は超ハイエンド端末であり、新品にして実質価格 59,840 円は考えられない破格。

容量 256 GB にしても実質 69,840 円であるため、片手で持ちやすい 5.8 inch を検討している人は「買い時」と言えるだろう。

 

高まる eSIM の期待に応えられる

ところで iPhone XS は物理 SIM の他ソフトウェアの eSIM が利用可能で、今年ようやくトレンドになる兆しが見えてきた。

すでにベータ版をリリースしている IIJ mio が新たな eSIM サービス開始を予告しており、MNO としての楽天モバイルは Rakuten Mini でのサービスを開始させたばかり。

さらに総務省が既存キャリアに対して eSIM の制限を解放するよう求めており、実現すれば MVNO が参入してくるだろう。

そうなれば iPhone XS は型落ちどころか最新のトレンドにのった Dual SIM iPhone となるはずだ。



最後に

本キャンペーンをフルに活用するには au Pay にクレジットカードでチャージすることだ。

1ヵ月あたりのチャージ上限は 10 万円となっているが、例えば楽天カードからチャージすると 1% (1,000 ポイント)戻ってくる。

還元率は 21 % に底上げされるため、こうした応用も追究していきたい。

とくに携帯電話は 2 万円を上限とする割引で規制されているため、iPhone XS なら年度末以上に安く買えることになるだろう。

出典:IIJmioの「eSIM」、新プランを今春発表へ

Twitter をフォローする!skyblue_1985jp



au Pay 20%還元キャンペーン、スマホ割引規制の穴をつく。 2 ~ 5 万ポイント還元のチャンス・・・

既報のとおり 2020 年 2 月 10 日から au Pay の 20% 還元キャンペーンが告知されている。

還元額はステージ 1・2 で上限 30,000 ポイントと太っ腹で、15 万円までの買い物が 20 %還元 の対象になる。

となるとキャンペーン中にキャリアでスマホを購入した場合、法律で定められた 2 万円の割引上限よりお得に購入できることにお気づきだろうか。



iPhone11 Pro 256 GB が実質 10 万円以下・・・

例えば au iPhone 11 Pro 256 GB を MNP 新規契約したとしよう。

本体価格 144,720 円(税込)を au Pay で支払うと、まず au Pay ボーナス 20 % (28,994 ポイント)が還元される。

(au Pay 対応店舗であればドコモやソフトバンクでの買い物も OK )

さらに電気通信事業法で定められた 2 万円を上限とする割引が量販店ポイントなど何かしらの形でバックされるだろう。

(iPhone11 Pro 256 GB の au Online Shop 価格は 144,720 円)

すると合わせて 48,994 円分ポイントバックされ、実質 10 万円以下で iPhone 11 Pro が買える勘定になる。

ここまで還元されるのは  2019 年 10 月 1 日の改正電気通信事業法施行から久しぶりのことだ。

キャリア施策の 2 万円と au Pay ボーナスを合わせれば、例え 5 万円のスマートフォンだとしても合計 3 万円分の還元が得られるはず。

必ずしも高額な買い物をする必要はないのだ。



キャンペーンをフル活用する方法

さらにエグイ話があってクレジットカードで au Pay にチャージすれば還元率が底上げされる。

2 月 10 日のキャンペーンに参加予定の人は、クレジットカードから au Pay に 20 万円チャージしよう。

(VISA と JCB はあまり対応していないので注意)

1 月中に当記事を読んでいる人は、本日(1 月 30 日)と明日(1 月 31 日)まず 10 万円チャージできる。

1 ヶ月のクレジットチャージ上限は 10 万円なので、2 月のキャンペーン前にもう一度 10 万円チャージして 20 万円となる。

別に現金チャージしても構わないが、こうすればクレジットカード会社からも 20 万円分のポイントを二重取りできるのだ。

(au WALLET アプリはまもなく au Pay に呼称が統一される)

お勧めなのは au ポイントに統一できるエポスカード、もしくは還元率 1 % の楽天カード。

携帯電話の購入に関しては総務省から指導が入らなければの話にはなるが、キャッシュレスは経済産業省の管轄なのできっと大丈夫だろう。(知らんけど)

そして高額 iPhone を狙っている人は間違いなく年度末よりも 2 月がチャンスになるだろう。

Twitter をフォローする!@syblue_1985jp



音声契約で AQUOS Sense3 一括 14,800 円!!goo simseller 梅の花満開ウィンターセール開始

OCN モバイル ONE の SIM と端末を提供する goo simseller が 1 月 28 日より特価セールを開始した。

音声 SIM とスマートフォンをセット購入すると大きな割引が受けられる。中でも魅力的だと思った物をいくつか見ていきたい。



Dual SIM 対応になった AQUOS sense3 

まず挙げたいのが SHARP AQUOS Sense3 だ。安心の防水に 169g の軽量ながら 4,000 mAh の大容量バッテリーを搭載。

シリーズ初となる待望の Dual SIM にも対応し、仕事とプライベートで SIM を使い分けることも可能となった。

しかも Dual SIM なのに Felica 搭載という嬉しすぎる仕様で、この価格であれば即買いであろう。

SIMとセット契約で 14,800 円(税抜)、さらに「あんしんモバイルパック」加入で 3,000 円OFF となり初期手数料分が 0 円になる。

 

不動の人気ファーウェイ P30 lite

もう一つお勧めしたいのがファーウェイ P30 lite で価格は 一括 5,280 円(税込)。

上位機種に P30 Pro, P30 が存在していて、P30 lite はエントリーモデルとなる。

ところがカメラはトリプルレンズ、DSDV 対応で画面解像度は Full HD+ と高精細でベゼルレスが美しい。

RAM 4 GB に顔認証、指紋認証を備えもはや格安スマホの領域を超えている。

昨年 10 月に始まった割引規制に影響され、いま家電量販店で SIM とセット購入しても相場は 14,800 ~ 17,800 円となっている。

ただし go simseller は本体価格が元から低価格であるため、今回一括 5,280 円(税込)の破格を実現した。

(P30 lite は初期手数料 3,000 円+税が請求される)

コスパ重視でスマホを選ぶならば、これ以上にない一台と言えるだろう。



最後に

やはり goo simseller はとても強い。デバイスが独自価格になっているため、うまく操作して総務省に怒られない程度にセールを仕掛けてくる。

OCN モバイル ONE の SIM に関してもピーク時に遅くないシステムが採用され、音声通話付き 1 GB プランは 1,180 円(税抜)まで安くなった。

スマートフォンの買い替えを検討している人にはピッタリのセール。気になる人は goo simseller をのぞいてみよう。

セール期間は本日 1 月 28 日~ 2 月 12 日(午前 11:00)までとなっている。

リンク先:goo simseller

Twitter をフォローする!skyblue_1985jp



Surface Book 2 が 15% OFF!10%還元 + 5,000 ポイント付与の大特価に・・・

2019 年の年末セール以来、ずっと割引されずに販売されてきた Surface Book 2 が久しぶりに値下がっている。

Microsoft 公式キャンペーンにつきビックカメラやヨドバシカメラなど各量販店や通販サイトでも実施中。

最小構成モデル(Intel Core i5/ SSD 256 GB/ メモリ 8 GB) でも通常より 30,000 円安く 173,800 円(税込)

上記量販店では 10 % の通常ポイントと限定 5,000 ポイントが付与されて超お買い得だ。



2 年以上使った Surface Book の魅力

Surface Book は Microsoft Surface シリーズで最もスペックが高く、グラフィックボードを内蔵する物もある。

ディスプレイとキーボード部分の両方にバッテリーが入っていて、駆動時間は 17 時間。

出先で長時間使う人ならクリエイターも含めて万人に向いている。

また無機質なデザインは木目調のテーブルと調和性があり MacBook に引けを取らないドヤれる一台なのだ。

タブレット部分だけでの利用、ディスプレイを逆さに装着するなど使い方は多種多様でキーストロークもしっかりしている。

という視点で見ていくと筆者の知る限り Surface Book 以上の物は初期シリーズ発売から 4 年が経つ今日でも存在していない。

セールは 2 月 9 日で在庫がなくなり次第終了するとのこと。購入を検討していた人は今が絶好の買い時だろう。

リンク:ビックカメラ ヨドバシカメラ

Twitter をフォローする!skyblue_1985jp



【速報】Rakuten Mini が無料サポーターに発売開始!購入で18,000 ポイント、実質 3,800 円の破格!!

楽天モバイル無料サポータープログラムが 20,000 人追加で募集がかかった。

前回に落選してしまった人が優先的に選ばれる仕組みで、4 月から始まる本格サービスに現実味がおびてきた。

そして同時に Felica 搭載ながらクレジットカードサイズの Rakuten Mini が 23 日、本日より限定的に発売される。



購入で 18,000 ポイントもらえる!!

購入できるのはリアル店舗となっていて、これから楽天モバイル無料サポーターになる人が購入すると18,000円分の楽天スーパーポイントが付与される。 

(既存サポーターが機種変更する場合は対象外とのこと)

対象店舗は楽天モバイル恵比寿店、渋谷公園通り店、池袋東口店、名古屋栄店、心斎橋店、神戸三宮店と 6 店舗のみ。

また購入すると楽天スーパーポイント 18,000 円分が付与されるため、一括価格 21,800 円(税込)に対して実質 3,800 円で買えることに。

同社に問い合わせたところポイントが付与されるのは 3 月下旬までを予定していて、通常のポイントよりも還元に時間がかかるとのこと。

Rakuten Mini はクレジットカードサイズながら Felica 搭載、eSIM で動作するなどオリジナリティが高く注目されている。

Twitter をフォローする!skyblue_1985jp