料金的な話」カテゴリーアーカイブ

au ZTE a1 (ZTG01) MNP 価格一括 37,980 円(税込)+ 1 万円キャッシュバック

8 月 5 日より au  ZTE a1 (ZTG01)が発売開始となった。

5G 対応キャリアスマホとしては最安値で、本体価格は 59,980 円(税込)。購入者には au Pay 残高 10,000 円分がキャッシュバックされる。

ヨドバシカメラ・アキバでは MNP 価格一括 37,980 円(税込)にて販売中。 キャッシュバックを合わせて実質 27,980 円になるとしている。

(10,000 円キャッシュバックはメーカーサイトからの応募が必要)

ただし 5G エリアが全国的に皆無である以上、あまりお勧めできたものではない。



5G とカメラに注力した印象

ZTE a1 は Snapdragon765G, ROM 128 GB, RAM 6 GB のミドルスペックで 6.5 inch 液晶ディスプレイ、4 眼カメラ、指紋認証を搭載。

(高級感があまり感じられず、少し安そうな印象がつよい)

防水・防塵、NFC/Felica、ワイヤレス充電は非対応で、5G とカメラに特化した印象だ。

触ってみると動作面での印象はわるくない。むしろ au アプリの殆どが削除可能で、自由にカスタマイズできそうな点は好印象。

ハイエンドに近い感覚である程度のゲームもできるだろう。ただし5G エリアが 3 月 26 日のサービス開始から大して広がっていないのが残念だ。

また ZTE は 2018 年に米国の制裁をうけて、当時 NTT ドコモが M-Z01 K の販売を一時中止した経緯がある。ZTE ファンであれば話は別だが 5G エリア拡大と OS アップデートの確約がみえない限り一般の人にはお勧めできない。

Twitter をフォローする!skyblue_1985jp



約 3 日間の 5000mAh 大容量バッテリー搭載。moto g7 power 未使用品 16,800 円(税込)の特価

2019 年 6 月に発売されたミドルレンジの moto g7 power が 16,800 円(税込)の特価になっている。

moto g7 power は 6.2 inch HD+ ディスプレイに Snapdragon 632、ROM 64 GB、RAM 4 GB 搭載。

控えめなスペックながら約 3 日間駆動の 5000 mAh バッテリー、指紋認証、Dual SIM 、3.5mm ジャックを備えた実用性のある 1 台だ。

惜しい点は Band 18/26  非対応で au と楽天モバイルが保証されないこと。ドコモやソフトバンクの MVNO ユーザー向けと言えるだろう。



moto g7 と moto g7 power の違い

そしてmoto g7 power と言えば、同時に知っておきたいのが無印の moto g7 の存在だ。

(ディスプレイサイズは 6.24 インチでわりと迫力がある)

スペックはほぼ同じながら 2 眼カメラ、5 GHz Wi-Fi、Full HD+、Band18/26 (auネットワーク)といった細かい点が power より優れている。

ただしその分バッテリーが3000 mAh に抑えられていて、長時間駆動の moto g7 power とどちらを選ぶか悩ましい。

ちなみに moto g7 は先月からヨドバシ・アキバで店頭特価 18,800 円(税込)が続いており、運が良ければまだ手に入るかもしれない。

性能だけで見れば最近の OPPO や Galaxy の低価格モデルのほうが上だろう。しかし歴史あるブランドの一つとして日本市場に根付いており、長年のファンが多いのも事実。

デザインは地味というおり大人びたシックな感覚があり UI だって洗練されている。この安さなら使ってみる価値はありそうだ。

リンク:じゃんぱら通販サイト

Twitter をフォローする@skyblue_1985jp



楽天スーパー DEAL!OPPO Reno A 128 GB SIMフリー、実質 27,160 円以下の激安特価!

8 月 2 日 20:00 より楽天市場でお買い物マラソンが開始。これに伴い楽天モバイル版 OPPO Reno A 128 GB が「スーパーDEAL」に指定され、30 % ポイント還元商品となっている。

38,800 円(税込)の本体価格に対し、後日 11,640 ポイント付与されるため実質価格は 27,160 円。そして楽天 SPU を合わせれば更に安くなる。



SPU 10 倍なら実質 22,280 円・・・

楽天 SPU (スーパーポイントアッププログラム)という仕組みがあって、楽天会員として同社サービスを複数利用すると楽天市場における還元率が最大 15.5 % になる。

(最大 15.5 倍までアップするが、一部は毎月リセットされる)

例えば楽天モバイル、楽天カードゴールド、楽天銀行を引き落とし口座に設定するだけで 7 倍までアップさせた筆者であれば 30% + 7% で 14,356 ポイント還元される。

この時点で実質価格は 24,444 円となり、白ロム価格の最安値 29,980 円(税込)を大きく下回る破格となるのだ。

ちなみに OPPO Reno A は Snapdragon 710、ROM 128 GB、RAM 6 GB、Dual SIM、防水・防塵を備えたバランス重視型モデル。

6 月 25 日に後継モデル Reno3 A が発売されると価格差をつけるためにセールが強化され始め、買い時となっているのだ。

現在スーパーDEAL ではグリーンが品切中。復活することもあるが、狙っている人はまめにチェックしてぜひゲットしよう。キャンペーンは 8 月 9 日午前 9:59 分までとなっている。

リンク:楽天市場 OPPO Reno A

Twitter をフォローする!skyblue_1985jp



【在庫約 100 台】iPhone7 32GB SIMフリー、未使用品 25,980 円(税込)の特価!

今月に 26,980 円まで値段を下げた iPhone7 32 GB 未使用品の白ロムが、秋葉原でさらに 1,000 円下がっている。

販売を確認できたのは「じゃんぱら」秋葉原 5 号店および同社通販サイトで、台数は 7 月 28 日 15 時時点で約 100 台。

同機種が25,000 円台を記録するのは 5 月 16 日以来ほぼ 2 ヵ月ぶりで、ようやく需要が一段落したものと思われる。

また毎年 8 月になると次期 iPhone を見据えた顧客の買い控えが起きる傾向があり旧モデル在庫をあまり抱えたくないショップの事情もあり得るだろう。

ただし古いといっても次期 iOS 14 へのアップデートが確定しており指紋認証はマスク装着しても使いやすいなどメリットも大きい。

購入のタイミングを逃していた人はチャンスが再来したと言えそうだ。

リンク:じゃんぱら通販サイト

twitterをフォローする!skyblue_1985jp



【限定 15 台】第 7 世代 iPad 32 GB SIMフリー、39,980 円(税込)の特価

4 連休明けの 7 月 27 日(月)に「じゃんぱら」新宿東口店がオープンする。

明日から 8 月 16 日までオープンセールが開催去れる予定で、その第 1 段の特価品が公式サイトで確認できる。

その中で気になった商品をいくつかピックアップしてみよう。



第 7 世代 iPad 32 GB セルラーモデル

まず注目なのが第 7 世代 iPad 32 GB セルラーモデルで価格は 39,980 円(税込)。

しかも SIMロック解除された未使用品で、アップル正規価格より 14,800 円もやすく購入できる。

iPad は新型コロナウイルスの影響をうけてオンライン授業やリモートワーク需要が激増し中古市場での需要が急増。そのため以前のような破格での購入はとても難しい。

しかも場所を選ばずに活躍するセルラーモデルはなおさら人気で、現行モデルとしては最安値とも言える価格になっている。浮いたお金でアップルペンシルやケースなどのアクセサリーに回せるだろう。

ちなみに秋葉原では 44,980 ~45,800 円(税込)で推移している。

 

Galaxy Buds+ 9,980 円(税込)

もう一つ気になるのが  Bluetooth ヘッドセット “Galaxy Buds+” で、2020 年発売時には 16,000 円を越えていた商品だ。

じゃんぱら各店舗では既に 12,800 円(税込)の特価商品であるがオープンセールでは 9,980 円(税込)と過去最安値となる模様。

Galaxy S20 シリーズ購入で貰える無料特典が未開封のまま大量に白ロム市場に出回ってホワイトだけが極端に安くなっている。

またこの他、SIMロック解除済 iPhone7 32 GB 未使用品が 24,980 円(税込)など色んな商品が出ているので是非 Web サイトをチェックしてみよう。

なお来店できない人も協賛セールが各店舗で開催されているので、そうした情報も追っていく予定だ。

リンク:じゃんぱら通販サイト

Twitter をフォローする!skyblue_1985jp



ワイモバイル、音声 SIM 契約で iPhone8 64GB 一括 21,580 円(税込)の特価!

ヨドバシカメラ・アキバにて Y!mobile と iPhone8 64GB SIMフリーのセット価格が一括 21,580 円(税込)の特価になっている。

Y!mobile コーナーで販売中の iPhone7 32 GB と同等の価格ながら 1 世代新しく容量が 2 倍の 64 GB が入手可能というお得感。

もちろんアップルのメーカー保証 1 年付きで Apple Care+ への加入も可能。Y!mobile を検討している人は購入して損はないはずだ。

注意事項があるとすれば 2020 年 7 月 22 日現在、楽天モバイル UN-LIMIT プラン非対応である点。

楽天モバイルの利用予定さえなければ今後 2 年間はメイン・サブ機どちらでも活躍するはずだ。在庫数は多くないようなので、あればラッキーくらいに考えておきたい。

Twitter をフォローする!skyblue_1985jp



【訂正済】ワイモバイル、音声 SIM 契約で OPPO Reno A が 11,000 円割引

型落ちになったかと思いきや白ロム市場での値下がりや楽天モバイルのセールなどで未だ注目度が高い OPPO Reno A。

ヨドバシカメラ・アキバでは Y!mobile との音声契約を条件に一括 11,000 円(税込)で購入できるキャンペーンが実施されていた。

訂正:一括 11,000 円ではなく本体価格から 11,000 円割引の間違いでした。訂正しお詫び申し上げます。

後継機種の OPPO Reno3 A とのセットは一括 19,800 円であることから、やはり新モデルとの差別化を目的とした値引きらしい。




スマホベーシックプラン M がお勧め

割引条件はいたってシンプルで、Y!mobile のスマホベーシックプラン M または R を新規または MNP 契約すること。

例えばプラン M を選択した場合、毎回 10 分の無料通話、10 GB のデータ通信が付いて 3,680 円(税別)。

10 GB あれば十分だが最初の 1 年間は追加料金なしで 13 GB までの利用が可能。さらにデータを使い切っても 1 Mbp 前後のスピードが維持される。

(最初の 6 ヵ月間はどのプランも 500 円の割引が入るので 1,480 〜 3,480 円となる)

以前のようなほぼ何もできない 128 Kbps とは次元が異なる制限で、360P 程度なら画 Youtube すら視聴できるのだ。

 

ヤフープレミアム会員の付加価値

さらに Y!mobile の月額料金には特典としてヤフープレミアム会員の月額が含まれている。

これはクラウドストレージを無制限に利用できたり、ヤフオクの機能制限解除、電子書籍やオンライン以上の雑誌が読み放題になるなど実用性のたかいサービスだ。

ヤフオクのヘビーユーザーほど加入率がたかく、全てのプランに月額 462 円が含まれると考えればなおお得感があるだろう。



OPPO Reno A は Y!mobile アプリなし!

最後に OPPO Reno A について簡単に触れておこう。

Y!mobile では OPPO Reno A をリリースしていないため、セット販売されるのは内部ストレージ 64 GB の MVNO モデル。

したがって Y!mobile アプリやロゴがないどころか大手 3 キャリアや UQ モバイル、MVNO など幅広い SIM カードで利用できる。

Dual SIM + micro SD スロットが用意されているので Y!mobile の他、予備で楽天モバイル UN-LIMIT を入れたりコロナが落ち着いて海外に行く機会があれば現地の SIM を入れるなど将来性も高い。

なおかつ新型 OPPO Reno3 A より CPU が高速なので、決して型落ちと思わずメイン機種を視野に入れて検討しても良さそうだ。

期間は 7 月 31 日まで。検討している人は新型コロナウイルスの感染拡大に気を付けて混雑時間をさけて来店しよう。

Twitter をフォローする!skyblue_1985jp


【在庫 250 台オーバー】OPPO A5 2020 SIMフリー、未使用品 17,980 円(税込)の特価

OPPO Reno A が 2 万円台に突入したと前記事で触れたばかりだが、今度はおなじくロングセラーの A5 2020 が 17,980 円に値下がりした。

確認できたのは「じゃんぱら」秋葉原 4 号店、5 号店および同社通販サイトで、在庫数は 7/18 午後 12:30 分現在で 250 台以上。

今まで 2,000 円ほど分かれていた MVNO 版と楽天モバイル版が同価格で、どちらを選んでもお得である。



得意の 4 眼カメラで 1 万円台はヤバイ・・・

OPPO A5 2020 は Snapdragon 665, ROM 64 GB, RAM 4 GB 搭載のミドルスペックで、Dual SIM + micro SD スロット、4 眼カメラ、大容量 5000 mAh バッテリー、Wi-Fi 5GHz、NFC に対応する。

対応周波数は大手 3 キャリアと UQモバイル、Y!mobile のサブブランド、さらに楽天モバイル版は Rakuten UN-LIMIT での動作対象である。

(もとの本体価格は 2 万円台後半。もはや SIM とセットで購入せずとも安く買える)

ディスプレイ解像度 HD+ と Feica 非対応は少し残念だが 1 万円台のスマホに 4 眼カメラがあるだけで凄い。

これまでセールで 1 万円台のスマートフォンは、CPU 、カメラ、RAM 容量などコストカットが徹底されてきた。しかし今後は OPPO や Xiaomi が従来の常識を覆すような低価格スマホが攻めてくるだろう。

 OPPO A5 2020 はまさにその 1 台に過ぎないと思われる。

リンク:「じゃんぱら通販サイト」

Twitterをフォローする!skyblue_1985jp



【在庫 200 台オーバー】楽天モバイル OPPO Reno A 128 GB、未使用品 29,980 円(税込)の大特価

余裕のスマホと呼ばれたロングセラー OPPO Reno A の白ロム価格がなんと 2 万円台にまで値下がりした。

確認できたのは「じゃんぱら」4 号店および同社通販サイトで 128 GB 版の楽天モバイルだけで 200 台を越えている。

(店頭では未開封品も見られた。運が良ければ完全な新古品がゲットできそうだ)

なお内部ストレージ 64 GB のMVNO 版も同価格であることから、余程のこだわりがない限り楽天モバイル版を選んだ方がお得である。



2 万円台で増したさらなる魅力

OPPO Reno A は 2019 年 10 月に発売されたミドルスペック端末で、Snapdragon 710、ROM 64/128 GB、RAM 6 GB を搭載。

さらに Dual SIM + micro SD スロット、 Felica、 Wi-Fi 5GHz、グローバルバンド、有機EL Full HD という大きな付加価値がくわわって幅広い年齢層から支持を得た。

楽天 UN-LIMIT と大手 3 キャリアにも対応しており、Y!mobile や UQ mobile などのサブブランド、MVNO 等使いたい SIM はほぼ対応する。

現在は 4 眼カメラ搭載の OPPO Reno3 A が後継機種として注目されているが、2 万円台に突入したことで Reno A の存在感が再び大きくなってきそうだ。

リンク:じゃんぱら通販サイト

Twitter をフォローする!skybule_1985jp



楽天モバイル Galaxy A7 SIMフリー、未使用品 15,850 円(税込)の特価!

楽天モバイル向けに SIMフリーで販売された Galaxy A7 の白ロムが久しぶりに値下がり傾向にある。

ネット通販では 15,000 円台を記録しており、楽天市場「電子ワールドいち」では 15,850 円(税込)で販売中。

楽天 SPU プログラムで最大 2,456 ポイント戻ってくるから破格。

Galaxy A7 はサムスン独自チップ Exynos 7885、ROM 64 GB、RAM 4 GB 搭載のミドルスペックで 3 眼カメラ、指紋認証、顔認証、NFC に対応。

ディスプレイは 6 inch Full HD+ で美しく、Rakuten UN-LIMIT の他、ドコモや au 回線の MVNO でメイン機種として十分役に立つだろう。

カラーはブラック、ゴールド、ブルーの 3 色展開で楽天モバイルの特価セール品が流れて全体的に相場が下がりつつある。

ミドルスペックでこの価格は買いであり、実機をみたこと無い人は楽天モバイルを扱う量販店でぜひチェックしてみよう。

また週末から月末にかけての価格変化を注視していきたい。

リンク:電子問屋ワールドいち

Twitter をフォローする!skyblue_1985jp