日記・」カテゴリーアーカイブ

オレ氏、エポスプラチナカードを発行!!「海外行く人にお勧めだった」という話・・・

過去に何度もエポスカードに関して書いてきたが、2006年から12年以上使っている筆者愛用のカード。ゴールドカードは特典が多い割に年会費無料で、誰にでもお勧めしたい一枚。

(ゴールドカードからプラチナへのお誘いがあった場合は年会費2万円)

 

逆に、最上位のプラチナに関しては特に必要ないのでは!?という意見を述べてきた。そんな筆者がこの度、プラチナカードのインビテーションを受け入れた経緯を日記として書いておきたい。



①海外への格安旅行に、安らぎのひとときを

日本では、多くの空港にクレジットカード保有者向けのラウンジがある。一般的にはゴールド会員のみが利用できるのだが、決して豪華ではないし空腹を満たしてくれるわけでもない。ジュースやコーヒーが飲み放題で、ゆっくりできる空間があるくらい。

(プライオリティ・パスの中でも利用回数が無制限、最も高価なプレステージ)

 

ところが、エポスプラチナ会員になれば軽食やアルコール類が用意された、有料ラウンジが世界600カ国以上で利用できる。そのため、格安航空で旅費を安く済ませながらも、上級ラウンジでゆっくりできるという、旅の楽しみを深める事ができる。

 

ちなみに有料ラウンジを利用するにはプライオリティ・パスと呼ばれれるカードが必要になるのだが、プラチナ会員は無料で発行してもらえる。LCCで海外によく行く人なら、毎回の空港での飲食代を浮かせることができるだろう。

 

②普段のポイント+ボーナスポイントが嬉しい

年間のクレジットカード利用額が100万円を超えれば、ボーナスとして2万分のポイントが還元される。この時点で年会費2万円はすぐにペイできるし、100万円毎に追加で1万ポイントずつ付与されるのもプラチナ会員のみの特典だ。

(500万円以上は付与率が悪くなるが、それでも1,500万円の決済までボーナスがあるのはやばい・・・)

 

誰かに頼まれた大型の買い物を建て替えるなど、工夫すれば自分のお金を使わずして、大きなボーナスポイントを稼げるだろう。出費が膨らむだけなら本末転倒。しかし知恵を振り絞れば銀行の預金口座に眠らすよりもずっと大きなリターンとなるはずだ。



最後に

年会費2万円と聞けば「え、クレジットカードなら年会費無料の物で十分じゃないか。なぜわざわざそんなに払うのか理解できない」というのが筆者の基本的な考え方だ。

 

その考え方に反してまで入会したのは、LCC利用でも上級ラウンジが使える事、ポイント還元率が大きくなる事、付帯保険が最高1億円と充実していること、ショッピング枠がゴールドの倍(人による?)になり大きな信頼を得られるという特典に2万円以上の価値を感じたからだ。

 

あとは12年以上連れ添った、愛だろう。これは大事。

(ゴールドカードだった絵柄がプラチナに変わっているApple Pay)

とりあえず1年間、本気で使ってみようと思う。思った以上ならば1年後に絶賛したいと思う。期待以下なら、それもそれでレビューしたい。ひとまず、ゴールドカードの誰でも持ってる感は薄れただろうか・・・

Twitterをフォローする!skyblue_1985jp



これは悲しい!!PayPayキャンペーンに参加できなかった人たちの話・・・

100億円キャンペーン開始してから初めての土曜日。金曜日までにPayPayの存在を知った人たちが、一斉に買い物にでかけたようだ。夕方頃からユーザーが集中し、一時的に利用できない状況に陥った。

 

想像を絶する程にユーザーが増えたという見方もできるが、実は「そもそもPayPayが使えない」という人も多くいた。



①JCBカードが登録できない

クレジットカードから金額を指定してチャージすることができるのは、そもそもVISA、Masterまたはヤフーカードのみ。持っていない人は「ヤフーマネー」を通して銀行口座を登録するのだが、JCBカードが登録できない事態が発生。

LINE PAYカードのようなプリペイド式などではなく、堂々としたJCBカードが登録できないという残念な仕様。筆者が7日夜に行ったツイキャスでは、この理由で参加できない人が散見された。

 

②ヤフーマネーの銀行口座が限られている

次に多かったのが、自分の持っている銀行口座が登録できないケース。銀行口座の対応一覧表を見ると、大手都市銀行の他に日本には実に数えきれない程の都市銀行、信託銀行などが存在している。

(今回の教訓から、せめて「ゆうちょ銀行」は持っておきたいところだ)

 

さすがにサービス開始したばかりだけあって、クレジットカードは持たない主義、でも銀行口座が対応していなかったという人も見られた。



③こんなんで大丈夫!?

無事に使えた人も不安に陥っている。二度に渡る障害が起こっており「使いたいタイミングで利用できなかった」とか、よく考えてみたら「100億円が尽きるタイミングなんて、どうやって告知されるのだろう」という話になっている。

 

子会社が株式上場間近というこのタイミングに、SoftBankはどういう展開を見せるだろうか。やっぱりSoftBankは云々と言われてしまう結果はあまり見たくはない・・・

Twitterをフォローする!skyblue_1985jp



12月25日まで!!DSDS+microSD対応、グースマホg08やZenfone4 Maxが980円!!OCNモバイルセールに注目!!

今年の3月、量販店では2万円台で販売されていたグースマホg08を3,800円で購入できた事があった。同時待ち受け対応でありながら、SDカードスロットは別途用意されている。

もちろんスペックは大したことないのだが、バカにできない端末。そんなg08が980円で販売されており、よく見るとZenfone4 Maxまでラインアップされている!

関連記事:キャンペーン価格3,800円、グースマホg08着弾!真のDSDS+micro SD端末をレビュー!



①OCNモバイル、goo Simsellerの超特価

980円で購入できる条件は、音声契約を結ぶこと。「なんだ、縛りがあるのか」と思われるかもしれないが、6ヶ月経てば無料で解約できる。他社へMNPできるため他社と比較すればかなり良心的だ。

筆者もHuawei nova3やg08など折に触れて利用させて貰っているが、SIMは安定のOCNなので信頼があり、年末セールは是非おすすめしたい。

 

②Zenfone4 Maxが980円はやばい・・・

そして笑ってしまう程に安いのがZenfone4 Max。2017年のフラッグシップ、Zenfone4の派生モデルだが、4,000mAhと非常に大容量バッテリーを売りにしており他のスマホを給電できる機能まで付いている。

ここまで安い理由はSnapdragon400番台の省電力チップセットを搭載していること。言ってしまえば「ゲームなどグラフィック処理は弱い。その代り通常利用に問題はない」という程度。



最後に

つい3年前まで、1万円以下で購入できるSIMフリースマホはお粗末な物が非常に多かった。しかし、そもそもの回線利用料金が安いMVNOとセットで契約すれば上等なスマホが僅かなお金で買えてしまう。

 

政府は大手キャリアへの値引きを求めるが、本当にいい時代になったと思う。情報戦を制して、携帯電話にかかる費用を抑えていきたい。

Twitterをフォローする!skyblue_1985jp



Huawei Mate20 Pro、新品がヤフオクで大暴落!メーカー保証付き9万円前後の取引続く・・・

PayPay効果と思われる事象が、様々な場所で発生している。Apple製品やニンテンドースイッチの転売は話題となったが、発売されたばかりのHuawei Mate20 Proが定価よりも3万円くらい安くヤフオクで取引されている。

安いとは言え、ヤフオクで購入するメリットはあるのだろうか。筆者の経験などからメリットや今後の価格推移について書いていきたい。



①大手キャリア端末と異なる、1年間のメーカー保証付き

大手3キャリアから販売される端末は、最初に購入した本人にしか保証がついてこない。しかし、量販店などで契約なしで購入できる新品の商品には基本的にメーカー保証が1年間ある。

 

今回、そのメーカー保証有りの転売品が多く、これを安く購入できるのであればヤフオクで買うのも大いにメリットがあるなと思う。

 

②なぜこんなに転売されているの!?

やはりPayPay効果が大きいのだと思われる。今回はHuawei公式の1万円キャッシュバック、量販店購入で10%ポイント還元が用意されている。

(ヨドバシカメラ、ビックカメラなど店頭価格は税込120,830円)

この時点で約20,000円分戻ってくるにも関わらず、PayPayで決済すれば更に24,000円戻ってくる。合計4万円以上の還元を得られるため、転売ヤーとしては価格をある程度下げても儲けが出るのだろう。



③相場はこれ以上安くなる?高くなる?

需要と供給で相場が決まるので今は何とも言えないが、個人的な感覚では8万円台まで下がると予想できる。既に92,000円で新品が落札される現状があり、この辺りで出品している人たちの在庫が捌かれない限り高くは売れないと見る。

 

間が悪いことに、日本政府がHuawei端末を利用しない事を決定したこと、Huawei副会長がカナダで身柄を拘束されるなど相当ネガティブなニュースがあった。これを受けて「Huwaeiを買ってみるか」と思っていた人たちがどう動くかにも左右されそうだ。

 

最後に

もしヤフオクで購入する場合、国内版と海外版SIMフリーモデルが混在していることに注意しよう。中でも中国版はGoogleアプリが一切入っていないため、この辺りはよく見て判別する必要がある。

 

海外版はauでの利用が保証されていない、メーカー保証がないというデメリットがあるため、不明な点があれば出品者に質問してみよう。Mate20 Proは筆者も香港で購入したが、完成度は今年の1位、2位を争う程なのでお勧めできる。

Twitterをフォローする!skyblue_1985jp



注文から2日で着弾!! Essential Phone PH-1が半額26,800円、楽天スーパーセールまだ在庫あり(*´ω`*)(*´ω`*)

PayPayサービス開始で盛り上がった12月4日の夜、実はもう一つ狙っていた者があった。当ブログで何度か話題にするも、少し高額で手が出せなかったEssential Phoneだ。

 

ご存知の方も多いと思うので詳しい説明は割愛するが、Androidを開発した人が作った全く無駄のないスマートフォンだ。そう、言わばPixelのようなコンセプトでアップデートへの注力も凄い。それが49%OFFで購入できる!!



①SIMとセット購入が条件、まだ売ってる!?

海外でしか販売されなかったものの、技適が通過しており既にiijなどが国内で数量限定販売したことで話題になった。去年の最高峰チップセットSnapdragon835を搭載しており、au VoLTEだって利用できるから凄い。

そんな超ハイエンドモデルが半額の26,800円(税込28,944円)で事務手数料込みだ。12月4日午後8:00から販売開始となり、秒速で買い物かごへ入れて決済。身分証明書をWebにアップロードしたところ、なんと2日後の今日届いたぞ!

 

②まだ在庫潤沢!?

まだ在庫は潤沢なのだろうか。この記事を執筆しているのは12月6日なのだが、23時48分時点でまだ売り切れていない。今から頼んでマッハで来るかは不明だが、少なくとも新品を単体で購入しても4万円以上するので圧倒的に安い。

 

回線とセットとはいえ、キャリアと異なり縛りは1年だけ。それも、不要であれば他社へのMNPとして使えば、今度はauなどのスマートフォンを一括◯◯円など超安く弾としても利用できるだろう。

 

興味がある人は是非、検討してみてはいかがだろう。今月既にケータイ買いすぎたような気がするが、まだまだ買い足りない┐(´д`)┌ヤレヤレ

Twitterをフォローする!skyblue_1985jp



SoftbankとY!mobileで大規模な通信障害!今日の教訓とDual SIMの勧め・・・

一つのスマートフォンにSIMカードが2枚入るという認識が、少しずつ広がってきただろうか。「そんなのいる?」と言われ続けたが、今日のSoftBankの通信障害で大きな教訓を得た。

筆者はカフェにいたのだが、突然Y!mobileの通信が切れたのを確認。おかしいなと思いiPhone(Softbank回線)を手に取るも繋がらない。



①災害以外、日常生活における緊急時を考えよう

ひとまずUQ mobile回線に切り替えて事なきを得たのだが、まさか大規模な通信障害が起きているとは全く思わなかった。だって今日はただの平日。大規模な災害・地震・台風など明らかな緊急事態ならわかるが、平和な空気しか流れていない。

 

そしてSoftBankが繋がらないなんてネットに接続しない限り知る由もない。そして他のキャリアは特に問題ないとのこと。もし大事な約束のあった仕事の日だったら取引先と連絡できず、慌てて公衆電話を探すような事態になっていたかもしれない。

 

②Dual SIM、Dual Standbyの勧め

携帯電話の通信は電車やバス、ガスや水道といったインフラである以上、止まっても仕方がない。今日SoftBankが責められたとしても、同じ事がdocomoやauで起こらないとは誰も保証できない。

(香港版iPhoneを利用していた筆者は、UQ mobile回線に変更して事なきを得た)

 

今回の教訓で思ったのは、「災害時以外でも通信障害は起こるのだ」という意識を高めておく必要があること。2台持つのが億劫な人にはDual SIM対応スマホが理想だろう。同じ会社のSIMを2枚入れるのではなく、違う会社同士で組み合わせでリスク分散するのだ。



最後に

当ブログでは何度もDual SIMについて触れているが、知っているけど必要性を感じないという人はぜひこの機会に検討してみよう。そして、Dual SIMという画期的な仕組みを知らない人は、DSDSで検索してみると詳しく解説しているサイトが出てくるので、この機会に調べて知識だけでも持っておくといいだろう。

このブログを書き始めたのが約30分前なのだが、まだ復旧する様子はない。このブログはWiMAX2+回線で書いているが、これが「SoftBank回線だったら繋がらなかったのだろうか」と思うと恐ろしい・・・

Twitterをフォローする!skyblue_1985jp



docomo withばら撒きか!?SIMフリー iPhone6s 32GB 未使用品が34,800円で出回る!!~今週の秋葉原~

12月に入ったというのに、23度を記録した秋葉原。非常に暑かったのだが、PayPay払いでビックカメラが盛り上がり、ヨドバシカメラはHuawei Mate20 Proで賑わっていた。

中古市場はどうかといえば、キャリア版 iPhone7, 8がかなり品薄になっている。最も集まっているのはiPhone6sの中古。Appleが販売を終了したものの、まだ現役で数年使えるはずだと考える人が多く、回転率も高いようだ。



①docomo withから流れてきた!?未使用品iPhone 6sが特価

そんな中で目立ったのが、SIMロック解除されたiPhone 6s 32GB未使用品。34,800円(税込)に値下がっており、SIMフリー iPhone SE 32GBとの価格差が縮まった。

高い確率でdocomo withで契約された物だろう。機種変更手続きをしない限り、永久に毎月1,620円の割引を受けられる施策で、SIM目当てで本体は転売するという人が目立つ。

 

②バッテリー交換プログラムは大混雑で大変・・・

そういえば、年内は3,200円でiPhone6以降のバッテリー交換を行ってくれるApple公式プログラムだが、かなり混雑しているらしい。予約を取り、ストアへ趣き、待ち時間を潰すという一連の流れで疲れてしまうようだ。

 

年内に間に合わなければ、来年からは通常どおりの修理価格(8,000円以上)に戻ってしまうので、中古で購入してバッテリー交換を考えている人は、「年内間に合わないかもしれない」という覚悟が必要だろう。そういう人には、全く使われていない価格の下がった未使用品がお勧めとなる。



最後に

余談だが、中古のiPhoneやiPad、MacBookもPayPayで支払いえるお店がある。ビックカメラ傘下のSofmapが該当しており、秋葉原リユース総合館の地下、そしてすぐ近くのMacCollection館が該当する。

(リユース総合館地下。ここにも中古PCやタブレットが多く並ぶ)

さすがに8%のポイントは付与されないが、中古品が20%安くなるのは嬉しい。100億円はまだ尽きないと思うので、掘り出し物目当てで週末足を運んでみてはどうだろう。10万円までの会計がタダになることもあるらしい(笑)

Twitterをフォローする!skyblue_1985jp



ビックカメラでwena wrist proを買おう!公式キャッシュバック5,000円+PayPay払いで20%OFF!!

今年のベスト・バイに選出したいのが、筆者がアンバサダーを務めるwena wrist。初代はお財布ケータイが売りだったが、ディスプレイが追加されただけでまるで別物に進化したのがproだ。

(腕を挙げれば時刻と日付が表示され、SNS通知まで読める優れもの)

バンドが20mmに細くなったことで軽量化され、念願のバンド単品の販売が当たり前という嬉しい流れができた。さて、そんなwena wristがキャッシュバックを行っている。このPayPayのビッグウェーブにのるしかない。



①wena wristバンド単品でも3,000円還元

キャッシュバックの対象になるのはwena wrist pro、及びactive。使いたい時計のヘッドは既に持っているという人は3,000円、好きなwenaヘッドを同時購入すると5,000円戻ってくる。

(筆者も今年、念願のバンド単品を購入。Paul Smithのヘッドと合体させた)

(今年も様々なコラボモデルが登場した。毎回欲しくなってしまう)

 

注意したいのは「ヘッドとバンドが最初からセットになったモデルはキャッシュバック対象外であること」だ。

 

②PayPayで支払えばタダになる可能性も(*´ω`*)

ところでPayPayのキャンペーンが話題だが、10万円までの決済であれば、40人に1人の確率で全額還元される。バンドとヘッドが全部タダという強者が現れるかもしれない。

 

当たらなくとも、20%安くなる上5,000円キャッシュバックされるので買うなら今だ。購入期限は25日、応募締切は来月18日までとなっている。この一年を頑張ったご褒美や、恋人とペアで持つとか色んな記念にお勧めしたい。

詳しい応募方法:wena公式ページ

Twitterをフォローする!skyblue_1985jp



まるでBack to the FutureⅡ!ヨドバシ.comの配達が進化しすぎてワロタww

昨日、Pixel3 XLのケースを調達しにヨドバシカメラへ行ったのだが、残念ながら在庫がないとのこと。仕方ないからオンラインのヨドバシ.comでお目当ての物を発注。

 

翌日12時までに配送で確定。ここまでは、別にAmazonでも何でもネット通販では特に変わった事はない。ひとまず「明日は午前中ヨドバシが来るまで外出できないな」と思うくらいだった。



①配送業者が選べるようになっている

ところで少し話がそれるのだが、注文を確定する際に配送業者を選べるようになっていた。これはいつからだろう。あまりネット注文をしないため、もしかしたら以前からできたのだろうか。

追加料金がかかっても「この業者を指定したい」という人には良心的な配慮だし、日本のどの地域にでも確実に届けたいという顧客満足度を高める姿勢がヨドバシカメラらしいなと思った。

 

②商品の配達時刻が指定されてきた!!

ここからが本題。今朝、ヨドバシ.comから来た商品発送メールを開くと商品お届け時刻なる物が記載されていた。なんと10時17分頃という指定があったのだ!

分単位で配達時刻を宣言するサービスは私の知る限り初めてだ。電車ならともかく、交通事情で左右されるはず。実際どうなのだろうと、ワクワクしながら待っていると、

「ピンポーン」と鳴り、無事に届いた。2分くらい早かったかなと思ったら、ちゃんと受け取り時刻がメールで配信されている。なんて素晴らしいんだ!

(おかげで、お目当てのPixel3 XL純正ケースがゲットできた。後日レビュー予定)

 

映画Back to the FutureⅡで、雨があと何秒でやむかをぴたりと予測できるシーンが登場する。その際、ドクが「郵政省もこうだったらいいのにな」という発言をするのだが、まさにあの場面を思い出してしまった。

 

ヤマト運輸や佐川に頼らず、独自の配達部隊を持ち、しかもサービス向上を忘れないヨドバシカメラ。最高にクールだと思ったし、何なら今日これから用もなくヨドバシ行こうと思うくらい好きになった。

Twitterをフォローする!skyblue_1985jp



【レビュー】Pixel3 XLは一体どんな人向け!?~Google時代を生きる人へ~

前回、Pixel3 XLは「徹底したシンプルさゆえ、ベゼルレス画面や単眼レンズの迫力が凄い」という趣旨の記事を書いた。キャリアモデルでもないのに、このご時世にシングルSIMやMicro SD非対応を貫き、メモリだって4GBしかない。

(関連記事:【レビュー】オレ氏、Google Pixel3 XLを入手!!謹製スマホの一体何が凄いのかを探る①~第一印象編~

しかし「最小構成で最高のパフォーマンスを出す唯一の端末」という捉え方もできるだろう。Snapdragon845搭載のためコストは高くなるが、価格以上の価値はある。それにしても、Pixelとは一体どんな人に向いているのかを考えていきたい。



①真のAndroidを追究したい人

全Androidスマホのお手本となる謹製OSには、他社メーカーがあまり搭載しないような機能まで備わっている。例えばAndroid6.0からはSIMトレイを開いてもシャットダウンしない、ホットスワッピング機能が搭載されている。

安全の目的か、日本キャリアから出るスマホは何故かこの機能を搭載していない。普段Pixelを使っていれば、こうした細かい仕様はメーカーが潰しているのか、Android自体がサポートしていないのかを推測することができるだろう。

ちなみにAndroid Pieではナビゲーションキーが変更された。従来の「戻る、ホーム、タスクキー」が統合され、若干慣れが必要な程。しかしSamsungやHuaweiなど大手メーカーのAndroid9にはまだ搭載されていない。

 

Androidを勉強する人、アプリ開発や検証を行う人は、このような小さくも重要な変化に気づき、対応する必要があるだろう。そうなるとPixel3が必要になってくるわけだ。

 

②Google時代を生きている人へ

自分の生活を振り返ってみるとYoutubeを見てChromeでネットサーフィンをして、Google Mapで目的地を探したり、何もかもGoogleにお世話になっている事に気づく。

これはiPhoneユーザーとて同じこと。Youtube、Google Map、Gmail、GoogleカレンダーをiPhoneに入れている人は多いはず。

 

Googleファンはもちろんのこと、もう少し踏みこんだ領域、言い換えればGoogleで今を生きている人あれば是非Pixel3を持っておきたい。

 

特にYoutubeやブログで生計を立てたいという人はPixel3を持つ事で、モチベーションを維持したりGoogleをより身近に感じるようになるはずだ。「これを持っているからには、前に進むしかない」と。



最後に

そんなわけで、アプリ開発、研究者はマストアイテムとして持っておきたいし、ブログやYoutubeで生計を立てるなど、本当にGoogleの存在感を大きく感じる人が是非持っておきたい端末に仕上がっている。

ROM512GB、RAM8GB、デュアルレンズカメラに画面内指紋認証など、バケモノ級のスマホが増えてきた中で、本当に欠かせない物は何かを教えてくれる。10万円出してでも持っておきたい一台なのだ。まさか、Twitterをやるためだけに持っているだなんて、一言も言っていない・・・

Twitterをフォローする!skyblue_1985jp