日記・」カテゴリーアーカイブ

ダサいと思ったら最高だった、Galaxy Note10+ をレビュー【第一印象編】

当ブログでは最初 Galaxy Note 10/10+ をかなり酷評していた。

「何を売りにしたいのかわからない」とか「完全に行き詰まった」といった具合で、今年だけはスルーしようとまで言っていた。

しかし当然ながら買ってこそ見えてくる景色があるわけで、わざわざ香港まできて購入。その第一印象をお届けしよう。



特徴なきデザインは特徴的

商品を手にとってまず思うのは「何とも特徴のないデザインだ」ということ。

面積を求めたくなる長方形で「オシャレでも何でもないな」と、いちどは率直にガッカリした。

しかしよく考えてみよう。昨今は「ノッチ」や「可動式カメラ」など iPhone や中国メーカーのデザインが主流である。

そうしたスマートフォン市場の文脈においては、だれもやってない「新しさ」を感じたのも事実。

しろそのシンプルさこそがデザインで、他社メーカーと差別化できた要素だと筆者は解釈している。

すると全てが新鮮にみえてきて、パンチホールすら斬新に感じられるようになった。

奇抜なデザインを追究するよりも、あえてシンプルにしたのは吉と出たのではないだろうか。

 

戦略的なデザイン戦略

外観に欠かせない話題はもう1つ、エッヂディスプレイだろう。

表面および背面のエッヂが均等で、結果的に取り回しやすさに繋がっている。

とくに Note9 と比べれば違いは歴然で、何なら無印 Note10 が不要に思うほど片手操作がすいすいだ。

余談だが 2016 年にお蔵入りとなった Galaxy Note7 がまさにこの手法をとっており、マニアックな人は懐かしさを感じるだろう。

(ちなみに S ペンは少しだけ取り出しやすくなった印象だ)

 

透明性と統一感あるブラック

ところで購入したカラー Aura Black は透明感ある色で、くろぐろしていない様子がとても美しい。

Xperia XZ Premium のディープシー・ブラックのような透明感で、高級感あるのは言うまでもない。

またディスプレイと筐体背面のカラーが 1 色に統一されている部分にカッコよさを感じたのでこれを選んだ。



最後に

というわけで最初は「ダサい」としか感じていなかった Galaxy Note 10+ は「久しぶりにきてる!」と言えるほどに美しく取り回しやすかった。

表面と裏面をつなぐエッヂの使われ方、ブラックの透明感など文句のつけようがない。

では肝心の中身はどうなのか。しばらく使っていろんな角度から少しずつレビューしていきたい。

Twitter をフォローする!skyblue_1985jp



SFC カードで倍増する、 ANA マイルの贅沢な使い方

「Galaxy Note 10 を買いに香港へいこう」と思い立ったものの、直近すぎるスケジュールは航空券がとても高い。

ならば輸入した方が圧倒的に安くなるし、金額的に現地までいくメリットがまったくない。

そんな時に活躍させたいのが航空会社の貯まったマイル。

今回は「来週行きたい!」というタイミングに 20,000 マイルを使って ANA 便をゲット。



SFC カードで体験を最高級へ

ところで SFC カード保持者ならばタダで乗る飛行機に豪華な特典がついてくる。

まずはビジネスクラスと同じ保安検査レーンを通過し、本格的な食事ができる ANA ラウンジへ直行だ。

(何のことはない、手荷物検査をうける場所なのだが混雑している時に助かる)

お酒も無料で揃っていて、親身なスタッフができるだけ力を貸してくれる。

そして搭乗に際してはエコノミークラスでも最初に案内されるので、まだ誰もいない機内を見渡しながら着席。

すると CA さんが挨拶にやってきて「いつもご利用ありがとうございます。何かお持ちしましょうか」と気にしてくれるのだ。

 LCC ではないので機内食と飲み物はもちろん、上映されたばかりの映画も楽しみの1つとなる。

(6 月は映画ドラゴンボール最新版が上映されていた)



SFC の醍醐味を見つけた気がした

ということで航空会社のマイルは「~に行きたい」と思い立った時、高いエアチケットを避けられる強さがある。

このマイルでの回数を SFC カードでくり返していると、ほんとうに「あぁ、SFC 修行してよかったな」と思えてくるようになるはず。

 

飛行機にのらずしてマイルを貯めて、タダ同然で世界を旅していく。まだ諸先輩方にはぜんぜん至らないが、そういうことをやっていきたい。

というわけで、そろそろ搭乗時間なので香港へ行ってくる!!(デモには近づかないように・・・・)

Twitter をフォローする!skyblue_1985jp



Galaxy Note 10/10+ を買いに香港へ!デモを回避して帰国できるのか!?

毎年恒例の Galaxy Note の時期がやってきた。なんだかんだ買ってしまうこの衝動はもはや病気と言えるだろう。

グローバルの発売日は 8 月 23 日だが一刻もはやく欲しい。

ならば「香港まで買いに行くか」と思いたち、ピックアップすべく予約を入れるのだった。



Fortless と Broadway で予約

香港の中心街(旺角など)には多くのキャリアショップや家電量販店が並びわりと簡単にスマホが買える。

我想买这个 ( I want to buy this. ) と言って現金を払えば終わるので難しいことは何一つとしてない。

しかし今回は発売前であり、予約しなければならない。しかも「デモを避けて即帰る」という課題も忘れてはならない。

それを考慮して Fortless および Broadway と呼ばれる大手量販店にネットから予約をし 8 月 21 日のピックアップを指定。

 

空港最寄りで受け取り予定

この危険な中で「香港へ行こう」と決めたのは、空港でのデモに禁止条例がでたことがきっかけだ。

空港の安全性が確保されればこっちのもの。高速鉄道で 1 駅の「青衣」のショッピングモールを指定した。

(土日や夜の「金鐘」や「旺角」でデモが激化していると聞いている)

(Note 10 が約 94,500 円、10+ が約 102,080 円)

2 台あわせて 14,396 香港ドル。日本円で約 196,580 円を決済した。

あとは現地へむかうだけで、この記事を羽田空港で書いている。



本当に買えるのか!?タイムリミット 12 時間

香港には 21 日の午前 4 時ごろ到着予定で同日 17 時には離脱予定だ。

約 12 時間のうち 6 時間はショップの開店を待って、受け取ったら速攻で空港まで戻りラウンジで開封の儀でもすればよいが、そんな簡単にいくものだろうか。

いままで 4 回行った香港なので土地勘はそれなりにあると自覚しているが、とにかく心配や迷惑にならぬ行動を心がけたい。

これで買えなかったらどうしよう。EXPANSYS が近いので「分けてくれー」とドアを叩いてみようか(汗)

Twitter をフォローする!skyblue_1985jp



残されたVELOCE カフェ、なぜキャッシュレスを導入しない!?

ドトール・コーヒーが 9 月 2 日から iD・QUICPay を導入すると発表した。

同社は既に Suica や自社カードを導入済みだが上記 2 規格の追加により Apple Pay 対応を謳えるようになる。

チェーン店を展開するカフェは、この 1 年でキャッシュレスが著しく発達した。



単一 Felica 規格から一網打尽体制へ

例えば Suica のみ対応だったサンマルクカフェは Felica やクレカ決済システムを導入。

こうした一網打尽システムは、CAFE de CRIE、ミスタードーナツ、TULLY’S CAFE などでも相次いでいる。

かつてのように Edy や iD など単一規格しか使えない現象が改善されつつあるのだ。

 

取り残された VELOCE

そんななか頑なに現金決済をつらぬくのが VELOCE (ベローチェ)だ。

筆者はかなり頻繁に利用するのだが、さいきんでは現金しか使えず帰ってしまうお客さんも少なくない。

いまや何かしらのキャッシュレスを導入するお店が増えただけあって、同社が現金払いのみというのは、かえって目立っているのである。

決済手数料を払ってしまうと利益率が十分に確保できないのか、それとも集客に困っていないから現金にしているとか、何かしら明確な理由はあるのだろう。



色んな飲食・小売界の VELOCE が出てくる?

今回はカフェに関して取り上げ、そのなかで VELOCE だけが現金しか使えず目立っているという話をかいた。

同じようなことが他の飲食・小売店でも起こるのではないだろうか。

チェーン店のラーメン屋、雑貨屋、本屋などで「なんでこのお店は現金だけなの?」と風当たりや同調圧力が強くなれば、仕方なしにキャッシュレスはもっと進むかもしれない。

そうなれば現金主義が根強いと言われてきた日本も一気に変わるだろうか。オリンピックも控えていることだし、いい傾向だ。

そしてひとまず VELOCE は何かしらの動きを期待したい。

Twitter をフォローする!skyblue_1985jp



新型 Apple Watch Series 5、9 月にも発表か【噂が出始める】

2015 年の登場から毎年あたらなアップル・ウォッチが発売されている。

Apple Watchをプレゼンするティム・クックCEO(2015年)

それも決まって iPhone とともに発表・発売されており、今年も新作がでても不思議ではないだろう。

2019 年モデル(シリーズ 5 )も少しずつだが噂が出てきている。



セラミック、チタンモデルの登場か

まずシリーズ 5 はアプリを iPhone なしでインストールできる Watch OS 6 を搭載し、それを動かす最新チップを搭載するだろう。

昨年はディスプレイサイズの変更がなされたため、恐らく同サイズが 2 種類でるのではないだろうか。

 

そして噂されているのが筐体の素材で、セラミックの復活と新たにチタンモデルの追加が予想されてきた。

(セルラー通信が可能となったシリーズ 3)

たしかにセラミックに関しては以前に存在していたため復活しても不思議ではない。

そして「チタン」という素材の追加に関しても、飽きてしまったユーザーなどへの刺激策としては歓迎されそうだ。

まだ不確定な要素であれ「本当にあり得る」と思えるような情報だ。

 

アップルウォッチはどこまで進化するのか

それ以外の情報はまだあまり流れていない。心電図機能がもっと広い国で利用できれば嬉しいが、ほかに何ができるだろうか。

(来月にも新たな OS が登場する予定だ)

最近スマートフォンで流行りのディスプレイ指紋認証がアップルウォッチでも実現すれ便利になると思うが、さすがにまだ難しいだろうか。

直前になって色んな情報がでてくると思うので、最新の情報には意識していきたい。

出典:Apple Watch Series 5 will come with new titanium and ceramic casings

Twitter をフォローする!skyblue_1985jp



これは欲しい!au Xperia XZ2 Premium SIM フリー 未使用品、アキバで 49,800 円(税込)とお買い得に

シリーズ初のデュアルレンズを搭載し、2018 年夏にリリースされた Xperia XZ2 Premium の白ロムがアキバで特価になっている。

見つけたのは「じゃんぱら」秋葉原 D-style 店で、au 版 (SOV38 )が SIM ロック解除された未使用品だ。



16:9 比率が好きな人にオススメ

Xperia XZ2 Premium は Snapdragon 845, ROM 64 GB, RAM 6 GB 搭載したハイエンドモデル。

16:9 比率の 5.8 inch のディスプレイは幅がひろく、4K HDR 対応のため撮影した画像がとても美しく見える。

そのカメラは「カラー」(1,920 万画素)と「モノクロ」(1,220 万画素)の 2 レンズに分かれており ISO 51200 を誇る独自センサーが暗所での撮影に自信をもつ。

 

エンターテイメント機としても

これだけ大きいとメイン機種にするのが難しいという人も出てくるかもしれない。如何せん 236g と本体が重い。

申し分のないスペックなので 3D ゲーム、動画視聴、ビデオ撮影など幅広いシーンで活躍できるだろう。

店頭以外でも「じゃんぱら」通販サイトから僅かながら在庫が確認できた。

人によっては XZ3 よりも燃える要素が強いのではないだろうか。少なくとも筆者は珍しく「この価格なら欲しい」と思ってしまった。

気になる人はリンク先からチェックしてみよう。

リンク先:じゃんぱら通販サイト

Twitter をフォローする!skyblue_1985jp



海外出張には “Surface” が圧倒的にオススメな理由・・・

海外で仕事をしていて PC の調子が悪くなったらどうするだろう。電源が入らなくなったり充電ケーブルが壊れたり。。

仕事にならなければ、仕方なく現地でノート PC を買うこともあるだろう。そうした事態をさけるにはどんな PC を持っていればいいのか。

タイトルにもある通り Surface がいま熱いと思っている。



部品が手に入りやすい Surface 

日本でも Microsoft が本気を出して展開している Surface は、海外でも実にいろんな場所で販売されている。

(香港、旺角にある Surface Store。ケーブル類などの破損や紛失も怖くない)

つまり本体はもちろん、アクセサリー類が手に入りやすいためケーブルやペンなどが壊れてもすぐ代替品が手に入るのだ。

また東南アジアではモバイル機器を修理する技術が進んでおり、中国深センでは暇そうなお兄さんが

「PC壊れたりしてない?困ってれば修理するよ」と英語で話かけてきたこともある。

(中国深センの秋葉原と呼ばれる華強北。路上で Surface してたら声かけられた)

Surface なら直せるという自信があったのだろう。もっとも、何も壊れてなかったのだが。。。

 

日本製 PC はまず売ってない

逆にあまりオススメできないのが FUJITSU や少し古い 東芝 など国産のノートPC だ。

きほんてきに日本でしか販売されておらず、海外で故障しても部品が手にはいらないかもしれない。

15 インチの裏蓋が開くものならまだしも、いわゆる超薄型となれば修理業者も手こずるだろう。

とくに液晶部分が割れたら悲惨。どうしても国産がいいならば、せめて丈夫な Let’s note を持っていくようにしたい。



最後に

Surface とは Android でいう Pixel のようなもので、OS を開発する Microsoft が直々にデザインしている PC だ。

詳しい人が世界中にいれば、海外で万一故障しても Microsoft ストアの人が相談にのってくれるし、アクセサリー類ならば割とどこでも手に入る。

(自宅では Surface Studio をメインとして、もはやシリーズを愛している)

筆者も Surface Book でブログを書きはじめて 2 年が経過しようとしているが、そうした事情もあって次の PC も Surface と決めている。

いぜんは故障率がたかく品質管理のレビューが酷かったのだが、それも少しずつ改善されつつあるようで、今後のサポート体制にも期待がかかる。

何かしら参考になれば幸いだ。

Twitter をフォローする!skyblue_1985jp

 

 

 

 

 

秋葉原ソフマップ、Y!mobile 契約で SIM フリー iPhone 7(中古良品) が一括 100 円に

秋葉原のソフマップで珍しいキャンペーンをやっていた。

docomo または au から MNP で乗り換えることで、iPhone 7 32 GB の中古良品を 100 円で購入できるとのこと。

それも SIM フリーであり割引額としては悪くない。

週末だけの特価かもしれないが、念のため条件や内容を記録しておきたい。



音声 SIM の 契約が必須

条件はくり返しになるがドコモか au からの MNPで、SIM カードを単体で契約すること。

初回はデータプラン M か L から選択し、あまり使わなければ S へ変更して維持費を下げればよい。

毎回 10 分の通話が無料で 3 GB データ通信が付与される。1 年目は 1,980 円、2 年目は 2,980 円とかなり安い。

また家族がいれば毎月 500 円安くなるのもポイントだ。

 

中古良品とは!?

スタッフに詳しく聞いてみたところ、ソフマップが扱う A ~ B ランクの傷がない中古品を指すそうだ。

ただし、バッテリーの持ちに関しては「前の持ち主がどれくらい使ったか」に依存するため外観だけではわからない。

バッテリーの劣化具合は OS からチェックできるが、そこまで対応してくれるかは混雑状況によるだろうか。



注意点は 24 ヶ月未満の解約

ひとつ注意点があるとすれば、短期解約による違約金がとても高額であるところ。

通常 9,500 円の違約金にくわえ、端末購入サポートのような違約金が別途 10,000 円はっせいする。

それさえ気をつければ決して悪い買い物ではないと思うので、秋葉原にくる人は気にしてみるといいだろう。

ちなみに確認したのはソフマップ・サブカル店および Mac Collection 館、いずれも中央通り沿いだ。

Twitter をフォローする!skyblue_1985jp



au の審査基準が厳しくなっている件について。iPhone8 一括 1 円で検証した結果・・・

au スマートフォン契約の審査基準がまた一段ときびしくなった。

同社は大手 3 キャリアで審査がずば抜けて緩く、過去にいくら短期解約を繰り返しても 122 日後には許してくれていた。

ところが今年の 2 月、直近 90 日間で契約できる回線は  6 に制限される事態が発生。Twitter 界隈は混乱に陥った。

そして先月頃からもう一段階きびしくなったようだ。



直近解約ないのに総合的判断・・・

じつはこの噂を検証してみようと、先日ヨドバシアキバを訪れた。

iPhone 8 一括1 円 (購入サポートなし)があったので 2 台注文すると、みごとに総合的判断(審査落ち)を告げられた。

ちなみに短期解約はしておらず、いわゆる支払い実績や 90 日以内の 6 回線契約もない。

今までならば通過する自信があったため、本当に厳しくなっていることを実感した。

 

au 審査が厳しくなると・・・

他社で審査落ちするユーザーの最後の砦、au がこうした状況になるとどうなるか。

真っ先に思い浮かぶのは未使用品 白ロムの激減だ。

アキバの白ロムショップに並ぶ iPhone がいい例で、通年でみても未使用品はとくに au が多い。

あの手この手を駆使して色んな人がたくさん契約して売却するため、価格が下落しやすかったのも事実だ。

au で厳しくなれば白ロムの数が減るだけでなく、相場の下落も起こりにくくなる可能性は否めない。



最後に

「カレーは飲み物」とは言ったものだが「iPhone は貰うもの」という時代もついに終わりを告げたかもしれない。

奇しくも「通信と端末の分離」がほんかく導入される時期も近く、ながらく続けてきた MNP からは撤退することを決めた。

ケータイライフの楽しみの1つが消えてしまったことは残念だが、これからもお得に使う方法は模索していきたい。

というわけで、今月ケータイまだ買ってない・・・

Twitter をフォローする!skyblue_1985jp



独自 OS 開発よりも難しい、ファーウェイ Harmney OS の挑戦とは

ファーウェイの独自 OS Harmoney が正式に発表され、今後どうなっていくか話題になっている。 

現段階では「きっとスゴイもの」くらいにしか言及できないが、成功の秘訣をかたる上でアプリの充実は欠かせない。

とりわけ Android Play Store と同等の物が揃わなければグローバルには展開できないはずだ。



主要アプリは App Gallery で対応か

ファーウェイ端末には App Gallery 呼ばれる独自のアプリストアが存在し、独自 OS に引き継がれると思われる。

同社は Android アプリ開発者に App Gallery へのアプリ配布を呼びかけており、成功すれば主要アプリは揃うだろう。

そもそも LINE や Twitter などの SNS が無ければまず使い物にならないし、それはファーウェイも重々承知のはずだ。

 

課題は Google 依存だったアプリ

グローバルでの成功はグーグルに依存してきたアプリをどのように調達するかだろう。

例えばグーグル・マップは世界一の地図アプリであり、これを抜くのはアップルでさえ苦戦している。

2012 年 iOS 6 から搭載するも「大王製紙駅」や「ガンダム駅」といった伝説級のミスが多発して、ティム・クック CEO が珍しく失敗を認めたのが地図アプリだ。

そして独自地図の作成は想像を絶するほどに難しく、アップルでさえ失敗している。

 

アップルも失敗を認めた地図アプリ

その代表例が独自マップアプリの作成だ。かつて Google からの脱却を図ったアップルは iOS 6 からグーグル・マップを削除。

独自のマップアプリを搭載するも「ガンダム駅」、「大王製紙駅」など適当すぎる完成度で、実用性に欠けるひどい出来だった。

アップルCEO ティムック氏は「地図は失敗だった」とス失敗を認めた数少ない事例の 1なのである。

2012 年から現在に至ってもまだ完成しておらず、やっと日本でもアップル・カーが走るようになった。

これからストリートビューのような物を展開するのだから、いかに地道な作業であるかがわかるだろう。

アップルがここまで苦戦した地図アプリは、さすがのファーウェイでも一苦労するだろう。



最後に

グーグルなき中国国内では既に独断場であるため、新 OS は本国で成功すると思われる。

しかしグローバルに展開するとなれば話は 180 度変わってくる。

Windows 10 mobile も BlackBerry OS も結局はグーグルの主要アプリが利用できずに姿を消していったのだ

米国企業に頼らず Android と変わらぬ価値を提供することが課題。そんなことが本当にできるのだろうか。

Twitter をフォローする!skyblue_1985jp