Huawei」カテゴリーアーカイブ

ついに7万円台に突入、白ロムの値下がりが続くHuawei P20 Pro ドコモ版が圧倒的な買い時!!

この夏、世界中で話題となったHuawei P20 Pro。日本ではドコモの独占販売となり、発売当初の価格は10万円を越えていた。最近では同社のセール特価の影響なのか、毎週のように白ロム価格が下がる傾向にあった。

(筆者も購入したドコモ版。au VoLTEが使えるのは非常に大きい)

8万円台でも安いと思っていたのだが、日曜日には秋葉原で79,800円(税込)を確認。しかも未使用品でSIMロックが既に解除されている。日本国内では言うまでもなく、海外で現地のSIMを入れて使うことも可能だ。



①もはやカメラを買うに等しいレベル

筆者は今年、Galaxy S9 Plus、Note9、LG V30+、FIND X、VIVO NEX、Zenfone 5Zなど様々なフラッグシップ級のモデルを購入して試したが、何も設定せずに、その場ごとのベストショットが撮れるのはP20 Proだけだ。

まだ海外版の価格が10万円を越えていた頃は、「高級コンデジを買うか、P20 Proを買うか」と悩んでいた人も多かったが、ここまで値段が下がればP20 Proを選択してはいかがだろう。

 

②ドコモ版にはFelicaがある

カメラだけでなく、お財布にもなるのがドコモ版の大きな利点。キャッシュレス社会に向けてQRコード決済を導入する企業も多いが、やはり日本ではSuica、iD、Edy、nanaco、WAONなどの既存Felica勢力が強いため、活躍の場は多い。

 

海外版SIMフリーもNFC自体は搭載されているが、お財布ケータイFelicaに相当するNFC Type-Fは搭載されていないため、自力で対応させる事は物理的にできない。



最後に

アメリカ市場を抜きにして、巨大勢力Apple、Samsungに匹敵するHuawei。情報を抜きとられるとか、中国のメーカーは嫌だという声があるのも事実だが、話の種に使ってみてはどうだろう。

 

恐らく、買ってみて気に入らなければ「あれは合わなかったなぁ」と思い出になるし、気に入れば「甘くみてた、Huawei凄すぎるわ!」と新たな発見に繋がるだろう。我ながらここまでお勧めできる機種は珍しい。

Twitterをフォローする!skyblue_1985jp



お勧めしたい最強スマホ、2018年7月までのベスト3はこれだ!!

なんだかんだ、今年も様々なスマートフォンを手にしてきた。既に売却してしまった物も含め、今年買ってみてよかったスマホをピックアップしたい。レビューするに際し気を付けているのは、「借りてこないで、実際に買う」という事。

 

借りた物だと「自分の物ではないし、褒めなければいけない」雰囲気があるのだが、自分で買ってしまえば何でも書けるし、良くないと思った物なら「どうやって処分しようか」なども考える。なので主観ではあるが、本当に思った事を書いていきたい。



第3位:Huawei nova2 

今年の2月、珍しくauからも発売されたHuawei nova2。元々が3万円強と低価格なのだが、ここ最近白ロム価格が17,800円~19,800円と秋葉原相場も下がってきた。当ブログでもレビューしたようにカメラ、処理能力、RAM、ROMなど基本機能に一切の妥協がない。

(Antutuベンチマーク8万点越え。少しならゲームもできる)

(写真も後から背景にボカシを入れるなど、低価格スマホでここまでとは驚き)

1万円台に突入した今、au系MVNOで利用するのなら視野に入れたい1台。防水やFelicaこそないが、特に気にしないのであれば真っ先にお勧めしたい。

(関連記事:初心者にも優しい端末、au Huawei nova2 (HWV31)を改めてレビュー!

 

第2位 ASUS Zenfone5Z

第2位は意外と思われるかもしれないが、これ。ASUS Zenfone5Zだ。今年のハイエンドSoCとされているSnapdragon845を搭載しながらも税込み価格は75,384円。同じSoC搭載のGalaxy S9+やXperia XZ2 Premiumよりも4万円近く安い。

(有機ELでなくとも美しすぎる液晶ディスプレイ、これは素直に感動した)

(カメラを起動した時の様子。ベゼルレス感がしっかり出されている)

それでいて4G+4G(DSDV)を各キャリア毎に見事に再現し、処理能力、UI、デザインなど様々な面で今までのZenfoneから一皮むけた完成度に仕上がっている。値段だけ見れば安くはないが、総合的な完成度とSnapdragon845を考慮すれば高くもない。

(関連記事:【速報】オレ氏、ASUS Zenfone5Zを入手!Huawei P20 Proなどと比較レビュー①~Antutuベンチと発熱編~

 

第1位 Huawei P20 Pro 

スマートフォンの限界を1つか2つ突破したのがこれ。夜景撮影において右に出るものがないのだ。日本ではドコモしか発売していないが、グローバル版を求める人も多い。

(筆者が購入したのはBlue。Twilightは人気すぎて品薄だった)

(スマホで撮影したとは思えない夜景。何もかもが美しく撮れる)

(高級コンデジ、SONY RX100-M5すら場合によっては遜色ない)

ドコモ版の白ロムが一気に出回ったかと思ったら、今日現在また品薄になっている。Felicaが搭載されて日本人には堪らない仕様になっているため、今年後半に向けても人気は続くだろう。

(関連記事:高級コンデジ不要かも。Huawei P20 Pro、背景ぼかしがGalaxy S9 Plusを凌駕!!



最後に

Galaxy S9+もランクに入れたかったのだが、あえて3つに絞るとすれば上記3つに絞られる。しかも偶然にもHuaweiとASUSの2社ではないか。

 

更に繰り返しにはなるが、筆者が買った範囲内でのお勧めになるため、もちろん人によっては違った機種をお勧めしているだろう。色んなブログを参照しながら、自分にあったスマートフォンを探してみよう。

Twitterをフォローする!skyblue_1985jp



3連休が安い!UQ mobile、Huawei P20 lite & iPhone SEを一括0円で貰ってこよう!!

この3連休、UQ mobileのキャンペーンが加熱している。iPhone SE 32GBまたはHuawei P20 lite、どちらかを2台同時に契約すると一括0円で手に入る店舗が出ている。しかも、恐ろしい事に事務手数料が無料になっているようだ。

 

2台目以降は500円の家族割が入り、維持費は本当に安い。過去記事などを参照しながら色んなUQのお店を探してみよう。今回は筆者が見つけた店舗をいくつか貼っておきたい。



①テルルパサージオ西新井店

 

②テルル小岩店

本日、朝10時30分から予約開始とのこと。比較的近い方はチェックしてみよう。

 



最後に

iPhone SE 32GBは毎月1404円の割引が入るため、維持費は相変わらず安い。それに比べてP20 liteはプランSにした場合、毎月216円しか割引が入らない。なので、維持費を最低価格にしたいのであればiPhone SE 32GBを2台貰おう。

 

また、UQスポットでの機種変更が可能になったことで、一括1万円台で購入できるパターンもある。興味ある方はこの連休に探しまくってみよう。今日も暑くなりそうなので、熱中症には十分に注意したい。

Tiwtterをフォローする!skyblue_1985jp



Huawei P20 Pro HW-01K SIMロック解除済、未使用品が99,800円(税込)秋葉原で販売中!!

以前、ドコモ版Huawei P20 Proの白ロム価格をブログで予想したが、見事に外れたとしか言いようがない。今週末からSIMロック解除された未使用品が99,800円に値下がりした模様。

(関連記事:ドコモ版 P20 Pro、白ロムはいくらになるの!?過去の例から相場を予測・・・・



①既にばら撒かれている!?

筆者がドコモ特価BLで、103,600円で購入したにも関わらず、わずか1ヶ月未満でここまで値下がるとは思わなかった。契約なしで買えるのは羨ましい限り。

 

MNP一括ではないものの、一部の量販店で大幅な割引があるらしい。もしかしたら、この辺りが流れているのかもしれない。



②契約なしで欲しい人はお買い得

これまでHuaweiのフラッグシップモデルは量販店でSIMフリーを買うという選択肢しかなかっただけに、今回に限ってドコモと契約しなければ購入できないという現実に購入を留まった人は多いはず。

しかもSIMフリーになっているらしいので、Y!mobileでも快適に利用できる。UQ mobileはVoLTEでの通信を確認済みだが、Band1で繋がっているだけなので通信環境が悪いので注意したい。購入を検討している方はリンク先を参照されたい。

関連記事:【朗報】SIMロック解除したHuawei P20 Proドコモ版はau系ネットワークでVoLTE通話・データ通信ができる!!

Twitterをフォローする!skyblue_1985jp



メシが不味そう!?Huawei P20 Pro、唯一の弱点は食べ物か!?

沖縄旅行から夜景撮影から様々なシーンで活躍してくれるHuawei P20 Pro。今年の夏は話題のスマホという代名詞をiPhoneから奪取できる程の勢いだろう。普及モデルのP20 liteすらiPhoneXの半額以下で買えると話題になっている。(ソックリとは一言も言っていない)

 

しかし惜しい点というのは絶対にあるもので、「ご飯があまり美味しくなさそう、飯テロができないカメラだ」という指摘をいくつか頂いた。既にTwitterに投稿した物ではあるが、いくつか例を出していきたい。



①T.G.I Fridays’で撮影したランチハンバーガー

ある日、横浜に行った時のこと。海や風景は非常によく撮れるのだが、あるハンバーガーを撮影した時の画像が衝撃的。まずはiPhone8 Plusで撮影した物がこちら。

非常に美味しそうに撮れている。余談が2007~2009年くらいまで、筆者がアルバイトしていたお店。熱い中、ハンバーガーを焼き続けた日々が懐かしい。そして次がHuawei P20 Pro。

明らかに違うのがわかるだろうか。ポテトの色味といい、パテとレタスの調和といい、明らかにiPhone8 Plusの方がハッキリと映っている。

 

②好みの違いもあるかもしれない

とはいえ、撮影する対象によって好みが分かれるだけというケースもあるだろう。同じように、さくらんぼをiPhoneとP20 Proで撮影した。まずはiPhoneから。

小皿に盛り付けた状態で撮影。ごく普通に「ふーん」くらいの感想だろう。次に同じ角度からP20 Proで撮影したのがこちら。

背景がボケており、もしかしたらiPhoneより凄いという人がいるかもしれない。興味深かったのはAIが「花」と判断した点。確かに植物に見えても不思議ではないが、オフにしてもあまり変わらなかった。



最後に

Twitterや海外のYoutubeレビュワーは確かに「P20 Proではご飯が美味しそうに撮影できない」と言われる傾向があるが、ハンバーガーの比較を見る限り、ある程度正しいと言わざるを得ない。

 

さくらんぼの写真ではほぼ優劣がない気がする。となれば、やはり食べ物の撮影に関してはP20 Proの得意ではない分野と言えるだろう。他が優れすぎているので、何とか美味しそうに撮れないものだろうか。引き続き検証していきたい。

Twitterをフォローする!skyblue_1985jp

 


7月1日まで!Huawei P20 lite 国内SIMフリー版、ビックカメラで55%オフ!アクセサリーも貰えるぞ(*´ω`*)

何回か記事にしているように、至るところでHuawei P20 liteがタダ同然の価格でばら撒かれている。秋葉原のビックカメラではiij mio SIMとセットで契約すれば即日で55%オフで買えるセールをやっていた。

(関連記事:やっぱりSIMフリー版買うの待った!UQ iPhone SE 32GB &  P20 lite2台セットで一括0円案件多発中~6月30日までが熱い!

 

音声SIM契約が条件となるのだが、このSIMがまた普通に入手するより特典が満載。ということで契約してきた。日曜日までのセールとなるが条件などを書いておこう。



①事務手数料0円、端末価格は税込13,824円!

MVNOで唯一「高いな」と感じてしまうのが初期費用となるSIMパッケージ代金。本来は3,229円するのだが、P20 liteとセット購入で無料になる。

(Huaweiは顧客満足度への注力が半端ではない。購入者へ無料でアクセサリーを配布していた)

端末は3種類のカラーから選択可能。早い物勝ちのようだが、フィルムやケースまで頂いて税込13,824円!使い切れないビックカメラポイントが約12,000円分あったので、一括918円で買えてしまった。しかもこれはSuicaで会計した。

(端末価格13,824円ーポイント12,906円=918円で手に入った)

 

②SIMカードは6GB通信付きで月額1,300円!安すぎるキャンペーン中

ところでSIMを不要とする人は多いが、事務手数料だけでなく3GB分の料金で6GBという倍の通信量が1年間無料で付与されるから凄い。普通に使うもいいし、途中で他社へMNPするのもありだろう。1年契約なので2年目にMNPすれば違約金も発生しない。

(SIMのキャンペーン自体は7月31までだが、本体セット割引は店頭で7月1日までとなっていた)



最後に

DSDSではない点だけが惜しいが、十分にメイン機種として使えるはずだ。不慮の事故による故障の保証オプションもあり、安心して購入できた。迷っている方は検討してみるといいだろう。

 

端末は半額以下、SIMは音声+6GB付いて1,300円と超絶に安い!筆者のようにポイントの使い道がない人はぜひ充当してタダ同然で貰ってこよう!!

Twitterをフォローする!skyblue_1985jp

やっぱりSIMフリー版買うの待った!! UQ iPhone SE 32GB &P20 lite、2台セットで一括0円案件多発中!~6月30日までが熱い~

Huaweiの勢いが止まらない。P20 Proはドコモ独占となっているが、P20 liteはau, UQ, Y!mobile, MVNOと実に多方面から販売されている。しかも例年と異なり、最初から一括0円で販売されている例が非常に多いのだ。

(関連記事:SIMフリー版買うの待った!! Huawei P20 lite + iPhone SE 32GB一括1円+CB登場

 

その中でUQ mobileを調べてみたところ、P20 lite 2台セットとか、iPhone SE 32GB+ P20 liteとセットで一括0円というあり得ない案件が出ているではないか。しかも毎月の割引が24回に渡り付与されるため維持費も通常より安い。



①P20 liteはもはや貰う物、3万円出して買わずに済む

どこからお金が出ているのか、とにかく一括1円でバラまかれている。UQ mobileでは昨年のP10 liteがまだ売り切れていないのに。

 

繰り返すが、よくある一括購入サポートではなく、そもそも本体代金が0円で、かつ毎月の割引も付与されるという理想な一括0円といえる。MVNOは月額料金がただでさえ安いのに、家族割で2回線目以降が500円割り引かれるのも大きなポイントだろう。

 

②維持費を重要視するなら、相変わらずiPhone SE 32GB

ただし、P20 liteを選ぶと毎月の割引額がiPhone SEと比較して圧倒的に少ない。プランSを選んだ場合、前者は210円しか割り引かれないのだが、後者は1404円と割り引かれる額が全然違う。

 

そのため、1台目にiPhone、2台目に家族割を組んだP20 liteという組み合わせにすると2種類のスマホが手に入る上、毎月の維持費も大幅に抑えられるはずだ。

(P20 liteの割引額は低いが、P10 liteであれば毎月1296円割り引かれるらしい。こちらを選ぶのも有りだろう。)

 


最後に

もちろん、量販店などで契約なしに購入するのも普通にありだとは思う。特にHuawei Pシリーズは毎年価格が据え置きで、内容だけが良くなっていく。それだけに定価で買う価値は十分にあるだろう。

 

しかし、端末をタダで貰える上、2年間の維持費が格段に安くなるのなら、面倒に思わず貰ってしまった方がいい。3万円出して買うか、タダで貰って使い終わったら売却してお金を生み出すか。人それぞれだが、私はタダで貰いたい。

Twitterをフォローする!skyblue_1985jp

 


P20 Proと比較してどうなの!?Zenfone5Zに寄せられる疑問に答えながらレビュー!!④~夜景撮影編~

前回に引き続き、Zenfone5Zに多く寄せられる質問に答えながらレビューしていきたい。今回は夜景撮影、AIカメラ、そしてアプリドロワーに関してみていきたい。



①Zenfone5(Z)も夜景が綺麗にとれるの!?

これは比較すべきか悩んだが、一応P20 ProとZenfone5Zの夜景比較をしてみよう。まずはZenfone5Zで撮影したのがこちら。

スマホにありがちなノイズはかなり少ない。印象としては全然悪くない。ここで、同じ位置からP20 Proで撮影すると以下のようになる。

Zenfone5Zでは白飛びしている部分がP20 Proではハッキリと抑えられている。2つを比較すれば段違いでP20 Proに軍配があがるため、これだけの比較ではZenfone5Zにガッカリする人もいるかもしれない。

 

ただ、以前も触れたようにZenfone5Zには広角撮影があり、物撮りに関してはP20 Proと比較しても遜色はない。

 

②AI撮影はどんな感じ!?

今年に入ってMate10 Pro、更にP20 ProでAIカメラがキーワードとなり、Zenfone5(Z)においても注目されている。正直な感想を書くと「AIの動作基準がHuaweiほどハッキリせず、動作する時としない時の差が激しい」

(AIが「花」と認識するまで近づいたのだが、近づきすぎて若干ブレた気が・・)

今後のアップデートで抜本的な改善ができるかどうかが注目されるだろう。現状ではP20 Proのような俊敏に認識はせず気軽にオン・オフできる実感が湧かない。

 

③プリインストールアプリは邪魔にならない?

ところでZenfoneと言えばキャリアに負けない程に余計なアプリが多い。昨年のZenfone4と同様、今年もアンインストールできるアプリは多く、ASUSとしても気を遣っているのかもしれない。

(アプリドロワーはこれが全て。TwitterとAntutuは自ら入れた物)

(Android7.0以降は設定画面も刷新され、ダサい要素はない)

 

ASUSアプリ、Googleアプリともにフォルダ内にまとまっており、アプリドロワーに余計な物は見られない。Zen UIもAndroid7.0から洗練されており進歩したなと感じるばかりだ。個人的にはHuawei EMUIよりも操作が楽だと思っている。



最後に

夜景撮影はP20 Proが頭2つくらい抜きん出ているため、比較すべき項目なのかわからない。この比較だけではZenfone5(Z)が劣っているかのように思えてしまうが、繰り返すが広角撮影はP20 Proにないため、一長一短という見方もできる。

 

余計なアプリ問題はほぼ解決しており、「UIがダサいから嫌だ」と避けていた方は店頭デモでもう一度ご覧いただきたい。次回は「買うか、やめるか」に繋がる決定打のような要素を書いていこうと思う。

Twitterをフォローする!skyblue_1985jp



P20 Proと比較してどうなの!?Zenfone5Zに寄せられる疑問に答えながらレビュー!!③~横幅しっかり編~

これまで第一印象、カメラ、ネットワーク周りとレビューしてきたが、ここで恐らく多くの人が抱く疑問や、実際に寄せられる質問に答えていきたい。これも一度には書ききれないので何度かに分けようと思う。

(関連記事)

1.【速報】オレ氏、Zenfone5Zを入手!Huawei P20 Proなどと比較レビュー①~Antutuベンチと発熱編

2. Huawei P20 Proとは一味違う、ASUS Zenfone5Zの魅力②~広角カメラの有無)

3. 国内初!au + au 同時待受ができるのはZenfone5(Z)の大きな強み!!



①手に持った感覚はどうなの!?

これは多く寄せられた質問。ご覧頂くとわかるのだが、正面やヨコから見ただけでははほぼ判別がつかない程似ている。

(Zenfone5ZとP20 Pro。ぱっと見同じだが、P20 Proが少しだけ縦長だ。)

ただ大きな違いの一つとして、Zenfone5Zの方がベゼルレス特有の「縦長感を感じさせない」仕上がりとなっている。

(上がiPhone8 Plus、下がZenfone5Z。横幅がほぼ同じ事がわかる)

これは個人的に重要な点だと考えており、ベゼルレスは細長いから嫌だという層にピッタリだろう。ほぼiPhone8 Plusと同等だ。

 

②Zenfone5Zは有機ELじゃないんでしょ!?色味とかどうなの!?

次に多かったのが、この質問。iPhoneX、Galaxy、P20 Proとフラッグシップ級のベゼルレスは有機ELが続いたせいか、IPS液晶のZenfone5の品質が問われているようだ。

 

正直なところ、明るさや美しさはP20 Proが上回るだろう。ただし、あくまでも比較した時の話でありZenfone5Z単体では文句の付けようがない。むしろ有機ELが苦手な場合、安心してメインスマホに選出できるはず。

(伝わりにくいかもしれないが、発色がショボいどころか美しすぎる)

一つ惜しい点を言えば、明るさを自動調整にしていると、明るさを最大にしても少し暗く感じるところ。自動調整をオフにすると途端に明るくなるのだが気にしすぎだろうか。

 

③ノッチはどうなの!?気になるの、ならないの!?

そして、これまた多い質問がノッチ。P20 Proは全く気にならないが、今回もギリギリ気にならないレベル。逆に1mmでも拡大されると気になる人が増えてくるだろう。

(ノッチが流行ってきた事もあり、一種のデザインになりつつあるような)

(簡単に隠せるが、最近はここまでする必要あるかなとも感じる・・・)



最後に

ここまで駆け足だが、Zenfone5Zの横幅しっかり感、美しいディスプレイ、目立たないノッチに関して個人的な感想をお届けした。有機ELと液晶は発色が明らかに異るので、どちらが優れていると断言することはできない。

 

次回もまた、よくある質問に答えていきたい。その他、気になる事があればコメントを頂ければ幸いだ。

Twitterをフォローする!skyblue_1985jp

 


【朗報】SIMロック解除したHuawei P20 Proドコモ版はau系ネットワークでVoLTE通話・データ通信ができる!!

国内のSIMフリー市場で展開されるHuaweiシリーズは、auかUQ mobileからリリースされない限りVoLTE通話に対応することがあまりない。海外版P20 Proでau VoLTEがデータ通信のみ使えた件は以前書いた通りだが、ドコモ版はどうなるのだろうと気になっていた。

(左からP20 Pro、P20 Pro、海外版P20 Pro・・・・)

本日発売のP20 Proドコモ版を特価BLにも関わらず2台契約し、色々と検証環境を整えたのでレポートしたいと思う。



①驚いたことにAPNがプリセットされている

SIMロック解除は一括で購入すれば即日解除できるようになったとはいえ、実際は翌日が正しくて本当に即日解除できるのはドコモのみ。早速my docomoからロック解除コードを発行して解除。(いざロック解除する際、他社SIMの挿入が必要になる)

普通ならAPN設定をまっさらな状態から始めることになるのだが、どういう風の吹き回しだろう。大体はプリセットされているではないか!こんなことは以前なかったので非常に便利。

 

②朗報の一方で悲報も・・・

SIMフリー版Huawei端末に詳しい方はご存知だと思うが、VoLTEに対応しているのが現状Softbank系ネットワークのみ。だから海外版でドコモは3G通話になるし、auに至っては通話ができない。

 

だがドコモ版ではau VoLTE、データ通信ともに問題なく行える結果となった。しかも今回、ドコモ版にしては対応周波数が非常に多い事がわかった。Softbankが利用するB1、B3、B8、まで綺麗に揃っているのだが、逆にauのB18(26)が見当たらない。

docomo公式に対応周波数があるので詳しい方は要チェック

従ってB1とB42で何とか繋がっているという状態が続くと思われる。この場合、屋内、地下、山間部に弱く圏外になる確率は高まる。またB42ではVoLTE通話ができないためデータ通信のみのエリアもでてくるはず。



最後に

ただ「それでもVoLTE通話ができること自体がありがたい」という人には朗報だろう。データ通信は問題なく行えるし、念願のVoLTE通話にも対応した。しかし本気を出せばドコモもauもVoLTEに対応させることができるなら、SIMフリー版も強化してほしいところ。

 

まだ開封したばかりだが、今後もドコモ版P20 Proと海外版の違いなどを検証していきたい。

Twitterをフォローする!skyblue_1985jp