Huawei」カテゴリーアーカイブ

【知っておきたい】Huawei Mate20 Proの惜しいところをレビュー! ​

全く非の打ち所がないMate20 Pro。今年購入したスマートフォンの中では1、2位を争う程、よくできている。

 

今までHuawei端末が弱いとされてきた防水やワイヤレス充電が完全に克服され、独自のチップセットKirin980では完全に競合のSnapdragon845を抑え込んだ。そんな完璧に見える一台だが、「ここは惜しいな」と思う部分を正直に書いていきたい。



①逆充電の発想は素晴らしいが、実用性が今ひとつ

Mate20 Proで注目されているのが、他のスマートフォンを充電できる機能。電気を分けてあげるというアン◯ンマンのような発想に誰もが度肝を抜かれたはず。得意になって色々と試したのだが、最新のスマートフォンを十分に給電するには心細かった。

1~2%充電するのに時間がかかるだけでなく、給電時間が長引くなるにつれてMate20 Proのバッテリーがみるみる減っていくのだ。「1%でも良いから、とにかくスマホを起動させたい」などの緊急時ならいいが、実用的とは言いがたい。

 

②いまだ謎に包まれたグリーンディスプレイ問題・・・

Huaweiにしては珍しく、初期不良の騒ぎが起きている。一部の個体で、「輝度を暗くするとディスプレイが緑色に光る」という現象らしいのだが、これに対してHuaweiの対応がバラバラ。

 

「仕様なので仕方ない」と言われるケースや、「問題があれば交換する」など主に国によって異なるようだ。AppleやSamsungなら本国のヘッドオフィスで対応を決めるはずなのだが、これがスッキリしない事には気持ちよく買い物できない。



③SONYみたいな事はやめて欲しかった・・・

独自規格というのは、かつて一世を風靡したSONYがよくやった事であまりいい思い出がない。特に今回Huaweiが導入したNMカードはPSPやCyber-shotに使われていたメモリースティックDuoを彷彿とさせた。

(nano SIMカードとの排他利用になっている)

最後に

とはいえ、粗探しをして練りだしたのが上記2点であり、概ね文句の付けようがない完成度であることには変わりない。スマホをヨコにした時に顔認証が動作しなくともディスプレイ指紋認証が実用的で、完全に他社をリードしている。

3眼レンズの並び方に賛否があると思うが、全部1列に並ぶよりは工夫されている気がする。全体的に軽くて持ちやすく、最新のアイデアが詰まった1台。日本での発売も非常に楽しみだ。

Twitterをフォローする!skyblue_1985jp



Huawei P20 Pro VS Mate Pro、選ぶならどっち!?両者の違いと魅力をレビュー!!

先月、Mate20 Pro買わなくていいのでは!?という趣旨の記事を書いた。カメラに至っては完成系の境地に達しており、P20 Proの白ロム価格が下落傾向にあるからだ。

(関連記事:この冬、Huawei Mate20 proよりも、敢えてP20 Proをお勧めしたい理由3選・・・

 

とはいえ、実際にMate20 Proを使って初めて見えてきた違いも露呈した。あくまでも個人的に感じた明確な違いをレビューしたい。



①ヌルヌル感、動画編集やゲームを楽しむなら・・・

大きな違いがあるとすれば、真っ先に挙げたいのが処理能力だ。Mate20 ProのAntutuベンチマークスコアはP20 Proと比較して1.5倍程速く、経験した事のないヌルヌル感を味わえる。

(iPhone XS Maxに勝るとも劣らない凄まじさ、Antutuベンチ30万点越え)

(左がGalaxy S9 Plus、右がHuawei P20 Pro。両者を軽々と抜いている)

(メモリ8GBを搭載したOPPO FIND Xといった化物クラスよりも上なのだ)

 

今冬リリースされるPixel3、Oneplus6、Galaxy Note9などのチップセットを遥かに凌駕しており、何年も使えるはずだ。動画編集やゲームを楽しみたいならMate20 Proをお勧めしたい。

 

②コスパ重視、カメラ重視なら・・・

前回のレビューでも書いたが、Mate20 Proのカメラはどうも寒色に強く白飛びが多い気がしている。広角と標準を区別できたり、撮影しようとする料理のカロリーを算出してくれる。

(Mate 20 Proで試しにバナナをかざしたところ、認識してカロリーを算出してくれた。)

 

少しでも面白さや新しさを追究する人には向いているが、そこまで求めないからコスパを重視したいのであればP20 Proで十分だろう。



③大容量が必要な人はMate20 Pro 

ところで、大事な要素があるのを忘れていた。P20 Proはmicro SDカードが入らず、一般的には128GBモデルしかない。「カメラを売りにしているのに、なぜ拡張性がないのだ」と嘆く人が相次いだ。

一方、Mate20 Proは上位機種に256GB(RAM8GB)が存在し、Huawei独自規格のNMカードを追加できる。流行るかどうかは別として、写真や動画、音楽、アプリで合計が300GBを越えてしまうような人には向いているはずだ。

 

最後に

あと大きな要素といえば、エッジディスプレイが受け入れられるか否かだろうか。どちらも申し分ないほど綺麗なディスプレイだが、エッジの場合はフィルムを貼るのが難しかったり、貼っても剥がれてくる率が高い。

 

欲を言えば両方欲しいところだが、端末価格は毎年跳ね上がるばかり。じっくり比べて納得いく方を選びたい。

Twitterをフォローする!skyblue_1985jp



Appleを超えるか!?Huawei Mate20 Proの驚くべき逆充電(給電機能)をご紹介しよう!!

昔は読み方すらわからない人が多かったHuawei(ファーウェイ)、気がつけば今年もっとも市場を盛り上がったメーカーではないだろうか。スマートフォン初の3眼レンズでカメラ競争を制し、スマホ出荷台数がAppleを抜いた。

 

何より驚くのは、思わず「マジで!?」と言いたくなる新機能を追究する姿勢だろう。今回はMate20 Proに搭載された、逆充電機能をご紹介したい。



①背面でWireless Qi機器を充電できる!

噂では聞いていたが、実際に試して感心したのがこれ。設定からバッテリーの項目へ進むと「ワイヤレス給電」という項目がある。

オンにすると下の画像のような指示がでるので本体を裏返しにする。

そしてQiに対応したiPhone XS Maxを乗せてみると、、、

(わかりやすくするため、若干iPhoneの角度を傾けている)

ちゃんと充電が始まっているではないか。これには感動。画像ではケースなしで充電しているが、ケースによっては装着したまま充電できる。(ケースだけにケースバイ、ケースといったところだ)

 

②ネタなのか、偶然か!?NFC同士が反応して笑った

この給電機能を利用するには、Mate20 Proも充電されるスマホ側も、当然ながら背をくっつける事になる。両端末のNFCがオンになっているとお互いが反応してしまうのは実に笑った。

(完全に隠れてしまっているが、Mate20 Proの上にiPhoneを置いている)

(Mate20 Pro、そして別のiPhone XS Maxをお借りしてケース付きで試した結果。やはりApple Payが反応した。)

 

iPhoneであればFelicaが自動的に起動して、Suicaの支払い画面が出てきたり、Android同士だと情報集積タグが反応してしまう。考えれば当たり前なのだが、給電時はどちらかのNFCをオフにしておくのが無難だろう。



最後に

Appleですら、新製品の発表会は「答え合わせ」と揶揄されるようになった。そんな成熟しきったスマートフォン市場に、顧客を驚かせるのは容易ではない。次は何をやらかして(いい意味で)くれるのだろうか。

 

ディスプレイ内指紋認証、高速な顔認証、逆ワイヤレス充電、Antutuベンチマーク31万点超えを備えたMate20 Proは、まもなく日本にも上陸するはず。日本向け価格も含め、楽しみに待ちたいところだ。

Twitterをフォローする!skyblue_1985jp



Huawei Mate20 Pro、カメラで白飛び目立つ!?iPhone XS Maxとの比較レビュー!!②

Antutuベンチマークが31万を突破し、操作感がSnapdragon845の比ではない程に快適なMate20 Pro。やはりHuawei凄すぎると思いながら、写真の撮り比べを実施。その結果、Mate20 Proがどうも白飛びするような気がしてならない。



①デフォルト設定でiPhone XS Maxで比較撮影

香港空港内を撮影していると、光を放つ看板が真っ白になってしまう。まずはiPhone XS Maxで撮影したこちらをご覧いただきたい。

次にMate20 Pro。比較してみてどうだろう。電話上の看板が一部、真っ白になっているのがわかるだろうか。

さらに別の場所からの撮影を続ける。同じく、またiPhoneから撮影。

画面中央部分にある光る看板に注目していただきたい。何となく青い写真であることがわかるかと思う。それを同じ角度からMate20 Proで撮影すると次の通り。

ほぼ真っ白であることがわかる。事細かく調整ができるのだが、それでも全体を暗くしなければ白飛びが修正されず完全にXS Maxが勝っているかのように思われるのだ。



最後に

P20 Proが凄すぎたため、やはりMate20 Proにもカメラは必然的に期待していた。今回は広角と標準の切り替えが可能になるなど、痒いところへ手が届くアップデートもなされていただけに気がかり。

 

こんなものなのか、それとももはやデフォルトで比較すべきではない物なのか。いや、それでもこんな白く飛ばないはずなのだが。

Twitterをフォローする!skyblue_1985jp



Huawei Mate20 Proにディスプレイ問題多発!?手元の実機で初期不良を検証した結果・・・

Huaweiに珍しくディスプレイに関する問題があると、一部で騒がれている。何やら輝度調整を行う際、暗所で変な色になるとか。

(参照記事:Phone Radar:Several Huawei Mate 20 Pro Users Reporting Green Tint Problem

(日本でも問題として認識し、購入を控えるよう呼びかける業者がいた)

 

自分の購入した端末はどうだろうと試した結果、問題はなかったものの「あれ?」と気になったがあったので記録しておきたい。



①虹色に見えるディスプレイ

上に紹介した動画のような症状は一切なく、ひとまず安心。しかし、強い光に当てるとディスプレイが広範囲で虹色っぽくなる。これはGalaxyなど湾曲したスマホに全面保護フィルムを貼るとよく起こる現象。

(画像では伝わらない程、全域が虹色になるが仕様であると思って問題はない)

 

気にならない人の方が圧倒的多数だとは思われるが、個人的には非常に苦手。iPhoneなど他のスマホでも光に当てれば虹色がでるものの、Mate20 Proはその比ではない。

 

②フィルムが無理やりハメられている!?

関連して気になったのは、珍しく端末に保護フィルムが貼られていないことだ。直近ではP20 Proにもしっかりと貼られていたフィルムが、今回は珍しく付属してすらいない。

(画像はP20 Pro。剥がすと貼り付けが完了になるよう最初からセットされている)

 

Edgeの湾曲部分を覆うのは不可能に近いからだろうか。いや、「消費者に優しい」という観点からすれば、「丈夫なフィルムが最初から貼ってあるので、特に何も貼る必要はないですよ」と言った事なのだろうか。



最後に

というわけで、幸いにも筆者の個体に関しては騒がれているような不具合は見当たらない。ただし上述したように、普段は付属する保護フィルムがないこと、強い光にあたると他のスマホ以上に虹色が目立つ。

 

更にディスプレイ指紋認証の存在を考えると、普段のスマホとは異なる加工が施されていても不思議ではない。ハッキリとした事は何一つわかっていないが、大きな問題でない事を祈りたいし、Huaweiを信頼して利用していきたい。

Twitterをフォローする!skyblue_1985jp



【速報】オレ氏、Huawei Mate20 Proを入手!!iPhone XS Maxとの違いをレビュー!!①【第一印象編】

香港の秋葉原とも言われる、深水埗。スマホやアクセサリーを販売するお店がずらりと並んでいる。市場調査を含め、「わんちゃんMate20 Proのグローバル版売ってないだろうか」という淡い期待を抱き歩いていると・・・

あった!!撮影禁止の場所が多く店内撮影は遠慮したが、Mate20、20 Proの香港(グローバル版)が入荷済み。価格を聞くと6880香港ドル、日本円にして約99,760円という事だったので即購入。



①iPhone XS Maxより少し小柄

本体を握ってみた第一印象は、「あ、Galaxy S9 Plusみたい」という感覚。しかし筐体の素材はS9 Plusよりも高級に感じるが、Emerald Greenなど縞模様のある色だと感覚は少し異なるかもしれない。

(左がiPhone XS Max、右がMate20 Pro。ぱっと見同じ大きさだ)

 

iPhone Xs Maxと比較したのがこちら。ほぼ同じ大きさだが、若干 XS Maxより小柄なのがわかるだろうか。

 

②驚きの連続、ディスプレイ内指紋認証と顔認証

今回から、巷で話題のディスプレイ内指紋認証が追加された。正直なところ慣れが必要なのだが、顔認証が届かない時に重宝するだろう。

(試しにTwitterにUPしてみた。これならマスク装着時などに大助かり)

 

そして顔認証もP20 Proとは比べ物にならない程高速になっている。筆者が使い込んだiPhone XS Maxに勝るとも劣らぬ速さで解除できるため、これには驚きを隠せなかった。

 

③本体が比較的軽い、189g

実は最近のハイエンドスマホが、簡単に200gを超える傾向にあり「重くて困ったな」という悩みを抱えていた。ちなみにiPhone XS Maxが208gでケースを付ければ簡単に210gを突破する。

(一瞬4レンズかと思いきや、3眼で1つはフラッシュであることがわかる)

 

そのせいもあってか、189gのMate20 Proは持った瞬間に「あ、軽いぞ」という感覚がある。たった19gの違いかもしれないが、されど19gなのだ。



最後に

しかし、まさか手に入るとは思わなかった。更に言えば、事前情報では日本円にして12~13万円くらいするとの事だったため、10万円で買えたのは驚き。

 

上位モデルにはRAM6GB、ROM256GB版が存在しているが、ちょっとTwitterやるくらいの筆者にはきっとちょうどいいのだろう。引き続きレビューしていきたい。

Twitterをフォローする!skyblue_1985jp



この冬、Huawei Mate20 Proよりも、敢えてP20 Proをお勧めしたい理由3選・・・

今年もやってきた冬のMateシリーズ。2年前のMate9が日本でヒットし、翌年のMate10 Proは一点して強気の10万円に迫るも、その人気は揺らがなかった。

 

そして今年、いよいよMate20 Proが発表され、日本でもSIMフリーで上陸する可能性が高い。しかしこの冬、もしかしたらP20 Proを買った方が幸せなのでは!?と思うのだ。今日はそんな話をしたい。



①カメラ重視ならP20 Proで完成形を迎えている

当ブログでも何度かレビューしたが、P20 Proの写真の美しさは半端ではない。これから先も、スマホカメラの進化は止まらないだろう。しかし、同機種は他社のカメラを一度黙らせたようなレベル。

(夜の秋葉原。Galaxyでは白飛びや暗くて映らない部分が完全に克服されている)

これ1台持っておけば、カメラとしてだけでも楽しめるはず。最新のゲームを大迫力で楽しみたいとか、Kirin980チップセットを体感したいなど、余程の理由がない限りMate20 Proを待つ必要はなさそうだ。



②安くなってきた白ロム、未使用品の相場が6万円台に突入

もうひとつの理由は白ロム価格の下落。docomoが一括0円近くで販売すればそれを狙うのもありだが、秋葉原の白ロム価格が6万円台に突入し始めた。もちろんSIMロック解除済みの未使用品。

(海外版はまだ8万円以上するため、Felicaのあるdocomo版がお勧めだ)

 

③本体の持ちやすさ、大きさ

今年は6inchを超える大型スマホが多すぎて、docomoのカード型ケータイやniche-phone 4Gなど極端に小さなスマホが注目を集めている。恐らくMate20 Proも片手では持ちにくいはず。(現段階では実機がないため推測になる)

一方でP20 Proはスッキリとした筐体に仕上がっており、縦長すぎず絶妙なサイズ感が実現されている。既にdocomo shopやヨドバシアキバのHuaweiコーナーに実機があるため、気になる人は一度チェックしてみよう。



最後に

筆者のようなケータイオタクの方は、何と言われようと新作を買うと思う。しかし「そろそろHuaweiの超ハイエンドが欲しい、でもどちらにしよう」と迷った場合、P20 Proでも十分幸せになれるという事を思い出して貰えれば幸いだ。

 

こんなことを書いているうちにMate20 ProのKirin980チップセットを体感して震えたくなってきたのはここだけの話にしておこう。

Twitterをフォローする!skyblue_1985jp



Huawei最新作 nova3、OCNモバイルでほぼ半額で買えるセール実施中!

今年もやってきたHuawei novaシリーズの最新作、nova3。Huawei P20 Proと全く同じチップセット、Kirin970を搭載し、RAM4GB、ROM128GBと申し分のないハイエンド仕様。それでいて5万円台なのでコスパは相変わらず高い。

関連リンク:Huawei nova3公式ページ

既に予約開始されているのだが、OCNモバイルの限定色に注目したい。限定色レッドが用意されており、キャンペーンが非常に面白いことになっている。



①SIMとセットで27,600円!!

市場想定価格が54,800円とされているのに、今月中に申し込めばほぼ半額で買えるようになっている。音声通話がセットだが、OCNの場合は縛りが6ヶ月のみとなっており、半年後に解約すれば違約金はない。

(SIM発行手数料がかかってしまうのは仕方ないが、それでも十分すぎるほど安い)

 

ちょうど夏に発売されたP20 liteと同等の価格になっているが、比べ物にならない程のスペックなので、Huaweiのハイエンド機種を持ってみたい人には絶好のタイミングだ。

 

②名前にAKAが含まれる人は2,000円以上の割引

氏名をアルファベットにして、どこかにAKAが入っている人は2,000円安くなる。例えば赤坂さんという人がいた場合、AKAが2ヶ所あるため、2,000円×2=4,000円も割引かれる。

非常にユニークなキャンペーンだが、筆者は無縁だったので指を加えてみているしかない。ちなみに当キャンペーンが適応されるのは限定色のレッドのみ。名前にAKAが入っている人は買うしかないのでは!?

リンク:Goo SIMセラーキャンペーンページ

Twitterをフォローする!skyblue_1985jp



ついに7万円台に突入、白ロムの値下がりが続くHuawei P20 Pro ドコモ版が圧倒的な買い時!!

この夏、世界中で話題となったHuawei P20 Pro。日本ではドコモの独占販売となり、発売当初の価格は10万円を越えていた。最近では同社のセール特価の影響なのか、毎週のように白ロム価格が下がる傾向にあった。

(筆者も購入したドコモ版。au VoLTEが使えるのは非常に大きい)

8万円台でも安いと思っていたのだが、日曜日には秋葉原で79,800円(税込)を確認。しかも未使用品でSIMロックが既に解除されている。日本国内では言うまでもなく、海外で現地のSIMを入れて使うことも可能だ。



①もはやカメラを買うに等しいレベル

筆者は今年、Galaxy S9 Plus、Note9、LG V30+、FIND X、VIVO NEX、Zenfone 5Zなど様々なフラッグシップ級のモデルを購入して試したが、何も設定せずに、その場ごとのベストショットが撮れるのはP20 Proだけだ。

まだ海外版の価格が10万円を越えていた頃は、「高級コンデジを買うか、P20 Proを買うか」と悩んでいた人も多かったが、ここまで値段が下がればP20 Proを選択してはいかがだろう。

 

②ドコモ版にはFelicaがある

カメラだけでなく、お財布にもなるのがドコモ版の大きな利点。キャッシュレス社会に向けてQRコード決済を導入する企業も多いが、やはり日本ではSuica、iD、Edy、nanaco、WAONなどの既存Felica勢力が強いため、活躍の場は多い。

 

海外版SIMフリーもNFC自体は搭載されているが、お財布ケータイFelicaに相当するNFC Type-Fは搭載されていないため、自力で対応させる事は物理的にできない。



最後に

アメリカ市場を抜きにして、巨大勢力Apple、Samsungに匹敵するHuawei。情報を抜きとられるとか、中国のメーカーは嫌だという声があるのも事実だが、話の種に使ってみてはどうだろう。

 

恐らく、買ってみて気に入らなければ「あれは合わなかったなぁ」と思い出になるし、気に入れば「甘くみてた、Huawei凄すぎるわ!」と新たな発見に繋がるだろう。我ながらここまでお勧めできる機種は珍しい。

Twitterをフォローする!skyblue_1985jp



お勧めしたい最強スマホ、2018年7月までのベスト3はこれだ!!

なんだかんだ、今年も様々なスマートフォンを手にしてきた。既に売却してしまった物も含め、今年買ってみてよかったスマホをピックアップしたい。レビューするに際し気を付けているのは、「借りてこないで、実際に買う」という事。

 

借りた物だと「自分の物ではないし、褒めなければいけない」雰囲気があるのだが、自分で買ってしまえば何でも書けるし、良くないと思った物なら「どうやって処分しようか」なども考える。なので主観ではあるが、本当に思った事を書いていきたい。



第3位:Huawei nova2 

今年の2月、珍しくauからも発売されたHuawei nova2。元々が3万円強と低価格なのだが、ここ最近白ロム価格が17,800円~19,800円と秋葉原相場も下がってきた。当ブログでもレビューしたようにカメラ、処理能力、RAM、ROMなど基本機能に一切の妥協がない。

(Antutuベンチマーク8万点越え。少しならゲームもできる)

(写真も後から背景にボカシを入れるなど、低価格スマホでここまでとは驚き)

1万円台に突入した今、au系MVNOで利用するのなら視野に入れたい1台。防水やFelicaこそないが、特に気にしないのであれば真っ先にお勧めしたい。

(関連記事:初心者にも優しい端末、au Huawei nova2 (HWV31)を改めてレビュー!

 

第2位 ASUS Zenfone5Z

第2位は意外と思われるかもしれないが、これ。ASUS Zenfone5Zだ。今年のハイエンドSoCとされているSnapdragon845を搭載しながらも税込み価格は75,384円。同じSoC搭載のGalaxy S9+やXperia XZ2 Premiumよりも4万円近く安い。

(有機ELでなくとも美しすぎる液晶ディスプレイ、これは素直に感動した)

(カメラを起動した時の様子。ベゼルレス感がしっかり出されている)

それでいて4G+4G(DSDV)を各キャリア毎に見事に再現し、処理能力、UI、デザインなど様々な面で今までのZenfoneから一皮むけた完成度に仕上がっている。値段だけ見れば安くはないが、総合的な完成度とSnapdragon845を考慮すれば高くもない。

(関連記事:【速報】オレ氏、ASUS Zenfone5Zを入手!Huawei P20 Proなどと比較レビュー①~Antutuベンチと発熱編~

 

第1位 Huawei P20 Pro 

スマートフォンの限界を1つか2つ突破したのがこれ。夜景撮影において右に出るものがないのだ。日本ではドコモしか発売していないが、グローバル版を求める人も多い。

(筆者が購入したのはBlue。Twilightは人気すぎて品薄だった)

(スマホで撮影したとは思えない夜景。何もかもが美しく撮れる)

(高級コンデジ、SONY RX100-M5すら場合によっては遜色ない)

ドコモ版の白ロムが一気に出回ったかと思ったら、今日現在また品薄になっている。Felicaが搭載されて日本人には堪らない仕様になっているため、今年後半に向けても人気は続くだろう。

(関連記事:高級コンデジ不要かも。Huawei P20 Pro、背景ぼかしがGalaxy S9 Plusを凌駕!!



最後に

Galaxy S9+もランクに入れたかったのだが、あえて3つに絞るとすれば上記3つに絞られる。しかも偶然にもHuaweiとASUSの2社ではないか。

 

更に繰り返しにはなるが、筆者が買った範囲内でのお勧めになるため、もちろん人によっては違った機種をお勧めしているだろう。色んなブログを参照しながら、自分にあったスマートフォンを探してみよう。

Twitterをフォローする!skyblue_1985jp