Huawei」カテゴリーアーカイブ

独自 OS 開発よりも難しい、ファーウェイ Harmney OS の挑戦とは

ファーウェイの独自 OS Harmoney が正式に発表され、今後どうなっていくか話題になっている。 

現段階では「きっとスゴイもの」くらいにしか言及できないが、成功の秘訣をかたる上でアプリの充実は欠かせない。

とりわけ Android Play Store と同等の物が揃わなければグローバルには展開できないはずだ。



主要アプリは App Gallery で対応か

ファーウェイ端末には App Gallery 呼ばれる独自のアプリストアが存在し、独自 OS に引き継がれると思われる。

同社は Android アプリ開発者に App Gallery へのアプリ配布を呼びかけており、成功すれば主要アプリは揃うだろう。

そもそも LINE や Twitter などの SNS が無ければまず使い物にならないし、それはファーウェイも重々承知のはずだ。

 

課題は Google 依存だったアプリ

グローバルでの成功はグーグルに依存してきたアプリをどのように調達するかだろう。

例えばグーグル・マップは世界一の地図アプリであり、これを抜くのはアップルでさえ苦戦している。

2012 年 iOS 6 から搭載するも「大王製紙駅」や「ガンダム駅」といった伝説級のミスが多発して、ティム・クック CEO が珍しく失敗を認めたのが地図アプリだ。

そして独自地図の作成は想像を絶するほどに難しく、アップルでさえ失敗している。

 

アップルも失敗を認めた地図アプリ

その代表例が独自マップアプリの作成だ。かつて Google からの脱却を図ったアップルは iOS 6 からグーグル・マップを削除。

独自のマップアプリを搭載するも「ガンダム駅」、「大王製紙駅」など適当すぎる完成度で、実用性に欠けるひどい出来だった。

アップルCEO ティムック氏は「地図は失敗だった」とス失敗を認めた数少ない事例の 1なのである。

2012 年から現在に至ってもまだ完成しておらず、やっと日本でもアップル・カーが走るようになった。

これからストリートビューのような物を展開するのだから、いかに地道な作業であるかがわかるだろう。

アップルがここまで苦戦した地図アプリは、さすがのファーウェイでも一苦労するだろう。



最後に

グーグルなき中国国内では既に独断場であるため、新 OS は本国で成功すると思われる。

しかしグローバルに展開するとなれば話は 180 度変わってくる。

Windows 10 mobile も BlackBerry OS も結局はグーグルの主要アプリが利用できずに姿を消していったのだ

米国企業に頼らず Android と変わらぬ価値を提供することが課題。そんなことが本当にできるのだろうか。

Twitter をフォローする!skyblue_1985jp



日本のビジネスが商機を逃すいい例、NTT 澤田社長の発言こそあり得ない

さいきん珍しくカチンときたことがあった。

発売延期となっていたファーウェイ端末を、au とソフトバンクが販売開始をアナウンスした。

その直後にとんでもない事をいう人がいた。



NTT の親会社社長はもはや老◯

NTT の澤田社長は au とソフトバンクについて次のように発言した。

「顧客に迷惑を掛ける可能性が高い。同業者としておかしな取り組みではないか」

は!??という話である。顧客に迷惑がかかる可能性があったからこそ発売が長らく延期になっていたのは言うまでもない。

ファーウェイ社員とキャリア社員が密なやり取りを重ねて、アップデートの保証にまで取り付けた。

不安要素が拭えたから販売に至ったのは言うまでもないのだが、トップは何もご存知ないようだ。

 

吉澤社長が動けなくなる

この社長の一言で困ったのは NTTドコモ社長の吉澤氏だろう。

同業者をみて「よし、ドコモとしても P30 Pro をリリースするか」と検討していたかもしれないのに、それを親会社社長に否定された。

よほどファーウェイへの思いが強いか、社長の座を投げ出す覚悟がないかぎり、ドコモから P30 Pro の発売は一瞬にしてのぞみ薄となった。




ほしい人はもう輸入しよう

幸いにも EXPANSYS での価格が下がりつつある。 256 GB / RAM 8 GB で 8 万円台にまで値下がりしつつある。

筆者が春に購入したのと同じモデルで、Dual SIM 構造となっている。

OPPO Reno 10x Zoom や Galaxy S10 5G よりもカメラが圧倒的に優れており月だって撮影できる。

この春から夏にかけて様々なスマートフォンを試してきたが、やはり P30 Pro は頭ひとつ抜きんでており業界トップといえる。

むろんまだ NTT ドコモから完全に発売が否定されたわけではないが、もはやお察しであることに変わりないだろう。

それを発表しておきながら、状況をよくわかっていない人の鶴の一声でお蔵入りになるのはそれこそ如何なものかと思う。

リンク先:EXPANSYS 通販サイト

Twitter をフォローする!skyblue_1985jp



ついに au ・ソフトバンクが P30 lite を解禁。残すドコモ P30 Pro は発売間近となるか

米中貿易戦争の影響をうけ多くの MVNO や大手 3 キャリアがファーウェイ製品の販売を延期していた。

一時は全てがお蔵入りかと思われたが 6 月の大阪 G20 サミットで中国と米国が「一時休戦」を宣言。

これをチャンスと見た IIJ mio などが P30 lite, P30 を国内リリースした。

そして 8 月 5 日には au ・ソフトバンクが P30 lite Premium と P30 lite を 8 月 8 日に発売すると表明。

ファーウェイ製品の発売延期は少しずつ緩和に動いている。



いよいよ ドコモも P30 Pro くるか

特にキャリアの au ・ソフトバンクが動いたということは「安全保障上に問題がない」という確信が得られているはずだ。

ドコモにも波及すれば、いよいよ最上位モデル P30 Pro がお目見えされるだろう。

個人的な感想ではあるが OPPO Reno 10x Zoom よりも Galay S10 5G よりも「カメラ」においては優れすぎている。

とりわけ背景ボケが iPhone XS Max などと比べても即効性において比べ物にならず、AI はますます進化した。

この夏モデルで真におすすめしたいのは Xperia1 でも Galaxy S10 でもなく P30 Pro なのだ。

日本モデルに関しては Felica 搭載でキャッシュレス対策もバッチリ。

何度も繰り返しているが、この端末を発売せずに終わるのは罪深いと考えている。

ここまで完璧に近いものが 2 国間同士の争いで消えるべきではないだろう。

Twitter をフォローする!skyblue_1985jp



【特価】ファーウェイ Mate 20 Pro, goo simseller 音声契約で 52,800 円(税別)【8 月 5 日まで】

昨年ファーウェイから発売されたハイエンドモデル、Mate 20 Pro がセールで超特価となっている。

本体価格 52,800 円(税込 57,024)。発売時約 12 万円から半額以下になった。

特価の条件は OCN モバイル ONE の音声 SIM を契約すること、また指定オプションに加入することで初期費用が 0 円となる。

最低契約期間は 6 ヶ月とみじかく良心的。使い切って解約したり長期で利用してもいいだろう。

Mate 20 Pro は Kirin 980, RAM 6 GB, ROM 128 GB のハイエンドモデル。

4,000 + 2,000 + 800 万画素の 3 眼レンズ、防水に高精細 GPS を備え死角がない。

(Antutu ベンチマークは 30 万点以上を記録)

背面でワイヤレス充電対応のスマートフォンに給電できる機能を搭載して話題となった。

この価格ならハイエンド機種を探している人にはお勧めだ。気になる人は goo simseller ページをチェックしてみよう。

リンク先:goo simseller 

Twitter をフォローする!skyblue_1985jp



【検証】300 GB の レンタル SIM 、1 台のルーターで NHK まで楽しむ方法

300 GB SIM カードの検証もいよいよ 80 GB を越えて 100 GB まで王手となってきた。

「◯◯ GB 使いました」だけでは退屈なので、何かネタになることを探している。

今回は SIM ロックを非公式に解除した 303 HW に 300 GB SIM を挿して NHK を楽しむ検証をしてみたぞ。




300 GB とテレビチューナー搭載

かなり昔だが「イオシス」で買った 303 HW を非公式に SIM ロック解除した。

いちおうタッチパネルで使えてバッテリーも交換できる優秀な子だ。

300 GB レンタル SIM を挿して APN を設定。

おなじソフトバンクの電波なので LTE Band 3 または Band 41 の AXGP どちらかを掴む。

古いので Band 1 や 8 には非対応。しかし何なら 3G 2,100 MHz もあるので圏外にはなりにくい。

 

「大容量通信」と「フルセグ」という贅沢

さて、話は少しずれたが 300 GB SIM のスピードは 80 GB を越えても制限はかかっていない。

下り 18 ~ 41 Mbps, 上り 30 Mbps 以上でていた。この良好なネット環境をいじしつつ NHK を観てみよう。

iPhone XS Max に「テレビ視聴」アプリをインストール。本来は iOS 11 までしか対応していないのだが iOS 12 でも動作した。

そして起動してみると、、、

映った!フルセグが映るではないか。ご覧のとおりアンテナから地上波を受信しているためパケットを消費しているわけではない。

つまり 300 GB を使って NetFlix や Amazon Prime を楽しむもよし、テレビでリアルタイム番組を楽しむもよし。

もちろん、あの NHK だって映る!

iPhone XS Max は 6.4 インチあるので、縦画面にしても満足感がある。



最後に

ちなみに NHK はとてもいい番組を作っているのだが「受信料」が気になるところだろう。

なんでも iPhone などチューナーのない機器からも徴収されるそうで、もうメチャクチャなことになっている。

しかし「NHK から国民を守る党」によれば、代表の立花氏に電話すると助けてくれるらしい。

なんとも頼もしい候補者だ!これなら安心、NHK も怖くない。

303 HW に限らず ワンセグ・フルセグチューナー搭載のルーターがある人は実践してみるといいだろう。

さて、次こそ 100 GB 突破できるだろうか。

Twitter をフォローする!skyblue_1985jp



国内版 P30 Pro 発売はまだ難しい?米国のファーウェイ規制解除にむけた兆しと課題

6 月にトランプ大統領と習近平国家主席が会談したさい、ファーウェイと米国企業の取引は続くことで合意していた。

ただし安全保障をおびやかす恐れのある「エンティティリスト」にファーウェイの名前は残ったまま。

こうしたことから NTT ドコモの吉澤社長は P30 Pro の日本発売に踏み切れないことをケータイ watch のインタビューで語っている。

そして新たなニュースが飛び込んできた

ファーウェイと取引したい米国企業は「ライセンス」が必要になるらしい。



2 ~ 4 週間後には取引開始されるか

米国政府高官によると商務省はファーウェイへ製品を販売したい企業に対して特別な「ライセンス」を発行するという。

「米国安全保障に脅威がない」と確認ができた企業が発行される対象となり、ようやくファーウェイとの取引が再開できる。

ただしファーウェイからは「ライセンス発行で対応するのではなく、エンティティリストから除外してほしい」と反発を招いているのも事実。

先月の G20 サミットでは「ファーウェイへの制裁が解除された」と思われる場面もあったが、まだ根本的な解決には至っていないことがわかる。

吉澤社長はどうでるか。ちなみに MVNO の IIJ は P30, P30 lite の発売を始めている。

出典:Exclusive: U.S. firms may get nod to restart Huawei sales in two-four weeks – official

Twitter をフォローする!skyblue_1985jp



制裁緩和でにぎわうファーウェイ、ヨドバシアキバ MVNO SIM 契約でファーウェイ 30 lite 一括 14,980 円(税込)実施中

米国の制裁が一時的に緩和されたことがきっかけか、ヨドバシアキバのファーウェイ売場が賑わいを取り戻している。

またテレビ CM で話題の P30 lite が MVNO SIMとのセット契約で通常価格 35,510 円が14,980 円になるセールを実施していた。



① OCN または BIGLOBE 契約で超特価!

本体の割引をうけるには OCN モバイル ONE または BIGLOBE mobile で 音声 SIM 契約する必要がある。

どちらも 1,728 円で維持できるが途中で解約すると違約金がかかる点に注意しよう。

なお初期手数料 3,240 円、SIM発行手数料 425 円が別途請求されるので併せて確認しておきたい。

(OCN は縛りが 6 ヶ月なので無難にオススメだ)

ファーウェイ P30 lite はアメリカの経済措置を懸念して発売を延期する動きが見られていたが、ついに解禁へ向かいつつある。

いちおう週末特価で 1 人 1 台までと案内されているので、気になる人は急いで契約した方がいいかもしれない。

また P20 lite で十分という人は同じ契約条件をみたせば一括 1 円で入手可能。必要なスペックを相談してお得に手に入れよう。

同機種に関しては 7 月 1 日~ 31 日まで開催されるようだ。

Twitter をフォローする!skyblue_1985jp



G20 サミットで安堵のファーウェイ、 P30 Pro は日本デビューできるのか。

大阪で行われた米中首脳会談において、ファーウェイとアメリカ企業の取引がこれまでどおり継続される運びになった。

これをうけて世界の株価が上昇し、資産の逃避先とされる暗号資産(ビットコインなど)が暴落するなど慌ただしい週明けとなった。

こうした背景を鑑みれば販売延期となっている NTT ドコモの P30 Pro も発売が現実味を帯びてきたのではないだろうか。



① IIJ が P30 および P30 lite を発売

7 月 2 日、 MVNO でお馴染みの IIJ が P30, P30 lite, MediaPad M5 lite 8 の販売開始をアナウンスした。

テレビ CM でひっきり無しに宣伝されているものの、発売当日はおおくの量販店や MVNO が発売を見送っていたのだ。

(最近ずっと閑散しているヨドバシアキバ、ファーウェイ売場にて)

 

同社はフル MVNO という半ば独立した通信事業者であり、iPhone の eSIM など一般的な MVNO が到達できない領域へもアクセスできる。

いわば MVNO の代表格ともいえる IIJ がファーウェイ製品に GO サインを出したことで他の事業者がつづくかもしれない。

そうなれば「なぜドコモだけが出さないのか」という話になるだろう。

 

②お蔵入りは絶対にさけたいドコモの事情

また NTT ドコモとしても絶対にお蔵入りさせたくない事情を抱えている。

4 月 5 日にアメリカで発売予定だった Galaxy Fold の販売もまた見通しが立っていないのだ。

( 発売直前に表示されていた米国キャリアのページ)

5 月 と 6 月がすぎさるも音沙汰はなく、まだテストしている段階という報道すら見受けられる。

つまりNTT ドコモはお蔵入り案件 2 つという稀にみる夏を迎えているのだ。

1 台は世界一のカメラを搭載する P30 Pro, もう一つは新時代へのヒントを見出す折り畳みスマートフォン。

どちらも脇役どころか主役クラスであり、今年のドコモは Xperia1 や Galaxy S10 だけで盛り上がっている感じが否めない。

制裁が緩和したいま「 P30 Pro をだすべきだ」という意見がドコモ内外からでてきてもおかしくないだろう。



最後に

過去にも書いてきたが、P30 Pro は筆者がいままでに経験したことのないカメラ性能を誇っており OPPO Reno 10x Zoom よりも更に凄い。

(筆者撮影の「月」が撮影できたシーン。OPPO Reno よりキレイに撮れる)

またドコモ版は Felica 搭載であることから、おサイフケータイへのこだわりを持つユーザーからの指示も広いだろう。

希望的観測ではあるが P30 Pro が経済制裁で消され、顧客の手にわたらず終わるなんて結末はあまり考えたくない。

ここまで書いておいて発売されなかったらなかなか笑えない・・・(汗)

参照記事:IIJmio、「HUAWEI P30/P30 lite」「MediaPad M5 lite 8」を発売

Twitter をフォローする!skyblue_1985jp



ファーウェイ 既存デバイスへ EMUI 9.1 アップデート案内開始

ファーウェイは既にリリースしたスマートフォンに対し EMUI 9.1 へアップデート準備ができたと 9 to 5 google が報じている。

同サイトによれば 6 ~ 8 月にかけて P20 および Mate 20 シリーズを中心にアップデートされる。



6 月

P20 lite, Mate 20, Mate 20 Pro / RS Porsche Design

7 月

P20, P20 pro, Mate 10, Mate 10 Pro / RS Porsche Design, Mate 9, Mate 9 Pro, nova 3, nova3 i, Y9 2019, Y6 Pro 2019, Y5 2019

8 月

P10, P10 Plus

iOS と異なり端末によって受信するタイミングがズレる可能性が高いので気長に待ちたいところだ。

 

アップデートを急ぐファーウェイ

EMUI はファーウェイが用意する独自 UI のことで、Android OS に基づいて配信されるもので 9.1 はその最新版にあたる。

Pixel のような純粋な Android と比べれば少しクセがあると指摘する人もいるが、中国メーカーでは珍しいことではない。

今回の配信は Android 9 だけでなく Oreo で動作する端末にも配信される。

さらに秋には EMUI 9.1 で動作するデバイスに対して次期 Android OS Q を受信できる端末も出てくるはず。

厳しい状況のなかで本当にファーウェイは頑張っている。

出典:Huawei’s EMUI 9.1 is set to head to a further 49 devices soon

Twitterをフォローする!skyblue_1985jp



ファーウェイ 17 の既存スマートフォンで Android Q 対応へ自信をみせる

ファーウェイ端末を買った人のなかには残念で堪らない人が沢山いるだろう。

特に P30 Pro のドコモ版はお蔵入りしても不思議ではなく、FedEx が同社の端末輸送を拒否する事案まで発生した。

しかし悲報ばかりではない。既存端末の多くは次期 Android OS Q をアップデートできるかもしれないのだ。



多くの既存端末に Android Q 提供予定

ファーウェイは自社の Web サイト “Huawei Anaswers” によると P30 Pro をふくむ既存デバイスが多数リストアップされている。

これらは問い合わせに対する公式回答のページに掲載されており誰でも確認ができる。

ファーウェイによれば 17 の既存デバイスで既に検証を始めており、サードパーティー社とともにアップデートを確実にできるよう取り組んでいるとしている。

ここまで発表されるのは初めてで、世界からの問い合わせが途絶えなかったのだろう。

こうした既存ユーザーをが安心できるニュースが増えることを祈りたい。

出典:HUAWEI ANSWERS

Twitter をフォローする!skyblue_1985jp