surface」カテゴリーアーカイブ

LTEモデルが登場!!見えてきた、サブPCとしてのSurface Goの魅力・・・

筆者が愛用するSurface Bookは当ブログ執筆の他、ゲームをしたりタブレットとして単体で使ったり、唯一無二のPCとして毎日使っている。沖縄にも香港にも持っていくし、旅先でも大活躍だ。

(香港で利用したゲストハウス。どこへ行くにも、もう手放せない)

一つだけ惜しい点があるとすれば、ヒンジの部分もあり少し分厚いという特徴だ。これまで散々持ち歩いてきたが「やっぱりサブPCが欲しいな」という結論に至った。



①最初に候補に挙がったのはSurface ProとiPad Pro

新品で買おうと思った時、候補に挙がったのがSurface ProとiPad Pro。どちらも甲乙つけがたいのだが、キーボードとセットで揃えると軽く10万円を越えてくる点がまず引っかかった。

(Surface Bookをタブレットにすると、角度によっては大きすぎてしまう)

 

Surface Proに関して言えばBookより一回り小さいのだが、サブ機としてはまだ大きい。どうにか10~11inchで抑えたい。そうなるとiPad Proと思ったのだが。。

 

②PC OSとは性質が異なるiOS

一方でiPad ProはUSBの外付けデバイスを動かせなかったり、iTunesの母艦になれないなど、基本的にはiPhoneを拡大させた物。iPadは欲しいが、PCという視点から見ると候補から外れる事になった。

 

(あと、日頃から述べているが、物理キーボード接続時に好きなIMEを利用できない最大の問題。)



③LTE版登場で再注目のSurface Go、求めてた大きさ・・

そんな事を考えていたら、突如LTE搭載のSurface Goが発表された。残念ながら法人向けモデルなのだが、このニュースを見てからSurface Goに再注目することに。Wi-Fiモデルの売り場にかけつけてみると、、、

(10インチで522g。旅先でホテルから出た時などにちょうど良すぎる!)

とてつもなく求めていた大きさではないか!!発売された当初は見向きもしなかったが、「ちょっと持ち運ぶのに快適すぎるPC」という観点では今年の新製品のベストポジションにいるような気さえする。



最後に

スペックは非常に低いため、動画編集をしたりゲームをする事は期待できないし、そうした用途ではお勧めもできない。「ちょっとメインPC持ち歩くのはしんどいよな」的な人にぐっと来る、そんな一台だ。

 

メモリ4GB、SSD128GBで89,800円(税込)は決して安いとは言えないが、他を見渡してもこれに匹敵する薄さ、軽さを誇り、なおかつタッチパネル対応の製品は見当たらない。ちょっと舐めすぎていたSurface Go。

 

iPadはiPadで欲しいというのに、とんでもない物に遭遇してしまった。非常に困ったことになった・・・・

参照記事:CNET JAPAN 「Surface Go」タブレットのLTE版、11月20日発売へ–まず北米から

Twitterをフォローする!skyblue_1985jp



10月16日発売、Surface Pro6が現行モデルより魅力的すぎる話・・・

去年の10月、Surface Bookを導入してから1年が経過した。グラフィックボードが欲しかったためBookにしたのだが、今考えるとSurface Proシリーズでも良かったかなと思う瞬間はある。

 

そんな折、最新作のSurface Pro6が発表されたのをご存知だろうか。この1年間で持っている人が急激に増えてきたが、ついに買い時とも言える内容をご紹介したい。



①ドヤれる要素満載、ブラックカラーが登場!!

「人があまり持っていないものを持ちたい」という人に朗報。Surface Pro6にはブラックが存在しており、これを持っているだけで、あなたはスターバックスでの勝者になれる。

あれ、あの人が持ってるSurface Pro黒い。え、もしかして発売されたばかりのPro6じゃないか。くそぉ、いいなぁ。」と注目の的になること間違いないし。ジロジロ見られたら「あ、懐かしい色のSurface Pro使ってますね」と言ってみよう。

 

②メモリが最低8GBに底上げ、クアッドコアCPUで高速

いよいよSurface Proも最低8GBスタートになった。最小構成モデル(税込12万9,384円)でもintel Core i5が搭載されており従来のCore Mは姿を消した。

(Surface Pro4が出た時の価格。最小構成モデルが13万を越えていたのが信じがたい)

(新色ブラックは15万円のSSD256GBから。これを持っていれば「お、あの人はSSD256GB以上だ、できる!」と注目されること間違いない。)

 

注目したいのは、今回搭載されている第8世代Intel CPUが全てクアッドコアである点。2017年までのモデルはCore i7ですらデュアルコア。数年ぶりに買い換える人などはその差を十分に体感できるだろう。でも、低電圧なんでしょう?という突っ込みは無しにしておこう。

 

③普及に伴いアクセサリーが安く手に入る世の中に

Surface Pro4を筆者が最初に購入した2015年、まだ持っている人が少なくてタイプカバーなんかは定価で買わざるを得なかった。Surface Proに付属するわけではないので、追加で15,000円以上払ったような気もする。

(タイプカバーが無料のキャンペーンも稀にやっているが、基本的には別売売り)

その後Pro4、Pro(2017)が一気に普及した結果、Surface向けマウス、ペンなども新古・中古品が安く手に入るようになった。定価で買わなくとも秋葉原やネットで掘り出し物を探すのもありだろう。



最後に

ブラックが出るとなれば、欲しいし、迷っている人は本当に買いなタイミングだと思う。またこの機会に、値下がりするであろう2017年モデルを虎視眈々と狙うのも大アリだ。

 

実際筆者はSurface Bookを2が出るタイミングで購入したため、定価より10万円安く購入できた。さすがに10万円も下がるとすぐ無くなるので、毎日セール情報はチェックしていこう。

Twitterをフォローする!skyblue_1985jp

 

【9月13日まで】ヨドバシアキバ、Surface Proを超大幅値下げ中(最大約68,000円)!!欲しい人は急げ!!

Surface Goが発売され実機の実演などで盛り上がる中、現行品のSurface Proが緊急値下げされている。場所はヨドバシアキバ、Surface売り場。これはやばい!と思うのがCore i7、メモリ16GB、SSD512GBモデル。



本来280,580円なのだが、特価で223,330円と約57,000円も安い。更にSSD1TBの最上位機種も341,060円が273,010円と約68,000円の値引き。(いずれも税込み)

(こちらが本来の価格、浮いた金額でタイプカバーなどアクセサリーが買えてしまう)

Surfaceシリーズはエグい程に値下がりする事があり、筆者のSurface Bookも10万円値下がりしたタイミングで購入した。まさにそんな状況になっており、既に品切れが出ているモデルもあるため、興味ある人は是非検討してみたい。

Twitterをフォローする!skyblue_1985jp



iPad ProよりもSurfaceをお勧めしたい決定的な理由・・・文字入力と操作性編!!

SurfaceとiPadがいい感じに争っている昨今、持ち運べるPCとして利用するにはiPadで十分という人もいる。筆者自身もAir、Air2、Pro9.7、Pro10.5、Pro12.9と一通り全部買ったのでメインにできる人の気持ちもわかる。

(303HWに接続し、朝マックがてら出勤していた筆者。。2年程前の画像)

Apple Pencilにも対応しており、Bluetoothキーボードを用意すれば本当にPCそのもの。ただ一つだけ、何年も改善されないままの項目がある。外部キーボード接続時のIME問題だ。



①キーボード接続時、IMEを選べないiOS

例えば、iPadにsimejiを入れたとしよう。高機能で変換能力も高く「これならば文字入力もいける」と思うだろう。しかしなぜか物理キーボード利用時にはIMEがデフォルトに戻ってしまう。つまり、SIMEJIを使っていたのに、キーボードを接続した瞬間にSIMEJIが使えなくなってしまう。

(あたり前だがSurfaceはPCなのでGoogle日本語入力など選び放題)

これはバグでも何でもなく仕様なのだが不便極まりなくて困っている。英語圏でアルファベットしか使わない外国人には何の縁もない話だが、私たち日本人はローマ字入力からの漢字変換が命。これが改善されないことには、iPadをメインPCとしては考えにくくなってしまった。この点でSurfaceは自在にIMEを選べるため文字入力を主とする作業には強い。

 

②言うまでもなく便利なトラックパッドの存在

更にiPadには相変わらずマウスという概念がない。キーボードのショートカットを活かせば、ある程度の事はできるのだが、それでもディスプレイにタッチしにく必要は生じてしまう。

(写真はSurface Book。Proも含め、トラックパッドの精度は良くなるばかり)

一方Surfaceは基本的にPC扱いになるため、純正キーボードには必ずトラックパッドが付いている。文字入力だけでなく、絵や写真の挿入、タスクの切り替えなど自在に操作できる点で、やはりiPadより優れている。ブログを書くにしても、やはりSurfaceの方が快適に利用できている。



最後に

iPadは完成度の高い、作り込まれたアプリが数えきれない程に存在している点で優れており、Apple機器同士との連携も素晴らしいとしか言いようがない。ただし、少なくとも日本においては外部キーボード接続時に自由なIME利用ができず、非常に惜しい。

 

更にマウスやカーソルという概念が伴わないため、細かい位置指定や絵、写真、グラフの挿入などは圧倒的にSurfaceに軍配が上がることになる。文字入力命であれば圧倒的にSurfaceをお勧めしたい。

(トップ画像は2015年に購入したSurface Pro4)

Twitterをフォローする!skyblue_1985jp



Surface Studioライフが2年目に突入、下位モデルでもスペックが十分すぎる話・・・

これまで何回かSurface Studioのレビューを書いてきたが、あっという間に使い始めて1年が経過した。今のところ価格も下がらないようなので、今回は検討されている向けに筆者が体感したスペックについて書いていきたい。

(ヨドバシで購入して持ち帰ると言ったら店員さんに止められたが、それでも持ち帰った・・・)

筆者が購入したのはCore i5の下位モデル。欲を言えば上が欲しかった気もするが、意外にも非常に満足できるという話。



①第6世代、intel Core i5 HQである点に注目

Core i5と聞くと「せっかくなら、最上位のCore i7がいいな」と思われるかもしれない。確かに予算が許せばi7に越したことはないのだが、Surface Studioに搭載されるCore i5 6440HQと呼ばれる物で、非常にハイパフォーマンスなクアッドコア。何をするにも非常にヌルヌル、サクサク動くのだ。

過去のTwitterからの投稿で申し訳ないのだが、ストリートファイター5やFF14など余裕がで動作する。

 

ちなみに筆者の愛用機であるSurface BookはCore i7ではあるが、6600Uという超省電力のため、体感速度はSurface StudioのCore i5の方が圧倒的に速い。なので超高速な環境が必須でない限り、下位モデルで十分だと思う。

(これください!って言うのに物凄い勇気が必要だった思い出がwww)

 

②メモリ8GBで足りているの!?

メモリに関しても、ここ1年で「足りないな」と感じたことは今のところない。Microsoft EdgeやGoogle Chromeで常にウェブブラウザを大量に展開すれば8GBでも重くなることはあるが、作業を整理しながら注意すれば全く問題はないだろう。

(意外にもWebブラウザを使いまくると7GB近くメモリを消費するもの)

最上位モデルは32GBとなっているが、何本も動画を編集して書き出したり、様々な作業を同時進行しない限りはオーバースペックになる。プラス7万円くらい出せばCore i7だけでなくメモリも16GBになるので、心配な方は中間モデルにすれば安心できるはず。

 

③気をつけたい点は!?

気をつけたいのは、MacBookなどと同様で、後からメモリの増設ができない点。昔のPCのように「足りなかったら自分でメモリやグラボを足せばいいよ」なんていう気軽な事ができないし、無理に実行するとメーカー保証が切れてしまう。

 

分解したとしても、CPU、メモリ、GPUはハンダ付けされており、SSD以外は増設不可とiFixが伝えている。



最後に

よく言われるのが、「自作PCなら半額以下でコスパ最高の物が作れるから高い」という意見。ごもっともではあるのだが、Surface Studioでしか実現できない美しさ、無駄の無さ、生産性を向上させる環境が付加価値だと断言できるだろう。

 

確かに高すぎるかもしれないが、それを払うに値する価値はあると思っているし、次にデスクトップPCを買うとしたら再びSurface Studioを選びたいと本気で思う。というわけで、下位モデルでもCore i5 HQがいい仕事してくれるので、迷ってる方はぜひこの夏にSurface Studioを導入してみてはいかがだろう。最高の環境が手に入る!!

Twitterをフォローする!skyblue_1985jp



いよいよ買い時!!ヨドバシ、Surface Pro 2017に純正タイプカバーが付属キャンペーンを実施中!!

つい最近、最下位モデルとキーカバーがセットで約10万円の限定販売があり、買おうか迷っているうちに完売してしまった。今日ヨドバシアキバ館内で「さすがに売り切れたか」と嘆いていたら、新しいキャンペーンを発見。

 

普通に買うと17,000円以上するキーカバーが付属するではないか!これは検討している方、買い時だろう。



①対象になるのはCore i5の2機種、タイプカバー4種類

対象になるのはCore i5/8GB/128GB (KJR00014)、 Core i5/8GB/256GB (FJX-00031)の2機種、タイプカバーは「ブラック、プラチナ、バーガンディ、コバルトブルー」の4種類となっている。

(本体からキーボードの価格が割引されているイメージ。)

Surface Proを検討している方が直面する際、どうしても直面するのがタイプカバー。欲しいモデル+約17,000円と結果的に高くなってしまう。それだけにCore i5ラインを狙っている方には朗報だ。

 

②ビックカメラでもキャンペーンを確認、期間は6月15日~7月1日まで

既にキャンペーンは始まっているが、7月1日までと長期間ではないらしい。店頭でもヨドバシ.comでも購入となっている。なお同キャンペーンではビックカメラでも行われているのを確認している。

ただでさえ安く買えるチャンスのため、ヨドバシやビックカメラでポイントが大量に余っている方はこの機を逃さず購入を検討してみよう。

Twitterをフォローする!skyblue_1985jp