リーク・ニュース・噂」カテゴリーアーカイブ

Dual SIM + Felica 搭載 OPPO Reno A、goo SIM Seller が最安 10,500 円(税別)で販売か!?

中国メーカーのOPPO が停滞する日本のスマホ市場を大きく盛り上げようとしている。

Dual SIM + Felica 搭載の良スペックスマホ OPPO Reno A が楽天モバイルだけでなく MVNO 向けにも僅か 35,800 円(税別)で投入されると 8 日に発表された。



音声契約で 20,000 円の破格

MVNO 事業者でも OCN モバイル ONE を扱う goo SIM seller は音声回線とのセット購入を条件に 27,000 円(税抜)まで値下げ。

さらに発売記念として暫く 20,000 円(税抜)で提供するという。

受付期間は 10 月 16 日 11:00 ~ 11 月 5 日 11:00 までと余裕があるので、多くの人が破格でゲットできるはずだ。

しかしこれだけでは終わらない。キャンペーン詳細をよく読むと僅か 10,500 円(税抜)で買えそうな記述がある。

 

オプション加入と MNP でタダ同然に??

以下の画像をご覧いただきたい。

「その他の割引」に 2 つのオプションが用意されている。

・OCNでんわかけ放題オプション&マイセキュア同時加入

・あんしんモバイルパック同時加入

契約時にこの 2 つに加入すれば更に 4,500 円が本体価格から割引される。気になるのは更にその下だ。

 

MNP による他社からの転出で契約すると 5,000 円割引されるのだが、上記のオプション加入割引と併用できるとされている。

つまり販売記念価格 20,000 円 – 4,500 円(オプション割引)- 5,000 円(MNP割引)= 10,500 円が最安本体価格となるはずだ。

 

SONY をも軽々と抜いてくる可能性

7 日に Y!mobile からソニーモバイルの Xperia8 が発表された。また楽天モバイルからも Xperia Ace の発売が予定されていて、SONY の攻勢がうかがえる。

ただし相変わらず価格は 50,000 円前後で、コスパや Dual SIM などの実用性において OPPO に対抗できないだろう。

キャリアへの忖度や自社ブランドの誇示は、SONY にとってマイナスでしかないのにやめられない。

もはや OPPO は SONY のそうした体質を十分に理解し、ファーウェイなき今をチャンスと捉えているはずだ。誰もやってない分野を狙って認知拡大を図っている。

偶然にも名前が一致している指原莉乃さんを起用した OPPO はファーウェイなきいま台風の目になるかもしれない。

Twitter をフォローする!skykblue_1985jp



ソニーモバイル Xperia5 香港版、10 月 7 日にアキバ上陸か!?

ソニーモバイルが発表した秋の旗艦モデル Xperia5 海外版が、今週にもアキバに入荷する可能性が浮上した。

中古 PC・白ロムを扱う「イオシス」公式 Twitter アカウントが明らかにしており、入荷が早まる可能性を示唆している。



けっこう早い・・・

同社は香港に仕入れルートを持っており、10 年以上にわたって様々なスマートフォンを仕入れて販売してきた。

秋葉原ではもはや海外スマートフォンの聖地と化しており、とくにアキバ中央通り店は日本一の品揃えを誇っている。

 

Xperia 5 はソニー巻き返しなるか

Xperia5 は Snapdragon855, ROM 128 GB, RAM 6 GB 搭載したハイエンド端末で、春モデル Xperia1 6.5 インチから 6.1 インチへと小型化されている。

ディスプレイの大型化が止まらないスマートフォン市場において小型かつ 3 眼レンズ仕様は大きな差別化になるだろう。

ブルー、ブラック、レッド、グレーの 4 色展開。

なお香港発売予定の型番 J9210 は Dual SIM であり日本キャリア(シングル SIM や ROM 半減)仕様と少し異なっている。

Xperia を SONY Alpha カメラのディスプレイ化にしたり離れた場所からの設定できるなど同社が築き上げてきた製品群とのコラボにも期待がかかる。



最後に

2019 年はソニーモバイルにとって大改革の年だった。勝算の見込めない国や地域からは撤退して、台湾や日本など勝ち目のある国にフォーカスする戦略をとった。

また人員など大幅なコスト削減により何とか黒字を達成。ただし事業が本質的に立ち直ったわけではなく、ここからが勝負なのだ。

完全黒字化を宣言するソニーモバイルは底力として何を顧客に見せてくれるのか。日本では NTT ドコモが 10 月 11 日に発表すると噂されている。

10 月中にはキャリアモデルも揃いそうで、海外版と合わせて盛り上がること間違いなさそうだ。

Twitter をフォローする!skyblue_1985jp



楽天モバイルの OPPO Reno A 本体価格が判明。Dual SIM + Felica で 35,278 円(税抜)の超コスパ!!

楽天モバイルが 10 月 1 日に発売する OPPO Reno A の本体価格が明らかになった。

税抜 35,278 円という低価格で既に同社 Web サイトでは予約が始まっている。また楽天市場店では本体のみ購入できる。

OPPO といえば 2018 年に日本に参入して勢いづいてきたが、その中でも同機種が特別なのは「ガラパゴス」と揶揄された日本向けにカスタマイズされているからだ。

今回はReno シリーズそして Reno A の何が凄いのか改めて整理したい。



OPPO Reno とは・・・

洗練されたカメラを謳う OPPO Reno は世界で大ヒットした OPPO 製品群の名前で、日本には最上位モデルの Reno 10x Zoom が投入されている。

( 中国深センにて撮影。5 月に訪問した際はまだ実機しか見られなかった)

デジタルズーム 60 倍を誇るバケモノ性能は P30 Pro のライバルとも言われファーウェイがグーグルと取引できなくなった際には大きく注目された。

(香港では Reno Z なる廉価版がリリースされるなど種類は多い)

そして楽天モバイルがリリースする Reno A は低価格ながら Dual SIM (DSDV)・防水・防塵にも対応。

(Snapdragon 710, ROM 128GB, RAM 6 GB 搭載の文句なしの高性能だ)

ここまでなら「ふーん」で話は終わるのだが強調したいのは「おサイフケータイ」が搭載されていること。

つまり「せっかく Dual SIM で 1 台持ちになったのに Felica のために別の携帯電話を持つのはいやだ」という人が待ちにまった待望のモデルなのだ。



本体単体でも入手可能

上述のように予約は始まっていて MNP・新規契約と機種変更は楽天モバイル Web サイトから申込みが可能だ。

(大型 6.4 インチはFull HD+ の有機EL を採用。169.5g とかなり軽量)

大手キャリアとしてのサービス本格化は来春にズレ込んだものの端末選びは顧客のニーズをしっかり掴んでいる。

また誰でも本体のみ購入できる「通信と端末の分離」に沿った販売方法は MVNO 時代に培ったノウハウの賜物だろう。

その第 1 弾となる Reno A は最初から顧客を驚かす格好の端末であるはずだ。

リンク:楽天モバイル

Twitter をフォローする!skyblue_1985jp



ファーウェイ P30 lite 一括 1,980 円、海外版 iPhone SE 32GB 一括 0 円へ。goo simseller 「衝撃のタックルセール」が鬼特価すぎる

OCN モバイル ONE の SIM を扱う goo simseller は 17 日より超大型割引セールを開始した。音声 SIM と端末をセット購入することで想像を絶する割引が受けられる。

明らかに 10 月 1 日からの法改正を見据えたものであり、安くスマートフォンをゲットしたい人には要チェックのセールだ。



P30 lite が 1,980 円まで下がる

なかでも目に止まったのがファーウェイ P30 lite。去年の 2 眼レンズから 3 眼レンズになっただけでなくシリーズで初めて日本でも Dual SIM が有効となった。

これがまず 9,800 円の破格になっていて、ここからオプション加入で 3,000 円値引きがはいる。

MNP 契約であれば更に 5,000 円割引されて最終本体価格 1,980 円。もはや「法改正前セール」と言えるだろう。

ところで発生する費用に関して整理しておこう。まず初期手数料 3,000 円が発生する。

さらに料金プラン「OCN 電話 10 分かけ放題」(1,550 円)+ 「データ通信 900 MB 」(900 円)+「オプション月額料金」(250)円の計 2,700 円が初月請求される。

もちろん不要であれば後からオプションやかけ放題は外せるので、月額維持費は 1,700 円前後まで抑えられる。

またいわゆる「縛り」も 6 ヶ月のみと良心的なので筆者も購入することにした。



iPhone SE 32GB 海外版 が 0 円に

またすぐ無くなりそうな機種に海外版 iPhone SE 32 GB があって、設定価格 2,800 円。普通に購入してもタダ同然の価格だ。

それを MNP で購入すると 5,000 円の割引が入るので 0 円になる。ただし他社から違約金を払ってまで乗り換えるメリットはないので、購入するなら新規がいいだろう。

こうした特売品は本当にすぐ無くなるので、気になる人は今日中にも購入した方がいいかと思われる。

それにしても相変わらずの大迫力な goo simseller 。この他にも様々なラインアップがあるので気になる人は下記リンク先から飛んでみよう。

ドコモ回線を利用した大手であり実績も豊富なので安心できるサービスだ。

リンク:goo simseller 

Twitter をフォローする!skyblue_1985jp



au、他社キャリアの SIM が動作しない「アップグレードプログラムDX」を導入

先日にソフトバンクが導入した「半額サポート+」につづき、au が「アップグレードプログラムDX」を発表した。

48 分割したスマートフォンの本体価格を 24 ヶ月間はらい続けて 25 ヶ月目に端末を返却することで残債がタダになる仕組み。

(プログラムの参加料金として月額 390 円が別途必要になる)

これまでの「アップグレードプログラム EX」と内容自体は同じでありながら DX と改名したのは他社キャリアの顧客でも利用できることを謳うためだ。

ところがソフトバンクと同様、これがいかに建前上であるかが垣間みえる。



au MVNO 以外は 100 日間動作しない

例えば NTT ドコモのユーザーが 「アップグレードプログラムDX」を利用して  iPhone11 を購入することはできる。

しかも形式としては「通信と端末の分離」が実現された姿であり、誰もが気軽にスマートフォンを単体で購入できる理想像といえよう。

ところが実際には端末に SIM ロックがかかっていて 100 日間は解除ができない。

しかも SIM ロック解除は 3,000 (税抜)と有料であり、契約から 101 日目に au ショップで依頼することになる。

つまり「アップグレードプログラムDX」は国がめざす「通信と端末の分離」の本質からずれていて消費者に混乱をもたらすだけなのだ。

 

総務省が待ったをかけるか

日経 Tech によれば 11 日の総務省有識者会議でソフトバンクの「半額サポート+」に異議が申し立てたれたという。

記事によればこの 100 日利用できない問題に加えて、25 ヶ月目には同社の機種をふたたび購入する義務も問題視されており、総務省がふたたび動く気配がする。

偶然にもかつて厳しく業界を指導した高市早苗氏が第4次安倍内閣でふたたび総務大臣に任命された。業界の改革はまだまだ続きそうだ。

出典:ソフトバンク「半額サポート+」に待った、総務省の有識者会合で物議

Twitter をフォローする!skyblue_1985jp



ヨドバシカメラ、対象 Surface Pro6 購入で純正タイプカバー + 10 % ポイント還元を 9 月 9 日~ 30 日まで開催

Surface Japan は本日 9 日より 23 日まで指定の Surface Pro6 購入者に対して同社純正タイプカバーをプレゼントする。

大手量販店での購入も対象になる見通しで、さっそくヨドバシカメラでも実施されていることが確認できた。



スタバでどやれるブラック!

対象になる Surface Pro6 は憧れる人もおおいブラックで、ヨドバシ・ドット・コムではコバルトブルーのタイプカバーが付いてくる。

Microsoft 公式が 23 日までとしているのに対し、ヨドバシ・ドット・コムでは 9 月 30 日までとされている。

また店頭ではヨドバシのクレジットカード作成で 5,000 ポイント付与されるため、まだ持っていない人は店頭で購入した方が安くなるかもしれない。

気になるスペックは第 8 世代 intel Core i5/SSD 256 GB/メモリ 8GB 構成で、CPU は初のクアッドコアを搭載。

駆動時間 13.5 時間と頼りがいあるバッテリーを備え、ペンがあればクリエイティブな作業も捗ること間違いなし。

気になる人はヨドバシ・ドット・コムをチェックしてみよう。タイプカバーが付属しないモデルでも Surface シリーズは 10% 還元になっている。

リンク:ヨドバシ・ドット・コム

Twitter をフォローする!skyblue_1985jp



Y!mobile が違約金 0 円の新料金プラン発表。10 月 1 日から適応へ

ソフトバンクのサブブランド Y!mobile が 10 月 1 日からの法改正を前に違約金 0 円の新料金プランを発表した。

従来の S, M, L プランのうち “L” が “R” に名称が変更。10 GB 以上のプランが欲しいという顧客の希望に合わせたという。

新価格は S プラン 2,680 円、M プラン 3,680 円、R プラン 4,680 円の 3 種類で 2 年縛りと違約金は撤廃された。



固定回線があると更に 500 円お得に

またソフトバンク光や Softbank Air がある家庭では追加で 500 円の割引が入る。

さらに申し込みから最初の 6 ヶ月間は「新規割」が適応されて 1,480 円から持てるようになるという。

いままでのように 1 年目 1,980 円、2 年目 2,980 円とするのではなく一律で 2,680 円と決められている。

その代わり違約金もなければ端末が一括 0 円で貰えることもなくなるわけだ。

そう考えると本当に安くなったというよりは、見せ方が変わっただけという捉え方もできる。

ただし楽天の参入もあいまって、菅官房長官の切望していた競争が働きはじめているのも事実だろう。

今後 NTTドコモや au の対抗、そしてソフトバンクのさらなる追随など業界の新たな展開に期待したい。

リンク:Y!mobile

Twitter をフォローする!skyblue_1985jp



【悲報】Galaxy Fold 対抗のファーウェイ Mate X 、 Google サービスなしか・・・

折り畳めるスマートフォン Galaxy Fold がまずは韓国からリリースされ、世界のガジェットファンが盛り上がっている。

( 6 日ソウル市内で見てきた Galaxy Fold 実機)

そして当然ながらライバル機種であるファーウェイ Mate X にも注目が集まっているのだが複数の海外メディアが



Google サービスなしの可能性

現在ファーウェイは米国企業との取引が制限されており、新機種の Android ライセンスを得られない状態にある。

つまり同社が今後リリースするスマートフォンには Youtube, Gmail, Chrome アプリなどはおろか、アプリを落とす Play ストアが存在しないのだ。

折りたたみスマートフォン Mate X もPlay ストアやグーグルアプリが一切ない状態で発売されると海外の複数メディアが報じている。

それでいて予想価格は約 30 万円と高額で、十分な価値を体感できなくなる可能性がでてきたわけだ。

後から無理にインストールすることができるにせよ、人によってはハードルがたかく、SNS の通知がこないなど小さい問題が続出してしまう。

発表された当時はごく普通にグーグルアプリがインストールされていたと思ったが、間に合わなかったということだろうか。

魅力的な製品が次々に出てくるというのに、ユーザーとしては悲しい以外に形容のしようがない。

ファーウェイの詳しいアナウンスはまだ先になりそうだ。

Huawei Mate 30 and Mate X will ship without the Play Store and all other Google apps

Twitter をフォローする!skyblue_1985jp



【悲報】Xperia5 国内モデルの内部容量は 64 GB の可能性・・・・

先日の IFA にて発表されたソニーモバイルの旗艦モデル Xperia5 に悲報が流れ始めている。

内部ストレージ 128 GB として発表されたにも関わらず、日本国内モデルだけが半分の 64 GB になるという。

既に該当ページは削除されているが、削除前に撮影された画像から発覚している。

 

日本人が誇るソニーによって開発されたものが、日本モデルだけ不利なわけないと思う人もいるだろう。



Xperia1 も国内版は 64 GB 

じつは現行モデルの Xperia1 も海外モデルは 128 GB なのに国内モデルは 64 GB でファンからは悲鳴が上がっている。

しかも海外の人は SIM カードを 2 枚入れながら 128 GB を使えるのに対し、国内版は SIM 1 枚だけで 64 GB の構成のみ。

これだけ不利な状況になると日本版を楽しみにしていたファンがガッカリするのも仕方あるまい。

しかも 5G が一部の国で始まっているこのご時世だからこそ 64 GB がお粗末に見えるわけだ。

 

ソニー窮地なのでは・・・

悲報はつづく。低価格モデルとして準備の進んでいた Xperia 20 がキャンセルされて発売されないことになった。

スマートフォン 3 万円時代の記事でも書いたように、いまは高級なハイエンドよりもコスパの高い低価格モデルが好まれる。

(春に展開された低価格モデル Xperia 10/10plus)

売上を伸ばすには低価格モデルがどのメーカーにも必須なのにも関わらず、ソニーはこれから冬にかけて Xperia 5 だけで戦うことになる。

それは無謀すぎる作戦であって、負け戦をしにいってるようなものだ。



最後に

ソニーモバイルは 3 年以上つづいた赤字に終止符をうったが、それはコストカットを徹底した結果であり本質的なものではない。

そしてファンの多い日本に対して冷遇なのもまず。ここはサムスンを見習うしかないだろう。

例えば今回の Galaxy Fold が韓国から発売されたように「まずはお膝元の日本で発売する」とか日本モデルだけ 256 GB があるとかやり方はあるだろう。

まずは海外の Xperia ファンが日本版を輸入したくなるくらいに、国内モデルを変えていく必要があるだろう。

Twitter をフォローする!skyblue_1985jp



盛り上げられるか!?Galaxy Fold が 9 月 11 日韓国で販売へ

4 月の販売直前に不具合が見つかり、販売の目処が立たずにいた Galaxy Fold がまもなく登場する。

9 月 6 日ヨーロッパで開催される IFA にて再びリリースされ、まずは韓国で 11 日販売と複数海外メディアが報じている。

また米国でも 27 日発売される見通しで、米国サムスン公式には Galaxy Fold のページが久しぶりに復活している。

価格は約 1,980 ドル(約 21 万円)で以前とほぼ変わらない。



さり気なく業界トップを走るサムスン

今年 Galaxy S10 で大きな売上をあげた同社は、2019 年 第二四半期で世界トップを独走している。

Galaxy S10 のほかミドルスペックの低価格スマートフォンのラインアップを大幅に増やし、ファーウェイ不在の米国に攻勢をかける。

Galaxy Note 10 の進化ぶりも素晴らしく、Snapdragon855 搭載の Windows PC までリリースするなど何気に業界を盛り上げているのだ。

また日韓関係が冷え込んでいるなか Galaxy の国内における売上が 6 年ぶりに 1 位になったという報道もある。

未来を見据えたデバイスの展開は名実ともにアップルを凌駕していると言えないだろうか。



最後に

しかしスマートフォンに 21 万円とは、いよいよ手が出せない領域になってきた。

折りたたむ事ができるのは技術的に素晴らしいとは思うが、それで私たちの生活が 180 度変わるわけでもあるまい。

ガジェット好きがこぞって買える価格帯でもなく、開発者のほかに一体どんな人たちが購入して、どんなことができるのかを見ているのが得策だろうか。

こればかりは筆者も見守ることになりそうだ。

出典:Samsung Galaxy Fold pre-orders to ship on September 11

Twitter をフォローする!skyblue_1985jp