リーク・ニュース・噂」カテゴリーアーカイブ

LINE モバイル、回線種別の変更を 9 月 20 日に停止。10 月 1 日より初月無料オプションが有料へ。

LINE モバイルから回線手続き停止の案内が流れてきた。

同社は au 回線のシステム改修を理由に「ドコモ回線からソフトバンク回線」または「ソフトバンク回線からドコモ回線」の SIM 種別変更を 9 月 20 日(金)より停止する。

(ソフトバンク傘下に入るまではドコモ回線だけだった)

再開は 2020 年春以降とのことで少なくとも半年はかかるようだ。

回線を変更したい人は早めにマイページから手続きをしよう。

 

10 月より初月無料オプションが有料へ

また初月は無料とされてきた各オプションサービス(LINE MUSIC、端末保証など)が 10 月 1 日より初月から有料となる。

おトクに使える期間がみじかくなるので特典を受けたい人は早めに契約しておこう。

出典:LINE モバイル

Twitter をフォローする!skyblue_1985jp



【朗報】NTT ドコモがファーウェイ P30 Pro が発売へ。8/21 より予約再開、9 月発売予定

NTT ドコモが発売を延期していたファーウェイ P30 Pro が 9 月に発売されると明らかになった。

8 月 21 日より予約が再開される予定で、お蔵入りは回避できるようだ。



悲願の発売へ

ファーウェイ製品を巡っては au と ソフトバンクが P30 lite (Premium)を発売したのに対し、

NTT 社長の澤田氏が「顧客に迷惑がかかったらどうするのか、同業者としていかがなものかと思う」と苦言を呈していた。

これで子会社のドコモが怯んでお蔵入りになる可能性まで指摘されていたため、それを一蹴する形で発売に踏み切ったのは素晴らしい。

(50 倍ズームカメラで月が撮れるスマートフォンはこれだ)

P30 Pro は筆者が触った端末のなかでカメラが最も優れたスマートフォンであり、1人でも多くの人にオススメしたい。

価格は 10 万円を切っており日本ならではの Felica も搭載している。9 月は iPhone の発表が予想されるが堂々と P30 Pro を選ぶのもありだろう。

出典:ドコモ、「HUAWEI P30 Pro HW-02L」を9月に発売

Twitter をフォローする!skyblue_1985jp



新型 Apple Watch Series 5、9 月にも発表か【噂が出始める】

2015 年の登場から毎年あたらなアップル・ウォッチが発売されている。

Apple Watchをプレゼンするティム・クックCEO(2015年)

それも決まって iPhone とともに発表・発売されており、今年も新作がでても不思議ではないだろう。

2019 年モデル(シリーズ 5 )も少しずつだが噂が出てきている。



セラミック、チタンモデルの登場か

まずシリーズ 5 はアプリを iPhone なしでインストールできる Watch OS 6 を搭載し、それを動かす最新チップを搭載するだろう。

昨年はディスプレイサイズの変更がなされたため、恐らく同サイズが 2 種類でるのではないだろうか。

 

そして噂されているのが筐体の素材で、セラミックの復活と新たにチタンモデルの追加が予想されてきた。

(セルラー通信が可能となったシリーズ 3)

たしかにセラミックに関しては以前に存在していたため復活しても不思議ではない。

そして「チタン」という素材の追加に関しても、飽きてしまったユーザーなどへの刺激策としては歓迎されそうだ。

まだ不確定な要素であれ「本当にあり得る」と思えるような情報だ。

 

アップルウォッチはどこまで進化するのか

それ以外の情報はまだあまり流れていない。心電図機能がもっと広い国で利用できれば嬉しいが、ほかに何ができるだろうか。

(来月にも新たな OS が登場する予定だ)

最近スマートフォンで流行りのディスプレイ指紋認証がアップルウォッチでも実現すれ便利になると思うが、さすがにまだ難しいだろうか。

直前になって色んな情報がでてくると思うので、最新の情報には意識していきたい。

出典:Apple Watch Series 5 will come with new titanium and ceramic casings

Twitter をフォローする!skyblue_1985jp



Galaxy Note10 香港モデルのスペックや価格が明らかに。発売は 8 月 21 日で最速か

世界各地で Galaxy Note 10 の発表会が行われている。今日 15 日は香港でリリースされ価格も明らかになった。



発売は 8 月 21 日で最速か

発表されたのは Note10 (ROM 256GB/RAM 8GB)、Note10+  (ROM 256GB/12GB)、(ROM512GB/RAM12GB) の 3 種類で 5G モデルのアナウンスはなかった。

価格は左から約 94,400 円、108,000 円、121,500 円の順で香港ドル安のせいか他国より安い。

現地メディアによれば予約は本日から受付開始となり、なんと 21 日からピックアップ可能になるという。

 

例年通りの Snapdragon 搭載

事前のリーク情報では Verizon 以外はすべて Exynoss という噂もあったが、安定の Snapdragon で型番は SM-N975 および SM-N9750。

DSDV の Dual SIM 構成で、microSDXC との排他利用となるが無印 Note10 は microSD 非対応なので覚えておこう。

カラーバリエーションは Note10/10+ ともに「ブルー」「ブラック」「ホワイト」の 3 色が投入された。

なお発表された価格はあくまでも現地のショップやオンライン価格であり、輸入業者はもう少し高い価格で販売することになる。

これから価格を発表する通販サイトが増えるはずなので、納得いくところから購入するようにしたい。

出典:Samsung Galaxy Note10 港版8月全球同步!出機價及買機優惠即睇

Twitter をフォローする!skyblue_1985jp



米アップル、iOS 12 アップデート率は 88 % と高水準であることを発表

米アップルは App Store にアクセスされるデータを集計して、顧客が利用する iOS バージョンの統計をとっている。

このレポートは数ヶ月ごとに更新されるもの。最新版によれば iOS 12 ユーザーは 88 % に達したという。



とても理想的なアップデート率

iPhone, iPad および iPod Touch の iOS 12 ユーザーは 88 % で、過去 4 年間にリリースされた製品を含めると 90 % に昇る。

来月は iOS 13 リリースを控えているため、 iOS 12 の年間普及率にかんしての最終的な統計となる。

 

まだ旧 OS を使っている人は・・・・

iOS 11 ユーザーは全体の 7 %、またそれ以前の iOS ユーザーは 5 % いるという。

推測だがこうしたユーザーは既にサポートが切れた iPhone や iPad をいまだに重宝している可能性がたかい。

例えば iPhone 5 ( iOS 10 まで)、 iPad 第 4 世代 (iOS 10まで) は状態によってはまだまだ使えるのだ。

さらにアプリの研究・開発者などは検証環境として古いバージョンを意図的に残すこともある。



最後に

iOS 12 にアップデートした人が 9 割に昇るとは、アップルとしても理想的すぎる状況ではないだろうか。

iOS 12 は古いデバイスの高速化が印象的でアップデートに繋がったという見方もある。

(初代 iPad は iOS 5.1.1 だが iPad 2 は iOS 9 なのでまだ使える)

結果はどうであれ、一度買った iPhone が少なくとも 4 年間サポートされるのは長く使いたい人にとっては理想的だ。

そしていよいよ iOS 13 が待っている。来年の今頃には再び 90 % を叩き出せるだろうか。

出典:Apple says 88% of all iPhones and iPads now running iOS 12, as iOS 13 release nears

Twitter をフォローする!skyblue_1985jp



全シリーズを購入した筆者が正直に書こう、Galaxy Note 10/10+ に感じた物足りなさを・・・

今朝はやく米国ニューヨークにて Galaxy Note 10 シリーズがついに発表された。

報じられている通りなので詳細は別記事にゆずり、当記事ではNote シリーズを全て購入してきた筆者の見解を述べていきたい。

如何せん実機を触ったわけではないので、その辺りご了承願いたい。



メリットを感じた部分:サイズ

こんかい最も大きなメリットを感じたのは 2 種類のサイズに分かれれた点だろう。

シリーズを重ねるにつれ女性ファンも増えるなか「大きくて持てない」という声が絶えなかった。

また 2017 年 Note 8 から「ベゼルレスもいいがペンで書ける領域がせまい」という指摘があったのも事実だ。

今回はサイズを分けることで、持ちやすさ重視のユーザーと大画面重視ユーザーのどちらをも迎合できただろう。

 

心を打たれなかったのも事実

とにもかくにもまずはオフィシャル動画をご覧いただきたい。

「え!?宣伝したいことはそれだけ!?」というのが率直な印象だ。

きびしくみれば Note 9 から大した進歩はしていない。

無論ジャイロセンサーを備えた S-pen、強化された動画の手ブレ補正、1 TB の内部ストレージなどは確かに凄い。

しかしこれらが必要なければ Note 9 で十分すぎる程であり、わざわざ買い換える必要性もないのではないだろうか。

 

4 眼レンズカメラもふるわない

カメラに関して言うとファーウェイの台頭でいっきに遅れてしまった感が否めない。

その最たるものが「ポートレート撮影」で Note 8 からあまり進化していない。

また 4 眼レンズを搭載した Galaxy S10 5G においても、被写体をとらえた時の背景ボケは P30 Pro にまったく敵わない。

(あまり知られていないが S10 5G だけは 4 眼レンズ搭載)

そして何より今年話題になった 50 ~ 60 倍ズームのプレゼンもない。

もし Note10+ の 4 眼レンズが S10 5G と同等のものであれば、あまり期待しないほうがいいと考えている。



最後に

昨年の Note 9 は Dex Station なしでテレビにHDMI 接続できるようになった。

これも見慣れた光景で、特に驚くべきこともないだろう。確かに便利だが、一体どれくらいの人が使っているのだろうか。

( ケーブル 1 本でテレビと繋がる Note 9 )

こんな感じで、10 周年記念としては進化の限界を感じることのおおい内容だった。

もちろん小さな進歩はあるはずで、Note シリーズがほしかった人は飛びついてでも買うメリットはあるだろう。

しかし Note 9 を持っている人はその高すぎる完成度からあまり買い換える必要性を感じないと思う。

またカメラに関していえば OPPO や ファーウェイがすごすぎて、無理に Galaxy を買う時代でもなくなったというのが正直な感想だ。

さて、初代から 2, 3, 4, 5, 7, 8, 9 とすべて購入した筆者だが記念すべき 10 年目はべつの端末にあてようと考えている。

Twitter をフォローする!skyblue_1985jp



HTC どうしたの!? 英国でのスマーフォン販売を中止へ

かつては日本でも活躍していた HTC が最近あまり振るわないようだ。

英国では特許紛争を理由に、主要代理店での販売ができなくなったと海外各メディアが伝えている。



何があったの!?

HTC と ドイツ・ミュンヘンに本社を構える IPcom は車載むけワイヤレス技術の特許をめぐり争っている。

英国法廷では HTC が IPcom の技術と重ならぬよう、回避策を講じてスマートフォンを販売するよう命じていた。

ところが今年はじめ IPcom で HTC 端末をテストしたところ、何の回避策も講じられていなかったことが発覚。

法廷での判決を守らず無視していると見なされたのだ。

 

多くの代理店から HTC 端末が撤去される

Carphone Warehouse、O2 は既に HTC スマートフォンを取り下げており、通販サイト EE では「品切」表記になっている。

ただし特許とは無関係な HTC Hub for 5G だけは販売されている。

また HTC UK 公式サイトでは「購入ボタン」を押下すると「品切中」のページにリダイレクトされてしまう。

GSM Arena によれば唯一 HTC スマートフォンが手に入るのは現在のところ Amazon UK のみ。



最後に

5 月から 6 月にかけて香港、シンガポール、マレーシア、韓国、中国をまわってきたが、これらの国で HTC はほぼ存在していなかった。

ある統計では 2011 年に 24 % のシェアを持っていた HTC はいま SONY Xperia よりも低く 0 % 台といわれている。

シェアを取り戻すなんてことは考えなくともいいので、なにかファンを湧かせるような製品に期待したい。

HTC Desire HD なんて懐かしいスマホの復刻なんかは個人的にそそられる。

Twitter をフォローする!skyblue_1985jp



サムスン、Galaxy Note10 発表に先立ち 7nm Exynoss 9825を発表

Galaxy Note 10 の発表がまもなく行われるが、それに先立ってサムスン社の最新 SoC Exynoss 9825 をリリースした。

 8nm Exynoss 9820 をアップデートしたもので、7nm としては初めて EUV プロセスを採用している。



Galaxy Note 10 ほぼ全てに採用か

GSM Arena によれば、ゲーム性能やグラフィックが向上しているもののベンチマークには顕著に出てこないという。

またアプリのプリロード力、AI の物体認識力や AR 体験を大幅に向上するとされている。

5G 対応ではあるものの、じっさいに 5G に到達するには別途 Exynoss Modem 5100 が必要とされ Galaxy Note 10+ 5G に搭載される見込み。

また今回の Galaxy Note 10 シリーズは米国 Verizon をのぞく全世界のモデルに Exynoss との噂もある。

Snapdragon 855 にはないメリットが見いだせるかもしれない。詳細はもうすぐ明らかになるだろう。

出典:Samsung introduces 7nm Exynos 9825 right ahead of Galaxy Note10 launch

Twitter をフォローする!skyblue_1985jp



米アップル、8 月 5 日の人民元安で市場価値が 530 億ドル下落・・・

米国時間 8 月 5 日、中国人民元が米ドルに対して 7 元以下にまで下がるという 11年以上ぶりの事態がおきた。

中国がじこく通貨である人民元の価値を下げるよう誘導した結果だと指摘されている。

人民元の価値がさがれば、米国の関税を相殺できるほか世界に製品をやすく輸出できるのだ。

これによりアメリカの株価が大幅に下落。とくにアップルは 1 日にして 53 億ドルの市場価値を失うことになった。



アップル製品は高額になる恐れも

報じられているようにトランプ大統領はちょうぜつに激怒しており、いままで以上の関税を課すことも想定される。

アップルは「関税がこれ以上あがれば全製品に影響がでる」としていた。

9 月には iPhone の販売を控えているだけに、だいぶ計画を狂わされているだろう。

そしてこの戦争には勝者も敗者もいないのではないだろうか。

出典:AAPL plunges $53B as tech giants hit by latest escalation of the trade war

Twitter をフォローする!skyblue_1985jp



【噂】Galaxy Note 10 のチップセット、 Verizon 以外すべて Exynoss の可能性が浮上・・・

いよいよ来週にリリースを控えた Galaxy Note 10 だが、マニア層にとって悲報ともいえる噂が流れてきた。

初心者の方には「え!?それがどうしたの!?」という程度のことなのだが・・・



Verizon 以外はすべて Exynoss !?

GSM Arena はリーク情報につよい Evan Blass のツイートを公開している。(現在は非公開アカウント)

 

ツイートによればクアルコム社製 Snapdragon 855 は米国 Verizon にのみ提供され、他はすべてサムスン製 Exynoss 8925 が搭載されるという。

これが本当であれば発狂するのは筆者を含めたマニアックの人たちだ。

Exynoss は Snapdragon に比べてベンチマークが低い傾向にあり、バッテリー持ちも明らかに異なる。

そのため Galaxy を輸入する際は気をつける人もいるほどだ。

 

見分け方はとても簡単

Snapdragon  と Exynoss の見分け方はとても簡単で、スペック表に書かれた「型番」ですぐにわかる。

SM-G9000 番台であれば Snapdragon、SM-G900 番台(F/FD)であれば Exynoss と分類できる。

例えば EXPANSYS で販売中の Galaxy S10 をみてみよう。モデル名の SM-G9730 が見えるだろうか。

SM-G9000 番台であることから一発で Snapdragon だと判別できる。

Exynoss も1つだけ見ておこう。

同じく EXPANSYS の過去画像からで、モデル名に SM-G973F/DS とある。

SM-G900 番台なので Exynoss モデルと判別しよう。

また語尾が F のみの場合は「シングル SIM」、FD ならば「Dual SIM」という判別も覚えておきたい。



8 月 7 日のリリースで明らかに

Galaxy Note 10 のリリースはいよいよ来週の 8 月 7 日に迫っている。

発表会を待たずしてほぼ全てのスペックが流出しているのでサプライズはないかもしれない。

(米国ではすでに Note 10 の仮予約が始まっている)

しかしもしかすると、本当に Verizon だけが Snapdragon を独占するという誰も望んでいないサプライズがあるかもしれない。

また一部のモデルだけに限った話かもしれないので、話半分くらいに捉えておこう。

出典:Samsung Galaxy Note10 devices in the US might come with Exynos chipsets

Twitter をフォローする!skyblue_1985jp