リーク・ニュース・噂」カテゴリーアーカイブ

【速報】ドトールコーヒーが NFC 決済導入へ。世界標準のキャッシュレスが本格化

先日、全国のセブンイレブンで NFC 決済が導入されると報道された。

クレジットカードを店員さんに手渡したりサインすることなく、Suica をかざす感覚で利用できる。

(画像は韓国のスターバックス。波マークのあるカードをかざして決済)

海外では一般的に普及していながら Felica 文化の根強い日本では全く普及していなかった。

ところが東京オリンピックを控えた 2020 年、一気に普及しそうである。



一部ドトールカフェで利用開始

秋葉原のエクセルシオールカフェ(中央通沿)は、タッチ決済対応のクレジットカードが今日から使えるようになった。

(赤丸で囲ったマークのある VISA、Master、JCB、AMEX など各カード会社に対応)

クレジットカードの他、VISA デビットを取り込んだ Google Pay での支払いも可能になることから、

お財布ケータイ非対応の Android スマートフォンでもキャッシュレスがより身近になるはずだ。

同店スタッフによればドトールコーヒー系列で準備中であり 3 月から順次開始されるという。

 

QR コードより使いやすい

NFC 決済はコード決済よりも優れている点がおおい。

インバウンド対策になるのは言うまでもなく、スマートフォンを持たない高齢者など誰でも気軽に持てる。

スマホのロック解除→アプリ起動→支払い画面に進む」といった手間がなく、ネットに繋がらなくて支払いエラーもない。

何より数百円の物をカードで買う違和感(申し訳なさ)」が払しょくされるだろう。



最後に

NFC 決済は 2020 年に一気にくると何度も当ブログで述べてきたが、ようやく実現しつつある。

使える場所はまだローソン、マクドナルドなど少ないものの参加予定企業はドトールコーヒーやセブンイレブン含めて大手ばかりだ。

街中で気軽に使えるようになれば Felica に匹敵するほどの存在感になるか、それを凌ぐほどの潜在力を秘めている。

東京オリンピックが始まる 7 月までに、どれだけの企業が導入するかとても楽しみになってきた。

出典:セブンイレブン、クレジットカードのタッチ決済を6月より開始

Twitter をフォローする!skyblue_1985jp



ドコモの dポイントカードが Apple Pay 対応か。2 月18 日よりローソンで dポイント 7 倍キャンペーン・・・

街中の飲食店やカフェ、コンビニなど幅広い場所で使えるようになった d ポイントカードに、突如として Apple Pay の Wallet に追加できる可能性が浮上した。

2 月 18 日よりローソンで始まるキャンペーンの告知がある店舗に掲げられ Twitter で話題になっている。



物理カードが不要に!?

キャンペーン内容は Apple Pay や Apple Watch に追加した dポイントカードで決済すると dポイント 7 倍還元というもの。

これまでのようにレジでバーコードをかざすことなく、iD や Suica のようにかざして d ポイント決済ができるようだ。

いっけんすると Apple Pay に追加された dカードや dカードプリペイドを指すのかと思ったが、どうもそうではない。

また Android に関して同様のキャンペーンがあるのかも現段階ではわかっていない。

掲示物が偽物であることも考えにくいことから、週明け 17, 18 日に具体的な発表がありそうだ。

追記:17 日に正式発表された。詳細はこちらから。

Twitter をフォローする!skyblue_1985jp



2 月 14 日発売の Galaxy Z Flip、ソウルで初期出荷分 900 台がいきなり完売。au 版との違いは!?・・・

2 月 11 日未明に発表された折りたたみ型スマートフォン Galaxy Z Flip が 2 月 14 日よりアメリカ、韓国で発売される。

しかも韓国では初期出荷分の 900 台がすでに予約販売だけで完売しているとの情報があり、前作 Galaxy Fold と同じく入手困難のようだ。



実質的な発売は世界同時か・・・

Wiki Korea によれば「弘大」や「江南本店」などサムスン直営店で、ひっそりと予約受付がなされたという。

 

たしかに Galaxy Fold もフライング販売があり、発売日には実機デモしかないという事があった。

今回もある程度を販売したことにして、同じ 14 日でも時差的に世界初リリースを実績として作りたいのだろう。

じっさい予約できた人も受け取りは第 1 陣が 14 ~ 16 日、2 陣が 19 ~ 21 日とのことで調達が追いついていない。

そして下旬には日本国内でも au から発売されるため、実質的にはグローバルで同時期の発売となりそうだ。

 

au 版と韓国版のちがい・・・

ふつうなら日本版買えばいいじゃないか」と思われるだろう。

その通りではあるのだが、前作 Galaxy Fold 日本版は改悪された割高デバイスだったので信用ならないのである。

対応周波数が少なくドコモやソフトバンクの 800 MHz、900 MHz や eSIMに非対応で屋内や地下によわい。

さらに他国より割高なわりにカラバリがなく、ブラックは未発売に終わった。

いっぽう韓国モデルはこの辺りをサポートしており、世界標準の 5G ネットワーク n78 にも対応している。

au 版のように楽天モバイル無料サポーター SIM が認識しない謎現象もなく、それでいて日本版より何万円も安い。

だから筆者はシンガポール版や韓国版にこだわったし、今回もそのような違いがないかチェックした方がいいだろう。



最後に

もちろん今回もまた改悪されていると決めるのは早計だろう。

ただしキャリア版スマートフォンは歴史的にみても iPhone と Pixel を除いて、彼らの都合のいいように改変してきたのも事実。

2 月下旬発売ということで、恐らく au Pay キャンペーンに乗じて 3 万円ほど安く買えると思われる。

ただし検討している人は内部的なネットワーク構造まで情報を集めてから購入しよう。

とくにこれから熱くなりそうな eSIM の有無は要チェックである。

出典:wiki korea

Twitter をフォローする!skyblue_1985jp



【悲報】還元率 3 % の LINE Pay クレジットカード再び延期へ。五輪 VISA カードが幻に!?・・・

還元率 3 % を誇る武器として期待された LINE Pay VISA クレジットカードが再び延期される見通しだ。

同カードは LINE Pay とオリエントコーポレーションが業務提携にて実現を目指していたが 1 月 31 日のプレスリリースで提携解消が発表された。

ただし LINE Pay 公式によればカード発行を諦めたわけではないようだ。



キャッシュレス事業で巨額の赤字の LINE 

LINE Pay VISA カードは 2019 年 10 月末までに詳細が案内される予定だったが延期となったまま音沙汰がなく、

「もしかして失敗に終わるのでは!?」という噂もあったが、まさか嫌な予感が的中するとは思わなかった。

というのも LINE は 1 月 29 日の決算でキャッシュレス事業の経費がかさみ 2 年連続で 400 億円を超える巨額赤字を計上している。

2018 年末にはビックカメラなどと組んで 20% 還元キャンペーンを積極的に展開するなど PayPay に対抗できる規格と言われたが、その予想は大きく外れることになった。

 

既に旨味がなくなった LINE Pay

同決済規格は貯まったポイントを LINE Pay カード ( JCB )にチャージしたり、銀行口座に払い出しできる仕組みが整っていた。

(大量に貯まったポイントをチャージしてスタバで使うなど活用していた筆者)

ところが 2019 年 12 月にそうした便利機能や他社ポイントへの移行が制限されメリットが激減。

ユーザーの不満や反発も大きく、もはや LINE Pay VISA カードは登場前から望まれない存在になっていたのだ。

今後、本当にリリースされるかは不透明であり LINE Pay 自体が主要なキャッシュレスから外れたことは間違いないだろう。

LINE プレスリリース

Twitter をフォローする!skybue_1985jp



【速報】Rakuten Mini が無料サポーターに発売開始!購入で18,000 ポイント、実質 3,800 円の破格!!

楽天モバイル無料サポータープログラムが 20,000 人追加で募集がかかった。

前回に落選してしまった人が優先的に選ばれる仕組みで、4 月から始まる本格サービスに現実味がおびてきた。

そして同時に Felica 搭載ながらクレジットカードサイズの Rakuten Mini が 23 日、本日より限定的に発売される。



購入で 18,000 ポイントもらえる!!

購入できるのはリアル店舗となっていて、これから楽天モバイル無料サポーターになる人が購入すると18,000円分の楽天スーパーポイントが付与される。 

(既存サポーターが機種変更する場合は対象外とのこと)

対象店舗は楽天モバイル恵比寿店、渋谷公園通り店、池袋東口店、名古屋栄店、心斎橋店、神戸三宮店と 6 店舗のみ。

また購入すると楽天スーパーポイント 18,000 円分が付与されるため、一括価格 21,800 円(税込)に対して実質 3,800 円で買えることに。

同社に問い合わせたところポイントが付与されるのは 3 月下旬までを予定していて、通常のポイントよりも還元に時間がかかるとのこと。

Rakuten Mini はクレジットカードサイズながら Felica 搭載、eSIM で動作するなどオリジナリティが高く注目されている。

Twitter をフォローする!skyblue_1985jp



いきなり 60 GB !!ドコモ・ギガホの魅力は「テザリング」と1人暮らしでアレな人・・・

総務省による大手キャリアへの指導が止まらない。スマホ値引き制限の次は「動画見放題」がターゲットとなり、

Youtube や Hulu  など特定のアプリがパケット無制限になることを禁止したい構えだ。

(画像はソフトバンクの動画 SNS 放題)

「アレも駄目、これも駄目。だったら既存プランを充実させよう!」と動き出したのが最近のドコモであり Amazon Prime 1 年無料特典として提供するに至った。

そして 12 月 27 日、追加のサービスとして 30GB のパケットが 60 GB まで使える「ギガホ増量キャンペーン」を打ち出した。

大容量という点では 50 GB プランを持つソフトバンク、無制限を謳う au と似ているのだが「テザリング」という観点から見ると大きく違ってくることに注目したい。



テザリングへの制限なし

ソフトバンクは、スマートフォンをルーター利用する「テザリング」機能に月額 500 円のオプション料金を課している。

au に至っては一部この 500 円が不要になるものの「無制限」を謳うプランでは 20 GB までしか利用できない。

翻ってドコモはテザリング料金自体が存在せず 30 GB の範囲であれば PC やスマホ、何で消費しようとユーザーの自由になっている。

それが急に 60 GB まで増量されたら、 PC テザリングはもちろんパケットを余す人も出てくるだろう。

 

他社より条件がいい

au もソフトバンクもパケットを使い果たせばテザリング速度は 128 Kbps に低速化されてほぼ何もできなくなる。

いっぽうドコモは 60 GB 超過後も下り 1Mbps 保証されるためスマホ・PC 利用ともに一通りの作業はできるはずだ。

テザリング制限がなければ友達や家族と気軽にパケットを気軽できる。それがドコモの強みと断言できる点ではないだろうか。



最後に・・・

そしてこの「テザリング」は一人暮らし世帯にも大きな味方となる。

仕事であまり家にいない人が「固定回線いるかな、要らないかな」と悩めば、当然ドコモは「ドコモ光いかがですか」と勧めてくる。

結果あまり使わずに過ごして料金だけが高くなる人が出てくるのだが 60 GB あれば話はちがう。

(度重なる総務省の指導に対応を迫られたドコモ吉沢社長)

1 人暮らしでもスマホだけで足りるなら、光回線ありの 3 人世帯と比べても負けないくらいの迫力はあるはずだ。

一見すると単に「30 GB が 60 GB にね。ふーん」と思われるかもしれないが、今回のドコモの施策は痒いところに手が届いており、

PC 作業が多い人や一人暮らし世帯への大きな訴求力となるだろう。

リンク:ギガホ増量キャンペーン

Twitter をフォローする!skyblue_1985jp



T ポイント使ってる?(第三話)ついに YJ カード改悪。PayPay はエポスカード決済で 1.5 % 還元しよう!

使える場所の多いポイントカードとして、T カードが長らく幅を利かせていた。

ところが今年に入ってドトールコーヒー(エクセルシオール)が取扱いを終了、ファミリーマートが T ポイント関連会社の株式を売却した。

電子マネーになり損ねた T マネー はキャッシュレス戦争にすら参戦できず、本丸 TSUTAYA の大量閉店も止まらない。

このことは 2 回に分けて記事にしたのだが、ついに 3 回目を書く時がきてしまった。



ヤフーが PayPay へシフト

PayPay 利用に推奨される YJ (ヤフー・ジャパン)カードは、PayPay 残高にチャージしたり決済すると T ポイント 1 % 還元される。

いまでもヤフー・ジャパンで PayPay と並ぶなど、やはり T カードはある程度の存在感は示しているのだ。

(PC 用画面の右側に表示されるはず)

ところが今月 23 日「T ポイント付与は 2020 年 1 月 31 日をもって終了する」というニュースが流れてきた。

使える場所が少ないながら何だかんだ T ポイントを活用していた人が「終わった」と言わんばかりの衝撃だろう。

(ついでに nanaco 残高チャージもポイント対象外となる)

ヤフーカードならば引き続き PayPay ボーナス 1.5 % が付与されるものの、T ポイントは死んだも同然となった。

 

PayPay はエポスカードで 2 % ゲット

もはや PayPay の利用を続ける必要もないのだが、もし同決済で汎用性高いポイントを貯めたい場合、お勧めなのがエポスカードだ。

同カードは還元率 0.5 % と決して付与率は高くない。しかし請求をリボ払いにすると 2 倍の付与率 (1.0 %) になる。

利息がつく前に全額返済してしまえばポイントがお得に貯まるのだ。

しかも Twiter で頂いた情報によれば PayPay の請求はエポスポイントから充当できるとのこと。

(同じ要領で楽天Pay やオリガミペイにも適応可能とのこと)

エポスポイント充当はオンライン決済にのみ有効なのだが PayPay 決済はオンラインでの扱いに分類されているらしい。

つまり大量のエポスポイントがある状態で、PayPay で買い物をした際、0.5 % の PayPay ボーナスを発生させつつ後日エポスポイントで請求に充てられる。

(15,000 円あれば食費・美容・雑貨・色んな事に充てられるだろう)

エポスポイントで 1 %、ゴールドカードなら年間 100 万円利用でボーナスポイント 10,000 円還元されて計 1.5 % となる。

(当初 2 % としていましたが、YJカード以外のクレカは還元率 0 % に変更されました。お詫びして訂正致します)



最後に

というわけで 2019 年は T ポイントが急速に衰えた年だったと言える。

いまや dポイントや楽天ポイントに地位を奪われており、ファミリーマートにすら彼らの参戦を許している。

YJ カード利用者は何気におおくいるだろう。しかし旨味が無くなれば解約され、別のカードに移行されるのは容易に想像がつく。

果たしてヤフーは PayPay 系のクレジットカードでも用意しているのだろうか。

そして来年 T ポイントの行方がどうなるか、まだまだ見逃せない。

リンク:PayPay・nanacoクレジットポイント変更のお知らせ

Twitter をフォローする!skyblue_1985jp



米国で MNP 祭り開催中。他社から Verizon 乗換えで iPhone XR 一括 0 円+ 200 ドル CB 有り(ネタ枠)

もうすぐクリスマスということで総務省が激怒しそうなキャンペーンが米国で行われている。

日本でいう一括 0 円で GSM Arena は “Crazy” と報じている。日本の一括 0 円を味わってきた人から見て魅力的だろうか。



iPhone XR 一括 0 円+キャッシュバック!

同国の大手キャリア Verizon Wireless は他社から MNP 契約すると iPhone XR を一括 0 ドルで提供するという。

しかも 200 ドル(約 21,800 円)がチャージされた Master カード・プリペイド付きという羨ましい施策。

日本で言うところの「他社から au 乗り換えで iPhone XR 一括 0 円 + au wallet に後日21,800 円キャッシュバック」と言ったところだろう。

そしてこの施策、じつは大手 AT&T への対抗と言われている。

 

30 ヶ月縛りで Pixel 4 と Nest Hub がタダ!

同じく大手 AT & T は既に回線を持っているユーザーに対し、30 ヶ月縛りに同意することで Pixel 4 64GB と Nest Hub を配布するという。

契約変更に伴って最大 40 ドルの手数料が発生するものの、9 to 5 toys によれば今までに見たことのないセールだそう。。

日本でいう「ドコモ機種変更購入サポートで Pixel 3 XL 一括 0 円!」とでも言ったところだろうか。

(画像は過去のキャンペーン。こうした施策はもう見られない)

しかし日本では機種変更でも 30 ヶ月縛られることはない気がする。

そして今までにないセールということは、やはり日本のスマホ値引きは行き過ぎていたのかもしれない。

出典:Deal: switch to Verizon and get a free iPhone XR plus a $200 prepaid card

Pixel 4 + Nest Hub completely free? AT&T customers can get both at Best Buy

Twitter をフォローする!skyblue_1985jp



銀行振込サービス開始のLINE Pay 、1 件176 円の手数料は「吉」かそれとも「凶」か・・・

LINE Pay が突如として銀行振込サービスを開始すると大きく報道された。

口座番号が不明でも相手の名前、電話番号、メールアドレスが分かれば振込可能で、手数料は 1 件につき 176 円。

(LINE Pay アプリがあればデバイスを問わず使えるという)

銀行にもよるが振込手数料は 3 万円(以上・未満)を境目に 200 ~ 800 円が相場となるため破格ともいえる安さだろう。

だがこれで LINE Pay が立ち直るかと言えば No としか思えない。とにかく新たなサービスを立ち上げる余裕が LINE にはないのだ。



ライバルが参入すれば優位性ゼロに

あまった残高を銀行に出金するシステムは LINE Pay が一番早く画期的だった。

だがライバルの台頭が凄まじく PayPay や d 払いなども追随しており、LINE Pay の専売特許ではなくなった。

今回の銀行振込サービスも「スマホ決済初」というだけで、いずれ真似される可能性は大いにある。

そうなると今度は手数料の割引サービス戦争が勃発しても不思議ではなく、新たな消耗戦に突入するだろう。

LINE は 2019 年第 3 四半期に 399 億円の赤字を出していて、その大部分が LINE Pay 事業のマーケティング費用だ。

もはや銀行サービスにしても広告費をかけたり他社と競争している場合ではないのだ。

 

クレジットカード事業が始められない・・・

余裕がないのはポイント還元率 3% と大見得を切ったクレジットカード・サービスが未だに開始されない事からもわかる。

本来は 10 月下旬に案内される運びだったが 12 月になっても音沙汰がない。

振り上げた拳の持って行き場がないのに、LINE ポイントの使い道を 2019 年内に大幅に制限したことでますます開始しにくい状況となっている。



最後に

LINE Pay は「コード決済」を主流とさせいにも関わらず JCB カードに注力した時点で方向性を間違えたのだろう。

コード決済を利用すると還元率が上がるマイカラー制度などもユーザーの大反発をくらって失敗に終わった。

その後も何かとコード決済だけが優遇されるようになり、JCB ユーザーは 2019 年内をもって LINE ポイントの恩恵を受けられなくなる*。

(LINE ポイントを決済時に利用できなくなる*)

こうした状況を踏まえて「銀行振込サービス開始」と言っても、ユーザーが遠のくなかでどれだけ残ってくれるだろうか。

そもそも月に 1 ~ 2 回までの振込なら他行宛でも手数料 0 円といったサービスもあるわけで、やはり LINE Pay の救世主にはなり得ないだろう。

(例えば楽天銀行は給与振込口座に指定することで 3 ~ 5 回まで無料だ)

もはや銀行サービスなど何もやらずに居たほうが吉と出たのかもしれない。

最近は酷すぎて見ていられないほどに LINE はひどくなってきた。

出典:LINEの2019年第3四半期は約339億円の赤字、コア事業は堅調だがLINE Payはマーケ費用大幅減に

Twitter をフォローする!skyblue_1985jp



全面ディスプレイ 30万円越えの Xiaomi Mix Alpha が日本発売を漂わす・・・

Xiaomi スマートフォンが 12 月 9 日に日本上陸するのは半ば確定的であるようだ。

 1 億画素で話題になった Mi Note 10 が投入される見通しだが、もうひとつ気になって仕方ない製品がある。

すでに中国で発売されている全面ディスプレイ・スマートフォン Mi Mix Alpha が日本に投入される可能性が浮上した。



全面ディスプレイ Mix Alpha に日本語が・・

これはシャオミー日本法人のツイートで、明らかに Mix Alpha そのものである。

同デバイスは全面ディスプレイという珍しさだけでなく、スペックも Snapdragon 855 Plus, RAM 12 GB, ROM 512 GB 搭載のハイエンド機であり超高額だ。

ちなみに海外通販サイト、イートレンでは 42.5万円のプレミア価格でも売切れている。

仮に日本で販売されるにしても価格は Galaxy Fold を大きく上回るだろう。

現実的に考えるなら大量販売するのは難しいが、それでも販売するのは「顧客を魅了させるため」の可能性もある。

「私たちは、こうした最新技術を持ったスマートフォン企業でもあるのです」といった広告的な意味あいを目的としているのかもしれない。

しかもタイミング的にまだ年末商戦を狙える時期であり、量販店などに置けば「え、あれはスマートフォンなの?シャオミーってなに?」という人々へ認知してもらうにも絶好の機会だろう。

あくまでも筆者の憶測でしかないが、これは日本発売の可能性が高まったきたのではないだろうか。

Twitter をフォローする!skyblue_1985jp