5G」カテゴリーアーカイブ

フジテレビ、次世代通信規格 5G と Wi-Fi 5G を誤認して報道する珍事・・・

2019 年、韓国やアメリカなどで始まった次世代通信規格 5G は、多くの人が関心をしめすようになった。

この 5G (ファイブ・ジー)とは “Generation”(世代)を示す “G” で、携帯電話の進化が 5 段階目に入ったことを意味する。

現行の 4G より「超」高速、「超」大容量で、物であれば何でもネットに接続される予想不可能な時代がやってくる。

(ドコモの 5G ロゴ)

ところが 5G は色んなところで誤認されていて、ついにあり得ないことが起こってしまった。。



「世代」と「周波数」の 5G がゴッチャに・・・

5G を紹介する某テレビ番組で、説明と違った映像が流れていると Twitter で話題になった。

同番組では「5G を受信している場面」として次の映像を流しているのだが、これが明らかに単なる Wi-Fi ルーターなのだ。

家庭用ブロードバンドルーターには家の隅々まで届きやすい 2.4 GHz(ギガヘルツ) と、高速ながら障害物によわい 5 GHz の 2 種類がある。

この Hz (ヘルツ)はしばしば省略されて 2.4 G とか 5G と表記されるのだが、番組ではルーターの 5GHz を 5G(ファイブ・ジー)”と混同してしまう。。

 

つまり「インド」と「インドネシア」くらい違うものを放送してしまったことになる。

5G 対応のルーターだったら筆者の WiMAX2+だって対応しているわけで Twitterでネタとして「5G 対応してます!」という投稿が相次いだ。

 

混乱するのは仕方ない・・・

見てて思わず笑ってしまったが、これから一般的にも間違って認識される要素はあるだろう。

例えばキャリアや MVNO の料金プランの「◯◯円で毎月 5GB まで利用できます!」といった宣伝がそうだ。

(サブブランドでは 3GB とか 4GB を 3G、4G と間違いやすい)

料金プランに登場する GB(ギガ・バイト)はパケット通信の容量を示すもので、通信規格とも Wi-Fi の周波数とも違うの。

さらに 5G が導入されればダウンロード速度も Gbps(ギガ・ビーピーエス)に突入してより混同されそうだ。

かといって「正しく覚えよう」なんて思うと頭が混乱するので、通信業界にでも勤めていない限り知らなくて大丈夫だ。

せめて読み方だけ「次世代規格はファイブ・ジー!!」なのだと覚えておこう。

「あー、ファイブ・ジーね!知ってるよ。映画が 3 秒でダウンロードできるんでしょ!?」

といえれば充分に最先端の人になれるはずだ。

Twitter をフォローする!skyblue_1985jp



【注意】Galaxy Fold 香港版は Single SIM と発覚。eSIM 対応リストと判別方法

サムスン香港が正式に発売している Galaxy Foldが eSIM 非対応であることが明らかになった。

型番は SM-F9000 で日本と同じ 4G 版シングル SIM という扱いだ。ところが香港に拠点をおく輸出業者はこれまで Dual SIM モデルを販売してきた。

どうしてこうした混乱が起きているのか、何が正しい情報なのかを整理したい。



香港デビューが遅かった Galaxy Fold 

まずは「香港版は Dual SIM モデル」と言われた経緯について。10 月頃から現地で販売されていた Galaxy Fold はそもそも香港モデルではなかった。

それらは近隣諸国からの並行輸入品であり、その中でシンガポール版が偶然にも Dual SIM に対応していた。

これを香港版として販売する業者がいたことから、香港版=Dual SIM というイメージが付いてまわった。

香港拠点を持つEXPANSYS もその1つで Dual SIM 対応の SM-F900F を販売している。

ただしサムスン香港が Galaxy Fold を正式にリリースしたのは 11 月中旬に入ってからで日本よりデビューが遅かった。

その型番である SM-F9000 はシングル SIM だったというわけだ。



Dual SIM 対応は僅か 6 ヶ国

サムスン公式によれば 5G 対応モデルは全てシングル SIM である。

韓国、英国、米国などの SM-F907N、SM-F907B、SM-F907 と書かれた型式が該当している。

(箱に 5G 記述があれば即シングル SIM と判断できる)

そして 4G モデルで Dual SIM(eSIM) に対応している国は以下のとおり。

(サムスン公式サイト)

オーストラリア、フィンランド、フランス、シンガポール、スペイン、タイ、UAE(アラブ首長国連邦)の 6 ヶ国のみ。

SM-F900F という型番が eSIM 対応である可能性が高いものの、筆者でもまだ全て把握しておらず 100% とは言えない。

従ってどうしても eSIM がいい場合は信頼度の高い「イートレン」から購入するのが安心でベストと思われる。

(消費税込みで日本モデルより価格が安くグローバル周波数対応)

それにしても香港で売ってるから香港モデル、香港で売ってるから Dual SIM という認識が通用しない珍しいモデルだ。。

これから購入を検討している人は何かしら参考になれば幸いだ。

出典:サムスン公式サイト(英語)

Twitter をフォローする!skyblue_1985jp



なぜドコモ 3G (FOMA)は 2026 年まで続くのか。5G と 4G ではダメなの!?

先月末、 NTTドコモ 3G (ブランド名 FOMA) が 2026 年をもって停波すると発表された。

まだ iPhone もない 2000 年台初頭から iモード端末などで一斉を風靡し 4G が成熟した 2019 年現在にいたるまで 20 年ちかく続いている。

(iPhone だって最初は 2G で登場。 3G になったのは 2008 年のこと)

来年からは日本でも 5G が始まるというのに、なぜあと 6 年も必要なのか。また 2022 年で 3G を終了する au との 4 年差は何なのか考察したい。



4G ネットワークを支え続ける 3G

そもそもの話として 4G が届かない場所を補って圏外率をさげるために 3G が使われている国がとても多い。

いわゆる地下や屋内では 3G どころか EDGE と呼ばれる 2G ネットワークに落ちることは中国深センやヨーロッパでよくある話だ。

(4G でも 3G でもない EDGE ネットワーク。オーストリアにて)

日本だって例外ではない。ドコモ 4G が届かず 3G Band6 (FOMAプラスエリア)でカバーされるエリアもおおい。

(日本版 Pixel4 の周波数。UMTS Band 6 は FOMA プラスエリアである)

さらには 4G 通話(VoLTE) 非対応端末では 3G 回線が通話に利用されるなど予備的な ネットワークとして世界中で活躍しているのだ。

5G が普及するには軽く 5 年以上かかると言われているため、ソフトバンクもドコモと時期を前後して慎重に停波させるのではないだろうか。

 

au はなぜ早く停波するの??

ドコモやソフトバンクが世界で主流な 3G 規格 WCDMA を採用したのに対し、au はマイナー規格の CDMA 2000 を採用している。

米国 Verizon, 中国や東南アジアの一部で採用されたが、 SIM フリー端末に au SIM を入れても動作しないなんてことが普通に起こっていた。

WCDMA (14.4 ~ 21 Mbps)に比べて下り速度もきわめて遅いため(約 9 Mbps)、KDDI は高速な 4G だけのネットワーク構築に 5 年くらい注力してきた。

あとはガラケーなどで取り残されたユーザーを少しずつ巻き取って、よゆうをもって停波させる算段なのだろう。



最後に・・・

2026 年における 5G 普及率はわずか 15 % と言われている。すぐそこまでやって来ているようで、いまの 4G 並に普及するには時間がかかるということだ。

それまでは世界中のキャリアが 3G を予備ネットワークとして重宝するだろうし、その動向は日本キャリアでも同様である。

たまに au のような 4G だけでネットワーク構築するキャリアもあるが、それこそかなりマイナーな部類ではないだろうか。

というわけなので、いま使っているガラケーやスマートフォンが数年後に使えなくなるなんてことはない。まだまだ使っていこう!!

出典:「FOMA」および「iモード」のサービス終了について

Twitter をフォローする!skyblue_1985jp



【訂正】楽天モバイル無料サポーター、当選者のデバイスは IMEI 制限ありか・・

楽天モバイルは大手キャリアとしてのプレサービスを間もなく開始する。

サービスは抽選で選ばれた 5,000 人に対してのみ提供され、国内外のデータ通信費が全て無料になる。

当プログラムには筆者も当選したのだが、どうやら好きなデバイスでは利用できない、いわゆる IMEI 制限が存在するらしい。



IMEI 制限とは!?

IMEI 制限とは SIM カードが特定のデバイスでしか動作しない仕組みのことをさす。

例えばソフトバンクの Android スマートフォンに入っている SIM カードは同じソフトバンク Android 同士でしか使いまわしができない。

おなじくWiMAX2+ ルーターの SIM は同種のルーター同士でしか使いまわせない。例え SIMロックの解除された端末であっても SIM 自体に制限があって動かないのだ。

(SHF32 以降の au ガラホも同社ガラホ同士でのみ動作する IMEI 制限がある)

今回の無料プログラムに当選して「よっしゃ、好きなスマホで使おう」と意気込んでいた人はすこし計画が狂うかもしれない。

 

当選した筆者も悩む・・・

幸運にも当選した筆者はそのことを知らなかったため、どうやら楽天の端末を購入したうえでメインまたはサブ機種として使い続けることになりそうだ。

OPPO Reno A 128 GB も検討しているのだが、本音では香港版 iPhone XS Max に入れて持ち歩かった。

iPhone を放置して OPPO Reno A と Galaxy Fold の 2 台持ちになると iOS デバイスが検証できないことになって、結局 3 台持ち歩くことになる。

応募して当選したのだから文句を言うなとお叱りを頂きそうだが、この令和において IMEI 制限をかけてくるとは想定外だった。

 

本格サービス開始となったら IMEI 制限は終わるだろうか。いや、この辺りは柔軟に対応してくれないと「楽天モバイルを使おう」という気にならないだろう。

当選後の流れについては今後ブログでも報告したい。

 

追記 2019/10/13 10:25 

なんと楽天モバイル公式アカウントから IMEI 制限はないとご連絡を頂いた。

 

有力な噂と思われたが公式によって否定されることになった。どちらにしても対応製品は購入のうえでネットワーク調査にご協力したい。

Twitter をフォローする!skyblue_1985jp



まるで紙の本を読んでいる感覚、Galaxy Fold で読書の秋を迎えよう

タブレットが登場したことで新聞や本の電子化がすすみ、全国の書店は恐ろしい勢いで激減しつつある。

もちろん筆者も iPad や Android タブレットで幾度となく電子書籍を試したのだが、どうも眼の疲れや端末の大きさに悩まされて未だに紙の本を読んでいた。

(画像は初代 iPad 。読書は捗ったけれども本体が重すぎた)

しかし新分野のデバイス Galaxy Fold は、こうした悩みをもつ人の救世主になるかもしれない。



生まれ変わった Play ブックス

電子書籍を試すにあたり、まずは Play ブックスをインストールして環境を整える。

ログインすると過去に購入した書籍がでてくる。いずれも iPad などで眼が疲れてしまい脱落したものだ。

試しに「ちきりん氏」の「マーケット感覚を身に付けよう」を起動すると、前回のつづきがリロードされた。

文字がとても美しい。やはり有機 EL だけあってパネル直下の発光がないため眼に優しいことは間違いないだろう。

筐体を曲げることで「板」のような感覚がなくなり、眼だけでなく手も疲れにくいのは大きな特徴といえる。

(文字の大きさや画面の明るさも細かく調整できる)

 7.3 のサイズ感もあいまって、まるで紙の本を読んでいる時に近い感覚に陥った。

 

書籍の種類をとわず楽しめる

タブレットでしか捗らないと思った巨大な本も程よいサイズ感に縮小されて下にスクロールしながら楽しめた。

電子書籍を読みきったことはあるが「つづきが読みたい」と思えるくらい紙の本と同じモチベーションが湧いたのは初めてだ。

飛行機の中など身動きがとれない場所で眩しくなっても、やはり本体を曲げることで快適な読み心地を維持できる。

また経過を報告したいと思うが、Galaxy Fold は今まで電子書籍に挫折した人を新しい世界にアップデートしてくれるかもしれない。

むろんタブレットでの電子書籍に眼が疲れないで捗っていた人にも新たな体験が待っているはずだ。機会があれば是非試してみよう。

Twitter をフォローする!skyblue_1985jp



【検証】シンガポール版 Galaxy Fold の eSIM によるDual SIM 化を試す・・・

Galaxy Fold は基本的にシングル SIM 仕様になっていて、現時点ではシンガポールの 4G LTE 版のみ Dual SIM とされている。

しかし実際には物理 SIM  1 枚 eSIM 1 枚の構造になっており日本の大手 3 キャリアでは利用できない。

そこで香港キャリア契約の SIM を利用して Galaxy Fold の eSIM 書き込みを検証した。



eSIM プランに加入する

香港のキャリア Smartone には iPhone XS や Android スマートフォン、スマートウォッチ向けの eSIM サービスが存在している。

料金プランのギガを共有できる便利な仕組みで月額約 250 円。自分のプランも対応していたためネットから即契約した。

ここからは簡単で、約情報の入った QR コードを画面から発行する。

そして Galaxy Fold 側では QR コードを読み取って「料金プランに追加しますか?」の質問に「はい」で答える。

するとソフトウェアで書き込まれて有効化され無事に Dual SIM になったと思い一瞬しぬほど喜んだ。

ところがアンテナが 2 つ立っているのに通信ができない。再起動したり eSIM の再書き込みを試すもうまくいかない。

注意事項をよく読んだところ香港の外で通信できる eSIM はスマートウォッチのみという制限があったのだ。

従って Galaxy Watch などの eSIM なら日本でも動作するようなので機会があれば是非試してみたい。



最後に

というわけで通信ができずに終わってしまったが海外キャリアの eSIM を使った Dual SIM 化には少し光が見えてきたように思われる。

繰り返すが Dual SIM は現時点でシンガポールモデルのみとなっていて恐らく 5G モデルが出ない国で採用されるだろう。

しかし日本では au から出るという噂があるがどうなったのだろうか。出たとしても 5G はおろか eSIM も潰されるような気がするが・・・(汗)

そういえば日本の Galaxy Fold ページから動画が削除されたなどの噂があって、販売中止になった説も出てきているが、ぜひ国内でのリリースも期待したい。

Twitter をフォローする!skyblue_1985jp



【速報】オレ氏 Galaxy Fold を入手!高額ながらマストバイ、その実態をレビュー【第一印象編】

Galaxy Fold (ギャラクシー・フォールド)それはサムスン社が開発した折りたたみ式スマートフォンであり、これからの携帯電話市場のトレンドにも成りうる潜在能力のたかいデバイスである。

(9 月 6 日の発売日。ソウル市内の Samsung 直営店で撮影)

韓国に続いて 9 月下旬までにシンガポール、英国、米国で販売が始まるも約 21 万円の高額スマートフォンはあっという間に完売してしまった。

しかし新たな歴史の 1 ページとなる端末ならば、ケータイオタクの端くれたる者その時代の目撃者になりたい。

そんな思いで少しでも安いところを探しついにシンガポール版をゲット。

(全ての個体に 7 日間 24 時間の電話サポート、1 年間の画面修理・交換保証が付く)

というわけで今月ケータイを買ったわけである。撮影場所をカフェに移しフィルムを剥がした状態から見ていこう。



美しすぎる筐体・ボディ

シルバーの本体を手にとってみると隙間なく設計されたデザインと美しさ、そのスタイリッシュなカッコよさに暫く魅了されてしまった。

(もっとも右側のサブディスプレイ面はブラックに統一されている)

Mate X や Flexpai などのライバル製品と異なり Galaxy Fold はディスプレイを内側にして(谷折りに)閉じる。

従ってときに筐体の美しさを眺めながら、必要になれば手にとって作業するという 2 つの側面を味わうことができるのだ。

画面を開くとそこには未来が広がっていた。

顔認証がこの段階から動作して開くとロック解除された状態となる。フラットにしてメニューを開いたり Twitter を始めると異次元の迫力にのみこまれた。

これだけの広さがあればマリカーや電子書籍、何でもかんでも捗るに違いない。

また本体を持ちかえることでヨコ幅が拡大されることが発覚。

こうして持ったうえで Twitter と Youtube を立ち上げたのがこちら。

( 7.3 インチの大きさはちょうど本を開いたような大きさだ)

予想してた以上に迫力が凄まじい。タスクは 3 つまで立ち上げ可能だが 2 つたちあげた時点での満足度はたかい。

ひとまず気持ちを落ち着かせるために本体を閉じると・・・・

恐ろしいことに閉じた状態でも開いた時の続きの動作ができるではないか。これは凄すぎる。

そもそもサブディスプレイだけで大体の操作はできるため、何かする度に開く必要はないのだ。

写真撮影も本体を開かず省電力のまま操作できる。筐体はその迫力を味わいたいと思った時に開けばいい。

本体を開かずにここまでの実用性を備えているとは予想だにしなかった。



最後に

Galaxy Fold が 2 月に発表された時は「バカバカしい、これで生活の何が変わるのだ」としか思っていなかった。

たんなる技術力の誇示にすぎず「あーすごい」くらいにしか捉えていなかったのだ。しかし筆者が本質を理解していないだけだった。

(未来を広げろ、自分の Galaxy Fold に会ってこいという強いメッセージがある)

飽和したスマートフォン市場に、そして 5G へ移行する次の時代に何をもたらすことができるのか。その可能性を果敢にもさくしに行ったのが Galaxy Fold であり、

その完成度と美しさたるや筆舌に尽くしがたい。まとまりがなくなってきたので、今日はこの辺にして詳細なレビューは Twitter と併せてまた投稿したい。

Twitter をフォローする!skyblue_1985jp



NTTドコモの 5G 戦略、ファーウェイ依存から脱却できるのか

NTT ドコモが 9 月 20 日より次世代規格 5G をプレリリースすると発表した。東京・名古屋・大阪のドコモショップなどで誰でも同技術を体験できるスペース作りを進めていくという。

ドコモ 5G のコンテンツに関してはこれまで披露された内容と被ることも多く驚くべき要素が少なかったと思われる。

それより話題になったのはファーウェイがやはり不在だったことだろう。

(本来ならルーターの位置にファーウェイがあっても不思議ではない)

米国の意向に沿って排除に向かっていると見えるが同社が少なからずファーウェイ依存であることはあまり知られていないのではないだろうか。



「d タブ」はほぼファーウェイ製

ドコモは dビデオや dブックなどの自社コンテンツをタブレットで普及させる戦略を持っていた。

iPad であれば手っ取り早いが一人でも多くの人にアプローチするには低価格であることが求められ dtab なる自社タブレット開発に着手する。

これに提携したのがファーウェイで 2015 年から数えて 6 機種の dtab をすべて1 社だけでリリースしてきた。

秋葉原では白ロムを求める人が絶えずいて、国内におけるファーウェイのタブレットシェアはアップルに次ぐ 2 位になるなど、スマートフォン以上の存在感を見せている。

(2019 年 9 月 18 日調査。やはり 1 万円台で買える高品質はこれしかない)

筆者も販売員として過ごした 4 年間を通し、数え切れないほどに販売したし最も初期不良の少ないタブレットとして安心して案内できた。

初期不良の発生率が低いというのは、変に優れて壊れやすい機種よりもよほど評判がいい。ファーウェイを手放すというのはその安定性を捨てるということにもなる。

 

「技術力」と「コスパ」における存在感

またモバイル Wi-Fi ルーターにおいても「技術力」という側面での存在感は大きい。3G から LTE への過渡期こそ LG 製が目立ったものの、勢力をつけた 2016年になると一気に存在感をましてくる。

例えば 3.5 GHz帯 (Band 42)導入時は HW-01H、理論値 1200 Mbps 超えもHW-01L などを真っ先に発売するのは技術力が認められてのことだろう。

(新技術はまずファーウェイ製品でリリースされる傾向があった)

むろん NEC や LG そして SHARP などへの置き換えは可能であるはずだ。しかし国内メーカーや LGがファーウェイに及ぶはずもなく、これまでのスピード感で新製品を出すことが容易でなくなる気がしてならない。



ファーウェイ体質からの脱却は容易ではない

このように壊れにくく品質のよい dtab そして新技術をすぐに提供する Wi-Fi ルーターなどネットワーク技術において NTT ドコモは少なからずファーウェイに依存してきたと言える。

今まではひとまずファーウェイが新技術の製品化においていち早く実績をつくり、後から他社がリリースしてラインアップが充実する流れだった。

そして日本の技術力はいまや世界で通用しないのは Xperia が世界シェア 1 % 未満であることを見れば容易に想像がつくだろう。

総務省からは料金をめぐって指導され、米国からはファーウェイ排除を求められる。この内憂外患を乗り越えられるのか吉沢社長の手腕が問われている。

Twitter をフォローする!skyblue_1985jp



韓国で Galaxy Fold 発売、 9 月 6 日のソウル市内の様子をみてきた

仁川国際空港で一夜を明かし、朝 5 時過ぎに中心部まできた。

(日本人が袋叩きにあっていると誤報?が流れたのがこのソウル駅だ)

戦後最悪と言われた日韓関係のなか、ソウル市内はとても平和。テレビの報道がまるでウソのようだ。

安心してソウル駅から 2 駅ほど離れた「デジタルプラザ弘大」へ向かう。

ここはサムスン直営店でキャリアとの契約なしで端末を購入できる。

今日は 9 月 6 日、報道の通りなら割と盛り上がるかと思いきや・・・



誰も並んでいない・・・

午前 7 時半すぎ、ショップの周辺には人影がなく Galaxy Fold が販売開始になる旨も書かれていない。

「おかしいな、今日からだよな」と向かい側のスターバックスで調べ物をしながら様子をみるが、やはり韓国が第一発売国と書かれている。

兎にも角にも 10 時 30 分の開店とともにスタッフに尋ねると「販売開始しているが、予約販売なので在庫はない」とのことだった。

(もちろん実機はあって、発売していることが証明されている)

さらに昨日よりも前にフライングで予約が始まっていたことも発覚。はやく予約した人たちには第一回目の入荷分が届くと思われる。

しかし今日予約しても到着は 10 月頃とのことで、9 月 6 日に発売日を定めた意味がないようにも思われた。

 

実物はじつに美しい佇まい・・・

ただ実機も展示があり、人が少なくなったところでコッソリ見せてもらうこともできた。

映像でみるよりもディスプレイが美しく、確かに今までにない感覚。

ただし Galaxy Note 10 や Galaxy Tab S6 など他のラインアップが魅力すぎるためか、思ったほどパッとしなかったのも正直な感想だ。



最後に・・・

というわけで韓国は Galaxy Fold 第一発売国とされながらも、本日在庫を受け取った人がいるのか少し疑わしい。

現地にはもちろん韓国人の顧客もかけつけていて「あれ、今日からじゃないの?」のような会話がきこえてきた。

そうなると韓国からの輸入を考えている人は 9 月中旬以降までは難しいか、余程高額になることを覚悟した方がいいだろう。

ちなみに価格は 2398 万ウォン (約 21 万円)で、スマートフォン単体購入の場合は 10 % 上乗せして払うため 23 万円。

ではここに業者がどれくらい利益をのせて転売するのかという、考えただけで恐ろしい金額になってきたのだった。

Twitter をフォローする!skyblue_1985jp



盛り上げられるか!?Galaxy Fold が 9 月 11 日韓国で販売へ

4 月の販売直前に不具合が見つかり、販売の目処が立たずにいた Galaxy Fold がまもなく登場する。

9 月 6 日ヨーロッパで開催される IFA にて再びリリースされ、まずは韓国で 11 日販売と複数海外メディアが報じている。

また米国でも 27 日発売される見通しで、米国サムスン公式には Galaxy Fold のページが久しぶりに復活している。

価格は約 1,980 ドル(約 21 万円)で以前とほぼ変わらない。



さり気なく業界トップを走るサムスン

今年 Galaxy S10 で大きな売上をあげた同社は、2019 年 第二四半期で世界トップを独走している。

Galaxy S10 のほかミドルスペックの低価格スマートフォンのラインアップを大幅に増やし、ファーウェイ不在の米国に攻勢をかける。

Galaxy Note 10 の進化ぶりも素晴らしく、Snapdragon855 搭載の Windows PC までリリースするなど何気に業界を盛り上げているのだ。

また日韓関係が冷え込んでいるなか Galaxy の国内における売上が 6 年ぶりに 1 位になったという報道もある。

未来を見据えたデバイスの展開は名実ともにアップルを凌駕していると言えないだろうか。



最後に

しかしスマートフォンに 21 万円とは、いよいよ手が出せない領域になってきた。

折りたたむ事ができるのは技術的に素晴らしいとは思うが、それで私たちの生活が 180 度変わるわけでもあるまい。

ガジェット好きがこぞって買える価格帯でもなく、開発者のほかに一体どんな人たちが購入して、どんなことができるのかを見ているのが得策だろうか。

こればかりは筆者も見守ることになりそうだ。

出典:Samsung Galaxy Fold pre-orders to ship on September 11

Twitter をフォローする!skyblue_1985jp