検証記録」カテゴリーアーカイブ

ファーウェイ P30 Pro、かなり耐久性が高いことが発覚・・・

iPhone をピストルで撃ち抜いたり、火炙りにしたり、日本ではあり得ない実験が海外では行われている。

ファーウェイ P30 Pro もご多分に漏れず、海外レビュワー(もはやクラッシャー)の犠牲となった。

GSM Arena で紹介されている動画では、P30 Pro は前作のP20 Pro より耐久性が高いという。

頑丈なスマートフォンを求める人には朗報だろう。



①本体全体に傷をつけるテスト

動画(JerryRigEverything氏)では「傷つける」、「燃やす」、「曲げる」という主に 3 つ実験が行われる。

数々のスマートフォンを破壊してきた同氏、まずはディスプレイに傷をつけるテストを 10 段階にわたって実施。

かなり強度があるらしく、7 段階目でようやく目立つ傷が入るくらいだった。

ここまで傷に強ければ、フィルムなしでの運用も心配ないだろう。

(まるで黒板を金属でひっかくような音。観ていて耳が痛かった)

本体サイドのメタル部分は、カッターで剥げるも動作には問題なし。

テレビリモコンとして動作する、赤外線部分も容赦なく傷を入れられる。

 

②「燃やす」、「曲げる」にも耐える

次に、ディスプレイを「燃やす」実験。ライターで着火する。

( 22 秒間にわたり、一箇所を集中的に熱するテスト)

火の当たった部分には凹みができて、数秒間は反応しなくなる。

(左の白い部分は光の反射。中央のくぼみが焼かれた部分だ)

ところが暫くすると、何事もなかったかのように動き始める。半ば信じがたいが、確かな耐久性がみてとれる。

そして最後に「まげる」テスト。本体構造に問題がないかを試す意味もあるそうだ。

(昨年の P20 Pro はこのテストで破壊された。そりゃそうだろう・・)

 

かなり力が入っているものの、なんと割れなかった。

エッヂディスプレイ採用で落下に強くなり、構造的にも硬くなっているとのこと。

 

最後に

というわけで、全てのテストに合格した。さすがに米国 MIL 規格には及ばないが、かなり頑丈であることに間違いはなさそうだ。

昨年、最強と言われた P20 Pro を自ら進化させた P30 Pro。日本版の発表も心待ちにしたい。

出典:Huawei P30 Pro survives a torture test with a few scratches

Twitter をフォローする!skyblue_1985jp



ファーウェイ P30 Pro に「保護フィルム」が付属しない!!湾曲ディスプレイで詰んだ話・・・

ファーウェイのスマホには、高い確率で「ケース」や「保護フィルム」が付属する。

最初から貼られていても、さほど珍しいことではない。

( P20 Pro は二重にフィルムが貼られており、絶対に失敗しない仕様だった)

(Mate20 Pro にも純正フィルムが貼られていた)

 

ところが、P30 Pro では一転して「フィルム」が貼られておらず、付属すらしていない。

仕方なく自前で用意することになるも、相手は手強い「エッヂ」ディスプレイ。

何か良いものはないかとググったら、以下のブログに漂着。

HUAWEI P30 Proにオススメしたい保護フィルム! G-Color TPU保護フィルム 気泡ゼロ ケースと干渉しない◎

(なんと、TPU ケースが付属してくる)

買ってみたらとても良かったのでご紹介したい。



①貼り直しがきく、ほぼ完璧フィルム

フィルムといっても「ぐにゃっ」とした珍しい素材で、ものすごい指紋がついてしまい、非常に戸惑った。

ディスプレイ付着面をスプレー(霧吹き)で濡らすと、失敗しても貼りせるので何度か試す。

(この霧吹きが魔法。失敗しても、これさえあればフィルムが蘇る)

あまりにも不安なので、お手本を観るべくメーカーのYoutube 動画へアクセス。

 

流れるクラシック音楽がなんともシュール。最初から観ておけば良かった。

 

②出来上がり汚いのに、次の日にはキレイになった

如何せん、扱ったことのない素材。さすがの筆者も苦戦して、かなり汚い出来栄えになった。

(気泡だらけ。よくある失敗例の典型だと思った)

ところが説明書には「一晩かけて乾燥させれば気泡がぬける」という趣旨の記載がある。

騙されたと思って放置したところ、ご覧のとおり。

なんと本当に気泡が抜けているではないか!

 

布切れで撫でるように、画面全体を何度もキレイになるまで吹いていく。

失敗しても、2 発分はいっているので安心。

そして何より、ケースが付属するので買ってみる価値はあるだろう。



最後に

Galaxy S6 Edge が発売された 2015 年から、筆者は数え切れない程に湾曲ディスプレイのフィルムと戦ってきた。

そして、必ず「剥がれてくる」という結果に悩まされた。むろん、剥がれない「四隅だけの粘着のフィルム」も存在する。

しかし、そうしたタイプの物は、内部に空洞ができて操作性に影響がでたり、ディスプレイに虹色が出たりする。

完璧なんてあり得ないのかもしれないが、もし存在するのだとしたら今回ご紹介したフィルムはその1つと言えるだろう。

参照記事:モバイルドットコム

Twitter をフォローする!skyblue_1985jp



ファーウェイ P30 Pro で「月」が撮れるだって!?この動画をご覧あれ・・・

ファーウェイ P30 Pro が予想以上に人気で、Twitter 上では個人輸入する人が多い。

そして皆さん、こぞって「月」を撮影していらっしゃる。

(P30 Pro の発表会。プレゼンターは「iPhone には無理」と切り捨てた)

 

確かに P30 Pro の売りの一つは「月面が撮れる」機能だが、どこか半信半疑だった。



①あたり前だが、本当に撮れた・・・

今日は月がキレイだったので、屋上から撮影してみることに。そしたら、本当に撮れるではないか。

これはもう、iPhone とか Galaxy の次元を超えていて、筆舌に尽くしがたい。

どうにか共有できないかと考えた結果、「スクリーン録画」を思いついた。

ブログには載せられないため、Youtube に UP。最初はボンヤリとしている月が、次第にくっきりし始めて、30倍前後で撮影可能になる。

50 倍にまで達すると、もう大きくなりすぎて十分すぎる程の迫力だ。そして手が震えてなかなか定まらなかった(笑)

取り急ぎ、「実際に撮ると、こんな感じになる」ことをお伝えできただろうか。

恐らく日本でも発売されると思うので、この夏にスマートフォンを購入する人は候補にしてみてはどうだろう。

Twitter をフォローする!skyblue_1985jp



【検証】ファーウェイ P30 Pro、au VoLTE 使えるの!?FOMA SIM など検証レビュー!

ようやくファーウェイ P30 Pro が手元に到着した。

既に色んなレビューが上がっているため、当記事では控えめにして SIM の検証をお届けしたい。

(購入したのは “Aurora”)

検証に利用するのは VOG-L29 Dual SIM モデル、海外版で日本未発売となっている。

技適がないため自己責任となる点は予めご了承いただきたい。



①シリーズ最高峰の美しきデザイン

これまで歴代のファーウェイ端末はいくつも見てきたが、 P30 Pro は最も美しいと断言できるだろう。

端末を手にとって光にあてる。すると角度によってオーロラが踊るのだ。いわゆる「エセ高級感」は一切ない。

(BlackBerry KEY2 LEと並べるといい眺め)

(iPhone XS Max との背面比較。どちらがキレイか言うまでもない)

 

① au 系 SIM は VoLTE ならデータ通信OK

また詳しくレビューしていくとして、ここからは SIM の検証結果をお伝えしよう。

ドコモとソフトバンクの 4G SIM に関しては問題なく動作した。 VoLTE 通話も利用できる。

( VoLTE 対応の場合、4G をオンにすると VoLTE トグルが出現する)

 

注意したいのは au 系 SIM だろう。APN がプリセットされており、データ通信は問題なく行える。

(最近の au 系 MVNO が大体入っている。)

 

だが、どうあがいても「通話」自体ができない。

国内版の Mate20 Pro を見てもわかるように au  へのチューニングには時間がかかるようだ。

 

③ FOMA SIM はまったく動かない

これは予想通りというか、P20 Pro や Mate20 Pro と同様にまったく動作しない。

WCDMA 固定にするオプションも用意されているが、ここを調整して解決する問題ではないようだ。

やはり Mate 10 Pro で DSDV 化してから使えないので、今後のモデルでも対応は難しいと思われる。



最後に

今回は ebay.com で「Dual SIMを持っている個人の業者」から発注したところ、到着までにかなり時間がかかった。

追跡も途絶えたので行方不明になったかと少し焦ったが、ひとまず無事で何より。

 

これから少しずつ考察をかさね、また検証レビューなどを書いていきたい。

Twitterをフォローする!skyblue_1985jp



BlackBerry KEY2 LE 海外モデル、最新アップデートで au VoLTE が使用不可に。一体なぜ・・・

急に日本発売がきまった BlackBerry KEY2 LE だが、海外モデルに悲報が飛び込んできた。

au 系 SIM の VoLTE 通話が最新のアップデート適用後に接続できなくなった。当ブログへのコメントで発覚し、筆者も確認した。



①日本版への影響を防ぐためか・・・

なぜこんなことになったのかといえば、恐らく 19 日発売の日本版を買わせるためだろう。

そもそも BlackBerry KEY2 LE には BBE100-1, 2, 3, 4, 5 と 5 種類が存在するのだが、日本版はいずれに該当するのか明らかではない。

ただ「日本モデルが Dual SIM という事実」を考慮すれば BBE100-4 または BBE100-5 に絞られる。

この 2 つのうち、日本キャリアの周波数をカバーするのは BBE100-4 。そして筆者が持っている海外版もBBE100-4だ。

ということは、「海外版の 4 に特殊なアップデートをかけて au VoLTE だけ利用できなくした」という仮説が成り立つ。

 

②海外モデルに苦しんだ日本 FOX の過去

この仮説を裏付ける例が、過去にいくつかある。日本でBlackBerry Classic と Passport が発売された年のこと。

海外版の BlackBerry に、突如として技適が現れたのだ。すると「日本版高すぎる。海外版の方が安くて技適もあるじゃないか!と、輸入する人が相次いだ。

(日本未発売モデルのレッドにまで技適が出現。余計に海外版の人気が上昇した)

 

この事態に大打撃を受けた FOX は、 KEYone から日本専用モデルを用意することになった。



最後に

ここからは憶測だが、出荷予定の BBE100-4 だけにソフトウェア・アップデートを実施して技適と au VoLTE 通話機能を与えたのではないだろうか。

そうすれば BBE 100-6 など都合のいい筐体が完成する。恐らく、そんなところだろうと思う。

理由はどうであれ、au VoLTE が塞がれたのは痛ましい・・・

Twitterをフォローする!skyblue_1985jp



ファーウェイ折りたたみスマホ Mate X 、6 月発売のうわさ浮上、既に一部でフライング発売中・・・

ファーウェイ初の折りたたみスマートフォン、 Mate X が 6 月にリリースされる可能性がでてきた。



 

同機種は 2019 年後半にリリース予定とされており、具体的な発売日は謎に包まれていた。

ところが、同社のオンライン・ストア、Vmall にうっかり発売日が掲載されてしまう。

すぐに取り消されたものの、発売月が 6 月となっていたようだ。

 

②特殊ルートでは既に販売されている

というわけで、2019 年の中旬には手に入ることになるだろう。ただ、すぐ欲しい人には特殊ルートが用意されている。

米国 ebay.com でこれまで何度か Mate X が出品されているのだ。その額なんと日本円で 50 ~ 75 万円と、スマートフォンを凌駕した領域に到達している。

いずれにせよ、ファーウェイ公式価格は 2300€ (約 29 万円)。気の遠くなる世界になりそうだ。

参照記事:Huawei Mate X will be available in June, was briefly listed on Vmall

Twitter をフォローする!skyblue_1985jp



BlackBerry KEY2 LE が 4月19日に国内販売へ。これは買うしかないのでは!?

BlackBerry KEY 2 LE の日本発売が突如として発表された。今月 19 日にリリース予定で、価格は 53,800 円。

じつは先月、偶然にも海外版を購入したばかりで、レビュー途中だった。ちょうどいいタイミングなのでお勧めポイントを書いていこう。



①廉価版とは言えないパワフルさ

BlackBerry といえば、元々ミドルスペックの端末だ。その廉価版ともなればチップセットも当然ながらランクが下がる。

正直なところ、実機をさわるまで「モッサリするのでは?」と不安だったが、いい意味で裏切られる。Antutu ベンチマークを走らせると、、

スコアが 11万点を余裕でこえた。ちなみに前作の BlackBerry KEYone は 5 ~ 6 万点と記憶している。名実ともに1.5 倍の速さを体感できるだろう。

 

②より完璧な Blackberry Hub へ王手

これは新しいなと思ったのが、着信の通知を「ロック画面上に表示させる」機能。どんな通知も内容まで表示できる。

「Twitterか。放っておこう」とか「Eメールか、確認しよう」という判断にとても役立つはず。

もちろんプライバシーを第一に考えるデバイスだけあり、非表示にすることも簡単だ。

(ロック画面の設定で、「プライベートな内容を非表示にする」を選択)

「Eメール」のアイコンで何が受信されたかわかる。知りたければ指紋認証を解除して確認すればいい。

(指紋認証は精度がよく、BlackBerry Hub へのアクセスが快適)



ロック画面上には BlackBerry Hub で見慣れたアイコンが表示されるため、ファンには堪らない仕様。

BlackBerry Hub = 「遅延のない通知」というイメージが、Priv、KEYone を経てようやく実現したように思う。

さて、前回とすこしかぶるが、外観もみておこう。

逆境のファーウェイ、2018 年度の売上業績が 11 兆円を越える・・・

アメリカ政府を中心に、5G から排除されつつあるファーウェイ。あれだけの風評被害をうければ、グローバルでの売上が下落しても不思議ではあるまい。

しかし、そんな逆境でファーウェイが叩き出した 2018 年度の売上業績は日本円にして約11兆円。2017年度比で約 19.5% の増収、収益 10兆円越えは初めてとなる。



2021年までに世界シェア No.1 なるか!?

2016年、ファーウェイは「2021年までにグローバルシェア 1 位になる」と目標を定めていた。2018 昨年 7 月時点で、出荷台数、グローバルシェアともに 2 位。

トップにはSamsung、背後には Apple がいる。米国政府を相手どり訴訟準備をすすめながら、このペースでいけば世界シェア 1 位は実現するかもしれない。

参照記事:Huawei’s annual revenue surpasses $100 billion for the first time

Twitterをフォローする!skyblue_1985jp


回線譲渡も NG、au 審査基準、90 日間 6 回線ルールの真相に迫る・・・

いまだ明らかにならない、au の新しい審査基準。「直近 90 日間で契約できる回線数は1人あたり 6 回線まで」という仮説が有力になるも、それに当てはまらず審査おちする人が目立つ。

関連記事:開通から一転、再び総合的判断へ。au 審査基準に迫る・・・

かくいう筆者も、24 日にまた総合的判断をうけていた。29日に再挑戦したら難なく契約できたので、わかったことを記録したい。



①回線譲渡では「買い回り」がクリアできない?

審査落ちした 24 日より前に、じつは 2 回線を回線譲渡していた。純粋に 2 枠空いて、 新たに 2 回線通るという認識でいた。

しかし「総合的判断」で契約できず。。短期解約もなく、今月は「シングル化」もしていない。

となれば「譲渡した 2 回線の買い回りがクリアされていない」としか考えられず、月日の経過をまつことにした。

 

②「90 日間 6 回線ルール」が基本的な審査方針か

そして 12 月 28 日に契約した 2 回線が 91日目を迎えた今日、ようやく買い回りをクリアして問題なく 2 回線契約できた。

やはり「90日間で1 人 6 回線までしか契約できない」という基本ルールが存在するようだ。

それでも通らない場合は、「利用者登録」に同一名義を使いまわしているとか、短期解約履歴があるとか、何かしらが見られているのだろう。



最後に

ちなみに、「シングル化」もまた買い回りがクリアできない気がしてならない。「回線譲渡」も「シングル化」も音声枠はあくのだが、直近の契約数は残るということだ。

 

これが一時的なことなのか、ずっと続くのか、もう少しふかく見ていきたい。そして、いよいよ年度末。30日、31日いける人はぜひお得にMNPをしよう。

Twitterをフォローする!skyblue_1985jp



【検証】BlackBerry KEY2 LE で au SIM が動いた話・・・

BlackBerry KEY2 LE は DUAL SIM 仕様となっている。日本の技適が未確認のためあくまでも検証用で自己責任となるが、au 系 SIM を挿入したら動作したので記録を残しておきたい。

4 月 10 日 追記:最新アップデートで VoLTE 通話が塞がれたことを確認しました。



①検証型番は BBE110-4

SIM フリースマートフォンというのは、au SIM が動かないと相場がきまっている。過去の Blackberry も動作した試しがない。

今回も「どうせダメだろう」となかば悲観的な思いで UQ モバイルを挿してみた。すると、アンテナが反応している。

同時にVoLTE 通話・データ通信ができることを確認。

APNに関しても、au 系がいくつかプリセットされている。UQ モバイルは APN を選択するだけで全て動作した。

 

②対応周波数はかんぺきではない

ソフトウェア・アップデートで塞がれることはあり得るし、今後も安定して動作する保証はない。

(検証端末 BBE100-4 の対応周波数は上記のとおり)

au が利用する周波数帯は FDD-LTE Band 1, 18 (26), 28 TD-LTE Band 41。もっとも重要なBand18は残念ながら非対応だ。

したがって、地下・屋内・山間部で繋がりにくいことはあるだろう。予備程度に考えた方がいいかもしれない。

 

最後に

それにしても、Galaxy S10+ に続き au SIM が動作した例はことし 2 件目。これまでの規制が解除されるなど、何かしらの動きがあるのだろうか。

今後も入手する端末は1つずつチェックしていこうと思う。

参照記事:もはや廉価版ではない、正真正銘の BlackBerry KEY2 LE をレビュー!!~ファースト・インプレッション編~

Twitterをフォローする!skyblue_1985jp