検証記録」カテゴリーアーカイブ

Huawei P40 シリーズ、標準ブラウザに「Google」検索エンジンがない現象について

ファーウェイの Mate Xs を 4 月に購入したらハマってしまい、Google がないにも関わらず P40 シリーズ最上位モデルの P40 Pro+ まで買ってしまった。

使い勝手はまたレビューしていくとして、今回はファーウェイ標準ブラウザの検索エンジンについて取り上げたい。

今まで「Google」を検索エンジンに指定できたのに、P40 Pro+ では指定できなくなっているのだ。



標準ブラウザだけは Google が使えていた

そもそもなぜ Google Chrome ではなくファーウェイ標準アプリを使っているのか。それは言うまでもなく GMS が利用できないからだ。

幸いにも Mate Xs は検索エンジンを Bing と Google から選択できて、使い勝手は Chrome と遜色なくて助かっていた。

ところが購入した P40 Pro+ には検索エンジンが Bing しかなく Google  がない。かといって追加することもできないのだ。

画像左が P40 Pro+ で「検索エンジン」設定項目に Bing しかない。いっぽう右側 Mate Xs は Google の指定ができる。

これは困った。個体差なのか、出荷国による違いなのか、色々調べたらファーウェイ公式の見解が発見できた。

 

P40 シリーズは一時的に Google が利用不可

まずファーウェイ標準 Web ブラウザの検索エンジンは、国や地域によって異なる場合があるとの記述があった。

(質問は EMUI 9.1 の P30 を想定しているが、現行シリーズにも言えるはず)

たとえば中国大陸版では現地の Google にあたる百度(バイドゥ)だったり、それ以外の国では Bing や Google が選択できるといった具合だろう。

そして P40 シリーズで Google が選べない問題に関する記述もあった。

consumer.huawei.com によれば P40 シリーズ全般で発生しており、原因はシステムオペレーションのアップデート作業によるとされている。

「Google 検索エンジンは一時的に利用できない」状態であり、二度と利用できないとは一言も書かれていない点は注目に値する。

つまり今後なにかしらのソフトウェア・アップデートで Google 検索が復活するかもしれないのだ。



Microsoft Edge で代替を・・・

というわけでファーウェイの標準ブラウザには、発売国や地域によって検索エンジンが異なるケースがある事をまず知っておこう。

そのうえで今まで Google と Bing が選択できていた国や地域の P40 シリーズは、システムアップデートが終われば Google 検索エンジンが復活するかもしれない。

ただしいつになるかわからないので、代替となるブラウザを探した方が良さそうだ。

筆者に関しては新しくなった Microsoft Edge に落ち着いた。意外にもサクサク動くし、もちろん検索エンジンを Google に指定できる。

それにしても検索エンジンまで Google が出て来なくなるのは想定外だった。

無理やりインストールした Chrome は何故かモッサリするので、自分にあったブラウザを探してみよう。

Twitter をフォローする!skyblue_1985jp



【検証】香港版 Xperia1Ⅱ は国内 5G は掴むのか!?

今月、ソニーモバイルの旗艦モデル Xperia1Ⅱのがようやく国内外で発売された。

筆者はキャリアモデルと悩んだ挙句「イオシス」アキバ中央通店で香港版を購入。

楽天モバイルを含む 4 キャリアのネットワーク検証を実施したので結果を記録したい。



通話が心配なドコモ 5G

まずドコモ 5G は APN の設定だけで NR n78 を受信した。

得られた速度は平均で 130 Mbps で、ドコモフルチューニングの 5G より劣るが掴まないよりマシであろう。

それよりも問題なのは VoLTE 通話がどうやっても利用できないことだ。

というのもドコモは今日・明日にも 5G 契約者に対して 3G を停波させる予定で、いつ通話が使えなくなっても不思議ではない。

4G 契約 SIM での運用ならそうした心配はないが、5G を重視する人はネットワークチューニング的にもドコモ版を買った方が安心だ。

 

通話ができない au・楽天モバイル・・・

次に au 5G SIMをみていこう。昔から海外版 Xperia は au SIM を弾く傾向があって、それは最新版の Xperia1Ⅱでも変わっていなかった。

さいわい LTE only にすればデータ通信こそ可能だが、それ以外のネットワーク設定ではデータ通信すら成り立たない。

(SIMフリー au 5G APN は公式で公開されている)

むろん VoLTE 通話もできず ims 設定も効果なし。もはや au SIMでの運用は素直に au 版を購入した方が良さそうだ。

ちなみに au をパートナーとする楽天モバイルも自社基地局 Band3 のデータは受信するも VoLTE 通話は不可。

このように何かしらの制限で各キャリア VoLTE が使えないことが難点である。



一番まともに動作するソフトバンク

ソフトバンク 5G は VoLTE こそ非対応だが 3G 通話は可能で、今のところ 5G 契約だからといって停波される予定もない。

4G・5G ともに良好で秋葉原公園にて n77 を受信した。

(秋葉原駅周辺のソフトバンク 5G はせいぜい 200 Mbps が限界)

ただし現状 4G 契約しか存在しない iPhone 用 SIM、ソフトバンク Android 専用 5G SIM では受信できない。

直営店クラスのソフトバンクショップで SIMフリー端末用の Android SIM に交換する必要があるの少し厄介だ。

 

最後に

というわけで au と楽天モバイルはうまく動作しない結果となった。

内部ストレージ 256 GB、Dual SIM のメリットは VoLTE が今まで以上に重視されるいま魅力が半減するかもしれない。

どうしても Dual SIM で運用したい人は主に 4G 契約の SIM での利用を推奨したい。

なおキラーアプリ Photo Pro は利用準備が整っており、ネットワーク以外の点では国内版と同様に楽しめるだろう。

Twitter をフォローする!skyblue_1985jp



ファーウェイ P40 lite 5G 、LINE モバイル音声契約で一括 25,781 円(税込)+ 10% ポイントの超特価!

ファーウェイ P40 lite 5G が本日 6 月 19 日発売となった。

6400 万画素のクアッドカメラ、5G 対応、40 W の超急速充電などを特徴とするミドルスペックで価格は 43,780 円(税込)。

5G スマホとしては買いやすく Google 非対応ながら日本でも高い注目をあつめてきた。

単体での購入はもちろん MVNO SIM のセット案件があれば 2 万円台でゲットできるはず。



ビックカメラ・アキバで一括 25,781 円の案件

ビックカメラ・アキバ 3F の携帯電話コーナーでは LINE モバイル音声 SIM を契約すると 18,000 円割引で購入できるキャンペーンが実施されている。

条件は新規またはソフトバンク・Y!mobile 以外からの MNP 契約で、3 GB 以上のプランかつ SNS データフリーまたは SNS 音楽データフリーに加入すること。

データフリーオプションは 2 ヵ月間 0 円で、楽しんだ後に外せば負担になることはない。

割引後の価格はなんと 25,781 円(税込)で 5G 検証端末を兼ねたカメラとして活躍するはずだ。

期間は 6 月 30 日まで。同様のキャンペーンがあれば Twitter やブログでおって報告したい。

Twitter をフォローする!skyblue_1985jp



ファーウェイ P40 Pro 5G 香港版、EXPANSYS で 86,600 円(税別)の特価!

香港に拠点をもつ通販サイト EXPANSYS にてファーウェイ P40 Pro の DEEP SEA BLUE が 86,600 円の特価になっている。

そもそも現地の正規価格は 6,988 香港ドル(およそ 96,850 円)のため約 1 万円やすく買える勘定だ。

(ゴールドやシルバーより 2,000 円安く設定されている)



ブルーは在庫がありすぎる!??

なにやらP40 Pro はシルバーが人気のようで日本でも Twitter でみかける購入報告は圧倒的にシルバーが多い。

ブルーに限って値下げされているのは在庫量の調整ではないだろうか。

(画像はヨドバシカメラで撮影した日本版で税込 119,680 円である)

ちなみに香港版と日本版の違いはカメラのシャッター音の有無くらいで、対応周波数やスペックに関してはほぼ一緒だ。

もちろん国内版はファーウェイ日本法人の保証があり故障や困った時のサポート体制が整っている。

ただしスマートフォンに詳しく、そうした特典が不要な人は香港版を輸入した方が圧倒的に安いのも事実だ。

EXPANSYS は 70,000 円以上の買い物で送料無料。税金が発生しても総額 95,000 円には収まると思われる。

また現地の情報では Google が少ないことから人気が落ちていて、待っていればもう少し下がってくるかもしれない。

リンク:EXPANSYS

Twitter をフォローする!skyblue_1985jp



【レビュー】Redmi Note 9S を 2 倍楽しむ!Xiaomi スマホの裏技を紹介しよう!

Xiaomi Redmi 9S が思わぬ人気旋風を巻き起こしている。

スペック考察編のレビューでは 2 万円台スマホの常識が覆ると書いたが、もはやそれ以上に書くことがない。

したがって第 2 弾となる今回は Xiaomi スマホの裏技(特徴)をご紹介したい。



アプリを無差別に複製できる

まず挙げておきたいのは「どんなアプリも複製できる」Dual App 機能だ。

LINE や Facebook などメッセージ系アプリを複製できるスマホは存在するが Xiaomi はゲームから何から無差別にコピーできるからヤバい。

(電子書籍アプリを複製してどうするの?という意味のないこともできる)

アカウントが 1 つしか持てないゲームを 2 つに分けて遊んだり、その上で画面分割をすれば 2 画面並行して楽しめる。

Twitter しながら Twitter するのも標準アプリを 2 つ並べられるのは地味に凄いことだ。

日本上陸にともない削除されるかと思ったが残してくれたのはありがたい。

ただし au などキャリア版はさすがに削除される可能性は否めないので過度の期待は禁物だ。

 

アンテナピクトのキャリア名を変更できる

つづいてキャリア名を任意の名前に変更できる機能を紹介しよう。

例えばドコモやソフトバンクの SIM が入っているのに、米国の Verizon と書き換えて生活することが簡単にできてしまう。

「それがどうした!?」という話なのだが、「ごめんね、今アメリカにいるんだ」とか「オレ、アメリカの Verizon からローミングしちゃってるんだよねー」といった中二病みたいな遊びができるわけだ。

楽天モバイルを使っていないのに Rakuten と表記させたり、au 表記を KDDI にしてカッコ良くさせるなど色んな使い方ができる。

キャリア名以外にしてもいいだろう。とても地味だが、こういう点に面白さを見出せると Xiaomi が一層面白くなってくる。



悪用厳禁、セカンドスペース・・・

そしてもう一つ、デスクトップを複製できる「セカンド・スペース」なるものがある。

実行するとまるで初期化されたばかりの待受け表記になり、そこに恋人などにみられたくないアプリを集中させることが可能だ。

したがってメイン・スペースの Dual App で複製した 2 つのアプリをセカンドスペースにも入れることで合計 3 つ持てる。

こうした地味な面白さは他のメーカーには中々ないもので Xiaomi を持つ人にはぜひ一度やってみることをお勧めしたい。

 

最後に

Redmi Note 9S は単なる 2 万円台のコスパ最強スマートフォンではない。

カメラは撮影と編集が楽しくなるほどの完成度で、ハイエンドスマホと比べても写真は遜色のない仕上がりだ。

 

そこに Dual App、キャリア名変更、セカンドスペースといった Xiaomi ならではのユニークな機能を併せることで楽しさは倍になるだろう。

まだ品薄が続いているようだが、今回ばかりはフルバンドの日本版をお勧めしたい。

グローバル版に劣らない程の低価格でシャッター音はとても小さい。MVNO とのセット販売が当たり前になれば 1 万円前後で購入できるので、再入荷される頃が楽しみだ。

Twitter をフォローする!skyblue_1985jp



ファーウェイ P40 Pro、LINE モバイル音声契約で 18,700 円割引 + 10% ポイント還元中

ヨドバシカメラ・アキバにてファーウェイ P40 Pro と LINE モバイル MVNO のセット販売キャンペーンが開催されている。

3GB 以上の音声 SIM を契約すると本体代金が 109,800 円(税込)、さらに 10 % ポイント還元される。

正規価格は 119,680 円(税込)と強気のため、かなり買いやすくなるはずだ。



LINE モバイルは 初期費用 1 円

ちなみに LINE モバイルの事務手数料は 1 円で、初月をふくむ 2 ヵ月間は 0 円で維持できる。

途中で解約したくなっても違約金が 1,100 円とハードルが低く、むしろ利用しない手はないだろう。

ファーウェイ P40 Pro は P30 Pro の後継機種となる旗艦モデルで国内キャリア 5G 対応。

50 倍のデジタルズームや最新 Kirin 990 チップセットなど各段にパワーアップした。

ただし Google サービス非対応ゆえに性能を最大限まで引き出すのが難しく、一般ユーザーにお勧めすることはできない。

ファーウェイは自社のアプリサイト AppGallery の拡充を急ぐも Twitter や Facebook のような基本アプリすら揃っていない。

まずは多くのレビューを待つか、実機を十分に触ったりカメラと割り切って購入するなど今までと違ったアプローチが必要になりそうだ。

Twitter をフォローする!skyblue_1985jp



【レビュー】コスパ抜群 Xiaomi Redmi Note 9S、楽天モバイル UN-LIMIT で 0 円運用せよ!【スペック考察編】

6 月 9 日発売の Xiaomi Redmi Note 9S が「コスパ抜群」と話題になっている。

4 眼カメラ搭載ながら価格はわずか 29,800 円(税込)と割安でカメラ特化型の格安スマホに思う人もいるだろう。

じっさい筆者もそうしたイメージを持っていたのだが、購入したらいい意味で騙された。



格安スマホの常識を吹き飛ばす

そもそも 2 万円台のスマホといえば Wi-Fi 5GHz 非対応、省電力で非力な Snapdragon 400 番台チップ、HD 画質など様々な理由でコストが抑えられている。

では Redmi Note 9S はどうかといえば、高い映像処理能力をもつ最新 Snapdragon 720G を搭載しゲームも想定されたスペックだ。

(テストにストリートファイターⅡを走らせている)

しかもその環境を活かせるよう内部ストレージ 128 GB、RAM 6 GB を備え、ディスプレイは 2400 × 1080 の Full HD+ と隙がない。

SIMカードスロットにしても nano SIM × 2 + Micro SD 仕様でいわゆる排他利用ではないのが嬉しい仕様。

また背面下部にはイヤホンジャックを備えており細部にまで気が利いている。

(充電は流石に USB Type-C なので安心したい。)

ザックリと見てきたが、ゲームまで想定されたチップセットに RAM 6GB、Full HD+ ディスプレイというだけで既に 2 万円台以上の価値はある。

 

世界をかけ巡るネットワーク

抜け目ないのはネットワーク周波数も同様だ。

対応周波数をみると日本の大手 3 キャリアに加えアメリカ大陸の Band 2/4、さらにアジアや欧州向け Band 7/20 などグローバルで十分戦えるではないか。

GSM: B2/3/5/8
WCDMA:B1/2/4/5/6/8/19
TDD LTE:B38/40/41
FDD LTE:B1/2/3/4/5/7/8/18/19/20/26/28

(Wi-Fi は 5GHz 対応で IEEE 802.11 a/ac/b/g/n をサポート)

つまりネットワーク周りをみても低価格スマホにあるまじきスペックで、コスパ王のファーウェイ P30 lite をも上回っている。

ちなみに検証したところ楽天モバイル UN-LIMIT は設定なしで動作した本気をだせば 1 年間 0 円で持てるのだ。

(無料通話アプリ「楽天LINK」も適切に動作している)

このように Redmi Note 9S は一般的な 2 万円台スマホとは思えない仕様であり、対等に戦えるメーカーが無いと言っても過言ではない。

これをきっかけに国内のスマホ市場が活気づく可能性は否定できないだろう。



忘れないで、 4 眼カメラ!!

ところで売りである 4 眼カメラは正直あまり試せていない。

4800・800・500 ・200 万画素のカメラがプライマリ、超広角、マクロ、深度の役割を担っていて完成度は申し分ない。

試しにファーウェイ Mate Xs を撮り比べたのを Twitter に UP したのでよかったらご覧頂きたい。

上位モデルと比較しない限りなんの遜色なく撮影できるし、ポートレートに関しては数年前の iPhone レベルに到達している。

(被写体はファーウェイ Mate Xs)

ファーウェイや Galaxy と同様、撮影した後からボケを調整できるのは 2 万円台スマホの領域を越えすぎて文句の付けようがない。

もっと試し撮りして特徴をレビューする予定だが、現時点で見てもスマホのカメラはこれで十分なはず。

 

最後に

ちなみにあえて惜しい点を挙げるなら NFC 非搭載だろう。ただしあまり完璧に揃いすぎると不気味なくらいの完成度であり、その位がちょうどいいとも言えそうだ。

改めて本体価格をいうと 29,800 円。「税別」ではなく「税込」なのもポイントだ。

この価格なら MVNO とのセット価格で 1 万円切ることも往々にしてあるだろうし、RAM 4 GB モデルなら OCN モバイルとのセット価格が 7 月 1 日まで 5,390 円(税込)の特価て購入できる。

その上で楽天モバイル UN-LIMIT を入れれば申し分ないネットワークで運用できるだろう。

長くなるので今回はここまでにして、この他の機能や面白い使い方に関して別途かいていく予定だ。

Twitter をフォローする!skyblue_1985jp



Google なしで 27,280円(税込)、不便すぎるファーウェイ P40 lite E に注目・・・

ファーウェイが国内販売を予定する P40 シリーズは Google が使えないことで話題になっている。

それでも P40 Pro は高性能カメラとして、 P40 lite は低価格なことから 5G 検証スマホとして割り切る人がでてくるだろう。

ただ、、エントリーモデルの P40 lite E はまったく需要が見えない状態だ。

(筆者撮影。Google のない低価格スマホ P40 lite E)



既存モデルに大きく劣る・・・

現在発売中の低価格スマートフォンは nova lite3、nova lite 3+、P30 lite など 3 機種が挙げられる。

とくに nova lite3 は楽天モバイル UN-LIMIT にも対応しながら 1 万円台のコスパを誇り、筆者もかなりお世話になった。

Wi-Fi 5GHz、 NFC 、防水に非対応ながら、Google 対応でとくに不満はない。

では P40 lite E はどうかといえば、nova lite 3 のようなコスト削減がされながらも Google に非対応。

3 眼レンズながら撮影した写真を Twitter や Facebook などで気軽に投稿することすらできないのだ。

(P40 lite E の背面、指紋認証や 3 眼レンズが確認できる)

では Google がないと何ができないのかみていこう。

 

一般的なスマホとして利用できない

Mate Xs のレビューでも触れたが、Google がリリースしている Chrome、Youtube、Map、 Gmail、Play Music などのアプリが一切利用できない。

Map や Youtube など Web ブラウザを通せば使えるサービスもあるが、少なくとも初心者には向いてない。

(画像は Mate Xs。無理やりGoogleを導入して使っている)

さらに立ち上げた際に Google 認証をとおすアプリが全て弾かれる状況だ。この影響を大きく受けるのが楽天系アプリで、無理やり導入しても使えない事がおおい。

楽天ポイント、楽天Kobo、楽天Pay、楽天 LINK など当たり前のように使えるアプリが動作しないスマホを好んで選ぶ人がいるだろうか。

VMOS で仮想的な Android 空間を作り出せば Googleアプリは使えるが・・)

もちろんファーウェイは AppGallery の拡充を急いでいるが、やっている事はアプリアイコンを増やすだけで根本的なアプリ不足には取り組めていない。

これはメルカリの話でも既に述べた通りで過去記事を参照して頂きたい。



出さない方が良かったはず・・・

ここ数年ファーウェイは他社の追随をゆるさぬカメラ技術やフォルダブルスマホなどで世界シェアをあげてきた。

そうした端末であれば Google がなくともコアなファンを中心に受け入れられる可能性はまだあるだろう。

けれども低価格スマートフォンで Google がないのはシャオミーや OPPO に対抗できないだけでなく、過去の自社ブランドにすら劣ることになるのだ。

もはや一括 1 円だとしても選ばれるかわからない。まだ発売前だが実機をみる限りいやな予感しかしてこない。。

Twitter をフォローする!skyblue_1985jp



驚異の 100 倍ズーム!ファーウェイ P40 Pro+ 香港版は 14 万円で 6 月 22 日発売か

今週、日本国内向けにファーウェイ P40 シリーズが発表された。

しかしご存知のとおり Google サービス(以下 GMS)はすべて非搭載。メイン機種としての利用はかなり難しい。

(画像は P40 Pro 5G、筆者撮影)

もはやコアなファン向けとも言えるファーウェイ製品だが、日本で発表されなかった上位モデルに P40 Pro+ があるのをご存知だろうか。



カメラだけは驚異、P40 Pro + の存在

P40 Pro+ はシリーズで唯一の 5 眼レンズ搭載で、光学とデジタルのハイブリッドズームは 20 倍、デジタルズームは 100 倍で信じられない撮影能力をほこる。

P40 Pro の 50 倍ズームですら十分なのだから、余程のことがない限り 100 倍は多くの人にとり不要かもしれない。

しかもスペックや外観に関しては P40 Pro とほぼ一緒ながら、予想価格は 10,000 香港ドル(約 14 万円)と言われており、全体的な需要としては多くないのかもしれない。

香港現地メディア e-Price HK によれば 6 月 13 日にリリースされ 22 日に発売開始となる模様。

現存する最高カメラを手にしたい人は、海外の販売価格発表をまって輸入することになりそうだ。

参照:e-Price HK (広東語)

Twitter をフォローする!skyblue_1985jp



【検証】UQモバイル、新料金プラン R の制限スピード 1 Mbps が速い!2,980 円で 10 GB+α の高コスパ!

先月に発表された UQ モバイルの月額 2,980 円で 10 GB 使える料金プラン R。

ギガ単価が下がったのはもちろん、使い切ったあとの制限速度が 1 Mbps 保証されると書いた。

5 月中に申し込んで 6 月 1 日の今日から適用。さっそく検証したら予想以上によかったので結果をお届けしたい。



ブーストの効いた最大瞬間風速

まずは料金プランが適用されているか確認しよう。

UQポータルアプリでログインするとデータ高速(10 GB)の表記から間違いなく料金プラン R であることがわかる。

(先月使い切らなかったギガが合算されて 11.8 GB )

さて、いきなりだが検証のため制限モードになっている点にも注目したい。

ここでスピードテストをして本当に 1 Mbps になっているのか確認すると。。

「あれ!? 一瞬 3 ~ 4 Mbp 出たぞ!」ということに驚かされ、次第に上り下りが 1 Mbps に調整されることがわかった。

これは何を意味するかと言うとまず最大瞬間風速でサーバーまで一気に接続する。

その後は安定的なスピードを保つことで他社サービスの 1 Mbps より高速に感じるのだ。これは予想以上である。

(上り下りとも差がでないようになっていた)

 

Youtube は 360p に自動設定で快適

ではここで Youtube を検証していこう。

今回は @chehonz201 さんのモバイルドットコム動画をお借りした。

さっそく動画を再生するとブースト効果もあって終始ストレスなく再生できている。

またバッファの読み込みがはやく途中で止まることもない。他社サービスとの差別化がしっかり実現されて素晴らしい。

さすがに 720p ~ 1080p に画質を上げると途中で止まるがバッファをため込んでから再生すれば問題ない気もする。

この調子で Amazon の Prime Video なども検証したところ、サムネイルの表示がすこし遅いくらいでこちらも問題なく再生できた。

ただし Youtube 画質よりすこし粗さが目立つので「とりあえず再生できればいい」という割り切りは必要かもしれない。

 

テザリングで PC すら快適!

節約モードでこれだけ速度があればノート PC やデスクトップ PC へのテザリングも捗るはず。

そこで部屋の Surface Studio をテザリングを使ってネット接続させてみた。

(ちなみにスマホ検証機はファーウェイ Mate Xs )

スマホでの検証とモバイルドットコムの Youtube 動画を検証すると、やはり 360P に自動接続されながら快適に再生できる。

ただし音だけを聴きながらバックグラウンドで別のサイトにアクセスを試みるとスピードが一気に 120 Kbps くらいに落ちることも発覚。

したがって動画を観るなら観るに集中し、マルチタスクは動画を流さずに実行するといいだろう。

スピードテスト結果はスマホとおなじで上下 1 Mbps 程度である。

ちなみに動画再生ができるということは PC を使ってブログを書くことはもちろん、ウェブで調べものや SNS を楽しむ程度なら問題ない。

ファイルの送受信も重くない範囲なら快適でありテレワークも無理ではないだろう。

 

制限速度の常識がかわるかも・・・

というわけでブーストの効いた 1 Mbps は Youtube をふくむ色んな作業が快適であることが判明した。

一般的な制限スピードでは Yahoo へのアクセスすら難しいなか、テザリングで PC を使った作業ができるのは大きな収穫だ。

ふだん節約モードで 1 Mbps にしながら 10 GB を温存しておけば、いざと言う時に高速が楽しめるし月末のギガ不足対策にも備えることができる。

そしてこんな最強プランが出てきたら Y!mobile も追随せざるを得ないだろう。

もしかするとモバイル業界の制限速度の常識が変わってくるかもしれない。

Twitter をフォローする!skyblue_1985jp