検証記録」カテゴリーアーカイブ

Softbankユーザー必見、貯まったTポイントをモバイルSuicaにチャージしよう!

SoftBankユーザーだけが申し込みできる、非常に便利なSoftBankカード。Apple Payに設定すればiDに早変わりするだけでなく、VISAカード、Tカードとして3役をこなす優れもの。

 

TSUTAYA、ファミマはもちろん、今やヤマト運輸でさえTポイントが使える時代。貯まったポイントは必要に応じて使えばいい。けれど、もしも使いたいお店がTポイント非対応だった場合はどうするか。

 

SoftbankカードにチャージしてVISA利用するか、Suicaチャージする方法がある。今回はSuicaとして利用する方法を日記として記録しておきたい。



①TポイントをモバイルSuicaにチャージする

貯まったTポイントを一度SoftBankカードにチャージし、その残高をモバイルSuicaへチャージさせれば、事実上、TポイントがSuicaへ移行したことになる。手順を画像でみておこう。

 

手順1. TポイントをSoftBankカード残高へチャージ

毎月1日だけ、100%の還元率でチャージできる。普段は85%に目減りするため、Suicaへ移行したい人は毎月1日を意識しておこう。

 

手順2. モバイルSuicaチャージクレカを設定する

モバイルSuicaにチャージする用のクレジットカードをSoftBankカードに設定する。普段は別のカードでチャージしている場合、一時的に変更することになる



手順3. Softbankカード残高をSuicaチャージする

今回、テスト用に3,500円チャージした。70円は端数となるため無視。これをチャージするには3,000円と500円を2回に分ける必要がある。

まず3,000円チャージ完了した瞬間に送信される画像をご覧いただきたい。何気にSuicaチャージは1%のポイントが還元されるため、これでまたTポイントが付与された。

さて、2回目の500円チャージを終えると、先程3,570円分あった残高は70円だけが残っていることを確認。これでTポイントからSuicaへの完全移行が完了した。



最後に

Tポイントは以前とは比較できない程に使い道が広くなったが、それでも利用できない店は多数ある。そんな時は残高をチャージしてVISAカードとして利用するか、Suicaへチャージして利用してみよう。

 

注意事項は繰り返すが、Suicaは500円以上でないとチャージできないこと、毎月1日以外にTポイントをチャージすると100%ではなく85%にポイントが目減りしてしまうこと。この2点をクリアして有効に使ってみよう。このカード、本当に便利で手放せない。

Twitterをフォローする!skyblue_1985jp



【改訂版】意外と知られていない!? Y!mobileのiPhone SIMの話

SoftBankが展開するY!mobile。SIMフリーと名の付くスマートフォンであれば使える確率が非常に高く、かなり使いやすいブランドと言っても過言ではない。

(いずれもnano SIM。ぱっと見は同じだがn141だけが特殊)

 

SIMのサイズがnanoであればn101(n111)、microであればm101(m111)とSIMカード自体に表記があり、基本的に同じ仕様である。ただ一つだけ混乱を招く要素があるとすれば、同社が展開するiPhone専用のSIMだ。俗にn141 SIMと呼ばれる。



①Y!mobile iPhone専用 “n141 SIM”

もしも手元にn141と書かれたSIMをお持ちの方がいれば、それは間違いなくY!mobileで契約したiPhoneに付属するSIMだろう。同社が販売した今までのiPhone5s, 6s, SE同士で使い回しできるもので、単体での発行はしてもらえない。

 

一応はiPhone専用となっているため、他のSIMフリースマホに挿しても「基本的に電話しかできない」。そしてY!mobileの公式APNを入力しても反応しない。

 

では、Y!mobile版iPhoneが壊れてしまったらどうすればいいのだろうか。実はn141 SIMを使った逃げ道が2つある。

 

②AndroidのSIMフリースマホを使いたい場合

あまり知られていないのだが、実はn141 SIMには専用APNが存在している。なぜかY!mobileも公表しておらず、ひょっとすると社員の方ですらご存知ない。ネットに落ちている非公式APNが以下の通り。

APN:kqtqjs

ID:tnsrknk

PASS:cmtknrn

認証:PAP or CHAP 

これを入力すればSIMフリーのAndroidスマホでもWindows Phoneでも利用可能になり悩みは解消されるはず。ただしあくまでも非公式なので、保証の対象外ではある。



③一体なぜ!?n141 SIMとSoftBank版 iPhoneに互換性あり

意外と知られていないのだが、SoftBankがリリースした過去のiPhone5s~8(Plus)にn141 SIMを挿し込むとY!mobile表記が登場し、通話・データ・テザリングの仕様が可能になる。SIMロックが解除されている必要はない。

(写真はiPhone8 Plus。SIMを入れただけで通信させるにはiOS12にアップデートする必要がある)

 

だから、「Y!mobileで契約したiPhoneが壊れてしまい、交換品がすぐ欲しくて困った」という際はSoftbankの中古iPhone5sや6など価格の低い物を繋ぎとして買うか、とりあえず安価なSIMフリーAndroidスマホに専用APNを設定すれば難を逃れられるはず。



まとめ

Y!mobileで出回っているほどんどのSIMが同じ仕様になっており使い回しがきくのだが、iPhoneは特殊仕様になっており、そのAPNは公開されていない。

 

Softbank版のiPhoneやSIMフリーのAndroidでn141 SIMが幅広く使うことができるのは知っておいて損はない。もしかしたら、一般的なY!mobile SIMより貴重なのかもしれない。

Twitterをフォローする!skyblue_1985jp



【知っておきたい】円柱形WiMAX2+L01(s)のSIMカードの特性・・・

よくWIMAX2+に関する相談を受けるのだが、その多くが契約したルーターに入っていたSIMを別のルーターに入れて動くか否かというもの。

 

ほとんどは可能なのだが、どうしても使い回しできない物がある。タイトルにもある通り、円柱形ルーターL01(micro SIM)、L01s(nano SIM)だ。



①円柱形ルーターは、持ち運び用と互換性がない

WIMAX2+といえば無制限で使い放題だし、外で利用している人が多いイメージがあるだろう。筆者も今、カフェでWIMAX2+を使って記事を書いている。

だから、持ち運べるルーター(写真はW03、WX03)を中古などで買って、SIMを入れ替えて外へ持ち運びたくなるのはわかる。

 

しかし、円柱形ルーターで契約したSIMは決して持ち運び用ルーターに入れても認識されないのだ。UQ(au)が意図的に制限をかけているのだろう。考えられる理由があるとすれば、据え置き型タイプの方が月額維持費が安いからといったところだろうか。

(写真左がHome Wi-Fi型のL01。最近はnano SIMタイプのL01sも存在する)

 

②持ち運び用ルーターのSIMを円柱形に入れ替える事は可能

ここで、「あれ?そうだっけ。友だちが持ち運び用と据え置き用でSIMを入れ替えてたけどな」という声が聞こえてきそうだ。それは恐らく①と逆のパターンだと思われる。

 

興味深いことに、持ち運び用ルーターのSIMを、逆に円柱形ルーターに入れ替えて通信させる事はできるのだ。家と外でルーターを分けたい人は契約を間違えないようにしよう。



最後に

「一人暮らしの女性をターゲットにしている」とも言われるHome Wi-Fi型WiMAX2+。筆者も以前使っていたが、受信感度が最高で、40台以上の機器を接続可能など優れた面も多い。

 

ただし、他のルーターにSIMを入れて自由に外へ持ち出すことができない。これは調べない限り出てこないし、UQとしても公に案内しないことなので、興味ある方はぜひ覚えておきたい。

Twitterをフォローする!skyblue_1985jp



iPhoneのバッテリー劣化具合がわかるようになった今、中古市場に変化はあるのか!?

iOS12からiPhoneのバッテリー劣化具合を調べられるようになった。85%を下回るとiPhoneの性能が落ちると言われているが、「実用に絶えないレベルは一体何%なのか」、様々な人に聞いて統計をとってみた。

 

結果、出てきた答えが51%。この数値に至ると次のようなことが起こる。



①一度放電してしまうと、充電に3~4時間かかる

まず驚くのは、「あれ、ついに壊れたかな?」というくらいに電源が入らない。放電したiPhoneは遅くともは30~40分で、ある程度充電されるのだが、消耗具合の酷い物は電源入るのに普通に3~4時間かかる。(Androidも同様だ)

 

そして興味深いのは、電源が入った途端に100%まで充電されていること。言うまでもなく、みるみる減っていき再び長時間の充電が必要になる。この状態のiPhoneのバッテリーライフを見ると、どれも51%と表記されている。

 

②中古市場、iPhoneバッテリーに変化あるか!?

中古のiPhoneを購入する際、今までは前の所有者がどの程度利用したか区別する術がなかった。当たり外れは予想できなかったが、バッテリー寿命をiOSで確認できるようになった以上、中古市場に何らかの変化があっても不思議ではない気がする。

(丸一年、ガッツリ使い込んだiPhone8 Plus。一日数時間ゲームをする事が数ヶ月あったが、それでも97%で良好)

「バッテリー寿命が95%以上で良好です」などという謳い文句が出てくるだろうか。また、白ロムの買取価格、販売価格に影響を及ぼすものだろうか。全く予想がつかないが今後の市場変化に注目していきたい。

Twitterをフォローする!skyblue_1985jp



Y!mobileのiPhone専用SIM, iPhone7/8 Plusで特殊構成プロファイルが不要に!!

Y!mobile iPhone 5s, 6s, SEを契約すると付属するn141 SIM。これをSoftBank iPhoneと互換性がある話は以前からお話しているが、新たな発見があったので追記。

同SIMをiPhone7、8で利用する場合、今まで特殊な構成プロファイルを入れる必要があったのだが、iOS12からはSIMを挿しただけで使えるようになった。そしてY!mobile表記になった点に注目したい。

(関連記事:意外と知られていない!?Y!mobileのiPhone SIMの話



①Touch IDを利用するiPhoneは全てn141対応へ(非公式)

元々、SoftBank(またはSIMフリー)iPhone 5s/6/6s/SEに関してはSIMを挿すだけで使えていたのだが、ここにiPhone7/8 Plusが加わることになる。 

(そもそも、ブログに頂いたコメントで初めて知った・・笑)

 

これで「Touch IDのあるSoftbank (SIMフリー)iPhone≒n141 SIM対応になった」と言えるだろう。100%でない理由は、Y!mobile非公式のため。ちなみにTouch IDのないiPhone Xはまだ検証が取れていない。

 

②n101、n111はY!mobile公式プロファイルが必要

Y!mobileでAndroidスマホとセットで契約したn101, n111 SIMは従来通りのY!mobile公式プロファイルが必要となる。

(見た目は同じだが、n141だけ特殊であることを復習しておこう)

つまりSIMフリーiPhone7/8 Plusに挿しただけでは通話しかできず、データ通信もできない。更にn101、n111 SIMはSoftBank iPhoneと全く互換性がないので注意したい。



最後に

n141 SIMはY!mobile非公式ながらSIMロックのかかったSoftbank iPhoneと互換性があるだけでなく、Androidでも利用できてしまうのが非常に面白い。

 

そして、今回の件がY!mobile iPhone7/8発売の前兆なのか否か、全く予想できない。ひとまず、「あ、便利になった。よかったな。」くらいに捉えておきたい。

Twitterをフォローする!!@skyblue_1985jp



Huawei最新作 nova3、OCNモバイルでほぼ半額で買えるセール実施中!

今年もやってきたHuawei novaシリーズの最新作、nova3。Huawei P20 Proと全く同じチップセット、Kirin970を搭載し、RAM4GB、ROM128GBと申し分のないハイエンド仕様。それでいて5万円台なのでコスパは相変わらず高い。

関連リンク:Huawei nova3公式ページ

既に予約開始されているのだが、OCNモバイルの限定色に注目したい。限定色レッドが用意されており、キャンペーンが非常に面白いことになっている。



①SIMとセットで27,600円!!

市場想定価格が54,800円とされているのに、今月中に申し込めばほぼ半額で買えるようになっている。音声通話がセットだが、OCNの場合は縛りが6ヶ月のみとなっており、半年後に解約すれば違約金はない。

(SIM発行手数料がかかってしまうのは仕方ないが、それでも十分すぎるほど安い)

 

ちょうど夏に発売されたP20 liteと同等の価格になっているが、比べ物にならない程のスペックなので、Huaweiのハイエンド機種を持ってみたい人には絶好のタイミングだ。

 

②名前にAKAが含まれる人は2,000円以上の割引

氏名をアルファベットにして、どこかにAKAが入っている人は2,000円安くなる。例えば赤坂さんという人がいた場合、AKAが2ヶ所あるため、2,000円×2=4,000円も割引かれる。

非常にユニークなキャンペーンだが、筆者は無縁だったので指を加えてみているしかない。ちなみに当キャンペーンが適応されるのは限定色のレッドのみ。名前にAKAが入っている人は買うしかないのでは!?

リンク:Goo SIMセラーキャンペーンページ

Twitterをフォローする!skyblue_1985jp



カメラはどっちが綺麗!?Galaxy Note9 と iPhone XS Maxを比較レビュー②

今回、カメラ性能で大きな飛躍を遂げたというiPhone XS Max。Galaxy Note9と比較してどうなのか、数日検証してみた。最初に言っておくと、写真の撮り方がド素人なのだがご容赦頂きたい。

(関連記事:どちらがお勧めか!?Galaxy Note9 と iPhone XS Maxを比較レビュー!!①



①飯テロするならGalaxy Note9

まずはXS Maxから見ていこう。試しにアップルパイを撮影してみたのだが、ご覧の通り、お世辞にも美味しそうには見えない。

そもそもが、美味しそうな形に切れていない気がするのだが、それでも次の画像をご覧頂きたい。圧倒的に光量が違っている。

こちらがNote9で撮影したもの。この他、Twitterでピザの画像を比較したのだが、どうやら飯テロ系はGalaxyに軍配が上がりそうだ。

②夜景は互角!?ともに白飛びを克服している

次に夜景撮影に注目したい。午後9時近くの、千代田区外神田、末広町交差点。以前、iPhoneもGalaxyも白飛びが目立ち、画面右側の広告募集看板が真っ白になる程だった。今回は両者とも申し分ない。まずはiPhoneから。

貸広告の文字がハッキリ捉えられており、画面中央下のローソンの青までもクッキリしている。Huawei P20 Proには及ばない気もするが、これなら十分だろう。同じ角度からNote9で撮影したのがこちら。

どちらが確実に優れていると、一目瞭然に断言できるレベルではなくなっている。夜景は今後も取り続けたいが、今の所互角といったところだろうか。

 

③ポートレートモード、ボケの範囲はiPhoneが上か!?

花瓶の花を撮影し、背景ボケを調整した。XS Maxで撮影したのがこちら。

けっこう細かくボケを調整できるので、ほぼ限界までボカシてみた。ほぼ同じ角度から今後はNote9で撮影したのがこちら。

こちらも限界までボカシたのだが、背景にある椅子や、花の左右がiPhoneほどにボケていないのがわかる。これは好みが分かれるところだろうか。



最後に

それにしても、iPhoneとGalaxyのカメラにここまでの伸び代があるとは思わなかった。これ以上の質をスマホに求めるのは酷な気もするが、Huaweiなどの中国スマホメーカーはこの先をゆくのだろうか。

Twitterをフォローする!skyblue_1985jp



Qi対応から1年、iPhone ワイヤレス充電のメリット、デメリット

ちょうど1年前、家電量販店がこぞってワイヤレス充電器の販売を拡大させた。今まで流行らなかったQi規格を、iPhoneが対応したことをキッカケに盛り上げようとする典型的な動きだった。

 

当ブログでは、「あまり流行らないのでは!?」と批判的な記事を書いたのだが、いくつかサンプルを試すうちにハマってしまった。今回はiPhoneのワイヤレス充電をガチ使いして感じたメリット、デメリットを書いていきたい。

(関連記事:iPhoneのワイヤレス充電が頓挫しそうな話・・・



メリット:ケーブルを消耗しなくなった

「ライトニングケーブルが折れてiPhoneが充電できない。」という事態に陥った事はないだろうか。純正ケーブルの定価1,800円と非常に高く、非正品は安い代わりにいつ壊れても不思議ではない。

(iPhoneの箱に普通に入っているケーブル、実は非常に高価な物だった)

 

そのため充電の際はケーブルに気を遣う必要があるのだが、ワイヤレス充電を利用すれば、そんな悩みともお別れできた。

ケーブルが不要になっただけでなく、背中スタンド付きの物を使えば動画も観やすい事に気づいたのだ。充電していない時でもスタンドだけ手元に持ってくればいい。非常に単純な話だが、これは想像以上に大きなメリットだった。

 

デメリット:バンカーリングを装着できない

スマホが大型化する中、人によっては欠かせないのがバンカーリング。装着しながらSuicaなどFelicaは余裕で使えるものの、ワイヤレス充電はさすがに難しかった。

(画像はiPhone7。Qiがなければ躊躇なくバンカーリングが装着できる)

 

もちろん、充電する時だけケースを外すという荒業もあるが、外すこと自体に時間がかかってスマートではなかったりする。



最後に

量販店では5,000円を超える物も販売されており、便利とはいえ充電するだけの道具としてはコスパが悪すぎる。できればAmazonなどで半額以下の物を手に入れたい。

 

恐らく、今後発売されるiPhoneはワイヤレス充電が標準となるだろう。今後、どこまで流行るだろうか。「コンセント・Wi-Fi完備」に加え「テーブルにQi有」を謳うカフェが普通になったら凄いが、今のところ遠い未来のように思える。

Twitterをフォローする!skyblue_1985jp



iPhone XS Maxで改めて考える、カメラのシャッター音問題

日本では盗撮を防ぐという観点から、スマホのカメラシャッター音が消せない仕様となっている。これが嫌で、数々の無音カメラアプリが存在しているのは言うまでもない。

無音を徹底したい人は、わざわざ海外版を輸入する事もあるほどだ。今日はシャッター音の何が良くないのかに触れつつ、iPhoneXS Maxが抱える問題を書いていきたい。



①シャッター音、場面によっては騒がしい

例えば静かなカフェで、筆者がレビュー用にスマホの撮影をし始めたとする。この時、シャッター音が煩いと、静まり返った状況を乱す事になる。

(こういう写真を撮る方も撮る方かもしれないが・・笑)

誰もいなければまだしも、「あの人、何やってるんだろう。うるさいな。」と他人の集中力を散漫させる可能性がゼロではないし、意味もなく注目されたくもない。だから撮影する側も周囲への配慮として無音カメラが欲しくなる。

 

誰かと記念撮影とか、観光スポットで明らかに名物を撮影しているのなら話は変わる。撮影する本人も周囲も、その場におけるカメラの利用が、状況的に何ら不思議なことではないからだ。

 

しかし今度は宿泊先で家族や友人が隣で寝ている時、やはり大きなシャッター音は「起こしてしまったらどうしよう」と気を遣うことになるのだ。

 

②iPhone XS Max、ポートレートモード撮影が煩い

話をiPhoneに戻そう。iPhoneXS Max、ポートレート撮影では「カッシャーン」という憎き音がステレオで鳴り響いてしまう。今回は後から背景ボカシを調整できる機能がウリにもなっており、ガンガン使おうと思っていた。

(iPhoneの場合、LIVE PHOTOを使えばほぼ無音化できる)

しかし、このウリの機能を使う度に周囲を気にしながら高価なiPhoneを使うのは非常に不可解でどこか釈然としなかった。それが香港版の購入に至ったキッカケの一つでもある。



最後に

盗撮防止のためとは言うが、盗撮する人はシャッター音の有無を問わず如何なる手段を使ってでも盗撮するだろう。逆に盗撮しない人はシャッター音が無くてもしないはず。一部の変態のために全員がシャッター音の強制を受けねばならない。

 

もちろん、中には「それは気にしすぎだろう」とか「自分はそんなに気にならないけどな」という人もいるかもしれない。しかし、そろそろこの問題、何とかならないだろうか。

Twitterをフォローする!skyblue_1985jp



【検証】香港版 iPhone XS Max、日本でDSDSを試した結果・・・②Apple Care+は加入できる!?

前回の続き。au, Softbank iPhoneの正規契約SIMによる通話・SMS・データ・テザリングを確認したわけだが、書ききれなかった検証結果をまとめておきたい。(技適の確認ができていないこと、あくまで香港版での検証であることに注意)

(前回の記事:【検証】香港版 iPhone XS Max、日本でDSDSを試した結果・・・



①Y!mobile、UQ mobileの動作も確認

au系MVNOのUQ mobileはVoLTE SIMであればテザリングまで利用できた。また、Y!mobileもn101、n111 SIMにて動作を確認済み。同社のiPhone専用SIMであるn141 SIMは例のごとく専用プロファイルを利用すれば同じくテザリングまで利用可能。

(10月2日追記:UQ mobileはテザリングがなぜか不可になっており通話・データのみ動作確認済)

(UQ mobileはau、Y!mobileはSoftBank表記となる)

Y!mobileにはSIMに種類があるため、念の為区別をつけておこう。

(関連記事:意外と知られていない!?Y!mobile iPhone専用SIMの話

一通りSIMを検証して思ったのは、どんなSIMを入れても日本版とほぼ同じ挙動をするということ、そしてSIM2枚を入れた際の相性などは保証が全くできないことだ。

 

②日本版iPhone XS MaxにDual SIMトレイを入れてみた結果・・・

これは半分ネタなのだが、香港版のSIMトレイを日本版に入れたらSIMが2枚認識するのでは!?と本気で思っている人がいる。ダメ元でやってみたところ、案の定1枚しか認識しないのだが見方を変えれば2枚目のSIMカードを収納できることになる。

ネタとしては面白かったが、やはり物理SIMは中国・香港・マカオのみが2枚挿しに対応しているという検証結果が得られた。



③Apple Care+について

Apple製品は新品を開封してから90日間の電話対応サポート、1年間のハードウェア保証が付帯している。延長したければApple Care+に加入できるのだが、担当者がよく理解していないと「海外版は加入できない」と言われる事があるのを覚えておこう。

(念の為オンラインで確認したら加入可能になっていた。たぶん大丈夫だとは思うが、Appleのスタッフによっては混乱するという事だけ頭に入れてこう。)

高額商品なので心配な人は加入できるまで交渉した方がいいかもしれない。



最後に

2回に渡ってお送りしたが、FOMA SIMが利用できない、APN設定が1つしかできない点を除けば日本版よりも非常に面白い仕様であることがわかる。

 

Appleとしても初のDSDSであるため、APNの件はアップデートで解消できるかもしれないし、今後も検証しながら使っていきたいと思う。興味ある人は色んな人のレビューを見ながら購入するといいだろう。

Twitterをフォローする!skyblue_1985jp