検証記録」カテゴリーアーカイブ

ダサいと思ったら最高だった、Galaxy Note10+ をレビュー【第一印象編】

当ブログでは最初 Galaxy Note 10/10+ をかなり酷評していた。

「何を売りにしたいのかわからない」とか「完全に行き詰まった」といった具合で、今年だけはスルーしようとまで言っていた。

しかし当然ながら買ってこそ見えてくる景色があるわけで、わざわざ香港まできて購入。その第一印象をお届けしよう。



特徴なきデザインは特徴的

商品を手にとってまず思うのは「何とも特徴のないデザインだ」ということ。

面積を求めたくなる長方形で「オシャレでも何でもないな」と、いちどは率直にガッカリした。

しかしよく考えてみよう。昨今は「ノッチ」や「可動式カメラ」など iPhone や中国メーカーのデザインが主流である。

そうしたスマートフォン市場の文脈においては、だれもやってない「新しさ」を感じたのも事実。

しろそのシンプルさこそがデザインで、他社メーカーと差別化できた要素だと筆者は解釈している。

すると全てが新鮮にみえてきて、パンチホールすら斬新に感じられるようになった。

奇抜なデザインを追究するよりも、あえてシンプルにしたのは吉と出たのではないだろうか。

 

戦略的なデザイン戦略

外観に欠かせない話題はもう1つ、エッヂディスプレイだろう。

表面および背面のエッヂが均等で、結果的に取り回しやすさに繋がっている。

とくに Note9 と比べれば違いは歴然で、何なら無印 Note10 が不要に思うほど片手操作がすいすいだ。

余談だが 2016 年にお蔵入りとなった Galaxy Note7 がまさにこの手法をとっており、マニアックな人は懐かしさを感じるだろう。

(ちなみに S ペンは少しだけ取り出しやすくなった印象だ)

 

透明性と統一感あるブラック

ところで購入したカラー Aura Black は透明感ある色で、くろぐろしていない様子がとても美しい。

Xperia XZ Premium のディープシー・ブラックのような透明感で、高級感あるのは言うまでもない。

またディスプレイと筐体背面のカラーが 1 色に統一されている部分にカッコよさを感じたのでこれを選んだ。



最後に

というわけで最初は「ダサい」としか感じていなかった Galaxy Note 10+ は「久しぶりにきてる!」と言えるほどに美しく取り回しやすかった。

表面と裏面をつなぐエッヂの使われ方、ブラックの透明感など文句のつけようがない。

では肝心の中身はどうなのか。しばらく使っていろんな角度から少しずつレビューしていきたい。

Twitter をフォローする!skyblue_1985jp



独自 OS 開発よりも難しい、ファーウェイ Harmney OS の挑戦とは

ファーウェイの独自 OS Harmoney が正式に発表され、今後どうなっていくか話題になっている。 

現段階では「きっとスゴイもの」くらいにしか言及できないが、成功の秘訣をかたる上でアプリの充実は欠かせない。

とりわけ Android Play Store と同等の物が揃わなければグローバルには展開できないはずだ。



主要アプリは App Gallery で対応か

ファーウェイ端末には App Gallery 呼ばれる独自のアプリストアが存在し、独自 OS に引き継がれると思われる。

同社は Android アプリ開発者に App Gallery へのアプリ配布を呼びかけており、成功すれば主要アプリは揃うだろう。

そもそも LINE や Twitter などの SNS が無ければまず使い物にならないし、それはファーウェイも重々承知のはずだ。

 

課題は Google 依存だったアプリ

グローバルでの成功はグーグルに依存してきたアプリをどのように調達するかだろう。

例えばグーグル・マップは世界一の地図アプリであり、これを抜くのはアップルでさえ苦戦している。

2012 年 iOS 6 から搭載するも「大王製紙駅」や「ガンダム駅」といった伝説級のミスが多発して、ティム・クック CEO が珍しく失敗を認めたのが地図アプリだ。

そして独自地図の作成は想像を絶するほどに難しく、アップルでさえ失敗している。

 

アップルも失敗を認めた地図アプリ

その代表例が独自マップアプリの作成だ。かつて Google からの脱却を図ったアップルは iOS 6 からグーグル・マップを削除。

独自のマップアプリを搭載するも「ガンダム駅」、「大王製紙駅」など適当すぎる完成度で、実用性に欠けるひどい出来だった。

アップルCEO ティムック氏は「地図は失敗だった」とス失敗を認めた数少ない事例の 1なのである。

2012 年から現在に至ってもまだ完成しておらず、やっと日本でもアップル・カーが走るようになった。

これからストリートビューのような物を展開するのだから、いかに地道な作業であるかがわかるだろう。

アップルがここまで苦戦した地図アプリは、さすがのファーウェイでも一苦労するだろう。



最後に

グーグルなき中国国内では既に独断場であるため、新 OS は本国で成功すると思われる。

しかしグローバルに展開するとなれば話は 180 度変わってくる。

Windows 10 mobile も BlackBerry OS も結局はグーグルの主要アプリが利用できずに姿を消していったのだ

米国企業に頼らず Android と変わらぬ価値を提供することが課題。そんなことが本当にできるのだろうか。

Twitter をフォローする!skyblue_1985jp



日本のビジネスが商機を逃すいい例、NTT 澤田社長の発言こそあり得ない

さいきん珍しくカチンときたことがあった。

発売延期となっていたファーウェイ端末を、au とソフトバンクが販売開始をアナウンスした。

その直後にとんでもない事をいう人がいた。



NTT の親会社社長はもはや老◯

NTT の澤田社長は au とソフトバンクについて次のように発言した。

「顧客に迷惑を掛ける可能性が高い。同業者としておかしな取り組みではないか」

は!??という話である。顧客に迷惑がかかる可能性があったからこそ発売が長らく延期になっていたのは言うまでもない。

ファーウェイ社員とキャリア社員が密なやり取りを重ねて、アップデートの保証にまで取り付けた。

不安要素が拭えたから販売に至ったのは言うまでもないのだが、トップは何もご存知ないようだ。

 

吉澤社長が動けなくなる

この社長の一言で困ったのは NTTドコモ社長の吉澤氏だろう。

同業者をみて「よし、ドコモとしても P30 Pro をリリースするか」と検討していたかもしれないのに、それを親会社社長に否定された。

よほどファーウェイへの思いが強いか、社長の座を投げ出す覚悟がないかぎり、ドコモから P30 Pro の発売は一瞬にしてのぞみ薄となった。




ほしい人はもう輸入しよう

幸いにも EXPANSYS での価格が下がりつつある。 256 GB / RAM 8 GB で 8 万円台にまで値下がりしつつある。

筆者が春に購入したのと同じモデルで、Dual SIM 構造となっている。

OPPO Reno 10x Zoom や Galaxy S10 5G よりもカメラが圧倒的に優れており月だって撮影できる。

この春から夏にかけて様々なスマートフォンを試してきたが、やはり P30 Pro は頭ひとつ抜きんでており業界トップといえる。

むろんまだ NTT ドコモから完全に発売が否定されたわけではないが、もはやお察しであることに変わりないだろう。

それを発表しておきながら、状況をよくわかっていない人の鶴の一声でお蔵入りになるのはそれこそ如何なものかと思う。

リンク先:EXPANSYS 通販サイト

Twitter をフォローする!skyblue_1985jp



ついに au ・ソフトバンクが P30 lite を解禁。残すドコモ P30 Pro は発売間近となるか

米中貿易戦争の影響をうけ多くの MVNO や大手 3 キャリアがファーウェイ製品の販売を延期していた。

一時は全てがお蔵入りかと思われたが 6 月の大阪 G20 サミットで中国と米国が「一時休戦」を宣言。

これをチャンスと見た IIJ mio などが P30 lite, P30 を国内リリースした。

そして 8 月 5 日には au ・ソフトバンクが P30 lite Premium と P30 lite を 8 月 8 日に発売すると表明。

ファーウェイ製品の発売延期は少しずつ緩和に動いている。



いよいよ ドコモも P30 Pro くるか

特にキャリアの au ・ソフトバンクが動いたということは「安全保障上に問題がない」という確信が得られているはずだ。

ドコモにも波及すれば、いよいよ最上位モデル P30 Pro がお目見えされるだろう。

個人的な感想ではあるが OPPO Reno 10x Zoom よりも Galay S10 5G よりも「カメラ」においては優れすぎている。

とりわけ背景ボケが iPhone XS Max などと比べても即効性において比べ物にならず、AI はますます進化した。

この夏モデルで真におすすめしたいのは Xperia1 でも Galaxy S10 でもなく P30 Pro なのだ。

日本モデルに関しては Felica 搭載でキャッシュレス対策もバッチリ。

何度も繰り返しているが、この端末を発売せずに終わるのは罪深いと考えている。

ここまで完璧に近いものが 2 国間同士の争いで消えるべきではないだろう。

Twitter をフォローする!skyblue_1985jp



【特価】ファーウェイ Mate 20 Pro, goo simseller 音声契約で 52,800 円(税別)【8 月 5 日まで】

昨年ファーウェイから発売されたハイエンドモデル、Mate 20 Pro がセールで超特価となっている。

本体価格 52,800 円(税込 57,024)。発売時約 12 万円から半額以下になった。

特価の条件は OCN モバイル ONE の音声 SIM を契約すること、また指定オプションに加入することで初期費用が 0 円となる。

最低契約期間は 6 ヶ月とみじかく良心的。使い切って解約したり長期で利用してもいいだろう。

Mate 20 Pro は Kirin 980, RAM 6 GB, ROM 128 GB のハイエンドモデル。

4,000 + 2,000 + 800 万画素の 3 眼レンズ、防水に高精細 GPS を備え死角がない。

(Antutu ベンチマークは 30 万点以上を記録)

背面でワイヤレス充電対応のスマートフォンに給電できる機能を搭載して話題となった。

この価格ならハイエンド機種を探している人にはお勧めだ。気になる人は goo simseller ページをチェックしてみよう。

リンク先:goo simseller 

Twitter をフォローする!skyblue_1985jp



iPhone ユーザーどうする!? 300 GB レンタル SIM の「テザリング」が惜しい・・・

今月おおくの人から関心を集めた 300 GB レンタル SIM も、一通り検証結果をだすことができた。

今回は使っていて唯一「惜しい!」と思った点、iPhone や iPad ではテザリングが使えない件に触れていこう。



iPhone だと「テザリング」ができない・・・・

これまでの 100 GB 通信は OPPO Reno 10x Zoom をルーター代わりにして行ってきた。

レンタル SIM はもともと  Android 向けにリリースされた SIM であり、端末が SIM フリーであれば基本的に「テザリング」できるはずだ。

逆に iOS 向けの SIM ではないため iPhone や iPad では「テザリング」が封じられている。

「インターネット共有」項目が未設定で、タップするとソフトバンクとの契約を求められる。

これはアップデートで改善される問題ではなく、Android 向け SIM という仕様の問題なので諦めるほかない。

というわけなので「iPhone や iPad だけでレンタル SIM を使う予定」という人は問題ないがテザリングが必要な人はルーターとの 2 台持ちが必要になってくる。

このあたり、疑問があれば気軽に聞いて頂ければと思う。

 

やはり香港版 iPhone XS Max が強い

Dual SIM の iPhone XS Max 香港版においても、やはり「テザリング」は使えなかった。

ただし SIM が 2 枚入るので通話用とデータ用と分けることはできる。

(2 枚 SIM を入れた時のイメージ。香港にて)

また「通話 + 軽いテザリング用の MVNO SIM」 を 1 枚目、レンタル SIM を 2 枚目に入れるなんて工夫もできる。

しかし外部機器への利用がメインとなる場合はルーターや Android スマートフォンの併用が欠かせないので注意しよう。



最後に

しかし惜しい点はこれだけであって、あとは安すぎる価格と満足感で溢れている。

そういえば au では無制限プランの「データMAX」を提供開始したが、その価格 8,980 円で「テザリング」上限は 20 GB となっている。

(条件がそろったこと前提の価格になっており、とてもわかりにくい)

固定回線などと併用すれば 5,980 円まで下がるようだが、それだけで合計維持費は軽く 1 万円を越えるはず。

キャリアが用意する大容量プランを吹き飛ばすレンタル SIM、そろそろ使ってみないか!?色んな会社から出ているぞ。

Twitter をフォローする!skyblue_1985jp



100 GB 使っても無制限、iVideo 300 GB レンタル SIM の検証と考察

月額 3,200 円の 300 GB レンタル SIM の検証開始から 2 週間。利用データがついに 100 GB に達成し、制限かからずに使えている。

超大容量データを「わざと」流すようなことをしなければ、300 GB 使えるのではないだろうか。

今回はこの手の大容量レンタル SIMに関して考察したい。



予測1: 遅かれ早かれ爆発的にのびる

月額 3,200 円で 300 GB というのは現存するサービスでずば抜けて優れている。

影響力ある Youtuber が動画で紹介すればすぐに拡散され、固定回線や WiMAX2+などを解約する人が続出するだろう。

(本当は 900 GB に興味があったのだが売切れていた)

注目度が高まり口コミで広まると、いつの間にか回線が重く感じるようになってくるはず。

そしていつの日か、ソフトバンク本体が対策に乗り出すはずだ。

 

予測 2 :帯域制限が入る可能性

断言こそできないものの WiMAX2+ のような◯日間◯ GB までといった制限が入ると筆者は予測している。

理由はシンプルで過去に存在した「大容量」サービスがことごとく失敗に終わっているからだ。

あの WiMAX2+ とて例外ではない。サービス開始の 2013 年 には「一切の制限がない」と謳っていた。

それこそ筆者は 100 GB を越える通信をしていたし、こうした状態がずっと続くと思っていた。

しかし加入者がふえすぎて「帯域制限」が導入されると集団訴訟にまで発展する大問題になったのだ。

制限なく使えることに期待はしているが、過去から現実的なことを予測しておくのも大事だと思う。



最後に

というわけで 100 GB をこえても iVideo SIM に制限がかかることはなかった。

お勧めできるかと問われれば「イエス」だが、通信制限のない状態がずっと続くのかは疑問視している。

さらに以前にも触れたが怪しいと言われる業者がおおい。1 ~ 2 人で回している会社や電話に出ない事業者もある。

(「モナ」を使った業者、このほか色んな業者がある)

したがってある程度スマートフォンの仕組みや操作に詳しい人むけになってしまうことも覚えておきたい。

なお筆者はこのまま仕事とプライベート用に使い続けようと思っている。

2 年縛りがなく単発的に 1 ヶ月単位で使えるのも大きな強みと言えるだろう。

Twitter をフォローする!skyblue_1985jp



【検証】300 GB の レンタル SIM 、1 台のルーターで NHK まで楽しむ方法

300 GB SIM カードの検証もいよいよ 80 GB を越えて 100 GB まで王手となってきた。

「◯◯ GB 使いました」だけでは退屈なので、何かネタになることを探している。

今回は SIM ロックを非公式に解除した 303 HW に 300 GB SIM を挿して NHK を楽しむ検証をしてみたぞ。




300 GB とテレビチューナー搭載

かなり昔だが「イオシス」で買った 303 HW を非公式に SIM ロック解除した。

いちおうタッチパネルで使えてバッテリーも交換できる優秀な子だ。

300 GB レンタル SIM を挿して APN を設定。

おなじソフトバンクの電波なので LTE Band 3 または Band 41 の AXGP どちらかを掴む。

古いので Band 1 や 8 には非対応。しかし何なら 3G 2,100 MHz もあるので圏外にはなりにくい。

 

「大容量通信」と「フルセグ」という贅沢

さて、話は少しずれたが 300 GB SIM のスピードは 80 GB を越えても制限はかかっていない。

下り 18 ~ 41 Mbps, 上り 30 Mbps 以上でていた。この良好なネット環境をいじしつつ NHK を観てみよう。

iPhone XS Max に「テレビ視聴」アプリをインストール。本来は iOS 11 までしか対応していないのだが iOS 12 でも動作した。

そして起動してみると、、、

映った!フルセグが映るではないか。ご覧のとおりアンテナから地上波を受信しているためパケットを消費しているわけではない。

つまり 300 GB を使って NetFlix や Amazon Prime を楽しむもよし、テレビでリアルタイム番組を楽しむもよし。

もちろん、あの NHK だって映る!

iPhone XS Max は 6.4 インチあるので、縦画面にしても満足感がある。



最後に

ちなみに NHK はとてもいい番組を作っているのだが「受信料」が気になるところだろう。

なんでも iPhone などチューナーのない機器からも徴収されるそうで、もうメチャクチャなことになっている。

しかし「NHK から国民を守る党」によれば、代表の立花氏に電話すると助けてくれるらしい。

なんとも頼もしい候補者だ!これなら安心、NHK も怖くない。

303 HW に限らず ワンセグ・フルセグチューナー搭載のルーターがある人は実践してみるといいだろう。

さて、次こそ 100 GB 突破できるだろうか。

Twitter をフォローする!skyblue_1985jp



国内版 P30 Pro 発売はまだ難しい?米国のファーウェイ規制解除にむけた兆しと課題

6 月にトランプ大統領と習近平国家主席が会談したさい、ファーウェイと米国企業の取引は続くことで合意していた。

ただし安全保障をおびやかす恐れのある「エンティティリスト」にファーウェイの名前は残ったまま。

こうしたことから NTT ドコモの吉澤社長は P30 Pro の日本発売に踏み切れないことをケータイ watch のインタビューで語っている。

そして新たなニュースが飛び込んできた

ファーウェイと取引したい米国企業は「ライセンス」が必要になるらしい。



2 ~ 4 週間後には取引開始されるか

米国政府高官によると商務省はファーウェイへ製品を販売したい企業に対して特別な「ライセンス」を発行するという。

「米国安全保障に脅威がない」と確認ができた企業が発行される対象となり、ようやくファーウェイとの取引が再開できる。

ただしファーウェイからは「ライセンス発行で対応するのではなく、エンティティリストから除外してほしい」と反発を招いているのも事実。

先月の G20 サミットでは「ファーウェイへの制裁が解除された」と思われる場面もあったが、まだ根本的な解決には至っていないことがわかる。

吉澤社長はどうでるか。ちなみに MVNO の IIJ は P30, P30 lite の発売を始めている。

出典:Exclusive: U.S. firms may get nod to restart Huawei sales in two-four weeks – official

Twitter をフォローする!skyblue_1985jp



ついに 58 GB 突破、大容量 300 GB SIM にオススメなルーターは!?

8 日から検証しているレンタル SIM はついに 58 GB を消費した。

ここまで制限はかからず快適に動いており 100 GB いけそうな気がしてきた。

今回は SIM を検討している方から「おすすめのルーターは何か」と質問を頂いたのでお答えしたい。



NEC Aterm MR 04 LN 

まず最初は NEC 製の SIM フリールーター MR 04 LN だ。発売から 4 年たつも中古市場で人気が絶えず、価格次第ではすぐ売れてしまう。

( モバイル業界で「ルーター」といえば NEC は評判がいい)

大手 3 キャリアの電波を網羅しており、SIM が 2 枚入るので状況に応じて分けられるのがとても便利なのだ。

少し古いが Youtube に動画を UP してあるので参考になればと思う。

また nano SIM × 2 枚構成の MR 05 LN も後継機として人気だ。

もし 04 が品薄で手に入らなければ少し高くなるが 05 も視野に入れてみよう。

 

FREETEL ARIA2

低価格なら旧 FREETEL の ARIA2 が意外とおすすめだったりする。

タッチパネル操作ではなく少しごついが 大手 3 キャリアの周波数を網羅している。

定価 9,800 円だが半額以下でかえれば理想的だ。

ちなみに今日現在だと Amazon で 3,499 円になっておりお買い得。気に入ったら予備にもう一台持っておいて損はないと思う。



固定回線代わりなら L01(s)

自宅での利用がメインの場合、WiMAX 2+向けの円柱ルーター L01(s) が割とおすすめ。

書いてないだけで SIM フリー仕様になっている。受信感度がつよく 2 つの SSID ( 5GHz / 2.4 GHz ) を飛ばせるのも特徴だ。

これは白ロムを買うことになる。同じく Amazon でさがすと 6,450 円が最安だった。

中古なら 2,000 円台で売っていることもあるので Amazon 以外にも探してみるといいだろう。

(余談だが L01 は micro SIM、L01s は nano SIM カード)

 

最後に

というわけで実際に使ったことある物で 3 つ挙げてみたが、もちろん上記以外のものでも大丈夫だ。

みるべき点は「SIMフリー」であること。Softbank や Y!mobile ルーターは互換性がありそうに見えるが SIM ロックがかかっていて基本は使えない。

間違って購入すると返品できないショップもあるので気をつけよう。何か不明な点があればコメントいただければ幸いだ。

Twitter をフォローする!skyblue_1985jp