検証記録」カテゴリーアーカイブ

Antutuベンチ28万点越え、RAM8GBのバケモノ、FOMAにも対応のOPPO FIND Xをレビュー!!④

レビューポイントが非常に多いOPPO FIND X、早くも4回目の記事となる。今回は至ってシンプルにスペックの話や使い勝手、その他の検証結果を書いていこうと思う。予想以上に使いやすくて暫く手放せそうにない。

(参照記事:iPhoneXより高速!!顔認証のたびに毎回カメラが飛び出すOPPO Find X、凄すぎてワロタwww



①なかなかのバケモノ、Antutuは実質28万点!

まずベンチマークの結果からお伝えすると、そのスコア実に289933点(何度か繰り返した最高値)。Snapdragon845を搭載した機種はGalaxy S9+、Zenfone5Zと2機種購入したが、どちらもほぼ26万点だった。

この時点で既に驚異的なのだが、RAM8GBの影響かFIND Xは更に2万点を上回る結果に。この端末を使ってできない作業なんてあるのだろうか。連日の猛暑の中で利用しても発熱は特に気にならない。

 

②FOMA運用、プラスエリアにも対応

技適がないので、SIMを用いた通信は全く保証できず自己責任となるが、筆者が検証した限りではFOMA SIMを用いた運用ができる。それだけではない、FOMAプラスエリアにまで対応しているではないか。電子レンジに入れて検証済み

(iPhone並に実に様々な周波数に対応しており、世界のどの国でも使えるはず)

FIND Xにはグローバルレベルのアンテナが備わっており、日本のドコモが利用するBand 19にすら対応している。ちなみに、Band18、26はauが利用している周波数だが、au VoLTEに関しては一瞬KDDIと表示が出た後に圏外になり利用不可。VoLTEもなぜかオフにされている。

 

③何気に申し分なさすぎる最強スペック

公式Webから引用した物だが、RAM8GBはもちろん、AIカメラ搭載。メインカメラはP20 Proに及ばないものの、申し分ないデュアルレンズ構成。フロントカメラは2500万画素と抜け目ない。

(公式Webサイトから引用。ハイライトは上記6項目)

AppleのAnimojiのような3D Omojiという物もあり、iPhoneXを目の敵にしている感が否めない。ディスプレイは以前も書いた通り6.42inchとXperia Z Ultra難民の方はびくんと反応しそうな大きさだ。



最後に

では抜けている物は何か!?と言われれば、防水とNFC。ただFelicaが使えるわけではないので筆者は特に気にしていない。もしかしたら、QRコードさえあれば決済ができる中国社会の影響が大きいのだろうか。

 

とにもかくにも、ここまで不安や不満がない端末は非常に珍しい。ディスプレイ部分が湾曲しているため、例のごとく保護フィルムは見つけにくいはずなのだが、最初から貼られているフィルムがしっかりしているため、特別買う必要はない。まだまだ書きたりないのだが、今日はここまで。

Twitterをフォローする!skyblue_1985jp

 

日本語やGoogle Playストアはあるの!?OPPO Find XとVIVO NEXの違いをレビュー!!②

初期設定などが一通り終わりi一段落。ここで入手前に疑問に思っていた事をレビューしていこう。誰もが気になるであろう「日本語」なのだが、これはデフォルトで入っていた。

(元総理には中華フォントチェッカーとしてご活躍頂いている)

「でも、中華フォントなのでしょう?」と思われるかもしれないが、ご安心いただきたい。菅直人元総理もこの表情だ。Google Play Storeは入っていないのだが、VIVO NEXと同様、かなり簡単だった。詳しくみていこう。

(関連記事:【速報】オレ氏、カメラが飛び出る第2弾 OPPO Find Xを入手!VIVO NEXとの違いをレビュー!①



①Chromeアプリを入れるとPlay Storeも入る

まずはChromeブラウザ、Twitter、Google日本語入力の3つが欲しい。これらがあれば正直Play Storeは無くとも何とかなる。そんな事を考えながら、OPPO APP storeからChromeをダウンロードしたら次のような表示が出た。

「ChromeはGoogleサービス・フレームワークを必要としています。Googleサービス・フレームワークをすぐにインストールしますか?」という内容。ここでInstallをタップしたら一瞬にしてPlay Sotreが導入された。VIVO NEXと同様、比較的簡単に入るのは驚いた。

Playストアが入ったので、Google日本語入力に続けて使いたいアプリを次々にインストール。そして不要な中国アプリは可能な限り削除した。

 

②VIVO NEXより使いやすい、メジャーなAndroidに近いUI

次に気になるのは自由にアプリ分割できるのか、各種設定のドロワーは下からなのか、ランチャーの変更可否。まずアプリ分割だが、普通に行える。やはり6.42inchを活かすにはこうでなければならない。

完全ベゼルレスにも関わらず、VIVO NEXでは限られたアプリしか分割できなかった。更に、Wi-Fiオンオフなどの各種設定ドロワーもメジャーなAndroidと同様、上から降りてくる。VIVO NEXはランチャー変更後も下からだったので嬉しい限りだ。

ところでランチャー変更は、今の所できそうにない。これから良く調べてみようと思うが、正直なところ環境が親切すぎて特に不満はない。変更不可ならこのまま使っても満足できそうだ。



最後に

取り急ぎ、ひとまず日本語まわりとPlay Storeの導入、さらにベゼルレスに必須な画面分割ができる事を確認した。次はベンチマークやゲーム、操作性に関してレビューしていきたい。

Twitterをフォローする!skyblue_1985jp



お勧めしたい最強スマホ、2018年7月までのベスト3はこれだ!!

なんだかんだ、今年も様々なスマートフォンを手にしてきた。既に売却してしまった物も含め、今年買ってみてよかったスマホをピックアップしたい。レビューするに際し気を付けているのは、「借りてこないで、実際に買う」という事。

 

借りた物だと「自分の物ではないし、褒めなければいけない」雰囲気があるのだが、自分で買ってしまえば何でも書けるし、良くないと思った物なら「どうやって処分しようか」なども考える。なので主観ではあるが、本当に思った事を書いていきたい。



第3位:Huawei nova2 

今年の2月、珍しくauからも発売されたHuawei nova2。元々が3万円強と低価格なのだが、ここ最近白ロム価格が17,800円~19,800円と秋葉原相場も下がってきた。当ブログでもレビューしたようにカメラ、処理能力、RAM、ROMなど基本機能に一切の妥協がない。

(Antutuベンチマーク8万点越え。少しならゲームもできる)

(写真も後から背景にボカシを入れるなど、低価格スマホでここまでとは驚き)

1万円台に突入した今、au系MVNOで利用するのなら視野に入れたい1台。防水やFelicaこそないが、特に気にしないのであれば真っ先にお勧めしたい。

(関連記事:初心者にも優しい端末、au Huawei nova2 (HWV31)を改めてレビュー!

 

第2位 ASUS Zenfone5Z

第2位は意外と思われるかもしれないが、これ。ASUS Zenfone5Zだ。今年のハイエンドSoCとされているSnapdragon845を搭載しながらも税込み価格は75,384円。同じSoC搭載のGalaxy S9+やXperia XZ2 Premiumよりも4万円近く安い。

(有機ELでなくとも美しすぎる液晶ディスプレイ、これは素直に感動した)

(カメラを起動した時の様子。ベゼルレス感がしっかり出されている)

それでいて4G+4G(DSDV)を各キャリア毎に見事に再現し、処理能力、UI、デザインなど様々な面で今までのZenfoneから一皮むけた完成度に仕上がっている。値段だけ見れば安くはないが、総合的な完成度とSnapdragon845を考慮すれば高くもない。

(関連記事:【速報】オレ氏、ASUS Zenfone5Zを入手!Huawei P20 Proなどと比較レビュー①~Antutuベンチと発熱編~

 

第1位 Huawei P20 Pro 

スマートフォンの限界を1つか2つ突破したのがこれ。夜景撮影において右に出るものがないのだ。日本ではドコモしか発売していないが、グローバル版を求める人も多い。

(筆者が購入したのはBlue。Twilightは人気すぎて品薄だった)

(スマホで撮影したとは思えない夜景。何もかもが美しく撮れる)

(高級コンデジ、SONY RX100-M5すら場合によっては遜色ない)

ドコモ版の白ロムが一気に出回ったかと思ったら、今日現在また品薄になっている。Felicaが搭載されて日本人には堪らない仕様になっているため、今年後半に向けても人気は続くだろう。

(関連記事:高級コンデジ不要かも。Huawei P20 Pro、背景ぼかしがGalaxy S9 Plusを凌駕!!



最後に

Galaxy S9+もランクに入れたかったのだが、あえて3つに絞るとすれば上記3つに絞られる。しかも偶然にもHuaweiとASUSの2社ではないか。

 

更に繰り返しにはなるが、筆者が買った範囲内でのお勧めになるため、もちろん人によっては違った機種をお勧めしているだろう。色んなブログを参照しながら、自分にあったスマートフォンを探してみよう。

Twitterをフォローする!skyblue_1985jp



買って後悔しかけたVIVO NEX、じわじわと愛着湧いてきた話②~VIVO公式、セキュリティー対応甘すぎてワロタ編~

前回の続き。中華フォントが直り、Play Storeも簡単にインストールできると愛着が少しだけ湧いた。ただ、VIVOアカウントを取得しない事にはランチャーも入れられず、画面分割アプリもインストールできない。

(Antutuベンチマークは16万点越え。もはやミドルクラスを越えている)

前回の記事のコメントで、VIVO公式に問い合わせるとアカウント作成ができるという情報を頂き、早速試してみた。



①「アカウント教えるけど、何も保存しないでね!」というザルな対応(笑)

そもそも、なぜか日本国内ではアカウント作成ができない。やり方を検索しても出てこない。そこでVIVOグローバルの公式サイトからメールで問い合わせ、アカウントが欲しいという旨を英文で送信。すると1~2時間後に返信がきた。

(日本に住んでいると書いたのに、どこの国?と聞かれる始末。実に面白い)

日本語に要約すると「中国の電話番号でしか登録できず、申し訳ありません。必要なユーザー向けて公式アカウントを作成しました。このアカウントでは設定を変更したり、個人情報を保存したりしないでください。」というもの。親切すぎるのだが、適当すぎて笑ってしまった。一応、IDとパスワードは隠してあるが、使い回されている物でない事を願いたい・・・

 

②付属品のケースが中々しっくり、カッコいい!!

中華スマホと言えど、最近は豪華な物が多い。例えばXiaomi Mi Mixなんかはセラミックの筐体が豪華すぎて所有感を満たしてくれた。そういった物と比較するとVIVO NEXの背面が悪くないが良くもない。

なんかイマイチだなと思っていたのだが、デフォルトで付属するケースがカッコいい。ランチャーが解放され、ケースでカッコよくなり、またまた少し愛着が湧いたのであった。



最後に

それにしても、中国の電話番号でなければアカウントが作成できないという事実に驚いた。あのXiaomiですら日本国内で作成することは可能だし、もう少ししっかりした仕組みが構築されている。

 

あとはディスプレイ分割ができるようになれば、他のスマホと何ら変わりない仕様にはなるのだが、非常に難しい。スマホを使いこなす事に快感を覚えるタイプの人でないと、一発で飽きてしまうかもしれない。

Twitterをフォローする!skyblue_1985jp



3連休が安い!UQ mobile、Huawei P20 lite & iPhone SEを一括0円で貰ってこよう!!

この3連休、UQ mobileのキャンペーンが加熱している。iPhone SE 32GBまたはHuawei P20 lite、どちらかを2台同時に契約すると一括0円で手に入る店舗が出ている。しかも、恐ろしい事に事務手数料が無料になっているようだ。

 

2台目以降は500円の家族割が入り、維持費は本当に安い。過去記事などを参照しながら色んなUQのお店を探してみよう。今回は筆者が見つけた店舗をいくつか貼っておきたい。



①テルルパサージオ西新井店

 

②テルル小岩店

本日、朝10時30分から予約開始とのこと。比較的近い方はチェックしてみよう。

 



最後に

iPhone SE 32GBは毎月1404円の割引が入るため、維持費は相変わらず安い。それに比べてP20 liteはプランSにした場合、毎月216円しか割引が入らない。なので、維持費を最低価格にしたいのであればiPhone SE 32GBを2台貰おう。

 

また、UQスポットでの機種変更が可能になったことで、一括1万円台で購入できるパターンもある。興味ある方はこの連休に探しまくってみよう。今日も暑くなりそうなので、熱中症には十分に注意したい。

Tiwtterをフォローする!skyblue_1985jp



買って後悔しかけたVIVO NEX、じわじわと愛着湧いてきた話①~Google Playストア、インストール簡単すぎワロタ編~

着弾したばかりのVIVO NEX。カメラが飛び出すという珍しさに惹かれて購入したものの、Googleサービスが一切なく、クセのあるOS UIで一瞬にして挫折。価値が落ちないうちに売却しようと考えたのだが、結局もう少し使ってみようと決断。

 

もう一度向き合ってみたら、実に色々な事が見えてきた。第1弾はGoogle Playストアに関して。簡単すぎてワロタというくらい簡単だったので、記録程度に書いておこう。



①Google Mailのアカウント追加でPlayストアが入る!

昔のBlackberryやXiaomi Mi Mix中国版など、今まで無理やりPlay Storeを入れた経験は何度かあった。今回も同じ手順だろうなと思いきや、海外サイトでやり方をググったらびっくり。

(設定→アカウントおよび同期→アカウントの追加と進む)

なんと、設定からGoogleアカウントを追加すると、「ついでにPlay Storeも入れる?」という項目が出てくるのだ。それに従うとPlay Storeが自動的にインストールされる。これは筆者が知る限り、最も簡単に導入できる方法だ。

(なんと、Googleを選択すると自動的にPlay Storeがインストールされる)

 

②特に目立つバグは見つからず、そこそこ快適

ここまで来れば、あとはもう簡単。Google日本語入力、Chrome、YoutubeやTwitterなどを次々にインストールしていく。フォントが選べるようになっており、別のフォントにしたら簡単に綺麗なフォントに直ったのも大きなモチベーションに繋がった。

とにかくGoogle日本語入力さえあれば、こっちのもの。ここにGoogle Map、Youtubeに加えTwitterなど必要な物を入れていく。



最後に

実は最初、全く別の入れ方でGoogle Playストアをインストールしたり、APKを直接ダウンロードしたりと王道とも言われるやり方を試みた。それが簡単に覆されたというか、新たな発見に面白さを見出す事ができた。

 

こんな感じで、少しずつ快適に使える方法を探していきたい。また、せっかくの画面占有率91%を感動に導くことができないか、色々ためしていきたい。

Twitterをフォローする!skyblue_1985jp



docomo LG Style (L-03K)、スピーカー以外は概ね良好!できれば1万円台で手に入れよう!!(総評)

火曜日に購入して一通りレビューしたLG Style。スケジュールの都合でカメラをじっくり試す機会がなかったのだが、価格の割に満足できる一台と言える。できるだけ大きすぎない方がいい、けれど大画面がいい、という層にはうってつけだ。

(大きさはiPhone6よりも少し背が高いくらい。それでいて5.5inchなので非常に持ちやすい)

(内部容量64GBに加え、microSDXCは公式で400GBまで対応している)

コンパクトで大画面と言えばGalaxy S9やXperia XZ2 compactが挙げられるが、どちらもハイエンドで価格が高い。そのため、少し縦長になるかもしれないがコストパフォーマンスで選ぶならLG Styleはお勧めだ。そして筆者のように白ロムを買うのはもちろんありなのだが、何やら機種変更でも安い事があるので長期ユーザーは恩恵を受けた方がいいだろう。

(関連記事:docomo with対象LGスマホ、G Style (L-03K)をレビュー☆①~圧倒的な高級感&Antutuベンチマーク編~




①テルル島忠草加店

スカイツリーラインで行けるはず。端末を30日以上利用しているだけで、一括12,000円で手に入るではないか。こうした案件が多数存在しているのだ。

 

②SIMだけゲットして、本体を売却してしまうのもあり

このように安く入手してSIMロックを即日解除し、中古市場に流してしまうのもいいだろう。SIMロックが解除されただけで端末の価値はあがり、買取金額は高くなる。そして本体だけ欲しい筆者のような人が買いにくる。

(今日時点での買取相場は未使用であれば2万円を越えている。もちろん、そのまま使うのもあり)

入手したSIMは、次に機種変更するまで永久に毎月1,500円の割引を受けられるため、docomo withは実質的な値下げとも見られている。



最後に

総評として、価格、スペック、使いやすさのバランスが非常に良く保たれた1台だと言えるだろう。チップセットは非力な省電力版だが、その中でも最新のSnapdragon450を搭載し、RAM4GBでそれを補っている。

 

低価格機種でありがちな、ディスプレイ解像度はHDとか、Wi-Fi 5GHzがないとか、その辺りもきちんと克服されている。スピーカーの音質とアンテナの数が少ない点だけは惜しいが、低価格なので求め過ぎは良くない。悩んでいる人は違約金の必要ない機種変更の案件を探してみよう。

Twitterをフォローする!skyblue_1985jp



これは独特!!ランチャーすら気軽に変えられない、VIVO NEXレビューとFuntouch OS奮闘記・・・

2回目の記事。色いろ触っているうちに、「うーん、どうも慣れない。買わない方がよかったかな?」と思った久しぶりの端末である事は間違いない。何が引っかかるのかと言われれば、OSの独自仕様がどうも慣れないという1点に尽きる。

(そういえば、中華フォントは用意されたフォントを選択したら速攻で直った)

確かにカメラが飛び出す仕組みは珍しいし、91%ベゼルレスの美しさが圧巻としか言いようがない。ただ、ギミックに飛びつくと後悔するだろう。

(関連記事:初心者には向かない!?カメラが飛び出る新感覚、VIVO NEX Aをレビュー!!



①ランチャーが自由に変更できない

UIが使いにくいと感じれば、APEXやNOVAランチャーなど慣れた物を入れて対応するようにしている。今回も「ダメだ、ランチャー変えよう」と思ったのだが、変更するにあたってVIVOアカウントが必要な事に気づく。この登録がまたうまくいかないので、「せっかくだから慣れてやる」くらいの覚悟を決めた。

 

そして慣れない点がもう一つ。普通は上から下に指をなぞればWi-Fiや輝度調整の項目が出てくるが、VIVO NEXは下から上に出てくる仕様になっている。

さすがにこれには「iPhoneかよ!!」と突っ込みたくなったが、まぁこれはこれで有りと認めるしかない。で、今度は上から下へスワイプすると音声検索結果のような項目が出てきて「は!?(;・∀・)」という顔になる。

 

②画面分割があまり対応していない

Android7から画面分割がサポートされ、独特なUIを持つXiaomiですらMIUI9で対応済み。さすがにここは満足に使えるだろうと思ったのだが、うまいくいかない。TwitterのTLを見ながらYoutubeでも観るかと思い実行しようとすると弾かれた。

(Twitterをやりながら、何かやるという作業が全くできない・・・)

どちらも画面分割に対応していない。。これは困った。さすがにデフォルトでインストールされているアプリは分割できるのだが、せっかくの6.59inchを活かすチャンスが失われているに等しいのだ。



最後に

中華スマホはクセがある、とは言ったものでXiaomiにしてもHuaweiにしてもAndroidに基づいた独自仕様が目立つ。筆者はそれでも大体のUIに慣れ、克服し、愛用するまでに至る事が多いのだが、今回ばかりは既に半分自信を失っている。

 

画面分割に関してはグローバル版で一気に解決!となるのであれば、買い直せばいい事なのだろう。また、独特なUI好きな人であれば挑戦してみればいい。困った、何か使っていくモチベーションを見いだせないものだろうか。

Twitterをフォローする!skyblue_1985jp



初心者には向かない!?カメラが飛び出る新感覚、VIVO NEX Aをレビュー!!

今年は何かとカメラで驚かされる年だ。Huawei P20 Proが夜景を美しく撮影できることで話題となったが、またもや中国メーカーのスマホが話題となっている。ワールドカップロシア大会のスポンサーでもある、勢いあるVIVO。

(今までありそうでなかった、見事なベゼルレス。有機ELディスプレイが美しい)

ベゼルレススマホが流行る中、ノッチもインカメラもない物をリリース。今回ご紹介するVIVO NEX Aだ。筆者にとって初めてのVIVOで正直なところ内部のOSなどは良く分かっていない。いい機会なので、勉強しながら何度かに分けてレビューしたい。



①Google Playがない!日本語も怪しい

最初に言っておくと、Googleに関する一切のサービス、アプリがない。そのため、Google Playストアを含め、アプリは自力で入れる必要がある。「そんなことってあるの!?」と思われるかもしれないが、中国はGoogleとの関係が悪く、VIVO NEXに限った仕様ではない。

(久しぶりに行った中華フォントチェック。元総理にチェッカー役として登場して頂いた)

更に日本語も、一応入ってはいるのだが中華フォントだったり、メニューが急に中国語だったりと統一性がなく癖のある仕様になっている。Google Playストア導入自体は難しくないのだが、やはり不安な方には向いていない。

 

②カメラが飛び出すという、前代未聞の仕掛け!!

色々とお話したいことはあるのだが、なんと言っても感動するのは飛び出すカメラだろう。このカメラのおかげで画面占有率91%が実現できている。その一部始終の動画は筆者のTwitterを参照して頂きたい。

いかにも機械のようなウィーンという音で登場するのだが、これには驚いた。仕組み自体は簡単なはずだが、「完全ベゼルレス化にはその手があったか!」という発想力に脱帽。

 

③購入したのは標準モデル、上位機種は更に凄い

VIVOが初めてだったこと、どれだけお金を投入する価値があるか計り知れなかった事もあり標準モデルを購入。Snapdragon660の次にあたる710を搭載しており、ミドルクラスとはいえ、ほぼほぼハイエンドに相当する。

(背面には指紋認証とデュアルレンズのカメラ。性能は追って試したい)

ちなみに、上位モデルは指紋認証がディスプレイ上で行える神がかった仕様になっている。もう最初の段階で、かなり操作に手こずっているが、このまま徐々に慣れていきたい。

Twitterをフォローする!skyblue_1985jp



ここが惜しいよ、LG Style!!購入前に知っておきたい、docomo L-03Kのココが気になる!!

外観の高級感、省電力番チップセット最新のSnapdragon450、そして十分なROMとRAMにFull HD以上の解像度ディスプレイ。もはや低価格モデルとして申し分ないと断言できそうなLG Styleだが、もちろん惜しいと思う部分もある。

 

今回は、「あぁ、非常に惜しかった」という部分をあくまで筆者の観点からお伝えしたい。最初に断っておくと、あら探ししてようやく出てきた物で致命的な物ではない。



①せっかくディスプレイ綺麗なのに、モノラルスピーカー

低価格なので文句は言えないのだが、スピーカーがモノラルだった。しかも音質はあまり良くはない。もちろんYoutubeなどの動画視聴や、とにかく聞こえればいいという利用には全く気にならないのだが、高音質を期待すると痛い目に合うだろう。

(充電はもちろんType-C。イヤフォンジャック有るのは今後、一つのスマホ選びの基準になりそうな気はする)

その代り、幸いな事にイヤフォンジャックが付いている。Bluetoothでも有線でもいいので、音楽はスピーカーではなくヘッドセットで鑑賞しよう。

 

②アンテナが少ないのでSIMロック解除しても、あまり意味がない

本体が低価格な理由でも述べたが、とにかく搭載アンテナが少ない。もう一度書くと国内で利用できるLTE Bandは1、3、19のみ。例えばUQ mobileで使いたいとして、利用はできるが掴むのはBand1だけ。

(関連記事:どうして本体価格が安いの!?オチはないの!?LG-03K、G Styleのコスパが高い話・・・

(Softbank iPhone用SIM、またはY!mobile SIMであればLTE Band1, 3が利用可能)

地下や屋内、山間部に行ったら一発で圏外になるし、これはY!mobileも同様だ。繋がるところは繋がって、圏外なら仕方ないと割り切れる人ならいいが基本的にドコモおよび同社のMVNO向けとなっている。

 

逆に、海外へ持っていく人には向いているだろう。ヨーロッパ、東南アジア、中東、アフリカなどではLTE Band1か3があれば大体が対応している。LTEがない国は3G Band1があれば問題ないはずだ。アメリカでは4Gが掴めない事になりそうだが、3G 1900MHzがあるので北南米も大丈夫。弱いのは本国日本だけとなる。



最後に

惜しいところと言っても、あら探しして出てきたのが上記2点だ。しかもSIMロック解除のくだりは、ドコモ系MVNOでしか利用しない人にとって無関係であり、そうなると致命的すぎると突っ込みたくなる部分はほとんどないことになる。

 

もちろん、人によってツボが違うので、「ここも惜しい」などと思う人はでてくるはず。ただ、去年のdocomo withシリーズと比較すると非常に質が良くなっているので、この夏の機種選びに迷ったらぜひお勧めしたい一台だ。