検証記録」カテゴリーアーカイブ

Huawei P20 lite 白ロムが品薄、秋葉原で相場が高騰中・・・・

お正月にY!mobileやMVNOとのセット販売が堂々と行われ、大量に市場に出回ったHuawei P20 lite。SIMだけ利用して、端末が売却をするという人が非常に多かった。

(MVNO版が1万円台に突入することはなく、姿を消した。)

12月下旬に18,000~21,000円だった買取価格相場は、年明けに一気に1,5000円まで下落し今日まで至る。そしてMVNO版 国内SIMフリーモデルは底値21,800円にまで落ちていた。

(関連記事:Huawei P20 lite 国内SIMフリー版、ついに未使用品価格が21,800円に値下がり!!



①破格のUQ mobile版、MVNO版が特に品薄へ

UQのアプリが入っていたり、通常版よりもOSアップデートが遅い(場合がある)UQ mobile版は底値17,800円で推移していたが、すっかり姿を消したように思われる。

(au版はSIMロック解除なしでUQ mobileが利用できる)

また、余計なアプリがないMVNO向けモデルは21,800円の底値を記録した後、完全に姿を消した。契約は要らない人には買い時だったようだ。

 

②購入するならMVNOとのセットがお勧め

長らく2万円を切っていたau版に関しては、未使用品(SIMロック解除済)が22,800円にまで値上がりしている。一般モデルと異なり内部ストレージが64GBあるため、アプリを多くインストールしたい人には向いている。

(筆者も契約したBIGLOBE。過去記事を参照されたい)

今から破格で入手したい場合、やはりMVNOとのセット購入一択だろう。特に最初の6ヶ月間200~400円で維持できるBIGLOBEはヨドバシカメラ・アキバで20,000万円OFFで手に入る。縛りも1年しかないため、利用後に解約しても元はとれるはずだ。

Twitterをフォローする!skyblue_1985jp



Google日本語入力のiOS版、GboardのHaptic(感触フィードバック)機能が追加されたぞ!!

PC、タブレット、スマートフォン、あらゆるデバイスで重宝する「Google日本語入力」IMEアプリ。無料で圧倒的な変換能力を持ち、2016年には”gboard”というアプリ名でiOSにまで浸透してきた。

筆者も普段から”gboard”を愛用しており、概ね満足していた。欲を言えば押した時の感覚「Haptic機能」が鈍いなと思っていたところ、改善されるアップデートが降臨。早速試してみた。



①バージョン14.0へ更新する

まずは最新バージョンにアプリをアップデートしよう。最新の14.0である事を確認したら、キーボードの設定へ進む。「キーの押下で感触フィードバックを有効にする」をオンにすればOK。

この項目が出てこない人は、恐らく12キーにしているはず。QWERTY配列を追加すれば出てくるので試してみよう。

 

②中々悪くない、確かな進歩を実感

肝心の使い心地なのだが、一文字一文字のタイピングに感触が実感できて明らかにアップデート前とは体感差が感じられる。満足度は人によると思うが、十分に実用的と言える。

 

あとは、デフォルトIMEのように上下を自由にカーソル移動できれば最高なのだがさすがに求めすぎかもしれない・・・

Twitterをフォローする!skyblue_1985jp



日本円で約800円!AirPodsソックリのパチモンに笑いが止まらない話・・・

AppleのAirPodsが意外にも高かったり、品薄だったりするのでパチモンに手を出す人がたまにいる。筆者は長らく本物を使っているため購入など検討もしなかったのだが、実家の父がアリババでこんな物を注文していた事が発覚。

(カラーバリエーションが豊富で笑った・・・)

日本円で約800円だったという。もう使っていないというので、見せてもらったら笑ってしまう点が多かった。



①まさしくうどん、意外にソックリ・・・

まず驚いたのは、大きさの違いはあれど完全にAirPodsを意識して作られている点。本物よりも太く、よりうどんらしい。

(左が本物、右がパチモン。1.5倍くらいの大きさはあるだろう)

本物と同じくBluetooth機器とされており、iOSおよびAndroid OSに両方対応しているらしいが・・・

 

②ペアリングは1本ずつ、音質が悪い!!

本物の場合、AirPodsという1つの製品としてペアリングするため、必ずステレオ動作するようになっている。対してパチ物は1本ペアリングしたら、もう1本ペアリングしなければならない。

(充電はmicro USBケーブルで行う。)

両方のペアリングが終わって音楽を聴くと、必ずどちらかの音が消えてしまい、なんとステレオ状態にならないではないか。これは初期不良なのか、仕様なのか・・・



最後に

約800円という値段から、「まぁ、そんなもんだよね(笑)」という話で済んだが、この手のパチモノは久しぶりに見た気がする。

片耳だけなら実用性はあるかもしれないが、悲しい結果になるので正規品を買おう。結論:安い物には理由がある!!

Twitterをフォローする!skyblue_1985jp



最短8日間!?1月30日契約のau iPhone XR、2月6日に解除可能になった話・・・

以前、48分割を組んで翌日に一括清算をしたら、翌月9日にSIMロック解除が可能になった話を書いた。クレジットカード会社に請求されたタイミングで解除できるらしい。

(関連記事:【検証】48分割で契約したauスマホ、やり方次第では10日前後でSIMロック解除できるのでは!?という話・・・

 

周囲では翌月8日に解除可能になった人がおり、最短かと思っていた。ところが本日2月6日に解除可能になった人がいたので考察したい。



①ヨドバシカメラのクレカで契約

筆者の知人で匿名で話を聞いたところ、契約したのが先月の1月30日。翌31日に忘れず一括清算をした。そして今日、IMEI制限が◯となりSIMロック解除可能に。

実質8日間で解除可能になった。クレカによって多少異なるのは知っていたが、auに請求が早くいくクレカなどあるのだろうか。彼はヨドバシカードのクレカで契約。

 

それとも単純に、2月は日数が短いから普段よりも早めに請求が行ったというだけの話になるのだろうか。あまり深く考える話でもないが、もし「毎月6日には解除できるよ」という方は、クレカ名をコメントなどで頂ければ幸い。

Twitterをフォローする!skyblue_1985jp



Y!mobileユーザーへお勧め、SoftBank Xperiaシリーズの変な特徴・・・

SONYが第三四半期決算を発表した。概ね好調というが、足を引っ張っているのがXperia事業。今始まった事ではなく、事業の存続が危ぶまれている。

 

しかしお膝元の日本では未だに根強い人気があり、国内シェアをSHARPに抜かれ3位に落ちるも根強い需要がある。今日は、タイトルの通りSoftBank Xperiaのメリット・デメリットをお話したい。



①SIMロック解除済みであれば全キャリア版使えるが・・

SMフリー化された白ロムであれば、docomo版、au版問わず、Y!mobile SIMは動作する。ただし、SoftBank向けの3G Band8、4G LTE Band 8/41が抜けている事が多く、山間部・地下で圏外になる可能性が高い。

(画像は海外版。海外版にはお財布ケータイがないのが残念・・・)

2012年に同社が獲得した900MHz帯、いわゆるプラチナバンドが今は全国に普及したが、docomoやau端末では受信できない。昔の繋がりにくい状態に成りかねないのだ。

 

②SoftBank版はY!mobileの真価を発揮する

そこで登場するのがSoftBank版。SIMロック解除されていれば、Y!mobileが持つ電波を余すことなく活用してくれる。ただ、もしもSIMロックがある場合は全く動かないので白ロム選びには注意しよう。

(docomo専売Xperia Z5 compactにau SIMを挿した検証)

ヤフオクであれば、出品者に解除を頼んでみるとか交渉次第でいい物が手に入る事もある。更に中古品のSIMロック解除が可能になれば、自分で中古品を買ってきて好きな時に解除できるようになるかもしれない。過度の期待は禁物だが・・・



③唯一のデメリットはOSのバージョン

日本で発売されるXperiaはほぼ98%の確率でOSが2段階アップデートされる。6.0搭載なら8.0まで、7.0搭載なら9.0までといった具合だ。しかし、なぜかSoftBank版に限っては1回しかアップデートが来ない事が多い。

 

これが唯一のデメリットだ。もちろん、改善される可能性が0ではないし特に最新OSにこだわりがない人には圧倒的にお勧めだ。何よりキャリアロゴや余計なアプリが一切ないだけでなく、お財布ケータイまで付いている点が希少価値だろう。

 

世界では勢力を弱めるも日本では圧倒的な人気を誇るXperia、Y!mobileユーザーはSoftBank白ロムをうまく手に入れよう!

Twitterをフォローする!skyblue_1985jp



【改訂版】意外と知られていない!? Y!mobileのiPhone SIM(n141)の話

SoftBankが展開するY!mobile。SIMフリーと名の付くスマートフォンであれば使える確率が非常に高く、かなり使いやすいブランドと言っても過言ではない。

(いずれもnano SIM。ぱっと見は同じだがn141だけが特殊)

 

SIMのサイズがnanoであればn101(n111)、microであればm101(m111)とSIMカード自体に表記があり、基本的に同じ仕様である。ただ一つだけ混乱を招く要素があるとすれば、同社が展開するiPhone専用のSIMだ。俗にn141 SIMと呼ばれる。



①Y!mobile iPhone専用 “n141 SIM”

もしも手元にn141と書かれたSIMをお持ちの方がいれば、それは間違いなくY!mobileで契約したiPhoneに付属するSIMだろう。同社が販売した今までのiPhone5s, 6s, SE同士で使い回しできるもので、単体での発行はしてもらえない。

 

一応はiPhone専用となっているため、他のSIMフリースマホに挿しても「基本的に電話しかできない」。そしてY!mobileの公式APNを入力しても反応しない。

 

では、Y!mobile版iPhoneが壊れてしまったらどうすればいいのだろうか。実はn141 SIMを使った逃げ道が2つある。

 

②AndroidのSIMフリースマホを使いたい場合

あまり知られていないのだが、実はn141 SIMには専用APNが存在している。なぜかY!mobileも公表しておらず、ひょっとすると社員の方ですらご存知ない。ネットに落ちている非公式APNが以下の通り。

APN:kqtqjs

ID:tnsrknk

PASS:cmtknrn

認証:PAP or CHAP 

これを入力すればSIMフリーのAndroidスマホでもWindows Phoneでも利用可能になり悩みは解消されるはず。ただしあくまでも非公式なので、保証の対象外ではある。



③SoftBank版 iPhoneに互換性あり

意外と知られていないのだが、SoftBankがリリースした過去のiPhone5s~8(Plus)にn141 SIMを挿し込むとY!mobile表記が登場し、通話・データ・テザリングの仕様が可能になる。SIMロックが解除されている必要はない。

(写真はiPhone8 Plus。SIMを入れただけで通信させるにはiOS12にアップデートする必要がある)

 

だから、「Y!mobileで契約したiPhoneが壊れてしまい、交換品がすぐ欲しくて困った」という際はSoftbankの中古iPhone5sや6など価格の低い物を繋ぎとして買うか、とりあえず安価なSIMフリーAndroidスマホに専用APNを設定すれば難を逃れられるはず。



まとめ

Y!mobileで出回っているほどんどのSIMが同じ仕様になっており使い回しがきくのだが、iPhoneは特殊仕様になっており、そのAPNは公開されていない。

 

Softbank版のiPhoneやSIMフリーのAndroidでn141 SIMが幅広く使うことができるのは知っておいて損はない。一般的なY!mobile SIM(n101)より貴重なのは間違いない。

(2018年10月5日の記事をリライトしたものです)

Twitterをフォローする!skyblue_1985jp



Huawei nova lite2、新作発売に伴い新品白ロムが秋葉原で14,800円(税込)にまで下落!!

1ヶ月前まで、17,800~18,800円だったHuawei nova lite2の未使用品白ロム。お正月に量販店で大量に特価で販売され、買取相場が一気に下がる。それが影響したのか、販売価格は下がりだし、1月末には15,800円で落ち着きを見せていた。



ところが新作のnova lite3販売にあたってか、1,000円安くなり底値14,800円(税込)を確認。一層買いやすくなった。

 

こうしたHuaweiスマホの値下がりは毎年見られることなのだが、増産される事はないので、狙っていた人には買い時間違いなしだ。(余談だが、au系SIMはデータ通信ができるものの、通話ができないので注意。)

Twitterをフォローする!skyblue_1985jp



早い者勝ち、音声SIM契約でHuawei Mate20 Pro 69,800円(税抜)、OCNモバイルの攻撃が続く・・・

年末から物凄い勢いでセールを続けているOCNモバイル。年始にはHAPPY NEW YEARセールを実施し、先日終了したばかり。そうしたら今度は節分セールというから思わず笑ってしまう。

その中でも目立ったのが量販店価格約12万円のMate20 Pro。音声SIMとの契約でなんと69,800円(税込75,384円)で契約できる。現在、ヤフオクでも新品底値は90,000円前後である事を考えると買うしかない価格だ。

Twitterをフォローする!skyblue_1985jp



【知っておきたい】海外版iPhone7、Apple Payが使えない!?

Apple Payが日本で使えるようになったのが2016年。iPhoneは最も普及しているにも関わらず、お財布ケータイが使えないという悩みは、iPhone7リリースに伴い解決された。

 

しかしステレオスピーカーを搭載したiPhone7は別の問題をもたらした。「カッシャーン」と響き渡るカメラシャッター音。日本と韓国版は盗撮対策という名の下にシャッター音を無音にできない。ここで海外版の需要が出てくるのだが、注意したい事がある。



①海外版は、日本でApple Payが使えない

日本と韓国以外でリリースされたiPhoneはシャッター音を完全にオフにできる。これは毎年同じ事なのだが、iPhone7だけは注意が必要。なんと、日本ではApple Payが機能しないのだ。

つまり、めでたくシャッター音が無音になっても今度はApple Payが使えないという、一長一短になってしまう。Apple Pay不要な人は問題ないが、必要という人は別途Apple Watch Series2以降を身につけるしかない。

 

②海外版買うならiPhone8以降がお勧め

はいえ、翌年発売のiPhone8からは海外版でも日本のApple Payが問題なく利用できるようになった。香港版であろうがアメリカ版であろうが、問題なくSuica、iD、QUICPayが動作する。

値段は少し高くなるが、本体の大きさ自体はケースが使い回せるまで一緒。そして、値段以上にデザインの仕上がりや内部スペックが向上しているのでお勧めだ。

 

なお、この仕組は海外版iPhoneX、XR、XS Maxも同じ。もしも無音シャッター音が必要という人にはiPhone7だけ気をつけて欲しい。

Twitterをフォローする!skyblue_1985jp



MNP予約番号が即日発行されるMVNO、LINEモバイルの実態・・・

携帯電話を他社に乗り換える際、番号を引き継ぐためにMNP予約番号を発行する必要がある。キャリアや事業者によって発行方法は異なり、電話だったりネット手続きからだったりする。

 

MVNOに至っては申し込んでから2~3日かかる事も多く、今回試したLINEモバイルも同様の覚悟で試した。しかし、あまりに爆速だったので記録を書いておきたい。



①発行手続きはネットから。電話の必要なし

docomo回線、SoftBank回線ともに共通しており、管理ページにログインすると画面左下にMNP転出・解約の項目がすぐに目に入る。

ここから手続きすると、3日程度かかりますという旨が案内される。

 

②実際は即日発行、2回線で検証済み

しかし、発行手続きが完了すると速攻でEメールによる予約番号が発行された。これはいい。(※あくまで現時点での話で今後どう変わるかわからない。)

 

繰り返すがMVNO回線を転出するには電話手続きだけでなく、日数がある程度かかる事が多い。そんな中、ネット手続きのみで即発行されるのは非常に便利だと感じた。キャンペーンなどで即日弾が必要な際は試してみるといいだろう。

Twitterをフォローする!skyblue_1985jp