秋葉原レポート」カテゴリーアーカイブ

au Xperia8 SOV42 白ロムが続落。底値 36,800 円(税込)に値下がりへ

au 版 Xperia8 (SOV42)がふたたび相場を下げている。

年明けに 47,800 円で登場すると1 週間後に 39,800 円、18 日時点で 36,800 円に値下がった。

しかも在庫は全店舗で 200 台以上あるようで、この勢いだとまだ下がるかもしれない。



久しぶりの白ロム活性化

確認できたのは「じゃんぱら」秋葉原 5 号店および同社の通販サイトで、カラーはブラック、ホワイト、オレンジ、ブルーと 4 色揃う。

同モデルは au のお正月セールをはじめ各地で特価になり、契約して端末を売却する人が相次いでいる。

このまま供給が高まれば価格は徐々に下がり、月末または閑散期と言われる 2 月に破格のセールになるかもしれない。

 

Xperia 8 とは・・・・

同機種はソニーモバイルが発売するミドルスペック端末で、グローバル Xperia 10 をベースとしている。

縦長ディスプレイを特徴としながら Felica と防水を備え低価格 Xperia として au のほかUQ モバイル、Y!mobile からも発売されている。

日本でハイエンド機種のみ投入してきたソニーが急にミドルスペックを投入した背景には国内シェアを奪還したい意図がある。

海外からは採算が見込まれる国以外での撤退が相次いでいて、黒字化に向けなりふり構わない格好になってきた。

検討している人は「じゃんぱら」通販サイトをチェックしてみよう。キャッシュレス還元で 5 % バックを併用すれば相当安くなるはずだ。

リンク:じゃんぱら通販サイト

Twitter をフォローする!skyblue_1985jp



【在庫100 台オーバー】アップル整備品 iPhone8 64GB SIMフリー が 39,800 円(税込)の特価販売中・・・

2020 年になってようやく iPhone8 未使用品の相場が 45,800 円(税込)にまで下がってきた。

低価格 iPhone を求める人は iPhone7 32GB 37,800 円(税込)とどちらを選ぶか迷っているだろう。

そんな人に朗報があって、白ロムを扱う「じゃんぱら」がアップルの整備済み iPhone8 を 39,800 円の特価で販売中だ。



いわゆるリファービッシュ品が安い

販売が確認できたのは「じゃんぱら」秋葉原本店で付属品なしの本体単体で販売されている。

その代わり状態は新品同様の A ランクで SIM フリーのため、国内外を問わずほとんどの SIM カードで利用できる。

ちなみに iPhone 7 32 GB の未使用品が 37,800 円(税込)であることから、その僅か 2,000 円の差がいかにお買い得かわかるだろう。

カラーはゴールド、シルバー、スペースグレーの 3 種類が揃っていて通販サイトでも購入できる。

気になる人はぜひホームページをチェックしてみよう。5%のキャッシュレス還元を合わせればより安くなるはずだ。

リンク:じゃんぱら「通販サイト」

Twitter をフォローする!skyblue_1985jp



Surface Go 最大 13,250 円OFF+10% 還元中。純正タイプカバー付きモデル有り【2月6 日まで】

年末のセール以来しばらく値下げを控えていた Surface シリーズが再びうごきだした。

17 日から Surface Go が大幅に値下げされ、一部で純正タイプカバーも付属するセールがヨドバシカメラ、ビックカメラで開催されている。



キーボードなしでも超特価

純正キーカバーが付属するのは内部ストレージ 128 GB, メモリ 8 GB モデルで 71,720円(税込)。

通常価格から 11,220 円の値引きに加え、定価 12,980 円のキーボードカバーが無料で付属する。

 

(実際付属するキーボードはブラックなので注意)

新品につきメーカー保証 1 年はもちろん、Microsoft Office Home & Business 2019付属が大きなメリットだろう。

また 128 GB 不要な人は同じく Microsoft Office 付き 64 GB モデルが 54,800 円(税込)で入手可能。

こちらは純正キーボードが別売りとなっているが、中古で良ければ秋葉原の相場が 2,000 ~ 3,000 円なので別途探すのもありだ。

 

ビックカメラがお勧め

ところでセールを確認できたのはヨドバシアキバ、ビックカメラアキバのリアル店舗だが、両社ともに通販サイトでもセールが開催されている。

ポイントが 10% 加算されるので、よく利用する方で購入するといいだろう。

ただしヨドバシとビックではキャッシュレス決済への意識が大きく違っていて、ヨドバシではコード決済がほぼ利用できない。

つまり PayPay や LINE Pay に対応していないどころか、そうした決済企画の大型キャンペーンの恩恵すら受けられないのだ。

従って店舗に行ける人なら、ぜひキャッシュレス規格のキャンペーンが多いビックカメラがお勧めだ。

セール期間はどちらも 2 月 6 日まで。気になる人はぜひチェックしてみよう。

リンク:ビックカメラヨドバシカメラ

Twitter をフォローする!skyblue_1985jp



SIMロック解除可能、ソフトバンク iPhone7 32GB 34,800 円(税込)の特価へ

低価格 iPhone がリリースされない中、iPhone7 が大きな人気を集めている。

発売されたのは 2016 年で 3 年が経過するにも関わらず、Apple Pay と防水が搭載されたこともあって需要が絶えない。

未使用品にかんしては 37,800 円という強気の中、ソフトバンク未使用品が 34,800 円の特価で販売されていた。



Y!mobile iPhone SIM も使える

確認できたのは中古ケータイ・PC を扱う「イオシス」アキバ中央・ヨコ店および通販サイトで価格は 34,800 円(税込)。

同店によればカラーはシルバーのみで未使用品が 30 台以上あるという。

(SIMロック解除の義務化により、店頭でロック解除できるようになった)

2012 ~ 2019 年に発売された全てのソフトバンク iPhone SIM および Y!mobile n141 SIM が非公式ながら動作する。

何より LINE モバイルなどソフトバンク網を使った MVNO を低価格で持ちたい人にはモッテコイだろう。

(筆者も最近サブで持ち始めたのだが、これで充分すぎると感じる)

SIM ロック解除はどうしても必要になったら店頭で手続きしてもらおう。

それにしても iPhone7 の価格は 2019 年 4 月から一向に動かない。

これは 4 月 5 日に撮影したものだが、未使用品は今と比べて 2,000 円しか違っていないのだ。

もしかすると通年とおして相場が落ちなかった伝説をつくりだすかもしれない。

気になる人はイオシス通販サイトをチェックしてみよう。

リンク:イオシス通販サイト

Twitterをフォローする!skyblue_1985jp



【在庫 200 台】au Xperia8 (SOV42) 白ロムが 8,000 円値下がり。 39,800 円(税込)+ 5% 還元で販売中

お正月から au が安売りを続けている Xperia 8 (SOV42) が白ロムとして秋葉原に大量に出回っている。

興味深いのは先週まで 47,800 円と強気だった価格が、わずか一週間で 8,000 円も値下がったことだ。

 

(先週の筆者ツイート)

確認できたのは「じゃんぱら」秋葉原 5 号店および通販サイトで au オンライン価格 49,680 円よりも 1 万円以上やすい。

手頃な価格で新しい Xperia を探していた人は買い時がきたと言える。



Xperia 8 とは・・・・

昨年の春から Xperia は 1(ワン), 5(ファイブ)の ナンバリングで投入されるも、ハイエンドで手が出しにくい価格だった。

8 はグローバル版のミドルエンド Xperia10 を日本向けにカスタマイズしたものだ。

スペックは抑えながらFelica と 防水を搭載していて170g と本体自体が軽い。

また縦長画面が今までになかったスマートフォンの感覚として一定の人気を得ている。

また同機種は UQ モバイル、Y!mobile でも発売されていて、今回は au VoLTE SIM を既に持っている人向けといえるだろう。

通販サイトでも購入できるので、気になる人はぜひチェックしてみよう。5 % 還元を合わせればかなりお買い得になるはずだ。

リンク:じゃんぱら通販サイト

Twitter をフォローする!skyblue_1985jp



ビックカメラ、4 眼レンズ搭載 OPPO A5 2020 が一括 13,580 円(税込)の超特価・・・

昨年の 11 月にリリースされた OPPO A5 2020 がビックカメラアキバで 13,580 円(税込)の特価になっている。

条件は OCN モバイル ONE または BIGLOBE モバイルの音声回線を契約すること。

新規や MNP は問わないという。

さらに 1,400 円の調整割引がはいり最終価格は 13,580 円(税込)。

しかも事務手数料も込みの値段であり、値引き規制がきびしい中ギリギリまで安くなっているのがわかる。

そしてこのスマホ、いままでの R15 Neo や AX7 とは一線を画する 1 台になりそうだ。



4 眼レンズで 1 万円台はヤバイ・・・

昨年 10 月に指原莉乃さんの名前にかけて OPPO Reno A が日本でリリースされた。

Dual SIM + Felica という未開拓の領域は充分なスペックと価格で大ヒット。

そしてファーウェイが弱っているのを気に猛烈な攻勢をかけるため 11 月に A5 2020 が導入されたのだ。

凄すぎる点はおもに以下の 4 つ

・文句なしのミドルスペック CPU

・日本では珍しい 4 レンズカメラ搭載

・5,000 mAh の超大容量バッテリー

・Dual SIM + micro SIM スロット

4 キャリア対応だけでなく、この価格ではまずあり得ない北米向け LTE Band 2/4 、中国 TD-LTE Band 38, 39, 40 にも対応。

Wi-Fi 5GHz まで対応なのはもはやファーウェイすら凌駕していて、他の格安スマホが走って逃げるほどである。

 

R15 Neo や AX7 とは段違い・・・

なんと言っても格安スマホに搭載されやすい Snapdragon 400 番台ではなく、ワンクラス上の 665 を搭載している点が安心できる。

Dual SIM 構成+micro SD が入るのも最近の Dual SIM では珍しく好印象だ。

5,000 mAh の大容量バッテリーと 6.5 インチ大画面は動画を長時間みる人や小さい字が読みにくい人には特に向いている。

それに加えて 4 眼レンズ・・・。どこまで性能が引き出せるか使ってみないとわからないが、もはやそれだけでワクワクしてこないだろうか。

OPPO R15 Neo や AX7 で「OPPO はちょっといいや」と思った人、この超コスパなら満足できるかもしれない。

なおセールは 1 月 5 日までとされているが、今後も同様の特価があればぜひ注目しておきたい機種である。

リンク:ビックカメラ

Twitter をフォローする!skyblue_1985jp



【在庫 100 台】ソフトバンク 3G ケータイ、501 SH 未使用品が 4,980 円の特価へ

ソフトバンクの 3G ケータイ 501 SH(未使用品)が秋葉原で特価になっている。

確認したのは「じゃんぱら」秋葉原 4 号店および通販サイトで価格は 4,980 円(税込)。在庫総数は 114 個となっている。



珍しい 3G 対応ガラホ

501 SH は従来のガラケーと同様の外観でありながら Android で動作しているのが特徴だ。

この手の端末は「ガラホ」とか「4G ケータイ」に分類されるのだが、なんと同機種は 4G 非対応である。

かなり珍しい初期型のガラホであり、LINE やワンセグに対応するも Wi-Fi や 4G には非対応でお勧めはできない。

ただし中古では 6,000 円を超えることもあり同じ機種を持っている人が保守用に持つといいだろう。

また SIM ロック解除には対応しているため、ソフトバンク系 SIM による通話や SMS 送受信に使うのは用途としてありかもしれない。

いちおう防水・防塵対応であるため、水濡れ環境を気にする人には重宝するだろう。

リンク:じゃんぱら通販サイト

Twitter をフォローする!skyblue_1985jp



【正月特価】ビックカメラ、BIGLOBE SIM 契約で ROG Phone 39,800 円で販売中。6 ヶ月 Youtube 見放題!

昨日から秋葉原や有楽町の初売りに来ているのだが、近年稀にみる人出の少なさに驚きが隠せない。

ビックカメラ有楽町に至ってはどの売場も平日並であり、とにかくお客さんが少ない状態だ。

ケータイの安売りがないのは言うまでもないが 1つだけゲーミングスマホ ROG Phone の特価を見つけたので共有したい。



ROG Phone 単体価格 54,800 円・・・・

ASUS が 2018 年にリリースしたゲーミングスマホ、初代 ROG Phone が 54,800 円(税込)に値下げされている。

この価格は秋葉原の底値であり、本体単体の購入でもメーカー保証が付くためかなりお得だ。

しかも BIGLOBE モバイル音声 ISM とセット購入なら更に 18,280 円の割引が入って最終価格は 39,800 円(税込)の破格。

ダメ押しで au Pay で支払うと購入額から 20% 還元されて 6632 円戻ってくるはず。

さすがに ROG Phone は 8% まで還元されないが、20% は利用できるので迷ったなら購入するしかないだろう。

ちなみに au Pay の還元額は上限 10,000 円で、一回の決済は 49,999 円までなので金額的にもちょうどいい。

 

BIGLOBE モバイルは 3 ヶ月間 800 円!!

そして筆者も最近になって契約した BIGLOBE モバイルなのだが、3 ヶ月間は 1,600 円 3GB プランが半額の 800 円で維持できる。

しかもパケットを消費せずに Youtube 視聴可能なエンタメオプションが 6 ヶ月無料。

最高画質ではないもののパケットが詰まらずに MVNO で視聴できるのは素晴らしい。

また au 回線は空いているため昼のピークタイムでも 1.5 Mbps 程度は出る。

同社としてもドコモ回線から au 回線の切替えを積極的に進めているため、試してみる価値はあるだろう。



最後に

それにしてもビックカメラやヨドバシカメラの人出のなさには驚きが隠せなかった。

何が安くなっているわけでもなく、むしろ年末セールの方が活気があったのは確かだろう。

ちょっと消費の落ち込みを懸念させる家電量販店巡りだったが、興味ある人は秋葉原および有楽町のビックカメラを覗いてみよう。

(あと珍しいものは 12/26 日以来、久しぶりに AirPods Pro が店頭入荷していた位だ)

ROG Phone セット特価は最寄りの店舗でも実施されている可能性もあるので、これ以外の店舗もダメ元で行ってみるといいかもしれない。

Twitter をフォローする!skyblue_1985jp



【新春特価】iPhone8 64GB SIM フリー、44,800 円(税込)で販売中。5% キャッシュレスで更に 2,000 円以上オトク!

秋葉原の「じゃんぱら」各店舗にて、iPhone や PC などが表示価格より 5,000 円OFFのセールが行われている。

なかでもお買い得なのが iPhone8 64 GB SIM SIMフリー(未使用品)で、割引後の価格は 44,800 円(税込)となっている。



キャッシュレス 5% 還元で更に 2,000 円以上オトク!

正直なところ、このくらいの価格なら頑張れば出てくるだろう。「じゃんぱら」の凄いところは 5% キャッシュレス還元対応店舗であることだ。

44,800 円に対して 5% 還元されるため追加で約 2,240 円クレジットカードなどに還元される。

未使用品で iPhone8 を求めていた人はこれ以上ない安さだろう。





ちなみにこの他のお買い得商品としては Galaxy A20(ドコモ版)が 14,800 円に値下がりしていた。

売切れ次第終了とされているが昨年末からタダ同然でばら撒かれていて、白ロム相場が16,800 円まで下がっていた。

それが僅か 1 日でこの下落ぶり。お正月特価とはいえ、この価格水準はしばらく続くかより下がる可能性も考えられる。

また iPad 第 7 世代 Wi-Fi モデルも底値とは言えないがキャッシュレス 5 % 還元を使えば底値並かそれ以下で買えるだろう。

特価商品は 1 月 1 日および 2 日まで 1 人 1 台とされていて、買取査定価格が 1,000 円アップするクーポン券付きだ。

近くにお店がある人はぜひ寄ってみよう。また 5% 還元はネットでも受けられるので通信販売も参照したい。

リンク先:じゃんぱら通販サイト

Twitter をフォローする!skyblue_1985jp



ヨドバシカメラ 15 % 還元 3 月 1 日まで延期。MNP 一括 1 円特価は 3G ケータイに集中の元旦・・・

元日ということで福箱や福袋をめがけて朝から行列が散見される秋葉原は、例年よりも特価商材が少ないように思われた。

キャッシュレスでお得に買ってもらうことが目的なのか、事情はわからないがが長年アキバの元日を眺めてきた筆者には控えめすぎる印象をうけた。

その実情の一例をヨドバシカメラ・アキバで見てきたのでご紹介したい。



15 % 還元キャンペーンを 3 月 1  日まで延期

まずはヨドバシカメラの 15 % 還元キャンペーンだが、12 月 31 日終了予定から 3 月 1 日までに変更されていた。

同社は PayPay や d払い、LINE Pay などのコード決済に一切参加しておらず、その代わりヨドバシ・クレジットカード加入者を増やしている。

このカードがあれば通常 10 % の買い物に対して 5 % がプラスされ、最大 15 % になるわけだ。

(ポイントはヨドバシカメラでしか使えないのが惜しい)

キャンペーン延長はヨドバシカメラの得意芸であり 3 月がくれば年度末か 5 月の大型連休あたりまで再延長されるかもしれない。

 

値引き規制で厳しい 一括 1 円

ところで元旦のヨドバシカメラといえば名物 MNP 一括 1 円セールで、この 2 年間当ブログでは最もアクセスが集中する日でもある。

しかしながら今年はご存じの通り 10 月 1 日に始まった法改正で値引き規制が激しく、2 万円以上の割引は実施されていない。

例えば iPhone11 などは MNP でドコモ契約すると 20,000 ポイント付与されるだけで 2 年前のような新機種一括 1 円は全く消えてしまった。

それでも見かける 一括 1 円は 3G ケータイを持っている人向けであり、4G 契約への巻取り施策である。

そのせいか売場は閑散としておりヨドバシカメラとしても、お正月ムードを醸し出すのに苦労しているように思われた。



最後に・・・

唯一「あ、これはお得かな?」と思うのが MVNO コーナーで MNP 契約すると18,000 円の端末割引が受けられる。

しかも初期費用 1 円のケースが多く、最初の 3 ヶ月が半額になる(BIGLOBE モバイル)など嬉しい特典が豊富だ。

(また昨年から単体購入できる moto Z2 Play は継続して特価になっていた)

もし興味がある人は 5 日までに足を運んでみるといいだろう。空いているので携帯電話の手続きもスムーズ。

本当にお得といえる商品が殆どないことに驚くはずだ。

Twitter をフォローする!skyblue_1985jp