秋葉原レポート」カテゴリーアーカイブ

【在庫150台オーバー】Xperia 8 (SOV42)SIM フリー未使用品、底値 32,800 円(税込)を記録

ソニーモバイルの Xperia8 au 版(SOV42)の白ロムが久しぶりに底値を更新している(筆者調べ)。

中古 PC や白ロムでお馴染み「じゃんぱら」は 2,000 円値下げを実施、本日 32,800 円(税込)を記録した。

(カラーはオレンジ、ブラック、ブルー、ホワイトと 4 色展開だ)

すべて SIM ロック解除されており、au 系 MVNO はもちろん au ユーザーにも向いている。



コスパ抜群、お財布に優しい Xperia

Xperia8 は海外で投入されたXperia10 を日本向けに改良したもので、 au の他 UQ モバイルと Y!mobile が扱っている。

画面比率 21 : 9 の挑戦的なデザインが大ヒットし、「縦長」はいまソニーモバイルのトレンドとも言えよう。

日本人に欠かせない Felica と防水に対応しており、コスパ重視でブランドとしての Xperia を持ちたい人には最適な一台だ。

これで物足りないと思えば上位機種の Xperia1 に挑戦するなどステップアップするのもありだろう。

気になる人はじゃんぱら通販サイトをチェックしてみよう。

店舗でも入手可能だが、新型コロナウイルスの影響で営業時間を短縮している店舗があることにも注意しよう。

リンク:じゃんぱら通販サイト

Twitter をフォローする!skyblue_1985jp



早い物勝ち!ヨドバシカメラ、iPhone XS Max 256 GB 99,980 円(税込)に大幅値下げ中

ヨドバシアキバにて iPhone XS Max (新品)がセール価格になっている。

対象は 256 GB  99,800 円(税込)と 512 GB 109,800 円(税込)の 2 種類で、ヨドバシ・ドット・コムからオンラインでも注文可能。

ちなみに iPhone XS Max は今月上旬からヨドバシカメラとビックカメラでの取り扱いが始まったばかりで、

登場からわずか 2 週間で値下げとなった。

(3 月 7 日、ページに登場した時の価格)

256 GB は 10,000 円、512 GB に関しては 2 万円の値下げで、コロナウイルスで人出が少ない年度末商戦をなんとか盛り上げようと必死だ。

「期間限定」に関してスタッフに尋ねたところ、基本的には 3 月末までだが状況次第では延長もあり得るとのこと。

ただし在庫はそんなに多くないようなので、気になる人は同社通販サイトから注文しよう。

(ここまで書いて気づいたのだが、ビックカメラでもやっていた)

リンク:ヨドバシ・ドット・コム ビックカメラ

Twitter をフォローする!skyblue_1985jp



【在庫100台以上】3G ガラケー効果!?Xperia1 未使用品 SIM フリー、62,800 円(税込)の特価へ

MNP によるキャッシュバックや一括 0 円規制が厳格化された中、3G から 4G 回線への移行は規制の対象外となっている。

この巻き取り効果なのか、 au Xperia1 (SOV40)が一括 1 円などで契約されて白ロム市場に持ち込まれ 62,800 円(税込)の底値を記録した。



再燃する Xperia 人気・・・

確認できたのは「イオシス」アキバ中央通店で、すべて SIM ロック解除された未使用品である。

カラーはブラック、ホワイト、グレー、パープルの 4 色揃っていて、同社によるとに在庫は全店舗で 100 台以上。

Xperia1 は画面比率 21: 9 の縦長スマホトレンドを生み出し、マンネリ感を打破したことで長年のファンに大ヒットした。

Snapdragon 855, ROM 64GB, RAM 6GB のハイエンド構成に Felica 搭載であることから既存 au ユーザーはもちろん au 系 MVNO ユーザーにピッタリ。

62,800 円(税込)を記録するのは筆者の観測史上では初で、ミドルスペックの Xperia 8 で物足りない人に向いている。

気になる人はイオシス店頭・通販サイトをチェックしてみよう。

(ちなみにソフトバンクのロック解除版も 64,800 円で豊富に揃っている)

リンク:イオシス

Twitter をフォローする!skyblue_1985jp



【特価】iPhone7 32 GB SIM フリー未使用品、 29,990 円(税込)に値下がり中!

新型コロナウイルスで人出が少ないなか、秋葉原では 3 連休で顧客を取り戻そうと様々なキャンペーンが溢れている。

なかでもお得なのが iPhone7 32 GB 白ロムで、SIM フリー未使用品がなんと 29,990 円(税込)の破格。

確認できたのは「じゃんぱら」秋葉原 4 号店で、在庫は通販サイト含めて 100 台以上あるようだ。

店頭に来れない人でも通販サイトから購入可能になっていて、5 % キャッシュレス還元対応ととにかくお財布にやさしい。



今更ながらマストバイ。 iPhone7 の魅力

iPhone7 は 2016 年 9 月にリリースされた型落ちながら、iPhone XS Max を 1 年半使った筆者がメイン機種として再び利用している。

138g と信じられない程軽い筐体は、現行の 11 シリーズ(194 ~ 226g)と比べて取り出しやすく、手になじむ感覚がまるで違う。

ジーンズの前ポケットに入れても違和感ない位に小型なのも特筆すべき点だろう。

(左が iPhone XS Max, 右が iPhone7)

またコロナウイルスが蔓延する昨今、指紋認証はマスクをしながらロック解除できるのが重宝するはずだ。

この春から心機一転、MVNO で利用したい人などにピッタリなので、検討している人はぜひ「じゃんぱら」をチェックしてみよう。

リンク:「じゃんぱら」通販サイト



品薄の iPhone XR 64 GB SIM フリー未使用品、 64,800 円(税込)でイオシスに大量入荷!

秋葉原の白ロム市場から iPhone XR が消えつつある。

とくに 64GB は年明けから中古品すら見なくなり、どのショップでも品薄状態だ。

そんななか中古白ロム・PC を扱う「イオシス」に SIM フリー未使用品が大量入荷した。



販売されているのはドコモ版を SIM ロック解除したもので、カラーはブラック 1 色のみとなっている。

価格は 64,800 円(税込)でアップル正規価格より 6,480 円、キャッシュレス 5% 還元 (3,240 円)を合わせると実質 9,720 円安い。

秋葉原・大阪・名古屋・福岡の店頭および通信販売でも販売されているため、欲しい人は速攻で在庫を確保しておこう。

 

Dual SIM で魔改造?コスパ抜群の 1 台

iPhone XR は香港・マカオ・中国モデルに限り物理 Dual SIM 仕様になっていて発売当初は香港版の輸入が流行った。

ところが内部の SIM スロットを交換すると日本モデルでも Dual SIM 化できることが判明すると急に人気が出てきた背景がある。

完全に保証対象外の使い方となるが、eSIM と物理 Dual SIM を臨機応変に使い分けられて Felica 対応となれば意外と神端末として活用できるかもしれない。

楽天モバイルが 4 月に本格スタートすることもあり、iPhone で利用したい人はぜひ持っておきたいところだ。

リンク:イオシス通販サイト

Twitter をフォローする!skyblue_1985jp



未使用品ラスト!?iPhone XS Max 512GB SIMフリー、未使用品 109,800 円(税込)で販売中

2018 年モデル iPhone XS Max が最近になって急に人気になっている。

生産終了にともない 2 月に au でキャンペーン特価になったり、今月になるとヨドバシカメラとビックカメラが一部で取り扱いを開始

ところが型落ちながらに超高スペックで今もなお需要が高く、いずれもすぐ完売している。

そんななか、秋葉原で SIM ロック解除された未使用品を発見した。



512 GB 109,800 円(税込)は底値

発見したのは「じゃんぱら」秋葉原 5 号店で、au モデルが SIM ロック解除された未使用品で 109,800 円(税込)。

未使用品としては底値であり先述のヨドバシなどより 2 万円も安い。

しかも 512 GB に至っては 2018 年の発売当時 17 万円を超えており、史上最高値の iPhone だったのだ。

(筆者も長期間利用していた iPhone XS Max。個人的ベスト 5 に入る満足度)

つまり万人向けではなく生産量もそんなに多くないことから、未使用品で探している人はこの年度末が購入のチャンス。

気になる人は「じゃんぱら」通販サイトをチェックしてみよう。

3 月 9 日 21:54 分時点では通販サイトに 10 台以上あることを確認している。

リンク:じゃんぱら通販サイト

Twitter をフォローする!skyblue_1985jp



激安!「イオシス」で中古 iPhone7 128 GB が 14,800 円(税込)~特価販売中

中古PC やスマートフォンの白ロムでお馴染み「イオシス」にて au ・ソフトバンク版 iPhone7 が特価になっている。

取材に協力頂いたのは「アキバ中央通店」で 128 GB が14,800 円(税込)という破格。

状態は C ランクと書かれているが、人によっては十分に許容できそうな物も含まれていた。



SIM フリーよりコスパ抜群

ちなみに目立った傷のない B ランクは 32 GB 16,800 円~, 128 GB 18,800 円(いずれも税込)となっていて、

在庫は au 400 台以上、ソフトバンク 500 台以上と大量に用意されている。

何かオチはないのかと言われれば、SIM ロック解除されていない点であろう。

しかし現在はキャリアショップ持ち込みでロック解除が可能であり、一生解除できないから高いというわけではない。

ひとまず手持ちのキャリアや MVNO に合わせて購入し、必要になった時だけ解除する使い方をすれば SIM フリーよりコスパ抜群である。

 

最後に

iPhone7 は 2016 年に発売された 4 年落ちになるが、それを感じさせない程の実用性をもち筆者もメイン機種として使っている。

調べものやネットショッピングはもちろん、Apple Pay 対応のためリアル店舗の買い物も iPhone7 で済ませている。

なぜ iPhone XS Max から戻したのか不思議がる人もいるが、それは一言に「超絶軽い」からだ。

興味ある人はイオシス通販サイトを覗いてみよう。キャッシュレス 5% 還元の恩恵もうけられるぞ。

リンク:イオシス通販サイト

Twitter をフォローする!skyblue_1985jp



【在庫 100 台オーバー】 Xperia1 SIM フリー未使用品、ソフトバンク版が 64,800 円(税込)の超特価に!!

昨年のフラッグシップモデルとしてソニーモバイルから投入された Xperia1 のソフトバンク版がお得になっている。

SIM ロックがすでに解除された未使用品で、価格は 64,800 円(税込)と筆者しらべの中では過去最安。

見つけたのはイオシス各店舗および通販サイトで、ソフトバンク版(802SO)の SIM ロック解除済み未使用品で、他キャリアの白ロム相場よりも圧倒的に安い。



Y!mobile や SB MVNO に嬉しいハイエンド

Xperia1 は 2019 年にグローバルで投入された機種で、縦長ディスプレイが話題をよんだソニーモバイル渾身の 1 台である。

ハイエンド SoC  Snapdragon 855、内部ストレージ 64 GB、RAM 6 GB 構成でゲームもバッチリこなせるモデル。

キャリア版だけあって Felica 搭載なのが何より付加価値を高めている。

(画像はドコモモデル。ソフトバンク版はキャリアロゴがないのも魅力)

一つ注意したいのは SIM ロック解除されていながら、アンテナはソフトバンク向けになっていることだ。

LINE モバイルといった同社の MVNO やサブブランドの Y!mobile はフルにネットワークを活用できる一方、

ドコモや au 系の SIM カードでは地下・山間部・屋内などで圏外になる確率が高いので覚えておこう。

同社によれば在庫は 100 台以上あり、通販サイトからでも購入できるとのこと。

キャッシュレス 5% にも対応しているので買い替えを検討している人、ミドルスペックの Xperia8 では物足りない人などは検討したい 1 台だ。

リンク:イオシス通販サイト

Twitter をフォローする!skyblue_1985jp



ヨドバシカメラ、純正タイプカバー付属 Surface Pro7 が 98,780 円(税込)+ 10% 還元の超特価!【2月21日まで】

新生活応援セールの一環として、各量販店では Surface Pro7 と純正タイプカバーがセット販売されている。

ところが au Pay 10 億円キャンペーンにより、主要な店舗ではこうした特価商品がすっかり完売した。

そんななかヨドバシカメラで 10 万円を切る特価商品を発見。



Core i3 モデルが 98,780 円!

最小構成の Core i3 モデルが純正タイプカバーとセットで 98,780 円(税込)、台数限りの処分特価になっている。

スペックは CPU Intel Core i3/ SSD 128 GB/ メモリ 4GB 構成でエントリー向けで、いよいよ Surace を導入したい層にはピッタリだ。

しかもネット閲覧、動画視聴、プレゼン資料作成といった基本的な動作はメモリ 4 GB でもサクサクと行えるはず。

Microsoft Office Home & Business 2019 が付属しながらヨドバシポイントが 10% 還元されるため、実質価格は 90,000 円以下という破格。

(付属するタイプカバーはブラックとされている)

同社の通販サイト、ヨドバシ・ドット・コムでも併売されているので、気になる人は店頭か Web をチェックしてみよう。

繰り返すが 2 月 21 日までとなっており、それ以降に関しては価格変更があるかもしれないので注意したい。

2/21 8:28 分追記

頂いた情報によれば、同型番はビックカメラ、ヤマダ電機共通のキャンペーンであることが発覚。

ビックでは既に完売だがヤマダではネット在庫がまだ存在しており、リアル店舗で入手できるかもしれないとのこと。

改悪されてしまったが au Pay を使えば 2/24 日の 20% 還元日に 6,000 ポイント還元される。何かしら参考になれば幸いだ。

リンク先:ヨドバシ・ドット・コム

Twitter をフォローする!skyblue_1985jp



【在庫 200 台オーバー】au Pay で白ロム増えた!?au Xperia8 SOV42 未使用品、底値 34,800 円(税込)に値下がりへ・・・

ソニーモバイルが昨年に投入したミドルスペックの au 版 Xperia8 (SOV42)の白ロム底値が 1 ヵ月ぶりに更新された。

じゃんぱら各店舗および通販サイトでは 34,800 円(税込)で販売されいて週末から2,000 円下がった模様。



久しぶりの大量入荷

au は年明けから SOV 42 の割引キャンペーンを行っていて、施策にうまく乗じた人が未使用品として売却している。

同社の在庫数はネットで確認できるだけで 200 台を越え、もしかすると au Pay を使って仕入れた人が売却して増えた可能性がある。

(SIMロック解除されているので他社 SIM や海外でも利用可能だ)

つまり、ここからまだ値下がる余地はあると断言できるだろう。

Xperia は日本人が憧れる機種であるものの、日本ではハイエンドモデルしかリリースされなかった経緯があり、ミドルスペックは輸入する必要があった。

しかも並行輸入品は au SIM で動作しなかったため、今回 Felica と防水がついた Xperia8 はある程度の人気があるはずだ。

au ショップで手続きするのが嫌な人、現行プランを変更せず端末だけ購入したい人にはお勧めだ。

 

SIM カードの相性に関して

ところで「いま使っている au スマートフォンの SIM カードが SOV42 に対応しているか分からない」という人もいるだろう。

2017 年以降の iPhone、つまり 8, X, XS, XS Max, 11, 11 pro, 11 Pro Max を使っている人は SIM を入れかえるだけで OK。

(極論すれば、この黒い 4G LTE SIM でなければ OK だ)

Android に関しては 2015 年以降に発売されたモデルはすべて入れ替えるだけで動作するので安心されたい。

ただしガラホに入っている通話契約の SIM は製造番号で弾かれるので注意しよう。

興味ある人はじゃんぱら通販サイトをチェックしてみよう。

リンク:じゃんぱら通販サイト

Twitter をフォローする!skyblue_1985jp