秋葉原レポート」カテゴリーアーカイブ

激安!!docomo Galaxy Note8 未使用品、税込72,980円へ値下がり!!年度末の秋葉原が熱い!

いよいよ年度末の秋葉原。ここ数週間、毎週のように値下がりしていたGalaxy Note8が年度末に大幅に値下がり。前回調査の76,800円から2段階下がっている。

(海外版SIMフリーモデルでも、まだ10万円程度はする)



①恐らく秋葉原最安値、税込72,980円!!

毎日のように秋葉原を練り歩いた中で見つけた価格なので、恐らくこれ以上に安いところはないだろう。逆に、もし秋葉原以外でこれを下回る価格があるのなら、それは即買いレベルなはず。

 

キャリアで一括価格が特価になっているとはいえ、一昔に比べればキャリア白ロムの未使用品は全体的に減っているはず。SamsungとしてもGalaxy S9をはじめ、他機種の生産へシフトすることを考えると、安く未使用品が買えるのは本当に今のタイミングだろう。

 

②SIMロック解除版すら税込74,980円!!

更に驚いたのがSIMフリー化されている商品も値下げされている点だ。海外で利用したいのに白ロムが軒並みSIMロックかかっていて困っている方は即買いレベル。

(先週までは確か78,800円くらいだったはず。数日で4,000円値下がったのは驚きを隠せない。)

海外で使わないとしても、au VoLTE SIMやY!mobileで利用するという手段もある。その場合、一部アンテナが足りず電波が不安定になることもあるが、特に気にしないという方はFelicaやフルセグもあるため何か重宝するはず。



最後に

いよいよ2017年度も今日で最後。明日から新生活という方も多くいらっしゃると思う。新しい物を揃えて気持ちよく新年度を迎えたいところ。月末でもあるので、今月契約した不要なオプションを外したり、auではテザリングが明日から有料になるので不要な人は外しておくなど空いた時間を見つけてケータイ関連を整理しておこう。

Twitterをフォローする!skyblue_1985jp

低価格な新しいiPad 2018、中古iPad Air2の値下げに影響か!?

突如として発表された教育向けの新型iPad 2018。iPhone7と同じA10チップセットを搭載しながら税別37,800円と、かなり低価格だとして話題。もはや慣例だが最低容量も32GBとなり、学生以外でも気軽に買いやすい。

 

だがこれが、中古市場の既存iPad Air2に大きな影響を与える気がしてならない。どういうことか書いていこう。



①2014年発売のiPad Air2、秋葉原の中古はまだ3万円以上する

iPad Airよりも薄型でパワフル、RAM2GBという点で3年以上ロングセラーなiPad Air2。容量や状態にもよるが、2018年3月28日時点で秋葉原の相場は3万円前後。

(まだ余裕で戦えるiPad Air2。Bluetoohキーボードも豊富)

SIMの入るセルラーモデルや容量の大きい64GB以上になれば軽く4万円近くにまで達するのだ。この大量に出回っている在庫、一体どうなるだろうか。3年以上前のモデルにそこまで払うなら「新型iPadをAppleで買った方がいいのでは!?」という見方が当然でてくるはず。

 

②値下がったiPad Air2を選ぶメリット

では、仮に大きく値下がったとして「いくらなら買いたい」と思うだろう。あまり見かけなくなったが未使用品ならば30,000~32,800円が理想だろうか。とすれば当然ながら中古の理想価格は20,000~28,800円くらいとなるだろう。

 

もし、上述した理想価格に近づいたなら買うメリットはあると思う。理由は「本体の薄さがiPad2017、2018よりも圧倒的に薄い」という事実だ。Apple Pencilを使わない人でゲームもしないのであれば、2画面分割に対応したRAM2GBのiPad Air2は超薄型という面でまだ戦えるはず。



最後に

まさに今、iPadを探しているという方は少し静観するといいだろう。このままでは中古よりも新品を買った方が安いのは目に見えており、中古iPad Air2を扱う白ロム業者も価格の見直しを迫られるかもしれない。

 

待ってもAir2の中古価格が改善されないのであれば堂々と新型iPad 2018をAppleから買おう。1年間のメーカー保証付きは大きい。そして中古価格がガクンと下がるのであれば超薄型というメリットのあるAir2を買うのもありだ。両者ともに10inch以下なので、Microsoft officeが無料で利用できる。さぁどうなるか。今週末あたりの動向をチェックしておこう。

Twitterをフォローする!skyblue_1985jp

【訂正あり】ヨドバシアキバ、au iPhoneXがついに一括1円!!条件きついが一括でも安い。

iPhone8 2台で一括1円という驚異の安さで提供し続けていたヨドバシアキバ、auコーナー。日を改めて立ち寄ってみるとiPhoneX 一括1円というキャンペーンを実施していた。

 

条件は甘くなさそうだが、12~14万円の商品なので思わず目を疑った。他社からMNPできる回線がある方は是非ゲットしておきたいところ。



①対象は64GB+ルーターが条件

まず、他社からのMNPで契約することが前提条件となる。これだけでも相当な値引きが入るはずなのだが、更にWiMAX2+ルーターをヨドバシ・ワイヤレスゲートではなくauを通して契約。

 

本体代金128,160円から固定代替割として21,600円、更に期間限定の割引が70,919円が割り引かれるので残り35,641円。ここにiPhone7を差し出すと35,640円が引かれて1円となる仕組みらしい。

 

 

auのWiMAX2+ルーターはSoftBankのように分割36回のような事がないので、仮に短期で解約しても違約金は約10,260円で済むことになる。

 

②厄介なのは下取りにiPhone7が必要という点

ただし難点が1つある。大幅に割り引かれても、下取りにiPhone7を差し出さねば一括1円にはならない点。秋葉原を練り歩いて格安のiPhone7を探してみたが、どれだけ安くとも37,800円くらいはする。たとえそれを下取りに出したとて、お得感はほとんどない。

 

であれば下取りを他の機種にしてもらえないか、または一括価格の値下げを交渉してみるといいだろう。

 



最後に

ついにiPhoneXの一括1円がキタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!と思ったのだが、実際のところ下取りにiPhone7が必要という大きな難点があった。ただし、下取りなしでも割引額が大きいので数万円払って一括購入するのもありなはず。

 

とりあえずピタットプランの最安値(1,980円)円にでも設定しておこう。中に入っているSIMはVoLTE対応au Android機で動くので遊ぶもよし、途中で解約するもよし。短期解約する場合は、次回いわゆるブラックリスト入りする可能性があるのも覚えておこう。

Twitterをフォローする!skyblue_1985jp

衝撃価格!San Disk製 micro SDXC 200GB、秋葉原で税別6,916円にて発売中!

いつものように秋葉原を歩いていたら、「あきばお~」でmicroSDの特価販売を見かけた。同店は記憶が正しければ18年くらい前から秋葉原に店を構えており、筆者も高校生の頃よく通ったもの。

今回は衝撃価格のmicro SDXCとAndroidで利用する際の注意事項に触れたい。



①あきばお~にて200GBが税別6,916円、衝撃すぎる価格

「いよいよmicroSDXCもここまできたか」と実感。様々な物を定点観測しているつもりだが、少なくとも去年の今頃、同じ店舗で128GBが5,800円だったのを記録している。

 

5,800円でも当時としては最安値だったはず。まさか1年後に、近い価格で200GBが入手できるとは思わなかった。ここまでくれば、つい最近出たばかりの400GBも遠くない将来に1万円を切るだろうか。

 

②128GB以上をAndroidスマホで利用する場合は注意

単純にPCのSDカードスロットに入れてSSD代わりにもできるし、大容量データ管理に使うなど利用用途は様々だろう。ただし、Androidスマホやタブレットでの利用は注意が必要だ。というのも、128GB以上になると相性が合わない確立が高くなる。

 

ディスプレイの反応が鈍くなる、アプリが突然落ちる、シャットダウンされてしまうといった不具合を引き起こすのだ。どういうわけか64GBだと起こりにくいのだが、専門外なので詳しい原因は謎。検討されている方は同じ機種で既に128GB以上を使っている人のレビューを探すなど下調べをした方がよさそうだ。



最後に

筆者が17歳だった頃、正月の「あきばお~」の大特価でSDカード128MBを7,980円で買った覚えがある。今でこそ大した事ない容量だが、それこそ当時としては今の128GBくらいの感覚だった。

 

それをガラケーに入れてMP3化した音源を楽しんでいたのを覚えている。まだmicro SDなぞ存在せず通常サイズだったのが微笑ましい。来年も再来年も、大容量メディアの最安値は追っていきたい。

Twitterをフォローする!skyblue_1985jp

【底値更新】SIMロック解除済み、iPhone SE 32GB 未使用品が29,980円(税込)、iPhoneX 256GBは124,980円(税込)へ下落!今週の秋葉原

桜も開花し始めた上野から秋葉原。観光客だけでなく子ども連れの家族で非常に賑わっている。新生活に備えて家電やスマートフォンを見に来る人も多く、今日はいつも以上の賑わいを見せている。

 

そんな中見つけたのが、未使用品iPhoneの更なる価格値下がり。叩き売りとは言わないが、秋葉原を練り歩いた上での動向を書いていきたい。



①底値32,800円のiPhone SE 32GBが更に値下がり

前回調査で32,800円を記録したUQ mobile版SIMロックフリーのiPhone SEがなんと3万円を切るという異常事態に発展。価格は税込で29,980円で、最近契約された物であればほぼ一年間のAppleメーカー保証が付いてくる。

(いくら何でも、これは安い。。色もある程度揃っているはず。)

4月に入れば年度も変わり、5月の大型連休までは価格は落ち着くだろう。前回も書いたとおり、噂されているiPhone SE2は今月リリースされそうにないので、SEを検討されている方はこの機を逃さずに秋葉原へ足を運んでみよう。

 

②iPhone X 256GBの未使用品も13万円をきる!

その他、驚いたのが国内版SIMフリーのiPhoneX 256GBが129,800円という破格で出ていたのも気になった。前回調査では132,800円だったため、こちらも3,000円ほど値下がっている。

(256GBが12万円台に突入するのは観測史上初)

イメージとしては30代以上の人が多く所有しているiPhoneX。値段さえ下がってくれば10代や20代にも大きな需要はありそうだ。10万円を越えていることには変わりないが、買いやすくなったのは確かだ。



最後に

その他、iPhoneの白ロムに関して言えばiPhone7、7 Plusが全体的に品薄だ。特にキャリア版に関しては物が少ないように感じる。やはり7と8の明確すぎる性能差が少なかったのか、価格が下がったiPhone7を狙っていく人も多いのだろう。

 

iPhone6はdocomo、au、SoftBank、ともに138,00~15,800円で中古品が買えるくらい落ち着いてきた。とにかく人気が止まらないiPhone、来年度はどうなるだろうか。

Twitterをフォローする!skyblue_1985jp

SIMロック解除済、iPhone SE 32GB(未使用品)底値が32,800円(税込)に値下がり!入手しておきたいiPhone SEの魅力

今まで何度も書いてきたUQ mobileのiPhone SE 一括案件。年度末が近くなるにつれ、様々な店舗で一括割引が行われるようになった。それが白ロムとして市場に流出し、前回調査時はSIMロック解除済みの白ロムが34,800円となっていた。

(数が多いということは、それだけ案件の数も・・・)

前回調査時よりも2,000円ほど底値が下がっている。Apple Storeの税込価格が42,984円だから、ほぼ1万円安く買えることになる。今まで案件ばかり紹介してきたため、今回は白ロムとしての魅力についても触れておきたい。



①スペックはiPhone6s相当、あと数年は戦える

形とデザインは2012年にリリースされたiPhone5そのもの。しかし中身はiPhone6s同等のA9チップを搭載しており、4inchとは思えない程サクサク動く。

 

A9チップといえばiPad第5世代(iPad 2017)に搭載されていることから、これから数年使えると考えて間違いないだろう。多少なりゲームはできるはずだし、16GBが廃止され現行は32GBであることから簡単に容量不足になることはない。不安であれば1万円を足して4倍の128GBを選ぼう。

 

②Apple Watch Series2(3)があればApple Payにも対応

iPhone7以降の最新機種だけがクローズアップされているが、iPhone SEもApple Watch Series2(3)があればSuicaなどのFelicaを利用できる。iPhoneで残高管理やチャージを行い、Watch側で決済する。

(iPhone SEとペアリングさせたApple Watch Series3。Suica、QUICPay、iDが使えるだけでなく完全防水だったり意外と優れている。)

 

このようにiPhone SEだけでも十分に素晴らしいのだが、Apple Watchと連携させたり、iPadやMacを持っている方はiCloudを活かしてデータ管理を楽に行うことができる。




最後に

iPhone7からはイヤフォンジャックが廃止されてしまったこともあり、実質的に最後のイヤフォンジャック付きiPhoneとなるかもしれない。後継機種のiPhone SE2が出たとしても、この価格の倍以上はすることだろう。

 

バッテリーの劣化が怖くて中古は避けたいという人はとくに、未使用品の白ロムをお勧めしたい。(さすがに推測の領域を越えるが、これ以上下がったら凄いと思う)

Twitterをフォローする!skyblue_1985jp

 

海外版iPhoneX 256GBが137,000円に値下がりへ、日本版との違いは!?

昨日から若干、人出が少ないように思われる秋葉原。歩行者天国が行われるものの、いつものような活気づいた様子ではない。どこかでイベントでも行われているのだろうか。

 

昨日と今日で、目立った特価などを探してみたのだが、例のようにGalaxy Note8とiPhoneXの底値がまた下がっていたので記録したい。



①下がり続けるドコモ版Galaxy Note8

つい先日、久しぶりに79,800円に底値が下がったドコモ版Galaxy Note8。なんと今日の調査では更に2,000円値下がって底値77,800円(税込)これはまだ下がるのだろうか。

しかし、それにしてはau版Note8の白ロムが枯渇していたり、市場に何が起きているのか把握しづらいのも事実。とにかく新生活に向けてスマホを買い換えたいという方には、もうこれ以上の値下がりを期待せず入手したいところ。

 

②iPhoneX海外版(マレーシアなど)256GBも137,000円に値下がり

毎年、海外版iPhoneは「カメラのシャッター音がならない」という需要が根強く、一定の割合で輸入する人がいる。iPhoneXも高いとはいえ、例外ではないだろう。最初は16万円という、信じられない値付けがされていた海外版だが、ようやく新品価格が14万円を割った。

(写真は国内版SIMフリー。256GB未使用品は129,980円まで下落。)

海外版はシャッター音が消せる他、日本国内でFelicaが使えるようになっている。(ちなみに7と7 Plusは海外版だとFelicaの利用ができなかった)逆に日本で利用されるBand 42のアンテナがないなど周波数の違いは若干あるが、これは致命的な物ではない。

 

あとは技適云々の問題があるかもしれないが、技適ないのに日本でSuicaが使えてしまう時点でどうなの?とも思う。




 

最後に

ところで国内版のiPhoneX 256GB SIMフリーは再び値下がり、ついに129,980円(税込)を記録。何やら下がり続けてはいるが、未使用品に限っては10万円を切るのは難しいかもしれない。

 

一括0円とは言わないものの、それに近い価格でばら撒かれて白ロムが半額くらいで入手できるようになるかと思いきや、結局そうでもなかった。やはり超高級iPhoneとして一定の価値を保つことができるだろうか。引き続き注目していきたい。

Twitterをフォローする!skyblue_1985jp

【速報】オレ氏、Galaxy S9+を入手!輸入キャンセルから突然の入荷までの話

今週の月曜日に注文したGalaxy S9+。Galaxy Note8を輸入した時にお世話になった業者、playfone.goが今回も迅速に対応してくれたおかげで、結果的に世界の発売日を待たずして入手できた。

毎年の恒例行事。フライングゲットはS4から始めて6年目)

とはいえ、ここまで色々あったので簡単に記録しておきたい。(半年後など、実際に自分で見直したりする日記にもなっている・・・)

 



①信頼度抜群なはずのplayfone.go、今回はなぜか遅い

この業者、とにかくレスポンスが速いので安心できる。前回のGalaxy Note8も発売日前にゲットできたので、進捗確認などのメールも入れず任せっきりにしておいた。

 

月曜日に注文したら、次の日には発送の連絡があり「さすが!この調子なら木曜日にはくるだろう。」と思っていた矢先。。。。 

(DHLが発送伝票を受け取りましたよ、という状態が3日間続く)

「発送の手配だけがされていて、物はまだ台湾にある」という事が発覚。問い合わせたら即返信がきた。「明日(金曜)発送するけど、どうする?キャンセルする?」という本当に親切な対応。

(余談だが英語圏のビジネスメールは超絶に短い)

 

②イオシスに入荷することが発覚。しかも香港版

時を同じくしてイオシスにExynossではなくSnapdragon845搭載の香港版が入荷することを知る。通常、Exynossよりも後に発売されるのだが今回は早かった。

価格を見ると128GBで124,800円(税込)と書いてあり、税関と送料を考えれば筆者が注文した物と3,000円しか変わらない。ならば買おう!と決意して秋葉原で買ってきた。

 



最後に

業者を信頼して連絡を取らなかった私も悪いが、急ぎの用事であれば「注文したらいつ発送されるか」をぜひ確認しておきたい。もちろん即配送されても土日を挟んだり、税関で止まったりすることもあるが、発送されたか否かでだいぶ心持ちが変わってくるものだ。

 

そして念願のGalaxy S9+。徹底的に遊んでみるので、またTwitterやブログ、そして週末のツイキャスライブなどでレビューしていきたい。

Twitterをフォローする!skyblue_1985jp

iPhoneX 256GB SIMフリー、新品価格の底値が132,800円に値下がり!今週の秋葉原

昨年、秋葉原から撤退したPCネット系のR-mobile。こちらも4月で閉店ということで、閉店セールを実施中。筆者もよく利用していたので残念としか言いようがないのだが、U01など思わぬほ理出し物があるので、ぜひ行ってみよう。

変なお店でお馴染みの秋葉原MADも閉店してしまい、また変わりゆく秋葉原。今週も色々と価格調査してきたので報告。



①新品iPhoneX 256GB底値がついに税込132,800円へ

Apple Store版のSIMフリー iPhoneX 256GBが約1ヶ月ぶりに値下がり始めた。(前回調査時は134,800円)2,000円下がってついに13,2800円(税込)になったのを確認した。

Apple Storeにて正規で買うよりも実に7,000円以上安い。ちなみに64GBは117,800円。10万円越えると一気に敷居が高くなるが、もう少し下がれば再び人気が出てくるのだろうか。例年通りでいけばあと6ヶ月で次のiPhoneが発表される。。

 

②Galaxy Note8ドコモ版も値下がり、底値79,800円へ

前回調査時の82,800円から3,000円値下がり。元の価格が12万円を越えているだけに、もはや買い時価格と言えるだろう。SIMロック解除された物も84,800~86,800円(税込)が未使用品相場となっている。

 

③iPhone6の中古品が一時期のiPhone5s並に下落中

いよいよiPhone5sも次のiOSがサポートされるか分からない中、iPhone6の中古価格が下がってきた。本体の状態により値段も異なるが、最も人気なドコモ版16GBが15,800円(税込)で大量に出回っているのを確認。

 

折しもAppleがバッテリー交換を安く行っているため、買ってバッテリーがあまり持たなかったら交換してもらうというのも大いにありだと思う。

 


最後に

春節が過ぎて少し中国人、マレーシア人、台湾人の観光客が減ったかなという印象があるものの、今日も秋葉原は外国人で溢れている。年度末でセールを打つお店もあるので、ぜひ今月は秋葉原にでかけてみよう。

 

コンピューター関連はもちろん、筆者は詳しくないのだがアニメやネコカフェ、様々なラーメン屋など色んな文化が交わる不思議な街だ。

Twitterをフォローする!skyblue_1985jp

【マニアック】au MVNOで使えるUSBドングル、U01を秋葉原で発見したので即買いした話

秋葉原で中古スマホ、ケータイを扱うR-mobileが4月で閉店するということで、閉店セールへ行ってきた。様々なジャンク品が並ぶ中、「おや、これはもしや!?」と思ったのがWiMAX2+ドングル、U01。

(Jelly Proに負けないスリム感、下り最大220Mbps対応)

実はこれ、ずっと探していたものだった。ドコモ系MVNOで使えるUSBドングルなら転がっているのだが、au SIMで使える物といえばHWD12の一択。さすがに古くなり、もう少しスリムな物が欲しかったのだ。

(F-07CにHWD12を付けて遊んだ懐かしき日々の写真)

 



①WiMAX2+搭載、800MHz帯の4G LTEにも対応!

法人向けWiMAX2+端末。本来であれば正規契約のSIMがあって然るべきなのだが、mineo au回線で検証したところAPN設定で普通に動作した。感覚としては中古でWiMAX2+ルーターを買ってくるのと全く同じだ。

恐らくUQ mobileでも動作するのではないだろうか。というのも筆者の手元にあるUQ mobile SIMは全てVoLTE仕様となっており、U01はVoLTEは非対応となっている。だからWX04やW05など比較的あたらしい種別のSIMは恐らく互換性がないはず。

 

②なぜドングルにこだわるのか

これは理解に苦しまれるかもしれないが、USBドングルにはロマンのような物を感じてしまうのだ。今でこそテザリング機能なり、Wi-Fiルーターでネットへの接続が容易になったが、2010年以前はドングルしかなかった。

 

それをカフェで使いこなすビジネスマンの姿たるや、かっこ良くて仕方なかった。その感覚は今でも残っており、当時みたカッコイイ人たちを自分に重ねているのではないか?という自己分析。。。



最後に

まとまりはなくなったが、R-mobile秋葉原では閉店セールが4月上旬まで行われているはず。懐かしいルーターや思いもよらないジャンク品に出逢えるかもしれない。

(隣にはmineoショップ、向かい側にドスパラなどがある)

そしてUSBドングルはモバイル生活の中で気分転換もかねて時々使っている。ドコモ系SIMで動くドングルは普通に手に入るので、スタバなどでビジネスマン風にドヤってみるといいと思う!

Twitterをフォローする!skyblue_1985jp