秋葉原レポート」カテゴリーアーカイブ

ドコモ新SIMロック解除開始、iPhoneの価値を上下させる意外な基準・・・

ついに、ドコモの新SIMロック解除ルールが開始され、Twitterでは手元の端末が解除できたという喜びの報告で溢れている。懸案事項であったiPhoneまでもが解除の対象になり、中古品の価格が上がるだろうと予想される。

 

秋葉原を観察している筆者の長年の経験から、「SIMロック解除後のiPhoneの価値はどう変わるのか」について述べていきたい。



①外国人需要は付属品次第で大きく変わる

秋葉原には世界中の観光客や留学生が集まるのだが、彼らがまず興味を示すのがiPhoneだ。それも付属品が揃っていることを条件にしており、本体だけの物には興味を示さない人も多い。自分で使うのではなく母国のお土産にするらしいのだ。

(画像はAndroidだが、付属品も未使用だと外国人もニッコリだ)

これからロック解除されたiPhoneは、外国人の注目の的になるだろう。その価値は付属品の有無で大きく左右される。買取屋はもちろん、外国人留学生などが直接参加するオークションサイトなどは顕著なはず。

 

②未使用品も海外需要で高くなると予想

これは以前から書いている通りで、主に中国人が買い占めていく。中国人の同僚に直接聞いたところ、向こうでは「中古品」を「二手(Secound Hand)」と書く。つまり誰かが触った物を触るという意味で、人によっては縁起が悪いものとしているらしい。

(新品との違いは封が空いているくらい。Appleストアよりも安い)

年齢や世代で考え方は違えど、こうして未だに新品にこだわる人が多いという。従って同じくプレゼント需要で、未使用品は買われ続けるだろう。もはや在庫の奪い合いは日本人同士だけではないのだ。



最後に

SIMロック解除されたiPhoneは中古でも未使用品でも大きな需要があるのだが、そこには付属品の有無が大きく関係する。購入後すぐ捨てる人がいるが、絶対に保管しておこう。

(箱の中身は捨てたらダメ、絶対)

iPhone箱内のLightningケーブルは正規価格1本2,000円以上。ACアダプターとイヤフォンを足すと合計で5,000円以上もの価値だ。中古で売ることも想定して、状態よく保管しておこう。

Twitterをフォローする!skyblue_1985jp



ヨドバシアキバ、docomo Xperia XZ1 compact (SO-02K) 機種変更一括1円で販売中!2月28日まで!

ヨドバシカメラ・アキバのdocomoコーナーにてXperia XZ1 compactが破格で販売されている。XiからXiへの機種変更が一括1円で提供されるのは稀で、長期ユーザーにはお勧めだ。



条件は購入サポート、14ヶ月以上の端末利用

特価の条件は、契約や前回の機種変更から14ヶ月が経過していること。更に端末購入サポートを適用するという2点。例えばiPhone8などを一括1円で購入して14ヶ月以上経過している人なども対象になるだろう。

同機種はXperiaシリーズが大幅なデザイン変更する直前かつ最後のコンパクト。2017年度最高峰のSnapdragon835チップセットを搭載しており、やろうと思えば出来ないことがないくらいハイエンドだ。

(メモリはこだわりの4GBを搭載。コスパ最強すぎる)

日本版には言うまでもなくお財布ケータイ、ワンセグが入っているため、チャンスを伺っていた人には絶好の買い時だろう。興味ある人は足を運んでみよう。キャンペーンは28日までとなっている。

13時6分追記

オンライン価格を確認したところ、ドコモ・オンラインショップにて新規・機種変更・MNPいずれも一括648円で提供されている事が発覚。オンラインならば事務手数料が発生しないため、結果的に店舗より安い可能性がある。あわせてチェックしてみよう。

Twitterをフォローする!skyblue_1985jp



値下がり傾向から一転、 SIMロック解除済みiPhone XR 64GBモデルが5,000円程度値上がりへ・・・

2019年の年明けと同時に相場が下がり続け、一時は74,800円まで下がった未使用品iPhone XR。多くはauで契約され、SIMロック解除された物が目立っていた。

(筆者調べの最安値は74,800円でau版が多かった)

つい先日まで64GBを中心に色の種類も豊富に見えたが、2月15日現在、未使用品がほぼ姿を消し、相場は82,800円と前回調査時から約5,000円値上がりした。考えられる要因は2つある。



①旧正月でブーストかかった外国人観光客

1つは旧正月で増えた外国人。少し前なら中国人による爆買いが続いたが、最近は同じく春節で休暇をとる国(ベトナム、マレーシア、台湾、香港など)からの訪日客も増えている。XR 64GB77,800円(税込)を免税で買うと72,037円。

(秋葉原で白ロムを扱う多くのショップが免税に対応している)

Apple製品を扱う国の中では圧倒的に安い。関税が大きすぎて自国ではとても買えないという外国人に大きな需要があるわけだ。

 

②キャリアのキャンペーン渋り

大手3キャリアは、毎年3月に巨大なキャンペーンを行う。これは間違いないと言っても過言ではない。特に3社は総務省から「通信と端末の分離」を迫られており、4月以降、どこまで値下げができるかわからない。

 

ならば、決算目前でもある3月にできるだけ囲い込みを行うはず。それを踏まえ、今月は特価になりにくい状態なのだろう。特価にならなければ白ロムも流れにくい。



最後に

というわけで、あれだけ大量にあった特価iPhone XRは一気に姿を消した。買取価格も一部では少し上昇している模様。ただ、相場が5,000円上がったところで、まだ全然安い。大事な事なので2回書くが、82,800円(税込)は全然安い。

 

検討している人は在庫があるうちに入手しても構わないと思う。そして急ぎでない人は3月のキャンペーンで特価で入手したり、再び白ロムの価格下落を待ってみてはどうだろうか。今後も価格調査を続けたい。

Twitterをフォローする!skyblue_1985jp



Huawei P20 lite 白ロムが品薄、秋葉原で相場が高騰中・・・・

お正月にY!mobileやMVNOとのセット販売が堂々と行われ、大量に市場に出回ったHuawei P20 lite。SIMだけ利用して、端末が売却をするという人が非常に多かった。

(MVNO版が1万円台に突入することはなく、姿を消した。)

12月下旬に18,000~21,000円だった買取価格相場は、年明けに一気に1,5000円まで下落し今日まで至る。そしてMVNO版 国内SIMフリーモデルは底値21,800円にまで落ちていた。

(関連記事:Huawei P20 lite 国内SIMフリー版、ついに未使用品価格が21,800円に値下がり!!



①破格のUQ mobile版、MVNO版が特に品薄へ

UQのアプリが入っていたり、通常版よりもOSアップデートが遅い(場合がある)UQ mobile版は底値17,800円で推移していたが、すっかり姿を消したように思われる。

(au版はSIMロック解除なしでUQ mobileが利用できる)

また、余計なアプリがないMVNO向けモデルは21,800円の底値を記録した後、完全に姿を消した。契約は要らない人には買い時だったようだ。

 

②購入するならMVNOとのセットがお勧め

長らく2万円を切っていたau版に関しては、未使用品(SIMロック解除済)が22,800円にまで値上がりしている。一般モデルと異なり内部ストレージが64GBあるため、アプリを多くインストールしたい人には向いている。

(筆者も契約したBIGLOBE。過去記事を参照されたい)

今から破格で入手したい場合、やはりMVNOとのセット購入一択だろう。特に最初の6ヶ月間200~400円で維持できるBIGLOBEはヨドバシカメラ・アキバで20,000万円OFFで手に入る。縛りも1年しかないため、利用後に解約しても元はとれるはずだ。

Twitterをフォローする!skyblue_1985jp



新品iPad Pro 11inch 64GB Wi-Fiモデル、秋葉原で底値83,800円(税込)を記録!

今月、84,800円まで値下がりを見せていたiPad Pro11inch 64GB Wi-Fiモデルが、本日さらに83,800円(税込)で筆者の観測史上、最安を更新した。Apple Store価格は税込96,984円のため破格的に安い。

そして毎度書くが、外国人観光客が免税で更に安く買っていくため、この価格帯はすぐに売り切れる。その他、特に目立つ特価品はなかったが、今週も秋葉原を調査していきたい。

Twitterをフォローする!skyblue_1985jp



3連休でiPad 2018が特価! Wi-Fi版32GB 新品36,800円(税込)、Apple Pencilも1万円切り!!

東京でも雪が降り、明日も積雪で交通機関が麻痺するなど、本格的な寒さが続く3連休。天気に注意したいところだが、お買い得品も見逃せない。

 

3連休2日目の今日、秋葉原で第6世代iPadが超絶な特価になっているのを発見した。



①Apple Pencil対応、現行モデルが新品で36,800円!

去年の春、いわゆる学生向けとしてリリースされたモデル。今までProシリーズだけが対応していたApple Pencilに対応しながら低価格なのが特徴だ。

 

Apple Store価格 40,824円のため、消費税など含め4,000円程安くなっている。観測の経験上、これより安くなると外国人が免税で買い占めてしまうため、狙っている人は即買いレベルだろう。

 

②Apple Pencil新品も大量に出回る

それから旧型となったApple Pencil第一世代は、新品が税込9,980円。一昔前なら中古品しか買えなかった価格にまで相場が落ち着いた。

これなら2つ買っても46,600円でかなり安い。天候が心配だが、ぜひ秋葉原に足を運んでみよう。これら以外にも掘り出し物があるかもしれない。

Twitterをフォローする!skyblue_1985jp



iPhoneXR, 6s白ロムが久しぶりの値上がり傾向へ。その要因を探る・・・

1月下旬から今月上旬にかけて、未使用品iPhone白ロムは軒並み値下がり傾向にあった。特にSIMロック解除済みXRは74,800円(税込)、iPhone6sは30,800円(税込)の底値を見せていた。

ところが2月10日現在、XRと6sが少しずつ値上がってきたのを感じる。この相場に関して推測していきたい。



①キャリアがばら撒きを抑止する2月

売れ行き不振とされたiPhone XRは、年末年始のセールで一括1円などタダ同然の価格でキャリアがバラ撒いた。これを使わずに白ロム屋へ売却する人が目立ったため、ショップは多くの在庫を抱えていた。

 

その在庫が、ついに少なくなってきたのだろう。買取を続けるも入荷数は12月や1月に比べて圧倒的に少ないはず。今月は、大手3キャリアが超特価販売を控える月なのだ。

 

②白ロム狙いの人は3月待ちが良い

底値が74,800円だったXR(未使用品SIMフリー)は77,800円に、30,800円だったiPhone6sは32,800円に底値が上がりつつある。

次に下がると予想されるのは、3月の決算セール。保証はできないが、大手3キャリアが1年に1度、3月に超特価でiPhoneをばら撒くのは恒例なので、虎視眈々と狙っていくといいかもしれない。

Twitterをフォローする!skyblue_1985jp



在庫数約1,000台!海外版Zenfone4 未使用品SIMフリーが19,800円(税込)と大特価!!

2017年に発売されたZenfone4の海外版が、イオシス各店で超絶な特価(税込19,800円)になっている。バッテリー持ちを重視した兄弟モデルZenfone4 Max (Pro)の上位機種に当たる。

当ブログでもレビューした事があり、概ね文句の付けようがない。ミドルスペックにしては標準・広角の使い分けができるデュアルレンズカメラを搭載し、ステレオスピーカーの音質も申し分ない。

(関連記事:小さいようで大きな変化、Zenfone4 2017をクイックレビュー☆



①海外版なのでau系SIM、ATOKは入っていない

コスパ抜群なのでお勧めだが、注意点が2つ。まず1つはau系MVNOが利用できない海外版であるということ。稀に認識することはあるかもしれないが、OSのアップデートなどで利用できなくなる事がある。

 

更に、日本版では無料でプリインストールされているATOKアプリが海外版には入っていない。この2点が特に気にならない人には問題ない。ぜひ購入を検討してみよう。

Twitterをフォローする!skyblue_1985jp



ヨドバシ、BIGLOBE音声SIM契約で、Huawei端末を2万円OFF!!2月28日まで

年明けから2月3日までと案内されていた、ヨドバシアキバの店舗限定キャンペーンが延長されている事がわかった。条件は音声契約だが、別途キャンペーンがあるため、半年間はお得に維持できるはずだ。

関連記事:2回線目の維持費が6ヶ月間0円!更にHuawei端末2万円OFF!!~ヨドバシ、Biglobe SIMが熱い3連休~

2月3日まで間に合わなかったという人は是非ゲットしよう。個人的なお勧め機種は新品白ロムも品薄になってきたP20 lite、または新発売のnova lite3。気になる人は足を運んでみよう。

Twitterをフォローする!skyblue_1985jp



Xperia Z3中古品、後継モデル以上に高騰中。秋葉原で一体何が・・・

2014年冬、大手3キャリアが販売したXperia Z3の中古品が未だに高い。秋葉原では8,980円~12,800円くらいで推移している。

 

この価格幅を大きく上回る場合は、未使用品か、中古美品の可能性が高い。ところで、なぜ2014年のモデルがこんなにも高いのだろうか。



安定したXperiaシリーズの決定版

XperiaZ3は稀に見る安定機種と言われており、発売以来止まらぬ需要を持った珍しい機種だ。中古品は予備機用などに買われ続け、市場に出回る台数が減るに減っているのだ。一方、後継機種のZ4(Z5)はチップセットの発熱問題が話題となった。

(画像はdocomo版Z4、キャリアの下取り端末としての需要もある)

別に人気がないわけではないのだが、白ロムの供給量は圧倒的にZ3よりも多い。Z4(Z5)の中古品の相場は9,980円~11,800円(税込)程度。

 

あまりにもZ3への需要が止まらず、結果的にZ4やZ5など後継機種の中古価格に並んだり、場合によっては高くなっているのだ。「そんなに愛されているXperiaがあったのか、機会があれば見てみよう」と、読み流して頂ければ幸いだ。

Twitterをフォローする!skyblue_1985jp