秋葉原レポート」カテゴリーアーカイブ

iPhone XS 発売から一ヶ月、iPhone SE相場が32,800円に下落!!~今週の秋葉原~

iPhone XS, XS Max, XRが発表された後、小型でホームボタン付きのiPhone SEが在庫争奪戦に見舞われた。当時、秋葉原では未使用品の32GBモデルが税込27,800円で推移していたが、新型iPhone発表後すぐ売り切れた。

(新型iPhone発表前のiPhone SE 32GB底値。考えられない程安かった)

需要に対する供給が追いつかず、その後相場は36,800円にまで値上がってしまう。あれから一ヶ月、この乱高下が少し落ち着いてきたのでレポートしたい。



①未使用品32GB 、税込32,800円で落ち着く

一ヶ月間、密着して相場を見ていたところ、36,800円を超えることはなく、2週間前には34,800円に落ち着き、今週末にはついに32,800円まで下落した。

Appleが販売を終了するも、あるところには在庫がまだあるようで、元々Y!mobileやUQ mobileで契約された物がSIMロック解除されて販売されている。思った以上に供給が続いており、欲しい人にも一通り行き渡ったようだ。

 

②再び2万円台への突入はあり得るか!?

そこで頭をよぎるのが、「底値が再び2万円台になるか!?」という期待。こればかりは読めない。これから年末に向けてボーナス・クリスマス・年末年始などの商戦が控えているからだ。

 

ボーナスを宛にしたプレゼントや自分用への買い物など、一年の終わりならではの動き方があるかもしれない。どちらにしても在庫が減れば相場が上がるので、平行線を辿る事も考えられる。

 

つまり買いたい時が買い時。もうApple Storeでも入手できないので、欲しい人がいれば今以上の値段にならないうちに買っておきたいものだ。

Twitterをフォローする! skyblue_1985jp



2018年、国内最安ハイエンド!?Zenfone5Zが値下がり、最安値64,800円(税込)で販売中!!~今週の秋葉原~

今月も中旬にさしかかったが、まだまだ発表される機種が待ち構えている。10万円越えのハイエンド機種はいずれもSnapdragon845、つまり今年の最高峰チップセットを搭載するだろう。

 

そんな中、同じくSnapdragon845搭載、DSDV、FOMA SIM対応の凄いやつが値下がりしているのを見つけた。ASUS Zenfone5 2018の上位モデル、Zenfone5Zだ。



①未使用品が64,800円(税込)が大量入荷!?

Zenfone5Zは75,384円(税込)で発売され、長らく白ロム中古を見ることが少なかったのだが、最近ヨドバシカメラなどが70,500円(税込)にまで値下げを実施。

このタイミングに合わせてなのか、秋葉原各地で64,800円(税込)で販売されているのを確認。発売当時より1万円以上も安く、非常にお買い得になっている。

 

②海外版と日本版の違いにだけ注意を・・・

もしも検討されている方がいたら、海外版には注意しよう。ほぼ日本版と同じように使えるのだが、auネットワークが使えない可能性が高い。

また、同機種ではDSDVが謳われているが、海外版は技適の確認ができていない事もあり、4G+4Gが保証されない。auネットワークやVoLTEを使いたいという方は必ず国内版を選ぶようにしよう。



最後に

今年はASUSが大人しいと思ってはいたが、海外ではゲーミングスマホのROG Phoneが盛り上がっており、国内では値下げされたZenfone 4 Maxなどが人気を博しているようだ。

 

どうしてもハイエンドが欲しい、最高峰のゲームが味わいたいという方は検討する価値のある機種だと思っている。当ブログでもレビュー済みなので参照して頂ければ幸いだ。

(関連記事:【速報】オレ氏、ASUS Zenfone5Zを入手!Huawei P20 Proなどと比較レビュー①~Antutuベンチと発熱編~

Twitterをフォローする!skyblue_1985jp



秋葉原に売ってそうで、売ってない物3選~スマホ・アクセサリー編~

秋葉原に行けばあるでしょ!と思い上陸するも、中々手に入らないもの。じつは結構あるのだが、一度では書ききれず、前回に続き第2段。今回は、スマホやタブレットのアクセサリー関連についてお送りしよう。

(前回記事:秋葉原に売ってそうで、売ってない物3選~ケータイ・スマホ編



①海外向けスマートフォンのケースおよびフィルム

日本未発売のGalaxy、Xperia、その他、世界のスマートフォンが揃う秋葉原。これだけのスマホがあるのだから、きっと専用ケースやフィルムもあるはず。

 

そう思って上陸するも、これが驚く程に見つからない。最悪ケースに関しては、汎用性のある大型スマホケースで何とかなっていたが、最近は6inchを超える物も増えてきて対応できない始末・・・やっぱりAmazonで探した方が早そうだ。

(3年前、Galaxy A8を購入するもケースがない自体に。。仕方なくiPhone6 Plusのケースをはめたらピッタリで暫くそれで過ごした事があった・・・)

 

②古いiPadケース

では、せめて日本で発売されたiPadならケースも豊富にあるだろうと思いきや、、今や2010年~2012年までに発売された初代~iPad4までのケースも見当たらない。

(故スティーブ・ジョブズが世界に放った、初代iPadは今でも美しい)

 

確かに初代iPadは今やまともに利用できない程に古いが、iPad2、3はiOS9まで、4に至っては10までサポートされる。壊れていなければまだまだ使えるのだが、とにかくケースが手に入らない。本体そのものはまだ普通に売られているから不思議。。



③SIMロック解除ツール!!

iPhoneやAndroidスマホのSIMロックを簡単に解除できる魔法の道具。。そんな夢みたいな物が秋葉原には存在していても不思議ではない。しかし、99%ない事が筆者の調べでわかっている。

あるとすれば、インターネットでも手に入るような、iPhoneの下駄と言われるもの。今では扱うお店も激減してしまい、もちろん詳しい事は一切教えて貰えない。



最後に

パソコンよりもスマートフォンの売り場面積が広くなった秋葉原。要するに何が売ってないかと言われれば、中古・海外SIMフリースマホを取り巻く修理部品、バッテリー、模型、ケース、フィルム」など単価としては大きくない物と言える。

 

第1回と2回を通して、もし秋葉原で探そうと思っている項目がヒットした人は、Amazonで探してみよう。せっかく来ても電車賃と時間の無駄に終わる事が少なくない・・・・

Twitterをフォローする!skyblue_1985jp



秋葉原に売ってそうで、売ってない物3選(ケータイ・スマホ)編

日本最大の電気街といえば秋葉原。筆者の出現率は95%、365日のうち350日くらいはアキバで過ごしている。多くの人は、「秋葉原に行けば、どんな電気製品でも手に入るのでは!?」と思うかもしれない。

 

しかし売ってそうなイメージはあるのに、実際は全く手に入らないという物は数多く存在する。今回はケータイ・スマホに関する「手に入りにくい物・あまり売ってない物」をご紹介しよう。



①ケータイの予備バッテリー

古くなったガラケーやスマホの予備バッテリーを探しに秋葉原へ来る人は後を絶たない。スマートフォンの白ロム屋は多数存在するが、不思議とバッテリーだけを扱うお店は皆無と言えるだろう。

(そもそもバッテリーが取り外せる機種は減りつつある)

以前はジャンクとして取り扱うお店が数件存在していたが、この5年間でほぼ撤退してしまった。ガラケーはおろか、スマホの交換用バッテリーなども手に入らない。それならば最寄りのキャリアショップへ行くか、Amazonで探す方が圧倒的に早いのだ。

 

②スマートフォンのモックアップ

携帯電話売り場へ行くと置いてあるスマホの模型。これが売ってそうで売っていない。そもそも何に使われているのか調査したところ、「劇団、舞台などで役者が使う小道具」としての需要があるらしい。

(要するにデモ機、実機ではないものをモックという)

iPhoneやAndroidのモックなら、年に何度か湧いて出てくるかもしれないが、タブレットのモックに関しては面白い事に全く見たことがない。スマホ・タブレット黎明期には存在したのかもしれないが、無駄足となるのでネットで探した方がいいだろう。

 

③スマホの修理部品

スマートフォン、特にiPhoneを自分で修理しようという人がいるのだが、その部品だけを探す人も後を絶えない。特にディスプレイだけ、ホームボタンだけなどは、あってもおかしくないように思える。

 

しかしこれも、不思議な事に手に入る事はほとんどない。多くは修理業者が抱えており、その入手ルートも独自だと思われる。どうしても欲しいという人は、これまたネットで探した方が良さそうだ。

 

最後に

他にも色々あるのだが、今日はここまでにしたい。バッテリー単体はヨドバシカメラやドコモショップなどに無ければ無い。(ジャンク品として扱うお店が0ではないが)

 

スマホのモックアップも見なくなったし、iPhoneはおろか、Android用の修理部品というのもどこを探しても見当たらないだろう。その他、「こんな物はどうかな?」と思う物があればコメント欄から質問頂ければ幸い。無駄足を防げるかもしれない・・・

Twitterをフォローする!skyblue_1985jp



iPhone XS、早速21,600円値引き入る!相場下がるiPhoneX、iPhone SE~今週の秋葉原~

10月に入り、iPhone XS発売の祭りも終息を迎えた。型落ちとなったiPhoneX、最後のホームボタンモデルとなった、iPhone SE白ロムに人気が集中している。

 

また、発売されたばかりのiPhone XSに一部値引きが入ったり、iPhone8白ロムが品薄になるなど今週の秋葉原iPhone事情をお伝えしたい。



①SIMフリーiPhone X 256GB、美品中古が10万円を切る

中古品といえど新品同様の物から、傷の多い物までランク付けされている。今回の調査で目立ったのはAランクと呼ばれる美品が99,800円(以下全て税込)になっている事。

今まで未使用品64GBが99,800円を維持していたが、同じ価格で256GBで中古Aランクが手に入るようになった。

 

②値上がり続きのiPhone SE 32GB、34,800円で落ち着く

そしてiPhone XS発売と同時に8,000円くらい相場が高騰したiPhone SE 32GB 未使用品SIMフリーモデルは、34,800円~36,800円相場で落ち着いた。売り惜しんでいた人たちが手放して在庫が豊富になったのだろうか。

これ以上安くなることは考えにくいので、迷っている人は在庫があるうちに確保した方が良さそうだ。



③ヨドバシアキバ、au iPhone XSが21,600円引き

ところでヨドバシアキバでは、MNPによるiPhone XSへの乗り換えで2万円を超える値引きが始まった。ピタットプランでは本体代金の割引がないことから、最初に2万円引かれるのはありがたい。

恐らく別のショップでも、こうした割引が出てきてもおかしくはない。少しでも安くキャリア版が欲しいという人はMNPによる割引を検討してみよう。

 

最後に

iPhone8は64GB SIMフリー未使用品がほぼ品薄状態になり、中古価格は69,800円まで上昇しつつある。Apple Storeで新品買うのとほぼ変わらない。

 

興味深いことにXS、XS Maxが12万円~、iPhoneXが9~10万円、iPhone8が7~8万円と価格帯が幅広くなってきた。引き続き調査していきたい。

Twitterをフォローする!skyblue_1985jp



iPhone XS、早くもキャリア版中古が登場。絶対に注意したい白ロムの話・・・

飽きてしまったのか、それとも合わないから値段が高いうちに売却しようと考えたのか、秋葉原でiPhone XSの中古品が散見されるようになった。さすがに10万円を越えてくるのだが、中には「ローンが組まれた物」が混じっている。

 

ローン支払い中の中古品は今までも普通に存在していたが、最近は24回ではなく48回の分割が組まれている可能性が混じっているのだ。こうなった場合、将来的に不安要素が残る。



①手放したくとも買い取ってもらえない可能性

もしも48分割を組まれた物が白ロムとして出回っていた場合、前の所有者のローン完済は約4年後となる。その間、中古として売却したくとも、買い手がつきにくい事を覚えておこう。

(48回払いでも1回の支払いが3,500円。いかに高額かがわかる)

 

特にオークションやフリマサイトでは残債の組まれたスマートフォンの出品が禁止されており、少なくともネット上では販売が難しい。

 

②中古で買ってもSIMロック解除はできない

去年の11月までは、auに限り契約から180日経過した中古品をショップでSIMロック解除する事ができた。今はそれが廃止され、最初に契約した人以外はロック解除ができない。

 

つまり中古でキャリア版のiPhoneを購入すると永久にロックは解除できず、SoftBank iPhoneならSoftBank系のSIM、au iPhoneならau系SIMでずっと使うしかない。この辺り、購入を間違えないようにしたい。



最後に

中古で出回っても元の価格が高すぎるため、安いと思える価格になるには相当な時間を要するはず。間もなく1年が経過するiPhone Xですら256GBは普通に10万円を超える相場となっている。

 

少しでも懸念材料がある中古を買うなら新品を買った方がいいだろう。そしてauとSoftBankの分割が組まれた物を買う際は、「前の利用者のローン完済が4年後かもしれない。再び中古で手放すのが難しいかもしれない」と覚悟した上で買うようにしよう。

Twitterをフォローする!skyblue_1985jp



ついに消滅したガラケー、ガラホ白ロム~今週の秋葉原~

ガラケーが消えつつあるというのは、もう2年以上も前からお伝えしていた。品薄の始まりはキャリアが回収し始めた2016年の春頃だったように思う。スマホを契約する際に、中古ガラケーを持ちめば「下取り端末」として買い取ってくれるのだ。

 

毎月の料金から500円程度割引かれ、2年間で12,000円。中古ガラケーを1,980円で入手すれば6倍の価格に跳ね上がる。これは利用しなければ損だと、一部の人々が中古探しに躍起になっていた。もちろん、それだけが原因ではない。



①ガラケーを手放したくない世代の需要

スマートフォンがどうしても受け入れられないという層が根強く存在しており、どんなに高くても比較的すぐ売り切れる。例えば、未使用品が19,800円で大量入荷しても一週間持たずに姿を消している。

(au初のガラホ、SHF31。MVNOによるテザリングが可能で非常に便利)

 

「もう手に入らないのなら仕方がないか」と、ある程度の予算を確保しているのだろう。ガラケーがないのなら、ガラホでも仕方がないという事なのか、実はガラホも姿を消している状態だ。

 

②あれだけ冷遇されていたガラホ

Android OSを元に製造され、2015年から大手3キャリアが普及を試みたガラホ。LINEやVoLTE通話が利用できるだけでなく、格安SIMの利用もできるメリットがありながら、バッテリーの持ちが良くないなどとガラケー世代にはずっと不評だった。

(2年前の画像だが、キャッシュバックが10万円を超える事も少なくない)

また、スマホと比べて料金が低価格なことから、総務省のキャッシュバック規制指導から外れやすく、使われない未使用品が大量に白ロムとして出回っていた。auのGratina 4Gなどは顕著だが、今はこのガラホすら秋葉原から姿を消しつつある。



最後に

というわけで、ガラケーを探している人がついに悲鳴をあげはじめた。確かに秋葉原なら販売してそうなイメージがあるかもしれないが、どこへ行ってもない。もし本当に必要な場合は、手間暇のかからないインターネット通販で購入した方が早い。

 

そろそろ、中古が手に入らなくなる事を想定すべき時期が来たのかもしれない。難民はどこへ行くのだろうか。

Twitterをフォローする!skyblue_1985jp



iPhone X SIMフリー未使用品、ついに9万円台に突入!~XS(Max)予約開始後の秋葉原~

先日の秋葉原調査で、iPhoneX 256GBが119,800円(税込)に突入したとお伝えしたが、今度は64GBが大幅に値下がり。なんと10万円を割り込み、税込99,800円を記録した。

 

SoftBank版などの中古品64GBは、77,800円を記録し価格崩壊を起こした気がした。新型XS(Max)が高い中、今からiPhoneを買うなら何がお勧めになるだろうか。



①やはりお勧めはiPhone8、相場価格65,800円

XS(Max)発表前、Apple公式価格税抜き77,800円だったが、1万円値下がりして現在67,800円になっている。だいぶ買いやすくなったが、税込みでは73,224円となるため、未使用品白ロムを購入するのもありだろう。

型落ちになったとはいえ、10年目のiPhoneの一つの区切り、いわば完成形であり指紋認証のある最後のモデルとも言える。買っておいて損はないし、OSのアップデートも今後4年くらい期待できるのではないだろうか。

 

②気分転換にApple Watch Series4という選択肢

iPhone8にこだわらなければ、もちろん7でも十分だ。唯一の4inchであるSEも消えてしまったが、今ならまだ白ロムが転がっている。32GB SIMフリー未使用品は27,800~29,800円のためコスパ抜群、言うまでもなくお勧めできる。

「新製品も欲しいんだよな・・・」という場合はApple Watch Series 4を購入してみてはどうだろう。ペアリングすれば、Apple Payを利用できるようになる。しかも今回は脈だけでなく心電図にも対応しているなど健康器具としても価値ある商品といえそうだ。



最後に

というわけで、手頃な価格でハイスペックを狙うならiPhone8 64GBがお勧め。ワイヤレス充電や最新の機能に拘りがなければ、イヤフォンジャックのある6sやSEでも十分すぎる。

 

逆に、iPhoneは間に合っているが、新製品に手を出したいという場合はApple Watch Series4、またはSeries3あたりを買ってみてはいかがだろう。

Twitterをフォローする!skyblue_1985jp



Apple Storeから消えたiPhone X 256GB、SIMフリー未使用品が秋葉原で税込114,980円へ値下がり!!

iPhone XS、XRが発表された後、Apple Storeがリニューアルされ現行機種だったXの姿が消えた。7は去年の値下げから更に1万円値下がりラインアップに残っている。

(防水でお財布のあるiPhone7で十分なのだが、新しい物が欲しくなるもの・・・)

 

この発表会の影響を受けてだろうか、秋葉原では本日、iPhoneX 256GB SIMフリー未使用品が税込114,980円に値下がっているではないか。



①前回調査から1万円近く値下がり、在庫処分か!?

前回、底値は124,800円で推移していた。つい数日前のことだから、今日価格が変更された可能性も否めない。

(ちなみに64GBは複数の店舗で104,800円を確認。大幅に動いたのは256GBのみ)

 

②しばらくはiPhoneX価格の混乱が続く!?

新型のiPhoneXS Maxが予想以上に高額すぎて、もしかしたらiPhoneXを欲しがる人が増えるかもしれない。しかし、Appleが販売終了となれば在庫の争奪戦が起こるのは自然のこと。

 

かといって、白ロム屋としても販売終了のiPhoneXをiPhoneXSと同等の値段で販売するわけにもいかず、難しい値付けを強いられるような気がしてならない。とにかく買いたい時が買い時、欲しい人はこの週末あたりに値下がりしたiPhoneXを探してみるといいだろう。

Twitterをフォローする!skyblue_1985jp



【9月13日まで】ヨドバシアキバ、Surface Proを超大幅値下げ中(最大約68,000円)!!欲しい人は急げ!!

Surface Goが発売され実機の実演などで盛り上がる中、現行品のSurface Proが緊急値下げされている。場所はヨドバシアキバ、Surface売り場。これはやばい!と思うのがCore i7、メモリ16GB、SSD512GBモデル。



本来280,580円なのだが、特価で223,330円と約57,000円も安い。更にSSD1TBの最上位機種も341,060円が273,010円と約68,000円の値引き。(いずれも税込み)

(こちらが本来の価格、浮いた金額でタイプカバーなどアクセサリーが買えてしまう)

Surfaceシリーズはエグい程に値下がりする事があり、筆者のSurface Bookも10万円値下がりしたタイミングで購入した。まさにそんな状況になっており、既に品切れが出ているモデルもあるため、興味ある人は是非検討してみたい。

Twitterをフォローする!skyblue_1985jp