Apple系」カテゴリーアーカイブ

au音声回線をサクッとシングル化!iPadを使って月額維持費1,080円にした話(2018年6月)

2018年に入り、音声回線をデータ化させる方法が少なくなった。DATA06や07を入手してまで実行するのは手間暇に加えて費用が膨大すぎるし、100%できるという保証もない。そこで見つけたのがiPad 16,200円引きのキャンペーン。これを使って簡単にシングル化できたので記録したい。



①6ヶ月以上の寝かせた回線をiPadに機種変更する

結論から書くと、機種変更でiPadを購入してシングルにしてもらう。条件としては音声回線が契約から6ヶ月目に突入している事(筆者の場合、1月に契約したため今月が6ヶ月目)。この条件を満たすとiPadを16,200円引きで購入できる。

最も安いのは今年出たばかりのiPad 2018 32GB。本体価格60,480円(税込)から16,200円引いて44,280円。これを一括で購入すれば翌日にはSIMロック解除できる。

 

②音声回線とデータシェアさせて月額維持費1,080円

16,200円の割引を受けるも一つの条件として、既存のau回線とデータシェアを組ませる必要がある。3回線余っているので、適当にピタットプランの音声契約と紐づけた。

料金プランは「タブレットプランds(3年)を選ぼう。2年縛りよりも割引額が大きく、iPadを一括で購入した割引が発動し、最低維持費1,080円となる。更にいつ解約しても違約金は9,900円なので精神的な負担も少ない。

 

③iPadは使ってもお得、売っても損はない

実は今回のお会計、驚くほど安い。iPad 2018 32GBはWi-Fiモデルでさえ新品で買えば4万円を越えるのに、明日SIMロック解除できるモデルが44,280円。ビデオパスなど30日間無料のコンテンツ加入を条件に5,000円追加割引をしてくれる。つまり3万円台で購入できてしまうのだ。

そのまま使うのもありだし、SIMロック解除して売却すれば今日現在、41,000円前後の相場で買い取ってもらえる。これで事務手数料を除けば実質0円でシングル化できたことになる。



最後に

というわけで、あっけなく音声枠が一つ空いてしまった。もう一度書いておくと、iPad割引の条件は新規や機種変更で入手した音声契約が6ヶ月目に突入していること。更に既存音声回線とデータシェアを組ませること。

 

いつまで続くかわからないキャンペーンでもあるので、シングル化を考えている人は速攻でやった方がいいかもしれない。ほとんどお金をかけずにできるはずだ。

Twitterをフォローする!skyblue_1985jp

6月のau iPhone8 64GB 一括0円案件、なかなか条件が厳しい話③~Product Redを狙え編~

前回の続きで、無事に下取り端末が1台あたり16,200円で回収され、2台契約ができた。今回は「どうせ契約するならRedにしよう」という話を書いていきたい。



①Product Redは超絶な人気

iPhone7からラインアップに加わったProduct Red。物凄い人気があり、中古市場に出回ってもすぐに売り切れてしまう。何なら、わざわざRedを探しに秋葉原に来る人がいるくらいだし、外国人が見つけて買っていくのを見たことすらある。

(現在使っているiPhone8 Plusは、Product Redのケースに入れて利用しているほど。)

(照明の具合によって明るさの印象がぜんぜん違う)

更にiPhone8に関して言えば、「フロントパネルはブラックがよかった」という声が見事に実現されており、また人気になることが予想される。なので、「もしも売りたくなった時に、買い手が見つかりやすい」という観点で考えると、無条件にRedがいい。もちろん、使う気にならない色なら無理する必要はない。

 

②ヤフオクの落札相場、買取相場はともに6,4000円で推移

例えば2台契約したうち、1台は自分で使ってもう1台は売却したいとなった場合、Redなら狙う人が多いので買い手が付きやすい。しかも白ロムが減少しているため相場が上がっており、今月のヤフオク落札相場は約7万円。(執筆時2018/6/7現在)

 

手数料8%持っていかれても64,400円にはなるから全然悪くないはず。そして白ロムの買取相場もSIMロック解除済であれば軒並み63,000円~64,000円とヤフオクと同水準で推移している。

 


最後に

iPhone7に続き、iPhone8でもProduct Redが出てくれた。2台契約するならば、確実にRedを狙っていこう。もちろん、普通に自分で使うのもありだし、売却するという話になった時も買い手が見つかりやすい。

 

今月は少し条件が厳しい一括0円。待てる人は待ってみるのもいいし、昨日ブログでご紹介したように下取り端末をうまく見つけて激安で入手するのもいいだろう。いずれにしても、狙い目はRed!!

前回:6月のau iPhone8 64GB 一括0円案件、なかなか条件が厳しい話②~下取りはXperiaを探せ編~

Twitterをフォローする!skyblue_1985jp

6月のau iPhone8 64GB 一括0円案件、なかなか条件が厳しい話②~下取りはXperiaを探せ編~

前回の続き。めでたくブラックリストが解除され、本日iPhone8 64GBを2台契約してきた。しかし先月までは緩かった条件が、今月になって厳しくなっている。

(前回:64GB 一括0円案件、なかなか条件が厳しい話~喪明け編)

 

例えば「一括0円」の表記があっても、スマホを下取りに提出する事が前提条件となっている。もしも下取り品がない場合、一括価格が1台につき2~4万円も跳ね上がるため、今までの一括0円より割高感が否めない。そこでお勧めしたいのがXperiaを下取りに出す作戦だ。



①どうにか動くジャンク品のXperia Z3、Z4を探せ!

auが公式で「下取り買取表」を提示しているのだが、SoftBankとdocomoのXperia であれば高く売れることが発覚。これならジャンクで激安で手に入るかもと秋葉原を物色し、Z4を3,980円で3台購入。(1台は予備)

(大事なのは液晶ディスプレイ。ここが割れてない事がとても重要)

注意点は「充電ができて電源が入る、水濡れがない、画面が割れてない」の3点。これがクリアされれば、16,200円で買い取ってくれる。

 

②下取り端末はあらかじめ用意しよう

下取り金額を端末価格に充てる場合、スマホを契約と同時に提出する必要がある。後日郵送になる場合は2年間に渡って月額利用料金からの割引となるので注意。

なお上の表にある通り、画面割れがあると下取り金額4,860円にまで大幅下落してしまうので注意しよう。



最後に

年度末などは下取りスマホなど無くとも一括0円で手に入ったが、auに関しては6月から急に条件が厳しくなってきた印象だ。とにかく一括0円という表記は下取り端末が大前提となっており、そんな都合のいい端末を持っている人などあまりいない。

 

更にXperia以外だとあまり高く買って貰えず、下取り端末がなければ一括0円どころか、普通に一括3万~4万円になる事もある。再び安くなれば嬉しいが、どうしても今月契約したいという方は下取り端末の調達が鍵を握ることを覚えておこう。

次回:6月のau iPhone8 64GB 一括0円案件、なかなか条件が厳しい話③~Product Redを狙え編~

Twitterをフォローする!skyblue_1985jp

6月のau iPhone8 64GB 一括0円案件、なかなか条件が厳しい話・・・①喪明け編

今年のお正月、ヨドバシアキバでiPhone8 64GBを一括契約で大幅値引きしてもらった記事を覚えているだろうか。その後、2月にHuawei nova2を機種変更で購入したり、不要な回線を解約していたら知らぬ間にauのブラックリスト(以下BL)に入ってしまった。

 

これは恥ずかしいので黙っていたのだが、どうなったらBLになって、どれくらいで明けたのか。そして今月のiPhone8 一括0円案件の状況に関して、何度かに分けてレポートしたい。



①恐らく1月に回線を複数解約したのが原因

あくまでauに関する話なのだが、一度契約した回線を122日※以内に解約すると「短期解約」とみなされる。1台だけならまだしも、2台、3台と同時に続けて解約すれば「この人は長く使うつもりがない」とみなされ、次の審査で落ちることになってしまう。

※122日と厳密に定められているわけではない。

1月にWiMAX2+ルーター、iPhone8 64GB 2台を契約した筆者は、同月末に既に所有していた回線2台に加え、タブレット1台を解約。後に気づくことになるのだが、「122日経過したつもりが、実際には122日経っておらずBL入りの原因となった」らしい。

 

②BLが解除されるにも122日

ところがauは懐が広い。たった4ヶ月待てば許してくれるのだ。2月1日からBL入りしたとすると、解除される122日というのは6月上旬。そう、「今日ならばいける」と確信して契約してきたのがau iPhone8 64GB、夢のプロダクトレッド(汗)

 

3月の年度末商戦が最も安く、お得に入手できたはずなのだが如何せん自業自得、BLしていた筆者は見事に審査落ちしていた。(逆に3月に初めて自分のBL入りを知った)



最後に

これがdocomoやSoftBankだと2年くらいは許して貰えないので辛い。一度一括0円などで手に入ると「次も近いうちに追加で欲しい」と誰もが思うだろう。しかし、そううまくいかないのが面白い。

 

さて、梅雨入りと同時に喪明けした筆者のau回線。次回から下取りの実態とタイトルの本題に入っていきたい。

次回:6月のau iPhone8 64GB 一括0円案件、なかなか条件が厳しい話②~下取りはXperiaを探せ編~

Twitterをフォローする!skyblue_1985jp

 

 

 

1分で振り返る、今年のApple WWDC 2018!iOS12の素晴らしいハイライト(笑)

昨日、実はツイキャスで実況しながら見ようと考えていたWWDC 2018。不覚にも疲れて寝てしまったので、2時間以上にわたる録画をすべて観た。今回は発表されたiOS12のポイントをご紹介したい。



①史上初!2013年発売のiPhone、iPadもiOS12へ

2015年からiPhone4、iPhone4s、iPhone5と毎年、順番にOSのアップデートが打ち切られてきた。順番にけば「いよいよ今年はiPhone5sのサポートが終わる」と思われたのだが、なんとサポート続投が決定。5年前のデバイスがサポートされるのはアップル史上初ではないだろうか。

(「Androidの最新OSにアップデートしてる人は6%にしか満たない。本当にアップデートって言えるのか?」とGoogleをディスるクレッグ氏。これは笑った)

新しい製品を買わせるために、OSのアップデート打ち切りというのはよくある話。だがこうした取り組みは素直に嬉しい。

 

②大きな特徴はiOSの最適化と高速化

大きな特徴の一つは「iOSを最適化し、デバイスを高速化させる」こと。プレゼンの中では、例えばiPhone6 Plusは、アプリ起動が40%、キーボード操作が50%、写真撮影の速度が70%も高速化されたとしている。古いデバイスから新しいデバイスまでモッサリ感が解消されるだろうか。

(今持っているiPhoneがもっと長く利用できるはず。バッテリー交換が約3000円で行えるプログラムも活かしたいところだ)

②スマホに費やした時間を分析できる!

更に興味深かったのは「一週間のうち、どこで、どれくらいiPhoneに時間を費やしたかを分析してくれる機能」が追加されたこと。1時間に何回iPhoneを手に取り、どのアプリに何時間使ったかが分かるというから凄い。これでスマホ中毒者減少に繋がるだろうか。

笑ったのは「一日に遊べるアプリの時間を制限させる機能」までが追加されたこと。筆者は子どもの頃、「ゲームは1日1時間にしなさい」とよく言われていたため、世界でも同じなんだなと思った。



最後に

あとはiPhoneXのう○こがしゃべるようなEmojiを自分で作製できる機能が追加されたり、AdobeやLEGO社と提携して本格的なAR機能が実装されるが、個人的にあまり興味がないので割愛(適当すぎる・・・)

 

かなり短いが、iPhoneのiOS12に関してハイライトをまとめてみた。細かい機能の追加よりも「古いデバイスが高速に、きびきび動く」とかスマホ使いすぎを予防する」という発展しすぎたスマホ社会に向き合うというシンプルでいい印象だったように思う。

KeynoteはApple公式から閲覧可能

Twitterをフォローする!skyblue_1985jp

【初心者向け】タブレットでゲームやるなら断然iPadがお勧めな理由、なぜAndroidではダメなのかという話・・・・

前回の続き。Androidでゲームをする場合、できればSnapdragon820以上を搭載したスマホを選ぼうという趣旨を書いた。今回はタブレットの場合はどうかという話なのだが、圧倒的にiPadがお勧めという話を書きたい。



①ハイエンドCPUを搭載したAndroidタブレットがほぼ存在しない

2015年にSONYが発売したXperia Z4 TabletはSnapdragon810を搭載している。これが当時の超ハイエンドだったわけだが、なぜか日本ではこれを越える物が発売されなくなった。現在はSnapdragon600番台を搭載したASUSやHuawei独自のKirinなどミドル級が主流となっている。

 

もちろんゲームができないわけではないが、ゲーム向けと言えるチップセットではない。海外を探せばGalaxy Tab S3などSnapdragon820搭載のタブレットも存在するが、輸入という条件でハードルが上がり万人にお勧めすることができない。

 

②iPadなら2018で十分、たった4万円で最新のアプリが遊べるはず

一方でiPadは既存のモデルなら2014年発売のiPad Air2以降で十分だろう。発売さればかりのiPad 2018はなんと37,800円(税別)で買えてしまうので非常に安い。ちなみにトップ画像はiPad Pro10.5だがAntutuベンチマークが21万点に達しており、言うまでもなくタブレット最強レベルだ。

(価格は安いのに性能はiPhone7と同等かそれ以上と衝撃のコスパ)

さらにiOSの強みとして、アプリが充実しているという点も挙げられる。Androidはアプリの相性でプレイできなかったり、バージョンが古くてダウンロードできないという事がよくあるのだが、iPadは如何せん寿命が長い。2013年のiPad AirですらiOSは現行の11をインストールできるため、サクサクでないとしても十分に動くだろう。



最後に

iPadのRAMが2GBになったのはiPad Air2以降と言われており、Androidスマホのように4GBを越えるのはiPad Pro12.9inchのみとなっている。にも関わらずアプリがヌルサクに動作するのが本当によくできていると思う。

 

最新にこだわる必要がないのだが、なぜか最新のiPad 2018のコスパが抜群すぎるのでタブレットを探している人は買ってみよう!Apple Pencilにも対応しているぞ!

Twitterをフォローする!skyblue_1985jp

3年前に買った人も激オコ!?200万円越えのApple Watch97%オフから見えたウェアラブル端末の話・・・

先日、「コレは凄い!」というセールが行われた。初代Apple Watchの最高級モデル(200万円越え)が97%オフの75,600円(税込)で販売されたのだ。Appleが特許を取得して製造した特殊な金が使われていることから非常に高価だった。

 

だが発売されてわずか3年、即完売したとはいえ、高級ガジェットの儚さを見てしまった。3年前に200万円払った人は何を感じるだろう。



①Apple Payも防水も、セルラーもない初代

初代Apple WatchはCMでやっているようなサーフィンにも耐えられる防水はない。耐水ではあるようだが本当に通知を受けたり、時計で通話するのがメイン。それ以上でも以下でもない。

 

もちろんベルトを変えたり、ある程度カスタマイズすることはできる。しかし、この3年間で200万円分を楽しめる程の物だったと言えるのだろうか。用途は限られても30年使ったとか、愛着が十二分に湧いて大切に使ったならわかる。しかし、ここまで下落すると釈然としないのはぜだろう。

 

②スマートウォッチは速攻で古くなるという教訓

スマートフォンがいい例だが、2年も経つと新しいOSを動かすのにモッサリしてくるものだ。OSが新しくとも、ハードウェアのスペックが追いつかない。だから買い換えを検討する人が出てくるわけだが、200万円のハードウェアが古くなったと言われても手の施しようがない。

 

ある程度大きなPCなどなら、SSDを換装したり、メモリを増設したり、場合によってはCPUを変えて寿命を延ばすことができる。結果として7年使ったとか、10年使ったなら200万円払った甲斐が感じられるだろう。

 

ただ、時間を確認したりアプリの通知を確認するだけの限られた機能が3年経過しただけで最新のOSにアップデートできなくなったり、97%オフで投げ売りされるのは悲しいを通り越した感情が湧いてくる。無限にお金のある人ならまだしも、長く使いたいと思った人は尚更なはずだ。



最後に

wena wristのようにアナログ時計とスマホを連動させるのであれば永遠に使えるのだが、ウォッチ自体がいずれ最新のiPhoneに対応しなくなる可能性もある。そうなったら完全に文鎮となるし、コレクションとして保管するしかない。

 

使い道は人それぞれなので、その人が200万円の価値を感じれば何の問題もないのだが、ガジェットの寿命は私たちの想像以上に短い。もし相応の金額を払うのなら、「次のバージョンが出た時にどうするか?」、「2~3年後に売却して半分にもなるだろうか?」ということを常に念頭に置きながら購入に至りたい。

参照:GIZMODO

Twitterをフォローする!skyblue_1985jp

底値67,800円(税込)、一括0円で契約された iPhone8 64GBがSIMフリー化されて出回る!~今週の秋葉原~

年度末に一斉に行われていたiPhone8、およびXの投げ売りも一段落したところ。今度は売却された白ロムの相場が一気に下がり、SIMフリー化されたiPhone8 64GB未使用品が67,800円にまで下がっている。

Apple Store版との違いなどを含め、今週の秋葉原価格を見ていきたい。




①Apple Store正規価格より17,000円以上安い

自明のことなのだが、一括で購入すると端末のSIMロックを即日解除できるようになった。この事から白ロム市場にはSIMロック解除された物が集中している。一括支払い済でロック解除された物は言うまでもなく分割ローンが組まれていない。

 

Apple Store版との違いは一度開封され、通電チェックがなされている点、本当にそれだけだ。契約からまだ1ヶ月が過ぎてない物も多いため、入ろうと思えばApple Care+にも入れるはず。(これは購入前に確認をとった方がよさそうだ)

 

②iPhoneXも海外版を中心に値下がり

もう一つ注目したいのが、マレーシア版、台湾版など海外版iPhoneXが異常に値下がっている点。日本版との違いはシャッター音が鳴らない事、auでの利用が保証されない事、技適の有無が確認できていない事。

 

底値は64GB新品で107,800円(税込)と一時期15万円を越えていた商品とは到底思えない。



最後に

年度末に比べれば落ち着いたキャリアのiPhone投げ売りセール。Apple Storeで買う物と実質変わらない物が17,000円以上安く手に入るという稀に見る安さ。ここまで来るとiPhone7の新品を買うよりお得だったりするので、気になってた方は今が買い時かもしれない。

Twitterをフォローする!skyblue_1985jp

低価格な新しいiPad 2018、中古iPad Air2の値下げに影響か!?

突如として発表された教育向けの新型iPad 2018。iPhone7と同じA10チップセットを搭載しながら税別37,800円と、かなり低価格だとして話題。もはや慣例だが最低容量も32GBとなり、学生以外でも気軽に買いやすい。

 

だがこれが、中古市場の既存iPad Air2に大きな影響を与える気がしてならない。どういうことか書いていこう。



①2014年発売のiPad Air2、秋葉原の中古はまだ3万円以上する

iPad Airよりも薄型でパワフル、RAM2GBという点で3年以上ロングセラーなiPad Air2。容量や状態にもよるが、2018年3月28日時点で秋葉原の相場は3万円前後。

(まだ余裕で戦えるiPad Air2。Bluetoohキーボードも豊富)

SIMの入るセルラーモデルや容量の大きい64GB以上になれば軽く4万円近くにまで達するのだ。この大量に出回っている在庫、一体どうなるだろうか。3年以上前のモデルにそこまで払うなら「新型iPadをAppleで買った方がいいのでは!?」という見方が当然でてくるはず。

 

②値下がったiPad Air2を選ぶメリット

では、仮に大きく値下がったとして「いくらなら買いたい」と思うだろう。あまり見かけなくなったが未使用品ならば30,000~32,800円が理想だろうか。とすれば当然ながら中古の理想価格は20,000~28,800円くらいとなるだろう。

 

もし、上述した理想価格に近づいたなら買うメリットはあると思う。理由は「本体の薄さがiPad2017、2018よりも圧倒的に薄い」という事実だ。Apple Pencilを使わない人でゲームもしないのであれば、2画面分割に対応したRAM2GBのiPad Air2は超薄型という面でまだ戦えるはず。



最後に

まさに今、iPadを探しているという方は少し静観するといいだろう。このままでは中古よりも新品を買った方が安いのは目に見えており、中古iPad Air2を扱う白ロム業者も価格の見直しを迫られるかもしれない。

 

待ってもAir2の中古価格が改善されないのであれば堂々と新型iPad 2018をAppleから買おう。1年間のメーカー保証付きは大きい。そして中古価格がガクンと下がるのであれば超薄型というメリットのあるAir2を買うのもありだ。両者ともに10inch以下なので、Microsoft officeが無料で利用できる。さぁどうなるか。今週末あたりの動向をチェックしておこう。

Twitterをフォローする!skyblue_1985jp

うどんと呼ばれたAir Pods、3ヶ月連続で品薄が続いてる件・・・

2017年のベストバイに挙げたいくらい、筆者も愛用しているAir Pods。「ダサい、うどんみたい」と賛否両論あった同商品だが、去年のクリスマス商戦を機に常に品薄状態となっている。

(アキバの店頭には一切ない。Apple公式で頼んでも納品は10日以上かかる現状)

一体何がどうなっているのだろうか。完全な憶測だが、今までの情報を元に考えられる事を書いていこう。



①一旦生産が止まり、ワイヤレス充電対応を準備中??

iPhoneXが発表された去年の9月、Apple Watch、iPhone、そしてAir Podsの3種類がワイヤレス充電できるようになるとアナウンスされた。現行のAir PodsはLightningケーブルによる充電のみとなっているが、この品薄はもしかしたら新型Air Podsが準備段階に入った兆しだろうか。

(耳にフィットするという人は辞められなくなるはず)

防水になったり、Siriで操作できるようになるとの噂もある。もしかしたら、毎年マイナーアップデートを繰り返し、少しずつ改良されていくのかもしれない。

 

②それでも価格は高騰せず、探せば手に入る状況

この記事を書いてから、オンラインで在庫をよく探しているというフォロワーさんからコメントを頂いた。筆者は主に足で店頭在庫を探すのだが、ネットならあるところにはあるようだ。

(防水ケースを付けて快適に利用している!)

Amazonなどを中心に在庫を抱えている業者が複数いることに気づく。ヨドバシも、お一人一個までという条件付きでネット在庫なら有りになっている。これは気づかなかった。



最後に

物凄い憶測となったが、いずれにしても次期Air Podsの存在が頭をよぎる。いつ、どんなタイミングで発表されるかわからないが、それはそれで再び品薄が続くのだろうか。

 

去年の秋頃、発売から1年続いた品薄がようやく解消されたと思っていただけに、欲しくてもなかなか買えない状況なのは悲しい。新型が出てまた品薄、手に入らなくなるというサイクルだけは勘弁して欲しい。そして欲しい方は是非オンライン注文でゲットしてみよう!

Twitterをフォローする!skyblue_1985jp