Apple系」カテゴリーアーカイブ

Apple、iPhoneへの5G規格導入は早くとも2020年か!?Bloombergが報じる・・・

この一年を振り返ると、非常に高額だったスマートフォンはiPhone XS Maxがトップ3にランクインするだろう。高額なだけあり、全方向に満足している。

 

ただ、「15万円を越えながら、来年にも始まる5Gに非対応なのは残念すぎる」という一部の意見には筆者も賛同していた。「もの凄い高額なコンピューターを買ったのに、来年から5G対応のiPhoneが出たら怖いなぁ」と。しかし、そんな心配は当分不要かもしれない。



①Appleの5G導入は、早くて2020年!?

ブルームバーグは12月3日の記事で、「Appleは5G対応iPhoneを2020年まで待つだろう」と報じている。すぐに5Gへ対応しても、圏外エリアが多く発生したり、予期せぬ通信障害やスピードがフルに活かせないなどの事態が発生するからだという。

 

確かに、日本のLTE開始時期はまさにそんな感じだった。4Gへの移行はdocomoが2010年より対応端末を出していたが、あまりにも不十分すぎて遅いエリアが頻発する事態を招いた。Xi(クロッシィ)と名付けられた次世代規格が、皮肉にもオソッシィと揶揄された時期があったのだ。

 

②LTE規格が普及した2013年、iPhone5sは最高だった

そして考えてみれば、docomoのLTE通信網が整い始めたのは2013年。東京、名古屋、大阪エリアでLTE Band3が飛び始め、地下や屋内、山間部にも強いLTE Band19も普及し始めた。

 

その年、同社初となるApple製品、iPhone5sをリリースしている。早めにLTE対応Androidスマホを手にするも、通信が遅くてイライラしていたユーザーはiPhoneの安定性に驚いたことだろう。

 

auも主要LTE Band18がiPhone5s、5cに対応し、SoftBankも旧E-mobileを買収してBand3、Band9の普及を急いだ。そういった過去を振り返れば、ネットワーク基盤が整ってから5G iPhoneをリリースした方がユーザーにとっては幸せかもしれない。

 

早くて2020年に5G搭載、ということは少なくとも2年間はiPhone XS Maxが堂々としていられることになるだろう。本当にそうなるかは不確かだが、iPhoneの5G非対応を心配する必要は当面なさそうだ。

参照記事:Bloomberg Apple Will Wait Until at Least 2020 to Release a 5G iPhone

Twitterをフォローする!skyblue_1985jp

 


【悲報】iPad Pro 11inchが品薄状態に!!クリスマス向けプレゼントは早めの準備を・・・

iPhone XRが売れなくて大手キャリアが値下げすると大きく報じられた。毎年ティム・クックCEOが自慢のように公表していたiPhoneの販売台数も今年は謎の非公開。やはり普通に考えて高くなりすぎたことが不振の原因だろうか。

 

その一方で、後から発表、発売された新型iPad Pro11inchおよび12.9inchの在庫切れがたびたび起こっている事に注目。



①Apple Onlineで購入すると、出荷は12月10日以降

Apple Storeから定価で買うメリットがあるの!?と聞かれると、答えはYes。例えば「顔認証が満足いかない」とか「思ったよりサイズが大きかった」など顧客都合での返品交換を唯一受け付けて貰える。

Wi-Fiモデルは店頭在庫のみあり。セルラーモデルは全モデル12月中旬まで在庫切れ)

返品は絶対にしないから大丈夫という人が大半だと思うが、予備知識として知っておくといいだろう。

 

②大手量販店も軒並み品薄、ヨドバシカメラが強い!?

最初は豊富に在庫があったように思えたのだが、ビックカメラなどもオンライン在庫が特に品薄。

ヨドバシ.comには容量によって在庫があるようだが、店頭在庫がゼロであることに注目。これは珍しい事態になった。



③PayPayにチャージして20%オフで買える!?

SoftBankグループの新しいQRコード決済、PayPayが決済額の20%を還元してくれるキャンペーンを利用すれば、iPadを2割引で買える事になる。PayPay対応予定の量販店で新型iPad購入を計画する人もいることから、タイミングが間に合うだろうか。

 

もちろん、今日現在の在庫状況であるため急な入荷などがあるかもわからない。しかし年末になれば生産ラインは確実に止まるため、自分や家族などへのプレゼント予定がある人は早めに確保した方が無難だろう。

Twitterをフォローする!skyblue_1985jp



安すぎる!!正規価格128,000円のau iPhone XS 64GB、MNPで26,000円案件が登場・・・

総務省の指導が非常に厳しくなりつつあるようで、最近ではTwitterで具体的な案件を告知する店が非常に少なくなってきた。SoftBankは以前から徹底して公開していないが、次々と減っている。

(au Online価格は64GBでも12万円越え。今回は26,040円にしてくれた)

 

今日お世話になったお店に関しては、店に行くまで価格を案内してくれなかったため店名は伏せるが、今後は分割による売り方が一般化するのだろうか。



①破格の理由は48分割、キャッシュバックも・・・

条件

  1. 48分割で契約、ピタットプラン
  2. 既存の回線と家族割を組むか、2台契約で家族割を組む
  3. クレジットカードが必要
  4. スマートバリューを組む
  5. 総額1万円程度のオプションに加入
  6. 下取り端末があればキャッシュバック有り

 

本体価格26,040円を48分割するというのが最大の条件。下取り端末があれば、キャッシュバックまで付くというが、下取り用の白ロムも高騰しており今回は手持ちのジャンク品(画面割れ)だけ提出することに。

筆者は既にau回線とWiMAX2+を常用しているので、家族割とスマートバリュー(固定代替)は組めたのだが、これらがないと15,000円くらい値上がるようだ。

 

②48分割とはいえ、実質的な一括払い

前回と同様、いくら金額が低くとも「48回の分割を組むこと」自体に抵抗があり、本当に申し込むか躊躇した程だ。しかし、スタッフの方は「すぐにでも一括精算を申し込んで大丈夫です」とのこと。

一括精算してしまえば、後払いとはいえ一括払いに変わりはない。超特価を受けるために契約の場で分割審査を受けるか、受けないかの違いになる。



最後に

注意事項があるとすれば、分割にすると101日間はSIMロック解除できないのだが、安すぎて許せてしまう。UQ mobileでも普通に使えるようになったし、しばらくXS Maxと二刀流しようかと思う。

 

それにしても、総務省とのイタチごっこが酷い。販売代理店も生き残りをかけているわけだが、携帯電話の売り方、契約の仕方が根本的に変わる日はくるのだろうか。

Twitterをフォローする!skyblue_1985jp



香港版iPhone XRが大幅値下がり!!物理Dual SIMが欲しい人は買い時か!?

中国(香港・マカオ)だけが物理SIMを2枚使えるという仕様に、大きな注目が集まった今年のiPhone。日本を含む他国モデルは物理SIM+eSIMという組み合わせのため、わざわざ輸入する人が多い。

 

筆者もその一人で、非常に重宝している。XS Maxは高すぎるということで、廉価版のXRに注目が集まっているのだが、いよいよ買い時かもしれない。



①Expansysの価格がほぼ現地価格

Expansysでは64GBの価格が103,550円。現地価格(約97,000円)に若干上乗せされているくらい。為替に大幅な変動がない限り、これ以上の値下がりは難しいのでは?と思うくらいだ。

輸入時に消費税が発生するのは避けられないがが、香港へ直接買いに行くよりは確実で、Expansysなら安心できる。

 

②技適云々はあるかもしれないが・・・

筆者は真っ先にXS Maxを購入し、もうすぐ2ヶ月が経過するが全く問題なく利用できている。OS12.1へのアップデートでDSDVに対応し、au+Softbank SIMの組み合わせ以外はSIMの組み合わせも問題ない。

 

世界では早くもeSIMのサービスが開始されており、日本でもiijが検証してサービスを予告するなど話題になっているが、どうしても物理SIMを自由に組み合わせたい人は、いよいよ検討してみるといいだろう。

関連記事:【速報】香港版 iPhone XS MaxがDSDVに対応、国内では4G+4Gが利用可能に

Twitterをフォローする!skyblue_1985jp



LTEモデルが登場!!見えてきた、サブPCとしてのSurface Goの魅力・・・

筆者が愛用するSurface Bookは当ブログ執筆の他、ゲームをしたりタブレットとして単体で使ったり、唯一無二のPCとして毎日使っている。沖縄にも香港にも持っていくし、旅先でも大活躍だ。

(香港で利用したゲストハウス。どこへ行くにも、もう手放せない)

一つだけ惜しい点があるとすれば、ヒンジの部分もあり少し分厚いという特徴だ。これまで散々持ち歩いてきたが「やっぱりサブPCが欲しいな」という結論に至った。



①最初に候補に挙がったのはSurface ProとiPad Pro

新品で買おうと思った時、候補に挙がったのがSurface ProとiPad Pro。どちらも甲乙つけがたいのだが、キーボードとセットで揃えると軽く10万円を越えてくる点がまず引っかかった。

(Surface Bookをタブレットにすると、角度によっては大きすぎてしまう)

 

Surface Proに関して言えばBookより一回り小さいのだが、サブ機としてはまだ大きい。どうにか10~11inchで抑えたい。そうなるとiPad Proと思ったのだが。。

 

②PC OSとは性質が異なるiOS

一方でiPad ProはUSBの外付けデバイスを動かせなかったり、iTunesの母艦になれないなど、基本的にはiPhoneを拡大させた物。iPadは欲しいが、PCという視点から見ると候補から外れる事になった。

 

(あと、日頃から述べているが、物理キーボード接続時に好きなIMEを利用できない最大の問題。)



③LTE版登場で再注目のSurface Go、求めてた大きさ・・

そんな事を考えていたら、突如LTE搭載のSurface Goが発表された。残念ながら法人向けモデルなのだが、このニュースを見てからSurface Goに再注目することに。Wi-Fiモデルの売り場にかけつけてみると、、、

(10インチで522g。旅先でホテルから出た時などにちょうど良すぎる!)

とてつもなく求めていた大きさではないか!!発売された当初は見向きもしなかったが、「ちょっと持ち運ぶのに快適すぎるPC」という観点では今年の新製品のベストポジションにいるような気さえする。



最後に

スペックは非常に低いため、動画編集をしたりゲームをする事は期待できないし、そうした用途ではお勧めもできない。「ちょっとメインPC持ち歩くのはしんどいよな」的な人にぐっと来る、そんな一台だ。

 

メモリ4GB、SSD128GBで89,800円(税込)は決して安いとは言えないが、他を見渡してもこれに匹敵する薄さ、軽さを誇り、なおかつタッチパネル対応の製品は見当たらない。ちょっと舐めすぎていたSurface Go。

 

iPadはiPadで欲しいというのに、とんでもない物に遭遇してしまった。非常に困ったことになった・・・・

参照記事:CNET JAPAN 「Surface Go」タブレットのLTE版、11月20日発売へ–まず北米から

Twitterをフォローする!skyblue_1985jp



iPad Pro11inch 発売が原因か!?新品 iPad Pro10.5 inchが底値63,800円(税込)に値下がり!~今週の秋葉原~

発売以来、ずっと人気で相場が全く下がらないiPad Pro10.5 inch。64GB Wi-FiモデルのApple価格は69,800円(税込75,384円)。筆者の長期にわたる観測では67,800円が底値で、それ以上に値下がる事はほとんどなかった。

ところが11inch, 12.9 inchが発売されてから最大で4,000円下がっているのを発見。今週の秋葉原を観察していきたい。



①iPad Pro10.5 inch Wi-Fiモデル、底値63,800円~65,800円

Apple Store価格と比較して、最大でなんと15,000円も安い。浮いたお金でApple Pencil(第1世代のみ対応)を購入したり、ケースやフィルム代に充てるくらいの余裕がある。

 

ちなみに新型iPad11 64GBはWi-Fiモデルで89,800円(税込96,984円)、今日みつけた10.5inchとの価格差は34,000~36,000円となる。

 

②10.5inchを買う理由は十分にある

では10.5inchが型落ちになったのかと言われれば、まだApple Storeが現行品として発売している。それどころか1円も値下げされていないのだ。ラインアップが追加されたくらいの感覚なのだろうか。

筆者も発売日に購入したiPad Pro10.5inchだが、魅力としてはiPad 2018よりも薄く、非常に軽い。廃止されたイヤフォンジャックとLightningケーブルも健在だ。

 

新型も欲しいけれど10万円近くする。Type-Cになったのは歓迎だけれどiPhoneとケーブルを統一できなくなる。イヤフォンジャックもあったほうがいい。そんな人にはむしろお勧めしたい一台。これから年末にかけての値下がりに注目したい。

Twitterをフォローする!skyblue_1985jp



Apple製品即買いする私が、iPad Pro11inchの購入を躊躇う理由3選・・・

非常に個人的な話なのだが、筆者のモバイルライフは「出たら即日に買う」、「どうやってでも手に入れる」という、半ばどうでもいいテーマで成り立っている。

 

これまでのiPhoneシリーズがそうであるように、特にApple製品は並んでまで買うのだ。今回のiPad Pro11 inchも無論欲しい。

(画像は初代iPad。少し角ばった感じが非常に懐かしく一番好きだった)

 

「すみません、これ下さい」という言葉が喉から出かかったのだが、今回は何かが心に引っかかり発売日は様子をみた。そして11日を迎えた今日、なぜ躊躇っているのかが明確に見えてきたので日記として書いておきたい。



①素晴らしいデザインなのにハイエンドのみ

久しぶりにモデルチェンジしたiPadは持ちやすくて軽く、使っていて全くストレスがない。「よし、生活に取り入れよう」と注文する段階に心は動くのだが、これはiPad Proでありエントリーモデルではない事に気づく。

(こんなに刷新されたのにハイエンドだけ。それはiPhoneにも言えるかもしれないが)

 

そこまでクリエイティブな事はしないし、ペンも要らない、けれど普段の生活にiPadが欲しいくらいの人にはオーバースペックなのだ。では、それを諦めてエントリーモデルのiPad 2018を買うか?と言われると、今このタイミングで買う必要もない。

 

②最上位モデルだけRAMが大容量

とはいえ、筆者は常にオーバースペックを経験している。なんだかんだで、買おうと思った瞬間、次のニュースが飛び込んできた。

 

なんと、容量1TBの最上位モデルだけがRAM6GBで、内部ストレージ64GB、256GB、512GBに関してはRAMが全て4GBだというのだ。これは知る由もなかった。

256GBまでであれば現実的で購入を検討するが、1TBモデルは税込みで19万円越え。さすがに冒険する理由もない・・・・



③恐らく日本語IME問題は解決できていない・・・

日本においてiPad ProがノートPC代わりになれない理由はIMEだと思っている。せっかくGboardやATOKなど自由なIMEが選択できるにも関わらず、物理キーボードを装着するとAppleの純正IMEに戻ってしまうのだ。

 

筆者の知る限りiOS12でも修正されておらず、iPadを使って文章を書くなどPC代わりに使いたい人は苦労を強いられるはず。(文字変換の必要がない英語圏の人は羨ましい)

 

最後に

そんな事を書いているうちに、新しいニュースが入ってきた。ガラスフィルムによってはFace IDがスムーズに利用できなくなる現象が発生しているらしい。RAM6GB問題といい、少し静観した方がいいだろうか。

参照記事:livedoor NEWS iPad Proは1TBモデルのみRAM 6GBを搭載?

Twitterをフォローする!skyblue_1985jp



ヨドバシアキバ、auコーナーでiPhone XS, XS Max, XRを4万円値引き中!!

発売開始から早い段階で、21,600円も本体からの値引きが入っていた新型iPhone。昨日、新品が定価割れしていると書いたばかりだが、MNP新規契約も安くなっているようだ。

(関連記事:iPhone xs max 512GB 新品が一部定価割れ、iPhone SEは再び品薄へ~今週の秋葉原~

ヨドバシアキバ、auコーナーでは6~9日にかけて43,200円オフになるセールを実施していた。



①本体からの値引きか、ヨドバシポイントを選択できる

一方で気になる看板があった。48分割で購入すれば40,000ポイントが付与されるというのだ。スタッフの方に聞いてみたところ、43,200円を本体価格から値引きをするか値引きなしで40,000ポイント付与させるか選べるらしい。

 

②もっと安くなるような予感がするが・・・

11月11日がいい買い物の日ということで、11日までセールを行う携帯電話ショップが多い。しかし今年も残すところ2ヶ月を切っていることから、再び別のキャンペーンが開始さそうな気もする。

 

10万円までは許容範囲だけれど、iPhoneに15万円は払えないと思っていた人は今後のキャンペーンでXSやXS Maxが一部10万円以下で入手できるだろう。実際、iPhone XS 64GBは今回の4万円割引を使えば既に8万円台になるはず。

 

ただしほとんどの場合がMNPで契約することが条件になるので、今から乗り換えの準備をしておこう。1万円程度の違約金を払ってでも安く手に入るはずだ。

Twitterをフォローする!skyblue_1985jp



auの「ぐっとiPadおトク割」にiPad Pro11inchが追加、16,200円引きで購入するチャンス!!

iPhoneとセットでiPadを契約するか、もしくは契約から6ヶ月以上が経過した回線を機種変更すると、auのiPadを安く買う事ができる。

(関連記事:au音声回線をサクッとシングル化!iPadを使って月額維持費1,080円にした話

今日発売されたばかりのiPad Pro 11およびiPad Pro12もラインアップされていた。どれくらい安くなるのかを見ていこう。



①11inch 64GB CellularモデルはApple正規より1万円安い

まずキャリアとApple Store価格が異なる点に注目したい。Appleは税別106,800円(税込115,344円)。

一方、税込み表示のauは64GBモデルが120,600円、Apple価格より5,000円程高く設定されている。

ただし割引を効かせると税込104,400円となり、Apple正規価格より10,944円安くなるのだ。

 

②一括で購入すれば1,000円以下で維持できる!?

auのスマートフォンとデータシェアを組めば、スマホ側のパケットを共有できるためタブレット側で割高なプランに加入する必要はない。

 

本来、iPad基本使用料1,700円+LTE NET 300円、計2,000円(税込2,160円)発生するのだが、一括購入すると毎月割が1,315円発生するため、実際には1,000円以下で維持できるはず。



最後に

早速発売された実機を見てきたが、初代iPadを彷彿とさせるような触り心地で非常に懐かしく思わず欲しくなった。

 

au walletポイントや量販店のポイントが大量に貯まっている人は、更に割引して本体を買えるはず。これに限らず、うまいことキャンペーンを見つけて安く買いたい。

Twitterをフォローする!skyblue_1985jp



iPhone XS Max 512GB 新品が一部定価割れ、iPhone SEは再び品薄へ~今週の秋葉原~

新型iPhoneといえば、長くて1ヶ月くらい在庫が切れてもおかしくはない。しかし超高額になったせいか、今年はApple Storeの在庫が途絶えることはなく、10月までは白ロムもあまり出回らなかった。

 

11月に入り、ようやくSIMフリー未使用品を見かけるも、なんとApple Store価格より安いお店が散見された。今週の秋葉原事情をお送りしたい。



①iPhone XS Max 512GBが定価割れ

今年最も高額なiPhone XS Max 512GBが163,800円(税込み)とApple Store価格177,984円(税込み)よりも14,000円程安い。しかもこれ、Apple Storeから購入されたもの。

転売されても定価より高い時期が続く傾向にあったが、発売開始から2ヶ月経たずして14,000円も安くなるのは近年稀。少しでも定価より安く買いたい人は未使用品を買うのもありだろう。

 

②価格が落ち着くも再び品薄のiPhone SE

9月のiPhone発表会で、iPhone SE2が発売されなかったことから小型iPhoneへの人気が殺到し、27,800円で推移していた未使用品相場が36,800円にまで跳ね上がった事があった。

11月に入りSIMフリー未使用品の底値は31,800円まで落ち着きを取り戻したが、再び品薄になりつつある。本当に欲しい人は納得した価格で出回っていたら買ってしまった方がいいだろう。



③iPhone8品薄・・・

新型iPhone8発表前に、あれだけ在庫処分していたiPhone8がものすごい品薄となっている。ホームボタン付きの最後のモデルとはいえ、とにかく未使用品がない。あったとしても64GBモデルが71,800円など全く安くない。

(9月に撮影。この時のようなラインアップはもはや店頭では見られない)

 

特に4.7inchモデルと比較して最初から生産台数が少ないPlusに関しては特に品薄で中古価格も変動しない。安く欲しい人はキャリアの一括案件を狙うといいかもしれない。

 

最後に

今日は新型iPad発売日ということで、銀座などApple Storeは賑わったようだ。筆者も触ってみたが、初代のiPadのように丸みを帯びたデザインに一目惚れしてしまい、喉から手が出る程欲しい。

それこそ、キャリア版で安い案件が出てこないか、中古・新古品を含め、虎視眈々と狙っていこうと思う。

Twitterをフォローする!skyblue_1985jp