Apple系」カテゴリーアーカイブ

iPhone XS 発売から一ヶ月、iPhone SE相場が32,800円に下落!!~今週の秋葉原~

iPhone XS, XS Max, XRが発表された後、小型でホームボタン付きのiPhone SEが在庫争奪戦に見舞われた。当時、秋葉原では未使用品の32GBモデルが税込27,800円で推移していたが、新型iPhone発表後すぐ売り切れた。

(新型iPhone発表前のiPhone SE 32GB底値。考えられない程安かった)

需要に対する供給が追いつかず、その後相場は36,800円にまで値上がってしまう。あれから一ヶ月、この乱高下が少し落ち着いてきたのでレポートしたい。



①未使用品32GB 、税込32,800円で落ち着く

一ヶ月間、密着して相場を見ていたところ、36,800円を超えることはなく、2週間前には34,800円に落ち着き、今週末にはついに32,800円まで下落した。

Appleが販売を終了するも、あるところには在庫がまだあるようで、元々Y!mobileやUQ mobileで契約された物がSIMロック解除されて販売されている。思った以上に供給が続いており、欲しい人にも一通り行き渡ったようだ。

 

②再び2万円台への突入はあり得るか!?

そこで頭をよぎるのが、「底値が再び2万円台になるか!?」という期待。こればかりは読めない。これから年末に向けてボーナス・クリスマス・年末年始などの商戦が控えているからだ。

 

ボーナスを宛にしたプレゼントや自分用への買い物など、一年の終わりならではの動き方があるかもしれない。どちらにしても在庫が減れば相場が上がるので、平行線を辿る事も考えられる。

 

つまり買いたい時が買い時。もうApple Storeでも入手できないので、欲しい人がいれば今以上の値段にならないうちに買っておきたいものだ。

Twitterをフォローする! skyblue_1985jp



iPhone XR予約した!?本命と言われていたはずが在庫潤沢すぎる件について・・・

もしかすると、「すっかり忘れていた」という人がいるかもしれないが、今日はiPhone XRの予約開始日だったのをご存知だろうか。今回、筆者は購入予定がないものの、どれだけのペースで予約が埋まっていくかを見守っていた。

 

16時3分頃、Apple Storeへの接続が復活し、発売日である26日の8時00分~30分にApple Store銀座で受け取るが可能だった。その後、成り行きを見守るも・・・



①午後10時、全在庫が当日受け取り可能・・・

予約開始から6時間経過したが、売り切れている容量、カラーはイエロー64GB一つだけ。

しかしそれでも当日の受け取り在庫は有りとなっておりXSやXS Maxの時以上の残り具合となっている。

驚いたことに、この64GBのイエロー以外は全て在庫あり、26日に自宅への配送が可能となっている。

 

②XRは本命ではなかったのか!?

iPhone XS (Max)が高額すぎるため、筆者の認識ではXRを本命とする人が多かった。無論、購入の方向で予約した人もいるだろう。しかし、この1ヶ月で意識がAndroidへ流れてしまったユーザーがいるかもしれない。

 

如何せん、Google Pixel3の日本投入は意外だったし、Galaxy Note9やXperia XZ3など魅力的な機種が今冬リリースされる。



最後に

とはいえ、まだ予約開始が始まったばかり。先月と同様、土日で一気に予約が埋まり、なんだかんだで発売当日に行列ができる可能性もなくはない。ただし、XS(Max)の在庫は一ヶ月経たずに潤沢。

 

一体どうやって捌いていくのだろうか。ハロウィーンやクリスマス、年末年始特価セールと銘打って、かなり忖度された価格になれば大歓迎なのだが・・・(汗)

Twitterをフォローする!skyblue_1985jp



【改訂版】意外と知られていない!? Y!mobileのiPhone SIMの話

SoftBankが展開するY!mobile。SIMフリーと名の付くスマートフォンであれば使える確率が非常に高く、かなり使いやすいブランドと言っても過言ではない。

(いずれもnano SIM。ぱっと見は同じだがn141だけが特殊)

 

SIMのサイズがnanoであればn101(n111)、microであればm101(m111)とSIMカード自体に表記があり、基本的に同じ仕様である。ただ一つだけ混乱を招く要素があるとすれば、同社が展開するiPhone専用のSIMだ。俗にn141 SIMと呼ばれる。



①Y!mobile iPhone専用 “n141 SIM”

もしも手元にn141と書かれたSIMをお持ちの方がいれば、それは間違いなくY!mobileで契約したiPhoneに付属するSIMだろう。同社が販売した今までのiPhone5s, 6s, SE同士で使い回しできるもので、単体での発行はしてもらえない。

 

一応はiPhone専用となっているため、他のSIMフリースマホに挿しても「基本的に電話しかできない」。そしてY!mobileの公式APNを入力しても反応しない。

 

では、Y!mobile版iPhoneが壊れてしまったらどうすればいいのだろうか。実はn141 SIMを使った逃げ道が2つある。

 

②AndroidのSIMフリースマホを使いたい場合

あまり知られていないのだが、実はn141 SIMには専用APNが存在している。なぜかY!mobileも公表しておらず、ひょっとすると社員の方ですらご存知ない。ネットに落ちている非公式APNが以下の通り。

APN:kqtqjs

ID:tnsrknk

PASS:cmtknrn

認証:PAP or CHAP 

これを入力すればSIMフリーのAndroidスマホでもWindows Phoneでも利用可能になり悩みは解消されるはず。ただしあくまでも非公式なので、保証の対象外ではある。



③一体なぜ!?n141 SIMとSoftBank版 iPhoneに互換性あり

意外と知られていないのだが、SoftBankがリリースした過去のiPhone5s~8(Plus)にn141 SIMを挿し込むとY!mobile表記が登場し、通話・データ・テザリングの仕様が可能になる。SIMロックが解除されている必要はない。

(写真はiPhone8 Plus。SIMを入れただけで通信させるにはiOS12にアップデートする必要がある)

 

だから、「Y!mobileで契約したiPhoneが壊れてしまい、交換品がすぐ欲しくて困った」という際はSoftbankの中古iPhone5sや6など価格の低い物を繋ぎとして買うか、とりあえず安価なSIMフリーAndroidスマホに専用APNを設定すれば難を逃れられるはず。



まとめ

Y!mobileで出回っているほどんどのSIMが同じ仕様になっており使い回しがきくのだが、iPhoneは特殊仕様になっており、そのAPNは公開されていない。

 

Softbank版のiPhoneやSIMフリーのAndroidでn141 SIMが幅広く使うことができるのは知っておいて損はない。もしかしたら、一般的なY!mobile SIMより貴重なのかもしれない。

Twitterをフォローする!skyblue_1985jp



au iPhone XS 64GB、早くもMNP 一括64,000円が登場!!

どれだけ安くても税込みで12万円を超えるiPhone XSシリーズ。MNPに限った話だが、auへの乗り換えで本体が安く買える案件が出始めている。

 

テルルモバイル川口では平日限定としてiPhone XS 64GB 64,000円という案件が出ていた。



①iPhone XSがほぼ半額で手に入る

条件として、下取り用の端末が必要となる。用意できない場合、2万円程高くなるので注意したい。更に料金プランはピタットプランへの加入が指定されている。

その他、いくつかの有料コンテンツがあるが定価に比べたら安すぎないだろうか。一括で支払えば翌日SIMロック解除できるし、格安SIMを入れても良い。

 

②総務省の指導が厳しくなったか・・・

恐らく、探せばより安い案件は存在しているはずだ。というのも、auを扱う携帯電話ショップがSNS上に具体的な値引き金額の提示をしない傾向にある。

 

SoftBankは以前から控える傾向があったのだが、今後auも片っ端から問い合わせないと案件が見つけにくくなるかもしれない。



最後に

よく聞かれるのだが、大手3キャリアから販売されるiPhoneはSIMロックを解除してしまえば、Apple Store版と何ら変わらないモデルとなる。

 

年末まで待てば、まだまだ安くなるだろうか。人により乗り換えのタイミングは異なるので、ベストな時期を見計らいたいものだ。

Twitterをフォローする!skyblue_1985jp

 

Pixel3要らなくない!?今やGoogle機能のほとんどがiPhoneで利用できる話・・・

昨晩、午前0時頃から正式に発表されたGoogle Pixel3。初めての日本発売、そしてFelica搭載との情報もあり、欲しいことは欲しい。何よりiPhoneのように値段が高すぎない事もポイントの一つだろう。

 

しかし、Androidでしか利用できなかった目玉機能のほとんどが、今やiPhoneでも利用できるのをご存知だろうか。今日は筆者も愛用するiPhone向けGoogle機能をご紹介したい。



①Google Assistant

AIが搭載され、初代Google Pixelのみ対応とされていたGoogle Assistant。程なくして他のAndroidにも解放され、なんとiPhoneでも使えるようになった。これが非常に頭の良いもので、Siriよりも実用性が高い。

例えば「日本の外務大臣は誰?」と聞いてみたところ、ある程度情報をまとめて提示してくれる。しかも、その場合は読み上げてくれるのだ。一方でSiriは見つかったURLを一覧で表示させるだけ。

答えたくない質問は「すみません、よくわかりません」と濁してしまう。一方Googleは「ハグして!!」といえば「いいですよ。ギューーー!!」などと茶目っ気まで出してくれる。これがiPhoneで利用できるのだから使わない手はない。

 

②Google日本語入力、Gboard

優れた無料IMEといえばWindows、Mac、AndroidにリリースされているGoogle日本語入力だろう。実はiPhoneにもGboardという名前でリリースされており、非常に便利。

片手モードがあるためiPhone XS Maxでも楽に入力できる。ATOKなど有料ソフトを使わなくとも十分に機能するため、お勧めだ。

 

③Google lens

カメラをかざすと被写体の情報をある程度読み取って、スマホに取り込んでくれる機能なのだが、iPhoneのGoogleフォトアプリにも実装された。



最後に

ここに挙げた通り、Google Map、Calendar、Youtubeなど既存アプリはもちろん、Android向け最新機能も続々と実装されてきた。特にGoogle Assistantは非常に便利なので、使った事ない方はぜひ利用してみて欲しい。

 

というわけで「Pixel3も魅力的で欲しいけれど、言い訳して欲しいのを我慢する記事だった」なんて、一言も言っていない。

Twitterをフォローする!skyblue_1985jp



iPhoneのバッテリー劣化具合がわかるようになった今、中古市場に変化はあるのか!?

iOS12からiPhoneのバッテリー劣化具合を調べられるようになった。85%を下回るとiPhoneの性能が落ちると言われているが、「実用に絶えないレベルは一体何%なのか」、様々な人に聞いて統計をとってみた。

 

結果、出てきた答えが51%。この数値に至ると次のようなことが起こる。



①一度放電してしまうと、充電に3~4時間かかる

まず驚くのは、「あれ、ついに壊れたかな?」というくらいに電源が入らない。放電したiPhoneは遅くともは30~40分で、ある程度充電されるのだが、消耗具合の酷い物は電源入るのに普通に3~4時間かかる。(Androidも同様だ)

 

そして興味深いのは、電源が入った途端に100%まで充電されていること。言うまでもなく、みるみる減っていき再び長時間の充電が必要になる。この状態のiPhoneのバッテリーライフを見ると、どれも51%と表記されている。

 

②中古市場、iPhoneバッテリーに変化あるか!?

中古のiPhoneを購入する際、今までは前の所有者がどの程度利用したか区別する術がなかった。当たり外れは予想できなかったが、バッテリー寿命をiOSで確認できるようになった以上、中古市場に何らかの変化があっても不思議ではない気がする。

(丸一年、ガッツリ使い込んだiPhone8 Plus。一日数時間ゲームをする事が数ヶ月あったが、それでも97%で良好)

「バッテリー寿命が95%以上で良好です」などという謳い文句が出てくるだろうか。また、白ロムの買取価格、販売価格に影響を及ぼすものだろうか。全く予想がつかないが今後の市場変化に注目していきたい。

Twitterをフォローする!skyblue_1985jp



Y!mobileのiPhone専用SIM, iPhone7/8 Plusで特殊構成プロファイルが不要に!!

Y!mobile iPhone 5s, 6s, SEを契約すると付属するn141 SIM。これをSoftBank iPhoneと互換性がある話は以前からお話しているが、新たな発見があったので追記。

同SIMをiPhone7、8で利用する場合、今まで特殊な構成プロファイルを入れる必要があったのだが、iOS12からはSIMを挿しただけで使えるようになった。そしてY!mobile表記になった点に注目したい。

(関連記事:意外と知られていない!?Y!mobileのiPhone SIMの話



①Touch IDを利用するiPhoneは全てn141対応へ(非公式)

元々、SoftBank(またはSIMフリー)iPhone 5s/6/6s/SEに関してはSIMを挿すだけで使えていたのだが、ここにiPhone7/8 Plusが加わることになる。 

(そもそも、ブログに頂いたコメントで初めて知った・・笑)

 

これで「Touch IDのあるSoftbank (SIMフリー)iPhone≒n141 SIM対応になった」と言えるだろう。100%でない理由は、Y!mobile非公式のため。ちなみにTouch IDのないiPhone Xはまだ検証が取れていない。

 

②n101、n111はY!mobile公式プロファイルが必要

Y!mobileでAndroidスマホとセットで契約したn101, n111 SIMは従来通りのY!mobile公式プロファイルが必要となる。

(見た目は同じだが、n141だけ特殊であることを復習しておこう)

つまりSIMフリーiPhone7/8 Plusに挿しただけでは通話しかできず、データ通信もできない。更にn101、n111 SIMはSoftBank iPhoneと全く互換性がないので注意したい。



最後に

n141 SIMはY!mobile非公式ながらSIMロックのかかったSoftbank iPhoneと互換性があるだけでなく、Androidでも利用できてしまうのが非常に面白い。

 

そして、今回の件がY!mobile iPhone7/8発売の前兆なのか否か、全く予想できない。ひとまず、「あ、便利になった。よかったな。」くらいに捉えておきたい。

Twitterをフォローする!!@skyblue_1985jp



iPhone XS、早速21,600円値引き入る!相場下がるiPhoneX、iPhone SE~今週の秋葉原~

10月に入り、iPhone XS発売の祭りも終息を迎えた。型落ちとなったiPhoneX、最後のホームボタンモデルとなった、iPhone SE白ロムに人気が集中している。

 

また、発売されたばかりのiPhone XSに一部値引きが入ったり、iPhone8白ロムが品薄になるなど今週の秋葉原iPhone事情をお伝えしたい。



①SIMフリーiPhone X 256GB、美品中古が10万円を切る

中古品といえど新品同様の物から、傷の多い物までランク付けされている。今回の調査で目立ったのはAランクと呼ばれる美品が99,800円(以下全て税込)になっている事。

今まで未使用品64GBが99,800円を維持していたが、同じ価格で256GBで中古Aランクが手に入るようになった。

 

②値上がり続きのiPhone SE 32GB、34,800円で落ち着く

そしてiPhone XS発売と同時に8,000円くらい相場が高騰したiPhone SE 32GB 未使用品SIMフリーモデルは、34,800円~36,800円相場で落ち着いた。売り惜しんでいた人たちが手放して在庫が豊富になったのだろうか。

これ以上安くなることは考えにくいので、迷っている人は在庫があるうちに確保した方が良さそうだ。



③ヨドバシアキバ、au iPhone XSが21,600円引き

ところでヨドバシアキバでは、MNPによるiPhone XSへの乗り換えで2万円を超える値引きが始まった。ピタットプランでは本体代金の割引がないことから、最初に2万円引かれるのはありがたい。

恐らく別のショップでも、こうした割引が出てきてもおかしくはない。少しでも安くキャリア版が欲しいという人はMNPによる割引を検討してみよう。

 

最後に

iPhone8は64GB SIMフリー未使用品がほぼ品薄状態になり、中古価格は69,800円まで上昇しつつある。Apple Storeで新品買うのとほぼ変わらない。

 

興味深いことにXS、XS Maxが12万円~、iPhoneXが9~10万円、iPhone8が7~8万円と価格帯が幅広くなってきた。引き続き調査していきたい。

Twitterをフォローする!skyblue_1985jp



iPhone XS、早くもキャリア版中古が登場。絶対に注意したい白ロムの話・・・

飽きてしまったのか、それとも合わないから値段が高いうちに売却しようと考えたのか、秋葉原でiPhone XSの中古品が散見されるようになった。さすがに10万円を越えてくるのだが、中には「ローンが組まれた物」が混じっている。

 

ローン支払い中の中古品は今までも普通に存在していたが、最近は24回ではなく48回の分割が組まれている可能性が混じっているのだ。こうなった場合、将来的に不安要素が残る。



①手放したくとも買い取ってもらえない可能性

もしも48分割を組まれた物が白ロムとして出回っていた場合、前の所有者のローン完済は約4年後となる。その間、中古として売却したくとも、買い手がつきにくい事を覚えておこう。

(48回払いでも1回の支払いが3,500円。いかに高額かがわかる)

 

特にオークションやフリマサイトでは残債の組まれたスマートフォンの出品が禁止されており、少なくともネット上では販売が難しい。

 

②中古で買ってもSIMロック解除はできない

去年の11月までは、auに限り契約から180日経過した中古品をショップでSIMロック解除する事ができた。今はそれが廃止され、最初に契約した人以外はロック解除ができない。

 

つまり中古でキャリア版のiPhoneを購入すると永久にロックは解除できず、SoftBank iPhoneならSoftBank系のSIM、au iPhoneならau系SIMでずっと使うしかない。この辺り、購入を間違えないようにしたい。



最後に

中古で出回っても元の価格が高すぎるため、安いと思える価格になるには相当な時間を要するはず。間もなく1年が経過するiPhone Xですら256GBは普通に10万円を超える相場となっている。

 

少しでも懸念材料がある中古を買うなら新品を買った方がいいだろう。そしてauとSoftBankの分割が組まれた物を買う際は、「前の利用者のローン完済が4年後かもしれない。再び中古で手放すのが難しいかもしれない」と覚悟した上で買うようにしよう。

Twitterをフォローする!skyblue_1985jp



カメラはどっちが綺麗!?Galaxy Note9 と iPhone XS Maxを比較レビュー②

今回、カメラ性能で大きな飛躍を遂げたというiPhone XS Max。Galaxy Note9と比較してどうなのか、数日検証してみた。最初に言っておくと、写真の撮り方がド素人なのだがご容赦頂きたい。

(関連記事:どちらがお勧めか!?Galaxy Note9 と iPhone XS Maxを比較レビュー!!①



①飯テロするならGalaxy Note9

まずはXS Maxから見ていこう。試しにアップルパイを撮影してみたのだが、ご覧の通り、お世辞にも美味しそうには見えない。

そもそもが、美味しそうな形に切れていない気がするのだが、それでも次の画像をご覧頂きたい。圧倒的に光量が違っている。

こちらがNote9で撮影したもの。この他、Twitterでピザの画像を比較したのだが、どうやら飯テロ系はGalaxyに軍配が上がりそうだ。

②夜景は互角!?ともに白飛びを克服している

次に夜景撮影に注目したい。午後9時近くの、千代田区外神田、末広町交差点。以前、iPhoneもGalaxyも白飛びが目立ち、画面右側の広告募集看板が真っ白になる程だった。今回は両者とも申し分ない。まずはiPhoneから。

貸広告の文字がハッキリ捉えられており、画面中央下のローソンの青までもクッキリしている。Huawei P20 Proには及ばない気もするが、これなら十分だろう。同じ角度からNote9で撮影したのがこちら。

どちらが確実に優れていると、一目瞭然に断言できるレベルではなくなっている。夜景は今後も取り続けたいが、今の所互角といったところだろうか。

 

③ポートレートモード、ボケの範囲はiPhoneが上か!?

花瓶の花を撮影し、背景ボケを調整した。XS Maxで撮影したのがこちら。

けっこう細かくボケを調整できるので、ほぼ限界までボカシてみた。ほぼ同じ角度から今後はNote9で撮影したのがこちら。

こちらも限界までボカシたのだが、背景にある椅子や、花の左右がiPhoneほどにボケていないのがわかる。これは好みが分かれるところだろうか。



最後に

それにしても、iPhoneとGalaxyのカメラにここまでの伸び代があるとは思わなかった。これ以上の質をスマホに求めるのは酷な気もするが、Huaweiなどの中国スマホメーカーはこの先をゆくのだろうか。

Twitterをフォローする!skyblue_1985jp