Apple系」カテゴリーアーカイブ

mineoがiPhone7/7 Plusの取り扱いを開始。これ、auへMNPすれば一括0円じゃないか。

mineoが国内版SIMフリーのiPhone7/7 Plusの取り扱いを始める。容量は128GBから、しかもカラーは人気のProduct Redがあり、ファンにはたまらないだろう。

MVNOからiPhoneが出るのは非常に嬉しいことだ。だが大手3キャリアは今、iPhone7の在庫処分に注力している。mineoで大枚はたいて買わなくとも0円で入手できるではないか。

 

①新規またはMNPでauのiPhone7をもらう



お正月には既にiPhone7の一括0円が既に始まっており、iPhone8と差を付けるためにキャッシュバックを行う店舗もあった。条件は購入サポート(最低12ヶ月利用)だが、ピタットプランへ加入すればいい。)

 

詳細はリンク先の過去記事を参照して頂きたいのだが、一括0円で入手しても12ヶ月間は1,000円の割引が毎月入るため最低1,980円(税別)で維持できる。

 

するとどうだろう。mineoのiPhone7(毎月の本体代金3,250円)よりも、iPhoneもらった後のauの維持費(1,980円)の方が圧倒的に安い。mineoは本体代金3,250円に加え、SIMの維持費がかかるはず。

 

②mineoにはない、MNOという大きなメリット

もう言うまでもあるまい。auにはテザリング、全国のWi-Fiスポット(一部4月から有料)、au walletカード、ショップでのサポートなどMNO品質以外にも複数の利点がある。

 

SIMロックに関しても契約後100日が経過すれば解除できてしまうため、実質的に条件はmineoと同じ。敢えて違うといえばauではRedの入手が難しい、0円の対象が時に32GBの場合があるくらいだ。

 

③皮肉すぎる話、au寝かせてもう1枚MVNO契約してもmineoより安い

とはいえ、mineoの方がauより総合的な通信費が安いのは事実。au回線を思い切り使えば通信費が5,000円~6,000円以上に跳ね上がる。

 

であれば、毎月1,980円のauを12ヶ月間そのまま寝かせ、新たに好きなMVNOを契約するのもあり。例えばiij mioのSMS+データ3GB付き(月額1,040円)を契約したとしよう。

 

寝かせたau維持費(月額1,980円)とiiji mioの月額維持(1,040円)の合計が3,020円。まだmineoの1ヶ月分のiPhone本体代金より安い。

 

最後に



mineoはau回線を利用したMVNOの先駆けであり、淘汰されるMVNO時代に新しい事を考えて頑張っている企業の一つ。個人的に好きなので応援はしている。

 

今回のiPhone7の導入はある程度効果的であるはず。しかしiPhone7がキャリアの処分特価、しかもauで一括0円が手に入る限り、これに勝るものはない。

 

家族4人でmineo iPhone7の分割を組むのもあり。家族4人でiPhone7を4台0円で貰い、大型キャッシュバックをもらうのもあり。当事者が納得すれば何でもありなのだが、情報戦は制していきたい。

(追記:もしも今後、mineoがiPhoneとSIMのセットをキャンペーン価格などで販売してきた場合、記事内容と若干異なることになるため、その際はまた記事にしたい)

Twitterをフォローする!skyblue_1985jp

【続編】iPhone8 PlusにモバイルSuicaを2枚入れたら生活が激変した話・・・

前回、Felica搭載のiPhoneにはSuicaを複数枚入れられる事、それを分けて管理することで急場を凌いだり毎月の生活費管理が楽になるという趣旨を書いた。

今日は書き足りなかったVIEWカードとApple Watchに関して追記したい。


①Suica Viewカードがあれば確かに最強なのだが・・・

前回の記事を読んで、「急場なんてViewカードがあれば問題ないじゃん、アホか」と思った方が一定数いらっしゃると思う。本当におっしゃる通りでJRのSuica Viewカードさえあれば残高不足の場合にオートチャージされるため、電車やバスには確実に乗ることができる。

 

残高が下回ったら設定した額がチャージされるため、その残高で買い物もできる。以前使っていたのでそれは重々承知なのだが、超絶に便利すぎて使途不明金が発生しやすくなる」という盲点もある。よほど管理能力ある方でない限り使いすぎが発生する。

 

だから筆者はYahoo Japan Suicaカード(新規募集停止)を解約し、「じぶん銀行」に決まった生活費を入れて、それをLINE Payカード経由で「交通費」用、「食費・雑貨用」用と2枚のモバイルSuicaにチャージするようになった。

 

②iPhone7以前の人はApple Watch Series2から参戦できる

話は変わるが「自分はiPhone6(s)、SEだしApple Payは関係ないや」と思われる方もいるだろう。ここで強調しておきたいのが、Apple Watch Series2(3)があればiPhone6やSEでもSuicaが使えるという話。

 

腕で決済する事になるのだが、できる事は前回書いたことと全く同じだし完全防水なので水に落としても壊れない今のiPhoneを使いながらApple Payを使いたいなら相場が下がってきたSeries2の中古を買ってモバイルSuicaデビューするのもいいだろう。


まとめ

VIEWカードではなくLINE PAYカード経由でモバイルSuica 2枚持ちにした結果、

①使途不明金が無くなり、無駄が一切なくなったし
②使った金額に対して2%の金額が戻ってくるようになり、
③通信エラーや残高不足で足止めされることがなくなった。

結果的に物凄い生活が変わる事になった。iPhone7や8を持ってない方も、Apple Watch Series2から同じ事ができるので、興味がある方は是非試してみてほしい。

Twitterをフォローする!skyblue_1985jp

iPhone8 PlusにモバイルSuicaを2枚入れたら生活が激変した話・・・

wena wristを使いながらもSuicaだけはiPhoneに頼りっぱなしの筆者。LINE PAYカードでチャージするため、常にチャージ額の2%が還元されるのは以前書いた通り。

今回はタイトルにもある通り、同じiPhoneにもう一枚Suicaを追加したら生活が変わったのでご紹介したい。



①突然の残高不足を解決

(iPhoneはモバイルSuicaを2枚以上入れることができる)

スーパーで買い物する際、または電車やバスに乗る際、「あ、Suicaの残高がない。チャージし忘れた。」という事態を経験したことはないだろうか。

 

一人で行動するならいいのだが、誰かと一緒にいる際、特に急いでいる時なら焦ってしまうだろう。これを解決するのが2枚持ち。

 

Androidと異なりiPhoneはモバイルSuicaを複数枚入れることができる。普段は1枚目のSuicaを使うようにして、急な残高不足に直面したら2枚目を選択すれば、ひとまずその場を突破することができる。

 

もちろん、急場を凌いだら即座に1枚目の残高不足を解消するためにチャージして、2枚目も使った分はチャージしておこう。2枚持ち歩くわけではなく、1つのiPhoneの中に2枚が入っているわけだから「面倒くさい」と思うところまでいかないだろう(たぶん)。

 

②チャージできない通信環境下で役に立つ

関連した話になるが、外出時にチャージしようとするも「通信環境が悪くてエラーが発生」などという事態によく直面する。個人的にに多いのがフリー Wi-Fiを拾おうとして失敗するパターン。Wi-Fiをオフにしても、なかなかエラーから復帰できないことも。

 

そんな時は、やはり2枚目のSuicaが生きてくる。1枚目が通信エラーでバグっていようが、2枚目は余裕でチャージ可能。①に加え、確実に「できる男」になっておきたい(自分への戒め)。

 

③単純に財布を分けるという目的にも役に立つ

①と②では緊急時用ということで経験談を書いたのだが、交通費と買い物用に分けるというのもありだろう。それぞれの1ヶ月分の予算をチャージしておけば、予算管理が非常にやりやすくなる。

 

もちろん、分けたからと言って乗り物用Suicaが残高不足になったら、緊急用として買い物用Suicaでその場を凌げばとてもスマートだと思う。



最後に

iPhoneでモバイルSuicaが使えるようになって1年以上が経つ。だいぶ生活に馴染んできたものの、残高不足や通信エラーでチャージできない事はどうしてもでてきてしまうもの。

 

けれどiPhoneであればSuicaを複数枚、しかも年会費や利用料金が一切無料で使えるため、これを活用しない手はない。そしてチャージには2%のポイントが還元されるLINE PAYカードを使うというのを念押しして終わりたい。

Twitterをフォローする!skyblue_1985jp

 

 

 

 

 

 

iPhoneX、買うの今でなくてもいいのでは?という話・・・

実は先月、iPhone8 Plus 256GBを購入して非常に満足していたのだが、やはりiPhoneXも気になって今月3日に入手した。デザインや操作感、何からなにまでが目新しく、ただただ感動するばかりだった。

顔認証が不完全なのでは!?と思うこともあったが、段々と認識率が向上し「これはこれでありだな」と十二分に満足できるものだと感じている。

では、そんなに満足した物を一体なぜ手放してしまったのか。日記程度に書いていきたい。



①ほとんどの操作が従来のiPhoneで賄えてしまう

大きな理由の一つがこれ。ネットでの調べ物、動画閲覧、SNSなど基本的な事から3Dグラフィックが必要なゲームなど、実はXでなくと十分に動作可能なアプリがほとんどであり、iPhone7などでも十分すぎる。

むろん圧倒的に持ちやすくなっているのでデザインや未来感に価値を感じて買うのならわかるが、筆者にはiPhone8 Plusで十分と思い、手放そうという発想に至った。

②既に存在するベゼルレスデザインの賛否

少し話がずれるが今年、40万円を越えるデスクトップPC、Surface Studioを導入した。それこそ、40万円払わなくとも半額でそれ以上のスペックを誇るPCは容易に手に入るのだが、あえて高額なSurface Studioを選ぶには十分な理由があった。それに代わる似た商品が存在していないからだ。

ではiPhoneXはどうかというと、Galaxy S8やPixel2、LG V30など競合のAndroid端末が既に複数存在している。もしも今Androidの世界に似た製品がなければ凄まじい反響を呼ぶだろうし、14万円どころか、それ以上払ってでも買う価値はあっただろう。

だが実際には春頃に発表されたGalaxy S8などは白ロム相場が下がってきてdocomo, auともに今日現在の秋葉原最安値が59800~64800円と大幅に下落している。

ここまで価格差がついてしまえば、Androidのベゼルレスを求める層が一定数でてきてもおかしくはない。

(Xiaomi Mi Mixは正直、iPhoneXに負けないくらいカッコイイ)

③来年のMNP一括を待てばいいのかも・・・

毎年のことではあるのだが、大手3キャリアが型落ちのiPhoneを一括0円で投げ売りしたり、大幅値引きする事は自明であろう。もしもiPhoneXが同じくMNP一括低価格で手に入るのなら、むしろそれを待つのもありなのではないかと思ってしまった。

一括購入サポートが条件だとされても、本来10万円を越える商品がタダ同然で手に入るのならお得と言えよう。ともかく、そんなことを考えていたら「また安くなったら買えばいいのでは?」と思ってしまったのが3つ目の理由だ。

まとめ

iPhoneが登場して10周年ということもあり、久しぶりに刷新されたデザインに世界中が湧いているのは理解できるし、筆者も製品自体には本当に感動している。

素晴らしい物に変わりはなく、それくらいの価値はあるのだろうが、12~14万円払う割には従来のiPhoneと機能に大差がない。であれば、安くなったiPhone6s以降くらいを買っておいて、浮いたお金を他の事に費やすとか、来年以降おこるであろうキャリアのMNP施策を待って安くなってからでもいいのではないか?と思い手放すに至った。

14万円のiPhoneを買って、もとをとるくらいクリエイティブな仕事をできるのなら話は全く別なのだが。。

Twitterをフォロー skyblue_1985jp

ドコモ正規契約より持ち込み契約が安い、SIMフリーiPhone SEの話

 

iPhone7の発売に伴いiPhone SEの値下げがなされたのはご存知だろうか。税込み53784円まで下がったのは嬉しい。筆者も「買おうかな?」と思ったのだがドコモオンラインショップの価格を見て驚いた。ご覧あれ。

 

 

①本体代金がSIMフリー版よりも異様に高い

dse

 

 

税込69984円。そう、SIMフリー版より16200円高い。例えば分割で買ったとすると本体代金を毎月945円払わねばならない。一括で買ったら純粋に16200円高いという話になる。

 

ではSIMフリーで購入したiPhoneをドコモに持ち込むとどうなるか。単純に毎月の945円がかからなくなり、月額料金を抑えることができる。それどころ最初からSIMフリーなので6ヵ月待たずして海外にも行ける。

 

②16200円あればAppleCare+に入れる

isecare

 

この価格差は大きすぎる。例えば最初から付いてくるハードウェア保証1年と電話サポート3カ月を2年間に延長するAppleCare+に加入してもお釣りがくるし、買うとけっこう高いケースやフィルム代に充てることもできよう。

 

まとめ

 

あくまでも今日現在の話なので今後どうなるか未知数だが、MNPや機種変更でドコモで正規に契約するのは高くなりすぎる。なので少しでも節約したい方にはAppleでSIMフリーを購入した上でドヤ顔でドコモに持ち込むといいだろう。

 

Y!mobile iPhone5sが情弱向けビジネスな話

Y!mobileからiPhone5sが販売開始されたので色々と調べてみた。月額の料金が安く見える事から「お、いいじゃないか☆」と思っていた。

 

しかし、よくよく内容を見ていくと恐ろしいことが発覚。結論として絶対に契約しない方がいい。その理由を記していこう。

 

 

①国内SIMフリー版と同じ価格なのにSIMロックがある

 

Ymobile公式ホームページに表記されている端末価格。

スクリーンショット 2016-03-06 9.43.32

 

63504円とある。「けっこうするんだなぁ、じゃあSIMフリー版は高いんだろうなぁ」と思いApple Store価格を見るとご覧の通り。

 

スクリーンショット 2016-03-06 9.42.17

 

58800円、消費税を入れると、、63504円!!無論、Apple Store版はSIMフリーだからSIMロック版との価値は全然違う。

 

 

②なぜ契約しない方がいいのか

 

1.売却する時の価格が全然違う

 

SIMロック版、しかもSoftbank版よりマイナーとなると需要が一気に減る。仮に不要になって売却するとなった時の価値はApple Store版と天と地ほど差がでる。

 

 

2. 仮にIMEI制限があったとしたら一生の終わり

 

存在しないことを信じるが、仮に「YmobileのiPhone5で契約したSIMはiPhone5sでしか使えない」となると一貫の終わり。

 

故障した時に、ひとまず別の端末を使いたくとも使えずY!mobileに大金払って修理依頼を出すしかない。

 

 

③実質負担額をいかに捉えるかで変わるかもしれない・・

 

唯一のメリットがあるとすれば、分割にすると端末の負担額が108円に抑えられる点。しかしこれは、今まで消費者が散々体験してきた実質0円商法と何ら変わりはない。

 

Y!mobileの料金プランが安いから、たまたま全体的に安く見えているだけではないだろうか。

 

まとめ

 

 

SIMロック解除に応じる事ができずに国内SIMフリー版と同じ価格設定をしていることに驚いた。

 

ならば運用の仕方を豊富に選べるSIMフリー版が圧倒的に融通がきくし売却時の事を考えると尚更Y!mobile版のメリットを感じない。

 

失礼かもしれないが、情報弱者向けビジネスと呼ばざるをえない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

存在感が薄れてきた!?SIMフリーiPhoneの今

SIMフリーの先駆けといえばiPhone一択だった。技適もあったし、ドコモSIMで動かすのも面白く、ワクワクしたものだった。

 

国内版SIMフリー版を出したのは敬意を表するし、今後にも期待している。

 

だが、「本当にグローバルフォンなの!?」って思う事も多々あるので、今日はその辺りを記録していこう。

 

 

①APNの自由な設定ができない事がある

 

SIMフリーiPhone5sは香港版、南米版、⚪︎⚪︎版といくつか存在しており、国内SIMフリー版以外に例えばドコモSIMを入れると電話しかできない。

 

APN設定項目がなく、どうしようもない。結局、moperaのAPN構成プロファイルをダウンロードして動かすしかない。

 

行きたい国へ行った時、同じ事が起きたらどうするだろうか。筆者ほど詳しくてもさすがに旅行先のキャリアAPNまでは知らないし、APNプロファイルが「英語」で手に入るとも限らない。

 

APN設定ができないSIMフリー電話を安心して使うことができるだろうか。

 

ちなみにiPhone4や4s、5あたりまでは自由に設定できたのだが。。

 

 

②国内版SIMフリーの存在意義

 

格安SIMであればドコモ系列が使えるiPhoneだが、auに関してはiOS8以降だと使えない。つまりiPhone6全般が使えない。VoLTEに移行しつつあるau SIMもVoLTE SIMは利用不可。

 

 

③ワイモバイルSIMとか使います?

 

ワイモバイルはiPhone専用の構成プロファイルを用意している程なので、SIMフリーiPhone6などで利用可能だ。だから、ドコモSIMと入れ替えが激しい人であればまだSIMフリーiPhoneの利用価値はあるだろう。

 

 

まとめ

 

国内SIMフリー版ではau VoLTE SIM、mineo、UQ mobileが使えず、ソフトバンク系でMVNOはでていない。結局、ドコモ系SIMの利用率が高くならないだろうか。

 

(だったら、ドコモ版で良くない?という話)

 

そしてAPNの設定ができないiPhone5sが増えてきている。SIMを挿すだけで使えるのはおそらく国内SIMフリー版に3キャリアのAPNがプリインされているからだろう。

 

APNの設定ができないなら海外で即役に立つわけがないし、国外SIMフリー版もドコモで利用するのに苦労するのなら、本当にグローバルフォンと呼べるだろうか。

 

使い勝手よりも円安で値段が上がっている(汗)

新MacBook争奪戦、勝(買)ったったww

発売されてから品薄が続いているMacBook 2015。アップルストアでも2〜3週間待ちになっており、なかなか手に入らない。そこで、ヤフオクに出てた新品の争奪戦に参加してみた。

スクリーンショット 2015-06-12 5.44.07

 

ちなみに新品で買うと税込で16万704円。価格.comの最安値が15万6000円。だから予算としては155000円あたりだった。

 

タイミング的にゴールドしかなかったのだが、争奪戦の結果、、、

スクリーンショット 2015-06-12 5.50.35

 

なんと15万4000円で落札!キターと思ったのだが、一瞬怖くなった。金額が大きすぎてヤフーかんたん決済の手数料が8000円と書いてあったのだ( ;´Д`)

 

それじゃあ全く意味ないし、銀行振込も一旦口座に入れたり手数料がいくらかかかる。面倒だなぁと思ってたんだけどもヤフーカードが全てを解決してくれた。

スクリーンショット 2015-04-16 17.55.47

 

これを使うと月1回まで「かんたん決済手数料が無料」になることをすっかり忘れていた。結果、手数料8000円が0円に⭐︎そして持っていたTポイント2000円を消化することができ、結局支払ったのは15万2000円!!

IMG_0064

 

その後すぐに届き、スタバでドヤ顔で「開封の儀」(笑)

 

ちなみに、いつ購入されてどれくらい保証が残ってるのか確認したところ、

スクリーンショット 2015-06-12 6.07.48

来年の6月10日まで、つまり丸Ⅰ年の保証が残っていた。出品者の住所宛に中国から届いた段ボールに入っていた。(アップルオンラインで購入した模様)これは開封してからⅠ年ということになるのだろうか。

 

ちょっと長くなったが、無事に安く新型MacBookが手に入った(≧∇≦)これから使い倒し、Twitterやツイキャス、Youtubeなどでどんどん使用感をレビューしていきたいと思う。

 

 

 

docomoカケホ+2GBを月々1980円で維持することに成功?

ドコモと言えば月々サポートの大盤振る舞いが売りの一つだった。今となっては2000円未満の物が多く、唯一iPhone6だけが3510円付いている(今日現在)。どうすれば安く維持できるか、書いていこう。

IMG_20150607_174411

 

①オカボ+家族まとめて割で一括買いをする

 

 

ドコモのiPhone6はMNPで購入すれば1台あたりが数万円安くなる。以前ドコモを使っている事、さらに2台同時が条件となるが筆者は税込み54000円(2台分)で入手できた。

 

 

②来月からプラン変更の予約をする

 

契約する時は音声契約2台セットが条件となるだろう。だが端末購入サポート(プラン1年縛り)がないので契約後は自由に変更できる。契約した月のうちに次のようにプラン変更する。

 

1.1台目をカケホ+SPモード(又はmopera)+2GBにプラン変更。

 

2.2台目を「2台目プラス」として1台目に紐付ける。

 

3.月々サポートが3510×2=7020円なので、維持費は9000-7020円で1980円となる。

 

 

③MNPのタイミングはいつがいいのか

 

ドコモが一括0円でバラマキを始めると月々サポートが雀の涙になるだけでなく、一年以内の解約に対して膨大な違約金がかかる。

 

だから以前のドコモユーザーで2回線ある方は、厳しい条件が付く前にiPhone6をMNPで2台購入するといいだろう。

 

 

まとめ

 

今回のMNPで筆者はドコモの「カケホ+2GB」を月額1980円で維持できる環境が整った。これ以外に安く持つ方法は今のところ思いつかない。

 

今はあまり安い案件を聞かないので、7月〜8月あたりが本番になるかもしれない。

 

 

 

 

 

 

 

【追記】Softbank iPhone5系SIM、一部使用不可に。。

本日早朝よりSoftbankのiPhone5、5s、5cのSIMカード(いわゆる黒SIM)が、他のスマートフォンで利用不可になった模様。

 

ただ、筆者も含めEMOBILE版 Nexus 5などでは問題なく動作しており、使える使えないの法則がつかめていない。明日のiPhone6及び6 plusの販売に備え、何かしらの制限がかかったか、今後気になるところ。

 

詳細は追って記事にする予定です。

 

【追記】

Twittterのフォロワー様から検証結果を頂きましたので掲載させて頂きます。

 

iPhone5s SIMで動作確認がとれた機種一覧

 

Xperia Z2

XperiaZ1f

XPERIA Z Ultra

Galaxy Note3

Nexus5

 

いまだに明確な原因は判明しませんが、今後SoftBankのiPhone5SIMは今までのように快適に使えなくなってしまうかもしれません。