Apple系」カテゴリーアーカイブ

「分離プラン」の副作用、2018 年 iPhone XS/XS Max の在庫が悲鳴をあげる・・・

MNP 契約における割引規制がはじまって 1 ヶ月。その余波はかくじつに中古スマートフォン市場にも波及している。

とくに影響が大きいのが 2018 年モデルの iPhone で 12 ~ 15 万円した iPhone XS ( Max ) の中古品がいまだに 10 万円を越えている。

例年ならば今ごろ 2018 年モデルが投げ売りされるのだが、今年はそうならず大変なことになっている。



2018 年・2019 年モデルの価格差がせまい

何が起きているかというと、iPhone 11 Pro (Max) と iPhone XS (Max) の中古品に価格差があまり生じなくなっているのだ。

上でご紹介した iPhone XS (Max) は高いもので 114,800 円。では iPhone 11 Pro はといえば 112,800 円でほぼ同じ。

むろん容量や状態によって価格は変わってくるのだが、この程度の差であれば新型が選ばれてしまうこともあるし、下をみると iPhone XR が 64,800 円で入手できるためそちらに流れる人もでてくるだろう。

10 万円を越えながら「型落ち」という烙印をおされ、しかも例年より売価がたかい。これは中古スマートフォン業界が頭を抱えることになるだろう。

 

キャリアショップはもっと悲惨?

泣きたいのはキャリア・ショップも同様だろう。型落ちといえ iPhone XS/XS Max にも大型割引がゆるされず、価格は iPhone 11 Pro/Pro Maxとさほど変わらない

しかもつい先日アップルストアでもキャリア版 iPhone 11 シリーズが割引価格で販売することが決まったばかりで、

タダでさえ少ない顧客層をキャリアショップや量販店が奪い合う構図となった。

中古スマートフォン市場も、既存キャリアショップも 10 万円越え iPhone の処分にどうやって対抗していくのだろうか。

これは今後、とくに年末商戦における見どころの一つになるだろう。

Twitter をフォローする!skyblue_1985jp



【11/14 から】iPad Pro 11 インチ、中古品が 69,800 円(税込)+ 5% ポイント還元の特価へ

昨年に登場した Face ID 、USB Type-C 搭載の iPad Pro 11 インチの中古品が全国の「じゃんぱら」で 14 日から数量限定の特価になる。

(新店舗オープンにともなう協賛セールとされている)

対象になるのは 64 GB Wi-Fi モデルでアップル正規価格 89,800 円(税込 98,780 円)とかなり高額なもの。

これをキャッシュレス還元と合わせれば超絶安くなりそうだ。



中古良品が 69,800 円で過去最安値

iPad シリーズは今年 iPad Air3, mini5, 10.2 インチが相次いで発売されるも、依然として Pro 11, 13 インチは現行の最高峰モデルとして君臨する。

しかも過去 1 年間にわたって秋葉原を調査してきたが、筆者のしるかぎり 69,800 円(税込)は過去最安値だ。

(過去には未使用品が 79,800 円まで下がったこともある)

しかも実店舗では 5% のポイント還元が利用できるため 3,490 円分が還元されるためインパクトはでかい。

この 1 年間、虎視眈々と狙っていた人は買い時になるかもしれない。この他にもセール品が続々と出てくるかもしれない。

数量限定の特価品しかも取り置き不可という但し書きは珍しいので、欲しい人はここぞとばかりに狙っていくしかない。

リンク:じゃんぱら通販サイト

Twitter をフォローする!skyblue_1985jp



香港版 Dual SIM iPhone、構成プロファイル 1 個は「ガラパゴス」仕様かもしれない・・・

物理 SIM が 2 枚入る香港版 iPhone (XR, XS Max, 11 シリーズ)がにわかに人気となりつつある。

ただし日本においては 2 種類の MVNO を使いたいのに「構成プロファイルが 1 つしか入らない」と悩むユーザーがとても多い。

「アップルさん、iOS の改善をお願い」と言いたいところだが、よく考えてみるとアップルとしては「え!?」と言いたくなる案件かもしれない。



Apple は APN 設定を開放している

今年いろんな国に行って思ったのだが、基本的に海外では iPhone の APN は自由に設定できるよう開放されている。

キャリアが公開する情報を Android スマートフォンと同じように手動入力するか、編集せずに動作することもある。

それゆえ Dual SIM を 2 枚使いたければ、各 SIM のAPN を入力すればいいだけの話で「APN が 1 つしか入らない!」と嘆くこともない。 

これこそが理想的な iPhone の仕様であり、アップルサポートも「キャリアが許せば編集できる」という旨の解説ページを用意している。

つまりアップルとしては APN は公開しているが、日本のキャリアがその編集をユーザーに許可していないことになる。

 

プロファイル 2 枚はアップルの優先事項ではない・・・

だからこそ日本では MVNO 毎に「構成プロファイル」なるものをインストールして、無理やり APN を上書きせねばならない。

そして「複数のプロファイルをインストールしたい」なんて言ってるのは一握りの日本人だけだとしたら、そもそも問題視されるだろうか。

しかもアップルは「ほんらい APN は開放しているのだから、まずはキャリアに言ってくれ」という話になるだろう。

じっさいネットワーク問題でアップルに問い合わせると「キャリアに言ってくれ。うちはあくまでもハードウェア担当だ」と言われることが多い。

 

日本の市場はそんなに特殊なのか

2016 年に Apple Pay が日本上陸した際、海外の iPhone 7 では日本の Suica , iD , QUICPay が使えない仕様だった。

この仕様は iPhone8 から解決されたものの 2017 年と 2018 年の iPhone で Band 42 を搭載したモデルは日本版のみだ。

そうやって考えると、わざわざ構成プロファイルで上書きする仕様も「日本だけ」とは言わないが世界的に珍しい気がしてならない。



最後に

考えてみれば iPhone 4s や 5 を輸入してドコモ SIM を入れると APN が自由に設定できたのを覚えている。

2013 年に同社が iPhone5s をリリースしたのち、いつの間にか APN 設定項目が消えたのはドコモの恣意的なものだったのだろう。

もし日本でも物理 Dual SIM 版が発売されればアップル・キャリア双方が解決にむけて動くだろう。

(ちなみに楽天モバイルの SIM は APN 設定が制限されておらず編集できる)

しかしそうならない限りキャリアもアップルも一握りのために動いてくれるとは思えない。むしろ「日本版をキャリアから買ってくれ」と主張されるだろう。

そう考えるとこのプロファイル問題、APN がガラパゴスだから解決できないと推測できるのだ。どうしたものか・・・

Twitter をフォローする!skyblue_1985jp



いくらか知ってる!?正規 iPhone バッテリー交換の総額・・・

昔、iPhone を買ったらすぐに Apple Care に入る習慣があった。ずっと使う予定だったからこそ、何かあった時の保険として安心できるからだ。

しかし本体価格がモデルによって 15 万円を超えるいま 22,800 円の追加料金を払って Apple Care +に入るのは正直しんどいものがある。

そんな理由から iPhone XS Max は未加入のまま14 ヶ月使ってきたのだが、ついに 1 日 4 回くらいの充電が必要になってしまった。

「Apple Care + 入ってれば 0 円で交換できるんだった。未加入だと高いんだっけ」と悩みつつとにかくバッテリー交換することに。



アップル正規価格は 7,400 円だが・・・

いまや秋葉原の至るところに修理屋さんがあり、アップル公式よりも安く修理してくれる。そうした場所で頼むのもありだが、

今回は純粋に「正規価格や交換までのサービス内容」がどんなものかを知りたくてアップル渋谷を予約。

14 時 10 分の予約でジーニアスバーを訪れた。担当スタッフはもちろん親切で、まず次のような案内をうける。

・バッテリー以外に破損箇所がある場合、全交換になる場合がある

・データに関しては保証ができないのでバックアップが必要

・Apple Care+ なしでのバッテリー交換は 7,400 円+税になる

おもに以上 3 点を告げられたのち、何やら専用ソフトで内部診断がはじまりバッテリー寿命は「健康」と判断された。

その結果「お客様の iPhone はバッテリー寿命が 92 % で、使い方次第では交換せずとも快適に使えるかと思いますが」としんせつな提案を頂く。

たしかに数値上では健康で、中古品としても優良なものであるはずだ。

しかし体感では確実にバッテリーは消耗しているし数値上の 92% と交換後の 100% の違いを検証したいのもあって修理依頼をした。

(引換券をもらって近くのカフェでまったり過ごす・・・)

しかし平日にも関わらずかなり混雑していた・・・

 

総額はバッテリー金額だけとは限らない

ところでバッテリー交換に際して注意すべきことを書いておきたい。

まず iPhone を預ける際にケースとフィルムを外す必要があること。ケースはともかく保護フィルムは下手すると 2,000 ~ 3,000 円することもある。

筆者は 100 円~500 円の保護フィルムを使っていたので即剥がしたが高額なフィルムなら戸惑っただろう。

また上述したように使い方によって iPhone 内部の何かしらが破損していた場合、本体全交換または追加修理しなければならない。

バッテリー自体は 7,400 円(税別)だがこうした出費も想定されるため、一概に「いくらでできる」と断言できないのだ。



最後に

バッテリー交換は非正規業者に頼めば数千円やすくなるだろう。ただしアップル正規サービスはその差額をうめる付加価値を感じられた。

(ちなみに iPhone8/8 Plus 以前は一律 5,400 円だそうだ)

「使い方しだいでまだ使えるはず」というお金を取ろうとしない提案や、悩みに関して相談にのってくれた上で修理にはいるのは素晴らしい。

また雑談のなかで他のアップル製品に関して質問したり、Apple Pay の仕組みなんかについても気軽に教えてくれる。

そうした体験をしてみたい人は正規サービス(とくにアップルストア)を利用してみてはいかがだろうか。

新しいバッテリーだけでなく思わぬ発見があるはずだ。

Twitter をフォローする!skyblue_1985jp



増税前より iPhone が安い、キャッシュレス決済で 2,000 ~ 3,000 円分戻ってくるぞ!

秋葉原の iPhone 白ロム価格を調べ続けているのだが、 iPhone11 発売以降はまったくという程に動きがない。

SIM ロック解除済み iPhone8 64 GB は 49,800 円(税込)、iPhone XR に関しても 64,800 円(税込)で底値が推移している。

ところがお店の中には経済産業省が推進する「ポイントバック」に対応している場所があって、キャッシュレス決済で iPhone を買うとかなりお得になる。



49,800 円の iPhone 購入で 2,490 円分バック

例えば秋葉原に複数ある「じゃんぱら」では 5 % 還元が実施されていて 49,800 円の iPhone8 を購入すれば 2,490 円分が還元される。

実質価格は 47,320 円となり増税前よりも iPhone が安く買える。むろん本体価格が上がれば還元額もたかく、XR 64,800 円なら 3,240 円分もどる。

さらにクレジットカードなどでは元々の還元率 0.5 ~ 1% などが設定されているため、なかには 5% 還元と合わせて 6% を超える人もでてくるはずだ。

 

利用できるカードには事前に確認しよう

ひとつ注意したいのが「ポイント還元に対応している」カードだ。お店で決済できるカードでも、ポイントバック対応でないカードもある。

例えば「じゃんぱら」では利用可否に関して次のような案内があった。

国内発行の VISA, Master, JCB, AMEX, DC, ジャックスは基本的に大丈夫だが「セゾン」「オリコ」「ダイナース」は対象外となっている。

また電子マネーに関しては Suica などの交通系 IC カード、iD, QUICPay が対応している一方で Edy, waon, nanaco などは書かれていない。

金額が大きくなるならば、普段メインに使っていないカードなどでもいいからポイント還元対応のカードを使うようにしたい。



縮小が心配される白ロム市場

10 月 1 日から施行された改正電気通信事業法のおかげで、秋葉原に流通する白ロムの数はかなり減っている。

需要にたいする供給が追いつかず、キャリアのハイエンド Android モデルほど集まりにくい。

そうした中で iPhone に関しては増税前に駆け込み需要が一段落したせいか、まだ少し余裕があるように思われる。

買い時を逃した人にとっては願ったり叶ったりの相場なので、政府の政策を活かしてぜひお得に iPhone をゲットしてしまおう。

iPhone 白ロムが減っていけば、当然ながら再び高騰することも考えられるのだ。

Twitter をフォローする!skyblue_1985jp



換金率たかい初代 AirPods!売却して AirPods Pro を 1 万円台でゲットしよう!

アップル製品は世界的に人気であり、もはや「通貨」として使えるという冗談まで飛び交うほど価値が下がりにくい。

これは 初代 AirPods にも言えるようで、買取価格を調べたら「傷あり」でも 8,500 円で買い取ってくれる店があった。



 1 万円台で AirPods Pro をゲットしよう!

確認できたのは中古ケータイ・白ロムを扱う「イオシス」で、買取価格は 10 月 31 日の時点で以下の通り。

目立つ傷があっても 8,500 円なのだから、ケースに入れて大事に使っていた人は 10,500 円(Bランク)で買い取ってもらえるかもしれない。

またほぼ使ってない人に関しては 11,500 円で売却できるだろう(あくまでも 10 月 31 日の表であり変動に注意)

しかし 2016 年に発売された物が 3 年経ったいまでも半額以上の値がつくのはアップルのブランド力を思い知らされる。

 

AirPods Pro で音楽の新境地へ!

昨日のレビューから 1 日使ってみたが、やはり他のヘッドセットよりも「ノイズキャンセリング」機能がつよく、フィットしやすい利点を持っている。

クラシック音楽などを聴く人には BOSE 製がお勧めという声もあるが、カナル型で「疲れにくい」というのは唯一無二ではないだろうか。

 

(耳にフィットしなければ、付属品の別のチップに変更するよう指示される)

ノリで買ってみたものの、久しぶりにいい買い物をしたと感じたし初代をうまく売却すれば実質 2 万円で入手できることになる。

また急がなければヨドバシカメラやビックカメラなど量販店のポイントを得たり使ったりすれば 1 万円台にもなるだろう。

東京都内はオリンピックに向けた工事の騒音が凄まじいので、勉強や仕事に集中する耳栓としても役立つはず。

もちろん多くの人が初代を手放せば買取相場が下がるので、そうなる前に行動してみよう。ちなみに筆者は本日売ってこようと計画している(笑)

Twitter をフォローする!skyblue_1985jp



これは買い!トレンドの「ノイキャン」搭載、 AirPods Pro の実力にビビる・・・

つい先日、突如としてアップルの新しい AirPods Pro が発表された。

ヘッドホン業界のトレンド機能である「ノイズキャンセリング」がついに搭載され、発売当日は行列ができるほど注目されていた。

(ガラス張りにデザインが施されるのは銀座店では初とのこと)

(27,800 円+税なので決して安いとは言えないお買い物)

10 月 30 日、アップルストア銀座で入手してきたので使用感を書いていきたい。



外観も中身も「全てが新しい」印象

従来の AirPods と同様にケースは白一色でありながら全体的にはヨコ長で、一般的なワイヤレスヘッドセットに近い印象をうける。

(ここまでくると「うどん」とは揶揄されないだろう)

付属品には Lightning ケーブル(しかも Type-C)が追加されたのが大きい。これだけで 3,000 円以上の価値があり、iPhone と Macbook の接続にも役立つはずだ。

また複数のイヤーピースも付属するため「自分の耳に合わない」という初代のような悲劇はさけられるだろう。

外観はザックリこんな感じだが、銀座店のガラス張りデザインや付属品からアップルの AirPods Pro にかける強い思いが伝わってくる。

 

何の設定もなしに繋がる

ケースを開けるとすぐ接続するのだが、十分な機能をつかうには iOS 13.2 が必要になるという。

そしてアプデ後、改めて接続させると何の設定もなしに繋がった。たまたまカフェで設定していたのだが自動的にノイズキャンセルがオンになったようだ。

外を走っていた車の音はほぼ聞こえなくなり、OL さんたちのお喋りの声もかなり静かになった。もはや耳栓として使うのすら優れている。

音楽を流すとそうした雑音すら聞こえなくなり、完全に自分の世界にはいることができた。

ノイズキャンセリング歴の浅い筆者はあまり比較対象がないのだが、それでも以前にご紹介した BOSE の QUIETCONTRL 30 とは比べ物にならない程に扱いやすい。



最後に

あまり大きな期待はしていなかったのだが、ケースが少し巨大化したことに目を瞑ればまったく文句なしの完成度と言える。

(Galaxy Fold で充電してる人がいたらキモ!という褒め言葉を忘れずに)

「ノイズキャンセルを試してみたいけど、どのメーカーの何を買ったらいいかわからない」という iPhone ユーザーにはぜひお勧めしたい。

なお音質に関しては低音が少しよわい気もするが概ね満足できるレベルであり、色んな人のレビューを参考にされるといいだろう。

取り急ぎの使用感となったが、あとは長時間つかってみて「耳が疲れないかどうか」また Siri による操作などにも触れていきたい。

twitter をフォローする!skyblue_1985jp



けっこう深刻、、止まらない iPhone11 の iOS13 バグ・不具合報告・・・

最新の iOS 13 搭載の iPhone11 シリーズで不具合報告が続いている。なかでも地味に深刻なのが「データ通信不可」になる問題で大手 3 キャリアでの報告が耐えない。

このほか個体差レベルとしか思えないバグや致命的な症状に関して、わかっている限りを整理したい。



やはり SIM 周りが不安定

今まで iPhone では利用できなかった NTTドコモのFOMA 契約 SIM が iPhone11 で認識したという人がいる一方、まったく認識しない人もいる。

iPhone に限らず 4G 対応スマートフォンでは原則 FOMA SIM は動作しない。そのためiPhone 11 で認識するのはバグなのか、はたまた認識しないのが正常動作なのか原因を特定できない。

また UQ mobile SIM が構成プロファイルなしで動作したりしなかったり Y!mobile SIM も構成プロファイルが必要だったり不要だったりする。

(Y!mobile SIM にプロファイルを入れると Softbank と表示されることもある)

この動作が安定しないことには「何が正解かわからない」ことになりレビューも行き詰まっているのが現状だ。

 

iOS 6 以来の不具合か・・・

これほどバグが酷いのは 2012 年の iOS6 以来かなり久しぶりな気がしている。当時はアップルがグーグルとのライセンスを切ってマップアプリを自前で用意した。

ところが大王製紙空港やガンダム駅といったあり得ない施設名がまざっていたり、それまでプリインストールされていた Google Map には遠く及ばない完成度で、使い勝手が大きくかわってしまったのだ。

バグが起こるのは仕方のないもので改善さえしてくれればいい。ただしアップルやキャリアがそれを隠蔽しようとするのが最もよろしくない流れだと思っている。

一連のバグや不具合に関して我慢できず記事にする人が増えてきたので、改めてこの騒動について触れてみた次第だ。

というわけで iPhone11 の Dual SIM 検証もこうした騒ぎが落ち着くまで検証を中止することにしている。

参照記事:「iPhoneが繋がらない?」、携帯3社に聞くと……

Twitter をフォローする!skyblue_1985jp



【検証】香港版 Dual SIM iPhone で楽天モバイルの「テザリング」が可能に

楽天モバイル無料サポータープログラムの SIM で iPhone を動かす検証を続けている。

昨日は「プロファイル」を入れれば動作したと書いたが、なんと iPhone の本体から APN を自由に設定できることが発覚した。



まだ日本のキャリアとされていない?

日本の iPhone は SIM カードをいれれば自動的に通信が始まる仕組みで、ユーザーが自由に APN を変更することはできない。

そのため MVNO 利用者は予め APN 設定されたファイルを入れる必要があるのだ。こうした国は珍しいとも言われている。

楽天モバイル SIM は海外事業者とみなされたのか APN が自由に設定できる項目が出現していた。

「モバイルデータ通信ネットワーク」の項目を進むと詳細設定ができる。(ちなみに昨日は気づかなかった)

下のほうにすすむと「インターネット共有」の設定があり、ここに “rakuten.jp” と記述することでテザリングも解放された。

これで「無制限ルーターが完成した!!」と喜びをあげたいところだが、、データが途切れがちで困っている。

同じ場所でも時間帯によって電波が途切れることはよくある。そのため「今日は楽天 SIM をルーター代わりにして PC を使おう」という気になれないのが現状だ。

というわけで楽天モバイル MNO SIM は APN が設定できる、海外 SIM みたいな挙動を示すという検証結果をご報告した。ひきつづき色々と試してみたい。

Twitter をフォローする!skyblue_1985jp



iPhone で動作する楽天モバイル、1800 MHz 周波数がすこし弱い話・・・

楽天モバイルの検証を続けている。相変わらず VoLTE 通話ができずにいるが、今日は iPhone に SIM を挿してみた。

やはりスマートフォンといえば iPhone であり、推奨端末にリストアップされてないものの気になっている人も多いようだ。

 

APN プロファイルを自作すれば OK

さっそく SIM を入れるとアンテナピクトには “Rakuten” が表示された。

キャリアとしての楽天といえど、さすがにこのままでは動作しない。

APN プロファイルは ASEIN- Net 管理者 Web 様のページから簡単に作成できて、インストールすると “LTE” 表記になった。

大手 3 キャリアでは 4G と出るだけにどこか新鮮な感じがするだろう。さて、スピードテストをしてみると悪くない結果がでた。

(テザリングや VoLTE 通話はできなかった)

18 時 30 分頃までに 10 回測定したところ、いずれも 40 ~ 55 Mbps 実測値が出ており申し分ないスピードと言えた。

ところがこのあと楽天の電波についての弱点もまた明らかになってきた。

 

1800 MHz の力がとても弱い

楽天モバイルが総務省から割当られた周波数は 1800 MHz 帯 (LTE Band 3)であり、ソフトバンクが全国、ドコモも東名阪で利用している。

2100 MHz (LTE Band 1) より屋内への浸透率はたかく、何なら電子レンジの中にまで入り込むことがある程だ。

(SIM を 2 枚挿したらほぼ圏外になることもあった)

ところが楽天モバイルの Band 3 は屋内にとても弱く 1800 MHz 帯の特性を活かしきれていない。

電子レンジはおろか、木造の建物でも屋内に入ってこないという声も上がっている。

これはたまたまなのか、全体的にそうなのか引き続き検証しながら今度は VoLTE 通話の開通などにも努めたい。

Twitter をフォローする!skyblue_1985jp