月別アーカイブ: 2014年10月

脅かされるdocomo、実質5万円の恐怖

最近、本家docomoの売上が不調らしい。その要因は顧客の視点からも容易に推測できてしまう。今回は筆者の視点から4つの要因を指摘したい。

 

 

①月々サポートの大幅な減額

 

去年、Android端末のほとんどが「実質0円」で販売されていた。他社から乗り換えて2年間使い続ければ端末代が0円、月々の維持費は約6000~7000円に抑えられた。

 

端末代金込み、通信量7GBだから悪くはない(一括で買うと非常に高額だが・・・)。だが今年は大きく値上がりした。「実質0円」端末が大幅に減り、「実質5万円」が登場した。

dcm

 

これはGalaxy S5 activeの価格。端末代が2年間で5万円もする。カケホーダイが強制なので月額維持費は少なくとも7020円+2322円となる。ほぼ1万円だから去年よりも3~4000円の値上げ。

 

docomoの加藤社長は新料金プラン導入に伴い次のように述べていた。「カケ・ホーダイ&パケ合えるはお得。家族が多ければ多いほどお得」だと。しかし端末代金が上がりすぎて元も子もない。

 

 

 

②唯一の新料金プラン強制キャリアへ

 

結局は横並びとなった大手3キャリアの新料金プランだが、先日auが大きなニュースを発表した。なんと「旧料金プランを今後も継続する」というのだ。

 

SoftBankに関してもホワイトプラン(旧料金プラン)の受付は続いている。恐らくauに足並みをそろえるのではないだろうか。

 

docomoはというと、既に旧料金プランの廃止が終了しており、新料金プラン一択で選択の余地がない。あまり通話しない人から反感を買うことになり顧客流出に繋がりかねない。

 

 

③docomo端末より5万円以上安いSIMフリースマホの登場

 

今年は定価4万円を切るSIMフリースマートフォンが次々と国内で発売された。最近ではLTEモデルも散見されdocomoのプラチナバンドLTE(B19)に対応する物も多い。

 

昨日発表されたASUSのZenfone5はなんと29800円だ。ただ安いだけでなく、キャリアの余計なアプリが一切入っていないのでサクサク動くことも特徴。

 

端末を変えたいのに本家docomoが9万円もすれば、こうしたSIMフリーを選ぶ人も出てきて当然だろう。料金プランだけでなく端末の視点からも立場が危うい。

 

 

④追い打ちをかけるのが格安SIM

 

何度もご紹介するが、iij mioというdocomo系列のMVNOには7GBのプランがある。速度は非常に満足のいくもので、1分42円の通話も付属し月額3000円台。

mio

 

2GBで足りるならなんと1600円だそうだ。これはもう本家docomoの立場がない。。

 

 

まとめ

 

iPhoneを売りだしたことで他社に追いついたと思われたdocomo。しかし新料金プランの強制とAndroidスマホの値上げにより顧客争奪戦で破れている。

 

さらに2年契約を終えた人たちが格安SIMとSIMフリースマホに乗り換えれば、docomo系列のMVNOにすら顧客を奪われかねない。万事休すだろうか。

 

 

売る気なさすぎて驚愕・・Samsung Gear Sの話

docomoとauの冬春モデルでGalaxy Note Edgeと共に発売されるはずだったGalaxy gear S。実は筆者、密かに狙ってはいた。昨年の初代Gearからデザイン、スペック共に大きく進歩し魅力だった。

gears

参照:Samsung公式

 

今月23日に発売が案内されるもdocomo、au共に価格が発表されず、なんと発売日前日の22日になっても公表されないという珍事態。恐らく、このウェアラブル端末の存在すら知らない方もいただろう。

 

そして23日、発売日になると・・・ 大手docomoショップや量販店での取り扱い、入荷はほとんどなし。docomoオンラインショップでひっそりと販売が開始されているのだった。

gears2

 

数時間ほどで完売。よほど探している人がいらっしゃったのだと思う。私も迷ったが、もっと宣伝して欲しかったし、どんな事ができるのか全国のGalaxy SHOPでもアピールしてほしかった。

 

ということで、現在は入手困難になっている。auに至っては販売を延期、更にSamsungモデル物も存在するらしく、そちらはdocomo版と同様に11月中旬にSIMフリーモデルとして販売の予定。

 

そんなことすら知らなかったΣ(゚Д゚;エーッ!

 

Samsungの売上が落ちているとのことだけど、アピールするところはもっと大きく見せて欲しいですよね。頼みますよ、docomoさん、auさん、そして何よりSamsungさん(汗)

 

 

 

SkyblueのGalaxy in 2014・・・(笑)

いやいや、今年も多くのGalaxyを見て参りました。年内はもうお腹いっぱいです。振り返っていきましょうか。

 

1、Galaxy Note 10.1 2014 Edition 

tr4

 

これはかなりの傑作でしたよ。Galaxy Note3の描ける幅が広がっただけ。それがどれだけの生産性を上げたことか。死ぬほど素晴らしい製品でした。残念だったのは液晶が酷すぎた事かな。

DSC_0146DSC_0126

 

そして安っぽかった。この2つを改善すればもう一度いけると思う。ぜひ続編を出してほしいですよ。

 

 

2.Galaxy S5(グローバル版)

アメリカから苦労して輸入しました。。世界で発売される前にフライング販売されるという珍しい事件が起きて、確か4月上旬にフライングゲット。

DSC_0178DSC_0172

 

↓スタバでドヤ顔(笑)

staba

これはスムーズでとてもよかったんだけども、Felicaが欲しくてドコモ版に買い替えました。色々買うために手放したのですが今、また欲しい波がきている!!

 

3.Galaxy K(S5) Zoom!!

 

もう何度もご紹介しましたね。これは前作のGalaxy S4 Zoomが改善された今年のバージョン

kzoom1kzoom2

 

 

 見た目は完全にデジタルカメラですよね。そして高級感があります。光学レンズ10倍とデジタルズームを合わせると死ぬほど遠くまで綺麗に撮影できる。SONYのレンズカメラも素晴らしいアイデアだけど、これも日本で発売してよかったのではないかなと思いますよ!

 

青木歌音さんがどれだけ綺麗に撮れるかレビューした動画もあるのでご覧ください☆私が出演させて頂いた動画もありますが・・・汗

 

 

4.Galaxy J

 

次、Galaxy J。ちょうど一年前にサムスンが日本向けに投入したモデル。かっこいいんだけども端末代金が8万円を超えてあまり話題にならなかったんだよね。ところが今年に入ってドコモが投げ売りを開始。

galaxyj galaxyj2

 

RAMが3GBもあるし、片手でもなんとか扱えるしFelica付き、クアッドバンドLTE対応で良かったなぁ!広い公園でのんびりしながらバンド調査したりね!S4やS5に比べるとディスプレイの発色やカメラで劣るかな。

 

新品が3万円で買える今なら、物凄く買いな端末だと思います。8万円で出た頃はNote3やGalaxy S4が存在感を出してたから市場で戦いにくかったと思います。。

 

5.Galaxy Note4!

IMG_20141008_185818 IMG_20141008_192145

↓スタバでドヤ顔ww

note42

 

これは今年のGalaxyの中で最も作りこまれている製品だと思います。Note3で強化してほしかったディスプレとカメラの2つが期待通り進化しペン機能もOCRがつくなど改善。素材もこだわってますね。

 

ただ日本で出ないのだけが繰り返しになるけども残念。技適通ってないので堂々とレビューしたり外で使えませんからね。

 

最後に・・・

 

以上、Galaxy Jを除けばいずれも2014年発売モデルでした。グローバルモデルがもっと日本に投下されれば面白いんですけどね。来年もできるかなぁ・・・・(笑)

 

 

 

 

Nexus5はメイン機種でいける☆

発売されてから約1年。今更??と言われるかもしれないが、筆者は今Nexus5をメイン機種としている。こんなに素晴らしい機種に、なぜずっと気づかなかったのだろう。その理由とNexus5の魅力を改めて記録しておこう。

 

 

①LG G2の存在

simire   osyareui

 

Nexus5(LG製)の上位機種にLG G2というものがあり、筆者は最初に同機種を入手した。ディスプレイもカメラも内部スペックもハイエンド。非常に素晴らしい機種だったし、申し分なかったのだが何か退屈に感じる部分があって早々に手放してしまったのだ。

 

こういう経緯があったため、「Nexus5はG2の廉価版なのだろう。ならばいらない。」と思い込んでいたのだけど、Nexus5は全く別物だった。

 

 

②店舗の実機だけじゃわからない魅力

nexu5-1

 

無論、旧イーモバイルから発売されていたのでNexus5の実機には何度も触れたもの。ただ、店頭実機からじゃ分からないことって沢山あるものだなと実感。端末をお借りして気づいたのだが「サクサクすぎる!!!処理速度が速すぎるし、なんだこれ!!」ってのが魅力のすべて。

 

この機種を触る前に様々な新機種に出会ってきた。それはもうG FlexからGalaxy S5、302SHやNote3などなど様々。しかし、どんな端末と比較してもNexus5のサクサク、ヌルヌル感は格別。

 

持ちやすさを含めれば入手したばかりのGalaxy Note4よりも素晴らしい。UMTSはB6、B8、LTEではB1、B3を拾うあたりで「神機種」認定となった(笑)

 

 

③期待以上の動作、デザイン性

nexus-52   nexus-53

 

カメラが800万画素しかないだとか、CPUが最新じゃないと思われるかもしれないが、全て期待以上の動作をしてくれる。Youtube撮影もツイキャス配信など、スマートフォンを活用するのに全く不便ないし、4万円にしては仕事してくれる。

 

そして最後にデザイン性。ブラックとホワイトの2色が展開されているが、中々考えられている。それは世界で発売されている様々なケースと合わせた時にカッコよさがにじみ出てくるし、触れば触るほど愛着が湧く。

 

Micro SDカードが入らないのは残念だが、それも全てサクサク感に貢献するためだろうか。だとしたら妙に納得できる。

 

 

まとめ

 

そろそろ次期Nexusが発表されると思われるが、このNexus5は今後も普通にメイン機種として使っていきたいと感じられる。薄すぎればカバーをすることで快適になるし、デフォルトのUIでもアイコンが大きくて見やすいのは非常にありがたい。

 

そして何よりSIMフリーなので、ドコモ系列のMVNOのみならず、YモバイルのSIMカードが大活躍するのも大きな利点だろう。テザリングロックもないので、ドコモで制限されてしまうことも大いに楽しんでいきたい!Youtubeチャンネルはこちら☆

 

 

 

 

 

Galaxy Note4をクイックレビュー!

Expansysをキャンセルした日、都内ケータイショップからあっけなく入手。モデルは香港版のN910U。リージョンロックもなく、無論SIMフリーで完璧な状態で手に入った。

IMG_20141008_185818 IMG_20141008_185839

 

Galaxy S4から長らく続いた「木箱」のパッケージから刷新され、100%リサイクル可能なエコなパッケージに。

 

IMG_20141008_190545IMG_20141008_190551

 

本体側面、裏面にかけてが非常に綺麗な金属加工で仕上げられている(ただし裏蓋はプラスチック)。様々なGalaxyシリーズがあったが、「やっとここまでになったか」というカッコよさだ。

 

IMG_20141008_192145

 

そしていつものことながら、日本語は入っていない。Android SDKを導入したWindows7と接続して日本語ロケールを導入。この作業は本当に何度目のことか(^_^;)

 

動作は快適そのもの!RAMが3GBあることやキャリアのプリインストールアプリがないせいだろうか。Nexus5まではいかないものの、気持ち良い程にヌルヌルサクサク。

 

Note3から感じたハードウェアの進歩はディスプレイとカメラ。GalaxyはS4やS5シリーズに近づくか、立体感では追い抜いたのではないかという程の完成度。

 

IMG_20141009_050551IMG_20141009_050812

 

本当に飛び出してくるかのような立体感が素晴らしい。カメラもNote3の1300万画素から1600万画素へ進化し、より満足度の高い写真が撮影できるようになった。

 

IMG_20141009_051546IMG_20141009_052029

 

エアビューには変化あり。Note3に比べると少し扱いずらいのだが、慣れだろうか。ミニアプリを起動する機能がなくなり、スクリーンショットを容易に撮影できる機能が加わった。

 

さらにSペンの進化が目覚ましすぎる!!閲覧中のページにペンを当てるだけでテキストを簡単にコピーできる。さらに別の機会にご紹介するが、なんとカメラで撮影した文字をテキスト化し、編集できるのだ。

 

これらの進化はいよいよ「パソコンに近づいた」ともいえるし、一部ではPCを追い越したともいえる。

 

 

まとめ

 

実機をみないと伝わらないかもしれないが、端末の高級感は素晴らしく、それを支えるディスプレイも申し分ない。そして進化したノート機能はなおさら満足感を高めてくれる。

 

細かいことはYouTubeでご紹介しようと思うが、ひとまず使い倒してみたい。YouTubeのチャンネルはこちら!!

 

【重要】Expansysから商品が発送されない件

前回の記事で書いた通り、ExpansysでGalaxy Note 4を発注し本来なら今日には届いていたはず。しかし今日時点でまだ発送されていないためExpansysに電話。なんと誰もでない。

 

商品は「発送準備が完了」になったり「最寄りの在庫から取り寄せ中」になったりを繰り返す。不信に思い留守番電話にキャンセルしたいという旨を残すも折り返しなし。

 

そしてダメ押しでEメールにてキャンセルしたい旨を送ると、呆れたことに即返信がきた。

 

note4cancel

 

するとオーダー追跡ページにもキャンセルが入る。

 

cancel4

 

 

つい先月も物を買ったばかりで、いつもなら丁寧かつ迅速な対応をしてくれる。ところが今回は発送されず電話にもでない。いつもと正反対な対応だっただけに信じられずただ茫然とするしかなかった。

 

しかし幸いにもキャンセルを受け付けたとのことで、料金は一切発生してない。代わりに都内ケータイショップで在庫を確保したので明日の夜には手元に届くことになった。

 

少しショックですね。これからは電話が繋がる確実な時に利用したいと思います。

Galaxy Note4を発注した。

ご存知の通り、今季のサムスン電子はフラッグシップモデルを2タイプ用意している。一つがGalaxy Note Edgeであり、もう一方がGalaxy Note4だ。前者はNTTdocomoとauから発売が決定しているが、後者は日本で予定されていない。

 

初代のGalaxy Noteから2、3を経て今回4が発売されるべきなのは至極当然なのだが、世界140ヶ国以上で発売されるにも関わらずキャリアの都合だけでカットされたのは残念。そこで、筆者は輸入してでも注文することにした。

 

expansys

 

Expansysに入荷したので注文しようとしたのだが、今日の今日まで問題があった。どこの国のモデルなのか型番がはっきりしない。周波数バンドに信憑性がなかった。

 

しかし本日、香港版モデルと思われるN910Uの表記が追記されていることが発覚!

4gg

 

香港から情報発信している方々の情報を集めたところ、現地で販売されているのはN910U。つまり4Gでも2100MHzや900MHzに対応し、世界で広く利用できるタイプだ。香港版にはリージョンロックもない。

 

であれば、上記スペック表の周波数対応表はExpansys側のタイプミスになるだろう。全てを自分の都合のいいように解釈してしまったが、人柱になったつもりで発注した。いずれにせよ日本では堂々と使えないわけだし、Note4がくるだけで十分。

 

詳細は到着次第、Youtubeなどで発信していきたい。

 

 

データ通信SIM(SMSなし)でもLINE利用可能に

昨日、auのMVNOであるmineo SIMカードが到着。早速SOL24へ挿入し起動した。快適に使えて申し分ないのだが、驚いたのは「LINEがSMSなしで使えた事」だ。

 

 

1.SMS認証に加えFacebook認証が追加されていた

line1

 

画面下の「Facebookでログイン」から進むとSMS認証を通過したことになり、メールアドレスの登録、ピンコードの登録へ移行する。

 

line2

 

 

PINコードを設定していない場合は4ケタで設定する。

 

line3

 

MVNOのSIMにとっては少し厄介な年齢確認。しかしこれ、なぜかスキップできた。Facebookで利用可能な年齢に達しているからだろうか。真相は不明。そして・・・

 

 

line4

 

使えるようになった!!!SMSがなければ無理だと思っていたので意外だし、嬉しい。

 

 

注意事項

 

とはいえ、注意することもある。

 

1.メインの音声端末で既にLINEを利用している場合は2台目(または3台目)の端末でこの方法が使えない。なのでメイン端末ではSMS認証しておくことが望ましい。

 

2.年齢認証を通過していないので、友達を追加する時にID検索はできない。「ふるふる」などを使うことになる。

 

さて、LINEも使えるようになったことだし、mineoを楽しんでみよう☆

 

YOUTUBEチャンネルはこちら→Subscribe!!

 

 

秋葉原調査(2014/9/29)SOL24をゲット

先月最後の秋葉原調査。白ロム価格の変動はなく、目立ったのはauの夏モデルがMNP一括0円になったこと。少なくともXperia ZL2、Galaxy S5、isai FL、Xperia Z Ultraなどこの辺りは本当に0円だ。

 

なお、9月中にこれらの機種を契約する際、「旧料金プラン」で契約できる店もあれば、「新料金プランしか契約できないようになりました」と半ば客をだます感じで接客する店も散見され混乱を招いた。

 

ドコモのiPhone6に関しては先週に引き続き在庫が潤沢。これはもう間違いなく「売れていない」と判断してよかろう。iij mioが3000円代で月々サポートなしにも関わらず7GBプランを実現し、4GBプランに至ってはさらに1000円程安くサービスを開始した今、ドコモ本家は苦しい道を歩むしかない。

zauji

 

筆者はといえば、SOL24をMNP一括0円で入手。mineoに申し込んだので格安運用していこうと思う。

 

まとめ

 

例年では発売後中々手に入らないiPhoneもそれほど入手困難ではなくなり、大きな祭りなどはない。10月に入ればPHSと携帯電話間のMNPが始まり、大手キャリアの冬春モデルも登場するので今後が楽しみなところだ。

 

Youtube動画はこちら→Subscribe !!