月別アーカイブ: 2015年10月

保証:日本で修理を受けられない恐ろしさ

以前にもご紹介したSIMフリー版 Xperia Z4 Tablet。技適も通っているし堂々と毎日使っている。

20150919_180820

 

乱暴な扱いはせず、むしろ慎重に取り扱っていたのだが今朝ある事件がおこった。「電源が入らない。充電ができない。保証期間(購入から1ヶ月)が過ぎている。。」

 

正直なところ、購入価格は9万円超え。

 

終わった((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル

 

日本未発売なので日本のSONYは修理を受け付けてくれず、海外に送るしか方法はない。無論、いくらかかるかなんてわからない。

 

職場の先輩のアドバイスに従いリセットで直り事なきを得たのだが、今回のことからいくつか学んだことをまとめたい。

 

 

①海外輸入モデル購入時は保証をしっかり確認する

 

通販など海外から買う場合、保証期間と内容をしっかり確認しよう。初期不良1週間保証であればちょっと不安。少なくとも1ヶ月〜3ヶ月は欲しいところだ。

 

理想なのは6ヶ月。例えばイオシスなら未使用品に限っては6ヶ月の保証がつくため、今日のような不具合が出て直らなかった場合、無償で交換してくれる。

 

さらに保証期間を過ぎても修理受付の窓口になってくれる。Expansysなどネット通販よりも若干高いこともあるが、保証と迅速な対応を考えると納得できる。

 

 

そもそもの端末価格が1〜2万ならまだしも、9万円の文鎮は恐ろしい。しっかり確認しておこう。

 

 

 

②2年間ガチで使いたい場合はキャリア版に頼るのもあり

 

筆者は仕事や趣味で端末を買い漁るため、契約なしで買える白ロムを買うことがほとんど。だが今回はキャリア版を買うべきだったのかもしれない。

 

キャリア版は契約していればもちろん、白ロムであってもショップ持ち込みで修理を受ける事ができる。

 

ケータイ補償に加入していればそれ程高額にならずに修理してもらえる。

 

キャリア養分という言葉が存在するが月々の利用料金が高くとも1から10まで操作方法を教えてくれるし、支払ってる料金の分サポートは手厚い。それゆえ2年がっつり使えるだろう。

 

 

③国内版と海外版、両方存在するSIMフリーは国内版を選ぼう

 

例えばZenfone2の551ML。スペックも全く同じなのだが日本国内版と海外版の2種類が存在している。

 

全く同じように見えても国内版であればASUSショップで修理を受けられる可能性は高い。海外版の場合、技適があっても受け付けてもらえない場合がある。

 

(筆者のZ4 Tab SIMフリー版は日本での対応不可能)

 

まとめ

 

国内で修理可能な白ロムを買うか、最初からキャリアに頼るか、それとも思い切って「ある程度の保証付きSIMフリー」を輸入するか。

 

それは時と場合によって違ってくるが、機械に故障や不良は付きもの。初期不良の対応はどのように行われるのか、どの程度保証されるのか、そして「国内での修理が可能か否か」を確認してから購入したいものだ。

 

そしてこのXperia Z4 Tablet、次に故障すると終わることになる(笑)

脱FelicaをしてSIMフリー端末一本化へ!

「メインスマホにはFelicaがないと嫌だ。」

 

そんな方はいらっしゃらないだろうか。筆者はモバイルSUICAとEdyのヘビーユーザーで、いくらSIMフリーが好きでもメイン機種はキャリア版を使い続けてきた。

felica

(SIMフリーでFelicaは絶望的・・)

 

ところが最近、国内キャリア端末にすっかり飽きてしまい、SIMフリーにしか興味がわかなくなった。だけどFelicaが欲しい、どうしよう!

 

①docomo IDとVIEW Suicaカードで全てが解決

 

結論から述べよう。docomoのDCMX(ID付き)カードとオートチャージ可能なJRのSuica VIEWカードの2枚持ちでFelicaが不要になった。

tempFileForShare_2015-10-15-14-41-09

(この2枚があれば大体は電子マネー生活ができる)

 

DCMX (ID付き)

コンビニ、ファミレス、カフェ、コカコーラ自販機、量販店など様々な施設で使えるID。最初は使えるエリアが狭いのでは?と疑っていたがEdyに劣らないほど広い。

 

クレジットカードやEdy、Suicaは使えないけど「IDなら使える」なんていうお店で大活躍。

スクリーンショット 2015-10-15 14.54.59

(余談だがDCMXゴールド会員であればdocomoポイントが死ぬほど貯まる。)

 

逆に「電子マネーは使えないけどクレジットカードなら使える」というお店ならVISA決済すればいい。

 

 

SUICA VIEWカード

 

Edy、ID、nanaco、色んな電子マネーが存在する中で超えられない壁が「電車」。

 

やはりSuicaは常に持ち歩きたい。しかもFelicaの代わり(オートチャージ)を求めるならVIEWカードだろう。よく利用するお店や会社のカードから選べる。

 

 

 

②なぜ2枚持つのか?

 

既に書いたように、「なぜかSuicaだけは使えない」、「Suicaだけ使える」など支払い方法は場所によって様々。

 

Felicaなしを実現する、つまり「IDとSuicaを持っていれば電子マネーで支払える可能性が圧倒的に高くなる」からだ。

 

 

まとめ

 

SIMロック解除義務化といいながら逆に厳しくなったSIMロック解除制度、3社横並びの割高で少ないラインアップ。

 

せっかくSIMフリースマホ参入企業の競争が激しくなってきたのだから、この際思い切ってFelicaを捨て、新たなメイン端末を用意してみるのも楽しいだろう。

 

BlackBerry Classic, Windows Phoneなど技適を通過した新しいカテゴリーも多い!