月別アーカイブ: 2016年5月

303HWを0円でSIMロック解除してみた話(追記あり)

2016/05/07  追記:一部フォロワーさんから「ロック解除の際、課金が要求された」とのご報告をいただきました。課金に至った理由はわかりませんが、ロック解除コード発行に課金される可能性があることを追記します。

 

 

iOSやAndroidデバイスでフルセグが観られるYmobileルーター、303HWが秋葉原で売っていたので買ってみた。テレビが観られるのは素晴らしいけれど、ロック解除できたらもっと素晴らしい。

 

そこで305ZTをアンロックした時のように7〜8ユーロ払ってロック解除しようとしたところ、なんと0円でできてしまったので記録を残しておきたい。


①AndroidのGoogle Playでロック解除コード発行アプリを入手

 

Google Playを開いたら303HWと検索してみよう。3つ程アプリをが出現すると思う。その一つに”Codes Calculator for Huawei”と出てくるはずだ。まずはこれをダウンロード。

Screenshot_20160503-224223.jpg

アプリを開くと次のような画面が出てくるので、購入した303HWのIMEIを入力し、”calculate”を押す。すると8桁のコードがいくつか送られてくるのでスクリーンショットを撮るなり何なりして保存しよう。

 

Screenshot_20160503-224240.jpg

 

 

②Windows PCに303HWを認識させる

 

次にWindows PC(OSは問わないが7以上で。。)に303HWをUSB接続させる。ルーターが起動していれば自動的にデバイスインストールが始まる。

 

ちなみに、ドコモやauなど違う会社のSIMを必ずルーターに入れておくこと。

 

そしたらここからが本番。まずはInternet Explorerを起動。(場合によってはデバイスインストール時に勝手に起動する)

 

アドレス欄に”192.168.128.1″と入力してエンターキーを押下。次のような画面に切り替わるはずだ。

303

 

 

 

ここで、キーボードのF12を押してみよう。開発者向けのソースが出てくる。

3033

検索欄に”none”と入力しEnter。すると右側にdisplay noneという項目が出現するのでチェックを外す。

(下の画像を参照)

 

すると隠されていたSIMロック解除コード入力欄が出現するので、Andoroidアプリをから入手した8桁の解除コードを入力する。あまりよく覚えてないが、恐らく上から3番目の8桁で解除できたはず。 

 

30333

 

 

③ロック解除完了、使いたいSIMのAPNを設定して幸せになる

 

ルーターを再起動して「圏外」と表示されていればSIMロック解除された状態となっている。そこで初めてPCのUIからルーターにログインできるので使いたいSIM会社のAPNを設定する。ちなみにデフォルトパスワードは”admin”。

 

 

まとめ

 

恐らくアンロックのやり方は色々あるはず。今回は比較的にやりやすかったので記してみたが、あくまで自己責任で。ちなみにSIMロック解除コードは確か10回入力をミスすると無効になるので注意されたい。