画面内にインカメラ搭載の新技術、 OPPO 上海 MWC で 6 月 26 日に発表か

ノッチを隠すための秘策として Xiaomi や OPPO がインカメラを画面内部に設置する試みをつづけている。

GSM Arena によれば上海で開催される アジア MWC にて明らかになる模様。

日時は 6 月 26 日 現地時間午後 2 時で、場所は OPPO ブースと案内されている。



ベゼルレスのインカメラ問題に終止符か

ベゼルレスの先駆けとなった SHARP  305 SH や Xiaomi Mi Mix は画面右下にインカメラが位置していたのだが、正面からの自撮りに向いていなかった。

(右下に目をむけないとカメラ目線にならず、変な自撮りになってしまう)

この問題に「ノッチ」で挑んだアップルが「ダサい」と批判されたのは言うまでもないだろう。

現在は VIVO や OPPO のポップアップ式カメラが話題だが、カメラの飛び出す部分をケースで覆うことができない。

このように「ベゼルレス」ディスプレイは画面の大きさと美しさの代償としてインカメラ問題を抱えてきた。

もしも OPPO や Xiaomi の開発する画面内部のカメラが問題なく動作するのであれば長らくユーザーとメーカーが苦しんだ問題はあっさりと解決されるかもしれない。

出典:Oppo to demo its under-display camera smartphone on June 26

Twitter をフォローする!skyblue_1985jp



コメントを残す