ソフトバンク 300 GB レンタル SIM、WiMAX2+ より電波がつよい話

ソフトバンク のレンタル SIMを使うメリットをもう一つ発見した。

(300 GB レンタル SIM の検証記録はこちらから

結論から言うと WiMAX 2+よりも電波状況がよい。

むずかしい技術的な話になるが、今回はソフトバンク SIM の周波数にふれたい。



分散型ネットワークの 4G

ソフトバンクの 4 G ネットワークはとてもよく構成されている。

まずは世界でもメジャーな LTE Band 1,  8 を自社で構築。

また EMOBILE 買収で 3 、WILLCOM 買収で 41 を入手した。

 3 は混雑緩和、41 は高速回線むけで Band 毎に役割がある。

状況におうじて最適な電波につながるので、圏外になりにくい。

(4G Y!mobile 表記に注目)

試しに 303 HW にレンタル SIM を入れて APN を設定。すると  41 に繋がる。

今度は  41 が通過できない電子レンジに入れてみよう。

いちどフタをして中で圏外になるのをまつ。すると  3 に繋がった。

先ほどまで 4G だった表記が LTE に変わっている。

最近のルーターであれば Band 1, 3, 8 のいずれかに繋がるだろう。

というわけで「ソフトバンクのレンタル SIM」はとても電波がいい。

 

WiMAX 2+ は Band 41 が中心

いっぽうで WiMAX 2+ は基本的に Band 41 だけで成り立っている。

さきほどの図をもう一度みてみよう。

 41 は電子レンジの検証でわかるように屋内によわいのだ。

WiMAX 2+ユーザーで「窓側でしか受信しない」といった経験はないだろうか。

さすがに UQ は Band 18 ( 800 MHz )が使えるオプションを用意しているが、

ひとたび使うと 1 ヶ月のデータ通信量に制限ができる落とし穴があったりする。

(WiMAX2 + ルーター。ハイスピードプラスエリアで Band 18 対応)

そのため「あ、WiMAX 繋がらない。Band 18 使おうか?いや、まだ月初だし通信制限は避けたい。」ということが筆者にはよくある。

KDDI も Band 1, 3,  18,  41 といった分散型ネットワークを利用しているが、ルーターは  41 だけにこだわっている。




最後に

というわけで「300 GB レンタル SIM 」は普通のスマートフォンの感覚で 4G を掴んでくれる。

大容量ルーターにありがちな「高周波数」にとらわれず、40 GB 使っているがとても助かっている。

今回は少しややこしい話となったが、折りに触れて周波数のはなしを書いていこうかと考えている。

Twitter をフォローする!skyblue_1985jp



コメントを残す