使い終わった MVNO の SIM、返却してる!?罰金云々の話・・・

大手 3 キャリアから回線を借りる MVNO には使い終わった SIM を返却する義務があるのをご存知だろうか。

解約をする際にオペレーターから「つぎに申し上げる住所まで SIM をお送りください」と言われるのを経験した人もいるだろう。

しかし筆者、じつは MVNO の利用を開始した 2011 年から一度もおくり返したことがない。



もはや「本音」と「建前」の仕組み

返却に応じないとか紛失した場合は約 3,000 円の手数料や罰金が課せられるらしい。

しかし今のいままでそうした請求すら受けたことがない。

MVNO 事業者としては「キャリアからの貸与物であること」をユーザーに説明する義務があるのだろう。

しかしキャリアが回収する気がないのであれば、実質的に意味をなしていない。

(SIM 返却についてはどこかしらに記載があるはずだ)

完全に「本音」と「建前」の仕組みになっており、送料まで払って返却している正直な人がバカをみる構造になっている。

 

回収されるケースは極稀・・・

いまは無き旧イーモバイルだけは厳しかった覚えがある。

ショップで回線を解約する際に SIM を貼り付ける用紙を渡される。

SIM を貼って署名して解約手続きがおわるのだが、後にも先にも返却を求められたのはそれだけだ。

しかもそれはショップで単純解約する際にかぎった話で、MNPで他社へ乗り換えると返却を要求されなかったのも事実。

やはり厳しい業者ですら形式的で、徹底してはいないのだ。



最後に

かといって「だから返却しないで大丈夫ですよ」と勧めているわけでもない。

ルールを守るか否かは人それぞれなので推奨はしない。

「こんな人もいるのか」くらいに思って頂ければと思う。

またこんなことを書くと「貸与物なのだから返却すべき」というお叱りが飛んできそうだが、それはこの時代特有の「正論おじさん」のように思う。

Twitter をフォローする!skyblue_1985jp



使い終わった MVNO の SIM、返却してる!?罰金云々の話・・・」への2件のフィードバック

    1. skyblue625 投稿作成者

      違約金とか手数料とされる場合もありますね。罰金と書かれると刑事罰みたいですよね。

      返信

コメントを残す