ダサいと思ったら最高だった、Galaxy Note10+ をレビュー【第一印象編】

当ブログでは最初 Galaxy Note 10/10+ をかなり酷評していた。

「何を売りにしたいのかわからない」とか「完全に行き詰まった」といった具合で、今年だけはスルーしようとまで言っていた。

しかし当然ながら買ってこそ見えてくる景色があるわけで、わざわざ香港まできて購入。その第一印象をお届けしよう。



特徴なきデザインは特徴的

商品を手にとってまず思うのは「何とも特徴のないデザインだ」ということ。

面積を求めたくなる長方形で「オシャレでも何でもないな」と、いちどは率直にガッカリした。

しかしよく考えてみよう。昨今は「ノッチ」や「可動式カメラ」など iPhone や中国メーカーのデザインが主流である。

そうしたスマートフォン市場の文脈においては、だれもやってない「新しさ」を感じたのも事実。

しろそのシンプルさこそがデザインで、他社メーカーと差別化できた要素だと筆者は解釈している。

すると全てが新鮮にみえてきて、パンチホールすら斬新に感じられるようになった。

奇抜なデザインを追究するよりも、あえてシンプルにしたのは吉と出たのではないだろうか。

 

戦略的なデザイン戦略

外観に欠かせない話題はもう1つ、エッヂディスプレイだろう。

表面および背面のエッヂが均等で、結果的に取り回しやすさに繋がっている。

とくに Note9 と比べれば違いは歴然で、何なら無印 Note10 が不要に思うほど片手操作がすいすいだ。

余談だが 2016 年にお蔵入りとなった Galaxy Note7 がまさにこの手法をとっており、マニアックな人は懐かしさを感じるだろう。

(ちなみに S ペンは少しだけ取り出しやすくなった印象だ)

 

透明性と統一感あるブラック

ところで購入したカラー Aura Black は透明感ある色で、くろぐろしていない様子がとても美しい。

Xperia XZ Premium のディープシー・ブラックのような透明感で、高級感あるのは言うまでもない。

またディスプレイと筐体背面のカラーが 1 色に統一されている部分にカッコよさを感じたのでこれを選んだ。



最後に

というわけで最初は「ダサい」としか感じていなかった Galaxy Note 10+ は「久しぶりにきてる!」と言えるほどに美しく取り回しやすかった。

表面と裏面をつなぐエッヂの使われ方、ブラックの透明感など文句のつけようがない。

では肝心の中身はどうなのか。しばらく使っていろんな角度から少しずつレビューしていきたい。

Twitter をフォローする!skyblue_1985jp



ダサいと思ったら最高だった、Galaxy Note10+ をレビュー【第一印象編】」への2件のフィードバック

コメントを残す