どうすればいいの!?ファーウェイと Google いよいよ決別、次期 Mate 30 はラインセンスなし

6 月に日本で行われた G20 サミットで、いちどは米国から取引緩和を言い渡されたファーウェイが再び苦境に陥っている。

(ようやく量販店に戻ってきた P30 Pro の実機、これだけは発売が確定した)

この秋にリリースが予定される旗艦モデル Mate 30 シリーズが Google のライセンスを取得できていないという。

Android 搭載のファーウェイはもはやこれまでか。



いよいよ Android 離れ

ロイター通信によると、ファーウェイ幹部は Android OS や Google Map など主要アプリが使えない可能性を指摘しながらも、

旗艦モデル Mate 30 を 9 月 18 日ドイツ・ミュンヘンで発表する予定だという。

Google 広報も Mate 30 に関しては同社のライセンスが発行できないとロイター通信に伝えていることから、いよいよ Android から追放されることになる。

日本人にも馴染み深くなってきたファーウェイ端末は、P30 シリーズで一旦おわり、次からは別機種のようになるかもしれない。

 

Google ライセンスがないとどうなるの!?

Android ユーザーは基本的に Play Store と呼ばれる場所から好きなアプリをダウンロードしている。

LINE, Twitter, Facebook といった基本的な SNS から PUBG, Pokemon GO など枚挙にいとまがない。

そうしたアプリのストアが消滅するだけでなく Google アプリの Youtube, Gmail, Chrome, Map も消える。 

ここまでの状態ではいくらカメラの優れたファーウェイ端末であろうと世界のユーザーは離れてしまわないだろうか。

それほどに Google は私たちの生活に溶け込んでおり、欠かせないものになっている。

 

P30 Pro を買っておこう

ひとまずファーウェイ排除が決まった日付より前にリリースされた端末に関してはライセンスやアップデートが保証される。

従って P30 lite, P30, P30 Pro は今まで通り安心して利用できる。

とくに P30 Pro は待っている人はドコモから発売されるので、この機に購入しておくしかない。

ただしドコモはシングル SIM であり中身もある程度ドコモ仕様になっている。

Dual SIM 重視の人は EXPANSYS など海外通販サイトから購入するといいだろう。

なんだか毎日のように話題が変わる米中問題だが、私たちユーザーも振り回されっぱなしのような気がしている。

この先どうなるのか、まったく予想がつかない。

出典:Huawei plans high-end phone launch under cloud of Google ban

Twitter をフォローする!skyblue_1985jp



コメントを残す