知ってた!? Apple Pay がじつは VISA 非対応、便利なアプリが使えない・・・

クレジットカードを iPhone に取り込んでキャッシュレスでお会計できる Apple Pay はとても便利で筆者の必需品となっている。

政府のキャッシュレス推進もあいまって利用者と対応クレジットカードは今後も増え続けるだろう。

しかし実は VISA カード非対応であるのをご存知だろうか。



「店舗決済」と「ネット決済」

Apple Pay は「店舗での決済」と iPhone だけで完結する「ネット決済」に分類できる。

リアル店舗では iD や QUICPay が VISA を通して利用できるため、一見すると何も問題ない。

ところがネット決済では容赦なく VISA カードが弾かれてしまい便利アプリが使えないなんてことがあるのだ。

その最たる例がモバイル Suica で参考までに見てみよう。まずは Wallet アプリから Suica を開く。

1,000 円をチャージしようとすると、、

(ここでは JCB カードが設定されている)

Apple Pay の支払い画面になりサイドキーのダブルクリックで支払いが可能。

もちろん他のクレカでも支払いはできるのだが、筆者はこの時ほかに VISA カードしか登録していなかった。すると次のような表記がでてくる。

VISA ゆえに登録したカードが選択できず決済できないのだ。

Apple Pay 対応アプリが拡大するにつれて、このような残酷な場面が増えてくる。

 

便利なアプリが利用できない

このほかタクシー配車アプリ「JAPAN TAXI」や映画の「東宝シネマズ」でも同じ現象が起きて困ったことがある。

もはや Apple Pay 用にクレカを用意しようかと考えたこともあったのだが、利用頻度で言えばリアル店舗が多い。

そしてそれらは VISA カードによる iD や QUICPayで済んでしまう。「うーん」と頭を抱えることになるのだ。



Master カードが最強か・・・

海外旅行がおおい人ならば、メインに Master カードを持っておくといいだろう。VISA とおなじく世界中で使えて Apple Pay も楽々クリアできる。

筆者に関しては神カードであるメインのエポスが VISA しか存在しないため他のカードと併用するしかない状況だ。

というわけで Apple Pay 対応アプリが増えるに従って VISA カードである不便さが目立ってくると思われる。

間もなくチタン製の Apple Card (Master) が登場する頃だが VISA 排除に拍車がかからないか心配だ。。それによって iPhone の使い勝手が異なってくるのだから。

Twitter をフォローする!skyblue_1985jp



コメントを残す