喜びか悲しみか、現金主義のカフェ VELOCE(ベローチェ)が渋々キャッシュレス導入。

全国にチェーン店をもつ  VELOCE(ベローチェ)がついにキャッシュレスを導入した。

ドトールコーヒー、エクセルシオールカフェ、カフェ・ド・クリエ、サンマルクカフェ、ルノアールなど競合がキャッシュレスを強化するなか、

同社だけはつい先月まで唯一現金を貫いていた。さすがに 10 月の増税に合わせたと思われるが「やはり支払いは現金にして欲しい」という本音が垣間みえる。



キャッシュレス対応規格がかなり少ない

まずは対応規格をご覧いただきたい。利用できるクレジットカードは VISA と Master カードのみで JCB は利用できない。

さらに電子マネーに関しては iD か楽天 Edy だけとなっいて Suica などの交通系電子マネーは対象外だ。

今から 2 年前だったら何かしらに対応しているだけで称賛されただろう。しかし今やクレカも電子マネーも一通りの規格に対応させるのが一般的であるはず。

(いま多くのカフェがこんな感じで何でも受け入れている)

かといって PayPay などの QR コード決済もないことから、キャッシュレスという世間の流れに歩調を合わせつつ現金での支払率を増やしたいのだろう。

最低賃金の引き上げでアルバイト時給が上がり続けているなど、そう簡単に導入できない事情があるのだろうか。色々と詮索してしまった。

Twitter をフォローする!skyblue_1985jp



コメントを残す