【検証】IIJ mio の eSIM が海外版 Galaxy Fold で動作した話・・・

海外事業者の提供する eSIM を試しているうちに IIJ mio が提供するベータ版 eSIM も試したくなってきた。

ほんらいは iPhone XR/XS/XS Max など iOS 向けサービスであり、動作確認のない端末で利用すると故障する恐れがあるという。それでも自己責任の上で Galaxy Fold シンガポール版で試してみた。

あくまで検証目的であり推奨するものではないのでご注意頂きたい。



ベータ版をネットから申し込む

試すきっかけとなったのは、 IIJ mio が eSIM の初期費用 1 円キャンペーンを実施していたことだ。

しかも 3 ヶ月に渡って 1,000 円OFFになるので、検証が終わったら iPhone の eSIM にて利用しようと思い申込みにいたる。

すでに利用中の  mio アカウントにログインして eSIM を新規発行すると 5 分もせずに QR コードへアクセス可能となった。

それを Galaxy Fold 側で読み取って eSIM に書き込むことになる。ちなみに利用中の HK3 eSIM は一度オフにして端末内にストックする。

なんと無事に eSIM2 として書き込まれた。このあと物理 SIM と同じ APN を打ち込んだ結果、データ通信が普通にできるようになった。

ドコモ回線を借りながらも半ばキャリアから独立したフル MVNO であるためアンテナピクトは IIJ 表記である点に注目したい。

ちょうど 12 時台のピークタイムに突入して撮影時は遅かったものの、抜け出すと 7 ~ 11 Mbps 程度で安定しはじめた。

しかしすごい、これで物理トレイに自由な SIM 物を入れられる。

 

これは面白いことになりそう・・・

国内では技適の通過した Android スマートフォンが皆無に等しいため IIJ としては 最新の iPhone 向けにリリースするしかない。

ただし実際にはそのプロファイルで動作する端末は意外にも多いのではないだろうか。

物理 Dual SIM と同じくキャリアからの誕生は難しいと思われるが、SIM フリーで展開されるスマートフォンには期待できるかもしれない。

東京オリンピックを見据えてまずは外国人向けにプリペイド販売するなど、段階的に国内仕様を整えてくれることを IIJ に期待したい。

Twitter をフォローする!skyblue_1985jp



コメントを残す