【朗報】楽天モバイル SIM の海外「テザリング」制限が解除された可能性・・・

10 月にオーストリアに渡航した際、楽天モバイル無料サポーター SIM では「テザリング」できない旨をかいた。

詳しい方のアドバイスで APN タイプの xcap を tether に書き換えることで回避できたのだが、韓国にきたら挙動が変わっていた。



気になる 2 つの変更点

オーストリアの際とおなじく「テザリング」をオンにすると急に 4G 通信が消える。

ここで回避用の APN に変更したところ、なんと同じく 4G 通信が消えてしまった。

(内容が被る部分はオーストリア利用時の画像を使いまわしている)

(デフォルトの Orange World をさけて自作 APN の Orange に変更した様子)

これが前回とちがった挙動の 1 点目。回避用の APN も塞がれてしまったかと一時はテザリング自体を諦めた。

 

え、テザリングできるじゃん!!

ところが拍子抜けしたのが次の瞬間だった。

デフォルト APN に戻して制限をうけながらもテザリングをオンにした結果、PC をネット接続させることに成功。

(4G マークなしでも PC をネット接続させてルーターとなっている)

まぐれかと思いきや滞在 3 日目の今日もまだ繋がっており、この記事も楽天モバイル回線のテザリングで書いている。

ただし興味深いことにスマートフォン側の 4G 通信はやはり消えたままで、テザリング中に本体側のネットが一切繋がらない。

また対策用 APN においてもテザリングはできるものの、スマートフォン側ではやはり一切のデータ通信が途切れている。

これが 2 点目。デフォルト APN および 対策 APN どちらもテザリングできるものの、本体側の通信はできないという発見だ。



最後に

10 月に海外テザリングできなかったのは何も筆者だけではない。他国へ訪問した無料サポーターからも同様の報告がふくすうあった。

楽天モバイルが仕様をかえた可能性は十分にあるだろう。そしてまだ試行錯誤している段階だとしたら、これからも何かしら変化があるかもしれない。

(ソウル市内の地下鉄。日本とおなじ Band 3 がバリバリ繋がっていた)

なにが起こるかわからないため、楽天モバイル SIM だけに頼らず予備用の海外 SIM を持って渡航したほうが良さそうだ。

というわけで、また海外に行かれるサポーターの方がいればコメント欄にて挙動をご報告頂ければ幸いだ。

Twitter をフォローする!skyblue_1985jp



コメントを残す