クレジットカード不要、モバイルSuica に 1 円単位で銀行口座チャージする方法 for Apple Pay

モバイル Suica には基本的にクレジットカードが必要で、しかも VISA の場合は JR アプリを使う必要がある。

今回は銀行口座をつかって使いすぎを防ぐチャージ方法、それも 1 円単位でできる方法を記したい。



Mizuho Wallet を使う方法

まずは「みずほ銀行」に口座がある人むけの話。(ない人は下までスクロール)

「みずほダイレクト」があればアプリを使って Smart Debit カードを生成できる。

(左が残高確認や振込確認アプリ、右が Mizuho Wallet アプリ)

ということで Smart Deibt から作成してみよう。案内に沿ってすすむだけだ。

実質的な JCB 発行カード扱いとなり QUICPay が利用可能となる。

QUICPay の使えるお店で決済すれば、使った金額だけすぐ口座から引き落ちる仕組みだ。

ちなみに同アプリでもモバイル Suica 発行可能であるが、ここで利用しない理由は後述する。

 

Suica カードに 1 円単位でチャージする

Smart Debit が整ったらモバイル Suica へのチャージが可能となる。

残高の右側に「チャージ」項目があるのでタップすると、チャージ金額を 1 円単位で指定できるので決定したら「追加する」をタップ。

ここで無事にチャージが完了する。

ちなみに Mizuho Wallet アプリで「みずほ Suica」も生成できるが JRE ポイント還元の対象外であり入金額も 1,000 円単位であるので割愛した。

(口座チャージが目的の人は「みずほ Suica」でもいいだろう)

 

「メルペイ」を Apple Pay として使う方法

さてみずほ銀行以外の人は「メルカリ」アプリを用意して「メルペイ」を設定する。

同社のサービスを利用したことなくとも大丈夫。あくまで決済手段として活用するだけでも大きな価値がある。

メルカリアプリ内で iD 決済が使えるよう設定をすすめ、銀行口座を本人確認として登録しよう。

(メガバンクを始め多くの地方銀行に対応している)完了すれば Smart Debit と同様 Apple Pay として iD 決済が可能になる。

これで OK、あとは上述のとおり Suica を立ち上げてチャージ金額を指定、そしてメルペイをチャージ用カードとして選択するだけだ。

メルペイに至っては毎月「5,000 円まで」とか利用限度額をアプリで指定できるため、本気で使いすぎを防ぐことができるはず。

(補足:「メルペイスマート払い」ではチャージできないので「残高払い」に設定する必要がある)



最後に

というわけでクレジットカード必須のイメージが強かったモバイル Suica であるが、銀行口座で利用可能になったのは喜ばしい。

しかも Smart Debit とメルペイ iD は Apple Pay として機能しているため、クレジットカード機能付き VISA カードより便利なのだ。(詳しくは別記事を参照いただきたい)

政府のおかげで来年まで 2 ~ 5% の還元、そして各キャッシュレス事業者のポイント還元が続くのでうまくキャンペーンを利用していこう。

(ちなみにメルペイの紹介コードを使うと今なら 1,000 円もれなく貰えるので良かったら使っていただきたい。)

メルペイ紹介コード:ZUKSXS

Twitter をフォローする!skyblue_1985jp



クレジットカード不要、モバイルSuica に 1 円単位で銀行口座チャージする方法 for Apple Pay」への2件のフィードバック

  1. TG

    メルペイは、スマート払い設定だとスイカにチャージ出来ませんよ。
    このお店の1日の上限を超えていますと表示されてチャージ出来ません。

    返信
    1. skyblue625 投稿作成者

      ご指摘ありがとうございます!ちょっと勉強不足でした。訂正しますね!

      返信

コメントを残す