KDDI 直営店の au Ueno がオープン。本体のみ購入して併設カフェでお茶できる!

ずいぶん前に閉店した TSUTAYA 上野店跡地にKDDI 直営店の au Ueno が完成した。

外観はこんな感じで 3 フロア構成だ。

(JR 山手線「御徒町駅」北口から約 5 分圏内。上野駅からも徒歩 10 分で来れる)

「あれ、なんか au ショップ変じゃない?」と思わないだろうか。

それもそのはず。au といえばオレンジ色なのに控えめなロゴが 1 つあるだけで余白はホワイトになっている。

これが一般的な au ショップ。ちなみに直営店の真向かいの上野広小路店だ。

前置きが長くなったが au Ueno 内部までご紹介したい。



1 F は豪華なショールーム

自動ドアを入ると Galaxy , SONY, SHARP の展示があり、カフェスペースがみごとに調和している。

スマートフォンだけでなく SHARP や SONY ならエアコンやカメラの展示もあり、メーカーによってはスタッフも常駐している。

(AQUOS といえばテレビ。その右上にはエアコンの展示もある)

展示スペース以外はカフェと席だけでショップは 2F と位置づけられている。

SONY や Galaxy を眺めながらお茶だけ飲んで帰るのも新しい感覚だろう。

そして本命である 2F au ショップに上がると壁側に窓口、それ以外はほぼ全てカフェスペースという予想外の構造に驚かされた。

製品スペースは最小限に抑えられ、とにかく「ゆっくりしてもらう」ことに重点が置かれていると感じられた。

スタッフによれば「本体のみ」の購入もできるそうで、ウェブで分割払いしかできない問題もここで解決できる。

iPhone や Android ケースはもちろん au+ 1 COLLECTION も充実していて、ドローンなんかも売っている。

ただし au Ueno 限定商品といった物はないとのこと。

3F はComing Soon とあり、5G 体験スペースなどが用意されると予想される。



最後に・・・

以上が au Ueno のざっとしたレポートとなるが、少しだけ「販売代理店」とのバランスについて考察したい。

じつは直営店の向かいには au ショップ上野広小路店のほか  UQ Ueno 、ヨドバシカメラ上野店があって激戦になることを危惧していた。

(UQ でも au 製品が契約できてしまう)

だが実際の直営店はスマートフォン売場が 2 階の奥にあるほど営業色が控え目で、言われなければ au ショップであることすら分かりにくい。

ならば周辺店舗は「売上に繋げにくい手続き」を直営店に誘導し、契約がとれそうな顧客の相手に専念できるだろう。

そうすれば「頭金」問題や割引制限による販売不振を少しでも払拭できるかもしれない。

直営店と代理店が連携すれば上野エリアだけでも au 全体の満足度を向上できるだろう。それがうまく機能するかが見どころだ。

機会がある人はぜひ寄ってみよう。どんなに細かい手続きでもしてくれるし、お茶だけしてのんびりするのも良いと思う。

Twitter をフォローする!skyblue_1985jp



コメントを残す