クレジットカード不要、モバイルSuica に 1 円単位で銀行口座チャージする方法 for Google Pay

iOS 向けに書いた記事がかなり好評だったので、念のため Google Pay も書くことにした。

本項でも使いすぎ防止という主旨から銀行口座を利用することに重きを置きたい。



Felica 付き Android で Google Pay を使う

ガラケー時代からモバイル Suica を使っている人は年会費を払いながらクレジットカードでチャージしてきただろう。

この習慣は Android スマートフォンでも続いていて、年会費が発生したり 1,000 円単位でチャージするスタイルだ。

(ガラケー時代の UI を受け継いでおり見た目はあまり美しくない)

 

ところが Google Pay サービスが日本で開始されてから別の Suica アプリが登場し、1 円単位でチャージできるようになった。

しかも年会費不要であり電車に乗らない人でもキャッシュレス手段として使うにはピッタリなのだ。

定期券が必要でない限りは Google Pay 版を利用しよう。

 

決済には LINE PAY カードを設定する

JR東日本のモバイルSuica アプリと同様 Google Pay アプリでもクレジットカードは設定できる。

ここで VISA デビットカードを設定してもいいが、お勧めなのは LINE Pay カード。

(カード番号はアプリ内でも確認できるため、持ち歩く必要はない)

同カードは都市銀やネット銀行、地方銀行など様々な口座を一手に登録可能で、その都度すきな口座からチャージできる。

(都市銀行からネット銀行、さまざまな地方銀行にも対応している)

LINE Pay カードにチャージしてから更に Suica へチャージするのは二度手間になるのだが、こうした過程をふむことで確実に使いすぎ防止に繋がると考えている。

(Google Pay での Suica アプリ利用方法は JR 東日本のサイトで解説されている)



最後に

iOS には Mizuho Suica という「みずほ銀行直結」の武器があるのに Android には用意されていない。

そして Apple Pay を使えばメルペイ(iD) などからチャージできるなど豊富なチャージ方法があるのだが、Android ではできない。

そのため現状では Google Pay のモバイル Suica に LINE Pay カードをかます方法がベストだと考えている。

年会費もかからないので、そろそろガチでキャッシュレスしたい人は是非試してみよう。

また「こんな方法もあるよ!」という方はご教授頂ければ幸いだ。

Twitter をフォローする!skyblue_1985jp



コメントを残す