エポスカード経済圏に楽天 Edy を取り込む。ポイント還元率 1.5 % に底上げする方法・・・

政府の推進するキャッシュレスが始まってから楽天 Edy が勢力を拡大している。

今まで使えなかった場所に導入されたり Suica や QUICPay より好まれて導入される場合もある。

楽天経済圏で生活する人の需要や沖縄県での高い普及率をみると今後ますます生き残るだろう。

とにかく楽天のイメージの強い電子マネーであるが、エポスカードを使って還元率 1.5 % 還元にできるのをご存知だろうか。

そしてポイントの使い道はエポスカード経済圏に取り入れることができる。



リボ払い変更+Edy 利用で 1.5%

エポスカード公式ページには Edy チャージで 1,000 円につき 5 ポイント ( 0.5 %)、利用で 200 円につき 1 ポイント (0.5%)  貯まると紹介されている。

なぜ利用でも貯まるのかといえば、Edy には用意された中から好きなポイントを貯める仕組みが整っていて、

そのなかに偶然にもエポスがあるからだ。だから Edy 側の設定で利用時に「エポスポイント」を貯めるようにしておこう。

(利用時に貯めるポイントは Edy 側の設定で選べるようになっている)

これで 1% 還元されることになる。

そして最後に 1.5 % にする方法だが、チャージした金額がカードに上がってきたらリボ払いに変更することが必要だ。

(もちろんリボ払いにしたら繰り上げ返済しよう。家からでも支払いはできる)

チャージで付与された 0.5 % が 1 % にアップするため、計 1.5 % という高還元率が実現される。



エポスカード経済圏も強い・・・

貯めたポイントは現金としてプリペイドカードにチャージしたり、Suica、 Edy に再びチャージもできる。

また d ポイントや au wallet ポイント、ANA SKYコイン、ノジマスーパーポイントなどに等価交換できるなど汎用性がとても高い。

「楽天はあまり使わないけど Edy を使ってみたい」という人はエポスカードとの合わせ技がお勧めだ。

じつはリクルートカードなどもう少し還元率が高くなるカードも存在しているのだが、当ブログではエポスカードを使い込む観点、

そして広すぎるポイントの使い道を何よりのメリットとしてエポスカード経済圏もバカにできないという視点でご紹介した。

エポスカードファンはぜひ利用してみよう。

Twitter をフォローする!!skyblue_1985jp



エポスカード経済圏に楽天 Edy を取り込む。ポイント還元率 1.5 % に底上げする方法・・・」への2件のフィードバック

  1. サン

    リボ払いに変更したら、即日繰上げ返済をしても本来の引き落とし日までのリボ手数料が加算されませんか?
    即日でも3日後でも発生する月を跨がない範囲内でリボ手数料は変わらないようなのですが。

    返信
    1. skyblue625 投稿作成者

      コメントありがとうございます。確かに気になられる点でもありますよね。
      これにかんして、改めて検証してから一つの記事にしようと思っています。

      よろしくお願いします!

      返信

コメントを残す