iPhoneX、買うの今でなくてもいいのでは?という話・・・

実は先月、iPhone8 Plus 256GBを購入して非常に満足していたのだが、やはりiPhoneXも気になって今月3日に入手した。デザインや操作感、何からなにまでが目新しく、ただただ感動するばかりだった。

顔認証が不完全なのでは!?と思うこともあったが、段々と認識率が向上し「これはこれでありだな」と十二分に満足できるものだと感じている。

では、そんなに満足した物を一体なぜ手放してしまったのか。日記程度に書いていきたい。



①ほとんどの操作が従来のiPhoneで賄えてしまう

大きな理由の一つがこれ。ネットでの調べ物、動画閲覧、SNSなど基本的な事から3Dグラフィックが必要なゲームなど、実はXでなくと十分に動作可能なアプリがほとんどであり、iPhone7などでも十分すぎる。

むろん圧倒的に持ちやすくなっているのでデザインや未来感に価値を感じて買うのならわかるが、筆者にはiPhone8 Plusで十分と思い、手放そうという発想に至った。

②既に存在するベゼルレスデザインの賛否

少し話がずれるが今年、40万円を越えるデスクトップPC、Surface Studioを導入した。それこそ、40万円払わなくとも半額でそれ以上のスペックを誇るPCは容易に手に入るのだが、あえて高額なSurface Studioを選ぶには十分な理由があった。それに代わる似た商品が存在していないからだ。

ではiPhoneXはどうかというと、Galaxy S8やPixel2、LG V30など競合のAndroid端末が既に複数存在している。もしも今Androidの世界に似た製品がなければ凄まじい反響を呼ぶだろうし、14万円どころか、それ以上払ってでも買う価値はあっただろう。

だが実際には春頃に発表されたGalaxy S8などは白ロム相場が下がってきてdocomo, auともに今日現在の秋葉原最安値が59800~64800円と大幅に下落している。

ここまで価格差がついてしまえば、Androidのベゼルレスを求める層が一定数でてきてもおかしくはない。

(Xiaomi Mi Mixは正直、iPhoneXに負けないくらいカッコイイ)

③来年のMNP一括を待てばいいのかも・・・

毎年のことではあるのだが、大手3キャリアが型落ちのiPhoneを一括0円で投げ売りしたり、大幅値引きする事は自明であろう。もしもiPhoneXが同じくMNP一括低価格で手に入るのなら、むしろそれを待つのもありなのではないかと思ってしまった。

一括購入サポートが条件だとされても、本来10万円を越える商品がタダ同然で手に入るのならお得と言えよう。ともかく、そんなことを考えていたら「また安くなったら買えばいいのでは?」と思ってしまったのが3つ目の理由だ。

まとめ

iPhoneが登場して10周年ということもあり、久しぶりに刷新されたデザインに世界中が湧いているのは理解できるし、筆者も製品自体には本当に感動している。

素晴らしい物に変わりはなく、それくらいの価値はあるのだろうが、12~14万円払う割には従来のiPhoneと機能に大差がない。であれば、安くなったiPhone6s以降くらいを買っておいて、浮いたお金を他の事に費やすとか、来年以降おこるであろうキャリアのMNP施策を待って安くなってからでもいいのではないか?と思い手放すに至った。

14万円のiPhoneを買って、もとをとるくらいクリエイティブな仕事をできるのなら話は全く別なのだが。。

Twitterをフォロー skyblue_1985jp

コメントを残す