【初心者向け】SIMロック解除してもAndroidが幸せになれない話

いよいよ12月1日から大手3キャリアのSIMロック即時解除が始まった。端末を一括で購入すれば、その日のうちにロック解除が可能。ようやく人々が長年夢見たSIMフリー義務化が果たされたと思う反面、非常に残念に思うこともある。タイトルの通りなのだが、できるだけ噛み砕いて書いていこう。

(今日契約したiPhone7、速攻でSIMロック解除ができた)

 

①各キャリア、自社アンテナしか搭載していない・・・・!?

3キャリアとも自社の電波を掴むよう自社のアンテナを搭載している。当たり前すぎることだが、逆に言うと他社のアンテナは基本的に搭載していない」

ということはauが「地下」、「山間部」、「屋内」のカバーに注力しているLTE Band18という電波をdocomoやSoftBankの端末で掴むことができない。

SoftBankの注力するプラチナバンド(LTE Band8)はdocomoやau端末で掴む事ができない。docomoが築いてきた3G Band6, LTE Band19をauやSoftBankの端末で掴む事ができない。結果的にユーザーが好きな端末を選んでも電波状況に困る事がでてくるのだ。

②iPhoneはどうなのか

ではiPhoneはどうなの?という話になるのだが、iPhoneは自社アンテナどころか他社アンテナはもちろん、海外キャリアの珍しいアンテナまで網羅しているから驚きだ。

日本のApple StoreがSIMフリーで販売しているiPhoneはキャリアのiPhoneと全く同じであり、SIMロックを解除してしまえば見分けがつかない。

だから例えばau iPhoneをロック解除してdocomo SIMで使おうがSoftbank SIMで使おうが快適そのもので、Androidのような不便は起こらない。



最後に

長年の懸案事項だったSIMロック解除義務化が本格化し、一見ユーザーに優しい世界が到来したかのようにみえる。しかし、それはiPhoneに限ったことであって、キャリア版のAndroid端末は他社の電波をあまり拾わないようになっている。

一体どれだけの人がこの現状を知っているのだろうか。。とにかく日本の携帯電話はFelicaにしてもにも何にしても閉鎖的に思う。

Twitterをフォローする

 

【初心者向け】SIMロック解除してもAndroidが幸せになれない話」への1件のフィードバック

  1. Keisuke

    「キャリア版のAndroid端末は他社の電波をあまり拾わないようになっている。」
    これ、困ってますw
    SB系回線でおさいふ沼にはまってるアンドロイドユーザーです。
    あれこれ悩むのも、楽しいんですけどねw

    返信

コメントを残す