wena wrsitとPaul Smithを合体、モバイルSuicaも使う生活(後編)

前回はwena wristとpaul smithを合体させる経緯を書いたのだが、今回はSuicaに対する筆者なりの考え方を書いていこうと思う。

結論から書くとwena wristとiPhone7(8 or X)を併用するのが現状の策だと考えている。拍子抜けされたかもしれないが、それなりに考えた結果こうなった。



①iDとQUICPayの時代がきている

iPhone7が登場してから電子マネーをとりまく構図が一変したように思う。普通のクレジットカードをiPhoneに取り込むとiDかQUICPayが使えるようになる。

Edy付き楽天カードはQUICPayに、WAON一体型イオンカードはiDに振り分けられるため、この1年で両者は勢いを増したと言えるだろう。

だから筆者はSuica、iD、QUICPayをこれからのメジャーな規格と捉えることにした。

②iPhoneでSuica、それ以外をwena wrist で

別にiPhoneを使ってもいいのだが、認証なしで使えて楽なのもありiDとQUICPayはwena側運用することにした。その他ヨドバシ、docomo、ANA、スターバックスなど様々なFelica規格をwenaで補う。

(Suicaがないと言われるも、その他はそこそこ充実のwena wrist)

そしてSuicaはiPhone8 Plusを使う。iPhoneに拘る理由としてはモバイルSuicaの年会費が無料であることと、チャージにLINE Payカードを使うことで2%のポイント還元を受けられるからだ。

最後に


あくまでも筆者のやり方であり、むろん正解などないのだが敢えてwena wristとSuicaを合わせるスタイルにしたいのであれば、wenaと相性のいいiPhone7以降をメイン機種にするといいだろう。

何か他にいい運用方法があればご教授頂きたい。。

Twitterをフォローする

コメントを残す