Galaxy Note8白ロム、12月26日現在の在庫と相場感

Galaxy Note8を当ブログで紹介してから早いこと3ヶ月。日本でもdocomoおよびauから発売されるも一向に白ロムが出回らない。今年のGalaxyは例年にない程の人気で手放す人が少ないのかもしれない。

筆者も秋葉原をよく観察しているつもりなのだが、オンラインも見た上で大まかな相場を書いておこう。


①秋葉原にはほぼ在庫がない状況

未使用か中古かにもよるのだが、あったとしてdocomo版が大体114800~125000円。SIMロックが解除された未使用だと13万円近くなることもあった。毎日のように秋葉原を歩き回る筆者に見つからないのだから、相当に出回っていない。

一方でau版は99800~108000円とdocomoより若干安い。余談だが今回のGalaxy Note8はmineoやUQ mobile VoLTEがSIMロック解除なしで使えるようになっている。(検証済)

②本気で探すならWebで買うのが圧倒的に効率がいい

数週間に渡って観察した結果、「とにかく早く欲しい」という方にはオンラインで買うのが最も効率がいいという結論に至った。ヤフオクならば相場が90000~98000円(docomo)、79000~93000円(au)と秋葉原より安い。

保証が付かない場合が多いという点が個人取引の不安要素かもしれないが、日本国内発売のdocomoおよびau版であれば全国のショップに持ち込むことで修理自体は受け付けてくれる。

③海外SIMフリー版という選択肢もある

技適がある、ない云々の話はあるだろう。ただし国内版よりも内部容量が多くDSDS対応の海外モデルであれば秋葉原でもオンラインでもすぐに入手可能な状況だ。

しかも出始めよりも若干安くなっており、中古の64GBで99800円まで相場が下がってきている。おサイフケータイやワンセグ、フルセグがないが国内未発売のブルー、グレイなどの色が存在しており「人と違ったものが持ちたい」という方には選択肢の一つかもしれない。




最後に

「韓国」という理由だけで避けられてきたGalaxyが前例にないほど大ヒットした2017年。それだけに白ロムも少なく、とくに3年ぶりに発売となったNoteシリーズだからこそ余計に入手しにくい状況だ。

頑張って白ロムを見つけるのもいいと思うし、海外版を買うのもありだろう。そして何より、保証付きのキャリアで契約してしまうのも今回ばかりは有りだと思う。

Twitterをフォローする

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です