購入サポート契約のiPhoneは14ヶ月毎にMNPすると幸せな話(*´ω`*)

大手3キャリアには「端末購入サポート」と呼ばれる契約方法がある。簡単に言えば「端末を大幅に割り引いてもらう代わりに正規料金で最低でも13ヶ月程度つかう」という仕組み。

その正規料金が仮に7000円だとしても14ヶ月後に他社へ乗り換えてしまえば「非常に安いのでは?」という話をしたい。

(写真は元旦のヨドバシアキバ。一括1円案件はほとんどが購入サポート)

①14ヶ月間の合計維持費の内訳にiPhoneが含まれると考える



では、一括0円でもらったiPhoneの月額の維持費を7000円と仮定して計算してみよう。14ヶ月使えば7000×14=98000円となる。一見すると高い。

しかしiPhoneは本来、容量にもよるが定価が8万円以上するのだ。(今日現在のApple StoreのiPhone8 64GBは税別78,800円となっている)

14ヶ月で98000円払うことになるのだが、この内訳にiPhoneが含まれると考えれば1ヶ月の維持費が非常に安く見えてこないだろうか。

iPhoneの価格を8万円と仮定すれば98000-80000=18000円。18000円を14ヶ月で割ると1ヶ月あたりの通信費が単純計算でたったの1285円。そう、MVNOの比ではなくタダ同然。こう考えることができれば結果的に非常に安かったことになるのだ。

 

②14ヶ月後に他社へMNP、その際にiPhoneは売却する

更に14ヶ月後に他社へMNPする。なぜ14ヶ月後かと言うと、端末購入サポートの多くが12~13ヶ月縛りとなっており、14ヶ月目からは解約違約金が9500円に下がるからだ。乗り換える目的は「新しいiPhoneを手に入れるため」

乗り換え先は、どのキャリアでもいい。そしてまた同じように購入サポート一括0円のiPhoneを契約すれば半永久的にiPhoneがずっとタダ同然で手に入ってしまうことになる。しかも乗り換えと同時に14ヶ月間使ったiPhoneを売却すれば数万円戻ってくるではないか!

乗り換え時にかかる費用(違約金、MNP転出費用、事務手数料、初月通信費)は売ったiPhoneの金額で十分にペイできるはず。

 

③ちなみにauへの乗り換えであれば超絶に安く維持できる

以前の記事でご紹介したようにauへの乗り換えは本当に安い。購入サポートでiPhoneをもらっておきながら、月額維持費は1980円で済む。14ヶ月間トータルで47520円。安いにも程がある。

これはピタットプランと呼ばれる新プランなのだが、最初の1年間だけ1000円割り引かれ、2年目からこの割引がなくなるようになっている。だから2年目になったら他社へ乗り換えてしまおう。無論、次のiPhoneを手に入れるためだ。

 

まとめ



ものは考えようとは言ったもので、考え方次第でどうにでもなってしまうから凄い。7000円を14ヶ月使えば98000円。しかしその内訳がiPhoneの本体と通信費14ヶ月分と考えれば超絶な破格となる。

7000円を14ヶ月使えば98000円。しかしその内訳がiPhoneの本体と通信費14ヶ月分込みと考えれば超絶な破格となる。auに至っては1980円で最初の1年間持ててしまうから尚更に凄い。

この仕組みを利用して14ヶ月毎にMNPを続けていれば、毎年iPhoneを新調できるうえ、格安で維持できることになる。もちろん考え方次第なので、この方法が最も安いというわけではないが、何かしら参考になれば幸いだ。

Twitterをフォローする!skyblue_1985jp

 


コメントを残す