ドコモ復活のカギを真剣に考えてみる

2年前は絶賛ドコモ信者だった私。

 

今はひたすらドコモを叩いている

 

だけだが、逆にどうやったらメイン

 

機種に返り咲きたいか。あまり現実

 

離れしない程度に書いてみたい。

 

 

①Xiプランの追加

 

ご存知のようにXiプランには無料

 

通話がない。統計はないが、LINEが

 

大ブレイクしている背景あたりに「通話」

 

の需要はあるだろう。

 

そこで、今の料金は据え置きのまま、

 

「7GBプランの2GB分の通信

 

量を無料通話分として分ける」という

 

プランも作ってみるのはどうだろう。

 

単純計算だが5985円で7GBならば

 

1GBあたりは855円だ。×2で1770円

 

にはなる。すると月々42分もの無料通話

 

と5GBのデータ通信が付くプランが出来

 

上がるではないか。

 

もしくは、通信を2GB、後の5GB分を

 

無料通話に回すとか。人によってデータ

 

通信と通話の割合は全く違うのだから、

 

FOMA時代のように料金プランが沢山

 

用意されるのは仕方ないし、むしろ

 

予算の高い人も低い人も幅広く

 

取り込めると思うのだが。例えば、

 

100円マックなんかは安いけど

 

低予算のお客さんを取り込める

 

わけで、予算のある人は高い

 

セットを買ってもらうという価格

 

差別がとてもうまくできている。

 

ソフトバンクを真似てシンプルに

 

したのかは不明だがシンプル

 

すぎると選択肢がなくて避ける

 

パターンもあると思う。

 

 

②機種ラインアップの徹底的見直し

 

そもそもなぜ、業界はスマートフォンに

 

移行したのか。その理由の一つを経営陣が

 

語ったのを鮮明に覚えている。

 

「OSの開発費が浮くので、端末が安くなる」

 

ここ!!もはや「は!??」だよね。

 

星の数ほどある世界のスマホから

 

「超ハイスペック」だけをピックアップして、

 

しかもそれを日本式に改造するから7~9万

 

というベラボウな金額になって、無論それを

 

一括で買う人も少ないから分割にさせ、

 

月々の出費をドコモが月々サポートで負担

 

するという、大変アホなことが起きている。

 

↓ 低価格機種を導入、全部入り撤廃

 

Nexus5なんてドコモにかなり対応

 

していながら、39800円だからね。

 

凄いと思う。ワンセグ、赤外線、お財布

 

NOTTV、余計な物一切なし。同じく

 

人気のiPhoneも余計な機能ない。

 

だから出来ないはずはないと思う。

 

どうしても全部入り欲しい人向けに

 

1機種くらいを季節ごとに出すみたいな、

 

いわばガラケーみたいな循環をさせれば

 

いいのではないだろうか。

 

 

 

③Band1を早急に混雑解消させる

 

2010年に開始されたXi。一つの端末を

 

長く使っている人は初期の頃の機種で

 

Band1しか受信していないはず。もう

 

ここは混雑しすぎて2~3Mしかでない

 

なんて、ザラな話。そんな人のためにも

 

とにかく1.5GHzと800MHz、そして

 

都市部では1.8GHzを優先的につかむ

 

対策をしてくれないと2.1GHzが75M

 

エリア化したのに死んでいる。Band1が

 

快適でなきゃXiを売りにできない。

 

 

まとめ

 

書きすぎたかも。まずは料金に電話

 

方面に優しいのプランを追加して

 

欲しい。自分の首を締めるような月々

 

サポートを軽減させるためにも、

 

高スペックへのこだわりを辞めて欲しい。

 

そのためにガラパゴス機能を捨てよう。

 

加藤社長は「顧客が求めている」という

 

けれど、結果売れていない・・・・

 

無料通話も充実したLTEプラン、5~6万円

 

海外スマホ、1機種との全部入りスマホ。

 

1~2機種のガラケー+iPhone。

 

そして速いLTE。つまりB1が空いたLTE

 

構築があれば、少しは戻りたいなぁとは思う。

 

ともかく不要なNOTTVや野菜売やファッション、

 

端末のガラパゴス改造なんかを辞めれば

 

コストの徹底的な削減になると思うんだけども、

 

ドコモはそれがわかってるんだか、いないんだか、

 

何も考えていないのか。。なんか悲しいですよね。

 

頑張って欲しいです。

 

コメントを残す