エポスカードのプラチナカード不要なのでは!??という話

筆者が日頃から最も愛用し、利用開始から今年で13年目を迎えるエポスカード。先日ゴールドカードの更新を行ってきたのだが、定期的にプラチナカードへの勧誘がくる。

(正直なところゴールドと待遇があまり変わらないプラチナ)

言うまでもなくプラチナはゴールドより上であり、保持していればステータスのように感じるかもしれない。しかし「確実にお金を貯めていく」という視点で考えると絶対に必要がないという結論に至った。持論ではあるのだが、エポスカードを例に年会費の話をしたい。



①年会費2万円、これでお金は貯まるのか

エポスカードは一定の条件をクリアすればゴールドカードでも永年無料になる。ところが最上位のプラチナカードになると、いきなり年会費が2万円に跳ね上がる。これが高いか安いかと言われたら高い。(もちろん尋常じゃない年会費のカードもあるのだが。)

 

「ポイントを貯めるのだがクレカの醍醐味」だと思うのだが、年会費2万円ということは単純に1ヶ月あたり1,667円の出費となる。例えば買い物で800ポイント貯まった月があったとしたら、その全てが年会費に吸われることになるし、言ってしまえばあと867円分足りない。

ゴールドカードは100万円の利用で1万円貰えるのだが、プラチナの利点といえば100万円で2万円貰えるところ。年会費に消えるのだが・・)

 

「いくら使えば元を取れる」という人もよくいるが、そもそも年会費さえなければ無駄に消費して資産を減らす必要がなくなるはずなのだ。

 

②クレカはステータスとして成り立つのか

かくいう筆者も新卒の頃、AMEXを持った時とても新鮮な気分になったり、持っているだけでドヤ顔したくなる心持ちになったので「ステータスとして持っておきたい」という気持ちは非常によく理解できる。

 

しかしクレカは普段は財布の中にしまってある物で人から見られることはない。あるとすれば携帯電話の契約で提示したり、レジでお会計をする時だけだ。

 

しかも、それを店員さんに見せたところで、自分より凄いカードを持った人はいくらでも存在するわけで驚かれることはないだろうし、仮に「凄い」と思われても、その日の夜には忘れられてしまうのではないだろうか。人に見られる機会が少なければ少ないほど、本当にステータスと言えるのだろうかというのが筆者の考えだ。



最後に

逆にたった2万円の年会費で5万円以上お得になるとか、加入しないと損というレベルの特典があれば話は変わってくるのだが、そういったカードは中々ない。

(エポスカードゴールドで貯めたポイントはVJAギフトカードの他、様々な他社ポイントへ移行できる。ゴールドなら年会費に充当する必要がなく丸々貰える)

 

というわけでエポスカードはゴールドで十分だし、その他は同じく年会費0円のオリコカード、あとはLINE PAYカードの2%もあれば十分だろう。あくまで筆者の例なので、「ふーん」と読み流して頂ければ幸いだ。

 

そして今持っているカードをアップグレードしませんか?という甘い誘惑がきたら、「これがお金を貯めることに繋がるか」を十分に考えるといいのだと思う。

Twitterをフォローする!skyblue_1985jp

エポスカードのプラチナカード不要なのでは!??という話」への1件のフィードバック

コメントを残す