BlackBerry KEY2、Expansysで65,800円に大幅値下がり!日本版との違いを確認しよう!!

タイムセールということで、海外版BlackBerry KEY2が大幅に値下がりしている。日本ではau shopが取扱いを始めるなど話題を集めたものの、価格が7万円台後半からとなっており、気軽に手を出せない価格だった。

 

今回の海外版は65,800円と筆者が知る限りでは過去最安値。気になる方は即決価格だと思うが、日本版との違いを確認しておこう。



①海外版はauの利用が不可

世界で複数の型番が存在しているが、auネットワークを掴むのは日本版のみとなっている。UQ mobileやmineo au回線などのMVNO利用の方も注意しよう。

ちなみに、Expansysが扱うモデルの周波数一覧が上の図の通り。docomo 3GのFOMAプラスエリア、LTE Band19にも対応しているためdocomo、Softbank系は問題なさそうだ。

 

②BlackのDual SIMモデルは日本に存在しない

Dual SIMのブラックがいいなと思いきや、日本版のブラックはシングルSIMなので注意。どうしてもこだわる方は、このBBF100-6のしか選択肢がなくなるのだ。

送料や税関を通せば7万円を超えるかもしれないが、ようやく買いやすい値段になってきた。タイムセール価格なので急に値段が戻る可能性もある。悩んでいた人はこの際に検討してみてはどうだろう。

Expansys BlackBerry KEY2タイムセールリンク

Twitterをフォローする!skyblue_1985jp



コメントを残す