100億かけても無理なのでは!?既に乱立しすぎたQRコード決済とPayPayの大きな課題・・・

来年10月から始まる消費税10%のうち、2%をポイントで消費者に還元するとして、政府がキャッシュレス社会の普及を求めているキャッシュレスと言えどクレジットカードやFelicaなど色々あるが、昨今盛り上がっているのが中国で圧倒的に普及しているQRコードによる決済だ。

 

日本では既に楽天Pay、LINE Pay、d払い、などが乱立しており、拍車をかけたようにSoftBankグループのPayPayが発表された。乱立する規格で優位に立とうと、総額100億円キャッシュバックするというから驚く。

しかし、実際に使おうとしてみたが最初から大きな課題に直面する。結論から言えば初心者には難しすぎるのだ。



①ヤフーマネーを知っている事が前提!?

ヤフーのアカウントさえあれば、面倒な作業なく新規登録できる。キャンペーン中につき、さっそく500円分が還元された。ここから現金をチャージするクレジットカードや銀行口座を登録するのだが、いきなりヤフーマネーという言葉に直面。

ヤフーカードを持っていない場合、ヤフーマネーへの登録が必要となる。普段からヤフオク、ヤフーショッピングを利用する人には馴染み深いかもしれないが、初心者からしたら「え、何これ?」「よくわからない、本当に登録しなきゃダメ?」となってもおかしくない。

仕方なく完了させたが、ここからようやく銀行口座が登録できるというのだ。ヤフーを普段から利用している筆者には難なくこなせたが、機械が苦手という人はどうすればいいのだろうか。

 

②シニア層はどうすればいいの?

そうした問題を直撃するのが、ガラケー・ガラホユーザーだ。スマホがないから、そもそもPayPayをダウンロードすることができず、結局は「現金じゃダメなの?」となりかねない。

 

逆に、ガラケーやガラホに搭載された既存のお財布ケータイでの対応には慣れている人の方が多いのではないだろうか。



最後に

100億円キャッシュバックさせるということで大きな話題を集めたが、頓挫するような気がしてならない。最初はポイント欲しさに大きく盛り上がるのだが、普及しないままキャンペーンが終わるという、LINE PAYのようにはなってほしくない。

 

規格乱立と、ガラケー主義な人やシニア層はどうすればいいのか。どう考えても100億円で解決できるような問題ではない。

Twitterをフォローする!skyblue_1985jp



100億かけても無理なのでは!?既に乱立しすぎたQRコード決済とPayPayの大きな課題・・・」への2件のフィードバック

  1. snk

    ポッケからスマホを出してアプリを開いて、、というのが手間ですね。
    それならIDとかクイックペイの方がカードをかざすだけなので手間がかからないです。

    常にお得なキャンペーンをやるならまだしも
    一時的に100億ならあまり意味はない気がします。

    返信
    1. skyblue625 投稿作成者

      コメントありがとうございます。そうなんですよね、文中にも書きましたが、ネット環境がないとセキュリティ上使えないという致命的すぎる欠点もありますし。
      中国ではやってるから、必ず日本でも流行るわけではないと、歴史から学んでほしいなと思いました(笑)

      返信

コメントを残す