皮算用が止まらない!!Huawei Mate20 Pro、買い方次第で4万円以上還元される話・・・

いよいよ待望のMate20 Proが発表された。発売は2日後の11月30日。価格は111,880円(税込120,830円)と、筆者が香港で購入した価格よりも実に2万円も高い。

Felicaも搭載されず、「残念だなぁ」と思っていたところ、Huawei公式に1万円の商品券キャッシュバックが実施される事を知る。しかもヨドバシカメラの先行展示を見たら10%ポイント還元とあるではないか。これは、PayPay対応店舗で買えばもしかするともしかするぞ・・・



①1月15日までに応募すれば全員に商品券が戻ってくる

まず注目したいのが、Huaweiによる公式なキャッシュバック。「12万円するけれど、早めに買ってくれたら全員に1万円はお返ししますよ」というもの。応募すれば全員というのが凄まじい。

(12月31日までに購入、翌年1月15日が応募締め切りなのは注意しておこう)

 

だから、ヨドバシで普通に購入した時点で10%(12,080円)+商品券(10,000円)=22,080円分も戻ってくるのだ。(ちなみにドットコム会員なら11%なので13,288円還元される)

 

②PayPay使える店舗で購入すると4万円還ってくる!?

さて、やばいのはここから。QRコード決済のPayPayを使ってMate20 Proを買えば確実に20%戻ってくる。今日時点でPayPay対応の量販店はヤマダ電機だけだろうか。

 

もし、ヤマダ電機も自社ポイントを10%還元してくれるなら、PayPayから決済金額の20%と合算で29090円になる!!

皮算用:120,830円の会計だとして・・・

・PayPayから20%還元→24,166円

・Huaweiから商品券→10,000円

・YAMADAポイント8%→8951円

商品券も合わせると、合計43,177円も戻ってくる勘定になるのだ。一応、現金以外での支払いになるためヤマダポイントが10%ではなく8%になる可能性を想定している。



最後に

ヨドバシで購入すれば2万円分、PayPay対応店舗で購入すれば3万円分戻ってくるのは確定的だ。そしてPayPay対応量販店で運良くMate20 Proに対し10%の量販店ポイントが付与されるなら、合計約4万円分戻ってくることになる。

 

あくまで皮算用だし、ポイント還元率は30日になってみないとわからない。ただ、本当に10%還元されるなら、実際に購入するのはPayPayキャンペーンが開始される12月4日までお預けだ。あぁ、妄想が捗ってきた・・・なお、ここに書いた皮算用が外れたら申し訳ない・・・

17時12分追記:

ここまで書いておいて何だが、OCN goo SIM Sellerが最初から超特価で申し込み開始している事が発覚。回線とセットで契約することが条件となるが、それにしても安いのでこちらから買うのもあり。。。

回線有りでで最初から安く買うのもいいし、回線なしでポイント分取り戻すのも面白いだろう。どちらにしても買うなら安い方がいい!!

Twitterをフォローする!skyblue_1985jp



皮算用が止まらない!!Huawei Mate20 Pro、買い方次第で4万円以上還元される話・・・」への1件のフィードバック

  1. ピンバック: Paypay大攻略!ビッグカメラのお取り置きサービスが最強である理由 | SKTサポート

コメントを残す