SPIGENケースでGalaxy S5が完璧なお財布に。

 

今年に入ってからFelicaが必須な筆者。しかしFelicaで補えないのがTポイントカード。そして現金しか受け付けないお店。だからケータイの他にお財布も持ち歩かないといけない。

 

今日はそんな悩みをふっ飛ばしてくれるケースを紹介しますよ☆

 

spigen1

 

 

 

 

①Androidにカードを入れるという新しい発想

 

Androidスマートフォンのケースにカードを入れる場合、今まで私はノートカバー型しか見たことがなかった。だから今回買ったケースは凄く衝撃的。

NCM_0023

(上から見るとごく普通のケース)

Galaxy S5の裏に2枚もカードが入るんだもの!ノート型ではないから毎回開く手間が省けるし、着信時のディスプレイに即反応できる。そして素晴らしいメリットをもたらすことになる。

 

 

②Felica+αで完全無欠のお財布ケータイに

 

冒頭でも書いたけど筆者の生活にFelicaは必須。Galaxy S5には付いている。モバイルSuica、Edy、waonなどの電子マネーや様々なポイントカードが便利なわけですよ。

 

ただ、自販機やお店によってFelicaが使えない場所がある。TポイントはFelicaにない。そこでこのケースが本領を発揮する。まず1枚目にTポイントカードを入れておこう。ケータイからさっと取り出しポイントを貯める( *´艸`)

 

NCM_0025

(ケースをすぐにスライドできる。柔らかすぎず硬すぎない。)

 

そして2枚目には数千円だけ入った銀行口座のキャッシュカードなどを入れる。こうしておけばFelica非対応に遭遇してもATMで現金を用意できるでしょ!?

 

そうなるとほんとに、ケータイ1つだけ持って外出できるんですよ。服のポケットにTポイントカードや小銭入れておくと着替えた時に忘れやすい。だからケースだと助かる☆

 

 

③素材の評価

 

頑丈ケースとしての第一印象は正直なところ、そんなに高くはない。マイナーな会社が作るケースと「素材」の面ではあまり変わらない。

 

しかしながら光のあるところで見ると「さすがはSPIGEN」といえるような輝きは見えるような気がする。そして何より「他社と同じではつまらない」というポリシーだろうか、カード収納機能は賞賛に値する。

 

④使い心地

 

最初は「うわぁ、でかくなっちゃった。失敗したかなぁ」と思った。ケースなしでも「大きすぎる」という人には向かないかもしれない。逆に多少の持ちやすさを犠牲にしてもカード収納が欲しい」という方にはお勧め。

 

いずれにしてもSPIGENだしかなり計算されて作られているだろう。使って20分くらいで慣れてきた(^^;)今はかなり快適に使っている。

 

まとめ

 

他のSPIGENに比べると少し高級感に欠けるような気もするが、全体的に評価は高い。他にはない発想力、他社の追随を許さない質で非常に満足している。

 

何より、これ一つで外へ出られるようになったことがとても嬉しい。カード収納部分に常にTカードとキャッシュカードがあれば最強すぎる!他のスマホにも是非作って欲しい。

コメントを残す