BlackBerry KEY2 LE が 4月19日に国内販売へ。これは買うしかないのでは!?

③ Atomic がカッコ良すぎ!!

筆者の購入したカラーは Atomic とよばれている。ブラックとレッドがうまく調和した感覚だ。

筐体はプラスチックなのかと思っていたが、逆に高級感すら感じる。

Dual SIMモデルはなぜか au 系 VoLTE SIM が動作しており、DSDV が実現。(海外版は技適が未確認のため、自己責任なのは知っておきたい。)

(au VoLTE通話は塞がれてしまった。)

カメラに関してはまだテストしていない。これから P30 Pro (手が滑って発注してしまった)がくるので、iPhone XS Max などと比較していきたい。



④気になるのは値段だよ・・・

長くなるので、一旦このあたりで終えるが、気がかりなのは国内モデルの価格だろう。繰り返すが日本価格は 55,370 円(税別)。

もはやBlackBerry あるあるなのだが、日本で発売される頃には海外版がとても安く手に入る。EXPANSYS を見ると、、カラーによっては 40,860 円で買えてしまうのだ。

(タイミングによって、またカラーによって値段が上がったり下がったりする)

 

ここから買うのが最も安いだろう。カメラのシャッター音はでないし、BBE100-4 は Dual SIM 仕様のため価値もある。

国内で購入するメリットがあるとすれば、技適がありメーカー保証がしっかり受けられるところ。このあたりは人それぞれ判断すればいいと思う。

 

最後に

1 ~ 2 週間つかって思うのは「やっと取り回しやすく、軽くてサクサクな BlackBerry がでた」という感じだ。

使っていて飽きないし、価格が下がったからこそ納得できたのだと思う。迷っている人は 19 日になったら量販店で実機をみてみよう。そこで判断するのがいいと思う。

参照記事:ケータイwatch

Twitterをフォローする!skyblue_1985jp



コメントを残す