Pixel 3a の3.5 mm ジャックはなぜ復活した?Google の説明は正しいか・・・

今月発表された Google Pixel3a は、3.5 mm イヤフォンジャックが戻ってきた。

素直に喜びを感じる人もいれば、「イヤフォンのワイヤレス化が進む中、どうして戻ってきたのか」と疑問に思う人もいるようだ。

Google I/O に出席したプロダクトマネジャーは「この価格帯を望む人は、有線イヤフォンを使う場合が多い」という



音楽好きは 3.5 mm ジャックが必須?

Android Authority はこの「低価格予算=有線」という意見を「偏見だ」と批判。

本当の音楽好きはイヤフォンジャックのあるモデルを 3 つの理由で選ぶという。

 

1. 有線ヘッドフォンの方が無線よりも高音質である

2. ヘッドフォンとスマートフォンの相性問題に悩む必要がない

3. 音楽を聴きたい瞬間に、ヘッドフォンを充電する必要がない

 

いわゆるハイレゾと呼ばれる音源を楽しむ層にはあり得る話かもしれない。

 

あなたは「有線派」、「無線派」?

Android Authority の意見は的を得ているような気もする。

ただ街中では Air Pods を装着する人が激増し、量販店オーディオ売場も Bluetooth イヤフォンの面積は拡大しているのも事実。

(そういえば小型スマホ、Palm Phone もジャックがない)

 

「超」が付く程の音楽好きは、本当に上位機種・廉価版に関係なく 3.5 mm ジャックのある方を選ぶだろうか。

絶対的な正解はないにせよ、Pixel 3a の 3.5 mmジャック復活は、その存在意義が改めて問われるいい機会なのかもしれない。

参照記事:Google explains why the Pixel 3a has a headphone jack

Twitter をフォローする!skyblue_1985jp



コメントを残す