UQ モバイルが Galaxy A30 を発表。驚愕のコスパで Pixel 3a 苦戦なるか・・・

UQモバイルが Galaxy A 30 を発表した。価格は 31,644 円 (税込)、非常に人気のある価格帯の SIMフリー仕様だ。

一見すると「ふーん」の一言で終わりそうな商品だが、低価格スマートフォンに大きな変化をもたらすかもしれない。



①ファーウェイや ASUS になかったもの

そもそも 3 万円級のスマートフォンは、2015 年の Huawei P8 lite, ASUS Zenfone 2 laser, HTC Desire 626 などの登場で市場が形成された。

「低価格の割にしっかり動く」という理由で人気を博し、中でもファーウェイが伸びたのは書くまでもないだろう。

(画像は Mate9。信頼と実績で、ハイエンドも売り切れがでる程人気となった)

 

対して Galaxy A30 は同価格帯が苦手とした FeliCa、防水、Full HD という新たな付加価値を備えるのが特徴だ。

CPU や RAM が凄い云々の話ではなく、生活に大きく関わる機能を Galaxy は 2 つも備えているのだ。

 

② Pixel 3a をも脅かすか

先日の Google I/O で発表された Pixel 3a も「最高クラスのカメラ」と「Felica」を備え 46,800 円で登場した。

カメラが少し劣るものの、Pixel 3a より更に約 1,5000 円も安い。

「何か落ちがあるのでは?」と探りたくなるが、重い 3D ゲームに不向きというくらいだろう。



最後に

Galaxy の低価格モデルといえば、2017 年の Galaxy Feel が記憶に新しい。画質の粗さが悔やまれたが、A30は Full HD でしっかり対策されている。

仮に何か足りない部分があったにせよ「 3 万円だから仕方ない」と許容される範囲ではないだろうか。

Galaxy Fold の発売延期で心配されているが、北米での Galaxy S10 シリーズの売上が絶好調。日本でもインフルエンサーを介して若年層への展開を仕掛けてきた。

米中が消耗戦に入ったところで、何か勝算でも見えてきたのだろうか。ひとまず今年の低価格スマートフォン市場はより注目が高まりそうだ。

Twitter をフォローする!skyblue_1985jp



UQ モバイルが Galaxy A30 を発表。驚愕のコスパで Pixel 3a 苦戦なるか・・・」への1件のフィードバック

コメントを残す