「現金」は持っておけ。「マレーシア」で死にそうになった話

今月 5 日から 11 までマレーシアに行ってきた。物価がやすく 3,000 円で朝食付きの宿が取れるため「まずは 1 週間泊まってみよう」と SFC カードを持って飛んでいった。

東京羽田から直行便で約 7 時間、首都クアラルンプールへ降り立った。聞いていたよりも都市化が進んでいてキレイ。

外はかなり暑かったが建物内のほとんどでエアコンが効いている。

何より宿もキレイなので「やっていけそうだな」と安心して初日は就寝。このあと、まさか死にそうになるとは思わなかった。



①突然やってきた「頭痛、熱、吐き気」

2 日目の朝、ロビーで朝食を頂くのだが何か具合がわるい。睡眠はとったはずなのに身体が火照っている。

(毎朝カレー、パン、ジャスミンライス、焼きそば?など料理が出たのは助かった)

部屋に戻って眠りにつくも、目が覚めるとパニックに陥るほど具合が悪くなった。「これは助けが必要だ」と思った私はまず「フロントへの電話」を試みる。

繋がらない。。

 

②タクシーで病院へ行く・・・

結局、自力でフロントまで行き医者に診てもらいたい旨を告げる。するとスタッフが

「助けは呼べるが、支払う金はあるのか」と聞いてきた。

いちおう日本円で 10 万円、現地紙幣(リンギッド)もクレカもある。何とかなるはずだと思いタクシーを呼んでもらう。

(隣接するコンビニでリポビタンDをゲットするも、かなり苦しかった)

15 分ほどタクシーに乗って病院へついた。パスポートで身元確認が行われて診察室まで呼ばれる。日本のクリニックとほぼ同じ仕組みだ。

(会話はすべて英語だがTOEIC 900 で会話に困ることはなかった)

結局「気候の変動と思われる体調不良で微熱がある。頭痛薬、吐き気どめ、解熱剤をだしておきますね。脱水気味なので水分をとって。」

とのことで幸いにも大事には至らなかった。薬を含め 96 RM ( 約 2,500 円)の代金を支払い、解放されホテルへの帰還を試みる。 



③キャッシュショートで死ぬ寸前に・・・

ところが思ったより遠く離れたところまで来たらしい。辺りにはコンビニがなく、何より高い建物がないので直射日光がきつい。

(さっきまで都会そのものだったのに、こうした風景ではなかった)

「そういえば脱水気味と言われたので水を買おう」と思い、ようやく見つけたセブンイレブンに入るも、、

道中のタクシーと病院で現金を使い切ってしまい「ペットボトルの水」1 本が買えない状況に陥ってしまったのだ。

 Cash Only と書かれたコンビニには ATM がなかった。誤算だった。。

 

④路上で数時間寝る

倒れそうになりながら 20 分ほど歩いただろうか。中国銀行の ATMを発見し、エポスカードのキャッシングで現金を降ろす。これがなかったら本当に危なかった。

先ほどのセブンイレブンでペットボトル 2 本の水を買い浴びるように飲んだ。

そして薬を飲んで、道端の日陰で寝た。浮浪者と思われたかもしれないが、ケータイと財布を隠すようにして路上で寝た。それしかできなかったのだ。

 1 時間ほど寝ると、少しだけ元気がでた。歩き続けたら電車の駅まで辿り着いたのだが、まだ頭が重すぎてそこまで動けない。仕方ないので駅構内でさらに 2 時間ほど寝る。。

病院を出て既に 5 時間が経っていた。日もくれてきた頃、ようやく立ち上がって歩けるようになった。「今だ!」と思った筆者はタクシーを捕まえホテルに帰宅。

その後は少しずつ気温もさがり、薬がきいて快方へ向かった。

 

教訓として・・・

マレーシアは決して「現金」しか使えないような後進国ではない。クレジットカードが使えるお店は多く、VISA PayWave などはむしろ積極的に使われている。

ところがこの先に訪れたキャッシュレス社会のお手本シンガポールですら、「現金しか使えないお店や公共施設」はふつうに存在していることに気づく。

両替所はどこにあるわけでもなく、現地紙幣でなければ 1 万円札はただの紙屑にすぎないのだった。

このことを教訓に、日本でも海外でも「緊急時」に備えてある程度の現金は持っておくことが重要だと痛感させられた。

短期の海外旅行で怪我や病気をすることは珍しいと思うが、こういう事もあるので備えはしっかりしておきたい。あと「奥さんはどこだ?」と言われまくったのは何かの聞き間違いだったのだろう。

Twitter をフォローする!skyblue_1985jp



発売できるのか!?ファーウェイ Mate30 Pro レンダリング画像がリーク

新型 PC の販売中止を余儀なくされ、曲がるスマートフォン Mate X も 9 月まで延期のニュースが流れるなど踏んだり蹴ったりのファーウェイ。

しかし落ち込んでいる場合ではないようだ。冬の旗艦モデル Mate 30 Pro のリーク情報が少しずつだが出始めている。



① 画面操作が滑らかなリフレッシュレート

GSM Arena によると次期 Mate 30 Pro には 90 Hz 対応の 6.7 インチ 有機 EL ディスプレイが噂されている。

リフレッシュレート 90 Hz は OnePlus 7 Pro などにも搭載あれ、画面の流れを滑らかにする。

既に ROG Phone などのゲーミングスマホでは 120 Hz が採用されており、ハイエンド端末のトレンドになるかもしれない。

 

②エッヂのきいたボディ

 画面表面にはパンチホールのインカメラを備え、両側は見るからに外側へ沿ったエッヂディスプレイとなっている。

また背面カメラの両側から底面にかけても V 字に浮いたエッヂ仕様であるため、平らに置いてゲームが楽しめる仕様かは判断できない。

カラーは「クラシック・ブルー」および「レッド」の 2 色がリークされている。



③ 噂の独自 OS は搭載されるのか

その他スペックに関してはファーウェイ独自 SoC Kirin 985 搭載とされており、5G には対応できる模様。

また気になる独自 OS に関してだが Mate 30 Pro には搭載されない可能性が高いと各海外メディアが報じているものの、急に状況がかわるモバイル市場では何がどうなるかわかったものではない。

例年ならば 12 月頃リリースされる Mate シリーズだが今年ばかりは半年が長く感じるかもしれない。

出典:Huawei Mate 30 Pro to come with a 90Hz display as renders surface

Twitter をフォローする!skyblue_1985jp



ヨドバシカメラ、Surface シリーズに 10 % ポイント還元中。同社クレカで購入すれば 20 % 還ってくる!

ヨドバシカメラが Surface シリーズに対し 10 % ポイントの還元を開始した。通販サイトヨドバシ. com でも対応可能になっている。

(画像は Surface Book 2。 Pro, Go, Laptop, Studio なども対象)



① さらに 10 % 追加で戻ってくるチャンス

Surface シリーズは基本的に量販店ポイントが 1 % しか付与されないのため、今回のような 10 % 還元時に購入するのがお勧め。

ところが今回に関しては太っ腹で、同社のクレジットカードで決済すると 追加で 10 % 還ってくるのだ。

 例えば 200,660 円(税込)の Surface Book 2 ならば 40,132 円分も戻ってくるから恐ろしい。

これだけのポイントが「父の日」にお父さんが喜びそうな物は一通りタダで買えるのではないだろうか。

 

②注意事項もある

注意点が 2 つあるので念のため書いておきたい。

  1. 最大 20 % 還元キャンペーンは 6 月 30 日までとなっている
  2. ヨドバシカード会員向けの増額ポイントの上限は 30,000 円

言ってしまえば Surface 以外にアップル製品なども同じように買い物できるが、還元率は商品によって異なるので注意したい。

詳しくはヨドバシ. com を参照してみよう。必要な物を購入しておく絶好のチャンスだ。

Twitter をフォローする!skyblue_1985jp



PC 販売中止、突然のスマホ広告。泣きっ面に蜂のファーウェイ・・・

米大統領の制裁をうけて Google からの脱却をはかるファーウェイ。独自 OS Ark (仮)に着手するも、ダメージはすでに甚大と言えるかも知れない。



① 新型の PC 販売ができず

12 日には「新型 PC の販売中止」が報じられた。米国企業との取引が禁止されたことで必要な部品が調達できないのだ。

スマホと比較すればシェアは小さいものの、PC とスマホの連携が見せどころにもなっており同社のブランド戦略には欠かせない。

(閑散とするファーウェイ売場。PC の Matebook シリーズは日本でも販売中)

ちなみに中止となった主な理由は CPU を提供する「インテル」、OS 「ウィンドウズ」を提供する Microsoft などと取引ができないため。

 

②突然スマートフォンに広告が表示される

悲劇は続く。昨日にファーウェイ利用者の一部から「スマートフォンに Booking.com の広告が出る」という声が相次いだのだ。

 

 

P や Mate シリーズの一部ではあるが日本を含め世界中からクレームが殺到。ファーウェイは事実を認め、広告を消すに至った。

皮肉にも「収益に伸びや悩み広告ビジネスに手を染めたか」などという声まで挙がっている。



最後に

 今のファーウェイならば独自 OS 搭載スマートフォンは難しくないのだろう。

しかしながら PC OS に関しては Windows がいまだに幅を利かせており、これが使えなければユーザーが他のメーカーに移りかねない。

またスマホに広告がとつぜん出てくるのは何よりもまずい。「やっぱり勝手に何か仕掛けられるのか」という話になるだけでなく、何より今までの信頼が崩れてしまう。

どうしたものか、コレ以上のことは起こらないで欲しいと願うしかない。

参照記事:ファーウェイ、新型ノートパソコンの発売を中止

Twittter をフォローする!skyblue_1985jp

 

 

 

 

父の日のプレゼントにいかが!? iPhone 7 32GB SIMフリー未使用品 が 34,800 円(税込)と大特価

先ほど iPhone XR 値下がりの記事を書いたら iPhone 7 32 GB の特価情報も入ってきたので追記。

アキバでは 36,800 円から 2,000 円の値下がりをみせ、今までにないお買い得価格になっている。



①在庫総数 400 台越え、通販でも販売中

確認できたのは中古 PC・白ロムを扱う「イオシス」の各店舗および通販サイトで、iPhone7 がここまで値下がるのは久しぶり。

iPhone 7 は 2016 年に発売されたものの、いまだにアップルストアで現行モデルの1つとして販売されている。

しかもアップル正規価格は 54,864 円(税込)なので 34,800 円が相当に安いことがわかる。

 

②父の日のプレゼントにもピッタリ!!

ここからは半分ノリだが、ご家族に iPhone をプレゼントする絶好のチャンスでもある。

いかんせん iPhone をプレゼントとして買おうと思っても 6s や SE ですら未使用品の白ロムは 2 万円台後半になる。

これから端末割引が厳しくなるタイミングで 7 が 34,800 円は買いやすい。

もちろん、お父さん以外へのプレゼントも喜ばれるはず。限定色のレッド以外は余裕があるようなので、ぜひ検討してみよう。

リンク:イオシス通販サイト

Twitter をフォローする!skyblue_1985jp



いよいよお蔵入りの予感、トレンド候補の Galaxy とファーウェイのアレ・・・

2019 年はいよいよディスプレイを曲げることが新たなトレンド間違いないと言われていた。

その代表格は言うまでもなくサムスンの Galaxy Fold とファーウェイ MateX の 2 台だったのだが 6 月も半ばにして 2 台とも発売されていない。



① Galaxy Fold に 7 月リリースの噂

まず 4 月のリリース直前に見つかった不具合で発売延期となった Galaxy Fold だが、発売の目処が立っていない。

遅くとも 6 月には発売日をアナウンスできると噂されてきたが、GSM Arena など複数のメディアが 7 月に持ち込まれる可能性を示唆している。

Galaxy Fold は韓国のサムスン本社のショールームから撤去され、まるでなかったかのようだった。

同社は過去にも Tizen OS 搭載 スマートフォンを日本で技適を通過させてまで販売しなかった過去がある。

また Galaxy Note7 が爆発騒動になった時にも、発売の準備まで整っていたのだ。グローバルでは発売されても、日本でリリースされない可能性はゼロではない。

 

②ファーウェイ MateX は排除されるか

もう一つ本当にお蔵入りしそうなのがファーウェイ MateX だろう。発表時は大統領令による制限など誰が予測しただろうか。

Google や Facebook などから排除された今、同社は独自 OS の開発に乗り出す始末となってしまった。

中国本国でのリリースは期待できたとしてもグローバルではわからない。現に英国では 5G 端末の1つとして導入予定だった MateX はデビューしていない。

こうなれば日本でのお蔵入りは可能性として十分に考えられる。



③最後に

しかしトレンドとなるはずだった「曲がる有機 EL ディスプレイ」が揃って前途多難になったのは残念でならない。

結局のところ曲がるスマートフォンは Flexpai を開発した中国系ベンチャーのRoyole(ロヨル)が世界初のデビューを飾る漁夫の利となった。

ところが知名度が十分でないためか、日本での発売は実施されているものの流行ったり盛り上がったりはしていない。

もう夏モデルもデビューが遅かった Xperia1 までが出揃った。果たして Galaxy Fold と MateX は日本向けリリースなるだろうか。絶対買うのでお蔵入りは勘弁して欲しい。。

参照記事:Samsung pushes Galaxy Fold launch beyond July

Twitterをフォローする!skyblue_1985jp



在庫数 300 台以上。イオシスで iPhone XR SIM フリー 未使用品 74,800 円(税込)に値下がり

秋葉原では夏のボーナスセールを始めるお店が散見される。さきほど UP した Pixel 3aGalaxy S10 もそのひとつだろう。

中古ケータイ・白ロムを扱うイオシスでは iPhone XR 64GB が久しぶりに 74,800 円 (税込)に値下げした。



① 集まっているのは  au SIMロック解除版

いずれも au 版 64GB モデルを SIM ロック解除したもので、秋葉原・名古屋・大阪・博多の各店舗または同社通販サイトで購入できる。

(このほかコーラル、レッドなど各色そろっている)

au に関しては一部の販売店にてまだ iPhone XR が投げ売りされており、そのまま買取ショップに持ち込まれた可能性はとても高い。

買い逃して相場が上がってしまった人には再び購入するチャンスが到来した。ボーナス入った人、いや入ってない人も検討してみてはいかがだろう。

リンク:イオシス通販サイト iPhone XR

Twitter をフォローする!skyblue_1985jp



Pixel 3a の上位互換、Pixel 3 が 59,800 円(税込)で特価販売中

高性能カメラを搭載しながらも低価格として人気の Pixel 3a が盛り上がっているなか、その上位モデルにあたる Pixel 3 が大特価になっている。



もとはソフトバンクで販売された筐体で SIM ロック解除された未使用品が 59,800 円(税込)で販売されていた。

(確認できたのは「じゃんぱら」秋葉原本店。通販サイトからも購入できる)

ゲームなど重い 3D 作業にも耐えられる Snapdragon 845 を搭載しながら、ワイヤレス充電に対応し、防水性能が IP68 となっている。

Pixel 3a は 5 万円あれば買えてしまうが、CPU パワーや防水などが欲しい人にはお勧めだ。

ソフトバンク版と言ってもドコモや au の SIM は完全に互換性を持ちネットワークもチューニングされている。

売切れ必至だと思われるので気になる人は早めに手に入れておきたい。

リンク:じゃんぱら通販サイト

Twitter をフォローする!skyblue_1985jp



在庫 60 台以上、Galaxy S10 SC-03L 未使用品 SIM フリーがアキバで 99,800 円(税込)まで下落

ドコモ版 Galaxy S10 の白ロムが急に下がりだした。今週半ばまで 104,800 円を底値としていたが、本日 5,000 円下げ 99,800 円を記録。

通信と端末の分離で白ロム不足になると予想されたが、現時点ではむしろ例年よりも安い。



①全国の「じゃんぱら」で夏のセールが開始されている

99,800 円が確認できたのは「じゃんぱら」秋葉原本店で、既に SIM ロック解除がなされている。

色はブラック、ブルー、ホワイトの 3 色で各店舗または通販サイトでも販売されている。

保証は 3 ヶ月、赤ロム保証付きでこの価格は良心的だ。軽くて持ちやすく 3 眼レンズで優れたカメラ性能に Felica が搭載されている。

白ロムを待っていた人には即買いレベルになったと思う。リンクを貼っておくのでチェックしてみよう。

リンク:じゃんぱら通販サイト Galaxy S10

Twitter をフォローする!skyblue_1985jp



Xperia1 がEXPANSYS でも販売開始。95,685 円で予約必須の人気

超絶な人気をほこる Xperia1 が EXPANSYS でも販売開始となった。未定だった価格が公開され 95,685 円とされている。

現在は在庫ゼロとなっており予約が必須。香港版を扱う通販サイトでは割と安価のため急がない人にはお勧めだ。

Xperia1 は 2 月にラスベガスで開催された MWC 2019 で発表され、スマートフォン事業が振るわぬ SONY の救世主となるか注目を集めていた。

縦長のディスプレイは独特感に溢れており、筆者も久しぶりに欲しいと思ったほど。

明日 14 日には国内大手 3 キャリアからも発売予定で、いよいよ巻き返しを図る。

リンク先:EXPANSYS Xperia1 ページ

Twitter をフォローする!skyblue_1985jp