財布いらなくない!?(第 2 話)、スマートウォッチを「財布」にせよ!

キャッシュレス社会の到来によってお財布が不要になったこと、そして銀行 ATM に長列を作ることが時代遅れだと書いてきた。

思いがけず色んな人が読んでくださったので、日常の時計すら財布になる例をご紹介したい。



単体で財布となる Apple Watch 

通知や着信を知らせるだけでなく、スポーツや医療分野で私たちを支えるアップル・ウォッチはもはや説明するまでもないだろう。

この時計という名の優れもの、じつは Apple Pay が使えるのをご存知だろうか。

2016 年の Series 2 以降であればお持ちの iPhone と同期して Suica, iD, QUICPay が利用可能となる。

iPhone を家に置いて散歩やランニングしている途中、急に喉が乾いても Suica で買い物ができるのだ。

また Apple Pay 非搭載の iPhone 6s/SE もウォッチ側で Apple Pay が利用できるので使使ってない人は活用させてみたい。

簡易的なマネークリップとアップル・ウォッチがあれば、本当にお財布は要らなくなる。

 

wena wrist も財布になる!!

Felica 規格のなかで急成長しているのが iD, Edy, QUICPay で都内では waon や nanaco より普及している。

そしてこれらを搭載しているスマートウォッチが SONY の wena wrsit (ウェナ・リスト)だ。

同製品はベルト側にスマート機能を持っているのが特徴で、さまざまな企業とアナログ時計のコラボも繰り返してきた。

ISSEY MIYAKE、BEAMS、スワロフスキーなど高級ブランドや直近では日本初のスターウォーズ公式時計がデビュー。

スマートウォッチに疲れた人やアナログ時計を大切にしたい人が、自然と使いたくなるように設計されている。

「いやぁ Felica なら iPhone で充分だよ」という人には充電不要で楽天 Edy が埋め込まれたレザーバンドがお勧め。

興味深いことに楽天 Edy はアップル・ペイに導入されておらず、楽天カードは QUICPayに相乗りしている。

従って楽天経済圏で生きている iPhone ユーザーは wena wrist とアナログ時計を合体させれば完全無欠になれるはずだ。



最後に

この他にも VISA タッチ搭載 Garmin Pay が思い浮かぶが、現実的なのはこの 2 種類だろう。

ちなみに筆者くらいのレベルになると、アップル・ウォッチと wena wrist を合体し始めるので「うわ、さすがにコレはキモ!!」と思われるかもしれない。

我ながら自分でもキモいと思う・・・・)

盛り上がったのは数年前の話ではあるのだが、キャッシュレスの観点から見れば今こそ波がきているはずだ。

wena wrist pro は過去にもレビューしたので興味ある方はぜひ参照されたい。

財布もキャッシュカードも持たず、腕時計すらウォレットにして身軽になろう。

Twitter をフォローする!skyblue_1985jp



【在庫 200 台】au Xperia8 (SOV42) 白ロムが 8,000 円値下がり。 39,800 円(税込)+ 5% 還元で販売中

お正月から au が安売りを続けている Xperia 8 (SOV42) が白ロムとして秋葉原に大量に出回っている。

興味深いのは先週まで 47,800 円と強気だった価格が、わずか一週間で 8,000 円も値下がったことだ。

 

(先週の筆者ツイート)

確認できたのは「じゃんぱら」秋葉原 5 号店および通販サイトで au オンライン価格 49,680 円よりも 1 万円以上やすい。

手頃な価格で新しい Xperia を探していた人は買い時がきたと言える。



Xperia 8 とは・・・・

昨年の春から Xperia は 1(ワン), 5(ファイブ)の ナンバリングで投入されるも、ハイエンドで手が出しにくい価格だった。

8 はグローバル版のミドルエンド Xperia10 を日本向けにカスタマイズしたものだ。

スペックは抑えながらFelica と 防水を搭載していて170g と本体自体が軽い。

また縦長画面が今までになかったスマートフォンの感覚として一定の人気を得ている。

また同機種は UQ モバイル、Y!mobile でも発売されていて、今回は au VoLTE SIM を既に持っている人向けといえるだろう。

通販サイトでも購入できるので、気になる人はぜひチェックしてみよう。5 % 還元を合わせればかなりお買い得になるはずだ。

リンク:じゃんぱら通販サイト

Twitter をフォローする!skyblue_1985jp



月額 2,250 円 100 GB WiMAX2+、破格 SIM の使い勝手をレビュー!!

Amazon で購入した得体のしれない怪しい SIM、あれから場所や時間帯を変えて使ってみたところ実に色んなことがわかってきた。

まだ 3 日 10 GB 制限は試していないものの、少なくともメリット・デメリットは明確になったので書き出していきたい。



メリット:意外と実用的

SIM カードの一括購入金額は 27,000 円だが 12 で割ると 1 ヶ月あたり 2,250 円と破格中の破格である。

それでいて実測値は昼夜問わず下り 12 ~ 20 Mbps、空いている時は 50 ~ 60 Mbps 出るので大体のことは事足りる。

歩きながらストリーミング配信を聞いても途切れることなく、さすがサービス開始から丸 6 年経っているという印象だ。

(ちなみに普通に使うと 3,880 円で 2 年縛りがある)

もし本当に 1 年間使えるならば、あとは通話 + 1GB の MVNO SIM を月額 1,200 円で持てば月 3,000 円台で 100 GB 環境が揃うのだ。

また SIM を紛失しても有料ながら再発行できることがフォロワーさんの情報から明らかになっている。

これ、 ライフハック並に安いと言えないだろうか。

 

デメリット:配信者向けではない

逆に気になったのが「上り」速度が総じて遅いということだ。

上りの速度がないとブログやヤフオクに写真が UP できなかったり、Youtuber などは動画をアップロードできなくなる。

筆者の利用環境では 1.5 Mbps でも出れば十分なのだが、もし検討している人がいたら覚悟したほうがいいかもしれない。

(上り下りともに最も重かった時間のスピードテスト)

 

そして 2 つ目のデメリットは電波の性質(2.5 GHz)ゆえ相変わらず屋内に弱いことだ。

広いカフェだと入り口(窓際)から離れるにつれて電波が入らなくなる。

また Wi-Fi ルーターを家に忘れたりバッテリー切れに注意しないと外出先での予定が台無しになりかねないのもデメリットに入れた。



最後に

というわけで、2,250 円にしては実用的で 3 日 10 GB 制限があるにしてもキャリアや MVNO のデータ料金と比べれば超がつくほどお得である。

一方で電波が入りにくいデメリットは怪しい SIM というよりは WiMAX2 + の性質に起因するため本家 SIM を使っても改善されないだろう。

それを考慮した上で 12 ヶ月使える確信が得られれば「ソフトバンク系大容量 SIM」に続くお勧め商品といえるだろう。

今はまだ YY-mobile という「怪しい」の領域を脱していない段階なので、安心できる要素が見つかるまで検証していく次第である。

Twitter をフォローする!skyblue_1985jp

 


フジテレビ、次世代通信規格 5G と Wi-Fi 5G を誤認して報道する珍事・・・

2019 年、韓国やアメリカなどで始まった次世代通信規格 5G は、多くの人が関心をしめすようになった。

この 5G (ファイブ・ジー)とは “Generation”(世代)を示す “G” で、携帯電話の進化が 5 段階目に入ったことを意味する。

現行の 4G より「超」高速、「超」大容量で、物であれば何でもネットに接続される予想不可能な時代がやってくる。

(ドコモの 5G ロゴ)

ところが 5G は色んなところで誤認されていて、ついにあり得ないことが起こってしまった。。



「世代」と「周波数」の 5G がゴッチャに・・・

5G を紹介する某テレビ番組で、説明と違った映像が流れていると Twitter で話題になった。

同番組では「5G を受信している場面」として次の映像を流しているのだが、これが明らかに単なる Wi-Fi ルーターなのだ。

家庭用ブロードバンドルーターには家の隅々まで届きやすい 2.4 GHz(ギガヘルツ) と、高速ながら障害物によわい 5 GHz の 2 種類がある。

この Hz (ヘルツ)はしばしば省略されて 2.4 G とか 5G と表記されるのだが、番組ではルーターの 5GHz を 5G(ファイブ・ジー)”と混同してしまう。。

 

つまり「インド」と「インドネシア」くらい違うものを放送してしまったことになる。

5G 対応のルーターだったら筆者の WiMAX2+だって対応しているわけで Twitterでネタとして「5G 対応してます!」という投稿が相次いだ。

 

混乱するのは仕方ない・・・

見てて思わず笑ってしまったが、これから一般的にも間違って認識される要素はあるだろう。

例えばキャリアや MVNO の料金プランの「◯◯円で毎月 5GB まで利用できます!」といった宣伝がそうだ。

(サブブランドでは 3GB とか 4GB を 3G、4G と間違いやすい)

料金プランに登場する GB(ギガ・バイト)はパケット通信の容量を示すもので、通信規格とも Wi-Fi の周波数とも違うの。

さらに 5G が導入されればダウンロード速度も Gbps(ギガ・ビーピーエス)に突入してより混同されそうだ。

かといって「正しく覚えよう」なんて思うと頭が混乱するので、通信業界にでも勤めていない限り知らなくて大丈夫だ。

せめて読み方だけ「次世代規格はファイブ・ジー!!」なのだと覚えておこう。

「あー、ファイブ・ジーね!知ってるよ。映画が 3 秒でダウンロードできるんでしょ!?」

といえれば充分に最先端の人になれるはずだ。

Twitter をフォローする!skyblue_1985jp



まだ銀行 ATM 並んでるの!? ・・・au wallet と「じぶん銀行」で身軽になれ!!

「財布いらなくない!?」の記事にも書いたとおり、昨年の 12 月からほぼ現金を使うことがなくなった。

すると不思議なことにまだ現金を使っている光景やそれを取り巻く環境に疑問を持つようになってきた。

銀行 ATM に行列ができる光景がいい例で、インターネット発達前の 90 年代と何ら変わっていない。

情報の交換は何でも QRコードの交換で済む時代に、私たちは銀行毎にことなるキャッシュカードを未だに持ち歩いている。

さすがに時代遅れだと思わないだろうか。少なくとも筆者はもう財布を捨ててやる!くらいの思いでこの問題に取り組むことにした。

その結果みえてきたのは au wallet の導入が現時点での最適解ということだった。



「じぶん銀行」はスマホで取引できる

三菱 UFJ と KDDI が出資する「じぶん銀行」はキャッシュカード不要で取引できる。

全国のセブン銀行 ATM に限るが預金残高に 10 万円あれば 月 3 回まで無料で現金の出し入れが可能だ。

(セブン銀行 ATM。QRコードだけで現金の出し入れが可能)

ほかの銀行はまだ物理カードが必要で、磁気不良なんて起こせば再発行に 10 日要するなど時代遅れなことをしている。

(物理カードは本当に切羽詰まらなければ出番がなくなった)

これで財布はおろかキャッシュカードからも解放されたことになる。

カメラや音楽プレーヤー、ラジオなどがその地位をスマホに奪われたように、キャッシュカードも不要であるはずだ。

 

「au wallet 」チャージもスマホだけで OK

そして驚いたことに au の決済アプリ「au wallet」もまた物理カードなしでチャージできる。

これもセブン銀行 ATM に限定されるが、日本でもっとも普及しているコンビニ ATM で触れる機会は多いだろう。

「じぶん銀行」を現金保管庫、au wallet を電子財布として使いわければ 1 ヶ月に使っていいお金の管理なども楽になる。

(もちろん自分銀行から直接チャージするのが一番楽だ)

しかも au wallet は au Pay、 QUICPay、 物理カード支払い方法が豊富ながら残高が共有されているため、お金の流れを一元管理できるのだ。



最後に

一連の流れは au ユーザーだけでなく au 回線を持っていない人も可能で、やり方は過去記事を参照して頂きたい。

au wallet が登場した 2014 年はまだ日本が現金至上主義で、カードが使える店舗自体少なかった。

Apple Pay は存在せず QUICPayも au wallet カードでは使えなかった。

その宝の持ち腐れ状態からぬけ出すときが今まさに到来している。

もう物理カードや ATM の行列で消耗するのは終わりにして有意義な時間を過ごしていこう。

そしてオワコンと言われている全国の銀行は少なくとも ATM 体験を改善して欲しい。

みずほ銀行みたいな J-COIN Pay なんてやっている場合ではないのだ。

Twitter をフォローする!skyblue_1985jp



海外版 Galaxy S10 シリーズ、Android 10 アップデートで au(UQモバイル)SIM が利用不可になる!?

2019 年、海外版 Galaxy シリーズを Android 9 にアップデートした結果 au および UQ モバイル SIM が使えるようになった。

Galaxy Note10 や Fold など最初から同 OS 搭載のデバイスでは最初から UQ モバイルなども利用できる。

(画像は Galaxy S10 5G 韓国版。 UQ SIM が動作している)

ところが年末年始にかけて降臨している Android 10 で再び au 系 SIM が動作しなくなったという声が聞こえてきた。



アップデートは様子見がお勧め

発覚したのは当ブログに頂いたコメントで、それを元にネット中を探し回ったところ若干名だが使えなくなったという人を発見した。

まだ確たる事実ではないものの可能性は否定できない。

 Android 10 をどうしても使いたい人以外はアップデートを控えた方がいいだろう。

というのもハイエンド Galaxy で通話・データ・SMS が使えるようになったのは本当にここ 1 年以内の話だからだ。

(2016 年からデータだけ認識するようになるが、通話は制御され続けていた)

またアップデートで au SIM を弾くようになった例は他のデバイスにもある。

2016 年の Zenfone3 台湾版は日本での発売が決まると一時的に通話ができる状態になるもアップデートで再び利用できなくなった。

最近では BlackBerry KEY2 LE も日本発売が決まってからアップデートで急に au 系 SIM を認識しなくなり多くの人が悲しんだ。

したがって au SIM も認識する神機と化したハイエンド Galaxy がもとに戻る可能性は充分あり得るだろう。

何か詳しいことが分かり次第また記事を書きたいが、動作検証をしている方がいれば報告を寄せて頂ければ幸いだ。

Twitter をフォローする!skyblue_1985jp



au 回線なくても OK!エポスカード + au Pay でポイント還元率 2.5 % にする方法・・・

au スマートパスプレミアムに加入すると au Pay 還元率を 1.5 % にできると書いたが、エポスカード併用で 2.5 % まで底上げできることに気づいた。

au 回線を持たない人も参加できるので何かしら参考になればと思う。



エポスカードで au wallet チャージする

エポスカードは au wallet にチャージできる VISA カードで 0.5 % ポイント還元される。

チャージ手数料は発生しないので安心したい。

チャージ金額の請求があがってきたらエポスネットより「リボ払い」に変更すると 1 % に底上げされる。

あとは利息が発生しないうちに全国のマルイ ATM で返済すれば OK で、仕組みとしては単純である。

au スマートパスプレミアムに参加することが条件にはなるが、au Pay 還元率 1.5 % + エポスポイント 1% = 計 2.5 % になるわけだ。

そして話はここで終わらない。エポスカードならではの強みが発揮できることになる。

 

チャージ金額をエポスポイントで支払える

ポイントの使い道の1つとしてネット通販での買い物にポイントを充当できるのだが適用幅がとても広い。

スマホや定額制アプリの請求、 PayPay や d払い決済分など「目に見えない物への支払い」も対象となるようで、

なんと au Pay、PayPay、d払いなどコード決済で利用した金額にも充当できることがわかっている。

「ポイントより値引きが欲しい」という人には理想的な使い方と言えるだろう。



au ポイントを合算できる(au ユーザー)

そして 2 つ目の強みがエポスポイントを au ポイントに移行して合算できることだ。

これだけは au 回線を持つ人に限られるのだが、1,000 ポイント毎に移行できるため合算すれば大きな額になるだろう。

エポスカードゴールド・プラチナであれば永久不滅なので貯めるだけ貯めて一気に移行することだってできる。

 

回線ない人も・・・

「えー、私 au 回線持ってないからズルい」と思った人も安心してほしい。

じつはエポスポイントを同社プリペイドカードにチャージすれば au wallet に現金チャージできる。

プリペイドカードとはいえ au wallet にチャージできる立派なエポスカードなのだ。

チャージ金額は最低 3,000 円~となっているため、最低 3,000 ポイントからとなるが、au ユーザーと実質的に同じことをしている。



最後に

というわけでエポスカードと au wallet (au Pay)は相性がいいと言えるだろ。

au Pay  1.5 % は au スマートパスプレミアムへの加入が必須だが、そのメリットは過去記事でふれたとおり。

これから春にむけて様々なポイントアップキャンペーンがあるだろう。

エポスをメインに使っている人はぜひこの合わせ技を覚えておきたい。

Twitter をフォローする!skyblue_1985jp



月額 2,250 円で 100 GB 使える au プリペイド SIM 着弾!さっそく検証した結果・・・

Amazon で偶然みつけた例の怪しい SIM を思い切って発注することにした。

話がうますぎないか?と思いながらも「まぁ大丈夫だろう」と謎の自信をもとにポチる。

(27,000 円を 12 で割ると 1ヶ月の負担額は 2,250 円。これで 100 GBなら安い)

するとわずか 1 日で着弾という思った以上に早いのは好印象

さっそく開封して SIM を検証していこう。



怪しいけど動作する!!

ヤマト運輸で届いた茶封筒には納品書を兼ねた注意書き 1 枚と SIM カードが入っているだけだった。

ルーターの使い方や APN などの記述は一切なく、本当に詳しい人向けと言える。

さっそく SIM を検証機の W05 ルーターに挿入。ちなみに用意したのは au 版だがUQ 版でも構わない。

すると何も設定せずにアンテナピクトが立ちハイスピード・モード(無制限)に接続された。

専用の APN があると思われたが UQ と同一 APN というのは意外だ。

気になる実測値は 10 ~ 20 Mbps で「期待しすぎたかな」と少し寂しい気持ちになるも、、

 Wi-Fi を 2.4 GHz から 5 GHz に変更すると下り 50 ~ 60 Mbps に改善。

これだけの実測値が出れば大満足で何をするにも問題ないだろう。

ただし5GHz Wi-Fi 利用は屋内のみと電波法で定められていて、移動しながらの 2.4 GHz 環境では 10 ~ 20 Mbps 程度になりそうだ。

APN が UQ WiMAX と同じということは、本家サービスのように 3 日 10 GB 制限は適用されるのか気になるところで検証していく予定だ。

ちなみにスマホ側では SIM を一切認識しない IMEI 制限が施されており、如何にも WiMAX2+ SIM という仕様である。



最後に

ところで販売元の YY-mobile とは何なのか調べてみると「Amazon で au やソフトバンクの大容量 SIM を販売する事業者」という情報しか出てこない。

だがこの手の SIM に関しては日源商事という事業者も扱っているという情報を頂いた。

こちらの方がまだ信用できそうな気もする。

それにしても、こうした契約なしですぐ使える大容量サービスがau系 SIM にも存在していたのは驚かされる。

今後も検証結果を UP する予定だが、何かしら制限がかかって終わったら盛大に笑ってやってほしい・・・(汗)

Twitter をフォローする!skyblue_1985jp



楽天モバイル(MNO)本サービス開始まで 3 ヶ月、弱点は「ストリーミング」と「ローミング」

昨年 10 月に始まった楽天モバイル無料サポータープログラムに参加させて頂き 2 ヶ月半が経過した。

思えばこの短期間でずいぶん接続率があがり、本サービス開始の 4 月までには準備が整うだろう。

ではいま何が足りないかといえば「ストリーミング」と「ローミング」という似て非異なる2 点だと筆者は考えている。

ここが克服できないことには一部のアプリに支障がでるなどユーザーによっては使い物にならないと言われかねない。



歩行中の「ストリーミング」再生に弱い

これまで楽天モバイル回線を使って Youtube 動画やリアルタイム配信を観ても全く問題ないと思っていた。

ところが「歩きながら」という条件がつくと変わってきて、プツプツ途切れることがよく起こることに気がついた。

生放送のラジオや VoLTE 通話がいい例で数分に一度とぎれやすい。歩く場所によって再現性は異なるが非常にまずいだろう。

(速度だけ見れば 100 Mbps を超えるなど何倍にも速くなっている。)

ネットに常時接続しながら動画や音声を受信する「ストリーミング」は配信を楽しむ人たちには致命的すぎる状態といえる。

 

地下と地上の境目に弱い

そしてもう一つの弱点は au 回線と楽天回線が切り替わる「ローミング」の瞬間である。

具体的には地上から地下に入ったりその反対に起こるのだが、切り替わりに一瞬途切れることがあるのだ。

こうした場所にお店があると圏外になることがおおく、ストリーミング再生が切れるのはもちろんコード決済が使えなくなる。

楽天モバイルを使っていると「楽天ペイ」が使えないという笑えないことが起きているのだ。

楽天ペイに限らず QRコード決済はネット接続が必要となるためローミング切り替わりは「即効性」が欠かせない。



最後に

しかしこの 2 ヶ月半に想像をこえる工事が行われたのは確かである。

接続率の向上、電波出力の強化が東京・名古屋・大阪の各エリアで順番に広がっていて 3 月までには克服できる気がしている。

基地局増設だけでなく販売や契約にあたるスタッフの配備、サポート体制や 4 月以降の端末リリース準備などやることは膨大だ。

昨年末に Twitter 上に流出した幻の料金プラン(50GB で 900 円など)とは言わないが奇策をもって挑めば意外と台風の目になるかもしれない。

Twitter をフォローする!skyblue_1985jp



怪しい・・・月額 2,250 円で 100 GB 使える WiMAX2+ プリペイド SIM が登場か!?

昨年は 月額 3,300 円で 900 GB 使えるソフトバンク大容量 SIM が大きな話題となった。

今年も活用しようと思いながら同様のサービスを探していたところ、なんとプリペイド SIM の WiMAX2 + 版を発見してしまった。



一括払い 2,7000 円、試してみる!?

Amazon を徘徊していたら偶然みつけたのが以下の商品で、12 ヶ月間有効の WiMA2+ SIM が 27,000 円で販売されている。

一見たかく見えるが 12 ヶ月で割ると月額 2,250 円であり、毎月 100 GB 使えたら超絶なコスパではないだろうか。

ぜひとも試してみたいのだが、iVideo 社のように他社サービスが見つからず完全に「大丈夫かこれ?」というレベルである。

そして利用するにしても少しばかり知識が必要になるはずだ。

 

注意すべき点

まず WiMAX2+ はサービスの仕様上、スマホでは利用できず必ず専用ルーターが必要となっている。

それも対応端末は WX04, W05, L01s など VoLTE SIM 対応モデルに限定されるため調達コスト 5,000 ~ 7,000 円みた方がいいだろう。

なぜか中国人バイヤーが中古白ロムを集めていることもあって、秋葉原では品薄傾向にあるのだ。

またソフトバンクの利用する周波数が LTE B1, B3, B8, B41, B42 であるのに対し、WiMAX2+ は基本 B41 のみである。

(白ロムといっても W03 とか W04 など旧 LTE SIM は非対応である)

したがって建物の屋内では圏外になる可能性が高く、電波の入り具合はソフトバンク SIM に軍配が上がることになるのだ。

それでも例えば iVideo SIM より月額維持費は 1,100 円ほど安いため、この質の差をどう捉えるかがカギとなるだろう。



最後に

WiMAX2 + は 2013 年から長らく使ってきたが、50 ~ 60 GB といったキャリアの大容量プランの台頭で存在感を失いつつある。

そもそもルーターを持ち歩かなくとも、スマホをルーターとしてテザリングできる iVideo と比べて使い勝手があまりよくないだろう。

ただし月額 2,200 円で 100 GB とは何か惹かれるもので、試してみるか否か迷っている。

しかし怪しい。。返品不可だがこれは Twitter アイコンの何にかけてやるしかないのだろうか。。。

リンク先:Amazon

Twitter をフォローする!skyblue_1985jp