バニラ・エアが16日からセール開始!国内線 980円、国際線3,680円~など破格チケット多数

ANA傘下のピーチがバニラ・エアと経営統合することが昨年3月22日に発表された。今年から順次、既存路線の廃止やピーチへの移行が始まることから、バニラエアーとしてセールは残り僅かとなってきた。



①東京・香港間3,680円~、

東京・香港間は最安3,680円となっており、非常に安い。(香港と日本の出国時、それぞれ出国税などが発生する)筆者も昨年、初めて利用したが非常に安い料金で旅行できた事に感謝している。

予約開始時刻は本日15:00から。画像にセール会場リンクを貼っておくので、興味ある方は参照されたい。

Twitterをフォローする!skyblue_1985jp



SIMフリー iPhone6s 未使用品、底値が30,800円に値下がり!! ~ばら撒かれるdocomo with~

docomo withで4万円以下になったiPhone 6sが、一括0円などでばら撒かれているようだ。SIMロック解除された物が中古市場に流れ、溢れ出している。秋葉原では先週と比較して2,000円下がり、底値は30,800円(税込)に。

ちなみにiPhone SE 32GBが32,800円相場なので、ついに6sの方が安くなったことになる。なお、同機種はY!mobileやUQ mobileも取扱うため、早ければ月内にも相場が2万円台に下がるかもしれない。

Twitterをフォローする!skyblue_1985jp



ビックカメラ・指定SIMフリー端末16,200円OFF!BIC SIM契約&PayPayボーナスのコンボが熱い!!

この正月、MVNO SIMを契約するとSIMフリースマホが20,000円OFFになるセールが量販店などで相次いだ。昨日14日までは同様のセールで賑わったが、1月も中旬となり少し閑散とするだろう。

 

そんな中、今お勧めできるのがビックカメラのBIC SIM(有楽町店で確認)。新規・MNPで契約すると指定SIMフリースマホが15,000円(税込16,200円)安くなる。



①SIM契約手数料なし、3ヶ月間は維持費は400円

嬉しい事に、SIMパッケージ代金3,240円は免除で0円。初月は日割り計算で、翌月から3ヶ月間は400円のみで維持できる。データ通信容量は通常3GBのところ6GBなので破格と言えるだろう。

ちなみにBIC SIMと言っても中身は完全にiij mioのSIMで、特別な仕様ではない。

 

②PayPayボーナスを使えば端末がタダになる場合も

例えばP20 liteなら29,655円(税込)だが、キャンペーン割引16,200円適用すると、端末価格は13,546円になる。ビックカメラポイントや、PayPayボーナスを使えば人によっては全額払う事ができるはずだ。

(4,055ポイントあったため、全額利用。2台で22,859円。PayPayで支払い、再び4,116ポイントが還元されたのでインパクトが大きい)

お正月のセールに乗り遅れたり、やっぱりP20 liteが欲しいという方は是非足を運んでみよう。筆者もこれを機にPayPay残高を使いきり、ようやくすっきりした(汗)

Twitterをフォローする!skyblue_1985jp



【気をつけて】コスパ抜群のUQ mobileに潜む落とし穴・・・

以前にも似たような話を書いた事があるが、この1年でUQ mobileが飛躍的に伸びてきたので再度書き直し。

docomo系MVNOよりも圧倒的に速度が速く、ピーク時でも下り100Mbps以上でる事もあるUQ mobileだが、契約して後悔する人が続出している。今回は、絶対に知っておきたい落とし穴について触れたい。



①端末が故障した際、安い中古品が手に入らない

UQ mobileはMVNOという性質上、スマートフォンが故障してもUQが代替え機を貸してくれるわけではない。新たに買い換えるか中古で買うという選択肢を迫られる。

 

仮に「とりあえず一時しのぎの端末を買うか」と思っても、UQ mobile(マルチ)対応の中古品はまず1万円以下では手に入らない。インターネットで探せば出てくるかもしれないが、手元に届くのに1~2日かかるため緊急時に慌てる人が後を絶たない。

 

②SIMフリースマホがほとんど未対応

その大きな理由が、SIMフリースマートフォンの多くがUQ mobile(au系MVNO)に未対応という現実にある。最近でこそHuawei、ASUS、OPPO、などがこぞって対応してきたが、2015年発売など過去の商品はau系非対応の物も多い。

(iPhoneなら確実だが、そもそも端末価格は抑えたい人は避ける傾向にあるようだ)

うまく1万円以下で中古品を見つけたとしても、Felicaがないとか、防水がないとか、何かしらの不満は残ってしまうのだ。



最後に

auから発売されている機種に関しては、2017年8月以降に発売された機種に関してはSIMロック解除なしに利用できるが、そもそもこうした知識を持ったユーザーは皆無に等しい。

 

UQ mobile(au系MVNO)がお勧めであることは間違いないのだが、故障や紛失などの緊急時にどういう手順をとるか、予めデメリットに関しても知っておいた方がいいだろう。

Twitterをフォローする!skyblue_1985jp



Amazon・インドに若者向けと思われるGalaxy Mが登場、月内にも限定発売か!?

アマゾン・インドGalaxy M Seriesと書かれたページが大きく出現するようになった。同ページではミレニアム世代向け、大容量バッテリー、ウルトラ・ワイドアングル・カメラなどが宣伝されている。



水滴ノッチ採用の模様

Galaxyシリーズはフロント・カメラやセンサー類を一箇所に集めて「ベゼルレス」を謳ってきたが、今回はOPPOなどにも搭載された水滴ノッチと言われる物を搭載。

やはりディスプレイの大きさをアピールするには、大なり小なりノッチ導入がベストなのだろうか。

2017年のGalaxy S8から数えて3年目のインフィニティー・ディスプレイとなるが、今年のサムスンの戦略を予測する1台になるかもしれない。

参照記事:GSM Arena Samsung Galaxy M coming to India on January 28 as Amazon exclusive

Twitterをフォローする!skyblue_1985jp



Google Pixel3 本体分割契約で90,000円引き!?ビックカメラ有楽町で1月15日まで・・・

昨夜朝、用事があってビックカメラ有楽町へ寄った時のこと。SoftBank Pixel3を分割で購入すれば90,000円値引きしてくれるキャンペーンを実施していた。恐らく48分割の契約を条件にしている物と思われる。



①本体安くとも維持費に注意、ギガモンスター+

タダ同然の価格でPixelが手に入るのだと思われる。しかし今SoftBankは料金プランの種類が皆無に等しい。もしかしたら割引の条件としてギガモンスター+への加入などがあるかもしれない。

その場合、毎月の維持費が高額になるため注意したい。興味ある人は足を運んでみるといいだろう。

Twitterをフォローする!skyblue_1985jp



2回線目の維持費が6ヶ月間0円!更にHuawei端末2万円OFF!!~ヨドバシ、Biglobe SIMが熱い3連休~

最近、色んなMVNOが数ヶ月タダ同然で維持できるキャンペーンを実施しているので、勢いでBiglobe SIMを検証用に契約してみた。家族で契約すれば、2回線目は6ヶ月間0円で維持できると聞いて驚愕。

 

どこから利益が出るのだろうと突っ込みたくなるが、この3連休で最も安かったので改めてご紹介しよう。



①初期費用は3,240円、Huawei端末が2万円OFF!

LINEモバイルなどと異なり、SIMに初期費用が発生する。その代り、最初の6ヶ月間は音声SIMの維持費が毎月1,200円割引となる。例えば3GBプランなら1,600円ー1,200円=400円だが、話はこれだけで終わらない。

(3GBプランに申し込むと6ヶ月間は400円で維持できる。②で開設するがセキュリティセットのオプション加入で真価を発揮)

 

②セキュリティセット加入で2台目が半年間タダ、1台目は200円へ

家族で契約すると、家族側は200円安くなり、月額200円の状態が6ヶ月間続く。更にセキュリティセット・プレミアムという有料オプション加入で、親回線、子回線(計3回線まで)それぞれ200円追加で割引がはいるのだ。

少し複雑になるが、この有料オプション自体も6ヶ月間タダ。例えば今月契約すると、7月までにオプションを外せば良い。これで親回線は6ヶ月間200円、子回線は6ヶ月間タダという仕組みになるわけだ。



最後に

あくまでも毎月3GBの例を用いて算出した場合だが、死ぬほど安くなっていることがわかるだろう。ヨドバシカメラ・アキバではHuawei端末の2万円割引が2月3日まで開催中。

ただし、ヨドバシでは1人1回線までとなっているので、ゼロ円にしたい家族は一緒に行くか、後日来店する必要がある。

Twitterをフォローする!skyblue_1985jp



「成田・那覇」往復が圧倒的にお得&PP単価が安い!!SFC修行2019年に挑む~第⑥話~

前回、「修行つらたん」という弱音の記事を書いたら、諸先輩方から叱咤激励のお言葉を多数いただいた。「修行は修行、つらいのだ」という事で、ハッと目がさめた。

 

気を入れ直した筆者は、改めて東京・沖縄間の往復を調べなおす。すると、羽田・那覇よりも成田・那覇の往復が圧倒的に安い事に気づいた。

 

①1日1便、成田・那覇間のコスパが高い

早めに予約すれば、なんと片道9,000円前後で那覇まで行けてしまう。プレミアム・エコノミーも2,7000円前後。一度の往復フライトで約5,600PP貯まることが発覚。

これは利用するしかないと思い、安い日を狙ってエアチケットを取得。そのフライトスケジュールが次の通りだ。

羽田・那覇間のフライトは元々の修行スケジュールのため、成田・那覇間が新たに取得したもの。18日の成田到着後は、そのまま香港に行く予定だ・・・

 

②SKYコインも活かして、3月までに半分いけるか!?

修行費用を少し抑えたいので、ANA SKYコインへの移行も始めた。貯まったエポスポイントを加えれば、1フライトくらい買えてしまうはず。

ANAゴールドカード入会キャンペーンで2,000マイルが来たので、そのままコインへ。エポスポイントも試しに4,000ポイント移行。この調子で試行錯誤を繰り返し、3月までに2.5万PPを目指したい。修行の道のりは長そうだ・・・

Twitterをフォローする!skyblue_1985jp



SoftBank、10年間で4割値上がった!?衝撃的に安かった昔のiPhoneを見てみよう・・・

筆者がiPhoneを使いはじめてから、間もなく10年目を迎える。私たちの生活は、Appleの携帯電話市場への参入で良くも悪くも大きく変わった。

(筆者初のiPhoneは3GS。今でも契約があれば動くはず)

色んな思い出に浸りながら、「そういえば、10年前は毎月いくら払っていたのだろう」と、当時の料金プランを探してみた。なんと、考えられない程に安い(汗)



①iPhoneの本体代金込み、パケ放題で月額5,705円

2009年、iPhoneを普及させようとしたSoftBankは、とにかく維持費が安いキャンペーンを長いこと実施していた。“iPhone for everybody”と呼ばれた施策ではiPhoneの端末代金が実質0円、維持費は以下の通り。

・ホワイトプラン(980円)

・S!ベーシック(315円)

・パケット定額 (4,410円)

なんと合計 5,705円(税込)だ。本体代金は2年間の利用を条件に毎月全額が相殺されているため、オプションでも追加しない限り、これ以上の料金は発生しない。

(当時は消費税が5%だった事もあり、税込で4,410円でパケ放題だった)

 

②パケット定額制に関して消極的だったあの頃・・・

スマートフォンを使う人が少なすぎて、まだパケットに制限をかけるなんて事もなかったから、YouTubeだって見放題だった。更にSoftBank同士なら夜9時まで通話し放題と、今当たり前の事を10年前にやっていたのは凄い。

(光回線や端末の購入がない場合、1年目で7,480円、2年目からは8,000円越え)

翻って今、同社は死ぬほど料金が高くなってしまった。光回線や家族がいない単身者の場合、毎月8,000円程度の出費は避けられない。



最後に

「ギガ単価では最も安い」と豪語する孫社長だが、お財布から出ていく金額に関しては高くなったと言わざるを得ないだろう。サブブランドにY!mobile、MVNOにLINEモバイルを展開するのは予算が低い人を取り込むためだろう。

 

非常に悲しいが、昔のような安さは戻ってきそうな気配がない。もはや政府の指導や官房長官の発言だけでは、どうにもならないようだ。

Twitterをフォローする!skyblue_1985jp



スマホのmicroSDXC、いよいよ512GB到来!アキバで13,888円(税別)特価に!

昨年のGalaxy Note9リリースの際、サムスンが1TB Ready(1TBの用意がある)と宣伝していた。内部容量512GB に加えてmicroSDXC 512GBを追加すれば合計1TBがになるという話だ。

(日本では128GB版のみだが、512GBのmicroSDXCには対応している)

「なんとも遠い世界の話をしているのだろう」と、その時は非現実的にしか考えられなかったのだが、某あきばお~にて新成人特価で販売されているではないか。



①十分に狙える価格帯、1TBいっちゃう!?

確認したのはGREEN HOUSE製のmicroSDXC。価格は税抜13,888円と、一昔前の頑張って128GBを購入するくらいの感覚だ。隣りには4K動画も撮影可というスーパータレント製も並ぶ。

また、同店によるとメモリーカードによっては100円追加する事で相性保証を追加できるとのこと。microSDXCはスマホで利用する場合、128GB以降で相性不良が出ることが少なくないため、保険と思って加入するといいかもしれない。

Twitterをフォローする!skyblue_1985jp