料金的な話」カテゴリーアーカイブ

楽天モバイル Rakuten Mini が再び「一括 1 円」に!Rakuten LINK 利用で+ 7,000 ポイント還元中!

楽天モバイルが 200 万回線突破記念として大きなキャンペーンを始めている。

気になる機種は沢山あるが Rakuten Mini がふたたび一括 1 円になっているのが気になったので取り上げておきたい。

キャンペーン期間は 2021 年 1 月 22 日午前 9:00から始まっており、ウェブだけでなく楽天モバイル取り扱い店舗で終日行われる予定。

条件は Rakuten UN-LIMIT V の回線を申し込むこと。もちろん 1 年間は 0 円で使えることから貰っておいて損はない。



Rakuten LINK 利用で + 7,000 ポイント還元

Rakuten Mini は ROM 32 GB、RAM 3 GB 搭載の超小型スマートフォンで物理 SIM ではなく eSIM を搭載した楽天モバイルのオリジナル端末だ。

1600 万画素のリアカメラ、500 万画素のフロントカメラ、Wi-Fi 5GHz に対応しテザリングにもピッタリの 1 台。

(中古相場は 6,980 円、未使用品は 9,980 円からあまり動かない)

従来の Jelly Pro、Unihertz Atom、Palm Phone などより画面サイズが大きく、おサイフケータイが使えることが大きなメリットとなっている。

洗練された UI がオシャレで、後から発売されたクリムゾン・レッドは未だに中古品がすぐ売り切れる人気商品となっている。

一時は総務省に申請したネットワーク周波数とは異なる端末が混ざっていると騒ぎになったが現在は解消され落ち着いた。

なお今回のキャンペーンでは無料通話アプリ “Rakuten LINK” を利用すると 7,000 ポイント貰えるのも大きい。

ただし以前に一括 1 円キャンペーンを利用した人は対象外になっているので、キャンペーンサイトの条件をよく読んで応募してみよう。

大手 3 キャリアの値下げを受けて焦る楽天モバイル。しかしキャンペーンだけは美味しく利用させてもらおう。

リンク:楽天モバイル

Twitter をフォローする!@skyblue_1985jp



【最強】エポスカード・ゴールド(プラチナ)の還元率を 2.5 % にアップデートせよ!!

新型コロナウイルスの感染拡大をうけ、多くのクレジットカード会社がポイントや特典の還元条件見直しを迫られている。

筆者がこれまでお勧めしてきたエポスカード・ゴールド(プラチナ)も例外ではなく「リボ払い」変更による還元率アップが廃止された。

どうにかメインカードとして存続させる方法はないか探っていたところ常時 1.5% 還元にする方法を発見。

LINE Pay VISA が 3% 還元をしているが、終わったら再びエポスゴールド・プラチナが返り咲くかもしれない。

今回は mixi の 6gram を使った方法と Apple Pay との絡め方について記していく。



6gram チャージで常時 1.5 % 還元を実現

エポスカーゴールド・プラチナには常時 1.5 % 還元できる特典があり、よく利用するお店をリストの中から 3 つまで選択できる。

例えば筆者ならヨドバシカメラ、ビックカメラ、モバイル Suica チャージ(Apple Pay、Google Pay、Garmin、wena 3)を登録していた。

これらに関しては 1.5 % 還元ながら、その他のお店では 0.5 % になるわけだ。

ところが、この選べるショップの登録先に「株式会社ミクシィ」を登録すると同社が提供する 6gram へのチャージ金額に対して 1.5 % 還元されることが分かった。

(6gram はバーチャル・プリペイドカード。現在リアルカードも準備されている)

つまり今まで 3 店舗しか選べなかったのに 6 gram 経由で決済すれば、実質どこでも 1.5 % のエポスポイントが戻ってくるのだ。

もはや「モバイル Suica」 も「ヨドバシカメラ」もすべて 6gram で決済すれば常時 1.5 % を維持できてしまう。

年間 100 万円の決済をすると通常ポイント 15,000 に加えて 10,000 ボーナスポイントが戻ってくるため最大還元率は 2.5 % となる。

貯まったポイントは他社ポイントに交換したり、チャージ金額の請求分に充当するなど多様な使い方ができるのも魅力的だ。

(au wallet ポイントは現在 ponta ポイントに変更された)

ゴールドの場合は年間 50 万円以上の決済で年会費が永年無料。これは使わない手はないだろう。



6gram は招待してもらう

ところで 6gram は招待制のプリペイドカードとなっており、最初はだれかに紹介してもらわねば利用できない。

周囲に使っている人がいない場合は FaceBook 等の SNS でユーザーを探してみよう。

招待されたらアプリをインストール。電話番号やクレジットカード番号を登録すると 10 万円までチャージ可能となる。

ただし本人確認なしでのチャージ金額は 10 万円が上限となっているため、大きな買い物でポイントを貯めたい人はアプリ内から申請しよう。

筆者の場合、マイナンバーカードを撮影してアップロードしたところ確認完了まで 10 分とかからなかった。

これで最大 50 万円までのチャージが可能になる。

同カードは基本的にインターネット決済に向いておりリアル店舗では Apple Pay や Google Pay の QUICPay を利用する。

ただし現在リアルカードが準備中となっており全国の JCB 加盟店舗で使えるようになる見込みだ。

これでポイントの汎用性が高い 2.5 % の環境が整った。



Apple Pay に取り込む利便性

ところで 6gram は 1.5 % 還元になるだけでなく JCB である点がとてもありがたい。

というのもエポスカードの VISA ブランドは Apple Pay のネット決済にすこぶる弱い。

例えばモバイル Suica チャージ一つとってもそうだ。master や JCB では wallet アプリから 1 円単位でチャージできるのに VISA だけは別途 Suica アプリでのチャージが求められる。

また Japan Taxi や TOHOシネマズといった Apple Pay 搭載アプリにも非対応で、いくらエポスの還元率が高くても VISA という時点で本領発揮できない。

 JCB ブランドの 6gram ならこうした VISA の制限を突破できるため還元率だけでなく iPhone との相性が良くなる事も再認識しながら活用しよう。

もちろん逆に JCB や QUICPay が使えないリアル店舗も出てくるだろう。そういう時にはメインカードとしてエポスを持っておくか、また別のカードにチャージして還元率を稼ぐなどすると良さそうだ。

最初は頭が混乱するが、色んなサイトを参考にしながらぜひ挑戦してみたい。

参考にさせて頂いたサイト:クレカとコラボで爆益!プリペイドカード11選!!

Twitter をフォローする!@skyblue_1985jp



【特価】楽天モバイル 5G 対応。Google Pixel 5 SIMフリー、未使用品 64,800 円(税込)が大量入荷!

Google が手掛ける Andoroid スマートフォン Pixel 5 の白ロム価格が Amazon などで 65,980 円(税込)に値下がり始めている。

この流れは秋葉原にも波及しており 1 月 17 日時点では 64,800 円(税込)の最安値を記録した。

販売を確認できたのは「じゃんぱら」秋葉原 5 号店および同社通販サイトで、Sorta Sage、Just Black 合わせた在庫数は 60 台以上。

いずれも au 版を SIM ロック解除した未使用品で、予算的に厳しかった人もだいぶ買いやすくなった印象だ。



3 年間は楽しめる Google 旗艦モデル

Google Pixel5 は Snapdragon 765G、ROM 128 GB、RAM 8 GB 構成のミドルスペックで、同社の旗艦モデルがハイエンド以外で発売されるのは珍しい。

画面サイズ 6 インチながら片手でも持ちやすく Full HD+ の有機 EL ディスプレイは輝度が明るすぎない仕上がりで眼が疲れにくい。

(超薄型に 151g はとても軽くてケースを装着しても重さを感じない)

1600 + 1200 万画素 2 眼カメラ、防水・防塵、Felica(おサイフケータイ)、ワイヤレス充電、Wi-Fi a/b/g/n/ac、4,000 mAh バッテリー、eSIM、ステレオスピーカー等に対応。 Android 11 を標準搭載しており 2 回の OS アップデートと 3 年間のセキュリティ更新が保証されている。

今から購入すれば 5G が普及し始める 2022 年以降により楽しくなってくるはずなのだ。

 

povo、LINE on Softbank 登場で eSIM に活路

ネットワークに関してはドコモ、au、ソフトバンク、楽天モバイル UN-LIMIT V および各社 MVNO に幅広く対応しており au 版といえども他社が不利になる制限はかけられていない。

(筆者による検証。ソフトバンクは Pixel 専用契約でないとテザリングできないようだ)

5G は最近のアップデートで楽天モバイル 5G まで網羅され、Android スマートフォンでは全キャリア 5G に対応する貴重な 1 台である。

(今回ドコモから未発売だが 4G/5G はしっかり動作した)

また nano SIM + eSIM の DSDV 構成も見逃せない。今までは楽天モバイル UN-LIMIT V や IIJ mio くらいしか選択肢がなく使いみちが狭かった。

ところが政府主導の料金値下げで登場した KDDI の povoソフトバンクの Softbank on LINE が eSIM 導入を表明したことから 3 月にも選択肢が一気に広がることになる。

(楽天 モバイル nano SIM と eSIM をインストールした様子)

普及すれば自宅から SIM の発行・インストールが可能になり紛失しても再発行などが容易になるはずだ。

最新技術の詰まった AI カメラで最高の写真撮影、全キャリア 5G 対応の贅沢なネットワーク、3 年後まで保証されたアップデートを考えれば最高の 1 台ではないだろうか。



なぜいきなり安くなった!?

最後に余談だが KDDI は 2022 年に 3G 停波を予定している。ところが未だに 3G ケータイ(ガラケー)を使っている人がいて同社は巻取りに必死だ。

そのため iPhone SE 第2世代など高額な商品をとくべつに一括 1 円などの破格で提供し4G 契約に乗り換えてもらう施策を展開している。

これを俗に「マイグレ」とよぶのだが、おそらく Pixel5 もそのような販売がなされているのだろう。

(画像は 2020 年 8 月のもの。ショップによって施策の中身は異なっている)

そして中には既にスマートフォンを持っているため、必要ないから売却する人がいてそれが白ロム市場に大量に流れてきたと思われる。

検討している人は価格の動きに注目してみよう。また大きな変動があればご報告したい。

リンク:「じゃんぱら」通販サイト

Twitter をフォローする!@skyblue_1985jp



Dual SIM + Felica 搭載 OPPO Reno A SIMフリー、MVNO とセットで 一括 1,300 円の特価!

Dual SIM + Felica 搭載のロングセラー、OPPO Reno A がヨドバシカメラ・アキバにて 20,000 円(税込)で販売されている。

最初はお正月の SIM フリースマホ福袋として販売されていたが、緊急事態宣言などの影響をうけてか人出が減りまだ残っているのだ。

そうしたなか 1 月 15 日には BIGLOBE モバイルとセット契約で 1,300 円で買えるセールが実施されていたので記録したい。



緩くて安い BIGLOBE モバイル

割引条件は BIGLOBE モバイルの D (ドコモ)回線または A (au)回線を 3 GB 以上のプランで契約すること。

初期費用は 1 円で 6 ヶ月間は 400 円(税別)で維持できる。

D回線はあとから A 回線に変更すると G ポイント 500 × 6 ヶ月分もらえるキャンペーンが実施されるのだが、回線としてはわりと遅い。

(Youtube がパケットフリーになるオプションも 6 ヶ月間はタダ)

したがって速度重視であれば A 回線を選ぶといいだろう。

また 2 回線目は家族割が発動して 200 円で維持できることから、スタッフの方が「よかったらもう一回線どうですか?」と誘ってくれるので 1 日に 2 回線開通させることも可能なことが判明した。

(Huawei nova lite3+ なら一括100 円でもらえてしまう)

同社は KDDI の完全子会社であることから、多くの iPhone に SIM を挿すだけで認識するなど使いやすい。

(APN構成プロファイルなしで動く MVNO は珍しい)

最初はD 回線でつくって後から A 回線に変えるのも有りだが、わからない場合は気軽にスタッフに相談しよう。

BIGLOBE のスタッフがいる場合、ほんとうに親切丁寧に教えてくれる。



OPPO Reno A 1300 円の破格・・・

そしてセット対象の OPPO Reno A はあの Dual SIM + Felica 搭載の超大人気ロングセラー。

(128 GB は楽天モバイルのみとなっている)

本体価格 29,800 円となっているが、携帯電話売り場ではヨドバシ側で 20,000 円まで値下げされている。

そこから 18,700 円の本体値引が入って 1,300 円(税込)が最終価格となるわけだ。在庫限りとはいえ MVNO でここまで条件がゆるく安いのは見たことがない。

OPPO Reno A は Snapdragon 710、ROM 64 GB、RAM 6 GB 搭載のミドルスペックで 2 眼カメラ、Wi-Fi a/b/g/n/ac、Felica(おサイフケータイ)、NFC、防水・防塵、画面内指紋認証、Dual SIM スロット、microSDXC 等に対応。

6.4 インチ有機 EL ディスプレイは Full HD+ で十分美しく、2500 万画素の高画質インカメラを使ったセルフィーも楽しくなるに違いない。

ネットワークはドコモ、au、ソフトバンク、楽天モバイル UN-LIMIT V ほか、各社 MVNO に対応しており海外でも国や地域を問わず世界中のネットワークに対応する。

さすがに 10 万円クラスのカメラ画質やゲーム体験を求めるのは酷であるが、日常生活に利用するには十分すぎる製品。それが 1,300 円となれば買わない手はない。

またヨドバシカメラでは OPPO Reno A のほか、同じく BILOBE モバイル契約で OPPO A5 2020 が 1,100 円OPPO a73 が 6,100 円、Huawei nova lite 3+ が 100 円などで案内されている。

緊急事態宣言下なので外出をお勧めすることはできないが、人出もかなり減っているので用事で寄る人がいたら覗いてみよう。

Twitter をフォローする!@skyblue_1985jp



UQモバイル、月額 3GB プランを 1,480 円に値下げ。MVNO を終焉へみちびく破壊力・・・

1 月 13 日、KDDI が 2,480 円で 20 GB 使える povo を発表。

ドコモの ahamo、ソフトバンクの Softbank on LINE と合わせて大手 3 キャリアの目玉プランが出揃った。菅政権から追加注文がない限り、携帯電話料金値下げはいったん落ち着きそうだ。

しかし同時に意外だったのが au サブブランドの UQ モバイルが大胆な値下げを見せたこと。

もしかすると MVNO 業界を衰退させてしまうかもしれない。



高品質のまま MVNO より低価格になった・・・

UQモバイルの新料金は従来の S、M プランが 500 円値下がって 1,480 円(税抜)から持てるようになった。

(余った容量は翌月にくりこし可能。10 GB だった R プランは 15 GB の M プランとなった)

もちろん 3 GB のデータ量はそのままに昼夜のピークタイムで低速化せず、ギガを使い切っても 300 Kbps 前後のスピードは無制限に利用可能。

全国の UQ スポットでは機種変更、端末下取り、住所変更、解約、修理受付などサポート体制もバッチリ整っている。

こんな有利な条件をもって IIJ mio、 BIGLOBE モバイル、LINE モバイル、mione といった MVNO の 3GB プランとほぼ同額か 100 円安いのだ。

もちろんクレジットカードだけでなく銀行口座振替による支払いも可能である。

ここまで来ると特別な事情がないかぎり他社の au 系 MVNO にこだわる理由が無くなると言えないだろうか。



無料通話付きで 1,980 円(イチキュッパ)

もっと驚いたのは 60 分の無料通話を追加しても 1,980 円(税抜)に収まることだ。

毎月 60 分 500 円、10 分定額 700 円、24 時間定額 1,700 円と 3 種類から選択可能。

一度オプションとして追加して不要であれば外せばいいし、足りなければ 10 分定額に変えられるなど、久しぶりに顧客目線になっている気がする。



昔は最初だけ安かった・・・

余談だが過去と比べてどれだけ安くなったか見てみよう。

すでに受付終了している「おやべりプラン」は 1 年目 1,980 円ながらデータ通信は 2 GB しかなかった。

しかも 2 年目は 2,980 円に値上がるほか 3 年目はデータ量と無料通話が各プラン半減するなど「入り口だけ安くて割高になる」料金体系だったのだ。

また 2 年間以内に解約すると発生する 9,500 円の違約金も廃止されたことから、消費者にとても優しくなった印象だ。

ドコモ回線にこだわる人は現状維持をするにしても、やはり au 系 MVNO は窮地に陥ったと言えないだろうか。

もしもライバルの Y!mobile が対抗すれば今度はソフトバンク系 MVNO が、ahamoに動きがあればドコモ MVNO が徐々に衰退するかもわからない。

衰退する3 キャリアの値下げは私たちの想像を遥かに越えていたのかもしれない。

Twitte をフォローする!skyblue_1985jp



【激安】iPhone XS 256 GB SIMフリー、ワイモバイル契約で 39,800 円(税込)の特価

ヨドバシカメラ・アキバ 1F の SIMフリースマートフォン売り場にて iPhone XS 256 GB とワイモバイルのセット価格が 39,800 円(税込)の特価になっている。

同モデルは中古市場で 40,000 円台にて取引されており、一見するとあまり安くない。

ただし 2020 年末まで量販店が抱えていた在庫は 73,800 円(税込)だった事から、新品として見るなら破格。

iPhone SE 第2世代と迷っている人にはいい選択肢になるかもしれない。



楽天モバイル対応。eSIM が増えればいい選択肢

iPhone XS は A12 チップ搭載の 2018 年モデルで、発売当時の価格は 256 GB で 14 万円にものぼる。

前作 iPhone X と比べて CPU が 15 %、GPU が 50 % 高速化され、バッテリー持続時間は最大 30 分向上した。

そのほか IP 68 等級の防水・防塵に対応、「予備電力付きエクスプレスカード」に対応し、水濡れにつよくバッテリーが切れても Suica が使えるなど細かい点でおおきく進歩したのがわかる。

カメラはポートレート撮影における背景ボケ、逆行にも強いスマートHDR、夜景撮影における白飛び防止など今から使っても満足感は高いだろう。

(iPhone XS Max で撮影した香港のネオン街)

(同じく iPhone XS Max で撮影したマレーシア、ペトロナス・ツインタワー)

さらにネットワーク周りでは楽天モバイル UN-LIMIT V に対応するほか、2 枚目の SIM スロットとして eSIM が利用可能。

2021 年には Softbank on LINE のほか KDDI も参入すると見られ、ようやく使いみちが増えてくるだろう。

(2018 年モデル以降、香港版のみ一部モデルが nano SIM × 2 の Dual SIM に対応)

保護フィルムなどは iPhone X/ XS/11 Pro と同様なことからアクセサリー類も安く手に入るだろう。

やはり 39,800 円でバッテリー 100% の新品が手に入るなら安いといえる。



ワイモバイルは新料金で 5G に対応できる

さてセット契約に必要となるワイモバイルだが、最初の 6 ヶ月間は 10 分間の無料通話・4 GB データ通信の S プランが 1,980 円(税抜)で維持できる。

割引が終了すると 2,680 円になるのだが 2 月下旬から始まる新料金プランでは無料通話なしが選択可能選となり電話を使わない人はずっと 1,980 円で持てるようになった。

家族 2 人で契約すると子回線が 500 円割引され、光回線があると親回線もふくめ全員が 1,480 円(税抜)から維持できる。

もはや MVNO よりも高速な 5G 対応回線ができあがってしまうわけだ。

ちなみにヨドバシカメラ・アキバでは iPhone 12 シリーズ、iPhone SE 第2世代も同時契約で 20,000 円割引ができるため感染症対策をした上で来店してみよう。

Twitter をフォローする!@skyblue_1985jp



OPPO A73 SIMフリーが突然の値下がり。MVNO SIM セットで本体価格 6,100 円(税込)の特価

つい先日まで 30,800 円(税込)で販売されていた OPPO の新モデル A73 が 3 連休直前になって値下がりした。

ヨドバシカメラ・アキバでは 24,800 円(税込)まで下落。

LINEモバイルなどの MVNO とセット購入すると一括 6,100 円(税込)で買えることが発覚した。



薄型、軽量、デザインに特化した 1 台

OPPO A73 は Snapdragon662、ROM 64 GB、RAM 4 GB 搭載のミドルレンジで、レザー調のデザインが特徴的。

6.44 インチの大型ディスプレイには Full HD+ の有機 EL を採用し、低価格ながら高級感溢れる仕上がりだ。

超広角、標準、モノクロ、ポートレート撮影を可能にする AI 搭載 4 眼カメラ、画面内指紋認証、顔認証、Wi-Fi a/b/g/n/ac 、3.5mm ジャック、4,000 mAh バッテリー、Color OS 7.2 (Based on Android 10) を備えており普段使いにも問題ない。

nano SIM + eSIM の珍しい Dual SIM 構成でドコモ、au、ソフトバンク、楽天モバイルほか各社 MVNO のネットワーク周波数に対応する。

ただし注意したいのは eSIM を提供しているのが現在、楽天モバイル UN-LIMIT V と IIJ mio のみであること。

SoftBank on LINE が 3 月に導入を決定しているが、ドコモと KDDI からは音沙汰がないため、どうしても Dual SIM 環境が必須という人にはあまり向いていない。

Felica、NFC、防水にも対応していないため万人向けとは言えないだろうう。スペックよりもデザイン性、薄さ、軽さが重視されているので、気になっている人はぜひ量販店等で実機に触れてみよう。



LINE モバイル契約で一括 6,100 円(税込)

さて冒頭でもすこし触れたがヨドバシカメラ・アキバでは LINEモバイルの音声契約をすると 18,700 円の割引を受けられる。

(ほかにも値下げされた OPPO A5 2020 が一括 1,100 円で購入可能)

割引後の本体価格は 6,100 円(税込)でかなり安くなった印象だ。

割引条件は 3GB 以上の料金プランを選択することだが、事務手数料 1 円、3 ヶ月間は 550 円で維持できるキャンペーンも適用される。

なお LINEモバイルは 3 月には新規受付停止となり Softbank on LINE に統合される。

1,000 円台で維持できる SIM は契約できなくなるため、低価格で維持できる SIM カードを作る意味でも本体と同時ゲットするのがお得で良さそうだ。

なおキャンペーンは 2021 年 1 月 31 日までとされている。

Twitter をフォローする!skyblue_1985jp



【ヨドバシカメラ】OPPO A5 2020 が 19,800 円(税込)に値下がり。LINEモバイル契約で一括 1,100 円の特価

2020 年に OPPO を支えたヒット製品 OPPO A5 がヨドバシカメラで値下げされている。

発売当時の価格からほぼ 1 万円さがって買いやすくなり、さらに MVNO と同時購入すると一括1,100 円(税込)で買えてしまう威力がある。

2019 年モデルながら普段使いには十分すぎる価値があって、秋葉原の白ロム市場では未使用品の相場は 15,800 〜 17,800 円と中々さがらない。

それだけ評判のいい製品でありゲットするチャンスがやってきた。



4 眼カメラと大容量バッテリー搭載

OPPO A5 は Snapdragon665、ROM 64 GB、RAM 4 GB 搭載のミドルレンジで 4 眼カメラ、Dual SIM、5,000 mAh 大容量バッテリー、指紋認証、顔認証、Wi-Fi a/b/g/n/ac、NFC、Dual SIM 等に対応。

標準、超広角、ポートレート、AIビューティーと多彩なカメラ撮影を楽しみながら独立した micro SD スロットを活用して膨大な写真や動画を保存できる。

(SIM カードと micro SD の排他利用が多いなか、こうした取り組みはポイントが高い)

ネットワークはドコモ、au、ソフトバンク、楽天モバイルの主要バンドをカバーする上に中国やアメリカ大陸向けのバンドまで揃えており、コロナが落ち着いてから海外で使うにももってこいだ。

(オウガジャパン公式動画)

惜しい点を挙げるとすれば Felica(おサイフケータイ)と防水に非対応なこと。ただし幸いにも NFC は搭載しているため Google Pay を使った VISA タッチ決済などは利用できる。

同決済方法は日本でも確実な広がりを見せており、これからは Felica 非対応スマートフォンもキャッシュレスに活用できる時代がくるかもしれない。



LINEモバイル音声契約で本体価格 1,100 円(税込)に

そしてヨドバシカメラ・アキバ 1F SIMフリースマホ売り場では、LINEモバイル音声 SIM とセット購入で 1,100 円(税込)の破格になっている。

しかも通常 3,300 円の事務手数料が 1 円、ドコモ、au、各社 MVNO からの MNP のほか新規契約も対象。

条件は 3GB 以上のプランを選ぶことだが 3 ヶ月間は 550 円で維持できるキャンペーンが適用されるため更にやすい。

報道の通り LINE モバイルは 2021 年 3 月を持って受付停止予定で Softbank on LINE に統合される予定。

新会社では 1,000 円台の格安 SIM が契約不可となるので、この機会に 1 回線作っておくのも良さそう。

支払いにはクレジットカードが必要になるが LINE アプリ(LINE Pay)から生成するバーチャルコードでも支払いできるという。

キャンペーン期間は 2021 年 1 月 31 日まで。混雑している日や時間帯を避けて、万全な感染症対策をした上で来店してみよう。

Twitter をフォローする!skyblue_1985jp



【大量入荷】楽天モバイル Xperia Ace SIMフリー、未使用品が 26,980 円(税込)の特価

ソニーモバイルの Xperia Ace が 26,980 円(税込)の特価になっている。

販売を確認できたのは「じゃんぱら」および同社通販サイトで 1 月 10 日 11:00 時点の在庫は 40 台以上。

いずれも楽天モバイル版の未使用品。SIMフリーのためすぐに使うことができる。



待望の全キャリア対応 SIMフリー 

Xperia Ace は 2019 年にドコモ、楽天モバイル、mineo など MVNO 向けにリリースされたミドルスペックで、Snapdragon630、ROM 64 GB、RAM 4GB を搭載する。

5 インチ Full HD+ の液晶ディスプレイは十分すぎる程に美しく、ひさしぶりの小型で手に持ちやすい。

防水・防塵、指紋認証、Wi-Fi a/b/g/n/ac/、3.5mm ジャック、1200 万画素カメラ(インカメラ 800 万画素)、Felica(おサイフケータイ)、NFC に対応。

対応ネットワークはドコモ、au、ソフトバンク、楽天モバイルと MVNO すべてをカバーしており、全世界で使われるバンドを基本的に抑えている。

(中国本土の TD-LTE B38、米国 Band4 があればもうどこに行っても怖くはない)

普段は日本国内で使いながらコロナが落ち着いたら海外渡航向け端末として利用するのもいいだろう。

とくに 2021 年 3 月サービス開始予定の ahamo プランを契約すれば SIM を挿したまま 80 カ国でそのまま利用できる。もう SIM を入れ替えたり Wi-Fi レンタルルーターを借りてくる必要もなくなるのだ。

惜しい点は搭載 OS が Android 9 で、ドコモ版以外はまだ OS 10 へのアップデートが配信されていないこと。

もちろん最新機能にこだわらなければ問題なく、予算 2 万円台のスマートフォンを探している人は検討したい 1 台だ。

リンク:じゃんぱら通販サイト

Twitter をフォローする!@skyblue_1985jp



【最強】MVNO が走って逃げ出す。月額 980 円、NTTドコモ 5 分間の通話定額・1GB データ通信の破格プランを作ってみた

つい先日、NTTドコモの「はじめてスマホ割」を適用させる破格プランについて書いた。

さっそく契約したので契約中に注意すべき点などを記録したい。



1. 今回の MNP と目的

まずは今回の趣旨をかるく整理しておこう。

目的は au またはソフトバンク 4G ケータイ(ガラホ)からドコモへ転出して「はじめてスマホ割」を適用させること。

毎回 5 分間の通話定額と 1 GB データ通信付きで 1 年目は月額 980 円(税別)というMVNO 並の価格で維持できる。

2 年目以降もずっと 1,480 円(税別)の低価格が魅力であり「あまり使わないけどキャリアがいい」という人や「ドコモ回線を検証用途でやすく持ちたい」人には喉から手が出るほど欲しくなるのだ。

4 月 1 日以降は条件が厳しくなるので年度内に契約したいと考えていた。

 

2. 準備するのは「ガラホ」

あくまで「これからスマホを使う初心者」という名目なので 4G ケータイ(ガラホ)を用意しよう。

筆者はソフトバンクから MNP すべく 805 SH を中古で購入。

ただし手持ちのソフトバンク SIM を認識しないため SIM ロックを解除して解決させた。

(ありがたいこと中古端末でも SIM ロック解除可能になった)

発着信ができることを確認したら準備完了。3G ガラケーからの MNP と違って契約中のプランを見せたり、挿入されている SIM カードについて深くチェックされたりはしなかった。

意外かもしれないが 4G に身を包んでいることが重要視される。



SIM 単体か端末とセット購入するか選ぶ

準備ができたらドコモショップや家電量販店にいこう。

店員さんに「スマホデビュー割」を使って MNP したいと相談して SIM カードのみ契約するか MNP 特典の 22,000 円割引でドコモ端末とセット購入するかを決定する。

ちなみに筆者が利用したヨドバシカメラ・アキバでは SIM カード単体で 8,000 ポイント還元、端末とのセット購入であれば Galaxy A21 が一括 10 円だったので後者を選択。

無事に開通して目的を果たすことができた。Galaxy A21 は使うも白ロムとして売却するも自由だ。

ただし最初から「ドコモ 5G エリアを探索したい」という検証目的なら 5G 端末を持ち込んでキャッシュバックやポイント還元を受けた方が楽である。

(画像はドコモ UDX 店。最近は SIM 単体を宣伝するお店が増えた)

8,000 円戻ってくれば MNP に発生する手数料分くらい回収できるはず。

(もし  9,500 円(税別)の違約金が発生する場合は au、ソフトバンクともに現行の料金プランに変更すれば 1,100 円以下に抑えられるので覚えておきたい)

 

契約における注意点

さてここからは契約中に「注意すべきこと」を書いていく。

まず 1 年目 980 円、2 年目以降ずっと 1,480 円の条件が「dカード払いの場合」であること。

dカードがなくとも 2 年契約をすれば同額になるが、筆者のように 4G 端末をもらってから 5G 契約に変更すると 2 年契約の割引が解除されてしまう。

ドコモの dカード囲い込みが垣間見えるところで事前にしっておきたい。

そして 2 つ目の注意点は 5 分間の通話定額オプション「おしゃべり割」を適用させること。

2020 年 12 月 18 日までは 13 ヶ月間のみ無料とされていたが 2020 年 12 月 19 日から700 円のオプションが「ずっと無料」になった。

自動適用の「ずっとはじめてスマホ割」と同時に申し込むことが条件なので忘れないようにしたい。

あとは細かいことだが「料金の支払いシュミレーション」が 2 年目から 3,000 円位に跳ね上がっている場合がある。

スタッフに 2 重に確認してもらうとシステムが 2020 年 12 月 18 日以前のプランからアップデートされていないらしい。

もちろん契約上は問題ないのだが一瞬ものすごい不安になった。なので同じようなシュミレーションが出てきたら「 2 年目以降も1,480 円になりますよね?」と確認してもらおう。



2021 年 4 月 1 日から厳しくなる・・・

長くなったのでこの辺で終えたいが最後に重要事項が一つ。

「はじめてスマホ割」は 4 月 1 日から「はじめてスマホプラン」に名称が変更される予定だ。

何が違うのかといえば 4G ケータイからの MNP が対象外となり 3G 回線を持っている人だけに限定されてしまう。

料金プランとしては分かりやすい一方「FOMAからの契約変更や他社3G回線からのお乗りかえの方」と明言している点に注目。

したがって既に 3G 回線を持っていない人は 2021 年 3 月 31 日までに「はじめてスマホ割」を使って回線をつくる必要がある。

いますぐに終わるキャンペーンではないので緊急事態宣言や新型コロナウイルスの感染状況をみながら落ち着いたタイミングで契約しよう。

Twitter をフォローする!@skyblue_1985jp